『ナショナルジオグラフィック』が捉えた大自然をプリント!『ベルシュカ』でサステイナブルなコラボアイテム発売中☆

DAILY MORE

『ベルシュカ』では、地球上の「冒険」と「発見」を全世界に伝えてきた『ナショナルジオグラフィック』とのコラボレーションアイテムを発売中です。しかもすべてのアイテムが、リサイクルポリエステルorオーガニックコットンを使用したサステイナブルなもの! 壮大な地球の風景が大胆にプリントされた、強いメッセージ性を感じる仕上がりです。

このコラボは、『ベルシュカ』が展開する「Join Life」というラインのもの。少なくとも一つの製造工程で、サステナブルな原材料の使用・環境保護に配慮した技術を用いて生産された商品です。世界中の科学、自然、文化のリアルを発信している『ナショナルジオグラフィック』とのコラボにふさわしいですよね。
(上段左から)パーカー ¥5990 スウェットシャツ ¥5990 ダウンジャケット ¥13990 (中段左から)パーカー ¥5990 Tシャツ ¥2990 Tシャツ ¥2990 (下段左から)クロップドダウンジャケット ¥11990 バッグ ¥4990 リュック ¥6990
展開アイテムは、メッセージ性を感じながらもおしゃれなものばかり! 北極大陸の氷山の写真をプリントしたダウンジャケットやリュック、絶滅危機の動物をプリントしたTシャツなど、大自然が生み出したカラーをそのまま映し出しています。

この大胆さとおしゃれさは、本コラボだからこそ実現できたもの! すでに『ベルシュカ』の渋谷店、心斎橋店、公式オンラインストアで販売されているので、要チェックです☆

▶︎▶︎『ベルシュカ』公式サイトはこちら


文/堀越美香子

関連記事
  • BAILAエディターズのリレー式コラム、第201回はアンクレイヴの「ウールメルトン」シリーズのコートをご紹介します。 アンクレイヴのコート、この2枚で冬を過ごす! アンクレイヴのコートが2枚揃いました! 1枚は、展示会でオーダーしたオフホワイトのダッフルコート。 もう1枚は、11月頭に開催されていたPOP UPで購入していたPコート。 オフホワイトとグレージュ、端正な大人らしさと、柔らかさが同居したニュアンスのある色出しにほれぼれ・・・。 「汚しちゃったらどうしよう!?」と躊躇しそうな色ですが、撥水・撥油・防汚加工の素材が、背中を押してくれました。 目の詰まった、厚みのあるウールメルトン生地ですが、着心地は柔らかく、シルエットもゆったりとして肩が凝らないのもウレシイ。 一足早く手にしていたPコートを着てきていた今日、心待ちにしていたダッフルコートが編集部に届き、冬の”コート込み”コーデはこれで無敵に♪ 明日はどっちを着よう? そもそも今日どっちを着て帰ろう? とワクワクしながら、2枚を着比べてみました! アンクレイヴのコートを着くらべ 補正力がスゴイ!「プルーフメルトンダッフルコート」 シャレ見え力がスゴイ! 「プルーフメルトンPコート」 こちらが、今日家から着てきたPコート。 同じコートインコーデがどちらも行ける、この2枚のコートの対応力の高さ、伝わりますでしょうか! クローゼットを開けるたびに「いい色だねぇ」と褒めてしまう、グレージュカラー。 POP UPショップ限定で登場すると知って、伊勢丹に駆け込みました。 今年はショートコートが新鮮に映って着たい気分だったのですが、冷えも気になる年頃なので、お尻が隠れるこの丈はまさに理想的。 リモートワーク中や週末に「ちょっとそこまで」出るときにも、気軽に羽織れるのでついついいつも手に取ってしまう1枚です。 こちらもドロップした肩線がポイント。カフスの切り替えもかわいい! ちなみに、購入したのはサイズ0。 ダッフルコートをサイズ1でオーダーした記憶があったので、0、1両方試着してみた結果、私の体格だとサイズ1よりも適度にコンパクトに着られるサイズ0がベターと判断。 中にニットやフーディを着てもすっきりと。 オフホワイト、ネイビー、グレーの3色がありますが、オンラインストアによると完売しているサイズ・色も多いようです…ご紹介が遅くなってしまって、ごめんなさい! それでも、このコートはほしかった。 今年コートを2枚も投入するべき? 高校生以来着ていないダッフルやPコートという、王道トラッドなものをどう着る? ・・・正直、そんな葛藤や戸惑いもありました。 それを吹き飛ばしてくれたのは、アンクレイヴならではのものづくりでした。 王道トラッドを、今の時代や大人の女性にフィットするものに昇華したデザインや色出し、着心地。そして季節に合った機能性と、バランスの取れた価格。 永遠の定番的アイテムだからこそ、上手な更新には、お値段以上の価値があると思います。 ストレスを感じがちな今年の冬だからこそ、明るい気持ちで着られるコートを、さっと羽織って歩いていこうと思います。(編集ミツコ)
  • LEEなどを中心に活躍中のスタイリスト上村若菜さんと、大人カジュアルを提案するRITA JEANS TOKYOが作ったコラボアイテム第二弾! Rita Jeans Tokyo. リタジーンズトーキョー 【上村若菜さんコラボ】裏起毛スウェットパーカー (各)¥10909 スタイリスト上村若菜さんコメント&スタイリング 「&Shift」 時代が大きく変わろうとしている今。変えるもの、変わらないものを自ら選択し、これからの時代を軽やかにHappyに過ごせたら…という意味を込めました。 ストーングレーには旬のラベンダーを、カーキにはグレージュの刺繍を施し、さりげないけどコーディネートのポイントになる、大人っぽいパーカーに仕上げました。 ボトムはカジュアルにデニムはもちろん、スラックスや光沢のあるスカートを合わせればきれいめにも着られます。オーバーサイズなので、カットソーやシャツをレイヤードしたスタイルもおすすめ。 ふっくら・やわらかな裏起毛生地がポイントのフーディ 飽きのこないシンプルなデザインで定番になるアイテム。裏地はふかふかで保温性の高い裏起毛で軽くて丈夫です。 裏起毛スウェットパーカー 裏起毛スウェットパーカー 【LEE公式通販】LEEマルシェ 今月の12closet
