【今日のにゃんこ】ピシッとできるにゃ♡ おすましココンちゃん

DAILY MORE
カメラを向けると、なぜかピシッとおすましココン。“入学式かよ!!” と、思わずひとりツッこんでしまいました(笑)。

「おすましだってできるもん。たまにはぴしっとした私も撮ってほしいにゃ♡ 」

■名前
ココン

■性別
女の子

■猫種
ペルシャ・チンチラブルー

■生年月日・もしくは推定年齢
2015年3月27日

■性格
穏やかでおとなしい、ビビリのくせにチャレンジしてみる

■特技
ボールを投げると取りに行って持って帰ってくる

■好物
「にゃんにゃんカロリー」というチュールに似たペースト

■マイブーム
綿棒を転がして遊ぶ

■チャームポイント
大きな目と小さな鼻頭

→ココンちゃんの投稿はこちらから


関連記事
  • お天気の日はだいたいこう。気持ちよさそうに伸びながら寝ています。小さな体を限界まで伸ばしている姿、たまりません♡「むにゃむにゃむにゃ」■名前ココン■性別女の子■猫種ペルシャ・チンチラブルー■生年月日・もしくは推定年齢2015年3月27日■性格穏やかでおとなしい、ビビリのくせにチャレンジしてみる■特技ボールを投げると取りに行って持って帰ってくる■好物「にゃんにゃんカロリー」というチュールに似たペースト■マイブーム綿棒を転がして遊ぶ■チャームポイント大きな目と小さな鼻頭→ココンちゃんの投稿はこちらから
  • 高いところからの着地に失敗したラビを、ルウが労わりにきたときの図。何を話しているのやら?「ラビ……おまえまた失敗したのにゃ? けがはにゃいか?」「にゃい……」「次はおれが飛ぶから、よーくみておくにゃ」■名前ラビ■性別 ♂(男の子)■猫種 雑種(元保護猫)■生年月日 推定2017年6月■性格 天真爛漫だけどビビリ■特技 腹だしごろ寝■好物 まぐろ・カツオ味フード(ホタテは苦手)■マイブーム バスマットの上で眠ること。■チャームポイント 生まれつきあるマユとヒゲ。半開きな口。→ラビくん投稿はこちらから
  • 本当にスーツが似合うのは実は40代から。レディースのスーツ選びのコツと着こなし術とは? 仕事柄、スーツばかり着ていると思われがちですが、実はそうではなく、いわゆるジャケパンスタイルや、ノージャケットのセットアップが大半です。  なぜあまりスーツを着なかったかというと、弁護士になった26歳のころ、スーツを着ると就活スタイルっぽくなり、新人感が出てしまい、ナメられるのではないかという思い込みがあったのが始まり。  (今思うと、どんな格好をしようと新人感丸出しだったのに、恥ずかしながら、あえてラフな格好をして仕事をしたりしていました。若さゆえ無駄に肩ひじ張っていましたね・・・。)  30代前半で子供を産んでからは、今度はスーツを着ると卒園式や入学式っぽくなってしまう気がして、やはりスーツは敬遠していました。  そんな私でしたが、30代後半になり仕事もさらに忙しく、人前に出る機会も一段と増え、どんな場でも、どのような方に会っても、失礼ではない装いをする必要性を感じてきました。そこで、改めて、スーツと向き合ってみようと思いました。 いざスーツ選びに臨んでみると、これが意外と難しい!  なぜかというと、大きく分けて2つの理由があると思いました。1.そもそも、レディースのビジネススーツの選択肢が少ない! 女性は、ビジネスの場でもあまりスーツ着用を求められないからか、就活用か、その延長のような若向きのスーツは良く目にしても、エグゼクティブ用のスーツを扱うブランドは極端に少ないです。  また、アラフォー女性向けのスーツは、入学式などのオケージョン仕様になっているものが多いため、ビジネスシーンで着用するにはやや甘すぎることも。2.レディースのスーツは流行に左右されがち。 メンズのスーツは長い長い歴史があるので、大きな流行はあれど、そこまでトレンドに左右されることはありません。  しかし、レディースのスーツは、丈、身幅、デザインなど、かなり流行が色濃く出ます。  個人的には、3,4年前のスーツはちょっと古いかなぁという気がして着るのに躊躇します。  安いものではないので、数年で着られなくなるなら、仕事でしか着ないスーツよりも、普段も着まわせるジャケットやパンツを買おう!となりますよね・・・。 