【ベージュ/カーキ/ブラウン】いちばんおしゃれに見える色・買うべきアイテムリスト☆

DAILY MORE

ベージュ、カーキ、ブラウン。注目3色で買っておきたいアイテムとは?

この色でいい、じゃない。この色がいい! ベージュ、ブラウン、カーキで“何を選ぶか”に大切な意味がある。似ているようで、少しずつ違う。それぞれの色の“長所に甘える”、“長所を生かす”アイテム選びが、ムダのないワードローブと絵になるコーデのベースを作るんです。

ベージュは"今っぽい"もの!

さりげなく、やわらげてくれる色だからおしゃれの冒険をするくらいがちょうどいい!
A.いちばん新鮮で、ハッと目が留まる柄。ベースがベージュの“マイルドレオパード”なら悪目立ちすることなく、軽やかに、爽やかに。¥22000/ルーニィ
B.セットアップが映すのはこの春トレンドのきれいめ気分。ベージュだから堅苦しくなくおしゃれに着られる。ジャケット¥32000・パンツ¥16000/ルーニィ
C.やわらかで上品なベージュの力で、“本気じゃないスポーティ”の絶妙さ。¥29000/ボウルズ(ハイク)
D.ギャザーやパフ袖。甘さのある服も決して子供っぽくしない。¥13000/セルフォード ルミネ新宿1店

ブラウンは"シンプル"なもの!

この色っていうだけで最高に今っぽいから、やりすぎない“普通”のデザインがむしろいい。
E.女性らしいシックさとわざとおじさんみたいなおしゃれ感。ブラウンだから一枚にふたつの魅力。¥26000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)
F.どんなトップスもたちまちおしゃれに。シルエットの美しさも際立つ。¥31000/FUN Inc.(アイロン)
G.Tシャツなのにブラウスのきれいさもいいとこ取りしたような。¥8000/ビショップ(ハンドバーク)
H.ブラウンのプリーツスカートは“大人の余裕”で着るイメージ。新たなフェミニンを教えてくれる。¥22000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山)

カーキは"女っぽい"もの!

メンズライクなカッコいい色だから、上品で凜とした理想の“女っぽい”に近づける。
I.女っぽいカーキでまず手に入れるべきは“フィット&ちょいフレア”のワンピース。ウエストはキュッと結べるデザインで。¥40000/FUN Inc.(アイロン)
J.シャツとブラウスの“ちょうど真ん中”のトップスは淡いトーンのカーキがいい。¥17000/リエス
K.肌見せが絶対下品にならないこと、肉感を拾いすぎず、細く見えること。それもこの色のいいところ。¥23000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山)
L.これからのカーキのボトムのスタンダードは、カーゴパンツじゃなくてこっち。¥18000/ルーニィ

