アイシャドウ、チーク、ハイライト。4色がパレットに!『ジバンシイ』のクリスマスコレクション<2019>が使える♡

DAILY MORE

コスメ好きが最近こぞってチェックしていること。それは、今年のクリスマスコフレ情報! 写真を見ているだけでうきうきわくわく♡ 心踊るクリスマスコフレは、普段から愛用しているブランドはもちろん、こういう時だからこそ手に入れたいごほうびブランドなど、狙いたいブランドが山ほどありますよね。またコフレではなく、クリスマス限定色としてアイシャドウやリップなどを販売するブランドも。

数量限定。「クロス・ザ・レッドライン」と称された「クリスマス コレクション 2019」

『ジバンシイ』からは、「クロス・ザ・レッドライン」と称された「クリスマス コレクション 2019」が数量限定で発売中です。赤の特別なパワーに着目したコレクションで、リップ2種、ルース パウダー、フェイスカラー&アイカラーの全4アイテム。どれもスパークリング・レッドの限定パッケージで包まれていて、持ってるだけで高まる気分! めちゃくちゃ可愛いんです♡

写真は、フェイスカラー&アイカラーの「レッド・ライト・パレット」。開くと、『ジバンシイ』を象徴する“4G”のロゴが現れるスペシャルなデザインに、マルチに使える4つのカラーが出現。

クリーミー&伸びが良いテクスチャーで、肌にしっかりフィット◎。パレットのカラーはどれも大胆な色に見えるけれど、肌にのせると良い意味でそんなことはなく、あらゆるシーンのメイクで活躍しそう。
ベースメイクの仕上げにチークやハイライトとして。アイシャドウとして目元にもONできる万能アイテムです。色の加減が絶妙なのもまたよし。薄く塗ったり、重ねて塗ったりすることで色合いの変化も楽しめちゃう♪

もう手に入れた人もいるかも!? な『ジバンシイ』クリスマスコレクション。パレットはもちろん、リップや他のアイテムも気になっちゃう♡(ライター愛ちあん)

レッド・ライト・パレット ¥8100(限定品)/パルファム ジバンシイ

関連記事
  • 観劇に出かけたり、かしこまったレストランで食事をしたり。そんなイベント時には、いつもよりちょっと華やかなメイクに♪ でも、一歩間違えるとひと昔感が出てしまったり、若作り頑張った感のある仕上がりになってしまうことも。これは避けたいものですよね。では、大人の女性に似合う華やかメイクに仕上げるには? 使いやすいカラーと共にメイクのコツをレクチャーしてくださったのは、資生堂のヘアメイクアップアーティスト・向井志臣(しおみ)さん。マキアージュの広告などのメイクを担当しているんですって。デイリーに使っているアイテムの使い方を変えるだけで華やかに!華やかメイクだからと、特別なアイテムを用意する必要はナシ。「いつも使っているアイテムの色の入れ方を変えるだけで簡単に違う雰囲気に仕上げられる」と向井さん。つまり、外出先のメイク直しで、簡単に昼の顔から夜の顔にチェンジ出来るわけです。これはぜひともマスターしなくては!使ったのはこちら。左手前より時計回りに極細ペンシルの「インテグレート スナイプジェルライナー」、パウダーとペンシルで自然な美眉が作れる「マキアージュ ダブルブロークリエーター」、うるおいを持続しながらくすみや縦ジワをカバーする「インテグレート グレイシィ エレガンスCCルージュ」、瞳の色に合わせたブラウンが選べる「マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズS」、透け感発色が楽しめる「マキアージュ チークカラー(クリア)」。上記のアイテムで「普段のきちんとメイク」に仕上げた状態です。ここから同じアイテムを使い、色の入れ方を変えて「華やかメイク」に変身!メイクのポイントは目元に。横にボリューム感を出せば華やかに使ったアイシャドウの色は〈BE233〉。右の下部が〈濃いめグラデ〉、左下が〈艶ポイントカラー〉「アイシャドウはきらめき感があったほうが馴染ませやすく、目元が明るく見えます。華やかに仕上たい時は横に向かってボリューム感を出すのがコツ。