記憶と時間と愛についての物語、レイチェル・コン著『さようなら、ビタミン』。谷口菜津子著『彼女と彼氏の明るい未来』など【オススメ☆BOOK】

DAILY MORE

最近発売された話題の本や永遠に愛される名作などから、キーワードに沿った2冊のイチ押し&3冊のおすすめBOOKをご紹介します。

【今月のキーワード】記憶と時間と愛についての物語

30歳のクリスマスにルースは実家へ帰る。父はアルツハイマー病に、母と弟は過去の父の不実に、ルース自身は婚約者との別れに悩まされていて、彼らの日常は重いリアリティに縁取られている。それなのに! ルースの日記という形で進む物語の、どこまでも軽い口語体のユーモアと爽やかさ、風に吹かれても消えないともしびのような小さな明るさに驚かされる。30、40、50年と生きてきた父の時間が、記憶と一緒にぽろりぽろりとこぼれ落ちていく。その記憶を補填するように、ルースは日記をつけ、時折そこに父の古い日記がはさまって時間が並走し始める。そしてある日、日記から日付が消失して《パパ》は《あなた》になる。娘は書く。《私はこうやって、あなたの代わりに、日々の瞬間を集めている》。父が幼き娘の言葉を記録したように。1年の間に、父と娘、家族の関係は交錯したりにじんだり反転したり砕けそうになったりもする。それでも、ささやかな記憶と記録の断片が彼らを結びつけて、やがて再びクリスマスがやってくる。家族って、こんなにもやわらく危なっかしくて愛おしい。

【イチ押しBOOK1】レイチェル・コン、〈訳〉金子ゆき子の『さようなら、ビタミン』

大学教授だった父がアルツハイマー病になり、介護のため実家へ戻ったルース。失恋したり、父のために偽ものの授業を開講したり、親友と飲みすぎたり、ドライブしたり、食用クラゲを買ったり。1年間の日記形式でつづられる、温かな家族小説。(集英社 ¥1900)

【イチ押しBOOK2】谷口菜津子の『彼女と彼氏の明るい未来』①

記憶と時間をめぐるもうひとつの物語は、理性と欲望がせめぎあう、ブラックだけどピンク色のラブコメディ『彼女と彼氏の明るい未来』。彼女の過去の恋愛(というか性体験)が気になるいっくんと可愛すぎるゆきかちゃん。幸せだったはずの日々が妄想で揺らぎ、VRタイムマシーンで巻き戻される。“誰かのことを強く強く想う”ことを描き続ける漫画家・谷口菜津子だからこそ描ける、ポップで可愛いだけじゃない愛の形に共振する。

28歳同士の同棲カップルの幸せな日常に落ちる影——それは、最高すぎる彼女にかけられた「ヤリマン疑惑」。ネガティブ全開な彼氏は、目の前にあるものこそ真実だ! と過去を投げ捨て、幸せを守りきれるのか!? (KADOKAWA ¥720)

『この橋をわたって』『また旅。』『セミ』【オススメBOOKはこの3冊】

『この橋をわたって』/新井素子
星新一に激賞されたデビューから42年。長い作家生活の中でも珍しい短編やショートショートなど8編を収めた最新作品集。猫、AI、増えるケーキなど、日常のすぐ隣にある不思議が、軽やかな口語体で描かれる。(新潮社 ¥1500)
『また旅。』/ 岡本 仁
旅の行き先は日本のあちこち23カ所。長崎でたこを作り、旭川で熊を思い、京都で“珈琲倒れ”をし、新潟で自転車に乗る。早朝には散歩をする。生活と旅が重なって発見と出会いを鮮やかに定着させる。(京阪神エルマガジン社 ¥1800)
『セミ』/ショーン・タン 〈訳〉岸本佐知子
泣いているのか笑っているのか、《トゥクトゥクトゥク》。灰色の空間でスーツを着込み、働き続けて17年。ついにやってきた別れの日。上へ、上へとのぼっていくセミの姿に、幸せの意味を考えさせられる。(河出書房新社 ¥1800)