ベージュ、ブラウン、カーキはどう合わせても可愛い♡ スタイル見本帖

レオパードスカート+とろみノーカラーシャツ
とろみ素材なら、わざと体を泳がせる。きれいな落ち感に身を任せれば、それだけで素敵! 曖昧な色のトーンに、てろてろと曖昧な質感。メリハリをつけないことで、上手に体のラインを隠しながら“なんとなくおしゃれ”なムードに変わる。だからシャツはあえてインせず、ゆるっと着るだけ。
Gジャン¥28000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥36000/バーニッシュ バッグ¥26000/エリオポール代官山(デルコンテ) ピアス¥2800/ジオン商事(セピカ)
アノラックプリーツスカート
素材の“かたさとやわらかさ”でメリハリをつくってみる。着心地はラクしながら、いちばんおしゃれっぽい! はり感のあるトップスと、ひらひら揺れるスカートと。近いトーンの色同士を合わせるからこそ質感の違いがメリハリになり、おしゃれ上級者へと近づく。
靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥22800/セムインターナショナル(エンシャラー) ピアス¥4600/シップス 渋谷店(インク アロイ) ブレスレット¥7000/アルアバイル バングル¥6000/UTS PR(ノース ワークス)
フレンチシックブラウスタックワイドパンツ
インする? アウトする? 今までとは“逆”がいい。ブラウスならミニマルに、衿があるトップスはラフに。今までブラウスはアウトして可愛く着ていた人も、これからはインしてみて。ふんわりやわらかな色合い、きゅっとミニマルなシルエット。その対比が導くのは、決して退屈ではない“絵になる”上品さ。
靴¥22000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ツル バイ マリコ オイカワ) バッグ¥16000/モットハウス・トーキョー(スーリョ) イヤリング¥11000/エリオポール代官山(ドミニク ドゥネーヴ)
プリーツスカート開襟シャツワンピース
長いものに、さらに長いものを重ねる。“ワンピース=一枚で着る”、のちょっと先へ行ってみよう。ワンピースの下に重ねるプリーツスカート。いちばん今っぽいレイヤードでつくる“おしゃれな体”。リーンなシルエットは凜とした美しさと自信につながる。
靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) 帽子¥18000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) イヤリング¥9800・リング¥25000(2点ともルフェール)・バングル¥29000(ノース ワークス)/UTS PR
ポロニットタックワイドパンツ
逆に衿のあるトップスはきれいに着るだけでは少し退屈。ボタンはきっちり留めて、裾はラフに出す。そんなおしゃれなパラドックスで着くずす感覚で。
靴¥24000/フラッパーズ(スペルタ) バッグ¥6500/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(リラキャンベル×バブファン×ナノ・ユニバース) ヘアバンド¥800/お世話や イヤリング¥6500/デミルクス ビームス 新宿(ジュール クチュール)