こういった難題をクリアし、自分に似合うビジネススーツを手に入れるために、数シーズン前から以下の3つのことを意識して、スーツを選んでいます。 ①サイズ展開が豊富なブランドで選ぶ オーバーサイズの流行が長く続いていますが、スーツは体にぴったり合うサイズ感が命!  特に私は下半身が太いので、ジャケットは34でもボトムスは38だったりすることも…。豊富なサイズ展開から自分にしっくりくる一着を選びたい。②ジャケットは6万円以内で選ぶ ビジネススーツはやっぱり消耗品ですし、上に書いたように流行に左右されるので、せいぜい3年が寿命と思っています。  ある程度数を揃えたいので、10万円超えのジャケットはちょっと無理。上限は6万円くらいにしています。③お直しするところは買った時に直しておく スーツは体に沿ってこそ美しく着られるもの。  パンツの丈のお直しは、みなさん当たり前にすると思いますが、ジャケットの袖丈やウエストも、ジャストサイズにきちんと直します。  一度家に持ち帰ると、お直しに出すのが面倒になってしまうので、必ず買った時にお店で頼んでおきます。もちろん、お店がお直しに対応してくれることが前提! 私にとって、上の①~③がすべて叶うブランドが、セオリーリュクス。  ここ数シーズンは、季節初めに必ず一着はスーツを買うようにしています。  今季買ったのがこのネイビーのスカートスーツ。ブラウス:セオリーリュクス バッグ:エルメス パンプス:ロックポート オールネイビーのコーデでキリッとしてみました。アラフォーのビジネススーツには、着くずしやこなれ感は不要。スーツを当たり前にきちんと着るということが、一番美しく見せてくれると思うんです。  合わせるジュエリーは、一粒パールのピアスなど、ビジネスシーンにふさわしいものを。余計な指輪やバングルはつけず、時計も革ベルトのものを選びます。  装飾がなくて物足りない気もしますが、自分に合ったスーツを着ていれば、不思議と寂しい感じはしません。 こんな王道スタイルなら、どのような場に出ても気後れせず、堂々と仕事に臨めます。 このスーツは、ジャケットのラインもとても気に入ったので、色違い、形違いで買い足しました。サックスブルーやホワイトのジャケットは、少しくだけても大丈夫な日に。ロングジャケットはパンツに合わせます。 40歳になり、就活っぽくも入学式っぽくも見えず、一番スーツがしっくりくる年代になったのかもしれません。  服装を正すことは、仕事にきちんと向き合うことでもあるのだな、と改めて感じています。  今後歳を重ねていって、もっともっとスーツの似合う大人になれたら…、と思っています!★Instagramで日々の出来事やコーデを更新中です★美女組No.141 カキノキのブログ
  • 最近、じゅうたんもぐりがマイブームとなったルウ。ほこりだらけで大変。「この絶妙な重さが、たまらにゃいねんにゃ」■名前ルウ■性別 ♂(男の子)■猫種 雑種(元保護猫)■生年月日 推定2017年6月■性格 人間大好き、慎重派■特技 人の手にすりすり■好物 レタス、ジュレ・スープタイプのフード■マイブーム 夜景を眺めること■チャームポイント 目のキラキラ感→ルウくんの投稿はこちらから
  • ジュード・ロウ(47)の息子で、現在モデルとして活動しているラファティ・ロウ(23)。2020年1月15日(現地時間)、パリで行われたヴァレンティノのファッションショーに姿を現した。 Photo:Getty Images 子どもの頃から父に負けないイケメンとして注目されてきたラファティ。この日は、黒のシャツ&パンツにロングのトレンチコートを羽織った、スタイリッシュな着こなしを披露。 すでに数々のランウェイやキャンペーンモデルを務めてきただけに、カメラの前でも堂々とポーズ。そのオーラは、他の2世セレブとも一線を画すほど⁉︎ Photo:Getty Images そんなラファティの現在の恋人は、歌手のリタ・オラ(29)! 昨年12月に行われた「ブリティッシュ・ファッション・アワード」で見せたツーショットにより、熱愛が発覚。年上女性を射止めるモテ男ぶりも父ゆずり? Photo:Instagram(@rafflaw) 1996年、ジュードと女優サディ・フロスト(54)の間に生まれたラファティ。両親はすでに離婚しているが、妹アイリス(19)と弟ルディ(17)とふたりの兄弟がいる。 特に同じくモデルとして活動するアイリスは、これまた群を抜く美しさで有名。