  • 一つでも複数重ねても、手持ちのジュエリーと合わせても。自由に手軽に+1できることこそイヤカフの最大の魅力。今回は、繊細なデザインから、ひときわ目を引く大胆なデザインまで、日常映えする6品を集めました。 【マリア ブラック】のイヤカフ 個性に寄り添い、引き立てる日常ジュエリー北欧にルーツを持つ女性デザイナーが手がける、都会的で日常になじむジュエリーが人気を博す「マリア ブラック」。注目の日本ブランド「チノ」とおなじみの「デミルクス ビームス」とタッグを組み、イヤカフが完成! 遊び心のある造形の大ぶりゴールドは、目を引く存在感はもちろん、きれいめとカジュアル、どちらにもしっくりとなじむマルチな魅力が。イヤカフ(右耳)(SV×K18YG/P×バロックパール)¥22000・(左耳)(SV×K18YG/P)¥20000/ショールーム セッション(マリア ブラック × チノ フォー デミルクス ビームス) ブラウス¥9900/アバハウスインターナショナル オンラインストア(ルージュ・ヴィフ ソフィ) 【リューク】のイヤカフ ひときわ目を引くイヤカフを、着こなしの主役に長年にわたりセレクトショップなどでバイヤーを務めたデザイナーならではの、全身スタイリングに効くジュエリーを得意とするブランド「リューク」。月や水など自然の美しさを取り入れた、グラフィカルなシェイプが、シンプルな着こなしをぐっと洗練させて。“オービット(=天体の軌道)”と名付けられた、シルバーの曲線を3本束ねた卵形のイヤカフは、その大きさも相まってオンラインでもとびきり映えそう。イヤカフ(SV925)¥41000/ストローラーPR(リューク) ブラウス¥36000/ハルミ ショールーム(アキラナカ) 【トムウッド】のイヤカフ フェミニティを引き出す、ユニセックスな存在感クリーンでモダンなデザインにファンの多い「トムウッド」は、ノルウェー発のブランド。ぷっくりとしたシルエットのイヤカフは、今夏登場した新作。往年の大女優エリザベス・テイラーをイメージしたパヴェタイプには、サステナブルなジルコニアを採用。イヤカフ(上から)(SV925)¥13000・(SV925)¥8000・(SV925×ジルコニア)¥31000/ステディ スタディ(トムウッド) シャツ¥32000(コラム)・帽子¥16000(メゾン ド リリス)/エストネーション スカーフ¥12000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ) 【エテ】のイヤカフ 2色の地金がモダンな曲線を描く「リングカフ」お気に入りのトップスを着回すように、ジュエリーもあれこれ楽しみたい。そんな願いをかなえる逸品を「エテ」で発見。強弱の効いた曲線デザインが主役になるイヤカフは、2本の指にわたってつけるリングとしても使える“リングカフ”。シルバーとゴールドのバイカラー使いだから、合わせやすさもピカイチ。イヤカフ(SV925×プラチナ、YGコーティング)¥20000/エテ ニット¥16000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) 帽子¥12000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ボートメイク ニュー クローズ) 【スタージュエリー】のイヤカフ 繊細なデザインと軽やかなつけ心地で、重ねる楽しさを満喫耳に添う波形やモードなブラックダイヤモンド、揺れるチェーンフリンジに辛口なVシェイプ。一つ一つに愛おしさを覚える繊細なデザインを、ジャパンメイドの「スタージュエリー」らしい上質な素材で表現。つけ心地の軽さも自慢で、重ねづけを楽しみたい今の気分に最適。イヤカフ(上から)(K10YG)¥18000・(K18YG×ブラックDIA)¥49000・(K10YG)¥17000・(K10YG)¥23000・(K10YG)¥19000/スタージュエリー渋谷スクランブルスクエア店(スタージュエリー) ニット¥38000/ガリャルダガランテ 表参道店(イロット) 【ヒロタカ】のイヤカフ 見る角度によって直線的に映り、ハンサムな耳もとを演出設立当時の2010年からピアスホールが必要のないイヤカフを提案し、個性あるデザインを進化させてきた「ヒロタカ」は、昨今のイヤカフ流行の立役者ともいえるブランド。ゆるやかに弧を描く形状と、耳にフィットする安定感のあるつけ心地が特徴の「ボウ(=弓)コレクション」から、一粒ダイヤをあしらったものと、ダイヤを並べたもの、二つを重ねづけ。イヤカフ(上から)(K10YG×DIA)¥52000・(K10YG×DIA)¥46000・ネックレス¥68000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) Tシャツ¥8500/カオス表参道(カオス) 撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/森絵梨佳 構成・原文/三橋夏葉〈BAILA〉 ※イヤカフは、表記のないものはすべてシングル(1個)の価格です ※YG=イエローゴールド、SV=シルバー、SV925=純度92.5%シルバー、DIA=ダイヤモンド、/P=プレーティングの略です ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • うるおってもっちり、透き通る肌へ。沖縄では“命の薬”とも呼ばれるハーブ・月桃を配合したオーガニックスキンケアRUHAKU(琉白)は、エイジングケア にも乾燥でこわばる冬のストレス肌ケアにもぴったり。なかでも最新作のシートマスクは、アラフォーのご褒美ケアにおすすめです。沖縄の「月桃(げっとう)」というショウガ科の植物をご存知でしょうか。強い日差しと潮風を浴びてスクスクと育ち、青々と茂る葉は実に50cm以上。現地では「命の薬 (ぬちぐすい)」と呼ばれ、ブルーベリーの約6.7倍ものポリフェノールを含む高い抗酸化力、さらには殺菌・抗炎症作用が認められているハーブです。そんな月桃の根・茎・種子・葉までまるごと使っているのが、今回ご紹介するRUHAKU(漢字表記は“琉白”)。自然の厳しさに鍛えられた沖縄の自然の生命力を、たっぷりと肌に注ぎ込めるブランドです。実はフランスのボン マルシェなどでも扱われていて、日本国外でも注目を集めているんですよ。なかでも私のイチオシは化粧水。オーガニック月桃葉水と海洋深層水をベースに、海ぶどう・ニガリ・モズクなど天然の保湿成分をたっぷり配合。ボトルの外からでも、このとろみ感がお分かりいただけると思います。元気がなくてカサつく肌にも柔らかく広がり、じんわり浸透。瞬く間に肌をふっくらさせて透明感をもたらします。月桃のほのかに甘い香りが漂う癒し系の化粧水は、沖縄の神秘を体感できるRUHAKUならではの逸品です。余談ですが、RUHAKUに使われている月桃は“神様が暮らした島”という伝説が残るパワースポット・浜比嘉島(はまひがじま)産。いい波動に満ちていそうです。月桃バランスローション 120mL ¥3600/沖縄オーガニックコスメ琉白ボトルに描かれているのは月桃の「花」。白とピンクでフェミニン。