ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

紺ブレは「普通」を「おしゃれ」に進化させる! だから秋のカジュアルコーデに欠かせないのです♬

DAILY MORE

ネイビーブレザー・通称「紺ブレ」の魅力を再確認

紺ブレは他のジャケットとはちょっぴり違う。“仕事のためのかっちり服”なだけじゃない。“学生っぽくなる”なんていつの話!? 紺ブレは、普通のカジュアルを“おしゃれなカジュアル”に進化させるためのものなのですっ!!

どこかユニフォームライクに、ハーフジップのスウェットと

紺ブレと真っ白なハーフジップスウェット&ニットスカート。大人の“ユニフォーム”みたいな、きれいだけどこなれたカジュアル。
ジャケット¥59000/ブルーブルー(J.プレス・ブルーブルー) スウェット¥3490/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム ニット¥25000/ビショップ スカート¥21000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) 靴¥8900/ランダ バッグ¥8900/フリークス ストア渋谷 イヤリング¥2300/サンポークリエイト(アネモネ) ブレスレット¥3900/ローズ バッド
ミニマルで品があって。頼れる存在! 絶対に子供っぽくも太っても見えない。ボーイッシュもガーリーも“このジャケットがあるからもっとカジュアルが楽しくなる”存在。
¥39000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン)
“ファースト・紺ブレ”ならこんな正統派がいちばん! 直線的なシルエット、ダブルの合わせ、6個の金ボタン。カジュアル服を格上げしてくれるような正統派だからこそ、カジュアル服に合わせておしゃれに決まる。
¥32000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ)

柄ワンピースにはおるのも、これからは紺ブレがいちばん素敵

ヴィンテージライクなプリントワンピは一枚で着ても可愛いけれど、紺ブレを重ねれば可愛いだけじゃない魅力。“マジメさを遊ぶ”みたいな、一目置かれるおしゃれなグッドガール♡
ジャケット¥17000/ルクールブラン ワンピース¥38000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥2490/GU バッグ¥13000/TOMORROWLAND(BERTINI) ヘアバンド¥1600・イヤリング¥1600・バングル¥2600/サンポークリエイト(アネモネ)




