可愛げのある大人は、ピンクゴールドベゼルの腕時計を毎日の手もとに選んでいた♡

DAILY MORE

大人っぽくて可愛い腕時計、見つけた!

かっこよさも女っぽさも欲しいけど、やっぱり「可愛げのある人」になりたいっ♡ そんなあなたは【ピンクゴールドベゼルの腕時計】を選ぶべき! ホワイトゴールドより肌になじんで、イエローゴールドより少し甘い。このほどよさが、なりたい女性像へと近づけてくれるから。

ピンクゴールドベゼルの腕時計、おすすめ4選

Folli Follie
ふっくらなめらかな曲線を描く、大きめのオーバル型。ピンクゴールド×ライトピンクの柔和な配色が、オンの日にふさわしい可愛げを与えて。ゆるやかにカーブするケースで、フィット感も抜群。
時計¥25000/フォリフォリジャパン(フォリフォリ) カーディガン¥16000/ビームス 新宿(レイ ビームス) ブラウス¥13000/Stola. バッグ¥24000/アンパサンド カチューシャ¥780/サンポークリエイト(アネモネ)
Angel Heart
しぐさまで女らしさが高まるような、“さりげない甘さ”が今の私たちにぴったり。ローマ数字とスワロフスキー®・クリスタルのインデックスが、大人の華やぎを演出。ベージュの革ベルトとのワントーン風配色も洗練感たっぷり。
¥19000/ウエニ貿易(エンジェル ハート)
PIERRE LANNIER
高級感あふれる型押しの革ベルトなら、淡いピンクもエレガント。すっきり細く仕上げたベゼルは華奢な印象とともに、時刻の視認性アップにも貢献。
¥18000/タパック(ピエール・ラニエ)
MICHAEL KORS
マザーオブパールの文字盤に、ベゼルをぐるりと囲むストーン。ふたつの輝きを、細身&フラットな表面感の黒ベルトがぐっと引き立てて。
¥28000/フォッシルジャパン(マイケル・コース)




構成・原文/鈴木絵美 撮影/小嶋洋平(DUST FREE PRODUCTION/モデル) 魚地武大(TENT/製品) ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/辻村真理

関連記事
  • 厚手のコートやニットなど、どうしても着太りが心配…。そんなこの季節に役立つのは、着るだけでやせ見えするアイテムやスタイルアップできるテク。読者インフルエンサー集団・スーパーバイラーズのメンバーが普段実践している着やせスタイルをアイテム別にまとめてお届け。おしゃれも細見えも大満足のコーディネートをぜひ参考に。 <目次> 1.ダウンコートも着ぶくれ知らず【読者インフルエンサーの細見えコート】 2. 着映えも細見えも欲張れる!【読者インフルエンサーの細見えトップス】 3.美脚&脚長をかなえてくれる【読者インフルエンサーの細見えボトム】 4. 配色で小物で、まだまだある!【読者インフルエンサーの細見えテク】 .bai_mokuji_template1911 { margin-top: 8px; } .bai_mokuji_template1911 li { text-indent: -0.8rem; padding-left: 0.8rem; line-height: 1.2rem; margin-bottom: 8px; color: #333; } .bai_mokuji_template1911 li:last-child { margin-bottom: 0; } ※すべて本人私物です。 ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。 1.ダウンコートも着ぶくれ知らず【読者インフルエンサーの細見えコート】 「着太りが心配なダウンコートですが、ジャストサイズ、シンプルな首回り、スッキリ見える配色、ヘアをまとめる。これを守れば着太りすることなく着こなせます。中でも重視しているのはBAILAを参考にした、外側を濃くして内側を淡くするペンギン配色。これで冬のダウンコートも怖くない!」(日下知世さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「ZARAのノーカラーコートは、ストンとした縦型のデザインが細見えに効果的でとってもお気に入りです。横からみると、少し肩が落ちていてゆるっと着れる大人可愛いデザイン。かっちり感のあるZARAのノーカラーコートに、スリムなロングスカートを合わせることで、ほっそり感を引き立てました。プリーツスカートがさらに縦ラインを強調してくれます。」(石本愛衣さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「この冬愛用しているUNIQLOのウルトラライトダウンロングコートです。