【今日のにゃんこ】膝の上で甘えんぼ♡ なルウくん

DAILY MORE
毛布をかけた人間の膝の上で寝転ぶルウ。甘えんぼモード炸裂です!

「ここがほんとに大好きだにゃ★」

■名前
ルウ

■性別 
♂(男の子)

■猫種 
雑種(元保護猫)

■生年月日 
推定2017年6月

■性格 
人間大好き、慎重派

■特技 
人の手にすりすり

■好物 
レタス、ジュレ・スープタイプのフード

■マイブーム 
夜景を眺めること

■チャームポイント 
目のキラキラ感

→ルウくんの投稿はこちらから

関連記事
  • 【2019年秋におすすめのレイヤードコーデまとめ】人気のレイヤードコーデも新しい季節に向けてブラッシュアップ! 「ワンピを1枚で着ない」「襟元や袖をレイヤードする」など、秋のトレンドは? 20代におすすめのコーデはこちら♪ [目次] 【秋のレイヤードコーデ】ワンピースのレイヤードコーデ 【秋のレイヤードコーデ】トップスのレイヤードコーデ ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【秋のレイヤードコーデ】ワンピースのレイヤードコーデ「ワンピを1枚で着ない」トレンドは秋冬も継続するから、ワンピースコーデがもっともっと楽しくなる予感! さぁ、ワンピースレイヤードの波・秋ver.に乗っちゃって☆【秋のレイヤードコーデ】ワンピースとレギンスのレイヤードコーデレギンス人気は秋冬も引き続き。いつものワンピの下にはくだけで、鮮度の高いおしゃれができて防寒にもなるなんて最高♡ワンピース¥33000/インターリブ(サクラ) 靴¥3490/アメリカンイーグル バッグ¥67000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(エバゴス) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) イヤリング¥2590/イェッカ ヴェッカ 新宿 バングル¥1500/お世話や レギンス¥2300/タビオ →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】ワンピースと光沢スカートのレイヤードコーデスリット入りワンピには、光沢スカートを重ねて。色合わせも楽しめるし、縦長効果も!サテン地スカート¥18000/ルーニィ スリット入りニットワンピース¥29000/アルアバイル ストラップサンダル¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ファーつきかごバッグ¥18700/ビヨンドザリーフ アトリエ バングル¥18500/ガス ビジュー 青山 樹脂イヤリング¥2900/サンポークリエイト(ミミ) 柄スカーフ¥21800/シップス 有楽町店(アネ) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】ワンピースとカーキジャケットのレイヤードコーデヴィンテージ風ワンピの甘さをほどよく中和してくれる、カーキジャケットも頼れる味方。「ちょっと甘いかな?」と思ったら即採用!ワンピース¥11000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 ジャケット¥38000/ボウルズ(ハイク) 靴¥16000/デミルクス ビームス 新宿(マリオントゥッフェ) バッグ¥12000/モットハウス・トーキョー(アバカ) ピアス¥4000/シップス 渋谷店(アディアキブラ) バングル¥1700/ジオン商事(スリーフォータイム) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】ワンピースとレギンスのレイヤードコーデ春夏からやってるワンピ×レギンスの重ね着を、新しい季節に向けてブラッシュアップ! とろみカーキの開衿シャツワンピっていう甘くない女っぽさが今の気分にフィット。レギンスもトレンドのブラウンにはき替えるだけでたちまち大人モードに。袖をくしゅっとたくし上げた手首には太バングル、サイドスリット入りの足もとにはトングサンダルを合わせて、華奢さも軽さもこなれ感もいっぺんに叶えて。コーデは秋めいてもまだまだ暑い日は続くから、サングラスやメタリックバッグで夏っぽさをMIXして上級者っぽく♪シャツワンピース¥3990/アメリカンホリック(アメリカンホリック) レギンス¥5800/Stola. 靴¥7500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥19000/デミルクス ビームス 新宿 ヘアバンド¥600・イヤリング¥1200・バングル¥1300/お世話や サングラス¥34000/モスコット トウキョウ →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】ロングワンピのレイヤードコーデロングワンピをラフにはおってもきれいなのは、この配色だから♥ ミントグリーンもブラウンも可愛げと大人っぽさのある色。だからワンピをばさっとはおるような休日コーデも、ラフすぎない仕上がりに。