撮影/花村克彦(まりえ分) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理

関連記事
  • 先日、サハラ砂漠に在住の日本人「岩間ひかるさんのモロッコ料理レッスン」に参加しました。Zoomで現地と繋がり、 生配信。リアルなモロッコ生活に触れました。 数年前から習っているモロッコ料理。 ずっとお世話になっている料理教室「シュクランキッチン」より、 今回は、なんとサハラ砂漠とZoomで繋がる、レッスン企画!! 貴重な体験にワクワクしながら、参加! 現地からレッスンをしてくださるのは、 モロッコ人のご主人と可愛い2人のお子さんがいる「岩間ひかるさん」 レッスン前には事前に下準備用のレシピも教えてもらいました。 材料を用意したものの、聞いてびっくり!! モロッコのオクラは、日本と違ってとても短く親指くらいだそう。 ひかるさんが手に取って見せてくれました。 私が購入したオクラは、ちょっと大きかった。。。(笑) オクラの他にもラム肉やトマト、玉ねぎ、ニンニク。 スパイスと一緒に鍋でグツグツ煮込む。 モロッコの鍋も見せてもらいました。 ラム肉は甘味があり、オクラ等甘みのない野菜と相性がいいそう♪そのうち、オクラはトロトロに。 現地では、オクラの海のようにいっぱい入れるそう。 私は今回は土鍋で作りました。 お肉もとても柔らかい。 タジン鍋風のお皿に盛り付け、クスクスを炊いて添えました♪ 翌日は、さらに煮込んでパスタのソースに♪ ピザには中身のタネに玉ねぎやパクチー、もも肉。 こちらもターメリックやくみんetc..スパイスを使用! 2枚の生地の間に具材を挟んでオーブンへ。 焼きあがるまでの間、色々なモロッコ生活の話を聞きました。 ・砂漠の地面の中に入れて焼くピザ ・サハラでのテント生活 ・実際のお住まいの様子やインテリア ・モロッコの調理器具 ・朝のパン作りの風景 Wi-Fi環境で時々画像が止まったけれど、 現地からの映像はとても興味深く、楽しい情報に溢れていました。 今回、現地のお料理レッスンを受講できたこと! それは、本当に貴重な体験でした。 コロナ禍で外出が心配な時期。 小さな子供がいる中で自宅でレッスンに参加できたこと。 画面を通して、シュクランキッチンの仲間と繋がったこと。 本当に嬉しく楽しい時間でした♪ 教わった「オクラのタジン」も「ピザ」も美味しい!! そして何より、岩間ひかるさんの明るい笑顔に癒されました。 ひかるさんは、モロッコでリヤド経営やツアー案内などの観光業を営まれていましたが、 コロナ禍で仕事が途絶えてしまったそうです。 今は、仕事をしていたマラケシュから砂漠にコロナ疎開し、行き来をする日々。 人で溢れていたマラケシュは、静かだそう。 以前、旅行した際に訪れた活気あるイメージしかなく、、、 遠く離れた土地でのコロナショック。 その大変でリアルなお話に驚きました。今回のお料理レッスン参加費は、ひかるさんの元へ寄付もできる企画。 気持ちだけでも届くよう願っていましたが、 逆にレッスンを通して、沢山の元気をもらいました。 そして、なんと!! 後日、参加メンパー宛にモロッコより、 手書きのメッセージと特製スパイスが届きました。 温かな心遣いに感謝するばかり♪ そして、もっとモロッコ料理を作りたくなりました。 ひかるさんの今の夢。それは、↓ 「サハラ砂漠でベルベルの伝統農法を用いたエコファームを作ること」 そのプロジェクトがいよいよ本格的に開始♪ 先月からクラウドファンティングがスタートしたそうです。 お名前で検索したらアメブロやインスタも見つけました! 遠い地で頑張っている日本人がいる! そう知ったことで、いっぱい勇気をもらえた気がします。 私もこれから色々、できることから初めてみたいと思いました♪美女組No.15りょうぞうのブログ
  • 11月前半のnon-no Web『毎日コーデ』の人気コーデをTOP10でお届け!【10位】 色もシルエットも主役級スカートは大人見えトップス合わせが好バランス【毎日コーデ】▶詳細をチェック【9位】 アレンジしやすいシンプルワンピはパンツを合わせて個性をプラス!【毎日コーデ】 ▶詳細をチェック【8位】 西野七瀬はストンと縦長シルエットでレイヤードを大人仕上げ【毎日コーデ】▶詳細をチェック【7位】 まろやかなベリー色パンツで透明感あふれる好感度ガールに【毎日コーデ】▶詳細をチェック【6位】 人気のキャミワンピレイヤードはシックカラーで差をつけたい!【毎日コーデ】▶詳細をチェック【5位】 新木優子は定番モノトーンコーデをスポーティ小物でこなれ感倍増!【毎日コーデ】▶詳細をチェック【4位】 もこもこアウターでいつものデニムに今っぽい可愛げを添えて【毎日コーデ】▶詳細をチェック【3位】 馬場ふみかは渋色ワンピ+ゆるカーデでやせ見えも女らしさも欲張りに♡【毎日コーデ】▶詳細をチェック【2位】 西野七瀬はボリュームニットをストレートパンツ合わせで大人のこなれ感【毎日コーデ】▶詳細をチェック【1位】 渡邉理佐は、チェック柄のフレアワンピに黒小物を合わせて脱・ほっこり【毎日コーデ】▶詳細をチェック※11月17日~11月30日集計