ロングな丈感とスリムなAラインで着ぶくれ知らずです。これだけの防寒力とロング丈で軽い、しかも細見えするコートってなかなか無いのでは…?というくらい、イチオシアイテム。」(山嵜由恵さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「FERVORのダウンコートです。ウエストを少し高めの位置で絞り、裾に向かって緩やかに広がるシルエットで着やせ効果バッチリ! ニュアンスカラーなのもスタイリングしやすいポイント。」(前川はるなさん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 2. 着映えも細見えも欲張れる!【読者インフルエンサーの細見えトップス】 「コスパ最高と話題のGUトップスを使い、オールブラックでどの角度から見ても上品な着やせコーデにしてみました。トップスで腕周りをカバーし、ZARAのベルト付きプリーツスカートでウエストマークすることでスタイルUP。プリーツスカートはお尻まわりをカバーしてくれるのも◎。」(櫻田結子さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「ZARAのオーガンジーブラウスです。袖はオーガンジー素材なので肌見せしつつも、ふんわりボリューム感のおかげで華奢見えが可能。ボウタイ付きで顔周りも華やか&小顔効果も。セールでお得にゲットできました♡」(泉ひとみさん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「ungridの白シャツです。お尻がすっぽり隠れる丈感がポイント。ボリューム袖で二の腕カバーしてくれる優秀アイテム。ニットやベストと重ねるのもお気に入りですが、ベルトでウエストマークして脚長効果を狙ってます。」(泉ひとみさん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「私が“着やせニット”と太鼓判を押すのは、SENSE OF PLACEのストレッチハイネックルーズセーター。ストレッチが効いていてとっても柔らかく着心地も抜群ですよ。ハイネックですが、質感が厚手すぎないので、すっきりと着こなすことができるんです。袖をまくしあげた時の袖の程よいボリューム感で手首の細見えも。」(石本愛衣さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「“しっかり高さのあるタートルニットは小顔効果”があると、BAILA2月号を参考にニットコーデにトライ。ボリューム感で確かに顔が小さく見える気が! ちなみにニットはaquagarageで¥2980。プチプラなのにしっかりした記事で高見えします♪」(遠山春菜さん)  読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 3.美脚&脚長をかなえてくれる【読者インフルエンサーの細見えボトム】 「セールでゲットしたAZUL BY MOUSSYのダーツデニムワイド。裾に向かって大きく広がるシルエットで脚長効果が♡ 履いたときのしっくり感や履き心地も最高で、試着室で自分の姿を見たときは『足が長く見える!』と叫んでしまったほど。」(中島真亜沙さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「ZARAで購入したペンシルスカートはフロントのスリットやパッチポケット、大きめボタンの形、全てが可愛くて私のツボです。引き締め力の高い黒、フロントのスリットで美脚と着やせ効果も高いんです!」(山嵜由恵さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 4. 配色で小物で、まだまだある!【読者インフルエンサーの細見えテク】 「BAILA2月号を参考に着やせ配色にトライ! トップスはダークグリーンのニット(UNIQLO)、スカートはブラウンのスカート(ZARA)。まとまりの良い2つの色を組み合わせることで、縦ラインが強調されてスッキリと見えるんだそう。なるほど、全身のカラーがよく馴染んで着やせして見える気がします。」(神谷江礼奈さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「BAILA2月号の着やせコーデをお試し。ネイビーのアウターとブルーのデニムで作る同系色「なかよし配色」です。まとまりのいい2色の組み合わせですっきりとしたIラインに見えるんです。どちらも大好きな色なので真似しやすいのもポイントが高いですよね。」