もうひとつのお気に入りが、こちらのオイル。1日のダメージを睡眠中にケアするためのナイトオイルは、オーガニックローズヒップオイルをベースに、月桃・ザクロなど大人の肌ケアにぴったりの成分をプラス。ローズマリーやフランキンセンスの清々しくシャープな香りで心地いい眠りへと誘い、翌朝の肌にハリとツヤをもたらしてくれます。これがまた、ベタつかず優秀! 疲れが見えていた肌をつややか&もっちりにリペアして、元気な印象に。これさえあれば、ちょっとぐらい寝不足でも「疲れてる?」なんて言われないはずです。月桃ナイトリペアオイル 17mL ¥3600/沖縄オーガニックコスメ琉白そんなRUHAKUから、素晴らしい新作が登場。もっとみっちりしっかり、月桃の恵みを肌に注げるシートマスクです。ちなみにRUHAKUはすべてのアイテムでエコサート認証を得ているのですが、このマスクもしかり。シートマスクでは日本初!という快挙を成し遂げているんです。月桃エンリッチクリーミーシートマスクは、濃密な美容乳液仕立て。月桃をはじめアシタバ・ヨモギ・ノニ・アロエといった錚々たる顔ぶれの美容ハーブ、保湿力をいっそう高める海ぶどうなどが肌をうるおいで満たしてくれます。柔らかく肉厚なオーガニックコットンのシートはとても液含みがよく、パッケージから出してこんなふうに写真をとっても液が滴らないのがすごい。私的には、やや大判なサイズもツボ。額もあご先もすっぽり覆ってくれる安心感がたまりません。シートの表面には、ところどころ褐色の斑点が。これは綿の実の殻なんですって。無漂白の証拠です。使うタイミングは洗顔後。まっさらの肌にオーガニックコットンが優しくフィットする快適な使い心地(素材のおかげでしょうか、ヒヤッとしないのも今の季節に嬉しいんです)。ずれる心配もないので、自由に動き回ってもOK。そしてマスクすること20分。え?20分って長くない?乾かない?と思ったのですが、シートがしっかり液を含んでいるので、後半になってもこの通り。指で押すとジュワッと美容成分が染み出してきます。ああ、もうちょっと長く肌にのせていたい……。マスク後のシートには、まだまだたっぷりと液が残っているので首筋&デコルテ、果ては腕や脚にもお裾分け。1枚でここまで堪能できるのはすごい。そして素肌はしっかりと成分を吸い込んでベタつきも残らず、とにかくしっとりもっちり。冬の乾燥でくすんだ肌に透き通るような透明感が戻ってきてくれました。仕上げにオイルやクリームでしっかりとフタをして眠りにつけば、翌朝の肌もモッチモチ! ベースメイクもぴったり吸いつくような柔肌を難なくキープできます。これは週に1度ぐらい、自分へのご褒美として使い続けたい!月桃エンリッチクリーミーシートマスク 5枚入り ¥4200/沖縄オーガニックコスメ琉白RUHAKUの月桃シリーズは、シートマスクを加えて全7品。公式サイトやBiopleなどで入手できます。大人の皮脂&角質ケアにぴったりの“クチャ(海泥)”入りの枠練り石鹸(¥2000)やフルーツAHA配合のクレンジングオイル(¥3600)など、月桃パワーをブーストできる洗いものも充実していますので、ぜひ手にとってみてくださいね。●「RUHAKU」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 佐藤栞里と『フェリシモ』のコラボ第五弾はニット!『フェリシモ』が展開するファッションブランド『Live in comfort(リブ イン コンフォート)』は、モデルの佐藤栞里とのコラボシリーズ「しおりとコラボ」の第5弾を発売中です! 今回はトータルコーディネートが完成するニットの2アイテム♬着るだけで完成!パーカーとチェックスカートのニットコーデセット ¥6800本コラボのテーマは「冬のゴキゲンアイテム」♬ ニットのパーカーとニットのスカートの、あったかコーデセットです。上下セットで6800円というプチプラも嬉しい!パーカーとスカート、栞里がそれぞれ着回し!もちろん別々に着てもOK。しーちゃんらしい、可愛いカジュアルが簡単にできちゃいます。特設サイトには、このアイテムへのこだわりや製作過程、コーディネートアドバイスなど、しーちゃんの想いをたっぷり掲載中! 自分なりに着こなすのはもちろんのこと、マネっこコーデするのもオススメですよー♡▶︎▶︎『Live in comfort』公式サイトはこちら文/堀越美香子 ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • お値段からは、驚きのディテールのこだわり!計算されたシルエット!何よりも軽くて温かいのが40代には嬉しすぎます皆さま こんにちは。 11月も終わりに差しかかり、晩秋を感じますね。 今年の紅葉はとても綺麗で、家の近くの公園でも濃赤、赤、黄、橙…彩りの紅葉に秋の美しさを味わっております。 まだ暖かい日々が続いたりもしますが、冬も、もうそろそろかな〜と。 さて、話題の《 ユニクロ+J 》美女組の皆さまの間でも話題ですね。 そして、皆さまのブログを拝見すると、着こなしがとても素敵です。 私は発売日の夜に気づき、完全に出遅れてしまいました。オンラインではもちろんのこと完売のものばかり。諦めていた発売日の次の日の早朝、ふとオンラインを覗くと、少しだけありました。 サイズ感に迷っている暇はなく…ウルトラライトダウンフーデットコート Mサイズを!¥12,900+税でも 皆さまおっしゃる通り、問題はサイズ感。 ロープライスの物は必ずと言っていい程、試着必須です。 そして、ダウンは、特に! サイズ感を間違えてしまうと、着膨れ問題が生じてしまいます。届いて早速、試着してみましたが、身長170㎝の私には程よい丈感と着膨れ問題は生じない程、計算されたシルエットです。 その魅力は…◉程良く絞られたウエストライン一番ポイント高い部分です。 ウエストが程良く絞られていると、女性らしさが出ます。パンツスタイルでもスカートスタイルでもどちらのスタイルでもバランス良く合わせられるのではないかと思います。◉大きすぎないフードダウンジャケットやダウンコートの襟の部分は、そのままフードに繋がるものが多いですが… こちらは、襟の部分が作られ、しっかりとした存在感から繋がる小さめのフード。 大きすぎないフードは、カジュアルダウンの要素。綺麗めなスタイルがお好きな方は、ポイントになる部分です。◉こだわりのディテール・WジッパーWジッパーは、嬉しいポイントです。 ボトムスを見せたい時などは下からジッパーを開けて、色のバランスを見せたりします。 Wジッパーポケットをoutポケットをin・ポケットのout/inポケットのout/in。印象が変わります。