撮影/三瓶康友(モデル) 魚地武大(TENT/製品)  ヘア&メイク/河嶋 希(io)  モデル/佐藤栞里 スタイリスト/石上美津江 撮影協力/丸ビル三菱地所

関連記事
  • ボトムとの間をつなぐタイツをチェック。今季のどんなスタイルにも合うのは、ニュアンスグレーのタイツだった!■優しくて表情豊かな杢グレーがベーシック服をアップデート 濃淡2色の糸で作られた霜降り状の杢グレータイツ。きちんとスカートとベーシックな黒ブーツのすき間で、足もとから抜け感を演出。タイツ¥1,000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) 靴¥41,000(バーニーズ ニューヨーク)・Tシャツ¥17,000(キュール)・ネックレス¥18,000(ヘルニーナ アセンズ)/バーニーズ ニューヨーク コート¥135,000/エイトン青山(エイトン) スカート¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)★17℃の50デニール杢調プレーンタイツ¥1,000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) ★17℃の50デニール杢調プレーンタイツ 詳細・購入はマリソル公式通販へ > ■まろやかモカグレーのタイツがベージュやブラウンと相性抜群 ベージュ寄りの赤みのあるグレー。ブラウンタイツよりも都会的。靴¥35,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) ニット¥36,000/スローン ジャケット¥38,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) スカート¥18,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥32,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン)★タビオの40デニール無地モカグレータイツ¥1,200/タビオ(タビオ) ■マットな質感のコットンタイツで美女スカートも色気ほどよく 光沢感のないコットンならではの風合いが、少しカジュアルな印象。保温性・通気性・吸湿性に優れ、さらっとした心地よい肌ざわりが特徴。また、ニュアンスカラーの色出しも絶妙。★ピエールマントゥーのCOLLANTCOTTON70FERROタイツ¥5,800/ステッラ(ピエールマントゥー) 靴¥72,000/デミルクス ビームス 新宿(ペリーコ) シャツ¥28,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥38,000/サザビーリーグ(デミリー) スカート¥17,000/リエス バッグ¥37,000/ヴァジック ジャパン(ヴァジック) ★ピエールマントゥーのCOLLANTCOTTON70FERRO 詳細・購入はマリソル公式通販へ > ■透ける30デニールのグレーは白ボトムともなじみがいい 黒だと対比が強すぎるし、意外と迷う白スカートのタイツ選び。ほどよくヌーディな透けるグレーを推奨。靴¥85,000(クレジュリー)・バッグ¥39,000(パオロ マージ)/レリタージュ マルティニーク ニット¥26,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) スカート¥23,000/RHC ロンハーマン(RHC) ブレスレット¥12,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール)★フランティカクローゼットのホースグレータイツ¥600/福助(フランティカ クローゼット)  マリソル公式通販サイトで”ニュアンスグレータイツ”をさがす > 【Marisol11月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 構成・文/東原妙子
  • ノーカラー、Vネック、ショート丈なら旬のレイヤードもすっきり決まる♪アウトで着たいベルトつきブラウスに裾揺れスカートで、ほどよく力の抜けた大人のフェミニンコーデに。タートルネックとローファー、上下に少しの黒を足すだけでメリハリもばっちり。そろそろはおりものが欲しいけどコートはまだ早い、今の時期にぴったりなショートブルゾンでさらなるスタイルアップを。ノーカラー&Vネックのすっきりデザインならトップスのレイヤードも重たく見えないし、顔まわりがきりっと品よく仕上がって。こんな新鮮バランスで秋のトリコロールコーデを素敵にセンスアップ♡ ストールつきブルゾン¥42000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 ベルトつきブラウス¥6500/アパートバイローリーズ カットソー¥4900/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 スカート¥28000/アンシェヌマン(アナディス) 靴¥26000/ジオン商事(ドレスレイブ/ファビオ ルスコーニ) バッグ¥20800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥2800/サンポークリエイト土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/田村昌裕(FREAKS) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/辻村真理