(秦孟含さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「GUのスウェットとUNIQLOのストレートパンツでYシルエットに。着ぶくれが心配な白のスウェットもこう着ることで引き締め力が高まり、ほっそり見える気がします。」(丸茂亜未さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「着やせ大特集のBAILA2月号。なかでも即マネしたのがロングネックレスのテク。いつものスタイルにロングネックレスをつけるだけで縦ラインを印象づけてすっきり。こなれ感も出るのがいいですよね。」(下里朋美さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る 「新年セールでルーニィのピンクサテンパンツを購入したので、BAILA2月号に載っていたピンクパンツの着やせコーデに挑戦。白の小物をポイントに持ってくることでコーデに抜け感が生まれ、着やせ効果が。」(加藤和歌子さん) 読者インフルエンサーの【着やせコーデ】を詳しく見る
  • 忙しいのにいつもおしゃれなエディター・宮崎桃代さん。着こなしの発想はいつもボトムからだそう。ちょっとクセ強めの一本を主役に“着固め”した宮崎さんのコーディネートを大公開!ボトムありきで考える“着固め”派宮崎桃代さん「おしゃれの発想はいつもボトムから」と宮崎さん。スタメンボトムは新しく購入した最旬のものから、久しぶりにはいて“それ、素敵!”とほめられたものまで、新旧を問わず小柄さんならではの審美眼が光る選りすぐりだ。「ボトムはちょっとクセ強め、デザインにピンときたものを選んで楽しみます。私にとってトップスは脇役なので、ジャストサイズが好み。ここがブレなければあれこれ悩まずにすむし、セオリーにフィットしたコーデが数パターンあれば十分。私はあまり着回しは考えません。毎日違う服装であることよりも、好きな服を自分にとってベストな着方で“着固め”ます」。【Start】コーデは“どこかにクセ”があるボトムからまじめになりすぎず大人が楽しめるほどよいモード感が命ペプラムつきマキシスカートが主役 宮崎さんがこよなく愛するブランド、チノで購入した、今季のお気に入りがこちら。「手持ちボトムにはないタイトめなシルエットと、ちょっと変わった雰囲気を取り入れるのによさそうなペプラムが気に入りました。張りのある厚手コットンだから、シルエットもきれいに出るんです」。《トップスは“ジャストサイズ”》オーバーサイズは苦手。ニットでもブラウスでもベーシックなシルエットで。シンプルなタートルこそ更新が大事。新しく手に入れたシルク×ウールのハイゲージはスローン。orブルーバード ブルバードの杢(もく)ベージュタートル。肌ざわり抜群のカシミヤでスリット入りのデザイン。or幾何学柄のボウブラウスは、数年前のグッチ。このスカートとおもしろいバランスになるので復活。《足もとはその日の予定別にチョイス》選ぶ靴しだいで印象が激変。カジュアルな日ときれいめに決めたい日でこの二択。撮影があるなら… Nike By Youでカスタマイズした黒底のエア マックス ホワイト。冬コーデに抜け感を与えてくれる。or打ち合わせ➡ディナーの予定ありなら… 10年以上前のヴェロニク ブランキーノ。細ヒールのレースアップは、今も大のお気に入り。《コートは“アスレジャータイプ”一択》このスカートにはショート丈と決断。アウトドア風味とのミックス感で今どきに。このコートも数年前のセールで買ったチノ。デザインも素材もカジュアルながら、前後差のある着丈と大きめなフードが着こなしのアクセントに。ダークな色が増える冬のアウターに、オフホワイトが印象的。Goal.1黒が基本色の宮崎さんが今季挑戦したい、カフェカラーのグラデーションコーディネート。「今季買ったニットがめずらしくベージュ系だったので、それに合わせてまろやかカラーにまとめ、ブーツでちょっぴりエッジを効かせました」。コーデは100%決め込まず70%にとどめて、バッグなどは気分に合わせて。Goal.2寒さが進んだらユニクロのフードつきダウンベストをコート下に仕込み、寒さに耐えて動きやすい着こなしに。「スニーカーだけ白だと足もとだけ浮きがちですが、コートがオフホワイトなのでまとまりやすく、重くなりがちなコーデに抜け感も出て一石二鳥。色は3色まで、も守ります」。撮影/坂根綾子 取材・原文/向井真樹 ※エクラ2020年2月号掲載 ※この企画のアイテムはすべて私物です。すでに販売が終了しているものもありますのでご了承ください。