スカートスタイルの時は、ポケットを出してフェミニンさをプラス。パンツスタイルの時は、ポケットをinすることでシャープさをプラス。息子の早朝ラグビーの付き添いにも大活躍しそうです他にも魅力はたくさん。魅力を見つけるたびに、計算されたシルエット、クオリティの高さに驚きます。 この魅力とユニクロのコンセプト『軽くて温かい』が兼ね備えられた今回のダウンコート。 自分のスタイルに合わせた着こなしができるのではないかなと思います。是非、素敵な着こなし方を見つけてみてください。 またスタイルに合わせて、コーディネートをご紹介したいと思います。 いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。 空気も乾燥してきました。 感染症対策も万全に取りながら、日々、過ごしていかなければなりませんね。 皆さまもどうぞ体調崩しませんよう、ご自愛ください。 Instagramも宜しければ、ご覧ください(๑˃̵ᴗ˂̵)☟美女組No.156 Mayuのブログ
  • おしゃれなアラフィー読者ブロガーたちは、この秋冬どんなアイテムを選び、何を合わせているの?シンプルながら華のあるスタイルや旬のトレンドを上手に取り入れた大人のこなれスタイルは必見!秋冬のアイテム選びや着こなしテクを参考にして。おしゃれを満喫するヒントがたくさん! 【目次】 ①スタイルアップを叶える「大人シャツ」 ②秋冬のコーデに欠かせない「ニット」 ③フェミニンな美シルエット「ワンピース」 ④簡単おしゃれ見え「マキシスカート」 ⑤スタイルアップを叶える「優秀パンツ」 ⑥おしゃれに差がつく「ジャケット」 ⑦コーデの主役「コート」 ①スタイルアップを叶える「大人シャツ」華組 沢辺史さんブログ「初めましてのランチ」よりブラウスはMila Owen。袖のリボンと総レースが気に入ってます。ZARAのベルト付きハイライズパンツは形もsizeも理想のものだったので、エクリュもイロチ買いしました。en recre のウォレットバッグに、私の足にピッタリ 銀座かねまつ MISS SLENDER のパンプス。雨予報が晴れになりライダース(GRACE CONTINENTAL)は必要ないくらい暖かな一日でした。トップス/Mila Owen パンツ/ZARA ライダース/GRACE CONTINENTAL バッグ/en recre 靴/銀座かねまつ MISS SLENDER 華組 伊藤美帆さんブログ「今季一押し!ボウタイブラックブラウス」より今年はボウタイブラウスが沢山出ていますが、E by éclat でポチッとしたブラウスが、あまりに優秀でヘビロテ中です。前後2way で着られて、着回ししやすい。着用シーンを選ばない。シャツ/E by éclat華組 鈴木たま江さんブログ「初秋のおしゃれはシャツコーデ」よりこの日のコーデは袖コンシャスなブラックシャツ。バンドカラーの襟元にギャザーが入ると柔らかく少しフェミニンな印象になります。お気に入りのパンツはeclat premiumで購入した完売パンツです!シャツ/ノーブランド(ホテルブティック購入) パンツ/col pierrot(コルピエロ) 靴/NEBULONIE バッグ/VASIC 首元が綺麗に詰まったバンドカラーと袖口の大きなカフス(見えてませんが笑)キュンキュンポイントのシャツ。ブラックデニム合わせてマニッシュスタイルなシャツワンピです。シャツワンピース/ESSEN LAUTREAMONT デニム/ZARA サンダル/Hermes バッグ/Hermes華組 木原みどりさんブログ「gotoで優雅に過ごすホテル時間」よりMerletteの白トップスと青みピンクのパンツコーデ。暗く、重くなりがちな秋冬のコーデに、明るい色を刺し色にしたコーデ。トップスの揺れ感もとても女らしくみえます。トップス/ Merlette パンツ/ESTNATION 靴/MANOLO BLAHNIK イヤリング/Shourouk バッグ/HERMES華組 成田千恵さんブログ「デコラティブな白シャツで華組ランチ」よりランチコーデには、こんなデコラティブなお袖のブラウスでコーデしてみました。 シャツやブラウスのクリーンなイメージが大好きで、なぜかクローゼットに集まってしまうアイテムですが、今シーズンはますます活躍しそうです。シャツ/Enfold パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップリム)華組 豊田真由美さんブログ「シャツ×デニム 秋の鉄板スタイル」より今の時期、私の鉄板ワンツーコーデです。袖コンシャスなシャツには、ボトムはすっきり見えするデニムを。シャツ/loaf デニム/RED CARD 靴/oriental traffic バッグ/HERMES華組 伊藤美帆さんブログ「ノーアイロンのBigスリーブシャツ」より#newansという新しいブランドの展示会で予約したシャツ。届いてみたら着回し力抜群で、とても便利なので、ご紹介させてください。#newans と書いて、「ハッシュニュアンス」と読むこちらのブランド、おうちで洗えてノーアイロンでオッケーなシャツを中心に、普段使いしやすいお洋服がたくさん展示されていました。普段はホワイト大好きなのですが、このシャツに限っては優しいグレーの方がしっくりきました。やはり試着は大切ですね。届いてみて驚いたのは、こんなにビックシルエットなのに、インしても、もたつかない事!ハイウエストのパンツと相性抜群です。シャツ/#newans パンツ/ Barneys Newyork バック/Hermès 靴/ MANOLO BLAHNIK ブログ「今年も活躍!ZARA の華ありブラウス」よりZARA の大人の華ありブラウス。今年と過去のコーデを比べてみました。季節の変わり目はお洋服を買う前に、クローゼットにあるものでコーデを組んで、今季投入するアイテムを決めるようにしています。手持ちの服をチェックした結果、ひとくせあるのに今年もスタメン使いできそうな2着のザラのトップスがありました。2年前に購入したレースのトップス。今季はインナーをブラックにして、柔らかい落ち感のあるブラックのパンツと合わせたいな。と思っています。大きめなサイズを選んだのが良かったのか、今年も活躍してくれそうです。こちらは柄物シアーのトップスは、ブルー✖️ブラックの配色で、エクラ世代に大人の華やかさを添えてくれます。今年はインナーはグレー、ボトムスはネイビーのタイトスカート、と同系色まとめて、リラックス感を出したいな。と思っています。トップス/ZARA  パンツツ/GALLARDAGALANTE スカート/GALLARDAGALANTE 時計/カルティエ華組 朝生育代さんブログ「今シーズンお気に入りのシャツ♡」よりシンプルなコーデがマイブームな私。今一番気に入っているシャツはこれ!大好きなドゥロワーで見つけたのはストライプのこちらのシャツ。今の時期にぴったりなので、ボトムスを変えてヘビロテしています。この日はジーンズ合わせで、久しぶりにヒールのパンプスを履いて。シャツ/ドゥロワー デニム/mother 靴/dolce&gabbana バッグ/old celine別の日は今季の茄子のような色のパンツとスニーカー。ドゥロワーの定番ストレートパンツは、私の体型に合うので毎シーズンチェックして、気に入った色や生地があれば買い足しています。シャツ/ドゥロワー パンツ/ドゥロワー スニーカー/novesta バッグ/dior華組 近藤和子さんブログ「ある日のモノトーンコーデ」よりこの秋の初長袖は、バンドカラーの白シャツ。バンドカラーシャツはすっきりしていて襟のあるものより好きです。これはユニクロのもの。合わせたのはハウントで購入した、healthy denim のブラックデニムと、ヒューストンのアウトレットで見つけた、ビジュー付きのカールラガーフェルドのミュールで、大好きなモノトーンでまとめました。シャツ/ユニクロ デニム/ハウント 靴/カールラガーフェルド華組 山口りえさんブログ「華組ランチ会 in 白金」よりお友達とのランチの日のコーディネート。Dolce&Gabbanaの白シャツにseven dotのパンツを合わせました。シャツ/Dolce&Gabbana パンツ/seven dot 靴/FABIO RUSCONI バッグ/Louis Vuittonブログ「秋にぴったりのスニーカー♪」よりベージュのワントーンコーデに合わせて、ブランチへ。秋一番のお買い物はノヴェスタのベージュスニーカーを履いて。Zaraのカゴバッグは、フェイクパールが付いていて一目惚れしたもの。 パールものには無条件でメロメロです。シャツ/Madison Blue スカート/Whim Gazette スニーカー/ノヴェスタ バッグ/Zara ②秋冬のコーデに欠かせない「ニット」華組 成田千恵さんブログ「休日リラックススタイル」より冬は流行に関係なく、毎年白コーデが大好きです。 休日にはこんなリラックス白スタイルで。ニットは昨年ご紹介したPLSTのコスパ大のニット。した肉厚なウールタートルニットで、カラーも豊富でデザインもまさに旬の形が揃っています。トップス/PLST パンツ/JAMAIS VU (ジャメヴ) ストール/ MOON バッグ/PELLICO(ペリーコ) 靴/GUCCI華組 有村一美さんブログ「今大人気!N.O.R.Cのニット」よりN.O.R.Cのニット、今季一番のおすすめです。色は大好きなグレージュ(商品名はベージュ)、カシミヤが入っているのでふんわり柔らかな手触りの「ウールカシミヤタートルニット」夕日が当たって色が少し明るくなっていますが、見頃にゆとりがあるのにシルエットはスッキリ、丈も絶妙です。スカートにもパンツにも合わせやすそうです。ニット/n.o.r.c by the line パンツ/epoca the shop コート/herno バッグ/chanel ブーツ/hermes華組 謝名堂華菜子さんブログ「グリーンVニットで、都立大cafeぶらぶら♩」より秋散策は、すっきりVネック&マキシスカートで。昨冬終わりに買い、なかなか着る機会が無かったバナナリパブリックのウォッシャブル メリノウール100% Vネックセーター。ダークなグリーンと首縁、袖元に控えめに入っている立体ラインが気に入っています。ニット/BANANA REPUBLIC スカート/ne Quittez pas 靴/6(ROKU)BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS バッグ/handmade華組 鈴木たま江さんブログ「マンダリンオリエンタルホテル東京へ」よりこの日はホテルなのでキレイめに、そしてガンガン運転するのでシワにならず着心地の良さを重視したハイゲージ素材のケープスタイルニットにワイドパンツを合わせたコーデ♪前後どちらでも着れるケープ型ニットは、袖口が大きく開いていてドレープの様に見栄えするので頼れる一枚です。ニット/ SOEJU (ソージュ) パンツ/Apuagirl バッグ/Hermes ブーツ/ZARA華組 木原みどりさんブログ「ATONで見つけたラブリーなニット」よりこの秋冬の私の本命ニットはATONで発見!!グレーともラベンダーとも言える絶妙のくすみカラーで、今の私の気分にピッタリの1着!ニット/ATON カットソー/ATON パンツ/ESTNATION 靴/MANOLO BLAHNIK バッグ/HERMES華組 近藤和子さんブログ「ラメニットをカジュアルに」よりラメと言うと、エレガントなイメージですが、私はカジュアルに着てしまいます。このラメニットカーディガンは、COOMB (クーム)のもの。ラメのキラキラが入ると、単調になりがちなモノトーンコーデにスパイスが加わって、新鮮です。キラキラ好き世代のアラフィー世代にオススメです。カーディガン/COOMB Tシャツ/プチバトー パンツ/ドゥーズィエムクラス 靴/Odette e Odile バッグ/グローブトロッター華組 謝名堂華菜子さんブログ「ふんわりニットカーディガンで、アート空間へ」より端境期はロングカーディガンをアウター代わりに。プチプラなのにこんなに手触り良くたっぷり丈で、大満足なカーディガン。プチプラブランドのCOCAのものです。ロングカーディガンの下は ワンピース+ロングブーツのワンツーコーデでした。ワンピース/TOMORROWLAND カーディガン/COCA バッグ/MARCO MAGI ブーツ/made in Italy (10年以上前にセレクトショップで購入)華組 成田千恵さんブログ「埋もれるタートルお探しの方へ」よりこんなちょっと顔が埋もれてしまいそうなタートルネックは、一枚着るだけで、旬な着こなしが楽しめます。リラックス感ある、ゆったりしたオーバーニットなので、ワンマイルカジュアルにもピッタリ。プチプラながら、程よい厚みでウール混なので、機能面でもなかなか優秀です。大好きなフリンジバッグにフリンジブーツを合わせてスタイリングのアクセントにしてみました。ニット/ユアーズ パンツ/ユニクロ バッグ/ウィム ガゼット ブーツ/スチュワート・ワイツマン華組 沢辺史さんブログ「定番シンプルなワンツーコーデ」よりお洒落女子とのランチ、なにを着たらいいか迷った日のコーデです。まずはパンツから。一見普通ですがウエストのリボンを解くとパレオになっていて、歩くとチラッと脚が見えるパレオスタイルパンツ。