  • 思わずポチり。どれがzaraだかわかります?!こんにちは。 Makiです。 12月になりましたね。 1年がとても早い。 今年は自粛期間もあって尚更早く感じるのか、歳のせいなのか。  さて今日は、久しぶりに覗いた(行った風ですがオンラインでの) zara購入品のご紹介です。 UNIQLO同様、絶対にみんな持ってるのがZARAですよね。 今回購入したのは、 千鳥格子柄コートとフェイクファーのバッグ。 モコモコにワンハンドルのコロンとした形が可愛すぎて思わずポチリ。 千鳥格子柄コートは身長165センチでSサイズを購入しました。 最近は今までの購入品から、サイズの推測まで出してくれるから、とても便利。 かなり信用していて、細かいサイズ感は見ずにオススメされたサイズを迷わずポチッとしています。(←この辺り、ズボラが出る…) 万が一サイズ感が合わなくても返品出来るし❤︎ さすがZARA❤︎ コートの着やすさもジャケットの様な丈感も、 さすがZARA❤︎ そんなこの日のコーデ、ほぼ全身ZARA。 完全なるZARA信者です笑ストール→johnstons ニット→tomorrowland コート→ZARA パンツ→ZARA バッグ→ZARA ブーツ→manoloblahnikそしてオマケの購入品。 我が家のアレクサ❤︎ これが何ともいい仕事をしてくれる。 SALE期間で5000円しないで購入出来たこちら。 洗面所に置いたのですが 「アレクサ、人気の曲かけて」って言うだけで、Amazon primeミュージックから曲かけてくれるし、「映画観せて」と言えばprimeビデオも観られる❤︎ お風呂上がりのケアタイムは最近専ら、ノリノリで大熱唱しております❤︎ 朝の忙しい時間に洗面所で準備しながら、もちろんニュースも見られるしで、ホントに大活躍! 届いてWi-Fi繋ぐだけで面倒な設定は無かったので、機械音痴な私でもすぐに使えました❤︎ そしてこちらのアレクサに向かって、 我が家の三男(5歳)が「アレクサ、友達になって」と話しかけたところ、「それは難しいですね。」と返され慰めるという事態に。 それを聞いた次男(小5)が同じように聞いたところ「いい友達になれそうです。」と笑 アレクサ〜!!笑 我が家のアレクサ、しっかりしてました笑 キッチンとリビングにも欲しいなぁー❤︎と追加購入をポチり…。 止まらない物欲を披露したところで、本日はこの辺で。 最後までお読みいただきありがとうございます。 ↓↓↓Instagramも日々のコーデなど載せていますのでよろしければこちらも覗いて見てください。フォロー&コメントもうれしいです❤美女組No.144 Makiのブログ
  • スドークが2020年12月3日(木)より、世界各地の「スドークピープル」が2021年春夏コレクション「0006」を自分らしく着こなしたビジュアルムービーを公式サイトにて公開する。スドークは工藤司がデザイナーを務めるウィメンズブランド。大げさなコンセプトを元に作られた、着飾るためのファッションではなく、着心地の良さやシルエットの美しさを追求したリアリティのあるスタイルを提案し続けている。 スドークのビジュアルムービーより「0006」は、新型コロナウイルスの感染拡大により世界中でロックダウンや規制が行われ、日常生活が大きく変化する中で制作。1枚で何通りにも着こなすことができるジャケットやトップス、外出着としてはもちろん室内でもレイヤードを楽しみながら着られるワンピースとニットパンツなど、より利便性と着心地の良さを追求したラインナップに。普段のなにげない生活の中でこそ着こなしたい、レイドバックな雰囲気が魅力だ。 (左)triangle long t-shirt ¥22,000、center slit denim ¥28,000・(右)short knit top ¥20,000、taping trousers ¥40,000/スドーク今回のムービーは、工藤と親交の深いアーティストのTenko Nakajima(中島点子)とCheuk NG(チュク・ン)がディレクションと編集を担当。東京、大阪をはじめ、パリ、ロンドン、ベルリンなど世界各地の人々がセルフスタイリングし、私服にスドークのアイテムを取り入れて撮影した。また、このビジュアルムービーのほか、公式インスタグラムでは「スドークピープル」1人1人にフォーカスしたムービーも順次公開。彼らが着用した最新コレクションは公式サイトにて12月から順次予約販売が始まるので、ムービーのスタイリングを参考に自由に着こなしてみて。 スドークのビジュアルムービーよりスドークhttps://soduk.co/03-6809-0080 text: Fuyuko Tsuji