  • いつもの着こなしにプラスワンするだけで完成。トレンドの"ちょいサバ"感を盛り上げてくれる!クラシカルな型押しバッグをきれいめコーデのワンポイントに しなやかでツヤのあるレザーと味のある型押しがリッチ感を底上げ。優しげなキャメルは、合わせやすいうえきちんと見えを叶えてくれる。 バッグ¥26000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ブラウス¥5900/Roomy’s パンツ¥16000/N.O.R.C(N.O.R.C by the line) カーディガン¥11000/ココ ディールレディなたたずまいを引き寄せるヒールつきの美脚ロングブーツ 全方位美しく見えるヒールつきのロングブーツは、ちょいサバにもってこい。この冬ならタイト&ロングなスカートに合わせるのがおしゃれ。 靴¥21900/A de Vivre ニット¥7400/N. スカート¥3990/セシール イヤリング¥19637/アビステ バッグ¥37000/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ)ほっそりヒールのパンプスならバックスタイルもサマになる♡ きゃしゃなほっそりヒールは脚がきれいに見えて、パンツを合わせてもちゃんと女らしく仕上がるのが強み。 靴¥8400/マミアン カスタマーサポート ブラウス(インナーキャミソールつき)¥10000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 パンツ¥9800/RD ルージュ ディアマン イヤリング¥5891/アビステかっちりフォルムがとびきり上品!レトロなワンハンドルバッグ 手にした時に収まりがいい小ぶりなサイズ感がベスト。 バッグ¥12800/銀座ワシントン銀座本店(ワシントン) コート¥18000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 ワンピース¥13000/SNIDEL イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) 靴¥27000/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー)注目のパイソン柄バッグでリッチなムードを上乗せして 華やかでリッチに見えるパイソン柄。インパクトのある柄なので、ワンポイントに最適な小さめのバッグで取り入れて。トラッドなカジュアルをぐっとクラスアップしてくれる。 バッグ¥4900/アンビリオン(カシュ カシュ) 重ね着風シャツ¥6900/MURUA パンツ¥10800/N. メガネ¥15980/OWNDAYSモデル/貴島明日香 鈴木ゆうか 撮影/藤原宏(Pygmy Company) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/野崎久実子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 読者インフルエンサー・スーパーバイラーズが手に入れた、流行りも年代も関係なく長く愛せるバッグや時計、ジュエリーをご紹介します。上質さはもちろん、エフォートレスなデザインはまさに一生もの。長く愛せるアイテム選びをぜひ参考にして。 <目次> 1.憧れブランドで手に入れた【逸品バッグ】 2.コーディネートが華やぐ【逸品ジュエリー】 3.着こなしの格を上げる、時計やスカーフ【逸品小物】 .bai_mokuji_template1911 { margin-top: 8px; } .bai_mokuji_template1911 li { text-indent: -0.8rem; padding-left: 0.8rem; line-height: 1.2rem; margin-bottom: 8px; color: #333; } .bai_mokuji_template1911 li:last-child { margin-bottom: 0; } ※アイテムはすべて私物です。※元記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。 1.憧れブランドで手に入れた【逸品バッグ】 「GUCCIのベルベットパープルのショルダーバッグです。色味がキレイで一目ぼれした。あまりテカリのないベルベット素材で、上品に見えるところがお気に入り。普段のコーディネートの差し色として活躍しています。」(畑瀬愛さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 「PRADAのショルダーバッグはシンプルなブラックレザーで、どんなコーデにも合わせやすい。