北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城の2019年お土産12選! 行列必至のスイーツからおつまみまで♡

DAILY MORE

ご当地OLがおすすめ! 47都道府県お土産図鑑

アンケート大調査で「絶対に喜ばれる!」と認定された、絶品グルメがずらり。旅先で見つけたら即ゲットを!

北海道

㊨『千秋庵製菓』小熊のプーチャンバター飴
北海道産のフレッシュなバターを使ったキャンディ。「どこか懐かしい、素朴な甘さが口の中に広がります。クマが描かれた缶もレトロで可愛い」(28歳・販売)
缶入り・小(約100g)¥445 ◆北海道札幌市中央区南3条西3の13の2 ☎011・251・6131 10:00〜18:00 休/元日 ■https://senshuan.co.jp/

㊧『ソラチ』札幌スープカレーの素
「チキンやポークなどのだし&香辛料をきかせた本格的なスープカレーを自宅でも!」(29歳・事務)
北海道限定パッケージ(4食)¥500 ◆道内空港や土産物店などで販売 ☎011・871・2911 ■http://www.sorachi.ne.jp/

青森県

㊨『二階堂』八甲田山
日本百名山のひとつ・八甲田山の山麓をイメージ。「バター風味の皮の中に、焼昆布を練り込んだ黄身あんが。コクのある味がクセになります」(25歳・栄養士)
1個¥200 ◆青森県青森市本町1の6の11 ☎017・732・1104 10:00〜18:00 無休 ■http://nikaidou.jp/

㊧『花万食品』なかよし
青森・八戸港で水揚げされたイカと特製チーズを使ったおつまみ。「しっとり食感と香ばしいイカの風味が◎。お酒好きの人に喜ばれる鉄板土産」(26歳・飲食)
50g¥460 ◆八戸市内の土産物店やスーパーなどで販売 ☎0178・33・0353 ■https://hanaman.net/

秋田県

㊨『中野屋』幸福朗
もなかの皮の中にナッツ風味のクッキーを入れて焼き上げた商品。「サクサクした軽い食感で、いくらでも食べられる」(28歳・司書)。幸福を呼び込むふくろう形。
6枚¥500(税込) ◆秋田県秋田市四ツ小屋中野254の1 ☎018・839・6060 9:00〜19:00 休/元日 ■http://kashiennakanoya.com/

㊧『ツバサ』きりたんぽカップスープ
「きりたんぽをチンしてカップに入れ、お湯を注ぐだけ。秋田の郷土料理を手軽に楽しめる」(30歳・受付)
比内地鶏醤油味¥550 ◆秋田駅の『あきたくらす』や道の駅、秋田空港の『あ・えーる』などで販売 ☎018・853・7695 ■http://tsubasa-co.jp/

岩手県

㊨『いなば菓子舗』白鳥クッキー
冬になると飛来する白鳥をかたどったクッキー。「ご主人がひとつひとつ手絞りで作っていて、少しずつ表情が違います。素朴な甘さもGOOD」(29歳・アパレル)
8枚¥950 ◆北上観光物産館『アクセス』などで販売 ☎0197・73・5052 9:00〜16:00 不定休

㊧『樋口せんべい店』岩手山のミミ
南部せんべいの縁の部分だけを焼く専用の型で焼いた、薄くて軽いせんべい。「お酒のお供にも子供のおやつにもぴったり。万人に喜ばれます」(26歳・建築)
(上から)カレー味・ごま味・醤油味各¥200 ◆岩手県八幡平市大更25の65の1 ☎0195・76・2818 9:00〜19:00 不定休

山形県

㊨『榮玉堂』生クリームどら焼き
行列ができるほど人気の極上どら焼き。「イチ押しはクリーミーな『生クリーム​どら焼き』」(30歳・金融)
1個¥170 ◆山形県山形市旅篭町2の1の45 ☎023・622・2134 9:00〜18:00 休/月曜、第2・第4火曜

㊧『清川屋』だだっ子豆
枝豆の王様・旬の鶴岡産だだちゃ豆をフリーズドライ。「豆と塩のみなのに、かむほどに甘みが♡ ヘルシーなのでダイエット中の人でも安心」(25歳・保育士)
1袋¥357 ◆鶴岡本店(山形県鶴岡市末広町5の1)をはじめ県内9店舗で販売 ●通信販売サービス:☎0235・222・111(日曜、第3土曜、祝日をのぞく10:00〜18:00) ■https://www.kiyokawaya.com/

