伝説の女、アンナ・カリーナ。【イラストレーター チヤキが描く映画の中の愛すべき女子図鑑】

non-no Web

映画コラムも執筆する人気イラストレーターチヤキが"ひとクセ"ある女子をピックアップ!

vol.15 フランス映画界の伝説の女

● ちやき

映画コラムも執筆する人気イラストレーター。"ひとクセ"ある女子をピックアップ!

『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい

©Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017

フランスを代表する映画監督ジャン=リュック・ゴダールのミューズとして活躍し、その美貌で多くの映画ファンを魅了したアンナ・カリーナ。2019年12月に79歳で亡くなった彼女の奇跡のような人生を、夫のデニス・ペリー監督が描いたドキュメンタリー。劇中に登場する映画の権利関係上、日本で公開できるのは今年限り。この機会を見逃さないで!


●6月13日(土)よりK's cinema他全国公開予定


『#ハンド全力』

©2020「#ハンド全力」製作委員会


頑張ったふりをした投稿がSNSで話題になり、善意に振り回されていく高校生を松居大悟監督が描く。

●シネ・リーブル池袋他全国にて近日公開予定


『朝が来る』

©2020「朝が来る」Film Partners


辻村深月の原作を河瀬直美監督が実写化。養子として息子を迎え入れた夫婦と、子を手放さざるを得なかった少女の葛藤に涙。

●近日公開予定



2020年7・8月合併号掲載
イラスト/チヤキ 原文/松山梢 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
関連記事
  • \ノンノ専属読モがお届け/ カワイイ選抜のブログ 自粛期間中、みんなはどんなふうに過ごしてた? 今回はノンノ専属読者モデル・カワイイ選抜のエンタメルポをお届け。映画や小説など、20代におすすめの作品を紹介した8つのブログ、是非チェックしてね。 家族や友達、恋人と映画を楽しもう♡ Blu-ray&DVD発売! 映画「JOKER」の観賞ルポ 先日、彼と"JOKER"を観に行きました! 全力でJOKERの顔マネ、似てますね。感想は、、、 とにかく演技がすごい! この一択です! 主演のホアキン・フェニックスさんはなんと24キロ減量されたそうです、凄い俳優魂。 痩せこけた、不健康そうな身体はまさに悲劇の男そのものでした。(No.75 Momoko Nojoさん) ・・・ Blu-ray&DVD発売! 映画「マレフィセント2」の観賞ルポ ディズニー映画大好きなんです。前作のマレフィセントを観ていない彼と、 観ていた私で観たのですが、 2人とも楽しめたので、ぜひ見たことない人も見てみてください! そして、主役のアンジェリーナジョリー様、美しすぎました♡(No.75 Momoko Nojoさん) 動画配信アプリで恋愛ドラマ&映画をいっき見! 【おすすめ韓国ドラマ】おうち時間に見て欲しい!3選♡ おうち時間、皆さんは何をしてお過ごしですか?? 私はあつ森して、ネットフリックス見て、YouTube見て、寝て、ご飯食べて、寝て過ごしています(GOMIかな)じわじわと韓国ドラマを消化しているので、おすすめの3本をご紹介します。「新米史官 ク・ヘリョン」「梨泰院クラス」「1%の奇跡」の3作品を紹介。(No.13 neneさん) ・・・ [感動編]韓ドラ好きがオススメする韓流ドラマ!10〜1位 観た作品50作品以上の"大の韓ドラオタク”が本気でオススメする韓流ドラマ。退屈なおうち時間にぴったり◎です! 感動するだけではなく、笑えて、キュンともするドラマを集めました! おすすめの10作品をランキング形式で紹介。(No.79 美南海さん) ・・・ 【映画】映画好きが超おすすめする恋愛映画!! おうち時間何してますか? 私は毎日韓流ドラマに映画に〜っと充実してます。今日は!映画大好きな私のおすすめの恋愛映画を紹介していきたいと思います。洋画と韓流が特に好きなので偏ってしまいましたが、参考になりますように! 「きみに読む物語」「あと1センチの恋」など、全7作品を紹介。(No.75 Momoko Nojoさん) ノンノ世代におすすめ★ おうち時間を充実させる推し本 〜3冊厳選! オススメの本☺︎〜 今日は… 私が皆さんに薦めたい本を紹介します。本を読むことが好きな方はもちろん、「おうち時間飽きてきちゃったな。」