原文/鳥澤 光

関連記事
  • 会議室はいつも寒い…。ニットを重ね着して長時間のミーティングに備えよう 掃除機のサンプルを傍らに、ああでもないこうでもないと大討論会が勃発! なぜか暖房が効きづらい会議室だけれど、重ね着で防寒対策は万全に。ニットONニットがトレンドの今季、ゆったりシルエットのモヘアニットは薄手タートルニットの上にも重ね着できて重宝。女っぽく華やかでランダムプリーツスカートを合わせて、可愛く&ラクチンを両立したのもポイント。会議は難航したけれど、最終的にいい案が出てよかった! さて、今から今日の分のデスクワークを片付けなきゃ。 ニット¥16500/ノーク タートルニット¥49000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) スカート¥15000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) リング¥7400/サイクロ バッグ¥12500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 靴¥48000/アマン(ペリーコ) タイツ/11月号付録 【今月のPROFILE】家電メーカーの企画開発部勤務・絵美里アプリ企画部でデータ分析や開発を担当。内勤ながら、ときに対外的な仕事も手がけ、女らしい好印象スタイルを心がける。趣味は落語。彼氏あり。   明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 【本命コート&ニット】白タートルニット白のベーシックなハイネック。カシミア混のなめらかさが魅力。どんなアイテムとも相性抜群。¥49000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 【本命コート&ニット】ゆるニットゆるっと体が泳ぐビッグシルエット&ふわふわのモヘア。羽織ったり重ねたりと重宝! 甘め派はグレーニットも可愛げあるものを。¥16500/ノーク 【ベーシックアイテム】プリーツスカート光沢生地&軽やかなランダムプリーツは、冬にこそ効果的。スカート¥15000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/川上さやか モデル/絵美里 取材・原文/東原妙子 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵
  • 10月は、年末に限定発売されるクリスマスコフレ&限定色を特集! 今回も、エクラ世代の美容愛好家・野毛まゆりとビューティライター北林道子が、ワクワクしながら美肌をかなえる、大人にとって「コスパ最高!」のスキンケアコフレをご紹介します。すでに予約を開始しているものもあり、気になるものは予約がベターです!「試す価値大の「人気商品」現品+ミニサイズのセットが狙い目!」(野毛)話題の”ハイパフォーマンス”乳液をラインで試せる豪華なコフレ!「初めて使ったとき『すごい乳液が出た!』と驚いたくらいパフォーマンスの高い『プロディジー CEL グロウ エッセンス エマルジョン』(現品)に、同じシリーズの化粧水、クリーム、アイクリームのミニサイズとポーチがセットになったコフレ。すべて現品で揃えると¥100,000は下らない『プロディジー CEL グロウ』をラインで試せるのは、このシーズンならではの贅沢です。乳液は、これまでの乳液の概念をくつがえすほどのハリ&ツヤ効果で、乾燥の気になる冬の肌の底上げに最適! ふっくらやわらかいのにベタつかないテクスチャーも魅力です」(野毛)プロディジー CEL グロウ クリスマス キット <セット内容>プロディジー CEL グロウ エッセンス エマルジョン 50ml(現品) ・同 エッセンス ローション 30ml・同 アイ 3g・同 クリーム 15g・ポーチ¥38,000 /ヘレナ ルビンスタイン 2019年11月29日限定発売ヘレナ ルビンスタインの公式サイトはこちら人気のオイル+シスレーのスターアイテム勢揃い! 