【今日のコーデ】<土屋巴瑞季>海の日のおでかけはカジュアルな白コーデを上品なベージュで格上げ!

DAILY MORE

ジャケットを肩かけするだけで白Tカジュアルが素敵なおでかけコーデに♪

せっかくの連休最終日、お出かけしないなんてもったいないから。Tシャツとオーバーオールのザ・夏カジュアルで、天気がイマイチでも気分はハッピーに♪ クリーンな白のワントーンならカジュアルながらも品よくまとまって、ニュアンスカラーのジャケットもお似合い。かごバッグとサンダル、ヘアバンドもベージュ系でなじませて、今っぽい女らしさを手に入れて。ちょっと素敵な大人カジュアルなら、街ブラしたり女友達と会ったり、どこへ行っても一目置かれるおしゃれ感!

Tシャツ(2枚セット)¥2700/ヘインズブランズ ジャパン(ヘインズ) スカート¥59000/ブルーバード ブルバード シャツ¥23000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 靴¥6900/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ニコラスライナス) ピアス¥15500・リング¥12000/メゾンソワリー堀江店(ソワリー) ネックレス¥12000/シップス 渋谷店(キャス) バングル¥6900/ココ ディール

土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>>




撮影/東 京祐 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/石上美津江 原文/野崎久実子

関連記事
  • スタイリスト村山佳世子プレゼンツ。アラフォーに似合う大人のカジュアルスタイルとは?スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子集英社の雑誌を中心に第一線で活躍し続けるトップスタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)も6刷5万部のヒットに!大人のカジュアルとは? の問いに「ベースはきれいめに、どこかに必ず女らしさを残すこと」と答えてくれた村山さん。アラフォーに似合うその具体例を、5つのイメージで見せてもらいました。STYLE 01:スポーティなカジュアル <まずは注目のボリュームスニーカーを使ったちょっとスポーティなスタイルを。これも実はシャツ+タイトスカートと、ベースの服はきれいめなんです。そこにスニーカーやスカートのリブ素材といったカジュアルな要素を加えてちょっとだけ着くずす、このくらいが、大人にはよいバランスです>「シャツはボリューミーなサイズを選ぶとより今年らしく。さりげなくおしりやおなかもカバーできて一石二鳥です。襟をあけたり袖をまくったりしてラフに着つつ、ナバホパールのネックレスとバングルでさりげなく女らしさを加えて」(村山さん)。シャツ¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥18,000/カオス丸の内(カオス) バングル¥110,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグメス) ネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) リュック/スタイリスト私物STYLE 02:ヘルシーなカジュアル<人気再燃中のショートパンツで夏ならではのヘルシーな着こなしに挑戦。女らしさを出すため、パンツはあえてボーイッシュな素材ではなくとろみのある一枚を選んで。トップスはジャケットでもシャツでもいいですが、ぜひ「襟」があるものを。そうすると簡単に上品さが生まれます。>ツヤのあるパンツとラフなリネンジャケットの異素材ミックスにも、上級者らしいおしゃれ感が漂う。「旬のブラウンと白をメインにした色合わせもポイント。子供っぽくなりがちなショートパンツを色みで大人っぽく見せる作戦です(村山さん)」。ジャケット¥44,000/サード  マガジン ニット¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) パンツ¥38,200/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソー デザイン)STYLE 03:クールなカジュアル<黒が主役のクールカジュアルってやっぱり素敵。ただ、アラフォーが黒で辛口に固めすぎると貫禄ばかりが出てしまうので……。遠くから引きで見るとクールでカッコいいけれど、近くに寄って見ると実は甘さがあって女らしい。そんなさじかげんを意識してみました>切りっぱなしのブラックデニムにボヘミアンな刺繡ブラウスを合わせ、ほんのり甘さのある着こなしに。「黒はどうしても重くなりがちなので、ラフにまとめた髪やベージュのバッグ、クリア素材のパンプスなど、コーデを軽やかに見せる工夫をちりばめて」。ブラウス¥69,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ヴァレニキー ファッション) デニム¥28,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥27,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥145,000/アパルトモン青山店(ザンケッティ) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)STYLE04:トラッドなカジュアル <ラフになりがちな夏だからこそ、ジャケットやローファーで つくるトラッドなカジュアルが気になります。