濃いめグラデを下まぶたの目尻1/3にプラスしたら、まぶた中央と下まぶたの際に艶ポイントカラーを。これでダウンライトの薄暗い店内でもキラッと光り、目元に立体感が出ます」近頃は目元にポイントを置くメイクの流行が戻ってきているだけにアイラインも大事、と向井さん。「ブラックのアイライナーで引き締めると目ヂカラが出ます。床と水平に1cm程度長く描けば、ナチュラルながら印象的な目元に」今どきの太眉で若々しく。選ぶ色と描き足す位置がポイント使ったアイブロウの色はGY921「大人の女性にはグレーのアイブロウがほどよくシックに馴染みます。今どきの直線的な眉に仕上げるなら、眉頭を近づけるよう5ミリ程度内側に描き、綿棒でぼかすのを忘れずに。目と眉が離れていると老けた印象になるので、眉の幅を太くするなら眉の下に色を足して」チークとルージュは引き算で「色」と「ツヤ」を抑え気味にルージュの色は、普段メイク時は〈レッド324〉、華やかメイクでは〈レッド727〉に変更「目元のメイクをしっかりした分、チークはコットンで色を抑えて血色を足す程度にすれば全体のバランスが取れます。ツヤ感も頬の高い位置のみ残して抑えて」そしてルージュは、流行のブラウンやベージュカラーで上品に。「マットに仕上げると縦ジワが強調されてしまうので、ティッシュオフは輪郭だけに。ツヤ感を残したままピタッと密着します」さらに下がり気味な口角が気になる人は「唇の輪郭、両脇をコンシーラーでキュッと直線的に上げ、薄くなった上唇は1ミリくらい大きく描く」という小技を足して。完成です! 目ヂカラがあって、ほどよく加味された華やか感が上品な仕上がり。いつも使っているメイクアイテムの使い方次第で印象を変えるテク、ぜひご自身の顔で試してみて!資生堂オンラインョップ「ワタシプラス」取材・文/佐藤素美
  • 空気が乾燥して冷たくなり、湿度も低くなって、肌など“体の外側の乾燥”が気になる季節になりましたね。でも季節とは関係なく、自分の“体の内側の乾燥”がじょじょに進んでいること、実は密かに気になっていました…。それをあらためて自覚するきっかけになったのは、MNC New York株式会社(代表は美容を専門とする実業家として活躍中の山本未奈子さん)が展開するビューティブランド「シンプリス」から、今年2019年11月1日に新たに誕生した「センシュアル ライン」の新製品発表会。発表会は2019年10月半ばに開催され、その内容は、私の“体の内側の乾燥”に関するモヤモヤした悩みに優しく応えてくれるものでした。今回、「シンプリス」が注目しているのは、女性の体の“粘膜”。口や鼻、目、胃や腸、デリケートゾーンなどにある上皮層はすべて粘膜。そこを覆う粘液には、粘膜を乾燥や雑菌から守り、クリーンに保つ自浄作用があるそうです。しかし、この粘液は、加齢によって分泌が減っていき、また、環境の変化やストレスの影響を受けやすく、その結果、潤いが不足することも多いよう。発表会に登壇された、医師の喜田直江先生(『なおえビューティークリニック』院長)によると、「加齢とともに女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、粘膜が薄くなって乾きやすくなります。だから、粘膜をケアすることは大人の女性にとって必須」と考えてほしいのこと。これって、まさにMyAge世代の女性が感じていることですよね!・口の中が乾きやすい。・口のニオイが気になる。・目が乾きやすい。目やにが出やすい。・目にコンタクトレンズをつけているとツラく感じる。・鼻が頻繁にムズムズする。・のどが痛くなりやすい。・胃の調子が悪くなりやすい。・デリケートゾーンのニオイが気になる。・デリケートゾーンが乾く。かゆい。・膣の乾きが気になる。・潤い不足で、性交痛がある。・体臭が気になる。…といった悩みや不快感は、“粘膜”の潤い不足によって起こる可能性が高いそう。「わかる、わかる~」。私も日頃、感じていることがいくつもあります。“粘膜”に関する悩みは、なかなか人に言えず、ひとりで悩みを抱えてしまうことが多いもの。