「発売当初から大人気の『ブラックローズ プレシャス オイル』(現品)を中心に、スターアイテムばかりを集めたコスパ最高のコフレ。オイルは、うっとりする香りとテクスチャー、心まで癒されるようなうるおい&ハリ効果が素晴らしく、基本的にオイルが苦手な私も夢中になった逸品。ポーチもサイズ違いで2つついているので、年末年始の旅行にも大活躍してくれそうです」(野毛)ブラックローズ オイル キット <セット内容>ブラックローズ プレシャス オイル 25ml(現品)・エコロジカル コムバウンド 4ml・ブラックローズ スキン クリーム 10ml・同 クリーム マスク 10ml・イジィア(オードゥパルファン) 1.4ml・ポーチ2種¥22,000/シスレージャパン 2019年11月1日限定発売シスレーの公式サイトはこちら「肌も心も満たす”香り”を選んで、多忙な年末を穏やかに過ごす」 (北林)オーガニックの自然な香りで、肌も心も癒される至福!「香料の中でもっとも古い歴史をもつと言われている『フランキンセンス』の香りのシリーズ5品+ポーチのコフレ。クレンジング、化粧水、オイル、クリームと、スキンケアがフルラインで揃っているだけでなく、全身用のオードパルファンもセット。さらに98%オーガニック成分のオイルとロングセラーのクリームは現品なので、冬の間、ずっと穏やかな香りが楽しめます。フランキンセンスは、フレッシュでありながらどこか暖かく、深く深呼吸したくなるような香り。疲れも忘れ、肌と心が落ち着く感じです」(北林)。 フランキンセンス スパークルコレクション <セット内容>オードパルファン フランキンセンス 8ml・フランキンセンス クレンジングクリーム 50g・同 ウォータ 100ml・同ハイドレイティングクリーム 50g(現品) ・同フェイシャルオイル 30ml(現品) ・ポーチ¥16,800/ニールズヤード レメディーズ 2019年11月1日限定発売ニールズヤード レメディーズの公式サイトはこちらさまざまなアイテムと香りを楽しめる、スキン&ボディケアカレンダー「バスソルト、シャワーオイル、ソープ、フェイスポリッシャー、ハンドクリーム、ボディローション、そして一番人気のボディスクラブ……。アイテムが盛りだくさんなだけでなく、ジャスミンやラベンダー、ローズ、バニラと香りもさまざまで、『楽しめる』、『ワクワクする』という点では無敵のアドベントカレンダー。SABONの香りはどれもクセがなく、万人に好かれるトーンなので、ボディケアでほんのり香りを楽しみたい人にもオススメです!」(北林)アドベントカレンダー <セット内容>シャワーオイル ラベンダー・アップル(チューブ)30ml・ハンドクリーム デリケート・ジャスミン30ml・ボディスクラブ グリーン・ローズ(ジャー)60g・ミネラルパウダー パチュリー・ラベンダー・ローズ30g・ファブリックミスト リネン50mlほか、ミニプロダクト全24種。 ¥15,000/SABON(サボン) 2019年11月21日限定発売SABON(サボン)の公式サイトはこちら 美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。 美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。 「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。
  • ポール & ジョーは今年もアドベントカレンダー型のクリスマスコフレを発売。昨年よりさらに大きくなって、中身もいっそう充実! メイクアップにスキンケア、ボディケアにポーチまで全24品が収められています。今年で第3弾となるポール & ジョーのアドベントカレンダータイプのクリスマスコフレ。2019年版は前年を超えるスケールでお目見えします。まず、ボックスのサイズからして史上最大。横幅が約50cm! この写真も、椅子の上から撮りました(笑)。それくらいビッグサイズなんです。シンボルモチーフのクリザンテーム(西洋菊の一種)とともに、今回もデザイナー・ソフィーの愛猫2匹が佇んでいるのがチャーミング。クリスマスコフレらしく、ヒイラギも見えますね。で、気になる主要ラインアップはこちら。