サーマル&コットンパンツのラフな組み合わせにネイビーのリネンジャケットをさらりとはおって、大人マリンな着こなしに。>「今年は薄くて軽くてカーディガン感覚で使える、涼しげなリネンジャケットが本当に豊富。 ラフな服にはおるだけで印象が締まるので、カジュアルなシーンでこそ、ぜひ活用してほ しいアイテムです。配色は白をベースに、ネイビーのジャケットとシルバー小物で夏なら ではの涼しげなトリコロールを意識してみました」。ジャケット¥145,000・サーマルニット¥39,000/マディソンブルー パンツ¥20,000/エドウイン・カスタマーサービス(ジョーズ・ジーンズ) サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥75,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ)STYLE05:フェミニンなカジュアル <夜のちょっとしたお出かけにカジュアルなドレスアップって素敵。といっても派手さを出すわけではなく、ワンピースのボリューム感や肌見せでさりげなく女らしさを香らせる。それくらいが今っぽいな、と思うんです。>たっぷりとしたドレープのキャミソールドレスをさらりとまとい、チェーンバッグとバングルで女らしいツヤ感を。「肌見せは胸もとより背中や肩を出すほうがより大人っぽい。足もとはヒールだと逆に古い印象になるので、ぺたんこサンダルで抜け感を出して」ワンピース¥29,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥41,000(アリアナ)・バングル¥110,000(アグメス)/ザ ストア バイシー 代官山店 ストール¥26,500/アイネックス(アソース メレ) バッグ(ベルトストラップつき)¥129,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) 靴¥124,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ブレンダ コーディネ31 ーター/工藤まや 撮影協力/QUEEN KAPIOLANI HOTEL KNOTS COFFEE ROASTERS.
  • まだまだ暑いけれど、秋をちょっと感じさせてくれるカーキ色。お盆休みはそんなカーキ色を取り入れたコーデで。定期的なZARAパトロールで見つけた、カーキ色のワンピース。 暑くて、あんまりコーデを考えたくない真夏にもってこいの筒抜けワンピースで、少しだけ秋の先取りも出来るカーキ色なので、即買いしました。 以前から華組ブログでもZARAが大好きなことを公言していますが、素材感が安っぽいものだけは避けるようにしています。 デザインは素敵なのに、生地や刺繍がちょっとチープで残念!というものが多いし、アラフィフも半ばに近づくと、以前よりもさらに素材感のハードルは上がるので… このワンピースは、生地感がギリギリセーフ^^;でしたが、裏地も付いていてペラペラしていないのが、良かったです。 すとんとした形は、身体を締め付けないのでリラックスして着ることができるので、休日スタイルにぴったり。 スポーツサンダル、バッグ、すべてZARAコーデで、山中湖へ。 家族は私以外は皆、水上バイクを運転出来る免許を持っているので、今年は山中湖で水上バイクを楽しみました。 私はいつも愛犬ラッキーとお留守番ですが、今年は乗せてもらいました。 海とは違って波も大きくないので、怖がりの私でも楽しめました^ ^ でも、スピードを出されるとやっぱり怖かったので、次回からはお留守番か見学でいいかな(^^;; 山中湖に来ると、かなりの確率で行くのが、「小作」。ほうとうの美味しいお店です。 お腹が空いていて、写真を撮り忘れましたが、ここのほうとうは必ずかぼちゃが入っていて、野菜たっぷりの具沢山でボリュームたっぷり、いつも混んでいて、すぐに入れないぐらいの人気店です。 山中湖に行かれた際にはおすすめですよ^ ^ 山中湖で遊んだ後は、箱根へ。 その道すがら、御殿場で見つけた、高級生食パンで有名な乃が美。 まだオープンしたばかりのせいか、夕方6時近い時間でも食パンを買うことが出来ました^ ^ 焼かなくても美味しく食べられる乃が美の食パンはファンも多いですし、息子たちも大好きなので、思いがけず買えて良かったです!また、別の日は、ポケモンGOマニアの夫のお付き合いで、横浜赤レンガ倉庫で開催していたポケモンGOのイベントへ。 このイベント、抽選で当たった人しか参加出来ないらしく、かなりの高倍率だったようです笑笑 私はポケモンGOをやっていないのですが、私たち世代で意外とハマっている人が多いのです。 エクラ読者の皆さんの周りはいかがですか??? 会場も子供達よりも大人が断然多かった笑 この日は、真夏の暑さだったので、ユニクロのトップスに、もう何年も前のシークレットクローゼットのカーキパンツを合わせて、小物は白で統一して涼しげに。 shoes Charles&Keith bag HOUSE OF LOTUSピカチューが会場にたくさんいて、可愛かったです♡ 発売中のエクラ9月号では、カーキの特集が組まれていて、素敵なコーデがたくさん掲載されています♪ 私が1番好きだったコーデはこれです↑ 是非、誌面でご覧くださいね^ ^ 華組 朝生育代ブログ
  • ゆるシャツ&カーデの肩かけで余裕な表情に。勝負の日こそリラックス♪甲子園決勝の行方も気になるけど、今日は社内コンペの勝負デー。シャツ×パンツのきちんとコーデが気合い入りすぎって思われたくないから(笑)、おしゃれな抜け感を作って正解! ストレッチ入りの美脚パンツになじみ色のサンダルで軽さをオン。上半身はベージュのゆるシャツをアウトで着たり、ネイビーのカーデをラフに肩かけしたり。大人シックな配色だから、ほどよく着くずした方がむしろ余裕が感じられて素敵でしょ♡ 仕上げにパールネックレスで上品さを、メガネで知的さと遊び心をプラスすれば、デキる感ばっちり!ベージュの五分袖シャツ¥4900/ダブルネーム ネイビーカーディガン¥2769/無印良品 池袋西武 センタープレスパンツ¥5643/アテニア オレンジサンダル¥5490/ロコンド(MANGO) ショルダーバッグ¥4400/アンビリオン(カシュカシュ) シルバーリング¥2400/サンポークリエイト(アネモネ) パールネックレス¥2500/サンポークリエイト(アネモネ) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理
  • 夏も終わりに近づいていますがこちらのひまわり畑はまだ終わっていません♡ 清瀬ひまわりフェスティバル 約10万本のひまわりが並ぶひまわり畑! 清瀬駅から無料シャトルバスも出ていて入場も無料です♪ 展望台からの風景 展望台も設置されており整備もされているのでオススメです♪ そんなひまわり畑に行った日のコーディネートはこちらです。 ワンピースはURBAN RESEARCHのものでサンダルはDHOLIC、カゴバッグはFREAKS STOREです♪ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ひまわり畑は24日までです! Instagram
  • DAY20 失恋→食欲不振→貧血。気づいたら、天井。倒れちゃうなんて初めてだ……エスカレーターに乗ろうとした瞬間から記憶がなくて、気づいたら会社の医務室。誰が運んでくれたんだろう……。ブラウン×イエローの同色系コーデには水色とグリーンをちらっと見せてメリハリをつけて。色使いはおしゃれでも、失恋で倒れるなんて私ダサいな。もう坂田のことは忘れなきゃね。オープンカラーシャツ¥22000/ルーニィ イエローのタイトスカート¥11000/ルクールブラン 水色のリブトップス¥18000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) きれい色パンプス¥20000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) スクエアバッグ¥69000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店(ボルドリーニ セッレリア) クリアパーツピアス¥2130/サードオフィス(ROOM) ビッグウォッチ¥31000/オ・ビジュー(ロゼモン) 黒縁メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ▶︎▶︎▶︎『“ミスブラウンは愛される”着回し24days』とは? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/坂田幸一 スタイリスト/高野麻子
  • 赤で柄の主役級トップスはコーデに困った日は助かりますお盆休み中のある日のコーデです。 迷いに迷った日はカラー柄トップスが使えます。 昨年の物のIENAのトップスです。電車や室内の冷房対策に羽織りが必須です。 薄手のシャツがとても使えます。柄はこんな感じです淡いカラーが今期はトレンドでとても惹かれますが、パキッとしたカラーはたまに着ると気分が上がりますね。 ではまた〜⑅◡̈*美女組No.159 RUIのブログ
  • コンペの話が指名でキタ! 張り切って資料探し。絶対結果を出さなくちゃ! 冷房の効いた室内ではジャケットの肩かけで温度調節。インをホワイト&ライトブルーでさわやかに仕上げれば、夏らしいクリーンなムードに。寒色系グラデと揺れるプリーツで、涼しげさも倍増♡ 大振りイヤリングで顔周りも華やげて、イイ女っぽさも上げてみた。気分が上がるコーデで仕事をしていたら、私の仕事を見たというメーカーから「コンペに参加しませんか」と問い合わせが。ご指名だなんて、光栄すぎる! これは気合を入れて頑張らなきゃ……!! ジャケット¥15000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店 ニット¥12000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥8900/ノーク リング¥13000/ステラハリウッド バッグ¥44000(ペリーコ)/デミルクス ビームス イヤリング¥11000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス) バングル¥15000/ジュエッテ 【今月のPROFILE】表参道のデザイン事務所勤務、WEBデザイナー・絵美里大手メーカーの広告を手がけるWEBデザイナーとして働く31歳。仕事に邁進するあまり、買い物に行く時間がないほど多忙。持ち前のリサーチ力を生かし、ECサイトにハマり中。 明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 【「N.O.R.C」のプリーツスカート】 大人ベーシックが得意な「N.O.R.C」。ドラマチックな揺れ感が女らしいプリーツスカートは、好印象確実な一枚。さわやかで清潔感たっぷりなミントブルーが、涼感を運んでくれる。¥8900/ノーク 【ネイビーダブルジャケット】 きちんと感をかなえるハンサムなネイビー。¥15000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店 【シンプル白ニット】 合わせるボトムを選ばず万能。¥12000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ)  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/東 京祐(人)、坂田幸一(物) ヘア&メイク/中山友恵〈Three PEACE〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/絵美里 取材/道端舞子 WEB構成/衛藤理絵