パンツ¥17000/スピック&スパン ルミネ新宿店 ワンピース(ベルトつき)¥17000/AKTE トップス¥6000/ゲストリスト(アッパーハイツ) 靴¥5800/コンバース カチューシャ¥300/お世話や ピアス¥18000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バングル¥17000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】ワンピースとフーディのレイヤードコーデボーイッシュさがおしゃれなこの服こそ、上品でやさしいこの色がいい! 花柄ワンピとデニム、の上に。着慣れた服だけでつくるとびきり可愛いレイヤードの仕上げはブラウンのフーディ。その分靴やバッグは軽やかに、髪はタイトに結んでバランスをとって。フーディ¥10800/LEEマルシェ(12closet) ワンピース¥11000/プラステ パンツ¥24000(ジェーン スミス)・バングル¥35000(ノース ワークス)/UTS PR 靴¥10000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥15000/モットハウス・トーキョー(アバカ) ヘアバンド¥800/お世話や ピアス¥1400/ジオン商事(スリーフォータイム) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】ワンピースとボーダートップスのレイヤードコーデ気心知れた女子友に相談に乗ってもらう日。ワンピの中にボーダートップスを仕込んで袖のレイヤードを楽しんでみた。頭に巻いたスカーフ、イエローとのMIXもご機嫌!コーデュロイスカート¥29000/ブルーバード ブルバード ボーダーカットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 スリット入りニットワンピース¥29000/アルアバイル ローファー¥19800/アルアバイル ミニショルダーバッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) バングル¥18500/ガス ビジュー 青山 パール調ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) 柄スカーフ¥21800/シップス 有楽町店(アネ) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】透けるワンピースのレイヤードコーデ「大人の女性への一歩目は“秋だけど透ける服”。ごく自然にレディな気分になる季節ですね。私が女性らしさや品のよさを感じるのは、コーディネートに丁寧さや気遣いのある人。透ける服は下に服を重ねる必要があるからそういう気遣いも自然にできるようになる。こんな大人への第一歩、素敵だと思います」ワンピース¥29000/GREED International(グリード インターナショナル トウキョウ ストア) ジャケット¥79000/アルアバイル(カバナ) シャツ(メンズ)¥34000/メイデン・カンパニー(ヤン マッケンハウワー) パンツ¥26000/TICCA 靴¥48000(ペリーコ)・バッグ¥45000(モントゥナス)/プラージュ 代官山店 イヤリング¥7500/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(ヨキ) ネックレス¥700/お世話や バングル¥15000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る▲【秋のレイヤードコーデ特集】トップに戻る 【秋のレイヤードコーデ】トップスのレイヤードコーデ【秋のレイヤードコーデ】ブラウスとニットのレイヤードコーデボウタイブラウスはこの秋、注目のトレンドアイテム。レイヤードするだけでシンプルなワンツーコーデが最旬に。スカート(一部店舗のみ販売)¥1990/GU ニット¥16000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) ブラウス¥17000/ルーニィ バッグ¥8500/ココ ディール イヤリング¥1200/お世話や 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】白Tシャツとケーブルベストのレイヤードコーデ「いつもの白Tの上にはケーブルニットベストを。編み目がいとおしいケーブルニットは顔にも元気が出る気がして昔から大好き。この秋はベストのバリエーションが増えて早くから着られるのが超うれしいです(笑)。ノスタルジックな小花柄とのコーデなんて、おばあちゃんになっても好きだろうなぁ」ベスト¥8150/フリークス ストア渋谷 Tシャツ¥996(価格は編集部調べ)/三浦商事(ギルダン) スカート¥18000/ヌキテパ AOYAMA イヤリング¥9800/UTS PR(ルフェール) バングル¥33000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】ブラウスとスウェットのレイヤードコーデ「ボウタイブラウスで衿もとで遊びたい♡ 普通の服が好きな私が秋を待ちわびるのは、“重ねる遊び”ができるからなんです。衿もとのレイヤードなんて特にワクワク! 去年まではシンプルなハイネックでしたが、クラシカルブームの訪れにちょいと乗っかってこの秋はボウタイで遊びたいと思っています」ブラウス¥18000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 スウェット¥12000/メイデン・カンパニー(アップサイクル) スカート¥26000/パリゴ 銀座店(サクラ) ピアス¥17000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】白Tシャツとニットベストのレイヤードコーデニットこそ、いちばん新鮮なものを最初に買うべき。