そんな現状を変えて、女性たちがよりポジティブに楽しく人生を楽しむために、「シンプリス」の「センシュアル ライン」では、もっと積極的に“粘膜ケア”をしよう!と提案しています。ケアするための製品は、下記↓のサプリメント「シンプリス センシュアル ネンマク ケア」。30袋入りで8.700円(税抜き価格)です。スーパーフードのシーベリーやアグアヘ、パセリ種子油やメントールなど、8種類の成分を厳選して配合したという粒タイプ。不快な乾きやニオイ対策、潤いサポートのことを考えて作られたそうです。1日1袋(3粒)が目安で、持ち歩ける小さな袋に入っているのが便利。この発表会でのお話を聞いて、あらためて「体の内も外も乾くのは嫌だ~。常に“潤った”状態でいたい」という気持ちに。「体の内側からの潤いケアに本気で取り組もう!」と決意を新たにしました。最近、体全体がより乾燥しがちな季節になったのを機に、私も体の内側の“粘膜ケア”を行うべく、このサプリメントを飲み始めました。現在、飲み始めて4日目(4袋目)。口の中やのど、デリケートゾーンなど、比較的、自分でも違いを感じやすい部位が、以前より潤ってきたような実感が。ついでにボディ──腕やお尻、脚のすねなどの乾燥しやすい部分の肌も、カサカサしていたのが、なめらかになりしっとりしてきたような気がします。まだ4日目ですが、なかなか良い感じ♪違いを感じるとうれしくなりますね♪このまましばらく続けて、様子を見てみようと思います~。
  • 「毛先」「手先」「足先」。女性の美しさは、3つの「先」に出るって、聞いたことありませんか? なかでも「毛先」が表す髪は、日々のケアの積み重ねがものを言うところがありますよね。私も綺麗な髪に憧れるアラサーの一人ですが、日々のバタバタに追われ、定期的に美容室に行くことは難しく……。でもサロン級の仕上がりを毎日目指したい! だからこそ気をつけているのが、毎日使うヘアケアグッズの選び方。今回は、今までのブログでも紹介しているものも含め、私が実際に使っているヘアケアアイテムをご紹介します。 【シャンプー&トリートメント】CLAYGE Dシリーズ 2本目突入! お試しで使ってから気に入っているコチラ。乾燥しがちなこの季節、地肌までケアできるので、アトピー肌の私にはありがたいアイテムです。髪を洗ったらそのまましばらくパックするように数分おくと、さらにしっとりした髪になります。香りも好きだし、彩度の低いデザインもお風呂にマッチして気に入っています。 【ヘアブラシ】Wet brush-pro 普段ブラシは使わない派ですが、髪を洗う前とタオルドライした後、アウトバスを馴染ませた後にざっくりコチラを使っています。主にもつれを直し、トリートメントをムラなく浸透させるのによいそうな! 使うようになってからドライヤーの時間も短縮された気がして、特に夏場は重宝しました。 ブラシについてはコチラでも紹介しています 【アウトバスケア】dear mayuko ヘアオイル バックにある入浴剤とバスピローも同じブランドのもの アウトバスのケアアイテムには他のどんなヘアケアグッズよりこだわりがあって、今まで色々試していますが、今使っているコチラもなかなかよき!です。シャントリはしっとりを何より求めますが、アウトバスは軽いつけ心地がほしい私。重すぎるとうっかり肌についたとき荒れてしまうのが怖く……。コチラのアイテムはつけ心地がいい上に、天然オイルを使っているということで、その点もポイント高し!でした。 【ドライヤー】レプロナイザー3Dplus N.のバームもよく使います 肌まで綺麗にしてくれると話題のシリーズ。私が持っているのは3Dplusですが、今はまた新しい型があるかも? 温冷風を交互に当てると、ツヤがすっごい、出ます。ドライヤーなんて風の強さ=乾きやすさしか見てなかった私にとって、これは本当に目から鱗でした。風にも“質”があるなんて! ドライヤーの効果的な使い方はコチラでも紹介しています 【ヘアセット】Sign+ systemic multi oil 直前の投稿でも紹介しましたが、ちょっとモードなファッションが好きな私は、最近セミウエットが気分。このオイルは体にも保湿として使えるものなので、安心して使えるのもポイントです。数滴でセットできちゃうから、コスパも最高! 旅行の時は、アウトバス&全身保湿もこれ1本で済ませちゃっています。 【動画】オイルを使っセミウエットヘアの作り方はコチラでも紹介しています 天使の輪が欲しい ヘアケアグッズは、このほか時々インスタでも試したものを紹介しています。是非覗きに来てくださいね♡ Instagramはコチラ
  • 今年はSHIROのホリデーコレクションでひと足先にクリスマス気分★11月に入り、クリスマスコフレが目白押し。 いつもあれこれ心躍りますが、今年パッと目を引いたのがコチラSHIROのエッセンスリップ従来のエッセンスリップよりもシアバターが多く配合されているので 乾燥シーズンには持ってこい! 私はベージュ系がほしかったので、 9K03のセピアゴールドを購入。 色味が濃くないので、サラッとつけれて潤いも◎。 SHIROのメイクアップアイテムは初めてでしたが、これは良い! お気に入りに入りました♡私の周りでも人気のあるSHIRO。 メイクアップラインもチェックしたいと思います!SHIRO ホリデーエッセンスリップInstagram☞☞☞junshinoda美女組No.112junjunのブログ
  • 嶋田ちあきさん×エクラプレミアムのイベントに行ってきました。 嶋田ちあきさんと言えば、エクラ世代にとって、メイクアップアーチストの第一人者のお一人です。そんな嶋田さんのテクニックを目の前で見る事ができるのは本当に幸せなことで、とても楽しみに参加しました。 まずは、エクラプレミアム宮田室長とのトークショー。大人キュートな宮田さんに、一緒に参加したたまちゃん、かなちゃんと、目が釘付けになりました。 トークショーの後は、メイクアップのデモンストレーション。モデルの田中玲さんの登場では美し過ぎるすっぴんに会場がどよめきました。 嶋田さんのトークとともに魔法のようなメイクアップが目の前で繰り広げられて行きました。 近藤メモ *50代メイクは、何より「抜け感」が大事! *「抜け感」とは、カバーしつつヌーディーに見えること。 *きちんとし過ぎないメイクが「抜け感」がある、ということ。きちんとし過ぎると、古臭くなる。 *50代は目も眉も下がってシャープではなくなるけれども、それはエレガントになったということ。 *カッコイイ素敵な女性、それは40代、50代! その他、メイクのコツなどもたくさん教えていただきました。本当に勉強になりました。 イベント後に、少しお話しをさせていただき、写真も撮っていただきました。 嶋田さんは、有名な方にもかかわらず、気さくで普通にお話ししてくださり、その魅力的なお人柄もファンになってしまいました。 一緒に参加した、たまちゃん、かなちゃん、そして宮田さんと集合写真も! 嶋田ちあきさんプロデュースのコスメブランド、ブリリアージュのウィンターコフレは、クリームチーク、クリームシャドー、リップスティックがセットになって、どれもとても使えるカラーでした。 白いボトルは、噂に聞いていた化粧下地。 使っている友人からも大絶賛で勧められていました。 帰りにお土産でこの化粧下地のミニボトルを頂いたので、先ずはこれを試してみたいと思っています。 おまけ。 2日目にこのイベントに参加したちえちゃん、かよちゃんを待ち伏せしてランチをしました。 私とたまちゃんは前日にいただいた化粧下地を早速使ってメイクアップ。確実にいつもよりお肌が綺麗に見えました。(自分比です笑) ちえちゃん、かよちゃんは、イベントでメイクをしてもらってとても綺麗でした。 ブリリアージュの化粧下地、もう、絶対に買います! 最後に、素敵なイベントを開催してくださったエクラプレミアムのスタッフの方々、そして嶋田ちあきさん、本当にありがとうございました。 Instagramもアップしています。 ⇩華組 近藤和子ブログ
