ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

内田理央が新解釈。大好きな【花柄】を、今の私たちが大人っぽく着るにはどうすればいい?

DAILY MORE

内田理央が着る、大人の花柄5

花柄は、ずっと好き。子どもっぽくなるのも老けるのもイヤだし、今までより素敵に着たい。じゃあ、ちょうどいい大人っぽさや可愛さとは……? 花柄がリバイバルブームのこの冬だから、あらためて考えてみた!

①小花柄のほうが、むしろ大人っぽいんだ

小花柄は子供っぽいから、大柄を選んだほうがいい。いつか何かでそう読んだとしても、それはもう古い価値観。“パリジェンヌの代名詞”ともいわれる新おしゃれアイコン、ジャンヌ・ダマスも小花柄のドレスを愛用してる。大人の女性がイヤミなくさらりと着られるのは、絶対こっち!

ワンピース¥31000/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥29000/アンティット(ペレテルノ) ピアス¥32000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) ブレスレット¥10000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) バングル¥29000/シップス 渋谷店(オンブル クレール) リング(ストーン)¥25000/UTS PR(ルフェール) リング(シルバー)¥11000/ボウルズ(ハイク)

②スカートならプリーツかセミフレアだけ

ただし同じ小花柄でも選ぶものは変わる。それは特に、シルエット。“ふんわり”広がるのではなく、“ひらり”と揺れたり“すとん”と落ちる。大人の可愛げとは、ベタベタしない、どこまでも軽やかなものだから。

スカート¥39500/アンタイトル シャツ¥9900/ノーク バイ ザ ライン ニット¥7400/ミラ オーウェン 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥27000/クオリネスト(オーマイバッグ) イヤリング¥24000/シップス 有楽町店(グリン) ストール¥38000/アンティット(アソース メレ)

③ワンピースならマキシだけ

これからの花柄ワンピースには“がんばりすぎない”ムードづくりが必要。だから、がんばって飾り立てなくてもいちばん絵になるものだけを選ぶ。ほら、パリジェンヌが旅先で着ているようなイメージで。これからの季節はコートをばさっとはおって。
ワンピース¥6000/ローリーズファーム コート¥55000/メゾン イエナ ニット¥24000/スローン 靴¥48000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥8800/リリー ブラウン イヤリング¥5500/デミルクス ビームス 新宿

④もう髪は巻かない

つくり込まないエフォートレスなヘアが花柄をむしろ洗練させるなんて。甘い服を大人っぽく着るためには抜け感が大切、とはよく言うけれどいちばん簡単な抜け感とは、巻かない髪のことかもしれない。花柄にゆるふわな巻き髪、なんて正直もうキツイ。リップにはブラウンのグロスを、こちらもさらっと。
ワンピース¥14000/ココ ディール Gジャン¥34000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥11800/シップス 渋谷店(ドミニク デネーブ) リング(4個セット)¥1600/お世話や

⑤トップスを“インしないで”みる

花柄が可憐な印象なだけに、きれいめに着ようとトップスをインすると逆に“いい子ちゃん”すぎて幼く、そして昔っぽく見えがち。ルーズさ=大人の余裕、このほうがずっとシックという新たな気づき。

スカート¥13000/マーキュリーデュオ ルミネエスト新宿店 ニット¥39000/アンシェヌマン(アナカ ノワー) カットソー¥9000/ルーニィ 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥20000/プラージュ 代官山店(マロウ) メガネ¥33000/アイヴァン PR レギンス¥2000/タビオ(靴下屋)




撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/石上美津江

関連記事
  • 石田一帆さんプロデュースのプチプラコスメ、ご存知ですか?? “la peau de gem”(ラポドゥジェム) “la peau de gem” ジェムコスメのお気に入りポイントは、持ち運び便利な小さなコスメで、ちゃんと消費期限内に使い切れること* 他のコスメだと、1年で使い切るには量が多すぎたり、気づいたら使用期限が切れてしまっていることもしばしば、、 ※一度使ったコスメの使用期限は1年です☻ お安く色んなコスメを試したい方にはすごくオススメです◎ ジェムコスメはほとんど持っているのですが、今回新たに新色をお迎えしたので紹介させてください^_^ limited box ジェミニーマスカラ/パープル ジェミニーリップグロス/シアーブラウン ¥2800(+tax) 単品で購入するより、少しだけお得に買えて可愛いBOXに入っていたのでテンションあがりました❤︎ (もちろん単品での購入もできます!) 新色のパープルマスカラ(¥1480+tax)と、シアーブラウン(¥1380+tax)❤︎❤︎ パープルって少し抵抗がありましたが付けてみると、なんとも言えぬお洒落カラー!! 主張しすぎず、抜け感を出してくれる感じの仕上がりでした◎ ジェミニーマスカラ/パープル 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 こうみると結構パープル感が強いですが、塗ってみると、、 自然に馴染むから不思議! 休日メイクや、少し気分を変えたいときに使いたいと思います❤︎ 冬はどうしても服装が重くなりがちなので、メイクで抜け感だすのも◎ ジェミニーリップグロス/シアーブラウン シアーブラウンのリップグロスは、既存のリップスティックの方でも人気カラーだそうです❤︎ リップスティックとリップグロスを塗り比べるとこんな感じ▼ マスクを付けることを考えると、リップスティックの方が落ちにくいです。 グロスはグロスなのでマスク前に軽く抑える必要が* ですがこの時期乾燥するのとマスクの摩擦で、なるべく潤いを保ちたいので、今回グロスを追加しました❤︎ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 しっかり塗っても良いし、伸ばしても可愛い^_^ おまけで購入したのがこちら、、 ジェミニーアイパレット/クラシックガーネット パープルのマスカラと相性が抜群とのことだったので❤︎ 本当はピンク系のアイシャドウは苦手ですがこれはブラウンベースでラメが赤が強めなので大丈夫でした! 塗ってみると、どの色も主張しすぎず本当にお洒落な組み合わせ、、! 3色入っているので、組み合わせが自由に出来るのも◎ 購入できる場所は、、 今だと新宿ルミネ2の催事スペースにて12月10日(木)までポップアップストアがやっています! 石田一帆ちゃんが店頭に立つ日もあるのでサイトをチェックしてみてください☻ それ以外では、ロフトでの取り扱いがありますが新色などはいつから販売になるか未定だそうです。 確実に買いたい時はネットでポチッと! ちなみにポップアップでは3000円以上で巾着をもらえました❤︎ la peau de gem 完売してしまっているものもあるので気になる方はお早めに! Instagram
  • ワンピ主役の日はロングブーツとの今どきバランスでおしゃれ上級者に♡仕事もおしゃれも抜かりなく、楽しみながら年末まで駆け抜けたいから。『ZARA』でひと目ボレ買いしたシャツワンピースで気分を上げて12月のスタート! シックなボルドーカラーのとろみ素材、ウエスト切り替えの”たゆみ”をいかしたリボンベルト使い、小顔見えする三角衿や愛らしいクルミボタンまで全部ツボ。さらりと一枚で着るだけで、きちんと感も美スタイルも女っぽさも絶好調なんだ♡ 主役ワンピの足もとは迷わずロングブーツで、肌見せせずに旬のおしゃれバランスを叶えて。大人シンプルな装いに、ボリュームたっぷりのチェックストールであったか可愛いアクセントを!ワンピース¥6355/ザラ 靴¥30000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥36000/オルサ(オルセット) ストール¥3500/ローリーズファーム イヤリング¥1500/お世話や(OSEWAYA)井桁弘恵の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/田村昌裕(FREAKS) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/井桁弘恵 スタイリスト/高野麻子 構成・原文/鈴木絵美 企画/福井小夜子(MORE) 撮影協力/アワビーズ EASE