柔らかい革の質感なので、使えば使うほど味が出てくるのもいいところ。そして重くない!! このサイズ感のこのデザインは買って大正解でした♡ 長く愛用できそうです」(海野尾美紀さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 「上品なグレーのバッグはFENDIのもの。小さすぎず、大きすぎずのサイズ感が便利です。ボルドーのニットアップに合わせてエレガントに。」(畑瀬愛さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 「誕生日プレゼントとして主人におねだりしたのはGUCCIのショルダーバッグ。ショルダーの一部がチェーンになっているので、エレガントさがあり、ドレスアップした時にも持ちやすそう。もちろんあえてカジュアルな日に持っても可愛いです。」(大津真鈴さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 「きれいなブルーがお気に入りのバッグはロエベのもの。ころんとしたフォルムと巾着タイプがかわいくってつい手に取ってしまいます。シンプルな着こなしの日の絶妙なアクセントになっています。」(臼居実優さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 2.コーディネートが華やぐ【逸品ジュエリー】 「女性らしさもありつつ、だけど手元にモダンなエッジをプラスしてくれるHirotakaのリングがお気に入り。購入したのは、中指につけているリングと小指につけている華奢なリング。お守りのように毎日肌身離さず身につけられるリングは、繊細でミニマルなものが好み。でも、今っぽさも欲しい。そんなわがままを叶えてくれるブランドです。」(石本愛衣さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 「e.mで購入した、幅広めのシルバーリングです!元々はピンキーリングとして小指用に購入。ピンキーリングって、華奢で可愛らしいものが多いと思うのですが、存在感のあるリングを小指にしたくなって。他の指だと少しハードになりがちな幅広リングも、ピンキーリングだと女性らしさを少し残せる気がします。上の写真では、薬指に【ファランジリング】として着用しています。」(阿部晴菜さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 「1点1点、ハンドメイドで作られるプリュイのアクセサリー。中でもお気に入りは、人差し指につけているブルーリング。『成熟されない、未熟であるがゆえの匂いや美しさ』をイメージしているそう。このゴツさが堪らなく可愛いのです。身に着けるだけで、コーディネートのアクセントになってくれます。」(青山麻穂さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 「ニットにつけたのはLOEWEのブローチ。シンプルなワントーンコーデなのですが、ブローチをつけるだけでワンランクアップ! 普段のコーディネートを上品な印象にしてくれるとっておきのアイテムです。」(臼居実優さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 3.着こなしの格を上げる、時計やスカーフ【逸品小物】 「長く大切にしたいアイテムを購入したいと思い、選んだのがGUCCIのホースビットローファー。¥50000を超えるお買い物は中々勇気が入りましたが、買って正解でした。定番のレザーではなくスエードなので履くシーズンは多少限られますがブラックスキニーなどに合わせやすくテーパードパンツにもしっくりくるので通勤コーデ、休日コーデとオンオフ問わず活躍しています。」(日下知世さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 「左のティファニーの時計、実は夫のもの。メンズ用のごつめな大きさ、無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインがお気に入りです。手首も華奢見えします。右は、パンテール ドゥ カルティエ。レディースサイズで華奢なのですが、都会的な無骨さがオン・オフどのシーンでつけてもサマになります。」(高橋夏果さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 「買ってよかった一生ものはHERMESのカレとツイリーです。カレは主人のチョイスのベージュトーン。