15歳で大手事務所「IMG」と契約すると、瞬く間に売れっ子に。カイア・ガーバー(18)やリリー=ローズ・デップ(20)と並び、若手注目株のひとりとなっている。 Photo:Instagram(@Irisaw) どちらかと言うとファッション系の仕事が多かったラファティだが、最近は映画に出演するなど、俳優としてのキャリアも開拓中。数年後には、父とハリウッドで共演!なんてこともあり得るかも。 ジュード・ロウ、白いブリーフ姿でビーチに出現!? 鍛え上げられた肉体美を披露(外部サイト) 「美の遺伝」に目を奪われる! そっくりセレブ親子25組(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
  • 朝の連続テレビ小説『スカーレット』の前半戦を盛り上げた名脇役といえば、大久保さん。厳しくヒロインを指導しながら、実は人一倍優しい大久保さんにほろりとした方も多かったはず。私も“大久保さん”ロスを味わった一人でした。最新号では、そんな大久保さんを演じた女優の三林京子さんに、「その涙は、宝石」と題してハイジュエリーを涙に見立てたファッション撮影をお願いしました。 時を重ねても色あせない宝石の輝きが、三林さんの美しく年を重ねられた凛とした表情と重なり、ドラマティックなファッションポートレートが完成。幼い頃に三林さんが見て感動したという『ローマの休日』をベースに、感情の揺れ動く様子をカメラの前で演じていただきました。スタジオで毅然とした美しさで輝く様と、衣装チェンジ中に「このブローチええなあ」などとにっこり笑っておっしゃるチャーミングなお人柄のギャップに、“大久保さん”を垣間見られた気がするのも良い思い出。いつか身に着けたい素晴らしい宝石は、年を重ねてこんな表情で素敵に微笑むことができる女性にこそ似合うもの。そんな未来への憧れを託したファッション特集です。ぜひご堪能ください。 SPUR3月号のご予約はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • "時代のアイコン"だった西城秀樹と間近で見た素顔歌番組で熱唱する秀樹、ライブでパフォーマンスする秀樹、カメラを向けられたときの秀樹は、大胆で情熱的なオーラを放つスター。一方、素に戻ったときの秀樹は、気さくで優しくて、誰にでも分け隔てなく接していた“良い人”。そんなエピソードがさまざまな人の口から語られています。若き日の彼を長年撮り続けたフォトグラファー中村昇さんが間近に見た、“二人の秀樹”とは。アイドル時代。あどけなさが残る笑顔がかわいい。70年代の撮影衣装は、ジーンズやジャケットなどデニムスタイルが多い。「明星」よりNoboru Nakamura中村 昇さんフォトグラファー。集英社の社員カメラマンを経て現在はフリーに。長年にわたり、数多くの男性・女性タレントを撮影。今回掲載するのは、集英社の「セブンティーン」の専属カメラマンだった時代に撮影した写真。西城秀樹のシングルレコード「涙と友情」「ブーメランストリート」などのジャケットも撮影している素顔は大らかでストレート、裏表のない気さくな青年写真集『HIDEKI FOREVER blue』に数多く掲載されている、フォトグラファー中村昇さんの写真。中村さんが撮影した若き西城秀樹は、時には無邪気な笑顔で、時には孤独な影をまとって、さまざまな表情を見せてくれます。秀樹のデビュー当時から「セブンティーン」で撮影を続け、国内はもちろん、ハワイ、フィリピン、ロンドンなど海外ロケに同行することも多かったという中村さん。最も近くで秀樹を見ていた一人かもしれません。「秀樹は勘がよくて飲み込みが早く、ロケ場所のイメージや雰囲気、求められていることをすぐに理解してくれるから、とても撮影しやすかったですね。撮影しているときは、細かいことを言わなくても互いに通じ合うものを感じていました。自分で考えて、どんどん動いてくれるし。例えば海で撮影したときも、服を着たまま、自分からどんどん水に入って、波をバシャバシャしたり、寝転んだり、いろいろな動きをしてくれる。プライベートでのつき合いがそんなにあったわけでなくても、心を許した素のままの表情が撮れた瞬間が、いくつもありました。普段の秀樹は、周りに気を遣う真面目さと、飾らない気さくな面を併せ持った青年。