  • 女っぽいニット&スカートを、あえてカジュアルなアイテムでサンド こっくりしたココアカラーのフーディは、レディなアイテムとも好相性。カーキのニット&レーススカートのきれいめスタイルがフーディの抜け感でこなれた雰囲気に仕上がる。足元にスニーカーを合わせれば、今っぽいスポーツMIXスタイルに。 コート¥49000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) ニット¥6000/ナチュラルビューティーベーシック スカート¥20000/ストラ ピアス¥32000・リング¥25000/ココシュニック バッグ¥33000/デミルクス ビームス 新宿(トフ  アンド ロードストーン×デミルクス ビームス) タイツ¥1200/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃) 靴¥7000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/高橋美帆 モデル/大政 絢、佐藤晴美 取材・原文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵  ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号 好評発売中!】
  • 何年もアップデートしていないアイメイク…色を楽しんだ人からキレイになれる! 今までのブラウン一辺倒から卒業して、こなれた色使いを身につけよう。ヘア&メイクアップアーティスト 菊地美香子さんヘア&メイクアップアーティスト 菊地美香子さんトレンド感のあるメイクで、数多くの女優・モデルから絶大な信頼を獲得。セルヴォークのクリエイティブアドバイザーとしての顔ももつ苦手意識を払拭して、カラーの幅を広げよう! 目もとはいつも茶系のみ、カラーアイメイクにはハードルを感じてしまう人も多いマリソル世代。「でもマスクで口もとが隠れている今、アラフォーの皆さんこそ目もとで血色感をきっちり演出すべき。黒マスカラをやめたり、アイライナーをプラムやバーガンディに変えたり、目もとに赤みを宿す方法はいろいろあります。そうすることで、まぶたで楽しむカラーとも自然になじんで、色の幅がぐんと広がるはず」と菊地さん。「覚えておきたいのは、まぶたや肌のトーンアップ法。オレンジ系のコンシーラーで目まわりのくすみを払っておくと、後から重ねる色が濁らず、鮮やかに楽しめます」Point! ●マスク時代、血色感は目もとに宿すのが鉄則 ●カラーメイクの日は、黒マスカラをおやすみ ●肌とまぶたのトーンアップはあらかじめしておく大人肌を底上げする最強アイテム 目もとのトーンアップに使いやすいコンシーラー+血色カラーのセット。「一番下のオレンジで気になる部分をカバーし、真ん中の色でなじませて。さらなる血色感を狙うなら一番上をオン」。ムード パレット 02¥4,000/セルヴォークトレンドの柿色にトライしてみたい! ▼ ここ数シーズンの注目カラー、柿色。マリソル世代が取り入れるなら、まぶたをイエローでトーンアップした後、黒ではなくプラム色ライナーを使ってキワを締めて。マスカラはあえて塗らず、抜け感を演出するのもポイント。赤みカラーを味方にすれば、どんな色でも挑戦できる!ベロアワンピース¥51,000・パンツ¥42,000/ティースクエア プレスルーム(テラ) ピアス¥46,000/e.m.表参道店(イーエム)▼Close up!HOW TO ①のAをまぶた全体になじませ、Bを二重幅よりやや広めにのせる。さらにCを細いチップに取り、キワに。今度は②を目のキワに入れ、目じりは少し長く仕上げる。下まぶたにはBをチップに取り、涙袋にふわりとのせる。右:植物由来オイル高配合でしっとりした感触。ヴォランタリー ベイシス  アイパレット 09¥6,200/セルヴォーク  左:リッチなプラム色。ル ライナー ドゥ シャネル 516¥4,300/シャネル【Marisol12月号2020年掲載】撮影/髙木健史(SIGNO/人物) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/菊地美香子(TRON) スタイリスト/滝沢真奈 モデル/市川紗椰 構成/前野さちこ