本当はもっと派手な色・デザインにしようと思ったけど、どんなコーディネートにも馴染むこちらにして良かった♡ サイズは定番の90×90cmで一番アレンジしやすい大きさです。ツイリーはエルメスらしいオレンジカラー。手首に巻いたり、首に巻いたり、バッグに付けたり。このサイズがまためちゃくちゃ万能です。」(臼居実優さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る 「持つだけで気分を上げてくれるセリーヌのコンパクトジップドカードホルダー。定期やクレジッカード、小銭などなどコンパクトなのに収納抜群でこれ一つでかなり十分なほどです。ミニバックの日にも便利です!」(山田裕美子さん) 読者インフルエンサーの【大切な逸品】を詳しく見る
  • 今年の冬は防寒・洒落見えにプラスして「着やせ」を意識したスタイルを目指そう。着やせのスペシャリストたちが選び抜いたアイテムから、「プリーツスカート大賞」に選ばれたのはASTRAET(アストラット)のマキシスカート。細かいプリーツが縦長見えに貢献しているのだとか。 〈プリーツスカート大賞〉ASTRAET(アストラット)のマキシプリーツスカート 【私たちも推します!】スタイリスト福田亜矢子さん、編集W、編集Sほか 3種のプリーツを巧みに組み合わせた縦長効果で、おなか、太もも、ヒップと、下半身全体をくまなくカバーする定番人気スカート。シャープなプリーツと軽やかな素材で、ロング丈も重く見えない。2サイズ展開で、小柄さんが着やすいバランスを選べるのもうれしい。スカート¥30000/アストラット 新宿店(アストラット) コート¥34000/メゾン スペシャル(メゾン スペシャル) ニット¥29000/スローン リング¥12000/ソワリー バッグ¥80000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥60000/ザ・グランドインク(ロランス) スカート¥30000/アストラット 新宿店(アストラット) ライター 野崎久実子さん 165㎝ 腰の張りが気になるという野崎さん。「織りが細かくて縦長効果を強調。腰まわりもすっきり見えます!」 スタイリスト 門馬ちひろさん 167㎝ お尻が大きいことにお悩みの門馬さん。「購入以来、溺愛! 動きのあるプリーツの陰影が下半身の目くらましに」 撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/大政 絢 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
  • ホームタウンは、世界中にある。季節や気分によって軽やかに拠点を変え、仕事をする彼女の職業は小説家。その土地ならではの匂いや音が、いつでもインスピレーションを刺激してくれる。ファッションもさまざまな街で見た色を取り入れたカラフルなスタイルが彼女流。ストライプシャツに大きなスパングルをあしらったチェックスカート、ボーダーのハットとスカーフで自由なパターンミックスを楽しむ。シャツ¥120,000・スカート¥296,000・帽子¥66,000・スカーフ¥99,000(すべて予定価格)/プラダクライアントサービス(プラダ)鮮やかな色と柄で、どこまでもプレイフルに 1 シャーベットカラーのTシャツにはトレンドのフェザーを裾にあしらって甘やかに。何げない日常もドラマティックに演出してくれる特別な一枚。トップス¥89,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) 2 太陽がまぶしい国で過ごすなら、さらっとまとえるコットンのロングドレスを。四角が重なるグラフィカルなプリントが動くたびに視線を集める。ドレス¥78,000〈3月展開〉/CLIFF co.ltd.(FUMIKA_UCHIDA) 3 ビビッドなグリーンのトップスは一見シンプルでいて、着るとそのフォルムに主張あり。控えめなモックネックとボリュームのある袖との対比が新鮮。トップス¥119,000/イザベル マラン 4 このメゾンらしいチャーミングなフラワープリントをプラットフォームサンダルに。歩きやすい一足は世界を巡る旅の相棒。サンダル〈ヒール 12.5㎝〉¥110,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) 5 アクセサリーはインパクト主義。ブラウン&グリーンの大ぶりなプラスチックチェーンに、ゴールドのクラスプがモダンなアクセントを添える。ネックレス¥49,000/マルニ 表参道(マルニ) 6 春夏の大きなトレンドであるナチュラルシックな気分をいち早く。フレアスカートは色とりどりのラフィアを編み上げ、小花モチーフをオン。スカート¥1,450,000/クリスチャン ディオール(ディオール) 7 ドレスアップする日に手に取るのはシルクタフタのボウブラウス。光沢のある生地にふんわりとしたスリーブのシルエット、エレガントなパープルがマッチ。ブラウス¥120,000/ブラミンク 8 レモンイエローのノーカラージャケットはフェミニンなドレスにもカジュアルなデニムにも合わせやすく重宝なアイテム。細いベルトをラフに結んで。ジャケット¥77,000/TAKU & Co(ペレック) >>おしゃれのことにも地球のことにも真剣。研究を続ける私