超多忙な有名人なのに、スタイリストさんが自宅で開いたカレーパーティに来たり、コンビニのお兄ちゃんと気さくに話したり、コンサート中は照明さんなど裏方のスタッフとも一緒にごはんを食べたり…。海外ロケに行っても、現地の人とすぐに仲良くなるんです。子どもや現地の人と撮った写真が多いのを見てもわかりますよね。本当にいつもフラットで、気取りがない、いい青年でした」ステージでの秀樹を撮影するのは最高だった「いろいろな撮影をしましたが、いちばん好きだったのは、歌う秀樹を撮影することでした。秀樹が初めて行なったといわれる大阪球場でのコンサートも、第1回から何度も撮影しました。そのたびに迫力のある、印象に残るいい写真が撮れたと思っています。秀樹はリハーサルではものすごくデリケートで、いろいろなことを細かくチェックするのですが、いざ本番になるとライブをとても楽しんでいて、高所恐怖症なのに揺れるクレーンの上でも大胆に歌っていましたね。僕は特別に、ステージの上や、照明のあるところや音響機材の上など、秀樹から3mくらいの近い距離で撮影させてもらえたの。ステージで秀樹が倒れる場所を事前にスタッフから聞いて、そこでシャッターチャンスを待ったり、クレーンに一緒に乗って至近距離で撮影したこともあります。本番での秀樹は、僕を見つけると必ず目線をくれたり、ニコッと笑ってくれたりするんですよ。そんなときは男の僕でもドキッとするほど魅力的でしたね(笑)」ロケ写真もステージ写真も、中村さんの写真は臨場感にあふれ、その時々の秀樹の、生き生きとした自然な表情をとらえたものばかり。今にも秀樹の声や気配が感じられそうな迫力に満ちています。11 中村昇さんが「セブンティーン」で撮影。スーツでスタイリッシュにきめた秀樹。アンニュイな表情も魅力232・3 「明星」より。自転車やバイクに乗ったり、楽器を持ったり吹いたり。テニスやアメフトなどスポーツをしているシーンを撮影したり。当時の誌面では、シチュエーションに合わせてさまざまな表情やポーズを見せている。若さはじける、元気いっぱいの秀樹がまぶしい!Hideki Saijo西城秀樹歌手・俳優。1955年4月13日生まれ。広島県広島市出身。'72年「恋する季節」でデビュー。キャッチフレーズは「ワイルドな17歳」。'73年「情熱の嵐」以降、数々のヒット曲が生まれた。俳優としても、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」(TBS系)、映画『愛と誠』、ミュージカル『わが青春の北壁』ほか、数多くの作品に出演。亡くなる前月まで現役としてステージに立っていた。2018年5月16日逝去。享年63歳西城秀樹写真集HIDEKI FOREVER blue集英社の雑誌「セブンティーン」「明星」で撮影された写真を収録した豪華写真集。若き日のキラキラした西城秀樹の魅力が満載です! 篠山紀信、中村昇などの著名なカメラマンが撮影した秘蔵写真を多数掲載。未公開写真を含む貴重なカットが100点以上。未発表音源CD1曲「CATALOG(カタログ)」とオリジナルポストカード1枚付き。¥6,500/集英社インターナショナル西城秀樹オフィシャルサイト取材・原文/近内明子 写真協力/集英社インターナショナル
  • "時代のアイコン"だった西城秀樹と間近で見た素顔歌番組で熱唱する秀樹、ライブでパフォーマンスする秀樹、カメラを向けられたときの秀樹は、大胆で情熱的なオーラを放つスター。一方、素に戻ったときの秀樹は、気さくで優しくて、誰にでも分け隔てなく接していた“良い人”。そんなエピソードがさまざまな人の口から語られています。若き日の彼を長年撮り続けたフォトグラファー中村昇さんが間近に見た、“二人の秀樹”とは。アイドル時代。あどけなさが残る笑顔がかわいい。70年代の撮影衣装は、ジーンズやジャケットなどデニムスタイルが多い。「明星」よりNoboru Nakamura中村 昇さんフォトグラファー。集英社の社員カメラマンを経て現在はフリーに。長年にわたり、数多くの男性・女性タレントを撮影。今回掲載するのは、集英社の「セブンティーン」の専属カメラマンだった時代に撮影した写真。西城秀樹のシングルレコード「涙と友情」「ブーメランストリート」などのジャケットも撮影している素顔は大らかでストレート、裏表のない気さくな青年写真集『HIDEKI FOREVER blue』に数多く掲載されている、フォトグラファー中村昇さんの写真。