  • エグゼクティブには、パンツスーツでキリッと快活に決めたい日だけでなく、女らしい優雅なスタイルで仕事に臨みたい日もある。そんな気分にマッチするのが、ジャケットとワンピースのセットアップ。ジャケットのフォーマル感と、ワンピースならではのエレガンスと品格がもたらす高揚感。大人に似合う逸品が仕事への意欲も高めてくれる。 【目次】 ①上品オーラの「グレンチェック柄」 ②上質素材カシミヤ「ライトグレー」 ③シルクの華のある「ホワイト」 ④女らしさが高まる「ブラック」   オンオフ着回しコーデ ⑤ネイビージャケット×黒ロングワンピース ⑥ツイード素材のジャケット×ワンピース ⑦ベージュジャケット×大胆配色ワンピース ①上品オーラの「グレンチェック柄」上品なブルーのさし色とシルクの光沢が華オーラを放つグレンチェック柄 エグゼクティブには、女らしく「ジャケットとワンピース」のセットアップで仕事に臨みたい日もある。ジャケットのフォーマル感と、ワンピースならではのエレガンスと品格がもたらす高揚感。ビジネスの日常に、ひとさじのドレスアップ感を。ノーカラージャケットとノースリーブワンピースのセットアップは、あらゆるビジネスシーンに通用する、端正なツイード素材のグレンチェック柄。ブラック×ベージュベースに鮮やかなブルーが上品に効いて、華やかさをプラス。ジャケットは肩ばおりにも適した、軽くコンパクトなショート丈。ウエストシェイプされたAラインワンピースはスカート前がエプロンのような2枚仕立てになっていて、動くたびにスリットのようなアクセントに。ジャケット¥335,000・ワンピース¥265,000/アクリスジャパン(アクリス) 時計¥900,000(TASAKI TIMEPIECES)・バングル¥680,000・リング¥515,000(ともにTASAKI)/以上TASAKI バッグ¥405,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ②上質素材カシミヤ「ライトグレー」装いに知性と柔和さをもたらす、カシミヤのライトグレーを選択 ダークカラーが中心になる秋冬だからこそ、明るい印象を与えながら上品さもキープできるライトグレーがおすすめ。柔らかさが香りたつようなカシミヤ100%のフラノ素材は、軽い着心地と暖かさで、この先冬にかけても活躍。ジャケットは襟のラインにほどよい丸みをもたせ、女性らしくつくられたテーラード。ジャケット、ワンピースともに、着丈と袖丈を好みの寸法でオーダーできる。ジャケット¥250,000・ワンピース¥230,000(ともにセミオーダー価格)/ミカコ ナカムラ 南青山サロン(ミカコ ナカムラ) ピアス¥380,000・リング¥280,000(ともにTASAKI)・時計¥2,300,000(TASAKI TIMEPIECES)/以上TASAKI バッグ¥80,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート)ワンピーススタイルワンピースはウエストや袖まわりにゆとりのあるコクーンシルエット。袖丈も長めで、エクラ世代の気になる部分をさりげなくカバーしてくれる。 ブレスレット¥380,000/TASAKI 靴¥97,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ③シルクの華のある「ホワイト」タキシード×白シャツのような正装感あるシルクの白 ビジネスシーンにおいてドレスアップをかなえてくれる「白」のジャケット&ワンピース。上質なシルク素材が醸し出すリュクス感もビジネスには吉。2枚仕立てのフロント、ラウンドしたすそ、カラーストーンのようなボタンと、ジャケット一枚でドレスのような存在感。さらに、シルク100%のなめらかさと微光沢が品格を高める。スタンドカラーのワンピースと合わせると、より仕事向きの締まった表情に。 ジャケット¥360,000・ワンピース¥130,000・バッグ¥270,000・靴¥84,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ) バングル¥52,000/CASUCA 表参道本店(CASUCA) ストッキング¥3,800/ステッラ ピエールマントゥー事業部(ピエールマントゥー)ワンピーススタイルフレンチスリーブのシャツワンピースは、シルクのとろみがエレガントな落ち感を生んで。ウエストリボンを結べば、軽快な印象になりオフにも活躍。 ピアス¥150,000/CASUCA 表参道本店(CASUCA) ④女らしさが高まる「ブラック」重ね着も計算した襟もと、贅沢なディテールでリュクスなオーラをまとう 仕事への意欲を高めてくれる、大人に似合う逸品を紹介。ここぞというビジネスシーンで頼れる「黒」のジャケット&ワンピースでワンランク上の着こなしを。ミニマムなテーラードジャケットは、フロントにあしらわれたシルバーのカフリンクが粋なアクセントになって。ジャケットの襟あきから、ワンピースの襟もとのカッティングが美しく見えるよう計算され、胸もとにジュエリーいらずのエレガンスを添える。ジャケット¥63,000・ワンピース¥59,000/ヒューゴ ボス ジャパン(ボス) ピアス 各¥185,000/イレアナ・マクリ 伊勢丹新宿店(イレアナ・マクリ) ストール¥43,000/トラデュイール バッグ¥156,000/ジミー チュウワンピーススタイルV字のネックラインと前身頃の切り替えがポイントのワンピース。