  • BAILAが誇るおしゃれプロたちは、“いかに細見えさせるか”に並々ならぶこだわりを持っているのです。彼女たちの推しアイテムの中から「旬スカート大賞」に選ばれたのは「STRAWBERRY-FIELDS(ストロベリーフィールズ)」のサテンフレアスカート。女っぽさだけでなく、下半身をきれいに見せてくれるしなやかな質感が心憎い! 〈旬スカート大賞〉STRAWBERRY-FIELDS(ストロベリーフィールズ)のサテンフレアスカート 【私たちも推します!】スタイリスト池田メグミさん、ライター榎本洋子さん、編集Uほか ほどよく肉厚で腰やヒップラインを拾いにくいうえ、ナローシルエットがしなやかで女らしい体に見せてくれる。スカート¥14000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) コート¥25000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイアイディー) ニット¥29500/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 時計¥39500/オ・ビジュー(ロゼモン) バングル¥16500/ソワリー バッグ¥39000/ペッレ モルビダ 銀座(ペッレ モルビダ) タイツ¥1000/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃) 靴¥40000/ザ・グランドインク(ロランス) スタイリスト 吉村友希さん 158㎝ おなかと腰周りが気になっている吉村さん。「素材にハリと厚みがあって、おなかや腰肉をさりげなく押さえてくれるんです」 スカート¥14000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) 撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/大政 絢 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
  • she tokyoのスカートは今1番お気に入りの褒められアイテム。やっぱり大好きなモノトーンコーデ。 オールブラックコーデも大好きですが、真冬はコートも着るので、重い感じになりすぎてしまうことも。 そんなブラックコーデにメリハリをつけてくれるのが、she tokyo のリボンツィードサーキュラースカート。テープ状に割かれたカラーリボンテープを6M以上使用したリボンツイードがとても美しくて、昨秋、店頭で見て一目惚れでした! 中央と脇の丈も変えてあって、その間からチュールプリーツがさりげなくのぞくデザイン。 しかもウエストは内側がゴムストレッチになっていて、着ていてとっても楽なんです。 後ろから見ても横から見ても綺麗な形とデザインで、このスカートを履いているとかならず褒められるんです^ ^ 画像では分かりにくいですが、光沢があってシャリっとしているので、ニットと合わせてもほっこりしないのもポイント。 この日は、韓国の女優さんたちも御贔屓のブランド、スーコマボニーのショートブーツを合わせて少し足元を重くしてみました。このスカートは手持ちのNIKE AIR MAXとも相性抜群なのでカジュアルダウンも出来て、ホントに万能です。 しかもリボンツィードなので、1年中使える生地感で、ブラウスやTシャツと合わせたりと、コーデを考えるだけでも楽しい! tops drawer shoes suecomma bonnie bag ferragamo 新しい年を迎えて、今年はお洋服の断捨離を本格的にしようと考えていて、安易に洋服を買わない!と誓いました。 55歳の節目の年、お洋服だけではなく、身の回りの全ての物の見直しをして、身も心も身軽にしたいというのが今年の目標です。 エクラ読者の皆さんの今年の目標にも、興味津々です♡華組 朝生育代ブログ
関連キーワード

RECOMMEND