宮城県

㊨『パルポー』スィートゴット
「スポンジ、サブレ、フレンチパイを7層に重ねた人気スイーツ。宮城女子の定番手土産♡」(26歳・保険)
(上から)チョコ味・紅茶味・抹茶味各¥160 ◆宮城県気仙沼市田中前1の5の3レストランエトワアル ☎0226・23・7270 10:00〜21:00 無休 ■https://palpaw.co.jp/

㊧『佐々直』おとうふかまぼこ「一丁」
白身魚に宮城県産の大豆粉をMIX。「ふわふわでつるっとした新食感。低カロリーなのも◎」(29歳・秘書)
1個¥300 ◆中田バイパス店:宮城県仙台市太白区中田町字清水15の1 ☎022・241・2324 9:00〜18:00 休/元日 ■http://sasanao.co.jp/




構成・文/衛藤理絵 撮影/坂田幸一

関連記事
  • ここ数年、ずっと探していたデニムシャツ!『フランク&アイリーン』で見付けました♡ ここ数年、ずっと探していたデニムシャツ! なかなか自分の思っているものに出会えずに おりましたが、セレクトショップでこちらの 『フランク&アイリーン』のデニムシャツに やっと出会えました♡ 色落ちや質感も私が求めていたそのもの! 今時期は寒暖差も激しく、電車内や店内の 冷房対策にもなるので必ず羽織ものを 持ち歩いていますが、こちらのデニムシャツも 羽織りにはもちろん、腰に巻いたりと コーデの幅も広がります! 秋冬にはニットと重ね着など オールシーズン使えるアイテムは本当に 重宝します♪ このデニムシャツによく合わせている イヤリングがこちらのターコイズの イヤリング!! 色合いがシャツととても合っているので とても気分が上がります♪ 夏のこの時期、ターコイズブルーが 映えますよね♡ こちらはアデルビジューのものです! 私はイヤリングですがピアスタイプもあり、 ピアスですとトップとキャッチの部分が 別々になっているので角度を変えて、 装着することが出来るそうです! こちらのデニムシャツはリーバイスのもの! フランク&アイリーンと比べるととても コンパクトですがクラシックな形が とても気に入っています♪ こちらはアウトレットで主人が2本デニムを 購入した際に、3点目はフリーというとても 素敵なイベントをしていて、持ち帰ったもの! このデニムシャツにレースやチュールの スカートにスニーカーといいったコーデが お気に入りです♡ こちらのイヤリングもアデルビジューです♪ 2019SSの新作でアデルの定番シリーズの カットスチールコレクションから 左右非対称のバロックパールを使った イヤリングです♪ オリジナルのパールをカットスチールで 囲んだアンティーク調デザインが とても気に入っています! 今週もアデルのホリデーコレクションの 展示会にあの美女と伺う予定です! また展示会の様子はブログにアップ しますね! アデルビジューオンライン美女組No.90miwakoのブログ
  • フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。パンツ派・SHIHOの「楽してきれい」なコーデ術をマスター! 旬のチェックパンツに、白スニーカーで安心感とこなれ感を投入 トレンドの目新しいチェックパンツが、定番の白コンバースでぐっと身近でこなれた印象に。仕上げに肩かけジャケットできちんと感、大ぶりピアスで女っぽさを足して。 スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム  クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥65,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー)靴そのものに「品格」がある上質なレースアップ靴でハーフパンツもきれい見え パンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めに。 靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン) ブラウス¥36,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(グリントマティ) パンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード  レサージュ 青山店(バッグ イン プログレス)クロップドパンツには シルバーの輝きで女っぽさをプラス! クロップドパンツを旬のグリーンにすればさらに上級者感がアップ。はおりとバッグは黒を選んであくまでシックな印象にまとめて。