ウエストマークされた立体感のあるシルエットは女性の体を美しく引き立てる。 時計¥530,000/セイコーウオッチ お客様相談室(クレドール)着る人の体を優美に引き立て、品格を高めるクラシカルな黒 ここぞというビジネスシーンに頼れる上質な黒。ジョルジオ アルマーニのクラシカルなジャケット×ワンピースで、大人の品格を演出して。シャープな肩のライン、シェイプされたウエスト、Aラインに広がったワンピースのシルエットなど、クラシック映画に出てくる女優のような気品が漂う漆黒のセットアップ。ジャケットは、小さくフェミニンなラウンドカラーに、デコルテ部分が少し深めのVあきになったミニマムなひとつボタン。 ジャケット¥440,000・ワンピース¥390,000・バッグ¥260,000・靴¥91,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) リング(太)¥320,000・リング(細)¥240,000/イレアナ・マクリ 伊勢丹新宿店(イレアナ・マクリ)ワンピーススタイルカフス部分とウエスト下のサイドに並んだボタンが、黒一色に上品な輝きをプラスして。腰高ですらりと見せてくれる美しいシルエットは秀逸。 ⑤ネイビージャケット×黒ロングワンピースワンピース単品で着れば、ちょっと華やかに装いたいオフの日の戦力に。ジャケットとセットで着こなせば、きちんと感が必要なビジネスシーンの顔に早変わり。オンオフ使える黒ロングワンピースをご紹介。 オン  セレモニーやフォーマルな場にはショールカラー風ジャケットを襟もとにショールカラー風の切り替えが施されているので、一般的なノーカラージャケットよりもフォーマルな印象に装えるネイビーのジャケット。ロングワンピースの上にはおるとさらに格式高い印象になり、ビジネスディナーの席やセレモニーにも重宝。 ジャケット¥95,000・ワンピース(上と同じ)/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) メガネ¥29,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥480,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥125,000/ジミー チュウ   オフ  クラシックコンサートには、ロングワンピースでドレスアップ上身頃はシルクの黒、スカート部分は深いネイビーの異素材の組み合わせ。ほどよく二の腕をカバーするフレンチスリーブのロングワンピースは、大胆に背中があいたドレッシーなデザイン。シャイニーなバッグ&シューズを合わせるだけで、こなれ感のあるドレスアップが完成。 ワンピース¥160,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ネックレス¥58,500/CASUCA 表参道本店(CASUCA) バッグ¥112,000/ジミー チュウ 靴¥160,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) ⑥ツイード素材のジャケット×ワンピースセットアップで着ても、ワンピース一枚でも素敵に着こなせる、便利な「ジャケット×ワンピース」の組み合わせ。ウエスト切り替えでスタイルアップが叶う「コンビネーションワンピース」はビジネスシーンではジャケットと合わせて、休日は一枚で着れば、適度に華やかで好感度も上々。 オン  仕事には、きちんと見えして華やかなツイードセットアップでジャケットをはおると、まるでジャケットとスカートのスーツのようにも見え、さらに仕事向きの落ち着いたムードに。ストレッチ入りで動きやすくしわになりにくいので、着席時間の長い会議の日にも便利。 ジャケット¥66,000・ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) 時計¥67,000/シチズンお客様時計相談室(シチズン エル) バッグ¥163,000/八木通商 ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥89,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)   オフ  女友だちと会う日は、好感度大のコンビネーションワンピースを選択黒のふわっとした上半身に、紺×赤系のツイード地の切り替えワンピースは、大人っぽさとフェミニンさのバランスがほどよく、きれいめに装いたい日に。 ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) バングル¥52,000/CASUCA 表参道本店(CASUCA) ストール¥43,000/コロネット(ミラ・ショーン) バッグ¥180,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 靴¥121,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ⑦ベージュジャケット×大胆配色ワンピース大胆なベージュ×ブラック配色のモダンなワンピースは、一枚で着れば休日のきれいめカジュアルに、ジャケットを合わせれば信頼感のあるキャリアスタイルに。   オン  ベージュジャケットをはおれば、信頼と落ち着きのキャリアスタイルにジャケットはカーディガン感覚ではおれるベージュのノーカラー。ゆるやかなVネックラインと、前すそに入ったスリットが上品な女性らしさを添える。セットで着るとベージュの分量が増え、より信頼感のある優しい雰囲気に。ワンピースの黒の引き締め効果も絶大。 ジャケット¥120,000・ワンピース(右と同じ)/コロネット(ミラ・ショーン) 時計¥90,000 /シチズンお客様時計相談室(シチズン エル) バッグ¥69,000/SANYO SHOKAI(エポカ) 靴¥92,000/ジミー チュウ   オフ  ドライブには、着心地のよい大胆配色のワンピースで決まり大胆なベージュ×ブラックの切り替えデザインが遠目にも目をひくモダンなワンピース。締めつけ感のない、すとんとしたボックスシルエットなので動きやすく、休日のドライブにも最適。スニーカーとの相性もよい。 ワンピース¥130,000/コロネット(ミラ・ショーン) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ストール¥26,000/トラデュイール バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥66,000/トッズ・ジャパン(トッズ)    ▲【エレガントに装いたい日の『ジャケット×ワンピース』】トップに戻る>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE /モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/高橋里奈 取材・原文/新田幸子 撮影協力/ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜 ※エクラ2020年12月号掲載
  • DAY4 友達と会う日はカジュアルを意識今日はリモート勤務後、友人と近所のカフェでディナー。話題はクリスマスの予定について。お互い彼氏なし。友人は残り20日間で意地でもいい人に出会うらしい(笑)。私はたぶん家でゲームしまーす。女子会の日は、映えるきれい色のブラウスを。階段も上りやすいストレッチデニムでカジュアルダウンして好感度UP♡ストレッチデニム¥23000/ゲストリスト(アッパーハイツ) アーモンドトウのショートブーツ(7)¥23600/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 甘いブラウス¥17000/TOMORROWLAND(BALLSEY) 白ロングTシャツ¥8000/エムケースクエア(マノン) レザーのミニバッグ¥34000/アビークローゼスト(ミミ ベリー) チェック柄ストール¥4500/シップス エニィ 渋谷店(パルム) シルバーボールイヤリング¥15000/カレンソロジー 青山(ニナ・エ・ジュール)▶︎▶︎ 『イージーパンツでノンストレスコーデ』着回し使用アイテムはこちら ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/井桁弘恵 スタイリスト/辻村真理 企画・原文/青山玲子(MORE) 撮影協力/アワビーズ TITLES UTUWA 大浪漫商店 SPBS ●本文中( )内の数字は編集部で計測した靴のヒールの高さで、単位は㎝です。 ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 前回のブログで紹介したブティックホテルKimpton。その一階にあるカフェラウンジTHE JONESも素敵な空間と美味しいメニューが揃っていておすすめです。前回のブログでご紹介した、10月に新宿にオープンしたばかりのホテルKimpton。 その一階にあるカフェラウンジがTHE JONES。 ホテルの入り口を入ってすぐのところにあって、宿泊しなくても入りやすい位置にあるので、気軽にカフェ利用ができます。店内は高い天井と広い窓でとても開放感があり、居心地も抜群。 外資系ホテルのカフェラウンジだけあって、雰囲気も日本離れしていて非日常感も味わえます。 メニューも豊富で、ドリンクも種類が多く、パンやスイーツ、デリなど目移りするものばかり。 