  • みんながTシャツ一辺倒になるこの季節こそ、シャツのほどよい上品さとシャープさがきく。大人の余裕と"映え"が簡単に!  白シャツ×タイトスカート  夏にあえての〝ほんのりコンサバ〞が新鮮。オーバーサイズのシャツと足もとで抜け感を ルーズな着こなしが増える夏こそ、シャツ×タイトスカートのきりっとしたコンサバ感で"映え"につながる。ただし古く見えないよう、シャツはゆるっとしたオーバーサイズ、足もとはスニーカー、と今っぽいハズシを加え、更新感を出すのを忘れずに。シャツ¥42,000/ストラスブルゴ(バレナ) スカート¥35,000/ロンハーマン ピアス¥25,000/TOMORROWLAND(ルスオーティズ) サングラス¥42,000/ブリンク ベース(サン リタ パーラー) リング¥80,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー ザ センスズ) バッグ¥82,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ) 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 黒シャツ×フレアスカート  夏に映える〝クールな黒〞をスカートと合わせて女らしく 着るだけでコーデをきりっと引き締めてくれる黒シャツ。重い印象になりすぎないよう、今回はカットソー素材で仕立てた柔らかな一枚をチョイス。スカートと合わせるだけで、かっこいいのに女らしい、理想の甘辛バランスに。シャツ¥39,000・ジャケット¥98,000/マディソンブルー スカート¥27,000(ベルウィッチ)・バングル(太)¥16,000(アンセム フォー ザ センスズ)/アマン メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥24,000/ビームス ハウス 丸の内(グリン) バングル(細)¥70,000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バッグ¥154,000/アパルトモン 神戸店(ザンケッティ) 靴¥109,000/トッズ・ジャパン(トッズ)  ベージュシャツ×ハーフパンツ  トレンドのハーフパンツを透け感のあるシャツで女らしく仕上げて カジュアル感が気になるハーフパンツは、きれいなシャツで上品見えを狙うのが大人のセオリー。ワントーンで上品にまとめつつ、シャツの透け感でさりげなく女らしさをオン。足もとはヒールで、遠目からでも映えるすらりとしたバランスを目ざして。シャツ¥32,000/ebure キュロット¥17,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) ピアス¥16,000/TOMORROWLAND(ダイアナブロッサード) ヘアバンド¥5,800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) バッグ¥94,000/ドゥロワー 青山店(ワンドラー) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ) ライトベージュシャツ×デニパンツ  人気再燃中のネックレス。華奢なゴールドを重ね、ハンサムなシャツにさりげない女らしさを 定番のパールネックレスも素敵だけど、今年おすすめなのがゴールドのレイヤード。肌になじむ極細のチェーンとT字のネックレスを重ねて。あからさまじゃないのにどこか色っぽさが香る。そんなバランスが理想。シャツ¥38,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) デニムパンツ¥29,000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥29,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) ネックレス(上)¥24,000/ホワイトオフィス(ジジ) (下)¥50,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ジジ) バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ジャンニ ノタロ)  グレーシャツ×白プリーツスカート  ベルトもじわじわと人気が復活中。コーデがイマイチきまらない……そんな時に投入してみて! ベルト=パンツコーデだけじゃない。こんなスカートスタイルにプラスしても、メリハリが出ておしゃれ感がぐっと上昇。ベルトのバックルの色とアクセの色をシルバーで統一してまとまりを出したのもポイント。シャツ¥48,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(エリカ カヴァリーニ) スカート¥46,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥25,000/エスケーパーズ(ハルポ) ベルト¥23,000(参考価格)/アマン(アトリエ アンボワーズ) バングル¥160,000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) バッグ¥100,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ヘイワード) 【Marisol9月号2019年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO
関連キーワード

RECOMMEND