中村さんが撮影した若き西城秀樹は、時には無邪気な笑顔で、時には孤独な影をまとって、さまざまな表情を見せてくれます。秀樹のデビュー当時から「セブンティーン」で撮影を続け、国内はもちろん、ハワイ、フィリピン、ロンドンなど海外ロケに同行することも多かったという中村さん。最も近くで秀樹を見ていた一人かもしれません。「秀樹は勘がよくて飲み込みが早く、ロケ場所のイメージや雰囲気、求められていることをすぐに理解してくれるから、とても撮影しやすかったですね。撮影しているときは、細かいことを言わなくても互いに通じ合うものを感じていました。自分で考えて、どんどん動いてくれるし。例えば海で撮影したときも、服を着たまま、自分からどんどん水に入って、波をバシャバシャしたり、寝転んだり、いろいろな動きをしてくれる。プライベートでのつき合いがそんなにあったわけでなくても、心を許した素のままの表情が撮れた瞬間が、いくつもありました。普段の秀樹は、周りに気を遣う真面目さと、飾らない気さくな面を併せ持った青年。超多忙な有名人なのに、スタイリストさんが自宅で開いたカレーパーティに来たり、コンビニのお兄ちゃんと気さくに話したり、コンサート中は照明さんなど裏方のスタッフとも一緒にごはんを食べたり…。海外ロケに行っても、現地の人とすぐに仲良くなるんです。子どもや現地の人と撮った写真が多いのを見てもわかりますよね。本当にいつもフラットで、気取りがない、いい青年でした」ステージでの秀樹を撮影するのは最高だった「いろいろな撮影をしましたが、いちばん好きだったのは、歌う秀樹を撮影することでした。秀樹が初めて行なったといわれる大阪球場でのコンサートも、第1回から何度も撮影しました。そのたびに迫力のある、印象に残るいい写真が撮れたと思っています。秀樹はリハーサルではものすごくデリケートで、いろいろなことを細かくチェックするのですが、いざ本番になるとライブをとても楽しんでいて、高所恐怖症なのに揺れるクレーンの上でも大胆に歌っていましたね。僕は特別に、ステージの上や、照明のあるところや音響機材の上など、秀樹から3mくらいの近い距離で撮影させてもらえたの。ステージで秀樹が倒れる場所を事前にスタッフから聞いて、そこでシャッターチャンスを待ったり、クレーンに一緒に乗って至近距離で撮影したこともあります。本番での秀樹は、僕を見つけると必ず目線をくれたり、ニコッと笑ってくれたりするんですよ。そんなときは男の僕でもドキッとするほど魅力的でしたね(笑)」ロケ写真もステージ写真も、中村さんの写真は臨場感にあふれ、その時々の秀樹の、生き生きとした自然な表情をとらえたものばかり。今にも秀樹の声や気配が感じられそうな迫力に満ちています。11 中村昇さんが「セブンティーン」で撮影。スーツでスタイリッシュにきめた秀樹。アンニュイな表情も魅力232・3 「明星」より。自転車やバイクに乗ったり、楽器を持ったり吹いたり。テニスやアメフトなどスポーツをしているシーンを撮影したり。当時の誌面では、シチュエーションに合わせてさまざまな表情やポーズを見せている。若さはじける、元気いっぱいの秀樹がまぶしい!Hideki Saijo西城秀樹歌手・俳優。1955年4月13日生まれ。広島県広島市出身。'72年「恋する季節」でデビュー。キャッチフレーズは「ワイルドな17歳」。'73年「情熱の嵐」以降、数々のヒット曲が生まれた。俳優としても、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」(TBS系)、映画『愛と誠』、ミュージカル『わが青春の北壁』ほか、数多くの作品に出演。亡くなる前月まで現役としてステージに立っていた。2018年5月16日逝去。享年63歳西城秀樹写真集HIDEKI FOREVER blue集英社の雑誌「セブンティーン」「明星」で撮影された写真を収録した豪華写真集。若き日のキラキラした西城秀樹の魅力が満載です! 篠山紀信、中村昇などの著名なカメラマンが撮影した秘蔵写真を多数掲載。未公開写真を含む貴重なカットが100点以上。未発表音源CD1曲「CATALOG(カタログ)」とオリジナルポストカード1枚付き。¥6,500/集英社インターナショナル西城秀樹オフィシャルサイト取材・原文/近内明子 写真協力/集英社インターナショナル
関連キーワード

RECOMMEND