【今日のわんこ】両手を膝にのせてくるサクラちゃん

DAILY MORE
両手を膝にのせてきたサクラ。おりこうさんなので、何かごほうびをあげたいな♪

「楽しいわん!」

■名前 
サクラちゃん

■性別 
女の子

■犬種 
ミニチュアシュナウザー

■生年月日 
2016年1月13日

■性格 
おてんば!

■特技 
高いところからジャーンプ!

■好物 
鳥の手羽先の生肉

■マイブーム 
毎晩私のお布団で一緒に寝ること

■チャームポイント 
長~いまつ毛

→サクラちゃんの投稿はこちらから

関連記事
  • ひなたぼっこを満喫中のへちま。あなた、その顔は反則でしょ♡「ぷは~♡ 気持ちいいわん~♡ 最高だ~」名前 へちま性別 女の子犬種 ボストンテリア生年月日 2019.03.27性格 人懐っこい、とにかく元気特技 遊んで欲しくなるとおもちゃを持ってきてくれる好物 やぎミルクボーロマイブーム 飼い主の靴下を見つけてはぶんぶん回す。チャームポイント 目の上の点々まろまゆ毛
  • 可愛くってカジュアルな黒小物、さらにシルバーアクセでイメチェン完了!ノーカラーシャツドレス×スラックス、今季のトレンドかつ着回し力抜群な秋服同士をおしゃれなブラウンのレイヤードで♡ それだけで今っぽいから、小物はキホン”黒”で潔く仕上げるのが大人。ONの日は”上品な黒”でデキる女っぽく、OFFの日は”ラフな黒”でハズして上級者っぽく。今日はスニーカーとベレー帽で可愛くこなれて、気取らない休日カジュアルに。基本がシックな無地コーデ+黒小物だから、さらにシルバーアクセの重ねづけやチェック柄ストールで華やぎをプラスしても素敵♪ワンピース¥26000/インターリブ(サクラ) パンツ¥5000/ローリーズファーム 靴¥5800/コンバース バッグ¥19000/フラッパーズ(マルシェ) 帽子¥6900/HUMAN WOMAN バングル¥26000/パリゴ 丸の内店 ブレスレット¥12000/デミルクス ビームス 新宿 マフラー¥24500/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店内田理央の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/金谷章平 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/石上美津江
  • たった2年間で累計3186枚を記録! 爆発的人気を博す大人のボトルネックニットに、新色とワンピースバージョンが登場! 大人を美しく見せると評判のデザインをぜひ。E by éclat ボトルネックニット一枚で様になる計算された立体的フォルムで細見えも昨年人気だったレッドに続き、新色のオフホワイトとブルーが新たに登場。フェイスラインにつかないよう計算されたネックの高さや上質な素材感が大人に支持される理由。前後差のある着丈で横顔もおしゃれに。E by éclat ボトルネックニット ¥16,000+税>>スカート¥34,000/インターリブ (サクラ)  バングル¥5,500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(ナイン) E by éclat イーバイエクラ ニットワンピース人気のボトルネックニットがワンピースになって初登場!大人気のボトルネックニット(上)の こだわりはそのままに、今どきなムードが漂う大人のためのワンピースが誕生! 袖幅をややゆったりめにつくることで、ほどよいルーズ感としゃれた全身バランスを実現。E by éclat ニットワンピース ¥19,000+税>>バングル¥39,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) ストール¥57,000/ビームス ハウス 丸の内(ジョシュア エリス) バッグ¥45,000/ヴァジック ジャパン(ヴァジック) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)撮影/金谷章平 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/LIZA 取材・文/坪田あさみ
  • 2019年秋の本命カラー「ブラウン」。コーディネートのどこかにブラウンをプラスするだけで、瞬時にしゃれ見えすると話題沸騰中です。また、ブラウンはベーシックカラーなので、どんなスタイルにも合わせやすいところも魅力のひとつ。 今回は、そんな今一番気になるトレンドカラーのブラウンを使った休日コーディネートを大特集。気負わないリラックススタイルからデートにぴったりなフェミニンコーデまで、シーンに合わせて幅広くご紹介しています。秋の休日はブラウンコーデに挑戦してみて! <目次> Scene1.ブラウンコーデで彼と休日デート Scene2.友人と過ごす休日はあか抜けブラウンコーデで Scene3.一人でゆっくりする休日も旬カラーのブラウン一択 Scene1.ブラウンコーデで彼と休日デート 彼氏とデートなら、ブラウンのセットアップで美女感たっぷりなコーデはいかが?片方だけ肩あきのさりげない肌見せが、女らしさと大人っぽさを同時に高めて彼ウケも上々。ロング丈のスカートが落ち着きとエレガントさを両立してくれます。小物で旬なチェック柄を入れてアクセントを。 ニット¥15000・スカート¥13500/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) バッグ¥35000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ヴァジック) ストール¥20000/セオリー ピアス¥12000/ショールーム セッション(マリア ブラック) 靴¥42000/ベイジュ(ピッピシック) 時間がない日の強い味方!【時短セットアップ】で休日の簡単ワントーンコーデ 顔まわりがパッと明るくなるマスタード色のニットに、躍動感のあるテラコッタカラーのプリーツがこなれた女らしさを盛り上げてくれます。旬なブラウンのストールでメリハリをつければよりスマートに。 ニット¥24000/八木通商(ルトロワ) スカート¥25000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ストール¥38000(アソース メレ)・バッグ¥44000(ア ヴァケーション)/ロンハーマン ピアス¥21000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング(上)¥17000・(下)¥22000/アガット 靴¥30000/ベイジュ(ピッピシック) 目指せ印象美人!ブラウンワントーンになじむ「ベイクドカラー4色」 濃度の高いピンクのスカートも深みのあるブラウン配色なら、悪目立ちせずにいい女っぽコーデが完成します。ドライなベージュのサファリジャケット、さらには首もとや手首からのぞかせたダークブラウンのさし色も効果的に映え、凜とした女らしさを演出してくれます。 ジャケット¥53000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥23000/スローン スカート¥26000/ラヴァンチュール マルティニーク バッグ¥94000/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) リング¥26000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 【秋のおしゃれ配色】濃ベイクドピンク×深みブラウンで素敵先輩になる! ダークブラウンのニットにやさしげなくすみピンクを合わせて、女らしさが引き立つ着こなしに。シャープな細身パンツで甘さのバランスもちょうど良く。足もとは、淡ピンクとなじむニットよりワントーン明るいキャメルで抜け感をプラスしましょう。 ニット¥29000/ティッカ パンツ¥33000/エスストア(シー) バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) ピアス¥4500/シップス 有楽町店(アディア キブラ) リング(5本セット)¥35000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) 靴¥22000/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ ヴァージニア) 【秋のおしゃれ配色】「淡ベイクドピンク」でブラウンワントーンをほんのり甘く♡ 思わず抱きしめたくなるブラウンのざっくりニットは、やわらかなキャメルの力を借りて軽やかに仕上げて。淡めブラウンのペイズリーバッグでコーディネート全体にアクセントをプラス。 ニット¥22000/デミルクス ビームス 新宿(バトナー×デミルクス ビームス) スカート¥17500/アンタイトル バングル¥24000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バッグ¥59000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥24000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 【ブラウン系ワントーン】濃色トップスには淡色ボトムで軽さを出して! ロングニット×プリーツの最旬コーデも濃淡グラデならメリハリよく決まります。ゆるシルエットのロングニットからプリーツをチラ見せする今年らしい着こなしは、ブラウンのグラデーションにすることでさらに鮮度がアップ。 ニット¥49000/サザビーリーグ(デミリー) スカート¥23000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) スカーフ¥18000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥110000/トゥモローランド(ワンドラー) 靴¥13800/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス) 女らしく見せるなら、「淡色トップス×濃色ボトム」で。 ブラウンのロングワンピースはリブを選べば細見え確実!腰位置の切り替えが高いワンピースならスタイルアップ効果も抜群です。ケーブル柄のカーデをさっと羽織ったら、バッグでつやを足して洒落感を底上げ。 カーディガンとワンピースのセット¥20000/ノエラ バッグ¥33000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(デルコンテ) ストール¥45000(ファリエロ・サルティ)・ブレスレット(5本セット)¥55000(セルジュ・トラヴァル) ピアス¥22000(イオッセリアーニ)/アッシュ・ペー・フランス 靴¥23000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 【ブルベ×男顔】ココアブラウン姫は渋めブラウンでクールに着こなす! 好感度大のブルーのスカートもブラウンのカーディガンで旬な着こなしに。抜け感出しに白いバッグを加えたのもポイントです。肩の凝らないスタイルだからデートにもぴったり。 カーディガン¥26000/ラヴァンチュール マルティニーク ブラウス¥3990/AG バイ アクアガール スカート¥21000/アルアバイル イヤリング¥2400/ゴールディ バッグ¥17000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バングル¥2000/ゴールディ ブラウン&ベージュの可愛げグラデーションコーデ Scene2.友人と過ごす休日はあか抜けブラウンコーデで 女子ウケを狙うなら、ブラウンのワントーンにきれい色をプラスした上級者な着こなしにトライして。ブラウンのワントーンコーデに映えるピスタチオカラーで、コーディネート全体の洗練度をアップ。 ニット¥15000/カレンソロジー 新宿(ハーレー オブ スコットランド) Tシャツ¥4800/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ ヴァージニア) スカート¥28000/ebure ショルダーバッグ¥68000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥85000/アマン(ザネラート) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥36000(ソフィーブハイ)・リング¥24000(アニカイネズ)/トゥモローランド 靴¥48000/エリオポール代官山(サンダース) 目指せ印象美人!ブラウンワントーンになじむ「ベイクドカラー4色」 秋らしいくすみピンクのスカートもブラウンとなじませると一層ムードたっぷりに。色の緩急がつきすぎないよう赤みを帯びたブラウンがおすすめです。甘さ控えめなフェミニンコーデなら女子ウケもバッチリ。 ニット¥18000/スリードッツ 青山店(スリードッツ) ジャケット¥35000/アダム エ ロペ スカート¥18000/ルーニィ 時計¥23000/シチズンお客様時計相談室(シチズン キー) リング¥220000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥12000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ミロス) この秋、「ブラウン系ワントーン」が大人を素敵に見せてくれる! 華やかな赤みブラウンのレーススカートには、コクのあるブラウンで上品に引き締めるのが◎こっくりとしたチョコレートブラウンとなら色浮きせず小粋な雰囲気に。 ニット¥12000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) 肩に巻いたカーディガン¥15000/SANYOSHOKAI (ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥23000(フォンセ/ルージュ・ヴィフ)・靴¥17000(ルージュ・ヴィフ)/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店 ピアス¥28000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バングル¥16000(アンセム フォー ザ センセズ)・バッグ¥64000(エレメ)/アマン 「濃色トップス×淡色ボトム」のワントーンで知的に 着るだけで洗練ムードが漂うブラウンのニットアップ。タイトなシルエットのものには、派手な色のウエストバッグをくるっと腰に巻いて軽快な表情に! ニット¥28000・スカート¥25000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥48000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) ストール¥52000/アッシュ・ペー・フランス(ジェーン・カー) サングラス¥55000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥16500/スワロフスキー・ジャパン 時計¥19000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ダニエル・ウェリントン) 靴¥82000/フラッパーズ(ネブローニ) 【イエベ×女顔】ハニーブラウン姫は黄みブラウンでふんわりソフト仕立てに 友達とオクトーバーフェストに行くなら、ブラウンの脚長パンツを使ったスポーツMIXコーデで。小物で盛るカジュアルコーデは、パンツとスニーカーのカラーをリンクさせて今っぽく。抜け感出しの白は、トップスとバックで取り入れるのが◎ マウンテンパーカ¥39000/ラ・エフ カットソー¥11000/ゲストリスト(ルミノア) パンツ¥17000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥7000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 帽子¥7000/フレーム ワークルミネ新宿店(ワイエス) バッグ¥1800/アダストリア(ラコレ) 靴¥15800/ジャーナルスタンダード表参道(カルフ) サングラス¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) オクトーバーフェストに行く日は、脚長パンツを使ったスポーツMIXコーデ 合わせるアイテム自体はベーシックでも、ベージュとキャメルの溶け合うような濃淡グラデなら、周りと差がつく洗練された女らしさがまとえます。レオパードのクラッチバッグでさりげないスパイスをプラスして。 コート¥16000/アングリッド Tシャツ¥4900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(グリーンレーベル リラクシング) スカート¥39000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥278000/フラッパーズ(プラウ) ネックレス¥160000/ベルシオラ バッグ¥53000/ロンハーマン(ア ヴァケーション) 靴¥82000/アダム エ ロペ(ジル サンダー) この秋、「ブラウン系ワントーン」が大人を素敵に見せてくれる! 友達と出かける日は、秋らしいアイテムでカラーコーデを。パープルスカートを主役にボーダーニットを合わせた秋色フレンチスタイルで大人の可愛げを表現しました。旬のブラウンのアウターがコーディネート全体のまとめ役に。 コート¥49000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) ニット¥12900/シップス プライマリーネイビーレーベル スカート¥16000/ジャーナル スタンダード表参道(ジャーナル スタンダード) バッグ¥33000 /コード(ヴァジック) イヤリング¥2000/ゴールディ 靴¥52000/アマン(ペリーコ) 親友とショッピングの日は、トレンドカラーにボーダーを加えた秋色フレンチスタイル Scene3.一人でゆっくりする休日も旬カラーのブラウン一択 一人でぶらりウィンドウショッピング、そんな時は動きやすいブラウンのワンピレイヤードにショートブーツで秋らしく。ピンクやイエローの小物で、ハッピー感もプラスして。 ワンピース¥20000/フレームワーク ルミネ新宿店(アバウト) デニム¥17800/ヒステリックグラマー ヘアバンド¥5800/ルーニィ 靴¥40000/エストネーション(チェンバー) バッグ¥33000/コード(ヴァジック) イヤリング¥1900/ゴールディ ゆったりしたい日はベーシュワンピ×デニムの今どきレイヤードが気分! ドロップショルダーのシャツにワイドなタック入りパンツと、リラクシーなウール素材の組み合わせは、ゆっくり過ごしたい休日に最適。