今回は、自家製のレモネードとクロワッサンを。 朝イチだったので、軽めに。 レモネードは、お店で漬けたレモンがかなり荒ごしで入っていて飲みごたえ抜群、甘すぎず酸っぱすぎず、コクはあるけどスッキリといただけます。そして、クロワッサンも想像以上のクオリティの高さに驚きました。 お値段は600円とパン屋さんのクロワッサンよりは割高ですが、それでもその価値は十分ある美味しさでした。 表面はサクサク、中はもっちり、でも全体的にはとても軽い食感。 バターの風味はしっかり効いていて最高でした。 正直ホテルのカフェラウンジは雰囲気だけで内容的にはいまいちというところが多くて、ハードを楽しむということで納得していましたが、こちらはソフト面でもかなりクオリティが高くて、カフェ利用だけでも十分価値があると思いました。 みなさまも近くに行く機会があったらぜひ一度足を運んでみてください。 おすすめです! THE JONES cafe&bar最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。 インスタグラムも更新中です。下の写真からクリックして見ていただけたら嬉しいです!フォローもぜひぜひよろしくお願いします☺︎美女組No.179 Ikumiのブログ
  • おしゃれ好きとしておなじみの同世代スタイリストたちが“自分へ贈る”ギフトを厳選。それぞれのセンスがきらりと光る、感度高めのラインナップは一見の価値あり! 池田メグミさんはヴァジックのトートバッグ、高橋美帆さんはホカ オネオネ™のスニーカー、門馬ちひろさんはアルティーダ ウードの色石ピアスをチョイス。 池田メグミさん 「普段から愛用している信頼ブランドのアイテムなら手に入れて間違いなし。この冬は休日はもちろん、お仕事シーンにも気負わず使えて、フレキシブルに活躍する実用的な小物をセレクト」 VASICの[ヴァジック]トートバッグ ¥33000 「新作の『WELLS』はフラットな形で体なじみがよくなにより軽量。さらにA4対応なので仕事の資料もすっぽり。これがあるだけで仕事が一気に快適化しそう」。バッグ(41×35×1)¥33000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) FABIO RUSCONI[ファビオ ルスコーニ]のパイソン柄ブーツ ¥35000 「辛口になりがちなパイソン柄もブラウンベースなら、やわらかく見えるうえ合わせやすいんです。太めのヒールで安定感もばっちり」。ブーツ(5.5)¥35000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) 高橋美帆さん 「スニーカーもネックレスも今の私のスタイルに欠かせないアイテム。自分へ贈るギフトだからこそ、スタンダードなものよりも、旬のカラーや遊びのあるデザインで、気分を上げたいんです」 HOKA ONEONE®[ホカ オネオネ™]のスニーカー ¥23000 「絶妙なボリューム感と履き心地のよさで、ずっと気になっていた『ボンダイ』シリーズ。ベージュは周りともかぶらないし、今年らしいブラウンベースの着こなしとも好相性」。靴¥23000/アトモス 新宿店(ホカ オネオネ™) PALA[パラ]のイニシャルモチーフネックレス ¥34500 「マスクが当たり前となった今、顔まわりを印象的に見せてくれるネックレスに夢中。クラフト感のあるイニシャルが、ほかにはなかなかない表情でひと目ぼれしました」。チャーム¥19000・チェーン¥15500/PALA 門馬ちひろさん 「ここ最近、着心地がいいシンプルな洋服を選ぶことが増えたため、やや女っぽさが不足ぎみ。華やぐジュエリーとアクセ感覚で使えるバッグは、着こなしの盛り上げ役にぴったりです」 ARTIDA OUD[アルティーダ ウード]の色石ピアス ¥30000 「こっくり深めのボルドーの色石が耳もとでスイングするデザイン。横顔を華やかに見せてくれるから“浮かれたい”日の鉄板に」。ピアス¥30000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード) A.P.C.[アー・ペー・セー]のミニバッグ ¥35000 「『何を入れるの?』っていうぐらい、かなり小さいけれど、かっちりしたフォルムでカジュアルになりすぎません。リップやネイルオイルなど、女度が上がるアイテムを忍ばせて」。バッグ(10.5×12×5.2)¥35000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) 撮影/花村克彦(人)、坂田幸一(物) ヘア&メイク/沼田真実〈ilumini. 〉 取材・原文/野崎久実子 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
関連キーワード

RECOMMEND