デザインと揺れ感が気に入ってZARAで購入。暑がりな私には脱ぎ着しやすいSLOANEのアンサンブルが大活躍!シンプルで定番ですが、合わせやすさと機能性抜群、質感も良いので大事にしたいアイテムです。トップス/SLOANE パンツ/ZARA バッグ/VASIC Bond mini 靴/ur’s華組 木原みどりさんブログ「ユニクロUの本命くすみカラーニット」より最近くすみカラーが気になっています。 ユニクロで私が欲しかったくすみカラーのニットを見つけました。いつもユニクロで購入するニットはLサイズが多いのですが、こちらの商品はMサイズでピッタリ!秋らしいニュアンスの色味なので、夏から秋へうまくバトンを渡してくれます。ニット/ユニクロ パンツ/COL PIERROT FOR ESTNATION 靴/Chatelles バッグ/HERMES華組 伊藤美帆さんブログ「“お散歩コーデ“と“プチプラピアス”」より毎日の気温の変化が大きくて、着る物に迷うこの季節、この日は七分袖のトップスで行ってきました。このトップス、まるで前だけインしたかのように、裾が後ろにむかって長くなっているので、動いてもスタイリングが崩れない便利アイテムです。トップス/ANAYI スカート/Plage スニーカー/コンバース ピアス/DECOLLTE ③フェミニンな美シルエット「ワンピース」華組 謝名堂華菜子さんブログ「秋色花柄ワンピで、芸術パフェを食べに♩」よりこの秋手にしたpapillonnerの花柄ワンピース。花柄だけど、落ち着いた色味なので照れずに着られます。グレージュ&ホワイトの色味が落ち着いていて、離れると無地見えするくらいの、穏やかなフラワープリントです。ワンピース/papillonner カーディガン/COCA バッグ/dragon ブーツ/made in Japan(セレクトショップで20年以上前に購入)華組 宮原 江里子さん今秋の新作ZARAワンピース。シックな黒ペイズリー柄を選んでみました。着痩せ効果抜群なワンピース。共布のウエストリボンが付いてましたが、手持ちの黒ベルトに変更して、更に着痩せ効果UPワンピース/ZARA ブーツ/GU バッグ/import 腕時計/HERMES 指輪/TOD'S ネックレス/Ponte Vecchio華組 謝名堂華菜子さんブログ「ZARAドットワンピで、山種美術館へ」より美術館へはクラシカルな服を着て行きたくなります。ZARAで買ったドット柄のワンピース。ドットの大きさや、裾の揺れ感と丈が今っぽく、これまで持っていた古い水玉ワンピースから更新しました。身長161㎝の私、ネットで最初XSで注文したのですがスカートの丈が微妙に気に入らず、店舗でSを試着して、Sに交換してもらいました。やっぱり試着は大事ですね!ワンピース/ZARA 靴/repetto バッグ/J&M DAVIDSON 腕時計/Cartier ④簡単おしゃれ見え「マキシスカート」華組 近藤和子さんブログ「華組同期ランチは、ネイビーワントーンで」よりこの日のコーディネートは、落ち着くネイビーワントーン。袖のスリットが気に入って購入したニットはSLOBE IENA、チュールスカートはプチプラのCOCA。エルメスのバングルやバッグで格上げしました。ニット/SLOBE IENA スカート/COCA バッグ/エルメス バングル/エルメス華組 佐藤綾子さんブログ「紅葉が始まった蓼科へ」より今年購入したIENAのレーススカートに、カウチンを羽織って♪裾に向かって少しずつ広がるスカート。大きめのレース柄もくすみグリーンで落ち着いた印象です。カウチンは袖が着物のように広がるシルエットで大人の雰囲気になるようまとめてみました。 カウチン/edit & co. シャツ/Ralph Lauren スカート/IENA ブーツ/SARTORE華組 伊藤美帆さんブログ「リュクスパーカーとクラッチバックで大人カジュアル」よりこちらのパーカーとサテンスカートはエルーラというブランドです。大人気のリュクスパーカーは、艶とぽわっとした張りがなんとも大人可愛いとても優秀なパーカーです。クラッチバックをプラスすると、カジュアルなパーカーコーデも、ちょっと大人の余裕。パーカー/エルーラ スカート/エルーラ バック/ZARA ブーツ/セルジオロッシ華組 近藤和子さんブログ「大人パーカー+サテンスカートでワンツーコーデ」より大人パーカーとサテンスカートでワンツーコーデ。このグレージュのパーカー、ネイビーのサテンスカートは、素敵だなぁとずっと気になっていた、Elura (エルーラ)のもの。パーカーは、ハリのあるつややかな生地と、ほどよいゆったり感でヌケ感がバッチリ。決して部屋着にならない大人のためのパーカーで、超お気に入りです。サテンスカートはずっと履いてみたいと思っていてこの秋、初体験。サラサラとしていて着ていて心地よく、しかも後ろ下がりでおしゃれです。パーカー/Elura  スカート/Elura  バッグ/エルメス華組 横山希世さんブログ「秋の品格ワンツーコーデ」よりゆったりコットンニットに薄手マキシスカートを合わせました。半袖のトップスもカーキなどにすると秋らしい雰囲気になりますね。季節の変わり目は毎年着る物に悩みますが季節感や気温を考えながら、早めのシフトチェンジを心がけています。スカート/アッパーハイツ華組 豊田真由美さんブログ「プリーツスカートコーデ」よりプチプラなプリーツスカートです。この秋冬もプリーツスカートの人気は健在。エコレザースカートは、パーカーとスニーカーに合わせて、スポーツミックスコーデに。 トップス/GU スカート/SENSE OF PLACE スニーカー/ New Balance バッグ/STATE OF ESCAPE光沢感のあるプリーツは秋らしくブラウン系にまとめて。トップス/ PLST スカート/GU 靴/CARRANO バッグ/YSL華組 有村一美さんブログ「イロチ買いしたくなる!エコレザースカート」よりこの季節に使い勝手抜群&プチプラには見えない長さとカラーバリエーション。これは買いです!GUの「フェイクレザーフレアミディスカート」。買ったのはダークブラウンとベージュですが、ブラックとパープルもあり。トップス/uniqlo(men's) スカート/gu 靴/gu バッグ/bottegaveneta アクセサリー/hermesこちらはダークブラウンのスカートコーデ。ベージュのシルクブラウスを合わせただけの楽チンコーデですが、スカートの質感が違うだけでちょっとこなれて見える感あり。このスカートはレオパード柄のパンプスや小物と好相性なので色々楽しめそうです。