夏のきれいめワンピース特集《2019年版》- ティアードやカシュクールタイプなど20代におすすめのワンピース

DAILY MORE

20代におすすめの夏のきれいめワンピース♪

2019年の夏はきれいめワンピースの当たり年! 毎年更新していると思うけど、さらに盛り上がる予感。ティアードワンピやカシュクールワンピなど、20代にジャストなきれいめワンピースはこちら♡

[目次]



※記事発信時点での情報のため、限定商品など販売が終了している場合があります。


【夏のきれいめワンピース】20代女子におすすめのコーデ

【夏のきれいめワンピース1】『アールビーエス』のバックシャンワンピースのコーデ

媚びるためでも特別な日だからでもなく。強く自立した女性に憧れる時代を表すような、潔いバックシャンワンピが豊富。コーデに添える最高のアクセとしての肌見せを、大人になった今。
シンプルなフロントスタイルとのギャップで、より印象的に映る後ろ姿。深いカッティングと華奢なリボンがセンシュアルだけど、サックスカラーの清潔感が色気をうまく中和。仕上げにストローハット、そしてレースアップシューズで、初夏を思わせるフレッシュな装いに。

ワンピース¥22000/ビームス ウィメン 原宿(アールビーエス) 靴¥11000/ラヤン(マリー・ルイーズ) バッグ¥27000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(イリス マレ) 帽子¥48000/UTS PR(ルーツ135) リング¥30000/チェリーブラウン インナー/スタイリスト私物

【夏のきれいめワンピース2】『エモダ』のバックシャンワンピースのコーデ

ほんのり色気のある背中あきデザイン、だけど職場でも浮かないシックなカーキ色。ラクチンなのに”いつも以上”が狙える、理想的なTシャツワンピを見つけた♡ Gジャンでこなれ感をプラスした週末コーデを盛り上げるのはハッピーな小物たち。サンダルはカーキと相性のいいオレンジをチョイス。さらにポニーテールに大ぶりピアス、ビッグサイズのかごバッグで夏っぽく仕上げて誰より楽しむ気満々に♪ 

ワンピース¥6980/エモダ新宿ルミネエスト店 Gジャン¥38000/ボウルズ(ハイク) 靴¥23000/リ トウキョウ ロビー エチカフィット東京(スペイン メイド パークマンション) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) ピアス¥2900/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥13000/ティアラ(ルーカス ジャック)

【夏のきれいめワンピース3】『ランブルレッド』のカシュクールワンピースのコーデ

ベルトで魅せる進化系カシュクールならきれいめに着られて平日にも。はりのあるリネン地で上質感があり、さりげなく広がるフレアが甘すぎず大人。広くあいた胸もとからはTシャツをのぞかせてカジュアルさをひとさじ。

ワンピース¥38000/ランチフィールド(ランブルレッド) Tシャツ¥1600/ヘインズブランズ ジャパン 靴¥15000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥8500/ロードス(アドカラム) イヤリング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) バングル¥18500/ガス ビジュー 青山

【夏のきれいめワンピース4】『マイカアンドディール』のカシュクールワンピースのコーデ

ノスタルジックな夏を思わせる、あせたブリックカラーとコットン地。華奢なリボンベルトにフレンチスリーブ、繊細かつ女性らしいデザインをデニムと。
ワンピース¥17000/マイカアンドディール 恵比寿本店 パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥17000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥7490/ロコンド(マンゴ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥3800/サンポークリエイト(mimi33)

【夏のきれいめワンピース5】『アナカノワー』のカシュクールワンピースのコーデ

前合わせのデザインに、ふわり広がるやわらかな生地感は心惹かれる気持ちいいトレンド、“リゾート感”を体現。頑張って見えないのに、ちゃんと旬。そのバランスが私たちにジャスト!
心躍るビタミンカラーを、光を受けて透ける爽快感たっぷりのリネンにのせて。胸もとがあきすぎないカシュクールは、一枚でも着られて優秀。ふわっと広がる裾に反して、胸下は共布のリボンベルトでキュッと締められるから、華奢さをアピールできて着太り知らず。

ワンピース¥39000/アンシェヌマン(アナカノワー) Gジャン¥26000/ブルーブルー 靴¥16000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥9490/ロコンド(マンゴ) ピアス¥2900/サンポークリエイト

【夏のきれいめワンピース6】『ラウゴア』のティアードワンピースのコーデ

胸下からふわっと広がるティアードワンピースは、一枚で今っぽさも可愛げも最高潮♡ ON⇔OFF問わず活用したいなら、肩まわりや裾が品よく透ける”黒”がおすすめ。涼やかで大人っぽいムードに仕上がるから、急に食事に誘われたりしても迷わず行けるきちんと感もあって。なのにインナーつきで4ケタプライスなんて嬉しい限り♪ 抜け感のあるサンダルやPVC素材のバッグなど”軽やかな黒小物”を選べば、オールブラックの着こなしもちゃんと初夏らしく! 

ワンピース¥9250・バッグ¥6200(ラウゴア)/フリークス ストア渋谷 靴¥55000/ティースクエア プレスルーム(ロートルショーズ) ピアス¥2280/サンポークリエイト(アネモネ)

【夏のきれいめワンピース7】『ヌキテパ 』のティアードワンピースのコーデ

ロングカーデとのレイヤードで、愛らしいティアードに大人な一面を発見。チャーミングなイエローと辛口な黒の色合わせも絶妙。遊び心のあるバッグでしゃれ感を添えて。ティアードの立体感を引き締める好相性のはおりものは、ロングカーデだって覚えればどちらの出番も多くなりそう!

ワンピース¥19000/ヌキテパ AOYAMA カーディガン¥3324/ベルシュカ・ジャパン 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/GU バッグ¥17000/TOMORROWLAND(BERTINI) イヤリング¥2700/サンポークリエイト(mimi33)

【夏のきれいめワンピース8】『セルフォード』『セシルマクビー』のクロシェニットワンピースのコーデ

上手に季節感をまとうのもおしゃれな人の証。ボヘミアンテイストが、スタイルに存在感と絶妙な奥行きを。重みのある生地は、縦長ラインをつくり出し華奢見えする効果だって。

(右)カラバリが豊富なのも注目されているから。マキシ丈は、ロングジャケットとでロング&リーンなラインをつくって。
ワンピース¥22000/セルフォード ルミネ新宿1店 ジャケット¥29000/コエル 靴¥13800/ウォッシュ ルミネ横浜店(ステファノ ガンバ) バッグ¥28000/ショールーム セッション(ポティオール) ピアス¥1680/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥7800/アマン(アルテア) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス)

(左)鉄板キャミワンピも、クロシェニットならありきたりに見えず、鮮度抜群。こなれたブラウンのTシャツと合わせて、日常に映えるおしゃれを目指して。
ワンピース¥5900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 カットソー¥9000/アンシェヌマン(ルクスルフト) 靴¥5900/カミーユビスランダ バッグ¥20000/ショールーム セッション(トイノ アベル) ピアス¥3500/メゾン イエナ(L'INDCHINEUR)

【夏のきれいめワンピース9】『アダワス』の黒ワンピースのコーデ

ブラックドレス、スカーフ、フープピアス。会議のためにびしっと知的に決めたけど、嬉しいことがあったから子どもみたいにスキップしながら帰っちゃうんだ〜♬

リトルブラックドレス¥28000/ショールーム セッション(アダワス) 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥64000/アー・ペー・セー カスタマーサービス ピアス¥21000/ボウルズ(ハイク) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) リング¥20000/フレーク バングル¥21800/ガス ビジュー 青山

【夏のきれいめワンピース10】『TICCA』のTシャツワンピースのコーデ

カジュアルなイメージのTシャツワンピだけど、”定番色&美シルエット”であればオンオフ問わず使える! ピュアホワイトの裾揺れデザインなら清潔感も女らしさもばっちり♡ 淡いベージュのリネンジャケットにきれいな小物をプラスすれば、たちまち爽やかなお仕事コーデが完成する。それでいてTワンピならではの着心地のよさがあるから、これからの蒸し暑い時期に重宝すること間違いなし!

ワンピース¥17000/TICCA ジャケット¥23000/セブンアイディーコンセプト 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥2305/神戸レタス 

【夏のきれいめワンピース11】『リエス』のシャツワンピースのコーデ

白ベースに5色のストライプを配したシャツワンピは、一枚でクリーンかつ知的な印象に。オンの日は細めの革ベルトをきゅっと締めて美シルエットに仕上げるのがいいみたい。夜も仕事のお付き合いがあるなら、ラフに肩かけしたネイビーのジャケットやクラシカルなストラップ靴で洗練ムードを後押しして。きりっとクールな配色の着こなしに、愛らしいピンクのバッグで好感度アップのおまじない♡

共布ベルトつきワンピース¥26000/リエス ジャケット¥8990/キャン(テチチクラシック) 靴¥16000/カルネ(ダニエラ&ジェマ) バッグ¥80000/TOMORROWLAND(WANDLER) イヤリング¥6800/ロードス(ジュール クチュール) ベルト¥12000(参考価格)/アマン(アトリエ アンボワーズ) 

【夏のきれいめワンピース12】『TICCA』シャツワンピースのコーデ

無地見えストライプなら、カラーONカラーもうまくいく! まず目に留まるベースの色はきれいなコーラルオレンジ。実はこれもマルチストライプで白とブルーとの組み合わせ。肌なじみがいいから、カラーパンツとの今っぽい配色もまとまるし“おしゃれがわかっている人”に見える♪

ワンピース¥29000/TICCA パンツ¥13800/フリークス ストア渋谷(フリーダ) 靴¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 バッグ¥20000/ティースクエア プレスルーム(アイビリーブ) イヤリング¥1800/サンポークリエイト(アネモネ)





【夏のきれいめワンピース】おすすめのアイテムは?

【夏のきれいめワンピース】『GU』のカシュクールワンピース

インナーの色、レイヤードするボトムによってあらゆる着こなしを堪能できるシンプルデザイン。このプライスなら色違いも購入検討! 
¥2990/GU

【夏のきれいめワンピース】『ヌキテパ 』のカシュクールワンピース

はっとさせられる朱赤にテンションアップ。涼やかなカットレース地で夏を先取りして。
¥18000/ヌキテパ AOYAMA

【夏のきれいめワンピース】『スアデオ』のティアードワンピース

デニムとのレイヤードもはまりそうなネイビー。フレンチスリーブが清楚。
¥17000/ピーチ(スアデオ)

【夏のきれいめワンピース】『マリハ』のティアードワンピース

広がりすぎない、ウエストからのティアードとニュアンスカラーで大人っぽく着られる。
¥27000/ショールーム セッション(マリハ)

【夏のきれいめワンピース】オードリー・ヘプバーンみたいなサマーブラックワンピース

(右)すとんと落ち感あるシルエットと袖のボリューム感のバランスがおしゃれ。¥36000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 
(左)クラシカルで大人っぽく着られるスクエアネック。べったりしない軽やかな黒の色味も素敵。¥45000/FUN Inc.(アイロン)

【夏のきれいめワンピース】オープンカラーのシャツワンピース

(右)季節感もトレンド感も満点の明るいストライプ。¥6500/AG バイ アクアガール 
(左)実は女っぽいカーキのドレス。かごバッグやシルバーのアクセサリーと。¥40000/FUN Inc.(アイロン)



夏のきれいめワンピース関連特集もチェック♪

花柄ワンピース特集《2019年夏》- 夏のおすすめワンピースやサマードレス

20代レディースの夏ファッション特集《2019年版》 - ワンピースやTシャツなどおすすめコーデは?

オフィスカジュアルまとめ《2019年夏》- 20代におすすめのコーディネートとは?

プチプラコーデ10選《2019年夏》- ユニクロやGUなどプチプラブランドでつくる20代レディースコーデ


関連記事
  • 可愛げのあるドット柄はシックな黒で、きれいめに仕上げるのが正解!湿度が高い日はなるべく身体に貼りつかないようなパンツが心地よいもの。ブラウンのノースリーブニットはすっきりきれい見えするから、たとえ打合せ中にジャケットを脱いだとしても、清潔感はそのままキープ。そして、下半身がじっとり汗をかいたとしてもウォッシャブルパンツなので、家でザブザブ洗えてすっきりできるのが嬉しい。パンツ¥18,000/ミラク(ソーノ) ニット¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ジャケット¥50,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥17,000/エンフォルド(エンフォルド) バッグ¥13,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥75,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ニナリッチ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデの関連記事もチェック
  • 1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【7月12日(金)〜7月18日(木)のコーデ】 7月12日(金)のコーデ デコルテがきれいに見える上に腰高印象になるのがうれしいカシュクールブラウスにネイビーのスカートを合わせて知的に。足もとはレッドのきれいめサンダルで、甘すぎない可愛げをプラスして。 7月13日(土)のコーデ  デニムとTシャツのネイビーのワントーンに、太陽の下が似合うレモン色をきかせて夏の休日スタイル。カジュアルなデニムも、ネービーでまとめれば大人っぽい印象に。今っぽいサンダルやバッグで、旬な味付けも。 7月14日(日)のコーデ 休日のお出かけには、着心地のいいポロシャツとシフォンスカート、それに動けるスニーカーがぴったり。今旬ベージュはネイビーアイテムと合わせやすく、抜け感があっておしゃれに見えるのがうれしい。 7月15日(月)のコーデ 知的なネイビーも透け感デザインときれい色スカートを合わせればドレッシーな雰囲気に。足もとは締め色パンプスで、美スタイルに仕上げて。ヌーディーカラーのバッグは、今季らしさを上げてくれる上に抜け感も。 7月16日(火) シンプルなTシャツをきれいな印象で受け止めてくれるネイビーパンツは、通勤コーデの心強い味方! スカーフと揺れるイヤリングで、顔まわりに華やかさをプラスしたら、シューズはピンクのサンダルで可愛げを足すのも忘れずに。 7月17日(水)のコーデ コットンツイルのジャケットはしなやかで軽やか。盛夏でも涼しく快適に過ごせるうれしいアイテム。ボトムのスカートは青みのあるピンクだから、ネイビーとの組み合わせも浮かずに馴染む。インはベージュで好感度高く。 7月18日(木)のコーデ 知的なネイビーならTシャツ通勤もエレガント。コンパクトなシルエットは女らしさを見せつつアクティブな印象もあってミーティングにもぴったり。シックで今っぽいブラウンとの配色で差をつけたい。 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾、小松嘉章 モデル/絵美里、池上幸平、遠藤史也(メンズノンノモデル) 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • ▶▶基本のウォニョンバングはコチラIZ*ONEの二人に前髪のこだわりを直撃! 可愛さのカギを握るスタイリングテクからイメチェンできるアレンジ技まで、"머리(ヘア)"の秘密を徹底研究しました♡ワンピース¥15800/FUMOTO(RUBY AND YOU) イヤリング¥4862/アビステ# エギョモリ生かしのねじりアレンジ こめかみの"エギョモリ"をくるんとカールさせてポイントに! 甘いムードを盛り上げて♡- HOW TO -1 こめかみの短い髪を残しながら、6:4の分け目に近い、生え際の髪を薄く取り、ねじってピンで留める。 2 32mmのヘアアイロンを使い、こめかみ部分の髪を毛先から軽く内向きにワンカールさせ、サイドに流す。 profile ●チャン・ウォニョン 2004年8月31日生まれ 『La Vie en Rose』『好きと言わせたい』『Violeta』でセンターを務めた。モデル/チャン・ウォニョン(IZ*ONE) 撮影/熊木優(io) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/松尾正美 取材・原文/宮平なつき web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day18は、ウエストの切り替え効果で脚長見え&きちんと感を演出する一枚で、パートナーと友人宅へホームパーティへ。day 18友人宅へのホームパーティへ連れ立ってお出かけウエストで切り替えになったデザインが脚長&きちんと感を演出し、パートナーからも好評。ニット素材なので座ってもしわにならずきれいをキープ。ワンピース¥140,000 /エッセンス オブ アナイ(アントニーノ・ヴァレンティ) ジャケット¥39,000 /デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥43,000 /フラッパーズ(ネブローニ)ネブローニはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 7月になり、周囲にハワイに出かけるという人が多数。 みんな「LEE7月号の伊藤まさこさんのハワイ特集を 持っていくねー!」 と言ってくれて、担当としてはうれしい限りです。 ちなみに紙の本はもう販売していませんが 電子版ならまだ購入できますよ! でもハワイに行く予定もないし、という方へ。 日本でもハワイの風を感じられるイベント 「Feel Hawaii in Ginza」が松屋銀座で昨日からスタートしました。 ハワイ取材の時にお世話になった方や、取材時に見ることができなかった噂のブランドも出店しているということで行ってきたところ、 いろいろなお店にはまり、気づいたら買っていたのがこちら。 パールやハーキマーダイヤモンド、ターコイズと、天然素材を使ったアクセが人気の「マウイマリ」はマウイ島で活躍する日本人デザイナーMariさんのブランド。 私はタヒチアンパールのバングルを購入。大人っぽくて、でもブラックパールがキャンデイみたいでなんか見ていて幸せ! 手仕事的なあたたかさがとても伝わってきて、このリラックス感がハワイブランドの魅力なのかなと思いました。 エコバッグは特殊な技法でレザーやコットンに染色し、アイテムに落とし込んでいるAyakawasakiさんのもの。一点、一点異なり、そのどれもが奥行きのある色合いで本当に美しい。なかなか買えないと聞くので本当に出会えてラッキー! . 他にもヴィンテージ生地を組み合わせたバッグなどを展開する「チットチャットハワイ」や、ビンテージ生地を使った服、キッチュなTシャツ。そしてあのレナーズのマラサダなどフードもいっぱい。(マラサダは並ぶの覚悟。食べたかったけど断念・・) ワークショップやステージイベントも行われているので、お時間あればぜひ! Feel Hawaii in Ginza 〜7/23(火) 松屋銀座 1階スペース・オブ・ギンザ、8階イベントスクエアなど 追記 夏休み、ハワイにこれから行かれる方へ。 ハワイの取材時お世話になった現地コーディネーター工藤まやさんの本、おすすめです。 暮らしているからこそ、ハワイを愛しているからこその情報がのっています。 この本に出ているまやさんお勧め、オキーフのかかとクリーム、ローカルのビーサン、いいです(ロングス・ドラッグス・ワイキキにて購入) . #ハワイに行きたい…。
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 足もとのパイソンサンダルで辛口のモード感をプラスした、富岡さんの夏のオールホワイトスタイリングをお披露目。SUMMER STYLE1ひとくせ効かせたアイテムを選べば、コーディネートはがんばらなくていい。それが、“夏の白”を特別に見せるコツノースリーブTシャツの胸もとにコットン素材の大きなフリルをあしらったトップスと、リボンベルトを配したワイドパンツで、オールホワイトの着こなしを完成。「どちらも素材に張り感があって、ハンサムな甘さが手に入る白アイテムです。夏の白は服自体にひとくせあるものを選べば、コーディネートがシンプルでも特別感がある着こなしになるはず。足もとにはパイソンサンダルを合わせ、さらに辛口を加えました」。【ITEM LIST】 TOPS:FABIANA FILIPPI PANTS:SOFIE D’HOORE EARRINGS:TASAKI BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING/BAG:HERMÈS STOLE:ASAUCE MÊLER SHOES:ZARA“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムZARAのパイソン柄サンダル「着こなしをハンサムに仕上げてくれるパイソン靴は以前から好きなアイテムのひとつです。甲のVラインととんがりトゥのおかげで、スリッパなのにかっこよく決まる一足。この夏のヘビロテサンダルです」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • この夏のベージュトレンドに、おしゃれな人はもう気づく頃。素顔にそっとヴェールをかけるような繊細さと、甘さ控えめのモダニティを兼ね備えた旬な取り入れ方を、ベージュの濃度別に伝言。ワントーンこそ質感ミックスで遊ぶブラウス¥37,000/エディット フォー ルル(フィフィ チャシュニル) ピアス(右耳、両耳価格)¥7,000・ピアス(左耳)¥6,500/ネズベージュワントーンで、顔色を悪く見せない秘訣は、ほんのりとピンクがかったスキントーンに近いベージュを選ぶこと。マットなチークにグロウなハイライト、クリーミーなリップ……。さまざまな質感のベージュをミックスすれば、重さを感じさせないエアリーな雰囲気に仕上がる。甘さを足すよりも、内なるイノセンスを引き出す。大人ガーリーな100%ベージュフェイス。 MAKE-UP TIPS アイシャドウ(6)の下のベージュをまぶたに。7の上から2、3 番目を混ぜて目のきわの目頭から黒目上までに塗る。アイライナー(1)を上まぶたのきわと下まぶたのインサイドに引く。頰骨に沿ってチーク(2)をぼかし、高い位置にハイライト(4)を。唇は5で彩る。 1 イノセントなまなざしを引き立てるアイボリーベージュのペンシルアイライナーで、モードなスパイスをきかせる。ハイピグメント ロングウェアアイライナー 8221 ¥3,000〈8月23日発売〉/NARS JAPAN 2 ニュートラルなサンドベージュのチークで、穏やかに陰影を感じさせる頰に。ブラッシュ スプティル NU 217 ¥5,700/ランコム 3 ウェットなツヤを与えながら保湿。天然由来成分98%のマルチバーム。インフィニトリー バーム 04 ¥3,200/セルヴォーク 4 日差しに映えるローズゴールドのスティックハイライトで、チークボーンにヘルシーな輝きをオン。ラディアント タッチ シマー スティック 3 ¥6,000/イヴ・サンローラン・ボーテ 5 ほんのりとした赤みを感じさせるクリーミーなベージュ。ラプソリュ ルージュ R 204 ¥4,000〈9月13日発売〉/ランコム 6 目もとのベージュは、マット質感を選ぶのが旬。エッセンシャル マルチカラー アイシャドウ パレット バーニッシュドブロンズ ¥6,000〈限定発売〉/ボビイ ブラウン 7 クールな表情の10色のベージュをそれぞれベストな質感で。ベージュを知り尽くしたブランドの新しきシグネチャーパレット。ルナソル ザ ベージュアイズ 01 ¥10,000/カネボウ化粧品クールベージュをやわらかく繊細にまとうドレス¥11,000/ビームス 銀座(レイビームス) ブラトップ¥4,700/エディット フォー ルル(ベースレンジ) ピアス¥15,000/コトナ デザイン スタジオ(コトナ)肌を見せるヌーディなドレスをまとう日は、赤みを抑えた低温ベージュのマットリップを合わせてさらりとクールダウン。目もとには媚びないネイビーブルーを淡くぼかし、さりげない涼感を漂わせる。ほのかな血色を感じさせる影の立役者は、広めに入れたアプリコットベージュのチーク。ピュアな佇まいにほんのりとクールなニュアンスを漂わせた、涼感も80%のベージュメイクアップ。 MAKE-UP TIPS まぶた全体にアイシャドウ(11)を塗る。9の右下のブルーを二重ラインの目尻側1/3に、くぼみをなぞるようにぼかす。チーク(10)を頰全体に広めに淡くぼかす。リップは青みベージュの8を合わせて。 8 モードな顔になれると評判の、赤みを抑えた低温ベージュ。シルキーな塗り心地の進化系マット。RMK リップスティック コンフォート マットフィット 03 ¥3,500/RMK Division 9  クールな表情を添えるネイビーブルーのアイシャドウは、繊細な粉質でシアーな発色を選べば軽やかに。カネボウ セレクション カラーズアイシャドウ 08 ¥5,500/カネボウインターナショナルDiv. 10  モダンなムードを漂わせつつ、ほのかな血色を宿す頰に仕上がる、エフォートレスなアプリコットベージュ。グローオンF M ミディアム アプリコット(レフィル)¥2,500〈限定色〉・ケース¥700/シュウ ウエムラ 11  洗練された目もとのベースを整えるのは、ノンパールのマットなイエローベージュ。何色も揃えたくなるプライスもうれしい。ケイト ザ アイカラー 037 ¥650(編集部調べ)/カネボウ化粧品 12  フレッシュな感触でクールなマットベージュに染め上げる、リキッドタイプのヌードベージュ。パルファム ジバンシイ アンクル・アンテルディ 01 ¥3,800/LVMHフレグランスブランズ夏のヌードベージュは透け感で選ぶブラウス¥17,000(グローブ ソウル)・ピアス¥12,800(baebae)/アイクエスト ショールームまなざしに神秘的な深みをもたらすフォレストグリーンのラインに、テラコッタのようなオレンジレッドの頰。乾いた自然の風景を感じさせる力強いアースカラーに、ヌードベージュで都会的な洗練を加える。ヌーディなベージュリップをモダンにつけこなすには、素の唇が透けて見えるようなシアーな発色を選ぶのがポイント。アイシャドウは、陽光に映えるゴールドパール入りが好相性。 MAKE-UP TIPS 17で切れ長なアイラインを描く。アイシャドウ(13)の右上をアイホールの中心にぼかし、左下の色をラインのエッジをぼかすように重ねる。チーク(15)を頰骨に沿って楕円形に広めに塗り、パレット(14)の右下のリップカラーをブラシでオンする。 13  リッチな輝きのサンタンベージュ。アイ カラー クォード 04A ¥9,200〈8月16日発売〉/トム フォード ビューティ 14  アイコンシャスなメイクアップをかなえるパレットから、赤みを抑えたシアーなヌードリップを選んで。素唇が透ける質感が官能的でデリケートなムードに。アディクション コンパクト10 リミテッドエディション アイコンシャスアディクション¥9,000〈7月26日限定発売〉/ADDICTION BEAUTY 15  夏の日差しに映えるブラッドオレンジのチーク。ブラッシュクチュール 1 ¥6,000/イヴ・サンローラン・ボーテ 16  シルクのような上質なツヤ感が魅力のペールベージュ。ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック 04¥3,600/ローラ メルシエ ジャパン 17  メタリックな輝きのフォレストグリーンのアイライナー。黒よりも奥行きとニュアンスのあるまなざしに仕上がる。スティロユー ウォータープルーフ 948 ¥3,200〈6月28日発売〉/シャネルビター&スウィートな顔立ちに、1割の引き算ニット¥37,000/ビューティフル ピープル 銀座三越(ビューティフル ピープル)まぶたのクリースの両サイドにぼかしたクールなスモーキーグレーと、眉下から頰にかけて広く入れたガーリーなインテンスピンク。個性の異なるポイントメイク同士をつなぐ役割を担うのが、10%のニュートラルなベージュリップ。ほのかな赤みをたたえたピーチベージュを選べば、モダンなバランスをキープしつつ、ヘルシーな印象に。ベージュの引き算がもたらす洗練の公式。 MAKE-UP TIPS アイシャドウ(20)の上段と中央をブレンドし、まぶたのくぼみに沿って、目頭側にぼかす。チーク(21)をブラシに取り、眉山の下から頰骨に沿って勾玉形にのせる。唇は19でナチュラルに。 18  とろける美容オイルのツヤとほどよい赤みでベージュビギナーにも取り入れやすい。マキアージュ ドラマティックルージュEX BE777 ¥2,800(編集部調べ)/資生堂 19  どんなテイストにも合わせやすい、穏やかなぬくもりをたたえたピーチベージュ。やわらかくも静謐な彩りが、大人の引き算を助ける。デアリングリィデミュアリップスティック 05 ¥3,900/THREE 20  スモーキーなグレーがけぶる目もとで、大人ニュアンスを漂わせたい。トリオ ブリック パレット 053 ¥7,700〈限定品〉/パルファン・クリスチャン・ディオール 21  肌の透明感を引き立てる、鮮やかなローズピンクのチーク。広くぼかすことで、可愛いだけにとどまらない意志ある表情をつくる。ブラッシュ スプティル MA 356 ¥5,700/ランコム >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年8月号「ベージュの伝言」photography: Kiyoe Ozawa(model), Kevin Chan(product) styling: Naoko Shiina〈 Tiber Garden〉 make-up: NOBUKO MAEKAWA〈Perle〉 hair: Kazuhiro Naka〈KiKi inc.〉 model: Rhiannon calligraphy: Cheeeee!!! text: Anna Osada
  • ----- vol.10-----これを着回し!柔らかサテン地。 パンツ¥12000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト)ON 水色&フリルで清潔感と華やかさを 細身のパンツだから、フリルトップスと合わせるとバランスがよく、華やかさも。バックストラップパンプスで女っぽ。 ニット¥8500/Noela ピアス¥1800/ゴールディ ネックレス¥7500/ロードス(イロリエール) 時計¥31500/オー・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥12000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 靴¥18500/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) OFF 黒パンツが、肌見せコーデを好印象に フロントにスリット入りだから、黒でも足元に抜け感が生まれる。オフショルと、クロスストラップサンダルで肌を見せて、ヘルシーな色っぽさを演出。今季注目の大ぶりイヤリングと真ん丸ショルダーバッグで、休日ならではのコーデを楽しんで♡ ブラウス¥5990・イヤリング¥1500/titty&Co.ルミネエスト新宿店 バッグ¥4800・靴¥7223/&lottieモデル/貴島明日香 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ ワタベウェディング
関連キーワード

RECOMMEND