「普段本読まないんだよな〜。」「何を読めばいいかわからない…!」……そんな方にこそ是非手に取って頂けたらと★ 『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』や『置かれた場所で咲きなさい』など、全5冊を紹介。(No.58 幸(さち)さん) ・・・ 【おうち時間】読書をして心豊かな1日を 私はミステリーが好きで 一度読んだ話にもかかわらずこういうトリックか~!と感心してしまいます(笑)今、読んでいるのは 東川篤哉さんの「謎解きはディナーのあとで」です。ドラマにもなった有名なクスッと笑えるミステリーです! 主人公、宝生麗子と執事の影山の掛け合いのテンポがよく、読んでいて心地よいです。(No.55 きらさん) ・・・ 最近読んだ本と買った本の話☺︎ 私は最近はもっぱら読書に明け暮れてます。もちろん自分の勉強や課題にも取り組んでいるのですが、気づいたら本に手が伸びちゃってますね…笑 最近読んで良かった本の中で、「これは是非、ノンノ読者世代におすすめしたい!」という本が何冊かあったので紹介させてください。「わたしたちは銀のフォークと薬を手にして」、「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」など、全5冊を紹介。(No.58 幸(さち)さん)     \ カワイイ選抜 /ノンノ専属読モの新着記事をCHECK! カワイイ選抜のブログ。  web構成・編成/吉川樹生
  • 今だからこそ聞きたい。HAPPYなメッセージにあふれた石原さとみさんの言葉やわらかく、しなやかに、変化し続ける人。彼女は今、何を思い考えどんな時期にいると感じているのだろうか。2020年、さらにアップデートした石原さとみさんの進化論。 【MORE5月号掲載】最近、不思議と周りから悩みを相談されるんです「仕事仲間や昔からの友達……相手はさまざまなのですが。今年に入ってから急に、不思議と周りから相談されることが増えたんです」最近の変化について尋ねると、飛び出したのがこの言葉だった。「ひとりひとりの悩みと向きあいながら励ましの言葉を考える、最近はそんな毎日を送っていて。いろんな人がいる中で私を頼ってくれる、それはとてもうれしいことですよね。その気持ちに応えたいからこそ、私も真剣に答えを考えるし、解決の糸口を私なりに懸命に探します」アドバイスをする時、石原さんが大切にしているのが「相手に合った言葉を探すこと」。「『逃げるクセがあるから、ちゃんと向きあったほうがいいと思うよ』なんて、ウイークポイントをハッキリ伝えたほうが響く人もいるけれど、なかには傷ついてしまう人も。その場合は短所を指摘するよりも長所を引き出すような言葉をかけるようにしたりね。ただアドバイスを届けるだけでなく一緒に考え、寄り添いながら答えと言葉を探す。最後にはその人にちゃんと前を向いてほしいから」他人の悩みにも手を抜かない、100%全力で向きあう、それが石原さとみ流の悩み相談。大変じゃないですか? と尋ねると「全然!! それどころか、自分のプラスになることがとても多くて」と微笑む。「相手の悩みを掘り下げて考えると自分も新たな気づきに出合えたり、より深くものごとを考えることができるようになったり……。そこで、思い出したのが尊敬する先輩の『誰かひとりをトコトン大切にするのもいいことだけど、多くの人の心を受け入れ、自分の中に入れることで、人間力は養われるんだよ』という言葉。まさに今、それを実感している最中。大変どころか、私自身、成長させてもらっているような感覚なんです」ニット¥39000/コロネット(エアロン) スカート¥30000/UNIT&GUEST(バウム・ウンド・ヘルガーデン) 靴¥17000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) イヤリング¥73000/KAORU ルミネ有楽町店(KAORU) バングル¥29500/ザ ストア バイ シー 代官山店(マラムクス)変化を恐れるのはもったいないしつまらない突如訪れた変化も、しなやかな心で受け止める。そんな石原さんでも“変わること”に対して臆病になる瞬間はあるのだろうか。たとえば、年齢や経験を重ねるにつれ“挑戦して失敗すること”が怖くなったり、いつの間にか自分の中にできた「こうじゃなきゃいけない」ルールにとらわれてしまったり……。「経験を積み重ねる中で“こうしたほうがいいんだな”と学ぶことは多多あります。それはとても大切なこと。でも、“こうじゃなきゃいけない”というルールはつくらないかな。だって、そんな決まりをつくってしまったら、つまらなくないですか? 駅に行くにはこの道がいちばん早いのはわかってる、でも、ときには違う道を歩いてみる。自分にはピンクの口紅が似合うのを知っているけど、赤い口紅も引いてみる。コーヒーが好きだけど今日は紅茶を飲んでみる……。決めつけずに挑戦する、小さなことでもいいから冒険してみる。それが新たな発見を届けてくれたり、世界を少し広げてくれることも。結果“違ったな”でもいいと私は思うんです。自分の心が何にどう動くのか知ることができるから。決まりごとをつくってしまうと“それだけ”になってしまう。世界が狭まるだけじゃなく、心もどんどん鈍感になってしまうような気がするんです」“やりたいこと”を自分の中に持ち続けるそして「私がそう考えるのは“自分に飽きたくない”という気持ちが強いからなのかもしれない」と続ける。キャリアを重ねるにつれ“初めて”が減っていく。それはどの仕事も同じ。いつまでも飽きずに新鮮な気持ちで向きあうために意識していることはありますか? と、石原さんに尋ねるとこんな答えが返ってきた。「“やりたいこと”を自分の中に持っておくこと。それは大切にしています。今すぐには無理でもいつか実現するかもしれない。その気持ちがあるだけで“これがつながるかもしれない”と仕事を頑張ることができたり、“同じ”と感じるものの中にも自分を成長させるための何かを見つけようと視点が切り替わったり。目の前の景色が変わると思うんです」同じことの繰り返しにするのか、成長するためのステップに変えるのか、それは自分次第。常にいくつもの“やりたいこと”を自分の中に持ち続けている石原さん。ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』もそのひとつ。「以前から、人を支える仕事に興味があって。医療関係の作品にも、また挑戦したいと思っていたんです」今作で石原さんが演じているのは8年目の薬剤師・葵みどり。「薬剤師の仕事について知りたくて、撮影に入る前に友達と現役の薬剤師さんと食事をしたんです。そうしたら、偶然にも、私が演じるみどりと重なる部分がとても多くて!! 何を考えどんな生活を送っているのか、いろんな話を聞いたのですが、特に印象的だったのが『原作マンガが私のバイブルなんです』という彼女の言葉。薬剤師はなかなかスポットが当たらない仕事。それがマンガやドラマになるのはとてもうれしいと言ってくれて。私自身、今作に出合うまで知らなかった、多くの人を支えているこの仕事の大切さをあらためて痛感しました」生活習慣を変えてエネルギーをチャージドラマでは多くの人を支える職業を演じ、プライベートでも悩み相談に乗り周りの人を支える日々。まるで“支える”がテーマになっているような石原さんの2020年。「年上の幼なじみからはこんなことを言われたんですよ。最近、頼られることが多くてうれしいと話したら『別に普通のことじゃない? もう周りに甘える年齢じゃないよ』って(笑)。たしかに、年齢的なものもあるのかもしれないけど、人を支える側に全力を注げるのは、自分の中に悩みがないからなのかもしれない。今の私はとてもいい状態で……。年が明けた時にふと思ったんですよ。“私、今年、いいかもしれない”って。何か理由があってそう思ったわけじゃなく、あくまでも感覚的なものなんですけど。去年より今年のほうが百倍いい、いいことも悪いことも、いろんなことがあるだろうけど、今の私は余裕でそれを乗り越えることができる気がするって。なんの根拠もないのに(笑)」そう笑いながら「気持ちが前を向いているのは、エネルギーをチャージできたのも大きいのかもしれないですね」と言葉を続ける。「昨年、舞台をきっかけに生活習慣がガラリと変わったんです。ベランダに出て深呼吸したり、朝食を作って食べるのが日々の習慣に。SNSやネットから離れて自分の時間を大切にするようにも。日々の生活がグッと豊かになったんです、家で過ごす時間が以前よりも好きになって……。そうそう、実は昨日、部屋の模様替えをしたんです。ダイニングテーブルで食事をしている時にふと“なぜ、私は誰もやってこない、開くことのない、部屋のドアを眺めながらゴハンを食べているんだ?”と思って(笑)。すぐさま、テーブルを窓が見える位置に移動。それをきっかけに大がかりな模様替えがスタート。今日は外を眺めながら朝食を食べることができた。より居心地のよい空間が生まれました(笑)」変わりたいけど変われない時もある充実している日々の生活を楽しそうに語りながら「自炊を始めたおかげで料理の腕が上がって。今、何を作ってもおいしいんです」と笑う。「生活はすべての基盤。そこが整ったことで自分自身のベースも揺らがなくなりました。それがしっかりしているからこそ、今の私は前向きな気持ちや余裕を抱くことができているのかもしれない」同じ場所にとどまらない、変化を恐れず受け入れながら、やわらかくしなやかに進化し続ける石原さん。「柔軟に変わっていくことは大切だけど、変わらずに大切にしていきたいものもあります。たとえば、好奇心や知識欲を持ち続けること、自分の心に敏感であること……たくさんあるけど、いちばんはやっぱり“人”。周りの人を大切にする気持ちは変えたくないって思う。頼ってくれる人がいるから成長できたり、支えてくれる人がいるから頑張れたり、人がいてこその私なので。ちなみに“変わることは大切だ”と語っておきながらなんですけど……。“変えたい、変えたい”と思っているのに、それをついつい放置してしまい“私ってダメだな”と落ち込む。そういうことも、たまにあるんです(笑)。そんな時に救ってくれるのもまた人で。気持ちが切り替わらない時はすぐに友達に連絡。『ダメな私の話を聞いて!』と吐き出すんです。すると『そんな日もあるよねぇ。私なんてもっとダメだよ』と何倍ものダメ話が返ってきたりして。それを笑いながら聞きつつ、どこかでホッとしている自分がいたりしてね(笑)」ジャケット¥45000/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店(ユナイテッドアローズ) ワンピース¥79000/コロネット(フォルテ フォルテ) 靴/スタイリスト私物PROFILEいしはら・さとみ●1986年12月24日生まれ。昨年は舞台『アジアの女』での好演が大きな話題に。ドラマ、映画、舞台など幅広いフィールドで活躍。デビュー以来、第一線を走り続ける、世代を問わず多くの人から愛される実力派女優アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切なこと」という信念で仕事と向きあう葵みどり。彼女の真摯な姿を追いながら、知られざる病院薬剤師たちの舞台裏を描いていく。(フジテレビ系・ドラマは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、初回放送日未定) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/石井美輪 撮影/野田若葉(TRON) ヘア&メイク/George スタイリスト/宮澤敬子(WHITNEY) ※この記事はMORE5月号の内容を本ウェブサイト用に編集したものです。 ※記載されている内容は5月号発売時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、 販売が終了している場合があります。あらかじめご了承ください
  • 12星座全体の運勢「‟想定外”への一歩を踏み出す」二十四節気で「穀物の種をまく時」という意味の「芒種」を迎えるのが6月5日。実際には麦の刈り取りの時期であり、どんよりとした天気の下で鮮やかな紫陽花やカラフルな傘たちが街をいろどる季節。そして6月6日に起きる射手座の満月は、いつも以上にエモの膨張に拍車がかかる月食でもあります。そんな今の時期のキーワードは「モヤモヤのあとのひらめき」。それは息苦しい勉強に退屈していた子供が、庭に迷い込んだ野良猫の存在に驚き、その後を追い路地を抜けた先で、今まで見たことのなかった光景を目にした時のよう。これから満月前後にかけては、現在の行き詰まりを打開するような‟想定外”体験に、存分に驚き開かれていきたいところです。魚座(うお座)今週のうお座のキーワードは、「嫌悪せよ」。川端康成の戦後期の代表作である『千羽鶴』には、「むかむかする嫌悪のなかに、稲村令嬢の姿が一すじの光のようにきらめいた」という表現が出てきます。これは「むかむか」という吐き気の感覚を通して嫌悪という強い不快感を増幅させていくなか、その窮地を救ってくれる女性の存在を「光」のイメージで拾い上げていくという、非常にダイナミックな芸当であり、その後に当人は「新鮮な気持がした」と語っています。気に喰わないという気持ちが頭のあたりに留まらず、胸の奥のほうや胃腸や背中の方まで拡張されていくと、かえって波が引いていくように気持ちがおさまるだけでなく、その引いていく先に正反対の心情を覚える対象が明確に姿を現わすことがあるのか、とはじめて読んだ時にいたく感動したものです。ただ、それは逆に言えば「好きだ」とか「愛してる」といった表現に、いかに自分がしっくりきていなかったのかということを浮き彫りにしてくれた体験でもありました。幸せであるという実感は、ひとえに「喜怒哀楽」のいずれも抑圧することなくのびのび感じていくことの中にありますが、今季のうお座にとっては特に「怒」と「哀」のあいだにあって「喜」の周囲へと通じる「嫌悪」の感覚が、ひとつの鍵になっていくはず。表面的な嫌悪に囚われるのではなく、その向こう側にあるまだ名前のついていない感情を見出していきたいところです。出典:川端康成『千羽鶴』(新潮文庫)12星座占い<5/31〜6/13>まとめはこちら<プロフィール>慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。文/SUGAR イラスト/チヤキ
  • 12星座全体の運勢「‟想定外”への一歩を踏み出す」二十四節気で「穀物の種をまく時」という意味の「芒種」を迎えるのが6月5日。実際には麦の刈り取りの時期であり、どんよりとした天気の下で鮮やかな紫陽花やカラフルな傘たちが街をいろどる季節。そして6月6日に起きる射手座の満月は、いつも以上にエモの膨張に拍車がかかる月食でもあります。そんな今の時期のキーワードは「モヤモヤのあとのひらめき」。それは息苦しい勉強に退屈していた子供が、庭に迷い込んだ野良猫の存在に驚き、その後を追い路地を抜けた先で、今まで見たことのなかった光景を目にした時のよう。これから満月前後にかけては、現在の行き詰まりを打開するような‟想定外”体験に、存分に驚き開かれていきたいところです。水瓶座(みずがめ座)今週のみずがめ座のキーワードは、「青田を買え」。企業が人材確保を目的に、優秀な学生を卒業前に内定を出して囲い込むことを「青田買い」と言いますが、これは稲が実る前にその田の収穫高を見越した上で先買いすることに由来しています。これと似た言葉に「青田刈り」がありますが、こちらは戦国時代に、敵方に兵糧を調達させないように穂が青い内に稲を刈り取って、敵方の戦力を落とすという戦術が語源にあるのだとか。どことなく、ドラッグストアでマスクやトイレットペーパーを買い占めに走る人たちの顔が浮かんできますが、よくよく考えてみると、後者にはいい稲もわるい稲も見境がないのに対し、前者にはほんらい目利きをする側の本気を問う厳しさと覚悟が込められているはず。例えば、後藤比奈夫の「この国に青田の青のある限り」という句などを詠むと、青田の上を吹き渡る爽やかな風を思い起こすと同時に、いつか青を青とも思えなくなってしまう時代がやってきてしまうのではないかという暗い予感がつきまといます。今のあなたには、その先に未来や明るい可能性を思い描けるような「青田」が見えているでしょうか。今回の月食は、みずがめ座にとってどこに先買いするべき「青田」があり、そのためにどれだけリスクを取れるのか、ということを少なからず突きつけてくるでしょう。出典:ひらのこぼ『俳句発想法 歳時記[夏]』(草思社文庫)12星座占い<5/31〜6/13>まとめはこちら<プロフィール>慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。文/SUGAR イラスト/チヤキ
  • 12星座全体の運勢「‟想定外”への一歩を踏み出す」二十四節気で「穀物の種をまく時」という意味の「芒種」を迎えるのが6月5日。実際には麦の刈り取りの時期であり、どんよりとした天気の下で鮮やかな紫陽花やカラフルな傘たちが街をいろどる季節。そして6月6日に起きる射手座の満月は、いつも以上にエモの膨張に拍車がかかる月食でもあります。そんな今の時期のキーワードは「モヤモヤのあとのひらめき」。それは息苦しい勉強に退屈していた子供が、庭に迷い込んだ野良猫の存在に驚き、その後を追い路地を抜けた先で、今まで見たことのなかった光景を目にした時のよう。これから満月前後にかけては、現在の行き詰まりを打開するような‟想定外”体験に、存分に驚き開かれていきたいところです。山羊座(やぎ座)今週のやぎ座のキーワードは、「毒にしびれろ」。宮本輝の自伝的な小説スケッチ『二十歳の火影』には、小説を読んだ際の感動について、「しびれ薬をしこんだ針のように、私の魂の奥深くの、得体の知れない領域に忍び入ってきた」と述べた箇所が出てくる。そう、感動は、なにも胸が熱くなったり、笑顔がこぼれたり、全米が泣いたりするばかりではなく、しばしばショッキングな体験として私たちのこころを死角から襲ってくる。あるいは、耐えがたいほどにくすぐったかったり、看過できないむず痒さを覚えたり、ピリッと刺激されるような皮膚感覚の感動というものだってあるだろう。私たちはしばしば感動さえも定型化し、月並で紋切り型の分かりやすい感動じるしを量産しようとするけれど、本来それは思いがけず「得体の知れない領域」で起こり、往々にして劇薬のごとき危険性を孕んでいるものだ。だから、誰に対してもおすすめできるものではないし、電子レンジでできる時短料理のようにお手軽に出来てしまうものでもない。フラットで、他愛もない時間の流れが、突如としてかき乱され、感覚は取り返しがつかないほどに転調する。一言でいえば、感動は毒なのだ。そして、それをあおる覚悟がある者だけに贈られる栄誉のことを、私たちは分かったような顔をして「創造性」と呼んでいる。今やぎ座のあなたには、それだけの危険を冒すだけの準備が出来ているだろうか。以前の自分ではいられなくなってしまう準備が。出典:宮本輝『二十歳の火影』(講談社文庫)12星座占い<5/31〜6/13>まとめはこちら<プロフィール>慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。文/SUGAR イラスト/チヤキ
  • 12星座全体の運勢「‟想定外”への一歩を踏み出す」二十四節気で「穀物の種をまく時」という意味の「芒種」を迎えるのが6月5日。実際には麦の刈り取りの時期であり、どんよりとした天気の下で鮮やかな紫陽花やカラフルな傘たちが街をいろどる季節。そして6月6日に起きる射手座の満月は、いつも以上にエモの膨張に拍車がかかる月食でもあります。そんな今の時期のキーワードは「モヤモヤのあとのひらめき」。それは息苦しい勉強に退屈していた子供が、庭に迷い込んだ野良猫の存在に驚き、その後を追い路地を抜けた先で、今まで見たことのなかった光景を目にした時のよう。これから満月前後にかけては、現在の行き詰まりを打開するような‟想定外”体験に、存分に驚き開かれていきたいところです。射手座(いて座)今週のいて座のキーワードは、「ねじを巻け」。物を締め付けるためのらせん状の溝が刻んである用具が「ねじ」であり、これが緩むと全体の姿かたちが崩れてきます。そこから比喩的に緊張感がなくなってだらしなくなることを「ねじが緩む」、逆にだらしない気分を引き締めることを「ねじを巻く」と言ったりします。ところで、明治・大正期の文豪・幸田露伴のエッセイに『ねじくり博士』という一風変わった作品があり、そこでは博士の口を借りて「ねじねじは宇宙の大法なり」という‟真理”が語られていきます。いわく、太陽も月も星も、人間のつむじさえも、みな螺旋を描いて進んでいるのであり、なぜそれらが螺線的に運動をするかといと、「世界は元来、なんでも力の順逆で成立ッているのだから、東へ向いて進む力と、西に向て進む力、又は上向と下向、というようにいつでも二力の衝突があるが、その二力の衝突調和という事は是非直線的では出来ないものに極ッてるのサ」、というのです。つまり、何事においても相反する二つの力の衝突や矛盾が生じなくなってくれば、それは「ねじが緩んで」動きが直線的になってきたということであり、そうして「社会を直線ずくめ」にしてしまうから、本来通るはずの道理も通らなくなってくるのだ、と。同様に、まさに天地自然の法則に改めて寄り添い力を取り戻していこうという意味において、今季のいて座は改めて「ねじを巻く」ことがテーマになっているのだと言えます。衝突をおそれず、むしろそれを利用する法を考えて、心身を引き締めていきましょう。出典:長山靖生『懐かしい未来――甦る明治・大正・昭和の未来小説』(中央公論新社)12星座占い<5/31〜6/13>まとめはこちら<プロフィール>慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。文/SUGAR イラスト/チヤキ
  • 12星座全体の運勢「‟想定外”への一歩を踏み出す」二十四節気で「穀物の種をまく時」という意味の「芒種」を迎えるのが6月5日。実際には麦の刈り取りの時期であり、どんよりとした天気の下で鮮やかな紫陽花やカラフルな傘たちが街をいろどる季節。そして6月6日に起きる射手座の満月は、いつも以上にエモの膨張に拍車がかかる月食でもあります。そんな今の時期のキーワードは「モヤモヤのあとのひらめき」。それは息苦しい勉強に退屈していた子供が、庭に迷い込んだ野良猫の存在に驚き、その後を追い路地を抜けた先で、今まで見たことのなかった光景を目にした時のよう。これから満月前後にかけては、現在の行き詰まりを打開するような‟想定外”体験に、存分に驚き開かれていきたいところです。蠍座(さそり座)今週のさそり座のキーワードは、「灯台の下を見よ」。「灯台下(もと)暗し」の「灯台」とは、海をのぞむ岬の燈台のことではなくて、油を入れた皿を載せてともしびを灯す昔の灯明台のこと。それで、台のすぐ下のあたりが暗くなることから、身近なことほど案外気付きにくいことの比喩となったそう。ただ、だからといって、「飛んで火に入る夏の虫」になりきって、いつもともしびに照らされた明るい箇所ばかり見ているのでは、あまりに情緒がありません。静かな部屋に時おり風が訪れるたび、暗い漆器にろうそくの光がゆれ、人は怪しい光りの夢の世界へと誘われていく。そのともしびのはためきを、谷崎潤一郎は『陰翳礼賛』の中で「夜の脈搏(みゃくはく)」と表現しました。ともしびがはためくごとに、畳の上を滑るかのように明るみも刻々と場所を移す。そんな風に、暗いところで時おり何かが光ったり、その光がちらちらと流れ、綾をおりなすとき、「夜」という抽象概念さえも生き物のように脈を打ち始めるのだ、と。そうした深い瞑想の世界には、向日性の明るさや、ポジティブ・シンキングだけでは決して入っていくことはできないでしょう。身の周りのもっとも暗いところ、すなわち自分のからだや、ほとんど自分の一部となっている近しい人間関係にこそ目を向け、そこにきちんと生きた血が通っているか、それともすでに干からび形骸化してしまっているか、確かめていくこと。それが、今回の月食前後にかけてのさそり座のテーマなのだと言えるでしょう。出典:谷崎潤一郎『陰翳礼賛』(中公文庫)12星座占い<5/31〜6/13>まとめはこちら<プロフィール>慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。文/SUGAR イラスト/チヤキ
  • 12星座全体の運勢「‟想定外”への一歩を踏み出す」二十四節気で「穀物の種をまく時」という意味の「芒種」を迎えるのが6月5日。実際には麦の刈り取りの時期であり、どんよりとした天気の下で鮮やかな紫陽花やカラフルな傘たちが街をいろどる季節。そして6月6日に起きる射手座の満月は、いつも以上にエモの膨張に拍車がかかる月食でもあります。そんな今の時期のキーワードは「モヤモヤのあとのひらめき」。それは息苦しい勉強に退屈していた子供が、庭に迷い込んだ野良猫の存在に驚き、その後を追い路地を抜けた先で、今まで見たことのなかった光景を目にした時のよう。これから満月前後にかけては、現在の行き詰まりを打開するような‟想定外”体験に、存分に驚き開かれていきたいところです。天秤座(てんびん座)今週のてんびん座のキーワードは、「頭を真っ白に」。村上春樹は1984年に発表した短編小説『タクシーに乗った男』の中で、「頭の中が真っ白になり、それが少しずつもとに戻るのにずいぶん時間がかかった」と書きました。詳しいあらすじは省略しますが、これは作中である女性が、長年自宅に飾り眺めてきた"絵”の中の男にそっくりの人物と、旅先のタクシーでたまたま乗り合わせた時の描写です。「強い光線が当たる部分が白くぼやける現象」のことをカメラ用語でハレーションと呼びますが、それが精神的なレベルで起きたものとイメージすればいいのかも知れません。真っ白になっているあいだ、頭は何も考えていないという訳でなく、むしろ唸りを立てるほどのすごいスピードで懸命に情報を整理していて、「現実をきちんとした現実の枠の中に入れ、イマジネーションをきちんとしたイマジネーションの枠の中に入れ」ようとしている。それは、今までの常識や現実感覚(普通は〇〇なら△△)をいったん捨てて、新しいそれを目の前のなまなましい情報から吸い上げ、再構築するまでの立ち上げ期間でもあったのではないでしょうか。今季のてんびん座もまた、そうして過去の古びた常識や物の見方をできるだけあっさりと入れ替えられるよう、頭の中が真っ白になるような瞬間を心待ちにしていくといいでしょう。出典:村上春樹『回転木馬のデッド・ヒート』(講談社文庫)12星座占い<5/31〜6/13>まとめはこちら<プロフィール>慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。文/SUGAR イラスト/チヤキ
関連キーワード

RECOMMEND