トップス/ユニクロ スカート/gu 靴/gu アクセサリー/hermes ⑤スタイルアップを叶える「優秀パンツ」華組 鈴木たま江さんブログ「ウェストに技あり☆見栄えパンツ」よりシンプルコーデが好きなのでパンツは一枚で見栄えするウェストにポイントのあるものがお気に入りです。シンプルなシャツ&パンツコーデだけどウェストのおかげで見栄えしてます。シャツ/ AK +1 パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Pellico バッグ/FENDI袖コンシャスな黒ブラウスに合わせたコーデシャツ/No brand パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Jimmy choo バッグ/moontreeplanet同じパンツに同色のニットを合わせて。お地味になりがちな定番コーデですがウェスト部分が折り返しになっているのでシンプルなのに技ありコーデ完結。ニット/GEMINI (Whim Gazette で購入) パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Pellico バッグ/HERMES華組 朝生育代さんブログ「細見え効果抜群のmotherデニム。」よりこの秋、グレーのデニムを更新。ブラックに近いグレーで股上深めのデザインと程よいフレアでスタイルアップ効果も抜群!ストレッチも効いていて履き心地も良いので、ついつい履いてしまう。このギャラリーヴィーのニットも着心地の良さ、ネック、丈感が気に入りすぎて、毎年1枚ずつ買い足しています。ニット/ギャラリーヴィー デニム/ 帽子/Maison Michel 靴/Walter Steiger華組 豊田真由美さんブログ「スタイルアップしてくれる優秀パンツ」より気になるお腹周りをスッキリみせてくれる、タックパンツのご紹介。ソージュさんのサロンで出会ったミントカラーのパンツ。ミントの華やかさはもちろん、気になるところをカバーしてくれる優秀パンツ。斜めからタックが入っていて、お腹周りがすっきり。しかも足元に向かって細くなっているので、足のラインをとても綺麗に見せてくれます。トップス/STYLE DELI パンツ/SOEJU 靴/ENZO ANGIOLINI バッグ/HERMES ⑥おしゃれに差がつく「ジャケット」華組 成田千恵さんブログ「ネイビートラッドで華組同期ランチへ」よりもしも永遠に変わらないスタイルがあるとしたら、トラッドスタイルかもしれません。インスタでご好評いただトラッドスタイルでランチへ。コート/ Deuxieme Classe トップス/And A パンツ/H&M バッグ/TSURU by Mariko Oikawa 靴/PIPPICHIC(ピッピシック)ブログ「トップグレーで冬を迎える」より冬は白コーデが大好きなわたしですが、今年は特にトップグレー×白コーデにハマっています。このトップグレーの上下は、実はセットアップではありません。JOHN LAWRENCE SULLIVANのトップスに一目惚れして購入したものの、どうしても上下セットアップにしたくて、限りなく近いボトムスを散々探して、ようやくTOMORROWLANDで見つけたパンツとの溺愛セット。ジャケット/ENFOLD トップス/JOHN LAWRENCE SULLIVAN パンツ/TOMORROWLAND タートルニット/COS スニーカー/NIKE Air Max 95 バッグ/Maison Margielaブログ「ZARAの旬顔ジャケット」より今シーズンはジャケットを取り入れてみたくて探していたのですが、パワーショルダーやビッグシルエットはアラフィーのわたしには厳しい。また、茶系のチェック系が多く、どうもわたしには着こなせそうになく、躊躇していました。ところが、先週ZARAに足を運ぶと…わたしの理想にぴったりなジャケットがありました!ジャケット/ZARA トップス/martinique (マルティニーク) パンツ/d'un a dix (アナディス) 靴/PIPPICHIC(ピッピシック) バッグ/HERMESブログ「今シーズンはブーツで‼︎」よりちょっとゴツメなブーツたちは、ダッドスニーカーの代わりに是非取り入れてみてはいかがでしょうか? こういったショートブーツをパンツに合わせる時、一番困るのはパンツの丈とのバランスです。着用しているのは何年も愛用しているZARAの裾ゴム入りパンツで、この裾ゴム、ポケットのディテール、素材感、全てが理想的で、お直しに出して完全に自分の体型に合わせたほど気に入っています。ジャケット/ZARA トップス/AURALEE(オーラリー) パンツ/ZARA バッグ/REBECCA MINKOFF サングラス/VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)ロングスカートを合わせてみました。 ヒールもなく歩きやすいうえ、足にボリュームが出るので、脚長効果も絶大で、スニーカーよりもちょっとキレイ目に仕上がるので、意外と取り入れやすく、一気に旬なスタイルになる気がします。ジャケット/ZARA トップス/ AURALEE(オーラリー) スカート/IENA バッグ/Maison Margiela (メゾン マルジェラ) サングラス/CELINE華組 横山希世さんブログ「今年の秋は黒のジャケットで楽しむ♩」より秋一番のお気に入りのジャケットです。カシミア混ウール×レザーのtheoryの黒ジャケットです。デニムにも合うのでオンオフどちらでも使えそうです。スカートもtheoryの物。フレアが綺麗です。最近は黒のコーディネートが好みです。ジャケット/theory スカート/theory 靴/トッズブログ「ショートブーツ。Dr.Martinの大人コーデ」よりDr.Martinのブラックステッチはすっきりと大人の雰囲気です。数年前頃からまた若い世代を中心に人気再燃したDr.Martin。ジャケットとパンツでハンサムコーデ。ジャケット/theory ブーツ/Dr.Martin華組 木原みどりさんブログ「この秋、私の品格ワンツーコーデ」よりこの秋に活躍してくれる私のワンツーコーデ。秋物を探しにエストネーションにパトロールに出かけた際に、一目惚れしたジャケットとパンツ。セットアップではもちろん、上下別でもとにかく使い回しが効く万能なスーツです。ジャケット/COL PIERROT FOR ESTNATION パンツ/COL PIERROT FOR ESTNATION トップス/ESTNATION バッグ/HERMES 靴/Chatelles ⑦コーデの主役「コート」華組 成田千恵さんブログ「コートを更新しました。」よりいつも大好きな白コーデや、今年ハマっているTOPグレーに合わせやすいグレーのコートを選びました。ほぼわたしの理想を叶えていたのが、こちららのebureのコートでした。コート/ebure ニット/ZARA シャツ/COS パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/MANOLO BLAHNIK華組 木原みどりさんブログ「キレイ色コートを纏って華組ランチ」より爽やかなブルーのコートを羽織って、大好きな華組の方々とのランチ会に出かけてきました!コート/SOEJU ニット/ATON インナー/ATON パンツ/MADISONBLUE shoes:JILSANDER バッグ/CLOUDY華組 朝生育代さんブログ「秋が深まるとムートンジレの出番♪」より肌寒くなってきたので、お気に入りの「カールドノヒュー」のグレーのムートンジレ。数年前に気に入って購入して以来、秋にはブラウスやシャツと、冬はセーターにと毎年大活躍しています。ジレ/カールドノヒュー シャツ/bagutta パンツ/darwer スニーカー/novesta バッグ/goyard華組 謝名堂華菜子さんブログ「明るめカーキのモッズコート」よりモッズコートなのに、エレガントにも着回せる。先月一目惚れして買ったカーキのアウター、スカートにもパンツにもヘビロテ中です!ボーダーにゆったりデニムにバレエシューズです。コート/JOURNAL STANDARD relume華組 近藤和子さんブログ「セットアップ+コートワンピースで結婚記念日ランチ」よりSOÉJU(ソージュ)というブランドのワイドパンツにコクーンブラウスをセットアップのように合わせ、コートワンピースを重ねて少しだけキレイめにコーディネートしました。ソージュの服は、着心地が良く、シンプルなので着回し抜群でお気に入りです。ハリと光沢があって形がとてもキレイなコートワンピースはウエストを絞るとふんわりとして雰囲気が出ます。トップス/SOÉJU パンツ/SOÉJU コートワンピース/SOÉJUブログ「ゆったりな オーバーサイズトレンチコート」より正統派のトレンチコートも素敵ですが、もっと気楽に着られて、カジュアルにも綺麗めにも合うトレンチコートをずっと探していて、やっと出会えました。トレンチコート/Lavish Gateブログ「ミルクティーベージュのゆったりコート」よりとても軽くてカーディガン感覚で着られるゆったりシルエットのコートは冬を待たずにもう着ています。暖かくて軽いこのウールのコートは、先日のオーバーサイズのトレンチコートと同じ、Lavish Gate のもの。コート/Lavish Gate トップス/ヘインズ デニム/healthy denim 靴/バナナリパブリック バッグ/マルコマージ    ▲【2020秋コーデ】トップに戻る▼その他のおすすめ記事もチェック
  • ポルトガル発、ボディケア&フレグランスブランド「CLAUS PORTO(クラウス ポルト)」 「クラウス ポルト」は1887年2人のドイツ人紳士によって、ポルトガルの街、ポルトで生まれたボディケア&フレグランスのブランド。 誕生から130年以上経った今も世界中で愛されているブランドで、日本でも大人の女性が自分のために、大切な人のために選ぶギフトとして昨年の本格上陸以来、大人気! 商品は、現在も創業の地であるポルトで昔ながらの製法を用いて製造されており、 ラベルは創業当時からストックされたデザインを使用。 愛情を込めて1つひとつ手作業でラッピングされているという 特別感のあるストーリーもギフトとして喜ばれる理由のひとつ。 また、上質な原材料を使用したラグジュアリーなフレグランスは おうち時間を幸せにしてくれること間違いなし! クリスマスプレゼントにぴったり! ソープディッシュつきのキュートでおトクなギフトセット GIFT SET SOAP DISH & MINI SOAPS 3×50g + SOAP DISH6500円(税抜き) 今シーズン、ブランドを代表するラインでもあるDECOコレクションから、3種類のソープを組み合わせたセットが登場! 可愛すぎるパッケージに加え、ポルトガルの田園地方で採取された原料を使用し、 シアバターが豊富に含まれているソープがしっかり肌を保湿してくれるのもうれしい。 ソープのパッケージのイラストが描かれている外装を開けてみると、 カラフルなソープラベルが上品な白のボックスに映えて、高級感たっぷり♡  セットの内容は、コレクションを象徴する3つのソープと、ソープディッシュ。 ソープを長持ちさせるだけでなく、デザインにもこだわったソープディッシュの側面の模様は、 ポルトガル建築に見られるモチーフから着想を得たもの。 おしゃれな女友達から義理のお母様、今年お世話になった方々…誰に贈っても喜ばれるはず!   レトロなデザインと華やかな香りが楽しめる!ギフトに入っている3種類のソープをご紹介 ●BANHO(バーニョ) 香り : フレッシュシトラスバーベナのフレッシュでいきいきした香りを強調しつつ、この軽やかな香りに深みを持たせるため、ウッドとムスクをブレンド。 ポルトガルのセラミックスタイルを表現したチャイナブルーとオレンジのパッケージ。 ●FAVORITO (ファヴォリト) 香り : ソフトフローラルポルトガルの豊かなポピーの花畑から着想を得ています。アール・ヌーヴォーの花柄モチーフが描かれた、ピンクと赤のパッケージで表現。 ●VOGA(ヴォガ) 香り : フルーティフローラルポルトガル産のアカシアの花と、チュベローズを融合させた甘いブーケ。ミモザとムスクがブレンドされたフローラルかつフレッシュな繊細な香り。 フェミニンでミステリアスな香りを表現したパッケージ。 その他にもおすすめのアイテムが多数! GUEST SOAP BOX IRIS 15個入り 3600円(税抜き) こちらは来客時に大活躍のゲストソープ。 DECOコレクションのソープの中でもいきいきとした香りがラインナップ。 マカロンのようなころんとしたソープがとてもキュートで、カラフルな色使いは飾っておくだけでも楽しめそう。 今回ご紹介した商品の他にも、コロンやキャンドル、メンズケア用品などラインナップも豊富。どれも美しいデザインで、クリスマスプレゼントにおすすめ! 自分でほしくなったら恋人やパートナーにリクエスト、なんて手も。 購入は日本公式オンラインストア、また国内では新宿ルミネ1に直営店があるので、ぜひ店頭で素敵な香りも体験してみて。 「CLAUS PORTO(クラウス ポルト)日本公式オンラインストア」はこちら 取材・文/轟木愛美
関連キーワード

RECOMMEND