  • 日常生活からのエスケープにぴったりのホテルでした!他の画像を見るコロナがなかなか収まらず、行きたい場所に行けずストレスが溜まってきていたところ、 たまたま11時のアーリーチェックイン、14時レイトチェックアウト、朝食付きのお得なプランを見つけたので、GO TOしてきました。 フォーシーズンズは好きなホテルブランドの一つで、このホテルに早々に滞在した知人が高評価だったのも決め手の一つでした。 他の画像を見る和モダンなインテリアで眺望も素晴らしく、アメニティのフレデリックマルの香りがものすごく好みで、どこで購入出来るのか検索してしまったほど。 着いた日は夕食もルームサービスにしてほぼお部屋に篭っていました^ ^他の画像を見るギャラリーのようなエントランスから入るプールは、泳ぎが苦手な私を泳ぐ気にさせたぐらいとっても素敵でした。 スカイツリー方面が見渡せて、開放感たっぷり。 スパからもおなじ景色が見下ろせます。 コロナ対策で予約制になっているので、混むこともなく、、、私は朝7時に行ったので貸切でした。 朝食はピニェートへ。 39階の屋外テラスは残念ながら春までクローズですが、眺望が素晴らしくてお気に入りのレストランになりました♪ 皇居を見下ろすほどの近さに昭和な私は畏れ多い感じでしたが、ホテルの方によると設計上でもそこは充分配慮されているとのことでした。 コーデは私の定番、ギャラリーヴィーのニットにフェイクスウェードのキュロットパンツを合わせて楽ちんなスタイルで。2日目はトップスだけ、同じネイビーのニットに変えて。 knit DRAWER 非日常な空間に行くことで、近場でもとても良い気分転換になりました^ ^華組 朝生育代ブログ
  • きっと私たちの知るずっと前から。そしてこれからも永遠に。色あせない魅力を放ち続ける、モノグラムこそ一生もの。10年先も100年先も、 きっとまた新しく好きになる伝統とモダニズムを兼ね備えた新定番 アイコニックなモノグラム・キャンバスにオマージュを捧げたデザイン。シンプルかつ軽量でありながら収納力も高く、同柄のミニバッグが付属していたり、ファスナーで開閉できるなど、機能面も充実。多用途に使える逸品。 バッグ「キャリー・イット」(39.0×37.0×3.0)¥197000・ニット¥84000・スカート¥373000・ブーツ¥197000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス  メゾンを物語るLV サークルがきらめくメダリオンモチーフ シルバーとゴールドのコントラストカラーで仕上げられたLV サークルのメダリオンが、あらゆるシーンで素肌を美しく彩る。 ネックレス「コリエ・L TOV」¥55000・ブレスレット「ブラスレ・L TO V」¥50000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス  定番アイテムに遊び心を加えたプレイフルなミニチュアサイズ 遊び心をきかせたブレスレットとしてはもちろん、バッグチャームにしてもキュート。 (上)ブレスレット「ブラスレ・パーティー バムバッグ」¥82000・(下)ブレスレット「ブラスレ・パーティー パームスプリング」¥82000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス  日本限定のコンパクトサイズは今を生きる私たちにぴったり ルイ・ヴィトンのコレクションの中で最も小ぶりな財布。光を柔らかく反射するクリスタルローズカラーは、強さと美しさを感じる上質な輝き。 財布「ポルトフォイユ・ロックミニ」(7.0×10.0×2.5)¥63000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス  お気に入りの1本をしのばせてジュエリー感覚で身につけたい 1920年代のメイクボックスから着想を得たリップスティックケース。前面にはメゾンの伝統的なトランクを想起させるロック、上部にはLV サークルの刻印があしらわれている。 リップスティック ケース¥158000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス  モデル/馬場ふみか 撮影/田中雅也(TRON) ヘア&メイク/北原果(KiKi inc.) スタイリスト/鈴木美智恵 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル ※( )内の数字は縦×横×マチを表し、単位はcmです。