全部並べきれなかったのですが、目玉アイテムを選りすぐってご紹介しますね。ポール & ジョーといえば!のキャットモチーフを含め、ファン垂涎のアニマルモチーフは今年も大充実。スワンにミツバチ、ワンコに馬!アンティーク感漂うタイガーモチーフのポーチもセットイン。なんとこれ、裏が純白のボアになっているんです。幅16cm×高さ14cmとサイズもコスメポーチとして申し分なし。リップ トリートメント バームは、パッケージにリンクして香りもジンジャー&ハニーのリミテッドバージョン。リップメイクの映えるボリューミィな唇に整えてくれます。猫リップも入ってます! こちらはシルバー&ブルーの大粒な煌めきで、唇に雪のように儚い輝きをもたらすホリディ気分満点の1色。寒牡丹柄の限定リップスティックケースに合わせてみました。リップカラーはもうひとつ、“雪に映える”真っ赤な猫リップもどこかに隠れていますよ。冷たく張り詰めた空気の中で咲き誇る、寒牡丹のウォーミィピンクをそのまま落とし込んだようなチークも発見。冬空に映えるあたたかな血色感を演出してくれます。このほかに、冬らしい深みと輝きを備えたバイオレット&ブラウンのアイカラーも入っていますのでお楽しみに!スキンケアもクレンジングにローション、などなど勢ぞろい。私の大好きなこちらも入っていました! 樹齢100年以上の木から穫れたオリーブなどを用いた植物由来100%のフェイシャルオイル。一気にもち肌を養成してくれる逸品中の逸品です。これは冬肌に嬉しい贈り物!あまり見せちゃうのはもったいないけど、最後にもうひとつだけ紹介させてください! ロングセラーのファンデーション プライマーも2種。とくに、こちらのスパークリング ファンデーション プライマー 001に惚れました。大小2種のゴールドパールがチラチラ輝く下地、これもクリスマスシーズンのメイクにぴったり! アドベントカレンダーのように毎日扉を開いて楽しめば、12/24のクリスマスイヴにはフルメイク、いえ、全身ドレスアップできるアイテムがそろうスペシャルコレクション。10月18日(金)から予約受付開始とのことなので、ぜひお忘れなく!ポール & ジョー メイクアップ コレクション 2019 ¥13000/ポール & ジョー ボーテ<11月1日(金)限定発売>●「ポール & ジョー ボーテ」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • アイロニカルかつ不気味な世界観と、繊細なモノクロームの線画で多くのファンを持つアメリカの絵本作家、エドワード・ゴーリーの展覧会「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」が、東京・練馬区立美術館で開催中だ。 『不幸な子供』1961年 挿絵・原画 ペン・インク・紙 エドワード・ゴーリー公益信託 ©️2010 The Edward Gorey Charitable Trust『不幸な子供』『うろんな客』などの絵本の邦訳版が2000年代に入って次々と出版されたことにより、日本での人気も高まっているゴーリーは、1925年シカゴ生まれ。少年時代より読書好きで天才少年として知られていた彼は、17歳で徴兵されると、その保留期間の間に名門シカゴ・アート・インスティチュートで美術を学ぶ。その後、従軍により一時学業を中断したものの、終戦後にはハーバード大学でフランス文学を専攻。ハーバード時代に美術や文学のみならず、歌舞伎やバレエなどの舞台美術や、地域の芸術など、さまざまな分野に興味の対象を広げ、造詣を深めたという。彼の作品が最初に出版物に登場したのは’50年のこと。’53年には大手出版社ダブルデイの専属アーティストとして、ペーパーバック部門でカバーや挿絵を手がけるように。同年、『弦のないハープ または、イアブラス氏小説を書く。』で絵本作家としてデビュー。グラフィックノベルの先駆けとも評されるこの作品は、『第三の男』などで知られるイギリスの小説家グレアム・グリーンらによって絶賛され、ゴーリーは一躍注目の存在に。その後、アーティストとしてルッキング・グラス・ライブラリー社に移籍するが、’62年に独立している。   『うろんな客』1957年 挿絵・原画 ペン・インク・紙 エドワード・ゴーリー公益信託 ©️2010 The Edward Gorey Charitable Trust’72年には最初のアンソロジー本『Amphigorey』が出版され、ニューヨーク・タイムズのブックレビューにおいて「今年注目すべき5冊のアートブック」に選ばれるなど、大きな評判に。’78年にはブロードウェイの舞台『ドラキュラ』のセットと衣裳デザインを担当し、トニー賞を受賞している。その翌年の’79年にゴーリーがマサチューセッツ州ケープコッドに購入した築200年の館は、彼が2000年に亡くなった後、「ザ・エドワード・ゴーリー・ハウス」として一般公開。現在も世界中からゴーリーのファンが訪れている。彼の作品の特徴は、なんといってもモノクロームの繊細な線画と、独特の韻を踏んだ文章。そして何より、不条理で時に残酷な世界観にある。その唯一無二のゴーリー・ワールドに魅了された人物には、シュルレアリストのマックス・エルンストや、映画監督のティム・バートンなども。ゴーリー自身が幅広いジャンルの仕事を行っていたように、彼の芸術は様々な分野のアーティストたちに強い影響を与えている。本展は世界巡回の原画展の一環で、2016年より日本全国各地で巡回。原画に資料や書籍などを加えた約350点からゴーリーの世界観を紹介するというもの。ゴーリーの絵本作品をもっと楽しむためにも、ぜひ足を運んでみて。 エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 会期:〜2019年11月24日(日)会場:練馬区立美術館(東京都練馬区貫井1-36-16)時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)休館日:月曜(祝日・休日は開館、 翌火曜は休館)料金:一般¥1,000、高校・大学生および65~74歳¥800、中学生以下および75歳以上無料 ※要年齢確認証※障害者手帳等持参の場合:一般¥500、高校・大学生¥400(介添者1名まで障害者料金で観覧可能)、ぐるっとパス利用者:¥500(年齢などによる割引の適用外)03-3577-1821https://www.neribun.or.jp/museum.htmltext : Shiyo Yamashita
  • 新作ドリンク2種、11/1(金)から12/25(水)までの限定みんな大好きタリーズから、11/1(金)よりホリデーシーズンのメニューが期間限定で登場! 今年もいよいよクリスマスの気配が近づいてきたんですね……(しみじみ)。今回は、昨年も大人気だった“飲むティラミス”こと「マスカルポーネティラミスラテ」と、初登場の「&TEA ピーチメルバロイヤルミルクティー」の2種類♡(左)「マスカルポーネティラミスラテ」(Short ¥470、Tall ¥520、Grande ¥570)、(右)「&TEA ピーチメルバロイヤルミルクティー」(Short ¥480、Tall ¥530、Grande ¥580)「マスカルポーネティラミスラテ」 は、“ティラミス”をモチーフにしたカフェラテ。濃厚なカフェラテの中にはティラミスシロップが入っているそう。トッピングには、これまた濃厚なマスカルポーネシロップとココアパウダー、フリーズドライストロベリーがON♡ 今年も飲むティラミスで乾杯しちゃおう! また、初登場の「&TEA ピーチメルバロイヤルミルクティー」は、イギリス生まれのデザート「ピーチメルバ」からインスパイアされた桃香るロイヤルミルクティー。トッピングの桃のコンポートとラズベリーソースが、味わいのアクセントになっているとか。※「ピーチメルバ」とは、バニラアイスクリームに桃のコンポートをのせて木苺ソースをかけたものです。さらに、カップも華やかなホリデー仕様に♡ Shortは青、Tall以上は赤のカップで色が異なります(画像はTall)。思わず写真を撮りたくなるデザインにも大注目♬▶▶『タリーズコーヒー』公式サイトはこちらから 文/矢野愛
  • 鈴木亮平さんといえば、頼もしくて大らかで、優しくて誠実なイメージ。ところが新作映画『ひとよ』では、それとは全く違う役柄を演じきっている。いったいどんな思いで、どんな役作りを経て、新境地に臨んだのだろう?インタビュー中の彼はもちろん、笑顔の似合うナイスガイ。身体に関する深ーい話も飛び出して・・・・。撮影/宅間國博 ヘア&メイク/森泉謙治 スタイリスト/徳永貴士 取材・文/岡本麻佑鈴木亮平さんProfileすずき・りょうへい●1983年3月29日、兵庫県生まれ。2007年『椿三十郎』で映画デビュー。NHK連続テレビ小説『花子とアン』(14)でヒロインの夫役を演じ、第39回エランドール賞新人賞受賞。主な出演作に『HK/変態仮面』(13)、『TOKYO TRIBE』(14)、『俺物語!!』(15)、『羊と鋼の森』(18)などがある。NHK大河ドラマ『西郷どん』(18)では主演を務めた。公開待機作に『燃えよ剣』(20年公開予定)がある。猫背で演じた〈内向的な男〉出演する作品ごとに、いつも新しい顔を見せてくれる鈴木亮平さん。11月8日公開の映画『ひとよ』ではまたひとつ、新鮮な役どころに挑戦している。『西郷どん』の西郷さんや『花子とアン』の優しい夫とは全然違う、鬱屈を抱えて内向的に生きる男を演じているのだ。「僕はいつも、やったことのない役というのを探しているんです。そのほうがやり甲斐がある、と思うんですよ。ただ、今回のような役をいただく機会は、今までなかなかありませんでした。この作品で、鈴木にこの役をやらせてみたい、と思ってくださったスタッフに、感謝しています」物語は、かなりシリアス。ある夜、母親が、暴力をふるう夫を殺してしまう。3人の子どもたちを守るため、子どもたちの未来のため、追い詰められ、思い余っての行動だった。そのまま母は自首して刑に服し、15年後、戻ってくる。残された子どもたちはその日以来、心の傷を抱え、望んだ未来にたどりつけないまま大人になっていた・・・。「僕が演じた長男の稲村大樹は、吃音を持ち、コミュニケーションを取るのが苦手で、しかも母親が犯罪者になったおかげで、自分を隠すように生きてきたんです。世間の視線が怖いし、自分からは何も発信しない。自分の中に思いを溜め込んで溜め込んで生きている。それでいて、自分が結婚して作った家庭で夫婦関係がうまくいかず、自己嫌悪が渦巻いている。どうしようもない状況なんです」暗い表情で口を閉ざし、下を向いたまま生きている男・大樹を、鈴木さんはていねいに、真摯に演じた。「わかりやすい演技をする必要のない役だと思ったので、思いを込めて、観た人はきっとわかってくれると、観客のみなさんを信じて演じました。白石和彌監督とは初めてご一緒したのですが、現場は穏やかで平和的な空気だったのに、できあがった作品には緊張感があって、飽きさせない。すごくパワフルな、素晴らしい作品になったと思います!」今までどんな役を演じるときにも、気持ちだけでなく身体ごと役作りをしてきた鈴木さん、今回はいったいどんな身体で臨んだのだろう?「『西郷どん』でだいぶ身体が大きくなっていたのですが、『西郷どん』を撮り終えてからこの作品の撮影が始まるまでに半年ほどあったので、ほぼ標準体重に戻しました。意識したのは、猫背になることです。もともと身体がデカイと猫背になりがちですし、人目につきたくないときは僕もかなり猫背になります(笑)。この大樹はその上、母親の事件もあり、かなりコンプレックスが強い人だと思うので、絶対に猫背になると思ったんです」映画『HK/変態仮面』(13)や舞台『ライ王のテラス』(16)では惜しげもなく見事な筋肉美をさらし、TVドラマ『天皇の料理番』(15)では病弱な役を演じるために体重を20キロ落とし、直後に撮った映画『俺物語!!』(15)では巨漢の高校生を演じるために30キロ増量。『西郷どん』(18)でも立派な体格を作り上げた。徹底した役者魂でさまざまな体格を作り上げてきたからこそ、わかったことがあるという。「体型は、性格に影響すると思うんです。社会の中で自分が人にどう見られるか、が、その人の精神状態にすごく関わってくる。たとえば西郷さんはとても立派な体格をしていたので、当時の武士としてはそれだけでも尊敬され、自信にもつながったと思います。強そうな男性はそれだけで余裕が生まれるので、虚勢を張る必要も無いので、逆に優しくなれると思うんです。同時に身体が大きいことによってデメリットもあって、僕の場合は背が大きいんですが、そのおかげで人にちょっとでも強い言い方をすると、かなり威圧感を与えてしまう可能性がある。大人になるに従ってそれを自覚したので、僕はだんだん柔らかい話し方になったし、表情も柔らかくなった気がします。そんなふうに、体型と性格の関係には、社会的なものがすごく関わっている。いろんな体型を経験して、発見しました(笑)。そういうことを僕ら俳優は捉えて、そこから役を作って行くんです」なるほど。痩せたい、と願ったり、メリハリボディを目指したり。私たちが体型にこだわる心の底には、社会的な自分のイメージと現実とのギャップが、横たわっているのかも。それにしても、20キロ30キロの減量、増量をくり返してきた鈴木さんは、普段いったいどんな日常生活を送っているのだろう? インタビュー後編で、聞いてみた!(「鈴木さんの意外な弱点」を語った、インタビュー後編は明日16日7時に公開します)『ひとよ』ある事件によってバラバラになった家族が15年後、再び顔を合わせる。贖罪を終えた母と、母の罪によって心に傷を負ったまま大人になった3人の子どもたち。再会を果たしたものの、彼らは再び家族に戻れるのか・・・・。11月8日(金)より、全国ロードショー配給:日活 ©2019  「ひとよ」製作委員会監督:白石和彌 脚本:髙橋泉 原作:桑原裕子出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、佐々木蔵之介、田中裕子ほか公式サイト:https://hitoyo-movie.jp/小説『ひとよ』 好評発売中!映画の原作となった劇団「KAKUTA」の同名舞台を小説化。映画と比べてみるのも面白い。詳しくはコチラ。(長尾徳子・著 桑原裕子・原作 640円+税/集英社文庫)
  • ミラノの老舗カフェ『COVA』が、GINZA SIX 3階にオープンしました。ご招待を受けオープニングレセプションに先月ですが参加してきました。チョコレートボックスやギフトコレクションも充実マホガニー木材や大理石を基調にした店内ミラノ本店を再現した 「Cafe COVA Milano GINZA SIX店」 クリスタルのシャンデリアに アンティークミラー、ビロードのソファーと ラグジュアリーで落ち着いた空間となっています。 華組の宮原えりちゃんをお誘いして、乾杯♪ケーキやギフトboxはもちろん、 人気リゾットのランチから、 日本オリジナルのアフタヌーンティー、 カクテル類も豊富に揃った アペリティーボまで あらゆる時間で楽しめます。 まさに銀座にふさわしいラグジュアリーなcafe☕ また、来月には、渋谷スクランブルスクエアにもオープンする予定だそうです。 dress:manuelle guibal / skirt:l-a-t-o / bag:MARCO MASI / shoes:ferragamoこの日は、 パリのデザイナー、 Manuelle guibal マニュエルギバルの リネンワンピースに、 以前載せた韓国ブランド、ラトのプリーツスカートを重ねて、ロング感をプラス。 長さやグラデーションを足したい時に、昔からよくやります。 ベビロテ中のカーフスキン巾着バッグを合わせ、 ベージュキャメルのクリーミーワントーンで、COVAのチョコレートを意識して行きました^ ^ こちらのバッグ、 今月号のエクラ「お値段以上アイテム」のページにも載せていただいてます^ ^ 大好きなハラコ、カジュアルにも女性っぽいとろみコーデにも幅広く使えるので、買ってよかったアイテムです。華組インスタはこちら★華組 謝名堂華菜子ブログ
  • 3連休の日曜日は京都へ行って まいりました☺︎ まだ紅葉の季節としては早いですが、 過ごしやすい今の時期の京都が 好きなんです♡ お昼はすだちのお蕎麦を頂きました。 天麩羅もとっても美味しかったです♩ なにより、お外で食べれるって 気持ち良くていいですよね♡ お昼ご飯の後は、高台寺や二年坂、祇園などを散策しましたので、またゆっくり 綴らせて下さい♡ Instagramも見てください♡
関連キーワード

RECOMMEND