ブラウンの優しさも相まって“抜け感あるトラッド”を楽しめるニットベストは、まさに今、すぐ絵になるニット。ベスト¥36000/メイデン・カンパニー(アンデルセン-アンデルセン) Tシャツ¥7800/スローン スカート¥24000/アンシェヌマン(アナカ) 靴¥78000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥59000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ア バケーション) ピアス¥52000/TOMORROWLAND(イヴィ) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】カットソーとニットベストのレイヤードコーデレイヤードもさらりと決まる上品さや安心感はもちろん、それが今っぽいなんて最強。ベスト¥32000/ショールーム セッション(アダワス) カットソー¥17000/ボウルズ(ハイク) スカート¥29000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店 靴¥5800/コンバース バッグ¥17000/モットハウス・トーキョー(スーリョ) メガネ¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ 時計¥29500/オ・ビジュー(ロゼモン) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】フーディーとカットソーのレイヤードコーデフーディは新鮮なミントグリーン、花柄スカートはヴィンテージライクなブラウンベース。永遠に愛すべきこんなカジュアルから、今までと違う色使いで楽しんでみるのはいかが?スカート¥2990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード パーカ¥21000/アンシェヌマン(アナディス) カットソー¥790・ポーチ¥790/ジーユー 靴¥23500/ダイアナ 銀座本店 ピアス¥2100/お世話や バングル¥35000/UTS PR(ノース ワークス) →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】フォトTシャツとカーディガンのレイヤードコーデテイストミックスなカジュアルもさらりと、愛らしく仕上がる。甘ったるくない可愛げが出せる、淡くダスティなピンク×ブラウン。旬のフォトプリントやチェック柄の存在感もちょうどよくなる。スカート¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店 カーディガン¥39000/スローン Tシャツ¥13000/プラージュ 代官山店(ジェーン スミス) 靴¥36000/リーガル コーポレーション バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ ソックス¥1000/タビオ →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】タートルネックとシャツのレイヤードコーデ肌寒くなったらタートルと重ねて。裾を前だけインすれば、プリーツの表情を生かしつつ好バランスに着こなせる。スカート¥22000/ルーニィ シャツ¥9900/エメル リファインズ ルミネ新宿店 カットソー¥9500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(アナトリエ) 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 代官山 ピアス¥17000・バングル¥25000/UTS PR →秋のレイヤードコーデを詳しく見る【秋のレイヤードコーデ】シャツとカットソーのレイヤードコーデ薄手ならインナーにもなってくれる。パイソン柄のスカートでシャープに。スカート¥9050/フリークス ストア渋谷 シャツ¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 カットソー¥23000/スローン 靴¥19800/アルアバイル バッグ¥49000/ビショップ カチューシャ¥600・イヤリング¥1400/お世話や サングラス¥30000/アヤメ 時計¥24000/オ・ビジュー →秋のレイヤードコーデを詳しく見る▲【秋のレイヤードコーデ特集】トップに戻る 秋コーデ、秋ファッション関連特集もチェック♪【2019年】秋ファッションのトレンドは? - 注目のキーワードや、『ユニクロ』『ZARA』など人気ブランドの秋冬展示会秋のワンピース特集《2019秋》- 花柄、ニット、シャツワンピ。20代におすすめのかわいいワンピコーデまとめジャケットコーデ特集《2019秋》- トレンドのブラウンやチェック柄など、20代におすすめのレディースコーデチェック柄コーデ特集《2019秋》- 秋のトレンド! 大人っぽくてかわいいおすすめコーデまとめプリーツスカートコーデ特集《2019秋》- 今年のトレンドは? チェック柄やレオパード柄などおすすめはこれ!
  • 水曜日のねこたちへー明日のためのメッセージー #22。写真集「残念すぎるネコ」や「必死すぎるネコ」などで大人気の猫写真家 沖 昌之さんのネコ写真を心に響くメッセージとともに毎週水曜日にお届け。天才とは強烈なる忍耐者のことである。  レフ・トルストイ(ロシアの作家。1828-1910) 沖 昌之 おき まさゆき/猫写真家。主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気。写真集に『ぶさにゃん』『必死すぎるネコ』『残念すぎるネコ』『俳句ねこ』 『ヒミツのヒミツの猫集会』 など。最新刊の写真集『明日はきっとうまくいく』 『にゃんこ相撲 下町編 写真絵本』が絶賛発売中。 Instagram:@okirakuoki twitter:@okirakuoki カモチ ケビ子 かもち けびこ/名言選者。偉人の名言格言諺に励まされてきた人生。座右の銘「老いた雌鶏は良いスープを作る」。アラフォー婚活ブログ:アラフォーケビ子の婚活記。 Instagram:@kbandkbandkb
  • メイク上手に変われる 多色パレット  見るも鮮やかな配色のアイシャドウパレットが目白押し。相性が計算された色・異なる質感を重ねれば、メイクバリエも増え、上級者感が出せますよ!  byヘア&メイク中山さんこれ一つで4パターン LUNASOL ルナソル アイカラーレーション 01 ¥6200/カネボウ化粧品 ブルーがアクセントになる華やかな4色。繊細な色づきだからナチュラルに目元になじむ。 どんな私になる? 画像を押してチェックしてねブラウンと赤で囲んでちょい甘仕上げオレンジ&赤でちょいモードブルーをきかせて大人っぽクールポイント使いするブルーでポップに ブラウス¥1388/GRL(グレイル)How to Make up チップを使い、bを上まぶたにアイラインのように目頭〜目尻+2mm程度のせる。下まぶたにはaを太めのチップで目頭〜目尻までのせて。 ニット¥5980/EMODA ルミネエスト新宿店How to Make up dをアイホール全体に指でオン。bをチップに取り、上まぶたの二重幅に&下まぶたの涙袋あたりまでぼかすようにのせ、暖色系でレイヤード。 トップス¥4500/titty&Co.ルミネエスト新宿店 ジャンパースカート¥7900/dazzlinHow to Make up二重の線の上あたりまでチップでdをのせる。下まぶたにはcをチップで取り、目頭〜目尻までのせる。目尻を少し太めにしてブルーを強調。 トップス¥1657/神戸レタス イヤリング¥2200/サンポークリエイト(アネモネ) How to Make upaを指でアイホール全体にのせる。上まぶたの目尻のみにcを。細いチップに取り、黒目外側〜目尻+2mm、二重幅くらいの太さに入れて。 \これもおすすめ!/ヌーヴェル アイズ 28 ¥5500/エレガンス コスメティックス しっとり&サラサラのパウダーをセット。幅広いアイメイクが楽しめること間違いなしのきらめくパレット! カラーステイ ルックス ブック パレット 920¥1600/レブロン マット、パール、シマー、メタリックの質感が一つに。トーンが揃った配色は、多色メイク初心者にも。 サンククルール 517 ¥7700(限定発売中)/パルファン・クリスチャン・ディオール ビビッドからクールまで多様な5色でトレンド感ある目元に。組み合わせを変えて何色か使っても、ワンカラーで使っても楽しめる。 お墨つきをくれるのはこの人♡ ヘア&メイク中山友恵さん non-noの表紙も手がける大人気ヘア&メイク。 可愛いのにおしゃれで、程よく力の抜けた今どきメイクの達人。 モデル/鈴木ゆうか 撮影/峠雄三(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/斉藤ミク 構成・原文/浦安真利子 web構成/ 轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • この秋は、女らしさとほどよいモード感が備わったスタイルで着こなしを楽しみたい! スタイリスト・村山佳世子さんが、アラフィー世代を素敵に見せてくれるアイテムを使って、秋のコーディネートを指南。カジュアルな印象のオールインワンは、ジャケットを重ねるだけでオフィシャルな装いに。ラフなオールインワンをジャケットで格上げして「カジュアルアイテムであるオールインワンも、ジャケットと一緒に着ればオフィシャルな装いになります。コーデュロイ素材のジャケットとちょっとツヤ感のあるオールインワンという、素材のミックスが全身の奥行きの決め手に。仕上げには今シーズン注目の、きれい色の靴とバッグを合わせました」。 バングル¥80,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥69,000/トッズ・ジャパン(トッズ)【着用アイテム】オールインワン¥89,000/コロネット(エアロン)ジャケット¥59,000/ebure>>村山流秋の最旬スタイル 一覧はこちら撮影/長山一樹(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/浜島直子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ10月号掲載
  • 珍しく布団の中に入り込んできたモモ。なかなか慣れた具合に入ってくるじゃないか……。さてはおぬし、私が寝ている間に結構入り込んでるな(笑)?「実はココ、大好きポジションニャ♡」■名前桃太郎(モモ)■性別 男■猫種 MIX■生年月日 2014年7月(推定)■性格 何を考えているのかよく分からない■特技 意味ありげな顔をして、人間に『モモは何考えているのだろう』と考えさせること■好物 魚■マイブーム 10センチくらい開けた窓から外を見ること■チャームポイント 8キロのわがままボディ。体格に合わない短めの尻尾
  • 新時代の女性・レディMは自分の人生を愛している。仕事に打ち込み、世界を飛び回り、休日は緑の中で家族や愛犬とくつろいで。彼女が身を包むのはクラシック・モード、だけどその下には自由でインディペンデントな精神がのぞいている。「はじめまして」のネイビードレス¥1,055,000・イヤリング¥89,000・ブレスレット¥280,000・ブローチ¥78,000・バッグ¥487,000・パンプス¥90,000/シャネル 初対面の人から安心と信頼を得るために、彼女が選ぶのはネイビー。ミディ丈のドレスは丸襟やボレロを羽織ったようなフロントのデザイン、スカート部分のカッティングなど「まるい」ディテールが、モードかつやさしい雰囲気を演出する。雪の結晶のブローチとクリアバングルで自分らしさを。ストライプジャケットで颯爽とジャケット¥163,000・ニットトップス¥56,000・スカート¥102,000・スカーフ¥43,000・バッグ¥108,000・ブーツ¥158,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) 90年代ムードを漂わせるチョークストライプのジャケットが、凛としたまなざしによく似合う。ロング丈のジャケットにミニスカート、ロングブーツでアクティブに。首元にさっとあしらった鮮やかな色のスカーフが彼女のトレードマーク。彼女が選ぶのは、モダン・パールドレス¥208,000・ブローチ¥55,000(ともに予定価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)「ノット ピアス」〈K18YG、淡水真珠〉¥580,000/TASAKI(M/G TASAKI) まろやかな真珠の輝きを愛するレディM。ブルーグリーンのドレスをまとったその横顔にはイエローゴールドがしなやかに結び目を形づくるモダンなピアスが輝いて。しあわせの黄色をまとってケープ¥804,000・ドレス¥225,000(ともにヴァレンティノ)・帽子¥101,000・ブーツ¥143,000(ともにヴァレンティノ ガラヴァーニ)/ヴァレンティノ インフォメーションデスク イエローは彼女のラッキーカラー。ウールのケープに、同色のドレスを身に着ければ自然に体がリズムに乗って動き出す。ふわりと広がるシルエットが美しい。愛犬とたわむれる日曜日カーディガン¥61,000(予定価格)・ブラウス¥64,000・パンツ¥64,000・靴¥50,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)「シェル ピアス」〈K18YG、淡水真珠〉¥380,000/TASAKI(M/G TASAKI) 休日は、緑の中で思う存分愛犬と触れ合う大切な時間。フリルブラウスに重ねたトマトレッドのカーディガンは愛犬のリードの色とお揃い。自分に自信をくれる唯一のコートコート¥539,000・中に着たレザージャケット¥476,000(参考価格)・ベルト¥59,000・バッグ(ストラップつき)¥365,000・パンプス¥138,000(参考価格)/ジバンシィ表参道店(ジバンシィ) ストッキング/スタイリスト私物 トラスティな装いのための、とっておきのコート。さりげないビッグショルダーとポケットのディテールがアクセント。ベルトをきゅっと締めて、彼女は今日も自分の人生へと漕ぎ出す。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「レディM:令和の女」photography: Masanori Akao〈whiteSTOUT〉 styling: Yuuka Maruyama〈makiura office〉 hair: JUN GOTO make-up: NAOYUKI WATANABE〈3rd〉 model: Yuna Mori   
  • 「しっかりとした物作りをしているブランドが好き」と言うスタイリスト村山さん。ここでは、その物作りを堪能できるジャパンブランドをフィーチャーしたマリソルから発売された初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』が5万部に達する大ヒット! 高い審美眼と圧倒的なセンスに、ますます注目が集まる村山佳世子。彼女がマリソル世代に届けたい真の名品とは? まさに一生ものと呼べるアイテムだけが集結。 むらやま・かよこ●文化服装学院スタイリスト科卒業後、アシスタントを経てスタイリストデビュー。25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍する。その審美眼とセンスで、読者はもとよりファッション業界や人気モデルたちからも、圧倒的な支持を集めている SLOANE スローンのハイゲージニット仕事でもプライベートでも頼りっぱなし。名脇役のベーシックニット実はまだブランドの立ち上げから数年しかたっていないスローン。でも着ている人を見ると、"そのニット、スローンでしょ"って、すぐにわかっちゃうんです。こんなにベーシックなデザインなのに、それってすごいブランド力なんだと思います。アイテム数や素材のバリエーション、サイズ展開の豊富さもさることながら、"あくまでも名脇役でありたい"というブランドコンセプトにも脱帽。仕事でもプライベートでも本当に頼りにしています。ユニセックスで着られるベーシックなニットを、1 ~ 5 のサイズで展開。「同じ形のニットでもサイズが違うと雰囲気がガラリと変わるので、サイズ違いで着る楽しみもあります」と村山さん。定番のVネックカーディガンはシルク100%素材で、季節を問わず着られる一枚。モデル着用サイズは4 。カーディガン¥31,000/スローン パンツ¥38,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) TASAKI タサキのパールジュエリーモダンかつモードなパールを、日常のコーディネートにひとつパールはやっぱりジャパンブランドが秀逸だと思う。日本でパールを買う外国人が多いともよく耳にします。私はフォーマルな日にパールをつけるだけでなく、日常のコーディネートにカジュアルにパールをつけるスタイルが好きで、仕事のスタイリングにも欠かしません。TASAKIのパールはラグジュアリーながらもデイリーコーデに寄り添ってくれるモダンさがある。本来はクラシカルなはずのパールに、モードなムードを感じるのです。日本有数の老舗ジュエラーであるTASAKI。人気デザイナーのタクーンがデザインした「バランス」コレクションが、唯一無二の存在感を放つ。 パールネックレス(長さ約100㎝、18Kホワイトゴールド、あこや真珠約7㎜)¥736,000・ア シークレット ネックレス(長さ約40㎝、18Kイエローゴールド、あこや真珠約7㎜)¥452,000・バランス シグネチャー ネックレス(18Kイエローゴールド、あこや真珠約8.5㎜)¥435,000・バランス エラ リング(18Kイエローゴールド、あこや真珠約8㎜)¥215,000/TASAKI HYKE ハイクのミリタリージャケット見つけたら手に取ってほしい、メンズライクなのにどこか女らしい一枚ハイクの服って簡単には手に入らないんですよね。直営のショップも、オンラインショップもない。欲しいアイテムがある時は、頑張って探す。だから手に入れた時の達成感は格別なんです。オーセンティックなデザインを踏襲したミリタリージャケットは、こんなにメンズライクな本格派なのに女性が着やすいように絶妙にモディファイされている名品中の名品。大人の女性が袖を通した時にこそ、女らしさがきわだつ気がします。2009年以降、活動を休止していた人気ブランド「green」のデザイナー、吉原秀明氏と大出由紀子氏が、13年に「HYKE」をスタート。ミリタリー、アウトドア、ワークテイストのアイテムを中心に、レディス服を展開する。アディダスやザ・ノース・フェイスとのコラボレーションも話題に。ジャケット「M-51 TYPEFIELD JACKET(BIGシルエット)」 ¥38,000/ボウルズ(ハイク)EYEVAN アイヴァンのサングラスファッション性も実力もNo.1 。豊富な展開から好みの一点を見つけてアイヴァンの色や種類の豊富さを表現したくて、欲張ってたくさん撮影してしまいました(笑)。黒やブラウンをはじめ、カーキやベージュなど流行のニュアンスカラーがそろっているから、見事にどんなコーディネートにも寄り添ってくれるんです。さらには、そのファッション性もさることながら、メガネブランドならではの機能性ももちろん高く、私は車を運転する時、その実力を実感します。すごく視界が広い。ぜひ、試してみてください!1972年、"着るメガネ"のコンセプトのもとに誕生した日本初のファッションアイウエアブランド「EYEVAN」。そのクラフトマンシップを引き継ぎ、企画・デザイン・製造のすべてを日本で行う「EYEVAN 7285」を、2013年にスタート。 上から1 番目(ピンク)¥48,000・3 番目(カーキ)¥49,000・5 番目(ベージュ)¥46,000・6 番目(ブルー)¥48,000・7 番目(カーキ)¥55,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) 2 番目(アイボリー)¥36,000・4 番目(ブラウン)¥32,000・8 番目(ブラック)¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン)Harpo アルポのターコイズアクセサリー40歳からが本番。大人のための名品アクセサリー若いころ、年上のおしゃれな女性がターコイズのアクセサリーを身につけている姿を見て、なんて素敵なんだろうと思ったことを覚えています。ターコイズって大人の成熟した肌に合うのでしょうか。いつの間にか私にも、似合うようになってきたのを実感します。アルポはフランスのブランド。フランス人の目を通したインディアンジュエリーはエスニックテイストのほどよい引き算が上手で、洗練されたムードが手に入る。それぞれに個性があるので、運命の一点を見つける楽しみもあります。1971年にパリで創業した、ターコイズをはじめアメリカンインディアングッズを扱うセレクトショップ。洗練されたテイストに定評があり、日本での取り扱いも増加中。 ネックレス¥75,000/エスケーパーズ(HARPO) バングル(花型)¥25,000・(バー型)¥74,000/ウィム ガゼット青山店(HARPO) ニット¥49,000・パンツ¥45,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)【Marisol9月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア/shuco(3rd) メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/竹下玲奈 取材・文/磯部安伽 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
  • 幼少の頃から常に本と一緒に歩んできた私は、マンガも常に一緒。映画や小説と並び、マンガも大好き。少女マンガも少年マンガも、20代の頃は毎週何冊も買って夢中で読んでいたものです。今回、そんなマンガ好きのためにある、秋田県横手市増田の「増田まんが美術館」と、先日行った秋田県立近代美術館へ再度来館。まずは近代美術館で開催されている「ビッグコミック50周年展」、こちらへは前回一緒に行ったM子ちゃんとまた2人で。M子ちゃんも私と同じくマンガ大好き女史なのです。ビッグコミック展、嬉しいことに、なんと展示室全て写真撮影OK!ズラリと並んだ原画の数々、撮影した写真はSNSにどんどん載せてかまわないなんて、なかなかありませんよね。様々なメモ、赤ペンで書いたものなど、指示でしょうか、ほとんどの原画に何かが書かれています。吹き出しのセリフは、別の紙に打たれたものが貼られてました。なるほど、こんな過程で最終的にマンガ本となり、店頭に並ぶのだなと、興味深く見て、撮影してきました。色づけされた原画も、とても美しい作品でした。1968年創刊のビッグコミックには、藤子不二雄先生(現・藤子不二雄A先生と、故・藤子F不二雄 両先生のコンビ)、石森章太郎先生、手塚治虫先生、水木しげる先生、さいとうたかを先生など、ビッグネームがずらりとならんでます。1969年から始まった、さいとうたかを先生の「ゴルゴ13」は、言わずと知れたビッグコミックの顔とも言うべき連載でしたね。80年代頃のもので、私のど真ん中を突いたのは、紫門ふみ先生の作品群。月9と言われたドラマ、その他ドラマ化されたもの、たくさんありましたね~。最後の展示室にはズラッと並んだビッグコミック!!思わず「おお!」と声が出ました。ビッグコミックはその時その時の人気者の似顔絵を表紙にしていて、それも楽しみのひとつ。「芸能人とスポーツ選手、あとは政治家だねぇやっぱり。」と言いながら、眺めていたM子ちゃんが、「それ以外の表紙見つけた!」と。見ると、リカちゃん人形が。リカちゃんは私と同じ年齢なので、一緒に記念撮影。ぜ~んぶ撮影OKの「ビッグコミック50周年展」、こちらは9月8日まで。ゴルゴと一緒に撮影するのを忘れたのが悔やまれますが、とても楽しめました。原画は想像以上に見ごたえあり!次の日、私1人で増田まんが美術館へ。こちらは1995年に開館した、日本初の本格的まんが美術館。原画所蔵枚数は日本一を誇ります。2017年から2年間かけてリニューアルし、今年の5月1日から再開されました。自然の中の広々とした敷地にある、ひときわ目を惹く建物に、念願の初来館。入り口をくぐると正面の受付の後ろには売店があり、その壁の1枚を人気マンガのひとコマひとコマが集まり、ドーンと埋めています。売店前には、遊び心いっぱいの「ウオオオー」という文字のソファー。2階へ昇る螺旋階段から見つけて、思わずクスッと笑ってしまいました。入り口を通って振り返ると、リニューアルオープンに向けて依頼された里中満智子先生が、万葉集を題材として描いた「万葉の集い」が展示されています。「万葉の集い」が出来上がり、まんが美術館へとやってきたあとに、万葉集の梅花の歌からの出典である新元号「令和」が発表になり、この奇跡のような偶然に、職員の皆さん驚いたそうです。里中先生、すごい!1階にはマンガの蔵という所蔵庫があり、ここ増田出身の漫画家である矢口高雄先生の「釣り吉三平」の、三平くんが行く先々で案内をしてくれていて、ここでも三平くんがにこやかにご案内。以前紹介した蔵の町・増田、それゆえに「マンガの蔵」と名付けられた原画を保存するこの蔵内、撮影はできませんが、ここはぜひ見てほしい。大事な原画の保存においては、紙の専門家に相談をし、劣化を防ぐために厳重かつ細やかな気配りで温度・湿度管理をし、壁一面、床から天井までの引き出しには1枚1点、原画が22万点以上保管されているそうです。容量としては、ガラス張りの開架倉庫に約30万点、見えない部分の閉架倉庫に約40万点原画を保管できる、大容量の所蔵庫。ヒキダシステムと名付けられた、ガラス張りになった引出しの収納は、自由に開けてその中の原画をじっくり見ることができます。服の柄などに使うトーンなど、綺麗に貼り付けられ、番号が書かれているのも確認。知らない世界をのぞいたようで、とても楽しい。蔵には原画をデジタルデータ化して保存するアーカイブルームがあり、何人かのスタッフさんが作業している姿が。そこでデジタル化された原画は大型タッチパネルで見ることができます。現在このマンガの蔵に作品を預けている作家先生は179名、その中でほとんどの作品を預ける大規模収蔵作家先生は8名。これからさらに増えることでしょう。「東京タラレバ娘」などで人気の東村アキコ先生の作品も預けられているそうです。東村先生は今年、コミック界のアカデミー賞ともいわれる、米国アイズナー賞最優秀アジア作品賞を受賞しました。素晴らしい!まんが美術館は、当初増田出身の矢口高雄先生の記念館にする予定だったのですが、矢口先生が「記念館ではなくて、漫画家先生たちの原画などを集め預り、美術館のようにしたい」との一言で、今に至ったのだそうです。素敵なお話しです。館内には、いたるところにマンガ本が並んでいて、椅子、ソファー、寝転びスペースなどで、自由にマンガを読むことができます。本物のブナの木に画像が映りこむ、原画の展示室にも読書(読マンガ?)スペースが。近くで撮影はできませんでしたが、こちらの展示室には色鮮やかな原画などがたくさん壁に展示されています。74点しか展示できないため、120名の日本の作家先生の作品を定期的に替えながら、展示しているそうです。2階には、名台詞ロードと呼ばれる通路があり、様々なマンガの吹き出しでいっぱい!その中でも撮影スポットとして1番人気の「北斗の拳」、ラオウの名台詞前で、私もパチリ。案内してくた美術館職員の佐々木さんも、マンガのコマ前で、パチリ。ハリウッド女優のクリステン・スチュワートに似た雰囲気の美人さんです。2階にあるマンガライブラリーには、話題作や展示原画の作品などなど、なんと約25,000冊が揃い、その全てが読み放題!夏休みなので、お子さんたちも多かったのですが、大人も、特にシニアと見受けられる方々、多かったですね~。私と同じくマンガ好きさん、やはりたくさんいるんですね。仲間意識が湧いてきました。1階に戻り、マンガカフェを見学。カフェの壁には漫画家先生たちの直筆イラストがたくさんあります。これには驚きでした。直筆なんですから!白を基調にしたスッキリ広いカフェ、テーブルにはセリフの吹き出しが描いてあり、そのセリフを秋田弁にしたものなど、こちらにも遊び心が。メニューも、マンガにちなんだ楽しいものが盛りだくさん。マンガのコラボソーダが人気で、イラスト入りのコースターがついてきます。持ち帰り、もちろんOK。現在開催中のイベント、特別展示は人気マンガ「鋼の錬金術師」、9月29日まで。秋田県立近代美術館のビッグコミック50周年展と、こちらの鋼の錬金術師展、両方に行ってチケットを持参すると、ビッグコミック50周年のポスターと鋼の錬金術師オリジナルステッカーをプレゼント。先着300名様ですが、まだ間に合うそうなので、行ける方、ぜひ!今回はマンガを心から堪能できて、あらためて自分のマンガ好きを確認、今や日本の文化のひとつにもなったマンガ、その原画も見ることができて、童心にかえりつつ、大人の目で原画の緻密さや、線・色、初めて知ったアーカイブ作業を見て、深く楽しく感動してきました。近代美術館での次回の企画展は伊藤若冲、まんが美術館ではオノ・ナツメ先生の作品展示です。まんが美術館では作家先生のサイン会も開催されたりしますよ。ご興味のある方、下記サイトから調べてみてくださいね。秋田出身の漫画家先生も多く、まんが美術館には矢口高雄先生、高橋よしひろ先生、倉田よしみ先生、きくち正太先生、土田世紀先生、おおひなたごう先生、こちらの6名の秋田出身先生の作品も並んでいます。増田まんが美術館 秋田県立近代美術館
関連キーワード

RECOMMEND