  • OFFにもリモートワークにも、快適&おしゃれ!アラフォーのための「らくちんパンツ」のきれい見えコーデリラックス感のあるはき心地でリモートワークでも重宝しつつ、今年っぽさを加えるアクセントとしても使える。「ツヤとろみ」「ベロア」「ニット」のパンツを「3大らくちんパンツ」と認定! ほどよく抜け感がありつつルーズに見えない、大人の着こなし方をマスターして。 ▼Type1はこちらType2:ベロアパンツ 秋冬ならではの温かみと華やかさをあわせもつ今季のニューカマー。リラックスシーンからちょっとしたフォーマルまで使える幅の広さも魅力。パンツ¥23,000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア)■ベロアパンツ×デザイントップス ちょっぴりフォーマルを意識素材自体にドラマティックさがあるので、ドレスアップにも使えるベロアパンツ。ディープグリーンが上品な一本にデザイン性の高い白のロングトップスを合わせ、バッグはレオパード柄のミニポシェットをアクセントに。ちょっぴりおめかしモードに仕上げて。パンツ/上と同じ シャツ¥42,000/スタンブリー ピアス¥34,000・バングル¥62,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥105,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥16,800/ヒューマンウーマン(REMME)■ベロアパンツ×ジャケットコート ベージュコート×キャメルピンクの秋らしい配色でシックにふんわり柔らかなキャメルピンクのベロアパンツは、はき心地抜群でシワになりにくいのもうれしい。きれいな仕立てのベージュのジャケットコートとパンプスで秋らしいトーンにまとめ たら、ファーのボディバッグと大ぶりピアスを。上品さと遊び心を同時に感じられる、鮮度の高いコーデが完成! パンツ¥35,000/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) コート¥59,000/スタンブリー ニット¥27,000/オンワード樫山(ジョゼフ) ピアス¥25,037/アビステ バッグ¥27,000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥14,500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)■ベロアジャケット×シャギーニット ふわふわニットと秋ならではの素材感を楽しんでほどよく光沢があるので、ニットやコートといったマットな素材と合わせやすいのもベロアの魅力。ブラック&ブラウンのダークトーンも、ベロアのツヤ感のおかげでどこか軽やかで女性 らしいムードに。パンツ¥9,900/ノーク(ノーク) ニット¥33,000/エイトン青山(エイトン) 帽子¥11,000/カシラ ショールーム(CA4LA) ネックレス¥11,000/ヒューマンウーマン 時計¥23,000/ダニエル ウェリントン カスタマーセンター(ダニエル ウェリントン) バッグ¥60,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥9,500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹下玲奈
  • エグゼクティブ女性の新しいワークスタイルにフィットする才色兼備なビジネスレザーグッズを、ブランドの新作を中心にピックアップ。デザイン性も機能性もあわせもつ逸品揃いです。エグゼクティブ御用達、エルメスのジップつき手帳カバーに新色が登場手帳カバー(イエロー H17×W10)¥96,000・レフィル(大)¥16,500・手帳カバー(トープH13.2×W9.5)¥80,000・レフィル(小)¥15,500・カードケース(ピンクH7×W10.5)¥47,000・ペンケース¥40,000・万年筆¥185,000・インクカートリッジケース¥56,000・インクレフィル(6本入り)¥1,100・ニット¥189,000・リング¥81,000/エルメスジャポン(エルメス)TPOに合わせてカスタマイズできる、ディオールのポーチが優秀ポーチ(H12×W18×D3)¥160,000・ジャケット¥390,000・シャツ¥150,000・パンツ¥170,000(4点ともディオール)・ピアス¥192,000・リング¥112,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/以上クリスチャン ディオールヴァレクストラの新作クラッチバッグはモバイルケースにも最適クラッチバッグ(H22×W32×D6)¥160,000・ベージュのタブレットカバー(H22×W16×D1)¥85,000 /ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ジャケット¥112,000(エス マックスマーラ)・ニット¥51,000・キュロット¥65,000(ともにマックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン ピアス¥138,000・リング¥88,000/ホワイトオフィス(ジジ)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/福沢京子 スタイリスト/青木貴子(whitebox) モデル/松田珠希 取材・原文/新田幸子 ※エクラ2021年1月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND