『オリビア・バートン』新作ウォッチ発売! きらめくグリッターで手もとをクラスアップ♡

DAILY MORE

ロンドン発のウォッチブランド『オリビア・バートン』から、2019秋冬の新作が9/13(金)に発売されます。これからのホリデーシーズンにもぴったりな、きらめきデザインが豊富にラインアップ♡

GLITTER DIAL (上段左から)3D Bee & Pale RG Bracelet ¥25000 3D Bee,Eco Black & Gold ¥21000 3D Bee,Eco Light Gray & Silver ¥22000 (下段左)Grey Lilac & Pale RG ¥14000 (下段右)Vegan Blush & Pale RG ¥13000
「GLITTER DIAL(グリッターダイアル)」は、ブランドの象徴であるBEE(蜂)の3Dモチーフとラメグリッターを大胆に配したデザイン。細やかなグリッターは光を受けてキラキラと輝き、手もとにさりげなく華を添えてくれます。ちょっと気が早いけれど、クリスマス気分も高まる!
PEARLY QUEEN(左上から時計回りに)Pearl Detail RG & Boucle Silver Mesh ¥24000 Pearl Detail Boucle RG Mesh ¥24000 Vegan London Grey &RG ¥22000 Matte Black & RG ¥22000
「PEARLY QUEEN(パーリークイーン)」は、チームで動く働き蜂からインスパイアされたデザイン。小さな蜂が文字盤の上で動き回る姿を表現しています。小さなパールや筆記体のブランドロゴで、大人フェミニンな雰囲気。
TERRAZZO FLORALS(左上から時計回りに)Pale RG Mesh ¥17000 RG & Silver Mesh ¥17000 Vegan Dark Grey RG & Silver ¥14000 Vegan Grey & RG ¥14000
じわじわとブームになっている、大理石風のテラゾタイルを施したのが「TERRAZZO FLORALS(テラゾ フローラル)」。シックなホワイトやグレーのテラゾタイルに、手描きの花柄をプリントしています。お仕事にもデートにもお似合い♡

ほかにも、油絵の花柄や雪の結晶をプリントしたもの、ラメで宇宙を表現したクールなものなど、趣向を凝らした新作ばかり! あなたはどのウォッチで秋冬コーデを彩る?

▶︎▶︎『オリビア・バートン』公式通販ストアはこちら


関連記事
  • 人生でいちばん幸せな日には、自分を最高に輝かせてくれる一着を! 人気ドレスサロンの自信作を徹底リサーチ。あか抜けフェミニンをかなえる大人婚にフォーカスした王道ベストドレス&最新ニュース! MARIA LOVELACE(マリアラブレース) モードでラグジュアリー、かつ、日本女性に似合うスタイルを追求した歴史あるドレスサロン。エレガントなトータルコーディネートを提案してくれる。ドレス(レンタル)¥340000・(販売)¥530000/マリアラブレース(ラトリエマリアージュ)ブーケ¥35000〜/ル・ベスベ 30代花嫁に人気なのは、上質な素材を用い、シルエットの美しさがきわだつドレス。ミドルボリュームのプリンセスラインは、上品な可憐さをアピールするのにぴったり。トップにはフランス製のシャンテリーレースとチューリップ柄のコードリバーレースを組み合わせ、華やかななかにも優雅な品格が漂う。ウエストから広がるチュチュでスタイルもよく。ドレス(レンタル)¥340000・(販売)¥530000/マリアラブレース(ラトリエマリアージュ)ブーケ¥35000〜/ル・ベスベ 【SHOP DATA】上質なクラシックドレスから最新トレンドまで、今、着たいと思えるデザインをラインナップ。常時100着以上のドレスがそろい、コーディネートしやすいオリジナルアクセサリーも充実。代官山ヒルサイドテラスにあるガラス張りの店舗は自然光もたっぷり入り、試着したときに挙式当日のイメージがしやすい。東京都渋谷区猿楽町18の8 ヒルサイドテラス F-101 ☎03(3780)5380 営業時間:11時〜19時30分 ㊡水 LIVE LOVE LAUGH(リブラブラフ) 新郎新婦とゲスト、会場全体が幸せになる、そんな結婚式にまつわるすべてがそろうサロン。誰からも愛されるブライズスタイルは、甘さを抑えたリュクスな美ドレスがかなえてくれる。ドレス(レンタル)¥580000/リブラブラフ(アントニオ リーヴァ) 立体的で構築的なビッグスカートのシルエットはどこから見てもドラマチック。最高級のミカドシルクの輝きに加え、バックスタイルやリボンの甘すぎないデザインが大人な花嫁の心をくすぐる。予約が殺到したため、サロンで異例の複数買い付けを行ったというレジェンドを打ちたてたドレス。ドレス(レンタル)¥580000/リブラブラフ(アントニオ リーヴァ) 【SHOP DATA】“世界でいちばん「幸せ」が生まれる場所”をコンセプトに、横浜と東京に店舗を構える。ドレスのほかに和装も取りそろえ、ギフトサロンとフラワーサロンも併設。フラワーレッスンなど、花嫁に役立つイベントも多く開催している。「リブラブラフ表参道」東京都港区北青山3 の15の7 SUNODA Bldg.表参道 ☎03(3409)2233 営業時間:12時〜20時 土・日・祝9時〜19時 ㊡月・火(祝日の場合は営業) 撮影/土山大輔〈TRON〉 ヘア&メイク/野田智子(絵美里)、河嶋 希〈io〉(松島 花) スタイリスト/吉村友希 モデル/絵美里、松島 花 構成・原文/久保田梓美 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • ニットとシルバージュエリーは相性抜群! シルバージュエリーというと夏につけるもの?と思っていましたが、最近ニットに合わせてつけているお気に入りがこの2つ。 私のところへやって来るまでに、素敵な女性達の手で選ばれたものである…そんな背景も、ながく、大切に使いたいと思わせてくれます。 左は、先月開催された五明さん @gomyoyuko のマルシェで出会えたシルバーバングル。 1900年代前半のものだそう。 五明さんがロンドンで見つけて東京へ連れて帰ってきた、という素敵なストーリーの奥に、さらに重なる時間。心がときめきます。 花や葉を彫った細工に、スカラップ形の縁飾りが繊細なレースのようで、本当にかわいいんです 右は、ナバホ族の女性アーティストの作るリング。 SUNDAY MARCH 30というインディアンジュエリーショップのポップアップで、今年の初夏に出会いました。女性のセレクターの方が現地で選んだ、こちらも愛情や世界の広がりを感じるもの。 ターコイズジュエリーには、憧れと近寄りがたさを感じていたのですが、ハートを象ったミントグリーン色が勇気をくれました。この石はキングマンターコイズという鉱石だそうです 平日は時計をしているので、このバングルとの重ね付けは週末のお楽しみ。今日はブリックレッドのニットに合わせました。ベージュやブラウンなどこの冬着たい色との相性も、とても良さそうです ちなみに合わせたニットは、こちらも五明さんが、LEEマルシェの人気企画で今季セレクトしているトリコジーンマークの別注カーディガン。デニムなど定番カジュアルパンツがなんでも合わせやすくて、とびきり軽くて、ヘビロテ中です ミツコ . #LEE編集部のお買い物 #magazinelee #leeweb #leemarche . #sundaymarch30 #toricotsjeanmarc
  • 素敵な服をデザインする人のスタイルにはどんなスタンダードが隠されているのか? 長年積み重ねてきた私服の“定番”を大公開。 CASE:01 アクセサリーや靴に遊びを加えるパリ・ベーシック パリを拠点にするブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター、瀬谷慶子さん。自身のブランドを体現するような、パリらしい上品なベーシックスタイルに、エスニックな要素をミックスするのがマイ・スタンダードだという。1 飾らない色気を感じさせる瀬谷さん 「旅行するのが趣味で、旅先でついついエスニックなハンドメイドジュエリーやスカーフ(6)を買ってしまうんです。手持ちの服はシンプルな無地が多いので、旅先で買ったアクセサリーをアクセントにしたり、どこかしらにフェミニンな要素をプラスするのが定番ですね。アクセサリーは直感で、洋服は熟考して買うことが多いです」。瀬谷さんの言うフェミニンなスタイルとは、たとえば上質なカシミヤのタンクトップ(5)や、柔らかい素材のアイテムを選んでさりげない色気をプラスすること。アクセサリーもその重要なひとつで、タイの友人が作ったというハンドメイドジュエリーと、フィレンツェやコペンハーゲンで購入したというアンティークアクセサリー(7)が素敵にミックスされているのが瀬谷さんらしく印象的だ。「トレンドを意識しすぎるのは自分らしくない、だけどスタンダードすぎるとつまらない。だから、全身のバランスを考えるときは、靴が重要になってきます。シーズンごと、またその日の気分によって赤、シルバーなど靴を派手な色みにするんです。試行錯誤の結果、最近は、ベージュや白など薄い色みのもの(2)に落ち着きました」洋服自体は、20年くらい前から、流行に左右されずに使える普遍的なものを選ぶことが多くなったという。「そういう服は捨てずにとっておくし、しばらく着ていなかったけど、一周回ってまたヘビーローテーションすることもあります。最近は、ヴィンテージやメンズライクなアイテム(3・8)がレギュラー復帰の予感。ツィードやカシミヤ、上質な素材で仕立てのいいメンズジャケットなどを、女性らしい色気のあるアイテムとミックスしたいと思っています」 2 ジルサンダーのブーツ。「靴は白など薄い色みのものが好き。最近買ったものですが、長く愛せるスタンダードになりそう」3 5年ほど前に購入したルメールのメンズウールシャツ。「メンズでも素材や落ち感を吟味すれば着やすいです」4 毎シーズン、素材やカラー違いでリリースしているseya.のコート。ヤクウール100%、ダブルフェイス仕様の贅沢な一着5 「肌に直接触れるインナーは、カシミヤ素材を選ぶようにしています」。右はルイ・ヴィトン、左はseya.のもの6 2年ほど前にタイで購入したジム・トンプソンのスカーフ。「地味な色みの服が多いのでアクセントに重宝しています」7 バンコクのハンドメイドジュエリー。「ずっとつけていられるシンプルなものと、ちょっと変わった素材やデザインのものをミックスするのが自分の中のルールです」 8 マルジェラ時代のエルメスのウールパンツ。「素材のよさと落ち感に惹かれました。3シーズン使えて何にでもコーディネートしやすく気に入っています」 Profile Keiko Seya/瀬谷慶子2016年、パリを拠点にスタートしたブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター。毎シーズン、旅によって得たインスピレーションをコレクションで表現。洗練された上質なアイテムの数々が、高感度な大人の女性たちに支持されている。 CASE: 02 アティテュードある宝物を時を経ても愛用し続ける ニコラのキャリアは、ジュエリーデザインからスタートしただけあって、ワードローブにアクセサリーは欠かせないそう。「ジュエリー(10〜12)はヴィンテージや知り合いのデザイナーのものを中心に集めています。服をアクセサライズするのも好きなのでベルト(16)は欠かせません。ドレスやジャケットの上にベルトをして、フェミニンとマスキュリンのバランスを楽しんでいます」ケイト・スペードでデザインをするようになってから、今まであまり着ることのなかった色柄ものもスタンダードに加わったという。「遊び心のあるフラワーやアニマルプリントのドレス(9)が今の気分。一方で、10年以上愛用しているのは飽きの来ないソリッドカラーのもの。クロエのドレス(14)はデザイン、フレアの動き、ボタンのディテール、すべてが美しい至福の一着。グッチのパンツ(15)はしばらく着用しない期間があっても、必ず復活します」 いろんなものをたくさんというより、毎シーズン本当に好きなものを数点だけ買うほうがサステイナブルだと語るニコラ。年を重ねるごとに自分のワードローブをよく理解していくので、旬のトレンドアイテムも自然と上手にミックスできるようになるそう。「女優のヘレン・ミレンのように、年齢にこだわらずにアティテュードを持ってオシャレを楽しんでいる女性が素敵だと感じますね」9 パフスリーブドレスはケイト・スペードニューヨークの2019年秋冬から10 (右手)ケイト・スペード ニューヨークのリングとハチのモチーフリング(左手)夫からサプライズでプレゼントされたエンゲージメントリングは、英国人デザイナーMAEVONAによるもの。アンティークダイヤモンドがプリンセスカットされた唯一無二の美しいデザイン11 ショートカットに映えるイヤリングはNYのヴィンテージショップで購入12 ジュエリーデザイナー、ドロシー・ホッグはエディンバラ芸術大学時代の講師。「このリングはどんなスタイルにもマッチするお気に入り」13 10年以上メイクアップの定番は黒のアイライナー。愛用はシャネルのスティロ ユー ウォータープルーフ14 1970年代のカール・ラガーフェルドが手がけたクロエのドレスは一生物15 16年以上前に購入したトム・フォード時代のグッチのベルベットパンツは今でもスタメン16 (上)アライア、(下)ニコラがデザインしたマイケル・コースのベルト17 シーンを選ばないケイト・スペード ニューヨークのロミーサッチェルバッグ Profile Nicola Glass/ニコラ・グラスイギリス・北アイルランド出身。グッチ、マイケル・コースのアクセサリーデザイナーを経て、2019年春夏からケイト・スペード ニューヨークのクリエイティブ・ディレクターに。プレイフルなウェアやバッグを発表。 SOURCE:SPUR 2019年12月号「デザイナーたちの“マイ・スタンダード”の作り方」photography:Mari Shimmura(Keiko Seya) Emmy Park(Nicola Glass) interview & text:Mami Okamoto(Keiko Seya), Miko Uno(Nicola Glass)
  • アデルビジューの2020SSの展示会にお邪魔してきました♪ 先月、美女組仲良しのMacoちゃんと アデルビジューの新作展示会に お邪魔してきました♪ 今回は2020の春夏のコレクションなので アデルで人気の高いラタン素材のアクセサリーが 数多くありました!! 淡水パールとガラス石を 組み合わせた夏らしいラタンバングルと 定番のバールバングルを重ね付けすると こんな感じに♡ 細いタイプのバングルなので重ねても 相性抜群!! 他にも可愛いお花をデザインが付いた こちらは太めのラタンバングル!! 一つだけでかなり存在感がありますが、 夏のコーデの手元に映えること間違いなしです!! ラタンシリーズは他にも 綺麗な緑色の石がとても目を惹いた、 イヤリング、バングル、ネックレスとの 組み合わせになっているものなど 他にも多数♪♪ ラタンネックレスもシンプルな ロングワンピースに使ったら素敵だなと 思いました!! ラタンシリーズの他にも とっても可愛かったのがこちらの ヒトデとフリンジのピアス!! フリンジ部分には職人さんが一つ一つ 丁寧に付けたというパールが施され、 ピアスの方にとってもおススメ!! また来年の夏の楽しみが増えました♡ このアクセサリーを付けて、東京オリンピック 行けるかしら♪ チケット全く取れていませんが(笑) 一緒に展示会に伺ったMacoちゃんのブログはこちら♡アデルビジューHP!! 今日からホリデーコレクションも発売ですので 是非↑アデルビジューのHPもチェックしてみて 下さいね♪ 私がオーダーしたホリデーコレクションの アクセサリーもまたご紹介させてください!! 美女組No.90miwakoのブログ
  • パンツ派とスカート派、2人のLEEキャラクターが、 もしも12closetのアイテムで冬のワードローブを作るとしたら……? 着こなしはもちろん、実際に試着したからこそのリアルなコメントも必見です。 今回はスカート派の續池さんに選んでいただいた10着の着回しからご紹介!   週5スカート派が選ぶ冬の10着   LEEキャラクター續池恵里Eri Tsuzuike 7歳と5歳の女の子、3歳と0歳の男の子と、4人の子を持つママ。ワードローブは、コーデがはくだけでラクに決まるロングスカートやワンピースが中心で、定番カラーのワントーン配色が好み。身長163cm。   a プリーツギャザースカートロング丈(85cm) 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 「ツヤ感のある落ち着いた色合いなので、カジュアルアイテムを大人っぽく着こなしたいときにもぴったり!」。太ももあたりから枝分かれになる特殊加工のプリーツが、可憐な揺れ感を生む大ヒット作。   b ホールガーメントニット 12closet/【福田麻琴さんコラボ】ホールガーメントニット/¥13,000+税 「とにかく着心地抜群!前上がりの裾は、アウトしたままでもきれいだしインもしやすくて、色違いで揃えたら毎日着ちゃいそうです(笑)」。續池さんは旬感も着回し力もあるモカブラウンをセレクト。   c クルーネック リブプルオーバー 12closet/クルーネックリブプルオーバー/¥8,900+税 「ほどよい厚みのあるリブニットなので肉感を拾わないし、よーく伸びて柔らかい。羽織りやボトム、小物使いで印象が変わるベーシックさが気に入りました」。深いネイビーは、華奢見え効果もあります。   d スリット入りロングニット 12closet/【福田麻琴さんコラボ】スリット入りロングニット/¥15,000+税 「プリーツスカートに合わせたいと思い選びました。裾をインしなくても絵になるのがありがたい。細身のパンツでメリハリをつけても素敵ですね」。コーデ全体を優しく引き締めるブラック。   e アルパカニットボレロ 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税 「ゆったりとしつつも着丈が短めなので、ボトムとのバランスを気にしなくていい!はおるだけで、全体がぐんと優しい雰囲気になります」。ダスティなカラーをまとったアルパカ混ニットの風合いと、丸みを帯びたシルエットで大人の可愛げを。   f 大人のスウェットパーカ 12closet/【石上美津江さんコラボ】大人のスウェットパーカ/¥10,800+税 「こんな大人めに着られるパーカを探していました!プリーツスカートやチェスターコートなどきれいめアイテムと組み合わせたい」。オフホワイトに近い優しげなベージュは、顔映えもばっちり。   g ビッグシャツ 12closet/【石上美津江さんコラボ】ビッグシャツ/¥13,000+税 「きれいめにもカジュアルにも振れる、バンドカラーとゆったりした形がタイプです。ワントーン好きなので、黒パンツでカッコよく着こなしたい」。洗濯後、ノーアイロンで着られるタイプライター生地。   h ベルト付きワンピース 12closet/ベルト付きワンピース/¥18,000+税 やや詰まりぎみのラウンドネックや袖口にギャザーを寄せ、ニュアンスを出したミモレ丈のAライン。共布ベルトを締めると優しいメリハリがつき、きれいめ感がアップ。生地は上品な光沢と吸湿・放湿性に優れたキュプラ混のコットンで、ざっくりカーデやニットを重ねてもさらりとした着心地です。カラーは幅広いシーン&通年で着られるよう上品なベージュとネイビー。スカートタイプのペチコート付きです。   i ウエストゴム ストレッチテーパードパンツ 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税 「ウエストから太ももにかけて余裕があり、快適です。パンツはアクティブに動き回る日にはくことが多いのですが、これはセミフォーマルなシーンにも重宝しそうですね」。機能美にスカート派も大満足!   j チェック柄ストレッチパンツ 12closet/チェック柄ストレッチパンツ/¥14,500+税 黒×グレーのベースにマスタードイエローをきかせたタータンチェック柄。両サイド部分にゴムを入れたやや高め位置のウエストから太ももまではゆとりを持たせ、ひざ下からスッと細くなるテーパードが、無理なく美脚を叶えます。肉感を拾わない適度な厚みの裏起毛生地は、ストレッチ性とキックバッグに優れ、急にしゃがんでも、ダッシュをしても着用ストレスとは無縁! おしゃれな存在感、美脚効果、快適さと保温性。すべてをバランスよく備えた自信作です。   やること満載な週の始まりは、 即決まる無敵ニットとプリーツが頼り! day 1  a+b 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【福田麻琴さんコラボ】ホールガーメントニット/¥13,000+税   「スタイリスト福田さんの"無敵ニット"は本当に着るだけで決まる!」。全方位、どこから見てもきれいな形。ツヤと揺れ感のあるスカートとなら手抜き感なし。   子どもの習い事の送迎は、 洗練感のある黒のワントーンカジュアルに day 2  g+i 12closet/【石上美津江さんコラボ】ビッグシャツ/¥13,000+税 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税   シャツもパンツもほんのり光沢があるので、上下を黒でまとめてもどこか軽やか。パンプス&きれいめバッグならよそゆき仕様に。「オーバーサイズのコートをはおってもすっきり見えますね!」     着こなし全体が明るく、 優しくなるピンクのボレロをはおって友人宅へ day 3  a+e 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税   「淡いトーンのピンクって、実は冒険カラーでしたが、実際に着てみると大人にちょうどいい甘さ。さらに着慣れた白Tやスカートとならしっくり」。カジュアル小物ではずすとこなれ感も!     車移動の日はよく伸びてきちんと戻る、 ノーストレスなリブニット&チェックパンツが活躍 day 4  c+j 12closet/クルーネックリブプルオーバー/¥8,900+税 12closet/チェック柄ストレッチパンツ/¥14,500+税   チェック柄のパンツはストレッチがきいて想像以上の着心地のよさを発揮。「長時間運転する日もこれならラクだし、シワになりにくく優秀!」     パーカとプリーツスカートのカジュアルMIXで、 家族みんなでスポーツ観戦! day 5  a+f 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【石上美津江さんコラボ】大人のスウェットパーカ/¥10,800+税   パーカをきれいめに、スカートをヘルシーに。互いの新たな魅力を引き立て合う組み合わせ。「顔まわりを包み込むフードのボリュームがしゃれて見えます。このコートも使えますね!」     ワンピースにボレロをさらり。 小物で華やぎを足し夫とデート day 6  e+h 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税 12closet/ベルト付きワンピース/¥18,000+税   「ブラウンとベージュの上品な配色は小物使いも映えて、おめかししたい日にぴったり」。ワンピは共布ベルトを締めてメリハリをつけ、さりげなく腰高見えを狙って。     友人とのランチは “長いもの同士”のワン・ツーで旬感を day 7  a+d 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【福田麻琴さんコラボ】スリット入りロングニット/¥15,000+税   深いサイドスリットで抜け感を作り、黒でまとめた足元にあえて重さを出したこなれ感たっぷりの着こなしで、一目置かれる存在感を。「チュニック丈のニットとプリーツスカートの組み合わせは、私にとって初めてのバランス。早速実践してみようと思います」   いかがでしたか!? 大変参考になる着回し7daysの特集は下記からもご覧いただけます!   前回の【パンツ派】LEEキャラクター小山さんの着回し7daysは下記からご覧いただけます!   LEE最新号は下記からもご覧いただけます!
  • コートを着ているときも脱いだときも素敵でいられるコーデをご紹介。淡色の「リバーコート」を着るなら、ワントーンコーデがおすすめ。クリーミーなホワイト、アイシーなグレー、今季旬のラテカラーなど、それぞれのカラーごとに鉄板コーディネートを組んでみました。 THIRD MAGAZINE[サード マガジン]の淡色リバーコート オールホワイトが上品にまとまるこだわりのクリーミートーン 思い切って全身にまとうことでリッチに仕上がる冬の白。まろやかなトーンでしっとりと。上質なウールの質感もきわだつ。 コートを脱いだら コート(ストールつき)¥92000/サード マガジン ニット¥36000/スローン スカート¥29000/ebure ピアス¥12500/ビヨンクール 大阪高島屋店(ガス ビジュー) ブレスレット¥9000/フォーティーン ショールーム(イン ムード) バッグ¥44000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ペリーコ) 靴¥24000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) STATE OF MIND[ステートオブマインド]の淡色リバーコート 明度の高いアイボリーが軽やかに映えコンサバすぎない旬のベージュコーデに 大人びた上下ベージュのパンツルックをフレッシュに導くのが、明るめアイボリーの襟つきコート。歩いてなびくしなやかな素材感や肩ひじ張らず着流せるデザインで、オンの日にぴったりの気張らないきれいめスタイルを楽しんで。 コートを脱いだら コート¥34000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ニット¥21000/ロンハーマン パンツ¥19000/アダム エ ロペ ピアス¥37000/UTS PR(ルフェール) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥67000/アマン(エレメ) 靴¥12778/アテニア BEAMS LIGHTS[ビームス ライツ]の淡色リバーコート アイシーなグレーを基調にすればフェミニンさも大人のさじ加減に アイスグレーと相性のよいブルーをなじませてさわやかに。レースの質感で女っぽさも上々。 コートを脱いだら コート¥42000/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ) ニット¥25000/スローン スカート¥78000/サード マガジン ピアス¥55000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 時計¥26000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥148000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥700/タビオ(靴下屋) 靴¥45000/アナトリエ ミュゼ プリヴェアトレ恵比寿店(バルダン) FRAY I.D[フレイ アイディー]の淡色リバーコート 白とベージュのまろやかなラテカラーでやさしい女らしさをまとって コートの上品さを引き立てる、やさしげベージュのワントーン。きちんと感強めのシャツ×パンツのコンビも、色の効果と顔立ちをやさしく見せるノーカラーで柔和な雰囲気に。話しかけやすいオーラに包まれて。 コートを脱いだら コート¥31000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ブラウス¥32000/ebure パンツ¥26000/ロンハーマン ピアス¥23000(アンセム フォー ザ センセズ)・靴¥51000(ペリーコ)/アマン バッグ¥57000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) 撮影/谷田政史〈CaNN〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/大平典子 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • ヘア&メイク長井かおりさんが、誰でも簡単に真似できる新しい眉メイク術を教えてくれました。使うのは淡グレー&淡ブラウン2色のアイブロウパウダーと、今月号の付録「天才眉ブラシ」。難しい工程はいっさいないのに、毛があるかのような自然な眉に仕上がるんです。 【左右同時進行で描くのが鉄則!】 A:毛があってほしいのにない、すき間にグレーをトントン B:眉頭と眉じりの[美人ポイント]にグレーをちょい足し C:A、Bでできたフレームに明るいブラウンを塗り絵の要領で色づけ “あったらいいな”は つまりA+B ここに毛があったはず、という気になるすき間や欠け、毛の薄さ、生えていたら美人度が上がる眉頭下と眉じり横のこと 【用意するもの】 付録の眉ブラシ、毛になりすますグレーパウダーと明るめのブラウンパウダーをスタンバイ。ブラウンは手持ちパレットの明るい色を使うのもおすすめ。 BAILA12月号付録の眉ブラシ(詳しい紹介はこちら) 淡グレー今回使ったのはナチュラグラッセ アイブロウパウダー 01 ¥3200/ネイチャーズウェイ 淡ブラウンケイト デザイニングアイブロウ3D EX- 4 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品(限定発売) 【事前にすること】 スクリューブラシを曲げるスクリューブラシ側を、斜め45度に曲げておく。こうすると、眉のカーブにぴたりと添って、小回りもきく 事前に毛流れを整えておく自分の眉をチェックする前と描く前に、かるくスクリューブラシで毛流れをとかしておくと、毛のない地帯が明らかに 【眉メイクスタート!】 1.眉毛が欲しい箇所にグレーを立て置き 両眉を鏡で見て、眉毛があったらいいと思う箇所を確認。グレーパウダーをブラシにとり、ブラシを立てて、毛の欲しい箇所にトントンと置く 2.美人ポイントの眉頭下に毛を足す 眉頭から鼻すじに向かって、グレーのパウダーをトントンと置いてここにも疑似毛を。それだけで一気に立体感が生まれ、メリハリのある顔立ちに 3.眉じりの外側にも足して、美人度アップ グレーのパウダーをとり、ブラシを立てて使う。眉じりのカーブの角度と平行に、外側に向かってほんの少しずらしつつブラシを3 本分置いていく 4.明るいパウダーでグレーをやわらげる この段階では、眉毛は生えても髪色とズレていて違和感が。そこで明るいブラウンパウダーの登場。この明るさがグレーと混ざるとなじむのがツボ 5.寝かせ塗りで全体を明るく染める 明るめのパウダーをとったブラシを横に寝かし、眉のフレーム内をペタペタと塗りつぶしていく。“塗り方”を気にせず、ただ全体を塗るだけでOK 6.引いて見て眉毛が欲しい箇所に足す 眉に色をのせきった時点で、鏡で眉全体を確認。ここでもう少し“あったらいいな”部分が見えてきたら、1→5を少しずつ繰り返して微調整を 7.スクリューブラシで2色をミックス スクリューブラシを眉頭から眉じりに向かって地肌にZを描くように、小刻みに押しあてていく。グレーと明るいブラウンが混ざり合い、なじむ FINISH! 8.しっくりくる美人眉の完成! 1~7までの工程は、右を仕上げてから左、ではなく、左右同時進行で行うのが大切。置くだけ塗るだけの簡単さで、美人度アップの眉が完成! ワンピース¥27200/シップス プライマリーネイビーレーベル イヤリング¥32700/シップス 有楽町店(ファリス) 撮影/押尾健太郎(人)、久々江満(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/内堀悠香(人) モデル/宮本茉由 取材・原文/中島 彩 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • 働く女子のためのクリスマスコフレ品評会のぼり坂OLコスメ委員会が「絶対に使える限定色コスメ」をガチ買い&お試し! 特別なパッケージに身を包んだホリデー限定色の数々。みんなのウィッシュリスト入りを果たしたリップはこちら!Visée (11/16発売)コーセー(ヴィセ リシェ)/グラマラスモード アイパレット BR-2¥2000(価格は編集部調べ)[パレット(アイシャドウ8色)]くすみカラーをテーマに、右4色は秋冬らしいオレンジやブラウン、左4色は自然な陰影をつくれるヌードカラーをセット。「ブラウンやアッシュだけでメイクしても暗い印象にならず、しゃれ見え◎」(若元さん)のぼり坂OLコスメ委員会がお試し!旬のくすみトーンがそろってて、定番のベージュ系メイクもあか抜けて見えます。中央のオレンジを上まぶたにふわっと広げると華やかさアップADDICTION (発売中)アディクション ビューティ/コンパクトアディクション “パーティタッチ” 002¥7800[パレット(アイシャドウ8色)]うっとりするような美しいルビーの彩りを詰め込んだパレット。「色によってパールの大きさが異なり、組み合わせ次第で可愛らしくも色っぽくもなれる♡ お出かけが楽しみに」(遠藤さん)のぼり坂OLコスメ委員会がお試し!ハッとするような赤み系のパレットだけど、モーヴやブラウン系のピンクがきちんとバランスをとってくれる。オフの日は赤を主張させたいコフレの応募者プレゼント実施中!パソコン、スマートフォンからのみ応募可能(フィーチャーフォン、郵便はがきからは応募できません)。締切りは11月28日(木)0時。『ヴィセ』の当選人数は3名、『アディクション』の当選人数は1名。ほかのコフレのプレゼント情報など、詳細は以下をチェック♪▶︎▶︎プレゼント応募はこちらOL向けコスメをリアルな声でお届け! 「のぼり坂OLコスメ委員会」発足♡ の記事はこちら>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 構成・原文/井上ハナエ 撮影/齊藤晴香 富田 恵(人物) 久々江 満(製品) ※商品はすべて限定発売品です
関連キーワード

RECOMMEND