  • アンニョンハセヨ! 韓流や韓国ビューティをメインにライター、取材コーディネーターをしている私YUKIが、韓国・ソウルからHOTなコスメ情報をお届けしていきます! 今回は、ふだんから愛用している角質ケアアイテムを紹介します。韓国は「パッド」がブーム!化粧水や角質ケア成分を含んだコットンを「パッド」といい、韓国では2~3年前からスキンケアの中でブームになっています。洗顔のかわりや、拭き取りスキンケア、さらに簡単なパックとして保湿までできたりと、とにかく万能なんです!ピーロソフトバブルレーザーパッド『MEDIHEAL』(メディヒール)は言わずと知れたシートマスクの王様ですよね? そんなメディヒールが出している「ピーロソフトバブルイレーザーパッド」は、1枚ずつ水にぬらして使うピーリングに特化したタイプ。ブームで誕生した進化系パッドです。韓国で人気の口コミアプリ『화해(ファヘ)』のスクラブ・ピーリング部門では19位、『メディヒール』全商品の中で2位になっているベストセラーアイテムです。ディープクレンジングが簡単にできる!私は10日に1回くらい、クレンジングオイルとクレイマスクを使って角質ケアをしているのですが、これが意外と“かなり”の手間なんですよね……。(オイルで角質を柔らかくして、クレイマスクを塗って、乾くのを待って、洗い流して……)忙しいと寝る時間の方が大事だし。とサボりつづけた結果、朝メイクをする直前に「やばい!肌がガサガサしてる!」といきなり焦るなんて日も。そんな時に「ピーロソフトバブルイレーザーパッド」が大活躍!水にぬらして泡立てる→ピンクの硬い面、白の柔らかい面を使ってくるくると優しくなでるように洗う。なんと、これだけです。超スピーディ! パッドにはパパイヤエンザイムというパウダー状の角質分解酵素が含まれていて、洗い流すと肌がすべすべに。小鼻はもちろん、顔全体に使えるからあごや頬もつるんつるんになります♡ 角質・皮脂をケアしてあげるだけで化粧のりが格段によくなりますよね。メイク落としもOK私は角質をケアしたいときに使っていますが、このパッドでメイクも落とせます。その場合は、柔らかい白の面がオススメ。写真は分かりやすいようにアイラインで試していますが、アイメイクやリップはポイントリムーバーで落としてあげて、その他の部分にパッドを使うといいと思います◎。 どこでも水にぬらすだけで簡単にクレンジングができて、とても便利! 面倒くさがりさんの強い味方です(笑)。日本と韓国どちらにも置いている私の必需品で、いつもオリーブヤングで買っています。メディヒールの棚ではなく、ピーリングコスメの棚にあるので注意して探してみてください。 YUKI 20代の韓国系ライター。K-POPアイドル、俳優にインタビューを行い、現在はソウルと東京を行き来して活動中。美容/コスメ好きで、美容雑誌やWEBマガジンでは韓国美容のコラムを担当。私生活でも3日に1度はポーチに新入りコスメが増える。韓国人ビューティユーチューバーのメイク動画を見るのが癒し。Instagram: https://www.instagram.com/__y.92/ 20代の韓国系ライターYUKIの韓国コスメ記事をもっと見る
  • もうすぐやってくる、ホリデーシーズン。来たる11月29日(現地時間)にブラックフライデーを迎えるアメリカでは、主に小売店が年一度のビッグセールを開催する。ギフト商戦に向けて各社が大安売りを検討するなか、逆の発想で話題を集めているブランドが。 Photo:INSTARimages/アフロそれは、グウィネス・パルトロー(47)が立ち上げたライフスタイルブランド「goop(グープ)」。日本でも今年の春に期間限定のショップがオープンしたほど人気を博しているが、ホリデーシーズンにはオンラインに厳選されたギフトが並ぶという。 34ドルのトイレットペーパーは、紙にサスティナブルな竹が使われているという。シルクのような滑らかな肌感だそう。Photo:goopオンラインページよりページにはアクセサリーやペット用アイテムなど、ギフトにぴったりのラインアップが。しかし驚くのが、そのプライス。トイレットペーパーは34ドル(約3,700円)、猫用ジャングルジムは949ドル(約10万3千円)、子ども用チャームブレスレットは575ドル(約6万3千円)など、思わず「さすがセレブ!」と唸ってしまうような価格設定。 Photo:goopオンラインページよりだが「The Ridiculous but Awesome Gift Guide(とてつもないけど、素晴らしいギフトガイド)」というページには、さらに衝撃を受けるラインナップが。 25万ドル(約2,719万円)の宇宙旅行、130万ドル(約1億4千万円)の絶滅危惧種に会えるツアー、6,460ドル(約70万円)の飛行用スーツなど、そのスケールの大きさには腰を抜かすほど!また、カップルたちにぴったりなギフトのセレクションもあり、445ドル(約4万9千円)のバスローブ感覚で裸の上に着るというフェイクファーのコート、425ドル(約4万6千円)の金の手錠などが。 Photo:The Mega Agency/アフロ少々やり過ぎ?とも思えるギフトガイドを作ったグウィネスだが、少し変わった志向であることは本人も認めているよう。以前のインタビューでは「(自分の性格について)確かにぶっ飛んでるところはあるわ」と白状している。 果たしてgoopのギフト商戦は成功するのか、グウィネスからの報告に期待したい! >>味噌汁は出汁から。グウィネス・パルトロウの超健康法【Special Interview】#goop >>セレブ一家の「美の継承」に絶句! グウィネス・パルトロウ、母娘3世代の激レア・ファミリーフォトを公開
  • non-noカワイイ選抜No.58大野幸さん(20歳)  BEFORE   スキンケアのメニュー ・化粧水 ・化粧水 ・ビタミンC入り化粧水 基本的に化粧水に頼り切りで、与えた水分にフタをするものがない状態。「母にも"乳液使わないの?" と心配されるけど、ベタつきが苦手で……」(大野さん、以下同) お悩み  肌に透明感がない気がする 朝起きると皮脂でテカっている 日中、メイクが崩れやすい ニキビの原因になりそうで保湿が怖い乳液を使わないスキンケアの結果、肌内部で乾燥が起き、潤いを補うために皮脂が過剰に分泌されて、テカりや崩れを招いている可能性がアリ!▼ ▼ 保湿革命!!  化粧水と乳液を朝晩セット使い!(左)ファンケル モイストリファイン 化粧液 I さっぱり  30ml ¥1400/ファンケル (右)ファンケル モイストリファイン 乳液 I さっぱり 30ml ¥1400/ファンケル 内側と外側から潤いで満たし、キメの整った調子のいい肌に。 約3年ぶりにスキンケアを一新! 朝起きた時に肌に触れるとみずみずしく潤っていて、感動しました♡ ティッシュオフでメイク崩れ阻止"乳液=ベタつく" と思い込んでいた私。乳液で保湿後のほうがむしろFDのノリも、崩れにくさもアップしたのは驚き! 週1で化粧水タイプのマスクを白のルルルン さっぱり透明感タイプ (32枚入り) ¥1500/グライド・エンタープライズ長時間メイクした状態で過ごした日は、マスクで集中保湿。 ▼ ▼ AFTER   肌測定の結果は… ★大野さんスコア●平均のスコア3週間のケアの結果、3カテゴリともに、平均値以上のスコアを達成! 「肌がこんなにモチモチしているのは人生で初めて」化粧水×乳液のケアを続けて2週間目、友達に「ハイライト何使ってる?」と聞かれたのですが、その日はハイライト不使用。肌そのものにツヤが生まれたんだな、って保湿の偉大さを実感しました! by大野さん 測定を行ったのは…ファンケル 銀座スクエア 4Fのビューティショップでは、肌測定のほかスキンケアレッスンも受けられる。(¥1389〜・要予約) https://www.fancl.jp/ginza-square/index.html 撮影/藤澤由加(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) スタイリスト/梅林裕美 イラスト/村澤綾香 構成・原文/野崎千衣子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
関連キーワード

RECOMMEND