  • マリソルオンラインで人気の月間ミディアムヘアランキングTOP10を発表!※集計期間:2019年9月17日(火)〜10月14日(月)<ミディアムヘア1位><ミディアムヘアスタイル1位>ストレート×ヴィンテージカラーで長めスタイルをちょっとクールに大人が直球のストレートヘアにすると髪悩みが露呈しやすいので、あえてくせ毛を生かした"ほのかな揺れ"を出して。全体はレイヤーなしのワンレンベース。顔まわりのみにレイヤーを入れて、下ろしてもかき上げても、両方決まるように微調整。フォルムが重めなぶん、髪色は抜け感のあるヴィンテージカーキを選び、根元6トーン→毛先9トーンのグラデーションに。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・細硬さ・柔クセ・強 担当サロン:DIFINO aoyama 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代 <ミディアムヘア2位> ひし形フォルムのミディアムはお悩みにきく万能スタイルペタンとつぶれやすいネコっ毛は、レングスが長くなるほどボリュームダウンしやすいのが悩み。そこで"ひし形フォルム"に近づくようにトップの髪をグラデーションカットで丸みをつけて、毛先とあえての段差を作る。ひし形フォルムのメリットは、くびれがあることで頭の上半分にボリュームが集まって見えること。小顔効果も絶大。さらに透け感のある前髪を深めに作ることで、ヘアスタイルに立体感をプラスしつつ華やかな印象の演出もサポート! 【SIDE】 【BACK】 DATA量・普 太さ・細 硬さ・柔 クセ・無 担当サロン「SINCERELY」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル3位>ツヤミディアムはトレンドのくびれを作りラフな印象を演出してオフィスでもプライベートでもシーンを選ばず好感度を上げてくれるツヤミディアムも、トレンドのくびれを作りラフな印象を演出して。トップの髪には丸みのあるフォルムになるようレイヤーを。耳下の髪は重さを残してカット。上下の髪をつなげないようにカットすることで、昔のような"ペラペラ"さは皆無の重めくびれが出現。毛先に1回転、トップは2回転で根元を立ち上げるように、メリハリフォルムを支えるパーマを仕込むのもポイント。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「PearL」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル4位>ミディアムのひとつ結びはゆるませすぎないさじかげんで、こなれて見える【40代のヘアアレンジ】鎖骨下レングスのミディアムは、ゆるっとしたおしゃれ感のあるひとつ結びを。後れ毛を出しすぎないのが大人のポイント【SIDE】 →☆ヘアスタイルの作り方はこちらでチェック! 【Marisol9月号2019年掲載】撮影/岡部太郎(SIGNO/人物) 草間智博(TENT/物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/池田メグミ モデル/今井りか 竹内友梨 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル5位>動きがあるのに品もある絶妙くびれミディアム きれいめファッションが好きな女性が、品よく動きのあるミディアムを堪能できるのがこのツヤ×くびれヘア。全体は重めにカットしているけれど、動きを出すために毛先のみに少しレイヤーをON。さらに全体へ大きめのスパイラルパーマをかけることで、外ハネの毛流れが生まれるように計算。華やかで今っぽい動きはあるけれど、全体はツヤを残した重めベースに。 【SIDE】【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル6位> いろんな表情を生み出す長めニュアンス前髪をポイントに"蛯原ミディアム"はマリソル世代からも高い支持を得ているスタイル。「いろいろ失敗も経て、自分らしい髪型は柔らかくて空気感のある質感だなと気づきました。柔らかい雰囲気を左右するのはアレンジのきく前髪。以前、パッツン前髪にしていた時は、どう動かしても堅い印象になって洋服が似合わなくなってしまって。あとは内側やもみ上げにレイヤーを入れて、アップにした時の後れ毛ニュアンスも仕込んでいます(蛯原さん)」【SIDE】【BACK】 撮影/岡部太郎(SIGNO)ヘア/Dai Michishita メイク/水野未和子(3rd)スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル7位> パーマスタイルが教えてくれた、今の自分にしっくりくる髪と服ロング×パーマの五明さんを見たのは久しぶり。「昨夏にパーマをかけたんです。撮影でクルクルにアレンジされることが増えたので、こんな感じが今の私に合うのかも、と思って久しぶりの挑戦。そうしたらまとまりがよくなってセットも楽に! パーマ=古くさいというイメージを払しょくできたのも発見でした。不思議なのが、髪型が変わったら、プライベートで着る服が変わったんです。髪型って女性のイメージを左右すると実感(五明さん)」【SIDE】 【BACK】 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹  メイク/水野未和子(3rd)  スタイリスト/福田亜矢子 モデル/五明祐子 取材・文/松井美千代 <ミディアムヘアスタイル8位> ウルフの女っぷりを上げているのはアンニュイな前髪と柔らかな毛流れ自然に首もとに沿う、ウルフの長めの毛先が大人の色っぽさを表現しているSHIHO’sスタイル。「くせ毛を生かすためのレイヤーを入れています。昨年カットしたウルフが伸びただけなんだけど(笑)、イイ感じのニュアンスが出せるし、セットも楽なんですよ。ラフなスタイルは好きですが、マリソル世代ならきれいな質感も必要。私もヘアケアはとても意識していて、アウトバストリートメントや髪にいいサプリで美髪を育てています(SHIHO)」【SIDE】【BACK】 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/YUJI TAKEUCH(I BALLPARK) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/SHIHO 取材・文/松井美千代 <ミディアムヘアスタイル9位>おしゃれな空気感をまとえる切りっぱなし風ミディアム長めヘアでトレンド感を演出するなら、こんな切りっぱなし感のあるミディアムを。