ブラウンのゆるめセットアップにイエローバッグでリズム感を加えて都会的なイメージに転ばせて。 シャツ¥25000・パンツ¥22000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥43000/アマン(ア ヴァケーション) 中に着たニット¥16000/リエス ピアス¥14000・リング¥39000/ショールーム セッション(マリア ブラック) 靴¥30000/ベイジュ(ピッピシック) 時間がない日の強い味方!【時短セットアップ】で休日の簡単ワントーンコーデ 深みのあるブラウンにベリーピンクのパンツが、ハッとするような女性らしさを演出してくれます。リラックス感たっぷりのニットカーディガンも濃いめのトーン同士の組み合わせなら、今っぽさが右肩上がり。 カーディガン¥49000/エイトン青山(エイトン) Tシャツ¥13000/インターリブ(サクラ) パンツ¥17000/ルーニィ バッグ¥88000(サイモン ミラー)・ピアス¥36000・リング¥26000(ともにオールブルース)/エドストローム オフィス サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)  【秋のおしゃれ配色】濃ベイクドピンク×深みブラウンで素敵先輩になる! 時短で小粋なワントーンコーデが決まるブラウン系セットアップは、肩の力を抜きたい休日コーデの味方。やわらかな女らしさも両立できるニット素材ならより旬度高く。軽やかなベージュ寄りのブラウンは、同系色の小物で小気味よいアクセントをつけて。 ニット¥19000・スカート¥27000(ともにRHC)・バッグ¥15000(クレオベラ)/RHC ロンハーマン サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥25000/デミルクス ビームス 新宿(ファリス) 靴¥18000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) この秋、「ブラウン系ワントーン」が大人を素敵に見せてくれる! ブラウンのレトロさを引き出すくすみオレンジとの組み合わせは、どこか懐かしい配色が雰囲気アップのカギ。ニットの色と足並みをそろえたチェック柄ストールで、休日らしいリラックスモードをプラスしました。 ニット¥20000/ボッシュ(ビー アビリティ) パンツ¥17000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) ストール¥29000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥158000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ザンチェッティ) 靴¥16000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 目指せ印象美人!ブラウンワントーンになじむ「ベイクドカラー4色」
  • 「MAQUIA」12月号では、美容沼にどっぷりハマり中の指原莉乃さんが初登場! 研究を重ね、たどり着いたメイクテクをお見せします。“スーパー美容マニア”がマキアに初登場さっしーBeautyのすべてアイドル時代に比べて、ぐっと大人っぽくいい女感が増している!と評判の指原莉乃さん。“キレイ”を効かせるヒミツを教えて!私にとってメイクとは“欠点カバー”の手段「私が指原なら、もっとちゃんとメイクする!」美容にハマったのは、AKBメンバーのそんな一言がきっかけでした。以来、美容誌片手に化粧品を買い漁り、時にはデパートでタッチアップしてもらうことも。私にとってメイクとは、可愛くなるための+αというより、欠点をカバーするためのもの。だから、人真似ではダメ。自分の顔を見ながら、試行錯誤して独自の方法をあみ出すのが、何より楽しいんです!研究を重ね、たどり着いた!あか抜け「さっしーメイク」を大解剖Base Make大人になったらやっぱり“ほのツヤ肌”「少し前まで、肌は完全にマット派だったんですが、最近急にツヤ派に転向。女らしさと立体感も出るし、大人になったらやっぱツヤ肌でしょと(笑)。まずはUV下地を全体に塗り、その上からカバーしたい部分のみにコンシーラーやBBクリームを。ファンデーションは、みずみずしく仕上がるクッションファンデを愛用。目周りはできるだけ薄く、鼻周りはタッピングしながらしっかりとのせて、ムラのない肌を作ります。ノーズシャドウはほんのり入れて、鼻筋を際立たせるのも自分メイクのポイントかも」Eye Make顔の余白が気になるからアイメイクは“下重め”です「自分の顔を見る度に気になるのが、広い頬と出っ張った頬骨。この広大な余白をいかに少なく見せるかが、私のメイクの最大の目的! アイカラーはこなれて見えるテラコッタ系を。アイホールに加えて、涙袋にもしっかりとのせるのが鉄板。同様に頬にはみ出していくイメージで、アイラインは下向き&長めに引き、上まつ毛はブラウンマスカラで軽めに、下まつ毛は黒マスカラで長さとボリューム出し。目が下に広がっていくような、下重心のアイメイクを目指しています」Lip Make濃色オーバーリップでのっぺり顔にメリハリを!「色のないニュアンスメイクだとよりのっぺりしてしまう私の顔に、抑揚をつけてくれるのが濃いめのリップ。おしゃれ顔に即なれる、ブラウンやくすみオレンジが大好きですね。女友達と出かける日はベリー系も重宝。とにかく人中が長いので、なるべく短く見えるよう上唇はオーバーリップ気味に。下唇は薄めのグラデーションにして、立体感を出すようにしています。飲み会の日は色落ちしないティントリップを投入することも」\ポイントは人中上のハイライト!/長い鼻の下をカモフラージュするため、唇の山の上に白いハイライトをひとさし。鼻のすぐ下にノーズシャドウを入れることもあるそう。MAQUIA 12月号撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/AYA〈LA DONNA〉 スタイリスト/西野メンコ 取材・文/栗田瑞穂 構成/若菜遊子(MAQUIA)【MAQUIA 12月号は10月21日(月)発売!】
  • 水色のリボンを巻いておめかししたサクラ。リボンがあると自然と姿勢やお行儀が良くなるみたいです♪ 水色、似合ってるよ!「かわいいわん。リボンも水色もだいすき」■名前 サクラちゃん■性別 女の子■犬種 ミニチュアシュナウザー■生年月日 2016年1月13日■性格 おてんば!■特技 高いところからジャーンプ!■好物 鳥の手羽先の生肉■マイブーム 毎晩私のお布団で一緒に寝ること■チャームポイント 長~いまつ毛→サクラちゃんの投稿はこちらから
  • 甘すぎたりドレッシーになりすぎたり、意外とさじかげんがむずかしい大人のスカートコーデ。ほどよい辛さとカジュアル感をもつ「ワークジャケット」が一枚あれば、大人の"こなれフェミニン"が簡単にかなう!【フィールドジャケットジャケットとは?】:米ワークジャケット、と聞いて真っ先に思い浮かぶ定番のフィールドタイプ。今季はメンズものを借りようなオーバーサイズが旬。■レーススカート×フィールドジャケット 華やかな黒レースもたちまちこなれたフェミニンカジュアルに古着やミリタリーアイテムに精通する「ハイク」が手がけるワークジャケットは、おしゃれプロにも愛用者が多い頼れる名品。アウトポケット、肩章などの本格派なディテールを備えつつどこか上品なたたずまいなので、レースやシフォンといったきれいめ素材とも相性抜群。ジャケット¥38,000/ボウルズ(ハイク) スカート¥83,000/ebure ピアス¥45,000・ブレスレット¥67,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥117,000/ジミーチュウ 靴¥124,000/ジャンヴィト  ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) マリソル公式通販サイトで”ワークジャケット”をさがす >  マリソル公式通販サイトで”女っぷりスカート”をさがす > ■ドットスカート×フィールドジャケットフードつきのワークジャケットでドットをスポーティにシフト丈が短めで、ロングスカートとのバランスもとりやすい。上半身を黒でまとめて上品に。ジャケット¥46,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥29,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥29,000/インターリブ(サクラ) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥57,000(AGMES)・バングル¥400,000(マルコムベッツ)/バーニーズ ニューヨーク バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥86,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー)■黒タイトスカート×フィールドジャケット ベルトつきのネイビーなら、こんなきれいめコーデもかなう肩章がない細身の形で、すっきりと女らしく着られる上品なデザイン。ジャケット¥53,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥8,500/ボウルズ(ハイク) スカート¥24,000/カオス丸の内(カオス) 帽子¥14,000/エストネーション(ラ メゾン ド  リリス) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) バッグ¥335,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ロゴバッグ¥6,000/エスケーパーズ(OPEN EDITIONS) 靴¥100,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)■きれい色スカート×フィールドジャケットコンサバになりがちなコーデもワークジャケットでリフレッシュ!フェミニン派の定番、シャツ×きれい色スカートのコーデも、大きめのワークジャケットをバサッとはおるだけで今どきのムードに。ジャケット¥74,000/アマン(アンスクリア) シャツ¥35,000/エーピー ストゥディオ グランフロント  オオサカ(チノ) スカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥23,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) バッグ¥140,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥39,000/バーニーズ ニューヨーク コーデのきれい色スカート 詳細・購入はマリソル公式通販へ > 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ブレンダ
  • こんにちは、ギリコです!今日は先日開催された「大人の美眉&目ヂカラバッチリメイクセミナー」の様子をレポートします。会場はおなじみの「玉川テラス」。そして講師はじゃじゃ~ん、清水美知さん。数々の雑誌などの撮影で活躍してきたヘアメイクアップアーティストです。本日使うメイク道具やテキストもスタンバイ!会場には清水さんがふだん仕事で使っているたくさんのコスメの中からOurAg世代におすすめのものもそろえてくれていましたよ。セミナーの最後は希望者にこれらを用いて清水さんがアイメイクの仕上げをしてくれるのです。プロの愛用アイテムを真近で見る機会はそうそうないもの。参加者のみなさんも興味津々です。一見すると「これって若い人向けでは?」と思ってしまうビビッドなカラーもあります。「うふふ。そう思うでしょ? でもね、肌にのせてみると肌がくすみがちな年代にもおすすめの色なんですよ」と清水さん。さぁセミナーが始まりましたよ。さっそく今日使用するアイテムの説明があります。大人の美眉と目ヂカラバッチリメイクのためにみなさんにご用意したもののうち、とくにおすすめはこの3つ。(写真左から)全部清水さんおすすめのものです。キャンメイク ミックスアイブロウ 02ナチュラルブラウン(眉用パウダー)600円<税抜>セザンヌ 超細芯アイブロウ 03 ナチュラルブラウン(眉ペンシル)500円<税抜>キャンメイク クイックラッシュカーラー透明タイプ(マスカラ下地&トップコート)680円<税抜>●ミックスアイブロウアイブロウって2色入りのものが多いのですが、これは珍しく3色。「3色のどれもがにごりのない色なのでやはりくすみがちな大人の肌の色におすすめです」●セザンヌ 超細芯アイブロウ 03 ナチュラルブラウン(眉ペンシル)「眉毛を描き足すのにはこれくらい細いとベスト。色もナチュラルなブラウンがアラフィフにはいいですね」●キャンメイク クイックラッシュカーラー「マスカラを塗ったあとこれをトップコートとして使うとマスカラのもちが格段に違います。いわゆるパンダ目にならないんですよ。しかもこれは下地とトップコートの両方に使える上、優秀なのがこのコーム!まつ毛一本一本にしっかり液剤を塗ることができます」なんとこれら3つはセミナー終了後、お土産としてお持ち帰りOK!参加者からとても喜ばれましたよ。さっそく眉の描き方をレクチャーする清水さん。「まず眉は眉頭、眉中央部、眉尻の3つのパートに分けて捉えます。眉頭は指一本分とります。眉頭は眉中央部より下に位置をとり、眉尻は眉中央部より上に位置をとります。眉頭、眉尻の位置を決める際に大事なのは自分の骨格を知ることが大事です。自分の骨格を上手に使うと毎日同じ眉毛が描けるようになります。こうして自分の眉を指でなぞってみましょう」「眉頭と眉尻の位置が決まったら、次に大事なのが眉頭と眉尻を結ぶ眉中央部です。ここは絶対に直線!直線です!曲線にしたり眉山をつくったりしないで。なぜかというと眉を描くときに一番難しいのは眉山から眉尻にかけてのところ。直線であれば眉山や眉尻を上げすぎて描いてしまったり、逆に下げすぎて描いてしまう心配がありません。だから大人の眉はここ(眉中央部)が直線なのがベストなんです。そしてもうひとつみなさんにお伝えしたいのが……ふんわり眉が流行っているからといってアラフィフがふんわり眉を描くのはおすすめしません。なぜかというとふんわり眉は顔の印象をぼんやりさせるからです。そうでなくても目元の印象が弱くなってきている年代です、ぜひテキストのようなキリッとした直線眉を今日は描いてみましょう」↓当日配布されたテキストのうち『眉の描き方』はこちらとてもわかりやすいので、ぜひみなさんもトライしてみてください。とうことで、さっそくアイテムを手にとりはじめる参加者のみなさん。「眉ペンシルの芯はほんの少しだけ出します。長めに出すと描いてる途中でパキッと折れちゃいますから」先ほど先生が見本を見せてくれたように眉に指を当てて、眉頭や眉尻の位置を決めていくみなさん。「描くときは力を入れず、横にスッスッとペンを真横に滑らせて描きます。一度に長い線を引くのではなく、眉毛一本一本を描くつもりで。鉛筆と同じように持つと力が入ってしまうので注意を」ひとりひとりまわって力加減を伝授。「本当にやさしいタッチなんですね!今まで力が強すぎていました」と驚く方も。「パウダーで描く際もペンシルで描く際もブラシは必ず真横に動かします。スッスッと真横に……こんな調子で」こうしてプロのテクをひとりひとりまわって直接教えてもらえるのも少人数制セミナーならではの特典です。眉が完成したら次はまつ毛。「マスカラを塗る前にビューラーでまつ毛をしっかり上げましょう。ビューラーの当て方ですが……まず顔を鏡の正面に向けて中指でまぶたを引き上げます。これはまつ毛の根元をきちんと出すためです。まつ毛の根元を出したらビューラーを開いて根元ギリギリまで入れて挟みます」↓テキストはこちら「根元の次はまつ毛の中間を挟みます」ビューラーの使い方もひとりひとりまわって丁寧に教えてくれる清水さん。まつ毛をしっかり上げたら、さぁマスカラです。今回マスカラはエテュセ パーフェクトセパレートマスカラを使用。「このマスカラもコームが一本一本のまつ毛にしっかり絡むので塗りやすいんですよ」と清水さん。マスカラを塗る際もコツがあります。それはまぶたを持ち上げたら、マスカラを縦に持ち、まつ毛一本一本にマスカラ剤を塗ること。「えっ!一本ずつ塗るんですか?横に持って一気にまとめて塗ってはダメなんですか?」と一同驚きの様子。「縦にマスカラを持って一本ずつ塗ると、先端が細いスッとしたきれいなまつ毛になるからです。また根元にマスカラ剤をしっかり塗ってしまうと、根元が重くなりまつ毛が下を向いてしまうので根元にコームは当てないでください。これは仕上げのトップコートを塗るときも同様です」う~~む。やはりプロは違う……と深くうなずくみなさん。「今日習ったことをきちんとやっていただければアイライナーを入れなくても目ヂカラはバッチリになります。でもアイライナーも入れたいという場合は、目頭から目尻まで一気に描かないでくださいね。いかにも〝アイライナーを引きました〟って目になり、過剰感が出てしまうので。黒目の真上から引き始めれば十分です」さっそく鏡で出来栄えを確認。「確かに目ヂカラがアップしています」セミナー終了後は希望者にひとりひとり似合うアイシャドウを選び、アイメイクの仕上げを行うサービスもありました。意外な色を選んで、スッとまぶたにのせていく清水さんの手元に参加者の目は釘付け。みなさん熱心に質問していましたよ。中には「ほかにベースメイクもチークも教わりたいです」と清水さんが主宰しているメイク教室にさっそく申し込んだ方も。「ずっとしっかり眉山をつくった眉を描いてきたので、直線の眉って最初はどうなんだろうと不安でしたがやってみたら確かにいいですね」「ずっと自己流でなんとなく眉を描いてきたので、今日はプロのテクニックを学べてよかったです」などの声が参加者から寄せられました。**************************OurAgeでは毎月一回セミナーを開催しています。テーマは月替わりで、メイクやダイエットエクササイズ、小顔マッサージなどOurAge世代の関心の高いテーマばかり。おひとりでご参加なさっても楽しめる、和気あいあいのセミナーです。会場にはいつもギリコもいます!また一度満席となったセミナーもキャンセルが出次第、募集を再開することがあります。なのでぜひこまめにセミナー募集告知コーナーをのぞいていただけるとうれしいです。OurAge会員になっていただくと、セミナーチケットの先行発売の特典があります。人気のセミナーは先行発売の段階で完売してしまうことも。会員登録は無料ですので、この機会にぜひご登録を!●会員登録は下記からできます!↓https://ourage.jp/registration/http://ourage.jp/about/
関連キーワード

RECOMMEND