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) ワンピース¥36,000(インディビジュアライズド シャツ)・バングル¥106,000(ソフィー ブハイ)/フレームワーク ルミネ新宿店 カットソー¥6,500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス  ビームス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) イヤリング¥5,800/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥40,000/ウィム ガゼット青山店(イアクッチ)シンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ 甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 涼しげなギャザーパンツを、スリッパサンダルでほんのりモードに ウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは涼しく快適。とろみ素材が女らしい一本を、ギャザー袖のシャツブラウスと合わせてふわっと女らしい印象に。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでかちっとモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥8,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥10,000/TOMORROWLAND【Marisol7月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 蛯原友里 
  • ヒールが苦手な人でも大丈夫。フラットシューズとフラットサンダルをご紹介!【1】 ジミーチュウ/アシュリー ウィリアムズのコラボレートシューズ「一見ミスマッチにも思える組み合わせがこんなに可愛いとは! 赤いペディキュアで履きたい心ときめく一足です」とスタイリスト室井由美子さんが絶賛するのは、ジミー チュウがアシュリー ウィリアムズとコラボレートした一足。夏にぴったりなPVC素材で、先端にレースとスクエア形のバックル、さらにクリスタルをちりばめ、カジュアル感とクラシックさを融合した。靴¥99,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ/アシュリー ウィリアムズ)【2】ファビアナ フィリッピのビジューサンダルスタイリスト大沼こずえさんが「昔から大好きなブランド。フラットなのに華やかで大人っぽいサンダルは旅先で活躍間違いなし!」とお気に入りなのが、ファビアナフィリッピのフラットサンダル。大振りビジューをあしらったリュクスなムードで、ドレスでもパンツでも夏のコーディネートを格上げしてくれる。サンダル¥168,000/アオイ(ファビアナフィリッピ)【3】ビルケンシュトックのサンダルビルケンシュトックの定番「アリゾナ」が、トスカーナの五つ星ホテル「ホテル イル ペリカーノ」とコラボレーション。ラフィアやスエード、シルクなどでクラスアップ。履き心地のよさはそのままにリゾートライクな大人のたたずまいが魅力。「スポーティ感が控えめなこの素材使いこそ、『待ってました!』と言いたいコレクション。夏のヘビロテは確実です」と副編集長S田。サンダル(左から)¥61,000・¥50,000・¥54,000/ビルケンシュトック・ジャパン(ビルケンシュトック)【4】アグのシープスキンファーサンダルアグ®から登場した、シープスキンファーを使った個性的なサンダル。ふかふかの履き心地のよさはもちろん、ほどよく厚底で脚長に見えるのもうれしい。写真のパープルのほかにチャコールやブラックなどベーシックカラーも選べる全5 色がラインナップ。「長く愛用しているブランドですが、今回のサンダルはカラーの展開も広く、カジュアルにはもちろんハズシとしても欲しいです」とスタイリスト辻 直子さん。サンダル¥15,000/デッカーズジャパン(アグ®)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • 家族関係の変化を痛感せざるを得ないアラフィー世代。悩みは人それぞれでも、“考えさせられながら読む”小説にはそのヒントが! 新刊で家族をめぐる物語を描いた江國さんに、小説に宿る「家族とは何なのか」についてを伺いました。『彼女たちの場合は』 江國香織 集英社 ¥1,800 姉妹のように仲がよくていとこ同士の逸佳と礼那は、親に黙ってアメリカを見る旅へ。当初は心配するばかりのふたりの両親だったが……。少女たちの新鮮な感受性を通して、若いころにしかできない旅を描いたロードノベル。気づかなくてもいいことに気づかされたとき、夫婦に危機が作家の江國香織さんにとって家族の物語は“ずっと大好きで、たくさん読んできたもの”。「自分より大事な存在になりえるのが家族。その幸福と不幸が描かれた家族の話はとても豊かで、何度でも読み返したくなります」と語る。彼女自身もさまざまな家族を書いてきたが、最新作『彼女たちの場合は』で取り上げたのはアラフィー世代の家族。ニューヨーク在住でいとこ同士の逸佳(いつか)(17歳)と礼那(れいな)(14歳)が親に黙ってアメリカを見る旅に出たことで、ふた家族が心配するところから物語は始まるが、礼那の両親――潤(うるう)と理生那(りおな)の間には、不穏な空気まで漂うようになる。 「長編小説を書くときは最初に登場人物の情報、例えば性格や誕生日や身長などを細かく考えておきますが、先の展開は何も考えない。人物が勝手に動くのを待つんです。ただ礼那の家は、彼女がいない時間と空間ができると両親がうまくいかなくなるのでは、という予感がありましたね」“子はかすがい”というが、それが急になくなることは夫婦にとってひとつの試練。娘から楽しそうな手紙が届いたりしたことで理生那は落ち着いていくが、潤は行方がつかめない状態が耐えられない。現実の受け止め方が違う夫婦がお互いに抱く疑問を、エクラ読者なら理解できるのではないだろうか。「若いころは、結婚式でよく聞く“結婚したら片目をつぶって相手を見よう”というあいさつが大きらいでした。“もし自分があいさつを頼まれたら、両目を開けたまま相手から目を離すなといってやる”と思っていたくらい(笑)。でも年を重ねるにしたがって、時には片目をつぶって見ないふりをしたり、ちょっと許したりするほうがいいのかもと思うようになった。ただ理生那のように何かがきっかけで“自分は夫を愛することはできるが信頼はできない”と気づいてしまったら、夫婦でいつづけるのは厳しいかもしれませんね」 愛があれば大丈夫とはかぎらない、愛と信頼は別ものということなのだろうか。 「愛ってわりと簡単だな、と思うんです。どうしてもわき出たりするものだし、ましてや一回家族になったりしたら、多少きらいなところがあっても気持ちが冷めても“この人と一緒にいてよかった”と感じる瞬間があるから。それに比べると信頼はむずかしい。信頼できる、できないって大きな問題だなと思います。最初は心配していた理生那が落ち着いたのも、ある瞬間から逸佳と礼那を信頼できたから。一般的に女性のほうが子供と一緒にいる時間は長いし、理生那の場合は娘との関係が密だったから、可能だったのかもしれませんが。そう考えると潤はちょっと不利ですね」家族の中でも個は尊重されるべき。これからの時代はさらにさまざまなできごとを経験しながら、のんびり旅を続けていく逸佳と礼那とは対照的に、理生那と潤の関係はぎくしゃくするばかり。クリスチャンではない理生那が教会に通う心情を潤は理解できないが、それは残酷なほどふたりの距離を表しているようだ。「理生那にとっては妻や母である以前の自分、一個人に戻れる場所が教会だった。キリスト教のあり方に興味と共感をもったのだと思いますが、環境によっては仏教やイスラム教でもよかったのかもしれません。一方潤は、理生那だけでなく自分のことも一個人としては考えられない。娘との関係が妻より不利なうえに、夫や父親、会社員としてしか自分を認識できない彼をちょっとかわいそうに思いました」物語の後半、家で子供たちを待ち続けていた理生那が意外な行動に出る。それは若き日の自分を思い出すことにつながり、やがてある確信を得るが……。 「理生那と潤が昔どういう恋愛をしたかはわかりませんが、たぶんお互いや結婚について疑問をもたなかったのだと思う。理生那が潤と出会う以前まで振り返ってみたことは、それに気づくことにつながるから、夫婦にとって危険かもしれない。でも私は『いいのでは』と思います。それでもなお理生那が潤と一緒にいたいかどうかは、やってみないとわからなかったから」 逸佳と礼那の旅は、ふたりだけではなく家族にも変化と成長をもたらした。でもそれらは「旅がなかったとしてもいつだって避けられないもの」と江國さんはいう。 「成長はいいことばかりではなく、それによって失うものもあるけれど、いずれにしろ人は一カ所でとどまることはできないから。もうひとつ、いつも避けられないのが孤独。家族といても恋人といても、人にはまず尊重されるべき個性がある。それが孤独を招いたとしても、寂しいのではなく自由なんです。そういえば次のページで私がおすすめした家族の本も、個人と自由について考えたものが多くなりましたね。私自身もたびたび、個々の勝手を許す家族を書いています。家族はもともと一人ひとりを役割で認識しがちですが、ひと家族の人数が少ない今はますますその傾向が強まる可能性も。だからこそ、家族といても個人をしっかりもっていないと危険だなと思います」これまでもさまざまな家族が登場 江國さんが描く家族小説穏やかで確かな家族の日常『流しのしたの骨』 新潮文庫 ¥550 19 歳のこと子は4人姉弟の三女。彼女だけでなくおっとりした長姉も妙ちきりんな次姉も小さい弟も問題を抱えていたが、両親を含めた家族がかけがえのない居場所だった。風変わりだが幸福な宮坂家を描く。周囲から浮いた一族の歴史『抱擁、あるいはライスには塩を』 集英社文庫 上・下 各¥600 東京・神谷町の洋館で暮らす柳島家。そこには3世代が同居していたが、4人の子供のうちふたりが父か母が違うなど複雑な事情があり、教育方針も独特だった。個々の成長と一族の変遷を描いた重厚な作品。長女の秘密が三姉妹に変化を『思いわずらうことなく愉しく生きよ』 光文社文庫 ¥700 結婚して7年の麻子は夫からのDVを隠す主婦。結婚はしないが同棲中の治子は外資系キャリアウーマン。恋愛なんて信じないという育子は自動車教習所の事務員。犬山家三姉妹ののびやかな生き方とは。撮影/古谷 勝 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ
  • 大好きなTシャツスタイル。毎年シーズンはじめに定番の無地のものを買い足しますが、今年はこのロゴTが目に入り気に入って連れて帰り大正解でした。 いつもプチバトーのぴったりしたTシャツを着ていますが、少しゆったりしたこのTシャツは着ていてとても心地よく、お気に入りの一枚になりました。 Tシャツはマルティニークで買った、Les Petits Basicsというブランドのもの。 袖丈も着丈も丁度良い長さで、肩幅が広い私でもゆったりとしていてとても良い着心地。 ちなみに、ロゴの意味は、「私は気にしません。」だそう。 はい!私も気にしません。 ロエベの籠バッグ、ペリーコのパイソンサンダルで大人のきれいめカジュアルに。 ターコイズの大ぶりのリングはミラノ在住の友人が買い付けてきてくれたイタリアのものです。 この日は華組の一美さん、まゆみさん、りえさんとのランチへ。楽しいお喋りに時間を忘れました。 InstagramもUPしています。 ↓華組 近藤和子ブログ
  • 大人な対応でサラリと流すこともできる。でも、これってマウントとられてるってことかも!? アラサーが遭遇しがちな“ちょっと困った”おじさんたちは、大きく分けて3タイプいるみたい。タイプ1. 知識と経験値でマウンティング「教えてあげる勢」【このタイプのおじさんの特徴】ガンコで自分の知識を振りかざして他人より優位に立とうとするどんな状況でも「俺のほうが知識がある」という態度でくる! 頼んでもいないアドバイスや、どうでもいい細かいことを注意することで上に立とうとする。「俺は相手のためにいいことをしている」という意識があるため、ありがたがらないと気分を悪くすることも……。タイプ2. 過去の栄光話&自慢話でマウンティング「俺はすごい勢」【このタイプのおじさんの特徴】自分のすごさを延々と主張し、持ち上げてもらおうとする別名・褒めて褒めて勢。自分を必要以上に大きく見せたがるタイプで、話が長い・同じ話を何度もするという特徴も。「すごいですね」という言葉を求めているため、社交辞令的に持ち上げると「もっとそれちょうだい!」と調子に乗り、自慢話が加速するので注意が必要。タイプ3. 相手が女性だと強気に出る 「男性優位だ勢」【このタイプのおじさんの特徴】「女性だから」という理由だけで批判したり気をつかわせたりする「男である」「年上である」というだけでマウントをとれると思っている悲しいおじさん。女性に対してだけ高圧的になる。自分の実力ではなく、性別や年齢、肩書による力を使って優位に立とうとする。「君は女なんだから」という方向で注意や要求をしてきがち。読者のまわりに続々!マウントおじさん今回、読者212人(25〜39歳)が回答したアンケートによると、職場や飲み会で遭遇した理不尽に“上から目線”なおじさん遭遇率は80%。そして「場の雰囲気を乱さないように」大人な対応をした人は77%。グッとこらえてみんな頑張っている!次回はアンケートで集まったマウントおじさんエピソードと、その対処法をご紹介。お見逃しなく。イラスト/花くまゆうさく 取材・原文/東 美希 ※BAILA2019年7月号掲載
  • 世界最大級の売り場!キャンプ好きにはたまらない。 昨日は父の日でしたね。 パパが以前より行ってみたいと思っていた アルペンアウトドアーズフラッグショップストア柏店へ。 我が家も今回初めて行きましたが、 売り場がとても広くて、ありとあらゆるキャンプ用品が!! ウエアーや自転車、雑誌コーナーまであって大充実。 (子供の遊ぶスペースもあり) キャンプ好きな方はもちろん、これからキャンプを初めようと考えている方。 キャンプに興味のある方など是非!! 人気ブランドが一度に見れる場所なのでオススメです❤︎外にあるスノーピークカフェでテイクアウトができます。 スノーピークハウス、実際売っているそうです。美女組No.147 mikaのブログ
  • Tシャツ¥4800/スピック&スパン ルミネ新宿店(FUNG) デニムパンツ¥2490/GU バッグ¥9000/AKTE スニーカー¥7500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)ちょい丈の短いTシャツをボトムからアウトして着たら、今までにない新鮮バランスが完成。デニムも夏にぴったりのホワイトを選んで、トレンドのワントーンコーデに。ロゴTとデニムの定番の組み合わせこそバランスにこだわって、差がつくスタイルに仕上げて。モデル/新木優子 撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶白Tシャツコーデ記事一覧はコチラ
関連キーワード

RECOMMEND