【今日のわんこ】眠いの? かゆいの? どうしたの(笑)!? まつこの表情に注目

DAILY MORE
ブランケットにくるまって顔を出すまつこ。この表情、お気に入りです(笑)

「じーーーーーーーーっ」

■名前
まつこ

■性別
女の子

■犬種
フレンチブルドッグ

■生年月日・もしくは推定年齢
2014.10/1

■性格
人間大好き 犬苦手

■特技
ぺろぺろ

■好物
ヨーグルト 肉

■わんこのマイブーム

■チャームポイント

→まつこの投稿はこちらから

関連記事
  • PFCバランスは文句なし!食事のクオリティをあげて寒暖差による体調不良に備えましょう。 皆さまこんにちは。 今週は急に気温が上昇してびっくり! ご体調を崩されたりなどされていませんか? 季節の変わり目や寒暖差に強くなる為にも、食事はやはり大事ですよね。 先日、mayuさんをお誘いしてまたヘルシーランチが食べられるお店へ行ってきました。 新宿のNEWoMam2Fにあるベーカリー&レストラン沢村新宿です。 ◼️お店のホームページはこちら◼️美味しいパンはおかわりオッケー! 私はローストビーフランチを、 mayuさんはトロサバのグリルランチを。 どちらも三大栄養素のPFCバランスは文句なし!  PFCバランスとは、摂取カロリーのうち三大栄養素の「P=たんぱく質」「F=脂肪」「C=炭水化物」がどれくらいの割合を占めるかを示した比率のこと。このPFCバランスを整えることによって極端な栄養の偏りを防ぎ、栄養バランスを整えながら健康的にダイエットすることができるのです。 勿論、お味もとっても美味しかったです♡ 沢村と言えば、そうあの軽井沢の有名店です。 レストランの向かいにはパン屋さんと、イートインコーナーもあります。 お買い物の合間のひと休みにもお勧めです。 帰りにパンを3種類とヨーグルトを購入して帰りました。 中でも、フランスのオーガニック認定の小麦を使ったバゲットは、小麦の香りが高くてとっても美味しかったです。 日々の食事を気をつけながら、美味しいものを食べて、体調管理していきたいと思います♪ 美女組No.158 Tamamiのブログ
  • おしゃれランチに嬉しそうなサクラ。ぽかぽかの日差しと爽やかな風が心地良い♪「ここのお店だいすきだわん!」■名前 サクラちゃん■性別 女の子■犬種 ミニチュアシュナウザー■生年月日 2016年1月13日■性格 おてんば!■特技 高いところからジャーンプ!■好物 鳥の手羽先の生肉■マイブーム 毎晩私のお布団で一緒に寝ること■チャームポイント 長~いまつ毛→サクラちゃんの投稿はこちらから
  • 体作りは食生活から。「MAQUIA」7月号では、“ナミBODY”で話題の泉 里香さんの食生活を徹底取材。“ナミBODY”になる食生活三カ条とは?RIKA IZUMI いずみ りか●1988年10月11日生まれ、京都府出身。『Oggi』『with』の他、多数の美容誌などで活躍。現在、コカコーラ『リアルゴールド』のCMがオンエア中。公式インスタグラムはrika_izumi_"食べるの大好き♡だからこそ 「続けられる」習慣を"「20代前半までは食べずに痩せるダイエットでリバウンドを繰り返していた私。このままじゃ体は変わらないと一念発起し、24歳からは、バランスよく食べてトレーニングで体を作る方針にチェンジ! 今はむやみに食事制限するのではなく、体にいい食物を、適正時間にしっかり食べるということを心がけています」ナミBODYになる食生活三カ条❶寝る前3時間は食べない「会食が入っている日以外は、通常夕食は午後6時ごろから。食べる時間帯って結構重要。寝る直前に食事をとるのは、太る原因になるので絶対にNG! 食べてから少なくとも3時間は空けてから寝るようにしています」❷食べ過ぎたら即消費「食事の時間が遅くなったり、ちょっと食べ過ぎちゃったかなという日には、帰宅してから軽いトレーニングをしたり、入浴時間を長くすることでカロリーを消費します。とにかく翌日に持ち越さないことが大切です」❸焼き肉は調味料ナシ「体を絞っているときに意外と活用するメニューが焼き肉。脂身の少ないタン、ヒレ、ミノなどを頼みますが、ポイントはずばり調味しないこと。塩はむくむし、タレは糖分が多いから、ダイエット中はどちらも付けません」\ 本気ダイエットの時はむね肉サラダ /「追い込み減量期間中は、鶏むねやささみ肉に野菜オンリーの食事を! “ナミBODY”撮影前は、こんなメニューで通していました」▶︎次のページをCHECK!“ナミBODY”を目指すならこんな食物を!>>こんな食物に頼ります!Good Food for “ナミBODY”野菜は色の濃いもの中心「野菜の中でもエイジングケアにいいとされるカボチャやパプリカなどを意識的に摂るように。家では1人で鍋をすることが多いので、春菊なども多用しています」ドリンクは基本HOT「水分は1日にかなりの量をとります。朝は白湯からスタートして、仕事の現場では家からボトルに入れて持参した温かいほうじ茶や紅茶を。夏でもホットを厳守」抗酸化食品で老化STOP「今もっとも興味があるのが、老化を食い止めてくれる抗酸化食品。活性酸素が増えると体の中から錆びると聞き、それを防ぐニンニクやナッツをたくさん摂っています」炭酸水は夕方までに「温かい飲み物が基本ですが、血行促進にいい炭酸水を選ぶことも。お風呂に持ち込んで飲むことも多いですね。ただ、むくみの原因にもなるため、寝る直前は避けます」発酵食品で腸活「ダイエット食として摂る人も多い納豆やヨーグルト。毎日だとつらい……という人もいるようですが、元々こういう食品が大好物。日々の食事のベースにしています」MAQUIA7月号撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/高橋里帆〈Happy Star〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 取材・文/栗田瑞穂 構成/若菜遊子(MAQUIA) 撮影協力/プロップス ナウ【MAQUIA7月号☆好評発売中】
  • 今日は、真っ赤な蝶ネクタイでおめかし。気に入ったのか、鏡の前から離れませんでした(笑)!「ぼくこれ好き!!」■名前太郎くん■性別男のコ■犬種チワワとマルチーズのミックス■生年月日2012年3月8日■性格社交的で人も犬も好き。ちょっぴり食いしん坊だけど、ママの言うことをよく聞きます■特技ママの手の指示でシット&ダウンする。セラピードッグとしてお膝にいいコに座ることができる■好物ドッグフード、さつまいも、ヤギミルクのチーズ棒■マイブームお散歩で乾燥したミミズさんを見つけてスリスリすること(笑) ■チャームポイントくりくりの目と、ツインテールしたみたいな耳→太郎くんの投稿はこちらから
  • 飲む点滴、飲む美容液!フルーツ甘酒はじめました。 麹を使ったお手製甘酒、毎日飲んでいます! 冬はほっこり温めた玄米甘酒を豆乳で割って シナモン少々で飲むのがお気に入り。 夏は果物と麹で作ったフルーツ麹! ってことで今年も「フルーツ甘酒はじめました」 そのままはもちろん、凍らせてシャーベットで、 ミルクや炭酸で割って、 お酒×炭酸で割って、(個人的にはジンやウォッカが○) 甘味としてヨーグルトやパンケーキのソースに。 果物と麹で発酵させた、酵素たっぷりなフルーツ甘酒(麹) オススメです♡ ビタミンやアミノ酸も豊富、 米麹に含まれるコウジ酸は美白や美肌にも効果的。 まさに夏こそ飲みたい栄養たっぷりのドリンクです。 フルーツ甘酒を使った こんなヘルシーパフェもお気に入りです! インスタグラムも↓ ご覧いただけると嬉しいです!---- my insta ----美女組No.120eririのブログ
  • 公園におでかけ♪ ベンチで無理矢理立たされるまつこなのでした。「なんで立たせるの!」■名前まつこ■性別女の子■犬種フレンチブルドッグ■生年月日・もしくは推定年齢2014.10/1■性格人間大好き 犬苦手■特技ぺろぺろ■好物ヨーグルト 肉■わんこのマイブーム■チャームポイント→まつこの投稿はこちらから
  • 両手を膝にのせてきたサクラ。おりこうさんなので、何かごほうびをあげたいな♪「楽しいわん!」■名前 サクラちゃん■性別 女の子■犬種 ミニチュアシュナウザー■生年月日 2016年1月13日■性格 おてんば!■特技 高いところからジャーンプ!■好物 鳥の手羽先の生肉■マイブーム 毎晩私のお布団で一緒に寝ること■チャームポイント 長~いまつ毛→サクラちゃんの投稿はこちらから
  • 5月は日本ワインに合うおつまみレシピを3回に分けてご紹介。1回目は夏野菜のヨーグルト&みそ添え【今月のお酒】日本ワイン(右)丹波ワイン てぐみ デラウェア 2018 (左)清澄白河フジマル醸造所 テーブルトップ デラウェア(右)京都府京丹波町にあるワイナリー。デラウェアを用い、酸化防止剤をいっさい使用せず、無濾過、生詰め。ぶどうそのものの香りに、白桃やりんご、柑橘系などの果実香がたっぷり。ほんのり濁り、炭酸ガスを感じる軽くて飲みやすい辛口白ワイン(2018年vintageは完売。2019年生産予定)。750 ㎖¥1,500(希望小売価格)/丹波ワイン   (左)東京下町の住宅街にあり、テイスティングルームとレストランを併設する都市型ワイナリー。山形県産デラウェア。フレッシュな酸と甘い香りを生かした白ワイン。パイナップルやバナナといったトロピカルフルーツのアロマも。750㎖¥2,000(希望小売価格)/清澄白河フジマル醸造所日本ワインとは、日本で栽培されたぶどうを使って、日本で醸造されたワインのこと。今、世界的にも注目されている。「初夏のこの季節におすすめなのは、デラウェアのワイン。甘酸っぱい味で酸がしっかりしているので、和食やみずみずしい夏野菜などにぴったり! ビールのように気軽に飲みたいたおやかなワインです。おつまみは食感や香りのいい野菜を、発酵食品のみそとヨーグルトにつけて。みそとヨーグルトは実は相性抜群。オリーブオイルとともに好みで混ぜながらつけると、味の変化を楽しめます」 【レシピ】夏野菜のヨーグルト&みそ添え【材料】[作りやすい分量・2〜3人分]きゅうり、水なす、セロリ、カラーにんじんなど…各適量 みそ・ヨーグルト…各大さじ2 オリーブオイル…適量 【作り方】 ①きゅうりは塩少々(分量外)をふって板ずりし、水洗いする。食べやすい長さに切り、包丁で切り目を入れて手で縦に裂く。水なすも同様に手で裂く。セロリはすじを取り、カラーにんじんとともにスティック状に切る。 ②小皿にみそとヨーグルトを混ぜずに入れ、オリーブオイルを回しかける。①の野菜に適宜混ぜながらつけていただく。【Point】みそ、ヨーグルト、オリーブオイルは混ぜてしまわないのがコツ。適宜、混ぜながらつけると、いろんな味が楽しめる。次回は5月25日(土)19時半更新予定。お楽しみに。 平野由希子 料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ、フランス農事功労章シュヴァリエを叙勲。ワインバー「8 huit.」オーナー。フレンチをベースにしたおしゃれな料理とワインのペアリングを学ぶ、少人数制の料理教室「cuisine et vin」を主宰。詳細はホームページで。(https://www.yukikohirano.com/) 新刊「ソムリエ料理家のワインを飲む日のレシピ帖」(KADOKAWA)が発売に 【Marisol6月号2019年掲載】撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・文/海出正子 
関連キーワード

RECOMMEND