毛先はワンレングスにカットしているけれど、表面の髪にはふんわりとボリュームを出すためのレイヤーを入れて。大人のヘアはトレンドを取り入れるだけでなく、ちょっとした仕込みが大切。毛先1 カールのパーマをかけることで肩についた毛先がハネやすくなり、今どきの外ハネスタイリングがしやすく。ラベンダーアッシュの髪色でツヤとボリューム印象をプラス。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・柔クセ・弱 担当サロン「S. HAIR SALON」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル10位> 切らなくても印象更新!ボディパーマであえての“外ハネ”髪を伸ばしている途中だから、印象は変えたいけれど、あまり切りたくない……。そんな願いを解決できる、パーマでデザインされた外ハネ×ミディアム。全体はワンレングスにカット。そこに大きくうねるボディパーマをプラスして柔らかい動きを演出。さらに長めの前髪にも、後ろに流しやすくするためのリバース巻きのパーマをかけて。全体は重めベースだが、流し前髪があることでエアリーな印象も与えることができ、女っぽさも表現できるスタイルに。【SIDE】【BACK】 DATA量・多太さ・太硬さ・硬クセ・無 担当サロン「broocH」【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代
  • DAY20 新人さんに呼び止められた。お昼行こうとしてたのに〜「鈴木さん、確認お願いします」と新人さんに呼び止められた。今日こそ人気屋台のガパオを食べたかったのに。心の中で嘆きつつ、涼しい顔で応対。ジャケットの王道平日コーデは、バッグでチェック柄をリフレインして後輩と差を。「ここ抜けてるよ、チェックを重ねてね」。撮影場所/TRI-SEVEN ROPPONGI 撮影協力/Pembrokeチェック柄のジャケット¥49000/アンティット ネイビーのブラウス¥9990/プラステ グレーのスティックパンツ¥21000/スタニングルアー 青山店 白甲深パンプス¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店 チェック柄バッグ¥35000/コード(ヴァジック) パールピアス¥11000/フリークス ストア渋谷(ヴェラッティ) 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン) ベルト¥6800/ユニバーサルランゲージ渋谷店 靴下¥900/タビオ▶︎▶︎▶︎『柄アイテムが必要だ。着回し30days』とは? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/谷口大輔 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/石田 綾 撮影協力/とらや赤坂店 LYURO 東京清澄 -THE SHARE HOTELS- PITMANS プロップス ナウ アワビーズ TITLES
  • “秋の水色”が着こなしに上品さと鮮度をくれる甘すぎない可愛さが叶うのが、明るいけれど深みのある水色・サックスブルー。秋コーデのマンネリ解消だけでなく、印象操作もできる旬色と一緒に、もっとおしゃれを楽しもう♬サックスブルーのシャツ×小花柄プリーツスカート小花柄プリーツの甘さを控えめに、ゆるいシルエットをほんのりヘルシーに。媚びない可愛げが叶う着こなし。シャツ¥15000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 スカート¥3400/ラコレ カットソー¥11000/シンゾーン ルミネ新宿店 バッグ¥22000/エスストア(シー) イヤリング¥1800/ジオン商事(スリーフォータイム) リング(5本セット)¥1500/お世話やサックスブルーのモヘアニット×ボウタイブラウスモヘアの風合いときれいな発色で、クラシカルな装いに華やぎを。首もとからボウタイをたらすワザも映えて。ニット¥23000/エリオポール代官山(ハーレー オブ スコットランド) ブラウス¥17000/アルアバイル パンツ¥9900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥62000/TOMORROWLAND バッグ¥27000/ショールーム セッション(ポティオール) ピアス¥2000/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥3500/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店サックスブルーのシャツワンピース×白ニットシャツワンピにニットを重ねて、ふんわりとした白と、サックスブルーを半分ずつ。大人だけど可憐なバランス。ワンピース¥24000/アンシェヌマン(アナディス) ニット¥24000・バッグ¥25000/アンティット ターバン¥800/お世話や ピアス¥6500/エリオポール代官山 バングル¥27000・リング¥23600/シップス 渋谷店サックスブルーのガウチョパンツ×紺ブレ紺ブレがこんなにも女っぽくなるなんて。背伸びしたいデートに最適!パンツ¥21000/バーニッシュ(ロイヤル バーニッシュ) ジャケット¥79000/アルアバイル(カバナ) ニット¥7000/ラシア 靴¥79000/プラージュ 代官山店(ポール アンドリュー) バッグ¥32000/ADINA MUSE SHIBUYA イヤリング¥6000/デミルクス ビームス 新宿 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/金谷章平 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/石上美津江
  • アウターの上からベルトでキュッと絞るのが新潮流。付属のベルトがないものは手持ちベルトでマークして。流行の淡色ワントーンをベルトで引き締め ボリューミィなカーデのワントーンな着こなしに、ベルトが引き締め役として活躍。 カーディガン¥13000・ベルト¥7800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) ブラウス¥4900/UNRELISH スカンツ¥2900/INGNI ピアス¥3500/ROSE BUD新宿店(SHOW SHOW SHOP) バッグ¥12000/アンビリオン(ペルケ) 靴¥19000/サン・トロペ(アルネ)ウエストマークでクラシカルなたたずまいを強調 甘配色を茶色で締めて。 ジャケット¥10800/UNRELISH ニット¥7800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) スカート¥8900/ヒロタ(31 Sons de mode) ピアス¥3500/ROSE BUD新宿店(MACOCITY) バッグ¥16000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 靴下¥700/Tabio(靴下屋) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)カジュアルブルゾンもベルトつきでアプデ ミリタリーブルゾンもベルトマークすることで女らしさが高まる。 アウター¥12000/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 ワンピース¥7900/ココ ディール 帽子¥7300/override明治通り店(arth) バッグ¥11000/Noela 靴下¥600/Tabio(靴下屋) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンターモデル/新木優子 渡邉理佐 撮影/岡部東京 ヘア&メイク/牧田健史(優子) 中山友恵(理佐) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ドレス感のある素材のブラウンパンツやファーつきジレでかっこいい女性を目指して仕事帰りに女友達とごはんに行くなら、トレンドのファーつきジレで華やいだ雰囲気がちょうどいい感じに。赤みのあるブラウンが今年らしいパンツは、ボディラインを拾いにくいほどよく厚みのあるとろみ素材だから、すっきりと着こなせる。全体的にロング&リーンですらりとした印象だけれど、パワフルさがにじみ出て元気がでそう。パンツ¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ファーつきジレ¥68,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥33,000/オーラリー ネックレス¥49,000/アパルトモン 神戸店(ガブリエラ アルティガス) バッグ¥39,000/フレームワーク 自由が丘店(レフィージェ) 靴¥85,000/レリタージュ マルティニーク(クレジュリー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ジレ」の関連記事もチェック
  • コートにはまだ早いけど、朝晩の気温差には晩秋の気配……。そんな今の時期は、薄くて軽いアウターが必需品。着こなしの鮮度を上げながら、気になる腰まわりもさりげなくカバーする実用性も押さえた、今季のおすすめを厳選!1.きれいめスタイルにオン。 ベルトをキリッと締めてミーティングへ ワークテイストをきれいめに昇華させたコットン素材のベルテッドブルゾン。白シャツとワイドパンツにベルトを締めてカジュアル感をセーブすれば、仕事に必要なきちんと感も。 ブルゾン¥53,000・パンツ¥48,000/アングローバル(イレーヴ) シャツ¥20,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) イヤリング¥16,000/アッシュ・ペー・フランス(デルフィ-ヌ・シャルロット・パルモンティエ) バッグ¥185,000・バッグにつけたチャーム¥53,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥79,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)2.はおった姿に差がつく 新感覚のマウンテンパーカ アウトドアの機能美に、ふんわり広がるテントラインシルエットとこなれ感たっぷりのドルマンスリーブを採用したニューカマー。ネイビーのピンストライプパンツとカーキの相性も抜群! ブルゾン¥49,000/カオス丸の内(ヴァシュモン) ニット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥45,000/エリオポール代官山(アルベルト ビアーニ) バッグ¥71,000/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)3.シャツ感覚で楽しみたい 注目度No.1のC.P.O トレンドを意識するならこちら。アメリカの海軍下士官のユニフォームがルーツのアウターに、こんなエクリュカラーも登場。トーンをそろえて優しげに。 ブルゾン¥29,000/カレンソロジー 青山(カレンソロジー) ニット¥29,000/ebure パンツ¥29,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥65,000(アグメス)・靴¥66,000(ニナ リッチ)/以上アパルトモン 神戸店 バッグ¥89,000/アッシュ・ペー・フランス(ジャマン・ピュエッシュ)他の画像を見る撮影/菊地 哲 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 取材・原文/向井真樹 ※eclat11月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND