肉好きモデル・土屋巴瑞季憧れの「大阪焼肉名店」5選♡ 「ホルモン」「ぶ厚いハラミ」「部位食べ比べ」etc.芸能人御用達店などを紹介!

DAILY MORE

週3肉通い。食べ抜いて選りすぐったお店手帳を公開♥ 土屋巴瑞季の焼いて焦がれる、焼肉愛

MOREの人気モデル、はーちゃんこと土屋巴瑞季ちゃんが無類の“肉好き女子”って知ってますか? 多い時には連日でも(!)焼肉に行くというはーちゃんの、とっておきのお店を紹介してもらいました!

大阪焼肉厳選5店を一挙紹介!

はーちゃんの小さな夢、それは早く大阪へ焼肉遠征に行くこと。彼女が肉友のクチコミなどから情報収集した“行くべき店リスト”を紹介!

ホルモンを極めるならはずせない名店「焼肉ホルモン 空 鶴橋本店」

昭和56年、カウンター8席の店からスタートして店舗を拡大。今や5店舗もあるので行列必至ながら待ち時間は意外と短い。「ハチノス」(¥450)や「ホソ」(¥450)、「ハラミ」(¥600)など、ホルモンの種類豊富。ガス火のロースターに豪快に並べ、煙と炎を上げながら焼くのが『空』スタイル。長時間煮込んだ牛のアキレス腱を酢みそで食べる「アキレスフェ」(下写真・¥800)はコラーゲンたっぷり。

SHOP DATA

◆大阪府大阪市天王寺区下味原町1の10 ☎06・6773・1300 17:00〜23:00〈22:30/LO〉(土・日曜、祝日16:00〜) 休/火曜(祝日の場合営業、翌日休)

庶民的な佇まいながら肉は最上級「焼肉 多平」

ガスロースターからもくもく煙が立ち込める昭和な風情漂う焼肉店。大御所お笑い芸人が50年来通うほか、芸能人も御用達。昭和32年の創業以来、肉は黒毛和牛ひとすじで、卸売業者との長いつきあいがあるからこそ、一頭から少量しか取れない希少部位の「上タン」(¥1200・税込)や「ハラミ」(¥1200・税込)も安定して提供。黒毛和牛の上タンは、ジューシーで甘みがあり、格別。たれ焼きは甘辛たれもおいしく、ご飯も進む。焼肉店には珍しい通し営業で、長いカウンター席もあり、ひとり焼肉もウエルカム。

SHOP DATA

◆大阪府大阪市浪速区難波中1の15の3 ☎06・6632・6375 11:30〜22:00〈21:20/LO〉 休/水曜

自由すぎる! 精肉店の隣でBBQ「肉のオカヤマ 直売所」

精肉卸会社が営む直売所。店先にはBBQコーナーがあり、肉を購入後、セルフで焼肉を楽しめる。さしが入ったとろける食感の「ハネシタ」(¥1280)やカルビの中でいちばん軟らかい「カイノミ」(¥798)をはじめとする黒毛和牛、自社牧場で育った茶美豚など、精肉卸会社らしい幅広い肉のバリエでコスパも抜群。さらに、BBQコーナーは使用料もかからず、お茶や調味料も無料という太っ腹。キムチやご飯、肉屋さんの醍醐味である揚げ物など、サイドメニューも揃っていて、至れり尽くせり。

SHOP DATA

◆大阪府大阪市住吉区苅田7の3の10 ☎06・6693・2941 11:00〜20:45(販売は10:00〜21:00) 無休

七輪の炭火で焼くから香ばしい「ここから屋」

グルメ激戦地である福島区の路地裏に佇む炭火焼肉店。マストで注文したいのは、細かくさしが入ったA4ランク以上の和牛を超厚切りにカットした数量限定の“ぶ厚い肉シリーズ”。「ぶ厚いハラミ」(¥1980)や「ぶ厚いカルビ」(¥1980)は、炭火で外側をカリッと焼いて、うまみをギュッととじ込めて。かんだ時にジワッとあふれる肉汁がたまらない。炙り握りやピビンバ、スープ、冷麺など、サイドメニューもいろいろ。生マッコリや酎ハイ、カクテルなど、アルコールの種類が豊富なのも高ポイント。

SHOP DATA

◆大阪府大阪市福島区福島1の6の12 ☎06・6346・2989 17:00〜翌0:00〈23:00/LO〉 休/火曜

いろんな部位の食べ比べが楽しい「海南亭」

霜降りや赤身、ホルモンをバランスよく揃え、シャトーブリアンやハネシタといった最上級部位も充実。ほとんどの肉はハーフサイズのほか、1枚からオーダーでき、高価な部位も試しやすい。「上選六種味くらべ」(写真は2人前¥3600)では、ロースやヘレなど、赤身と霜降りを6種類1枚ずつ食べ比べできる。ソムリエもスタンバイしているので、ワイン(グラス¥800〜)と肉のペアリングも楽しめ、ちょっと贅沢をしたい夜にもオススメ。

SHOP DATA

◆大阪府大阪市天王寺区小橋町3の15 ☎06・6761・2220 11:30〜15:00〈14:00/LO〉、17:00〜22:30〈21:30/LO〉 休/水曜、第2火曜または第3火曜




取材・文/天野準子 撮影/コーダマサヒロ ヘア&メイク/久保フユミ 甲斐美穂(2人ともROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/平田雅子

関連記事
  • オープン以来ミシュラン2つ星を獲得し続ける“予約の取れない銀座のレストラン”「ドミニク ブシェ トーキョー」で、ラグジュアリーなシャンパーニュランチを――。そんな夢のようなひとときへ、『エクラ』がご案内いたします。会場となるのは、パリ1区のアパルトマンを思わせる心地よい雰囲気のダイニング「ドミニク ブシェ トーキョー」。こちらでは「ラ・トゥール・ダルジャン」、「ホテル・ド・クリヨン」で総料理長を務めたドミニク・ブシェ シェフの端正なフレンチが楽しめます。当日はお料理に合わせて、次々とグラン・メゾンのシャンパーニュが登場します。「モエ・エ・シャンドン モエ アンベリアル」(2杯)、「ルイナール ブラン・ド・ブラン」、「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2008」、「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム ロゼ2008」の4種5杯で、ほとんどがプレスティージュ・キュヴェというリュクスなラインナップ。◆当日のコース プティ・サレ、アミューズ・ブーシュ、前菜、魚料理、肉料理、デザート、小菓子、コーヒーまたは紅茶、パンのフルコース。お腹を空かせてお越しください。シャンパンとの“夢のマリアージュ”をご体験いただきます。※料理はイメージです。◆当日のゲスト シャンパーニュの解説は、『エクラ』連載「飲むんだったらイケてるワイン」を担当するワイン&フード ジャーナリストの安齋喜美子さん。長年交流のある各メゾンの最高醸造責任者から聞いた“とっておきの秘話”を皆さまに披露いたします。大のシャンパーニュファンである長内育子エクラ編集長も同席し、『エクラ』の最新情報などもこっそりお話いたします。安齋喜美子 ワイン、旅などの記事を手がける。国内外のワイナリーや醸造家取材も多数。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ。長内育子 『エクラ』編集長知的好奇心を刺激する美味しいランチは、大人だからこそ楽しめる贅沢。おひとりでも、あるいはお友達と一緒に、ちょっとおしゃれをして、ぜひご参加ください。シャンパーニュが、幸福な時間をお約束いたします。 ◆イベント詳細 開催日 2019年7月20日(土) 開催時間 12:00-(受付11:30-) 会場 Dominique Bouchet Tokyo(ドミニク・ブシェ トーキョー)  東京都中央区銀座1-5-6 銀座レンガ通り福神ビル2F  https://www.dominique-bouchet.jp/#home-acces  (交通手段)  「銀座」駅 A13番出口 徒歩5分  「銀座一丁目」駅 6番出口 徒歩3分  「京橋」駅 3番出口 徒歩3分  「JR有楽町」駅 京橋出口 徒歩7分 定員 28名 ※先着順です。定員に達し次第、受付を終了とさせていただきます。 参加費 25,000円(+税)〈締め切り:7月15日(月)10:00〉 ※定員に達し次第、販売終了(申し込み終了)となりますので予めご了承ください。 主催:集英社【チケットご購入時注意事項】 ※イベントお申し込み前に、必ず下記注意事項をご確認頂き、ご了承頂ける方のみお申し込みください。 1.お支払い方法は”クレジットカード払い”のみとなります。 2.他の商品との同時購入はいただけません。 3.ご注文後のキャンセルは不可とさせていただきますので、ご了承ください。 4.チケットの変更・払い戻しはできません。 5.送料無料で購入いただけます。購入時、お客様アカウントログイン前の場合、「送料(税抜)¥500」と表示されますが、購入最終確認時には「送料無料」となります。 6.おひとりにつき4枚までご購入いただけます。 7.現地までの往復の交通費はお客様自身にてご負担をお願い致します。 8.天候・震災などやむをえない事情により主催者がイベントを中止する場合は、所定の方法で払い戻しを行います。返金方法についてはショッピングガイド内の「ご返金について」をご確認ください。 イベントが中止になった場合の旅費等の補償はできませんので、ご了承ください。 9.集英社FLAG SHOPが定める「個人情報の取り扱いについて」のご確認をお願いいたします。 10.今回はアルコールを用意しているイベントのため、お車を運転してのご来場はお断りさせていただいております。 【チケットについて】 1.お申込頂いた方には7月中旬にチケット購入確認のメールを送信いたします。こちらのメールがチケットとなりますので、当日受付にてご提示ください。 2.チケットの転売・譲渡は、かたくお断りいたします。当日、ご本人様確認をさせていただく場合がございますので、運転免許証や身分証明証をご持参ください。 
  • フランス、ドイツ、ベルギーに囲まれたルクセンブルク。周辺各国の食文化に触発されながら発展したその料理を、国境を越えて味わいに来る美食家も多いのだとか。WEB限定記事第2弾は、その「食」にクローズアップします。「ウン・プラトー」にて、食前酒にあわせた前菜。見た目も楽しませてくれる。「ケンプ・コーラー」のショーケース。デリコーナーにはいつも多くの人が。ルクセンブルクは、国民一人当たりのミシュラン星付きレストラン数が世界一を誇るグルメな国。街を歩けば、そこかしこに名店が見つかる。 この国の料理がおいしくなる一番の理由は、その立地。世界中から人が集まる土地柄、当然、料理も世界中の味が集まるのだ。なんといっても、隣は美食の国フランスと、マイスターの国ドイツ、食材豊富なベルギー。それらのエッセンスを吸収し発展した料理は、この国が世界屈指の富裕国となった近年、ますますクオリティーを上げている。 「ケンプ・コーラー」の棚にずらりと並ぶオリーブオイル。お土産も見つかりそう。街は治安がよく、夜遅くまでディナーを楽しむ環境は万全。そんなルクセンブルクを旅するのなら、食はとことん楽しまなければ! とくに首都のルクセンブルク市は、デリやビストロ、ミシュラン星付きのレストランまで、豊富な食のチョイスがある。気軽に試せるのは、デリやパティスリーに併設するレストラン。「ケンプ・コーラー」「オーバーバイス」など、大公宮御用達の店は高級食材ブティックのようで、ショーケースを見ているだけでもワクワクしてしまう。白ワインのジュレが香るパテ・オ・リースリング郷土料理の代表格といえば、白ワインのジュレを挟んだひき肉のパイ包み焼き「パテ・オ・リースリング」。シャンパンと同じ製法で作られる「クレマン・ド・ルクセンブルク」がよく合うニョッキ「クニーデレン」は、家庭の食卓に並ぶ、“ママの優しい味”。レストランでは、ルクセンブルク特有のワインソーセージ(現地でワインツォーシィスと呼ばれる、ワイン風味のソーセージ)を入れ、クリーミーなマスタードソースをからめたアレンジも人気だ。クニーデレンはぜひソーセージ入り、マスタードソースで。ルクセンブルクのマスタードは塩辛くなく、風味豊か。クニーデレンが人気の「バイ・ド・ボウエン」は、地元の人に愛される家庭的なレストラン。さらに、ルクセンブルクではスイーツにも魅了されるはず。なかでも、「オーバーバイス」のチョコレートは甘さが残らないのにカカオをしっかりと感じられて、チョコレートの概念が変わってしまうほど!大公宮御用達の「オーバーバイス」。チョコレートはこの国が誇る味!「ウン・プラトー」でのディナーの始まりは、テラス席の食前酒から。ディナーはぜひ、この国の著名な料理家やグルメ家に知られた「ウン・プラトー」へ。テラス席で食前酒にジンカクテルを楽しんだ後、シックな店内でコースをいただくのがおすすめ。今、ルクセンブルクで熱いのがジンのカクテル。レストランでは、オリジナルのカクテルで味を競い合う。ジンカクテルを楽しんだ後は、店内に移動してメインディッシュを(ウン・プラトー)。■レストラン情報 Kaempff-Kohler ケンプ・コーラー 住所/18 place Guillaume, L-1648 Luxemburg Stadt ☎+352・2686861 http://www.kaempff-kohler.lu/ Bei de Bouwen バイ・ド・ボウエン 住所/35 rue Laurent Menager, L-2143 Luxembourg Stadt ☎+352・26202114 http://beidebouwen.lu/ Oberweis オーバーバイス 住所/16, Grand-Rue, 1660 Luxembourg Stadt ☎+352・470703 https://www.oberweis.lu/en Um Plateau ウン・プラトー 住所/6 Plateau Altmunster, L-1123 Luxemburg Stadt ☎+352・26478426 http://umplateau.lu/ <<第1回/ルクセンブルクの古城ホテルとスパホテル撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • ある日の一日。 この日は朝から公園撮影からのハウススタジオ、最後は子供を自転車でお迎えに、とミッションがもりだくさん。 朝が早かったので、まだ羽織りものは必須→公園だし、動き回るし、デニムがちょうどいいかも→天気もいいし、爽やかな配色がいいな〜→自転車だからペタンコ→これにスニーカーもいいけど、今日はちょっとキレイ目要素も入れたいぞ→完成。 ざっくりこんな流れでコーディネートが決まりました(笑) 朝起きて、窓を開けて、手帳をみながら、毎日コーディネートを考えています。 よく考えたら、服を着ない日はないわけで、毎日この作業をしていると思うと、人生のうちなかなかの時間と労力をコーディネートに使っているんだなぁと。 好きな人はいいけど、嫌いな人は嫌だろうなぁと(笑) 最近は好みのコーディネートしてくれるサービスがあったり、すでに組み合わさっているセットアップや、ドッキングワンピースもまだまだ人気だし、コーディネートが嫌いなわけではなくても、考えたくない!面倒くさい!時間がない!という人はいると思うので、そういう方々にはとても便利なサービスやアイテムだと思います。 色々なライフスタイルがあるわけで、色々なコーディネートの仕方があっていい。 私はこの作業が大好きでして。 雨だからあしもとから決めよう、とか。 夕方はホテルのカフェで打ち合わせだからジャケット着よう、とか。 今日はあの人に会うからアクセサリー盛っちゃおう!とか。 みんなの分も考えたいくらいです(笑) そう思うとスタイリスト、やっぱり天職ですねぇ。 なるべく長くできるようにがんばります。 その為にはまず、体力作りだな(笑) Today’s Outfits プルオーバー : ヤエカ Tシャツ : セントジェームス デニムパンツ : シンゾーン バッグ : My Thinks シューズ : メゾン マルジェラ
  • 6月はオレンジワインに合うおつまみレシピを3回に分けてご紹介。1回目は自家製サルシッチャ【今月のお酒】オレンジワイン(右)ダリオ・プリンチッチ ヴィーノ・ビアンコ (左)ラガジ ルカツィテリ 2017(右)イタリアのフリウリ地方にある個性的な作り手のワイナリー。品種はシャルドネ、ソーヴィニヨンブラン。オレンジがかった色合いで華やかな味わい。いきいきとした果実香にほんのり感じるタンニン、果皮由来の重みも。750㎖ ¥3,300(希望小売価格)/テラヴェール  (左)ジョージアの山岳地域にあるワイナリー。ルカツィテリはジョージア固有のぶどう品種。クヴェヴリという伝統的な甕を土の中に埋めて発酵、熟成させる昔ながらの醸造法。温かみがあり、優しくそれでいてワイルド。750㎖¥4,000(希望小売価格)/ノンナ&シディショップ  オレンジワインとは、原料の白ぶどうを赤ワインの製法で醸造したもの。果皮や種子ごと醸すため、通常の白ワインにはないタンニンが含まれ、味や香りも複雑に。 「今、世界的に注目されているワインです。オレンジワイン発祥の地ジョージアのものと、現代に復興させたイタリアの自然派のものをご紹介。食べ物とのペアリングはオールマイティです。今回はイタリアのソーセージ、サルシッチャを。これはひき肉をこねて焼くだけなので簡単! ジューシーな肉のうま味と、ハーブやスパイスの香りがよく合います」 【レシピ】自家製サルシッチャ【材料】[材料・5本分]豚ひき肉…250g  クミンシード・コリアンダーパウダー…各小さじ1/2  セージ・イタリアンパセリの粗みじん切り (軸も刻む)…各大さじ1  塩…小さじ1/2  粗びき黒こしょう…少々  にんにくのすりおろし…少々 ミニトマト(カラフルミニトマトの紫など)…適量 サラダ油…少々【作り方】 ①ひき肉にAを加えてよく混ぜ、5等分する。空気を抜くようにして、ソーセージの形にする。 ②フライパンにサラダ油を熱し、弱めの中火で①を転がしながら、こんがりと焼き色がつくまで焼く。フライパンの空いているところで、ヘタを取ったミニトマトも一緒に焼く。 ③器に盛り、あればイタリアンパセリ(分量外)をのせる。【Point】ハーブはイタリアンパセリ、セージ、スパイスはクミンシードとコリアンダーパウダー。4種類くらい入れると複雑な香りが生まれる。次回は6月22日(土)19時半更新予定。お楽しみに。 平野由希子 料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ、フランス農事功労章シュヴァリエを叙勲。ワインバー「8 huit.」オーナー。フレンチをベースにしたおしゃれな料理とワインのペアリングを学ぶ、少人数制の料理教室「cuisine et vin」を主宰。詳細はホームページで。(https://www.yukikohirano.com/) 近著に「ソムリエ料理家のワインを飲む日のレシピ帖」(KADOKAWA)。 【Marisol7月号2019年掲載】撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・文/海出正子 
  • 涼やかでエレガントな味わいが特徴のボルドー・メゾック第3級「シャトー ラグランジュ」が造る白ワイン、「レ ザルム ド ラグランジュ 2016」。酸味と果実味でおりなす心地よい味わいは、週末にあえて自分のために開けたくなる“イケてる”一本になること間違いなし。イケてる理由:困難を乗り越え、実力でスポットライトを勝ち取ったバレリーナ。その強さと美しさに乾杯!CHÂTEAU LAGRANGE(レ ザルム ド ラグランジュ)「レ ザルム ド ラグランジュ 2016」アロマティックで、まるで白い花のブーケを受け取ったような幸福感。清らかな酸味と繊細な果実味が次々と姿を現し、グラスの中でふわりと踊る。「レ ザルム ド ラグランジュ2016」、ボルドー・メドック第3級「シャトー ラグランジュ」が造る白ワイン。ボルドーは赤が“メジャー”なら、白は知る人ぞ知る“インディーズ”。すばらしい白も多く、牡蛎など魚介類との相性は抜群だ。 実は、「シャトー ラグランジュ」のオーナーはサントリー。’83年、当時荒廃していたこのシャトーを購入、ブドウ畑や醸造設備など、次々と大きな改革を行った。現地では、「日本企業がフランスの魂を買った」と中傷するメディアもあったが、サントリーはフランスの文化を尊重しつつ、粛々と高品質のワインを造ることに情熱を傾けた。そして今では、フランスでも尊敬されるトップ・シャトーのひとつとなっている。 感動するのは、涼やかでエレガントなその味わいだ。たとえるなら、かつての苦難などひっそりと隠して、堂々とオペラ座の舞台に立つ日本人バレリーナだろうか。華やかな香りは“彼女”の努力の証しでもある。  これは週末、あえて自分のために開けてみたい。ワインがもつ美しさを日々がんばった自分へのアプローズ(喝采)にしたら、また新たなパワーがわいてくるように思えるのだ。ソーヴィニヨン・ブランを主体にセミヨン、ソーヴィニヨン・グリをブレンド。ハーブの香りとレモンのような酸味が心地よい。「レ・ザルム」とはシャトーに咲くオランダカイウ(カラー)の花のこと。池には白鳥が遊ぶ。750㎖ ¥5,300/サントリーワインインターナショナル教えてくれたのは……あんざい きみこ●ライフスタイル誌やワイン専門誌で料理やワイン、旅などの記事を手がける。国内外のワイナリーや醸造家取材も多数。著書に『葡萄酒物語』(小学館)。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ。>>「飲むんだったら、イケてるワイン」はこちらから撮影/三木麻奈 スタイリスト/大畑純子 文/安齋喜美子 ※エクラ7月号掲載
  • ホルモンがおすすめの焼肉店まとめ!名店から安くておいしい人気店まで。モアモデルの土屋巴瑞季ちゃん行きつけのホルモンがおいしい焼肉店4選と、モアハピ部のメンバーがおすすめする焼肉店を東京エリアを中心にお届け♪ [目次] ホルモンを食べるならここ! モデル・土屋巴瑞季おすすめ焼肉店4選 働く女子おすすめのホルモン焼肉店 ※それぞれ掲載時の情報です。最新の情報はオフィシャルサイト等でご確認をお願いいたします。ホルモンを食べるならここ! モデル・土屋巴瑞季おすすめ焼肉店4選【1】「ホルモンとく 中目黒」(東京・中目黒)「水道橋の1号店から通い詰めている絶対はずさないお店です! 人気すぎて席が2時間制になっている時は、『もっと食べたかった〜』と思いながら帰るくらい(笑)。ここに来たら必ず注文するのは、厚切りの『レバ焼』(¥980)と刺し類、それから『上ガツ』(¥780)! にんにくのにおいなんて気にせず、ごくごくビールを飲んでみんなで楽しんでほしい〜」シャツ¥9800(ビッグ マック)・サロペット¥11800(ユニバーサル オーバーオール)/フリークス ストア渋谷 ピアス¥5500/カージュ ルミネエスト新宿店(ランドシヌール) リング/スタイリスト私物ホルモンと刺し以外にも、「上ハラミ」(¥1780)などもコスパ最高。サクサクの「浅漬けキムチ」(¥480)は、これだけでご飯が何杯も食べられる!「和牛ハラミ刺し」(¥980)、「和牛ハツ刺し」(¥680)、「牛タン刺し」(¥980)、「生センマイ」(¥780)など、刺し類はとにかく新鮮! はーちゃんは「にんにくホイル焼」(¥480)も頼んで、一緒に食べるんだとか「ホルモンとく 中目黒」東京都目黒区上目黒2の15の6諸橋ビル2F ☎03・6452・3737 17:00〜翌1:00〈翌0:00/LO〉 無休 →ホルモンがおすすめの焼肉店を詳しく見る【2】「おやじ」(東京・青山)「初めて両親に連れられていったのは10代の頃で、私がホルモンのおいしさに目覚めるきっかけになったお店です。ここの『ホルモン』(¥950)は肉厚で、プリップリ。普通ならカットされちゃうコラーゲンの部分もしっかり残されているんです。『今日はホルモン!』という時はつい足が向いちゃいます」看板メニューの「ホルモン」のほか、新鮮な「ハツ」(¥950)や「おやじのシャトーブリアン」(¥1800)など、上質な肉が低価格で味わえると評判「おやじ」東京都港区南青山1の3の23 ☎090・2537・8888 17:30〜22:30(肉がなくなり次第終了)  休/日曜 →ホルモンがおすすめの焼肉店を詳しく見る【3】「月島 在市」(東京・月島)「職場の同僚や友達みんなと行って楽しい名店。なんと言っても、『ごちゃまぜ焼き』(レギュラー¥4200、ハーフ¥2100)がオススメ! オリジナルのみそだれがおいしくて、箸が止まらなくなっちゃうんです。ホルモンと赤身肉を4種類交ぜて焼くんですが、どの部位を交ぜるか選べるので、ホルモンが苦手という人がいても大丈夫。お得なコース(Sコース¥8500)なら店員さんが焼いてくれるので、話に夢中になりながらでもおいしく食べられますよ!」。「月島 在市」東京都中央区月島2の14の8 ☎03・6228・2738 17:00〜翌1:00〈翌0:00/LO〉(日曜、祝日〜翌0:00〈23:00/LO〉) 不定休 →ホルモンがおすすめの焼肉店を詳しく見る【4】「焼肉ホルモン 空 鶴橋本店」(大阪・鶴橋)昭和56年、カウンター8席の店からスタートして店舗を拡大。今や5店舗もあるので行列必至ながら待ち時間は意外と短い。「ハチノス」(¥450)や「ホソ」(¥450)、「ハラミ」(¥600)など、ホルモンの種類豊富。ガス火のロースターに豪快に並べ、煙と炎を上げながら焼くのが『空』スタイル。長時間煮込んだ牛のアキレス腱を酢みそで食べる「アキレスフェ」(¥800)はコラーゲンたっぷり。「焼肉ホルモン 空 鶴橋本店」大阪府大阪市天王寺区下味原町1の10 ☎06・6773・1300 17:00〜23:00〈22:30/LO〉(土・日曜、祝日16:00〜) 休/火曜(祝日の場合営業、翌日休)▲【ホルモンがおすすめの焼肉店特集】トップに戻る 働く女子おすすめのホルモン焼肉店【1】「大阪焼肉ホルモン ふたご」◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.576 *Ayane*さん“焼肉”で有名な【大阪焼肉ホルモンふたご】この《はみ出るカルビ》は、もう誰もが知ってる名物メニューですよね!!ここ、【ふたご】って心配りがすごく素晴らしいですよね。iPhoneが汚れないように、「iPhoneケース」を配っていたり、食後に、「飲むヨーグルト」を出してくれたり。こういう些細なことって、すごくうれしい♡♡華の金曜日に飲む《焼肉×お酒》は、最高でしたー!!!ちなみに私は、、、《せんまい》が大好きです!!!笑 →ホルモンがおすすめの焼肉店を詳しく見る【2】「うしごろ 貫」(東京・恵比寿、五反田)◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.502 *まちゃ*さん大人気焼肉店”うしごろ”のお店シリーズの一つ、”うしごろ貫”。出会いは職場の仲間と月に一回行っている、カロリーを気にせずにとびきりにおいしいものを食べに食べまくろうをモットーに活動しています、デ部活!今月の部活動でお店選出を担当し、このお店にお世話になりました♡そしてそのコースの中身に大満足♡!!4,000円でこんなにおいしい和牛が食べれるなんて...!!!それでは早速レポートスタート♡!このお店のこだわりはお肉から♡なんとすべて、、、国産黒毛和牛のA5ランク♡!和牛のなかでも最高峰のお肉を惜しげもなく、使っています!そんな最高峰の素材を使っていながら、お店のコンセプトは、”最高に美味しいものをお手頃価格で!”いやー、このフレーズ大好きです♡笑そして今回えらんだ4,000円コースが証明してくれました♡本当に美味しいお肉がずらりっ!!!それでは大満足のラインナップを写真中心でお送りします!お肉の美しさにきっとお腹がすいちゃうので要注意です♡笑最初から本気♡ 本日の逸品! クラシタのやきしゃぶポン酢最初から飛ばしすぎでしょ!と思ってしまうほど、美しいお肉たち。見てください、この魅力的なお肉の整列。笑口に入れなくてもわかると思いますが、予想通りとろけてすぐなくなりました♡まだまだ~♡本日の極上希少部位五種盛りウチヒラ、ランプ、イチボ、クリ、上ミスジというとても希少なお肉の盛り合わせ!ゆず胡椒、お塩でいただきます!こちらもいい具合に刺しが入り、とーってもおいしい♡部員全員が、食べてはそのおいしさに唸り、食べては唸りを繰り返していましたが、うしごろさんの本気はここからでした!!!その名も”極肉”!クラシタのすき焼き霜降りのロース肉をお店の方が焼いてくれてそれを卵にIN!!そして一口大のご飯にくるんでさあ、召し上がれっ!!!言うまでもなく、最高の組み合わせ♡はなまるです♡極上ホルモン七種特選盛り上ミノ、コブチャン、ハツ、コリコリ、タン先、カシラ、ガツ芯。なんとまあ、ホルモン好きでも大満足のラインナップ♡なんとホルモンもその日の朝にさばいたものしかつかっていないので”鮮度抜群”の絶品です。そして〆は、、冷麺orうしごろ貫カレー冷麺はつるっとさっぱりに、カレーは自慢の牛肉たっぷりの和風だしで♡どちらもシェアして食べることをお勧めします!デザートもゆずシャーベット、プリン、杏仁豆腐などなど複数から選択できるという最後まで満足させ続ける大満足のコース内容に驚きでしたー!お値段:4,000円これだけのクオリティでは安すぎます!ぜひ行ってみてくださいね♡わたしもまた行きます! →ホルモンがおすすめの焼肉店を詳しく見る【3】立ち食い焼肉「治郎丸」◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.398 ♡さちこ♡さんみなさん、美味しいお肉をちょっとずついろんな種類を食べたいとおもったことはありませんか?東京の新宿にある焼肉屋さんが新しいカタチで焼肉を楽しませてくれます。西武新宿駅の目の前にあるこの看板を見かけたら・・入ってみるべし。その名も「治郎丸」何が新しいかって?それは・・カウンターのみの"立食い焼肉"なんです!「お寿司屋さん?」と思わせるほど、キレイに並んでいるお肉の部位たち。お肉メニューは壁にあるもののみ‼その日の美味しい部位や産地が表示されているので、いつ行ってもそのときの"美味しいもの"がいただけるわけです。A5ランクのお肉も堪能!!! イチボやランプ、カルビだけではなく・・ホルモンまで!とにかくお肉の種類が豊富です。1皿2枚程度のお肉なので、ちょっとずついろんな部位を食べたい方にもピッタリ♪お値段も100円以下からあるので、高級肉の値段が怖い・・な~んてこともありません!隣の人を気にすることなく思うままにいただけます立ち食いなのでさらっと食べて、すぐ退散できるのもよいところ♪お野菜もそのときの旬な野菜しか置いていないので要チェック‼普通の焼肉屋さんに飽きた方は≪立食い焼肉≫デビューしてみてはいかがですか? →ホルモンがおすすめの焼肉店を詳しく見る【4】「本とさや」(東京・浅草)◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.557 ゆずさん先日いったマジうま❤️な焼肉屋さんの紹介です^ ^本とさや食べログの焼肉百名店だよーーー!いろんな方のサインがたーくさん!モリモリ盛り合わせセット❤️カルビもタンもホルモンもすべて!ハズレなし。分厚くても柔らかいし、トロッととろける。くぅ〜〜〜〜!↑お皿がちょっとキタナイ(*゚▽゚*)けど、この厚さみてー!!まいう〜。の嵐また行きたい!!リピートしたい!!お店決定。ホントに一度は行って欲しい名店です★とろける焼肉、とろろろん❤️笑^ ^ →ホルモンがおすすめの焼肉店を詳しく見る【5】「高砂ホルモン」(埼玉・秩父)◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.600 asuさんホルモン焼き★美味しすぎて混み合ってほしくないから本当は内緒にしたいんですが...(性格悪いですね。笑)お店は『高砂ホルモン』さんがイチオシ☝︎ここまで美味しくてぷりぷりのお肉はそうそう無い!ってくらいに初めて食べた時は感動しましたヽ(;▽;)中でも私はここのレバーが大好きでついついたくさん頼んじゃうんです...❤︎笑美味しいので秩父にお出かけをした際は私を信じて(笑)食べてみて下さいね〜❤︎❤︎❤︎ →ホルモンがおすすめの焼肉店を詳しく見る▲【ホルモンがおすすめの焼肉店特集】トップに戻る 全国の焼肉関連特集もチェック♪大阪のおすすめ焼肉店7選 - コスパの高い鶴橋の人気店や、芸能人御用達の老舗などA5和牛の「自慢の赤身」をはじめ「アボカド昆布」や「冷檸檬麺」など絶品揃い。肉好きモデル・土屋巴瑞季がデートにおすすめする「SHIBUYA8929」上カルビも赤身もホルモンも!! コスパ最高なおすすめ焼肉店3選を紹介!「MORE読者限定♡」の裏メニュー情報も『黒毛和牛 御殿かるび』に『炙り上ロース』、箸が止まらない! 白ご飯が進む ! 東京のおすすめ焼肉店&メニューはこれだ写真映え確実な「バースデー刻印入り“肉ケーキ”」って!? 肉好きモデル土屋巴瑞季が選ぶ「女子会で行きたい」焼肉店♡
  • 美容家さんなどからも賞賛の声を耳にするホットタブの重炭酸湯。体が芯からぽかぽかして全身の血流が巡るのか、疲れがスーッととれて深い眠りにつけるから大好き。なのですが、正直、毎日ゆっくり入浴できるわけじゃない……。ということで、最近ハマっているのが、こちらのシャワー専用タブレット!(編集・オダッコ) ホットタブ重炭酸湯 SHOWER TABLET 30錠 ¥2700(税抜) 専用シャワーヘッドに1錠セットして浴びるだけ、というこのアイテム。実は夏こそ使いたいメリットがたくさん。 特許取得技術で炭酸ガスを中和させた重炭酸イオンが入っているのですが、この重炭酸イオンが実力派。 まず、肌表面から吸収され、血管を拡張させて体温を上げる働きがあるのだとか。だから夏場、お湯の温度を低く設定しても体温をきちんと上げてくれるんです。しかも体温が上がることで、夜にこのシャワーを浴びれば質のいい眠りに入る準備もでき、夏バテ対策にもってこい。 さらに重炭酸イオンは汚れや不要な角質を浮き上がらせる効果が。特に夏にやっかいな皮脂汚れも吸着するので、シャンプーや石けんなしでも肌をきれいにリセットしてくれます。 また、水道水に含まれる塩素を中和する働きも。だから赤ちゃんや敏感肌の方でも安心して使えるんです。 ホットタブ 重炭酸 Bio イオンシャワー ¥9800(税抜) ちなみにこちらが専用シャワーヘッド。 シャワー専用タブレットにはさらに、ヒアルロン酸やコラーゲンも配合されているのだとか! 温浴効果に加えて美容効果まで期待できるなんてうれしいですね。頭や顔にも手軽に浴びることができるのもいい。夏場はクーラーなどで手足が逆に冷えることも多い一方、熱いお風呂には入りたくない! だからこそこの重炭酸シャワーを積極的に取り入れたい!(編集・オダッコ)   DEBUT || 6月1日(土) BRAND || ホットタブ重炭酸湯 ITEM || SHOWER TABLET CATEGORY || 浴用化粧料 KEYWORD || #重炭酸湯 #シャワー専用タブレット #時短 PRICE || 30錠 ¥2700(税抜) TEL || ホットタブ重炭酸湯お客様窓口 0120-816-426 HP ||  ホットアルバム炭酸泉タブレット (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
  • 全国のモア世代女子は何が好き? 何してる? そんな疑問から生まれたのがこの『あなたのアフター6、連れてって』企画! MORE編集スタッフが、飲み代を握りしめ、日本全国の女子会に潜入します!アクティビティスポットが充実! 仕事に遊びに全力投球の長野女子「長野県長野市」の女子会に潜入♡■長野県DATA ●県庁所在地:長野市 ●人口:206.1万人 ●ご当地グルメ:信州そば、野沢菜、わさび ●出身有名人:藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、小平奈緒 ●ヘビロテ方言:〜するしない?(〜しよう!)【おすすめ女子会SPOT】『リストランテ イニツィア・ラ・クチーナ』信州の食材を使ったイタリアンレストラン。デートにも女子会にも合う落ち着いた雰囲気が漂う。◆長野県長野市南石堂町1326の1プリズムビル1F ☎026・264・5005 11:30〜14:00、14:30〜17:30、18:00〜21:00〈LO〉 休/月曜今回 『リストランテ イニツィア・ラ・クチーナ』 で、編集スタッフと女子会したのは彼女達♡(右)半田愛さん(23歳・広告)、(左)松本彩也香さん(29歳・広告)地元女子は共感の嵐!? ご当地女子に聞いた「長野OLあるある」【1】彼との夜デートは足湯で決まり!「飲食店の閉店時間が早い長野では、温泉街にある遅くまで開いている足湯が夜のデートスポットとしてカップルに人気。温まりながら話せば、自然と彼との距離も縮まるんです!」(松本さん)【2】おやきは蒸し派? それとも焼き派?「長野県民のソウルフード、おやき。焼きだけじゃなく、蒸しおやきもあって、地域や家庭によって食べ方はさまざま。蒸してから焼いて食べるという人もいます(笑)。私は蒸し派!」(半田さん)【3】白文帳が長野県限定と知らなかった「長野県民にとって漢字学習ノートといえば、『白文帳』が当たり前。全国的に使われているノートと思っていたら、実は長野県限定ということを知って衝撃。毎日1ページ宿題でした」(半田さん)【長野OLイチ押し!】よく行くSPOT![ ACTIVITY ]丹精こめて作られたご当地ワインに出合う『サンクゼール・ワイナリー本店』 「本店に隣接したぶどう畑や醸造所を見学できるワイナリーツアーに参加できます。試飲やワインに合う食材を買えたりと一日中いても飽きない。実はジャムもイチ押し」(松本さん)。♦長野県上水内郡飯綱町芋川1260 ☎026・253・8002 ■http://www.stcousair.co.jp/[ DATE ]北アルプスの絶景を一望できる山頂テラス『HAKUBA MOUNTAIN HARBOR』 「白馬岩岳の標高1289mにあるテラスから望む、北アプルスの迫力と美しさに感動。N.Y.発の『THE CITY BAKERY』のパンとコーヒーがいただけるのもうれしい!」(半田さん)。♦長野県白馬村岩岳 ☎0261・72・2474 ■https://iwatake-mountain-resort.com/hmh[ FOOD ]注文必須! 名物のスフレパンケーキをいただく『NAKAMACHI CAFÉ』 土蔵が立ち並ぶ松本市の中町通りに佇む。「ふわふわのスフレパンケーキとスペシャリティコーヒーが絶品! 長野県産の小麦を使っているというこだわりにもグッときます」(半田さん)。♦長野県松本市中央3の3の17 ☎0263・50・6069 ■http://www.nakamachicafe.com/ご当地OLのファッションや、女子会の詳しい様子を雑誌でチェック!雑誌MOREでは、ご当地OLのリアルに迫る企画を毎号掲載中! 本誌では、リアルな女子会トークや、人気のファッションスタイルなど、さらに様々な情報を毎号お届け。この記事と合わせて、ぜひともご覧あれ♪▶▶▶これまでの「ニッポン全国ご当地OLのリアルな生態リサーチ」記事はこちら ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ MORE2019年7月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 取材・文/海渡理恵 撮影/早坂佳美 イラスト/平松昭子 写真提供/長野県観光機構
関連キーワード

RECOMMEND