ペス山ポピー・著『女じぶんの体をゆるすまで』を読む!【街の書店員・花田菜々子のハタチブックセンター】

non-no Web

つらい性被害と向き合い自分を取り戻すために

じぶんの体をゆるすまで』(上・下巻)

ペス山ポピー・著 (各)¥1200 小学館


著者は性別に揺らぎを抱える漫画家。7年前に漫画家のアシスタントをしていた時のセクハラ被害を忘れられず、今も自分を許すことができずにいる。自分の人生を取り戻すために立ち上がり、ひたすら向き合って回復するまでを描く。

 とても悲しいことだけど、今の日本に女の体で生まれて、これまで一度も性被害に遭ったことがない人はほとんどいないだろう。でももっと怖いのはそれを「自分も悪かった」「仕方ない」と思わされたりすることだ。
 この作品は性被害のトラウマに苦しめられ続けていた著者が、ある日勇気を出して加害者にメールを送る場面から始まる。弁護士に相談に行ったり、子ども時代を振り返ったり、ハードな心理療法に挑んだりと、苦しみを乗り越えるための壮絶な闘いが描かれる。けれどそれよりも壮絶なのはとことん自分の内面と向き合って自分を掘り下げていく内面の描写だ。何度読み返してもその気持ちの強さに涙が溢れる。
 つらいことがあったとき、忘れる、という方法もある。でも、それで解決できないならとことんやるしかない。この漫画はそのことを教えてくれる。
 今、苦しみと闘おうとしている人には宝物になるような本だと思う。読むのは少ししんどいかもしれないけど、まずは手に取ってみてほしい。


性被害からの立ち直りに寄り添う2冊

『秘密を語る時間』

ク・ジョンイン・著 呉永雅・訳 ¥1540 柏書房


中学生のウンソは幼少時のある出来事にとらわれ続け、その秘密を一人で抱え続けることに限界を感じている。秘密を打ち明けた友人や周りの大人たちの優しさに触れ、再び歩き出すまでを描いたコミックエッセイ。



『きみの傷跡』

藤野恵美・著 ¥1760 KADOKAWA


大学1年生のまいは写真部の先輩の星野を好きになり両思いになるが、かつての性被害のために男性に恐怖心もあり、不安を感じている。男女それぞれの目線から、性被害の後の人生を優しく描く青春小説。




はなだ ななこ 
HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長。著書に『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』がある。

2022年1月号掲載
選書・原文/花田菜々子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連記事
  • 世界中が大絶賛! 今ぜったい読むべき恋愛小説『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』 サリー・ルーニー・著 山崎まどか・訳 ¥2530 早川書房 フランシスは親友のボビーと詩のパフォーマンス活動をする大学生。ある日女性作家のメリッサ宅に二人で招かれたことをきっかけに、その夫である俳優ニックに惹かれ始めるが、4人の思いはそれぞれに絡まり、交錯していく──。  個人的に最近は「恋愛小説って特に進んで読みたいジャンルではないかな〜」という気分だったのだけど、これは久々に「うわー!ヤバい!おもしろい!」と興奮状態のままぐわっと読み終えてしまった1冊。  会話やメール、チャット(LINE的な)がふんだんに盛り込まれた文章もおしゃれだし、主人公はクールで知的なのだけど冷めているわけではなくて、まわりの人の分析だけでなく、自分の内面の混乱や複雑に揺れる感情までもフラットに見つめて描写しているのがこの本最大の魅力。  作者は1991年生まれ、本作の発売時は26歳。ミレニアル世代の代弁者として世界中で注目され、このデビュー作も27ヶ国で翻訳されているとか。海外のドラマや映画好きはもちろんのこと、海外の小説はふだんあまり手に取らないという人にもこれだけはぜひ読んでみてほしい!  海外の女子カルチャー批評なら右に出る者なし、の山崎まどかさんの翻訳もビシッとハマってて最高によい! 2021年必読の1冊です! 海外発、注目のイマドキ女子小説『ファットガールをめぐる13の物語』 モナ・アワド・著 加藤有佳織、日野原慶・訳 ¥1980 書肆侃侃房 自分の体のサイズに悩む主人公エリザベスは普通の幸せが欲しいだけだが、体形がそうさせない。同じコンプレックスを抱える女性たちと関わりつつダイエットに取り組み、次第にやせていくのだが──。 『ミカンの味』 チョ・ナムジュ・著 矢島暁子・訳 ¥1760 朝日新聞出版 中学校の映画サークルの仲よし4人組女子たちは、「みんなで同じ高校へ行こう」と約束を交わすが、その裏にはそれぞれの思惑と計算、秘密が渦巻いていた。思春期特有の言葉にできない複雑な心を描く。 ●はなだ ななこ HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長。著書に『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』がある。▶「ハタチブックセンター 」をもっと見る選書・原文/花田菜々子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 女子二人の最高に楽しい生活! このままじゃだめ?『今夜すきやきだよ』 谷口菜津子・著 ¥704  新潮社 家事は苦手だけど恋愛体質で結婚願望の強いあいこと、家事は好きだけど恋愛にあまり興味を持てないともこ。価値観の違う二人が共同生活を始めて夢のような日々を手に入れたけど……。新しい時代を生きる女子たちのリアルを描くコミック。  彼のことが好きだから結婚したいというポジティブな気持ち。「でもなんで女が苗字を変えないといけないの?」「なんで女は手料理作れって言われるの?」 というネガティブな気持ち。両方を同時に持つことは変じゃないし、結婚したいなら我慢しなきゃって思う必要もない。  女同士の同居によってお互いに欠けているものを補い合い、最高の暮らしを手に入れていたふたりが、結婚の話をきっかけに、悩み、ぶつかり合って、自分に正直になって選んだ道。それはどちらかをあきらめることではなく、第3の道を進むこと。  全ページわかりすぎるほどわかる共感の嵐なだけでなく、かわいい絵柄なこともあってシリアスなテーマにもかかわらずまるで魔法少女の漫画を読んでいるようにワクワクして、心がキラキラとやさしい気持ちでいっぱいになるような作品だ。  世の中の「だってそういうもんでしょ」という呪いを跳ね返して女子たちが明るくかわいく生きるための最高の1冊。強力におすすめします!! 友情ってやっぱり最高、な2冊『女ふたり、暮らしています。』 キム・ハナ、ファン・ソヌ・著 清水知佐子・訳 ¥1650 CCCメディアハウス ラジオやエッセイで活躍するハナ、元編集者のソヌ。二人は互いに尊敬できる相手を人生のパートナーと決め、女2猫4の愉快な暮らしが始まった。今を生きる韓国おしゃれ女子のライフスタイルエッセイ。 『大人の友情』 河合隼雄・著 ¥572 朝日文庫 日本の臨床心理学の第一人者によるロングセラーの「友情論」。子ども時代とは異なる大人の友情とはどういうものか? 心理学者としての経験や古今東西の文学作品を例に、深く掘り下げていく。 ●はなだ ななこ HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長。著書に『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』がある。▶「ハタチブックセンター 」をもっと見る選書・原文/花田菜々子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND