4/15(月)からのお仕事コーデの参考に!【今日のコーデ】まとめ

DAILY MORE

DAILY MOREで毎朝7時に更新している【今日のコーデ】。コーディネートづくりの参考にしてくれている人も多いんです。先週の【今日のコーデ】を一気におさらいして、明日からのコーデを考えてみて♡

私ももう先輩よ!……という気持ちをコーデで表現♡

今日は、入ってきたばかりの後輩の研修お手伝い。そんな日にいちばん意識するのは"おしゃれな先輩に見えるかどうか"一択でしょ! ベージュのセットアップに、トレンドのきれい色バッグ、あとはブラックでまとめて大人っぽく。後輩に「素敵なパンプスですね!」って言われたから、ついつい「これ超プチプラなんだよ〜!」って自慢しちゃった(笑)。
▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!

服選びの照準は夜のデート!! オフィスで浮かないように気をつけなくちゃ

今夜は、彼が話題の立ち飲みバルに連れて行ってくれるって♡ 立ち飲みってことは、ヒールは避けたほうがいいよね? ということでローファーに。女っぽいシルエットが出せつつ、ラインを拾いすぎないワンピでドキッとさせる作戦! ラフなひとつ結びに大ぶりのピアスで、きれいだけどキメすぎない、女っぽいけど甘くない、自慢の彼女に見えるかしら?(ちゃんとお仕事のことも考えてるよ!)
▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!

今の自分らしい"きちんとコーデ"ってこういうこと!

最近暖かいな〜って浮かれてたのに、急に寒くなってテンション下がり気味……。そんな日は赤のパワーを借りる! ドレスパンツに合わせてきちんとコーデにしてみたけれど、なんとなく違う気がして。白タートルをはさんで、足もとは素足×おじ靴、バッグもレザーじゃなくてキャンバスに変更。これだ! このちょっぴりくだけたバランスが、今の私にぴったりの"きちんと"だっ♡
▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!

あの人からお誘いキターー!! 前のめり感が出ないよう注意(笑)。

この前の合コンでいい感じだったあの人から、「お食事でもどうですか?」ってメッセージ。キ、キ、キターーー!! 平成最後の春、恋のビッグウェーブがやってキタわよ!! という前のめりな気持ちを出さないように(笑)、薄手の黒ニットと柔らかく透けるフレアスカートで落ち着いたフェミニンに♡ ブルーのバックストラップパンプス で印象づける作戦。うまくいきますように!
▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!

動きやすさ重視! でもおしゃれに手を抜かないのが大人です!

なんだかバタバタしそうな週末は、動きやすいパンツコーデ。でも動きやすけりゃいいってもんじゃあありません! 清潔感があって美脚見え、実は透け&汚れ防止機能付きの白いパンツが本日の相棒♡ トップスはちょっぴりスポーティなチルデンニットで、トレンド感をプラス。華奢フレームのメガネや、クリアハンドルのバッグで遊び心も。動きやすさもおしゃれも遊び心もある私、大人だわ〜〜。
▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!

平日コーデまとめ、いかがでしたか? 明日からまたはじまる1週間。毎日おしゃれを楽しんじゃいましょう♬

☆今日のコーデ毎日更新中☆


関連記事
  • やっと衣替えをして、夏アイテムを出しました。去年以前に買った使えそうなTシャツたち。やっと衣替え。 長かったGW中にする予定だったのに、 やっとやっと。 衣替えは、ちょっと苦手な作業です。 去年思い切った断捨離をしたので、 アイテム数が、 思っていた以上に少なくて、 一瞬で終わった衣替え。 夏の大好きアイテム、 ノースリーブTシャツ。 今年も色々なものが出てますが、 持っているもので、 今年は乗り切れそうです。 こちらはPLSTのカーキとイエローのノースリーブ。 サラッとした生地と、 ゆったりとしたデザインが、 とっても使いやすく、 今年もヘビロテ間違いなし! こちらは、Biotop別注のhanes ホワイトとブラック。 なんにでも合う優秀アイテム。 一昨年買いそびれて、 去年待ちに待った買ったもの。 今年も出てるのかしら?! こちらは、いつ買ったかも忘れてしまったくらいに前に買った Muveil workのネイビーのノースリーブ。 胸元の同系色のハートが甘くなく、 ちょっとしたポイントになるのがお気に入り。 ベーシックカラーの ホワイト、ブラック、ネイビーに、 カーキとイエロー。 この5枚さえあれば、 夏どんな格好にも合わせてられます! まだノースリーブは時期的に早いのですが、 わたしのクローゼットは ほとんど半袖がなく ノースリーブだらけ。 さてさて、どうしましょう。 こちらのアイテムを使ったコーディネートは また改めてご紹介したいと思います。 ▶︎▶︎My instagram 美女組No.113michiのブログ
  • 今季は、通勤でいつもはおっているカーディガンを裏地なしジャケットにチェンジしてみませんか? テーラードジャケットならきちんと感のある通勤スタイルも余裕でつくれます!これから暑くなる日の通勤も快適に過ごせる「裏地なしテーラードジャケット」は要チェック。AURALEE【オーラリー】かっちりしたセットアップも色と素材で軽やかに女らしくシフト!【肩幅】46cm【着丈】70.7cm【袖丈】59cm【素材】コットン100%【色展開】アイボリー、ライトブラウン、ブラック【サイズ展開】0・1 モデル着用サイズ 1肌なじみのいいライトブラウンと、さらっと羽織れる軽素材。ダブルジャケットの持つマニッシュな表情を生かしつつ、色と素材で抜けをつくって。オーバーサイズだから、袖をまくって少し着くずして着るのが今の気分。ジャケット¥48000・ニット¥20000・パンツ¥30000/オーラリー イヤリング¥5500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ¥49000/アマン(ア ヴァケーション)BEAUTY & YOUTH【ビューティ&ユース】トレンドカラーの受け皿になるネイビーのダブルテーラード【肩幅】39㎝【着丈】63㎝【袖丈】59㎝【素材】ポリエステル75%、リヨセル17%、麻8%【色展開】ナチュラル、ネイビー【サイズ展開】S・M モデル着用サイズ M着こなしにお仕事感を添えてくれる、頼れるネイビー。同系色ワントーンで合わせればトラッドなテーラードも今っぽく。ジャケット¥16000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ニット¥12000・スカート¥16000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥45000・ブレスレット¥50000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥138000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)LAGUNAMOON【ラグナムーン】【肩幅】37㎝【着丈】72㎝【袖丈】59㎝【素材】ポリエステル100%【色展開】アイボリー、ミックス(チェック柄)【サイズ展開】S・M・L(データはS)お尻がすっぽり隠れる丈感とビッグサイズできゃしゃ見えを約束。明るいアイボリーで顔もぱっと華やぐ。¥13500/ラグナムーン ルミネ新宿(ラグナムーン)MARGARET HOWELL【マーガレット・ハウエル】【肩幅】42㎝【着丈】66㎝【袖丈】50㎝【素材】コットン78%、シルク22%【色展開】ライトグレー、ブラウン【サイズ展開】1・2・3(データは2)シルクが入った生地で着心地がなめらか。リラックスしたシルエットはデニムやTシャツとも好相性。¥43000/アングローバル(マーガレット・ハウエル)AOKI【アオキ】【肩幅】37㎝【着丈】55㎝【袖丈】49.5㎝【素材】ポリエステル100%【色展開】白×紺、白×グレー【サイズ展開】5・7・9・11・13(データは5)さわやかなネイビーのストライプ。サッカー素材で肌当たりも涼しい。自宅の洗濯機で洗えるから、お手入れが楽ちんなのもうれしい。¥13000/AOKI撮影/三宮幹史(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/中村アン ※BAILA2019年6月号掲載
  • この時期の服、迷います。朝晩は肌寒く昼間は暑い。 でもセットアップなら困りません。気温差の激しいこの時期のはおりなど、毎年悩みます。 特に一日外出しなくてはならない日のコーデ。 忙しい朝に悩んでる時間がもったいない。 適当に着てしまえばその日のやる気スイッチが切れてしまい 気分のノラナイ一日に・・ そんな悩みをセットアップで少しでも解消!! 朝、悩んだときはサマになるセットアップにしています。 悩んだ末、最近購入したセットアップは2セット。 今日は黒のリネン素材のセットアップをご紹介いたします。 黒なので きっちりしすぎない形。 動きやすくラクチン。 選んだのは 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン サラリとした肌触りと ナチュラルな風合いのリネン素材で着心地抜群。 黒なのでバラでも合わせやすい♡ セットで着るときの中の定番は白Tシャツです。 足元もサンダルでもスニーカーでも合いますよ。 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン 美女組No.91麻衣のブログ
  • 3年前に購入したプリーツスカートは、UNIQLOで2990円でした トップスは、デプレのもので、全く違うブランド(メーカー)ですが、同じモーヴピンクなのでセットアップ風に見えて、少しかしこまった席にも持ってこいです今季は、リネン素材のセットアップもトレンドですよね 雑誌で見たフレイアイディーの赤みブラウンのアイテムが気になっています 早くお店に行って生地の風合いや丈感を見てみたくてウズウズ最近、一目惚れしたサンダルもクローゼットに仲間入りしたので、また紹介させてください♡トップス:DES PRESS スカート:UNIQLO パンプス:PELLICO バッグ:GIANNI NOTAROInstagram やっています☆スーパーバイラーズ 菊地実李のブログ
  • コスパ抜群なトレンドアイテムがラクラク手に入るECサイト。その中でも、インスタでファンを増やし立ち上がった個人発ブランドが今アツいんです。今回は、着心地や質にこだわったシンプルデザインが評判の「manon fripes(マノンフリップ)」をご紹介します。おしゃれバイラーズが立ち上げたカジュアル上手なmanon fripes(マノンフリップ)“マノンが大切にしている一着”をテーマに、スーパーバイラーズのおしゃれ上手・石上美鈴さんが友人とスタートしたブランド。着心地や質にこだわって洗練シンプルを追求しているそう。◆https://manonfripes.shop-pro.jpディレクター・デザイナー 石上美鈴さん(@m__s_zzz___)ディレクター・デザイナー @amy102_happyさんディレクター・デザイナー @1102izuminさんQブランドを始めたきっかけは?シーズンごとにたくさん洋服を買い足しても、結局着ているのはほんの少し。可愛くて着回せて、ずっと大事にしたいお気に入りの服が欲しいと思ったときに、“自分たちで作る”という選択肢を考え出しました。Qファンの方のうれしいエピソードは?新アイテムを販売するたびに必ず購入し、少しずつワードローブをマノンでそろえてくださっている方がいらっしゃり、お届けのたびにうれしいメッセージを送ってくださいます。サーマルは累計500枚!体からつかず離れずで女らしく着られるサーマルは、前後どちらを前にしても着られる2way。サーマル¥9800/マノンフリップ2型のデニムは発売数分で完売デニム(参考商品)/マノンフィリップ再販を重ねて1000本売れを記録デニム(参考商品)/マノンフィリップ撮影/さとうしんすけ スタイリスト/門馬ちひろ ※BAILA2019年6月号掲載
  • from FRANCIACORTA Lidia Dal Tio & Simone Venturini 「友人の誕生日パーティで意気投合。すぐデートの約束を交わしたの」というふたりは、カナダ出身のリディアの家族や友人たちが参加しやすいようにと、夏のバカンスシーズンでの野外ウェディングを選んだ。「国内外から71名のゲストとたっぷり時間を過ごしたかったので、親密感があり心地よい雰囲気をつくり出せそうなこの会場がすぐ気に入りました」。ラグジュアリーブランドで働く彼女が出張先のロスで購入したドレスは、シフォン素材、レースのディテールが美しいバックコンシャスなデザインだ。「私とパパ、彼とママがペアになってダンスするシーンが感動的でした」。パーティは盛り上がり真夜中にミニハンバーガーとグルメポップコーンが登場すると会場がさらに沸いた。 PHOTO:Paolo Poce & Lorenzo Passone ゲストとともにセレモニー、披露宴、アフターディナーパーティをひとつの場所で大切な家族のウェディングストーリーをモノクロ写真で飾ったウェルカムスペース北イタリアのフランチャコルタは最上級スパークリングワインで有名。ディナーは地元の食材をベースにした料理とワインのペアリングを
  • from NORMANDY Caroline Marolleau & Arthur Delaire 春が訪れつつある3月初旬。約2年半の交際を経て、ノルマンディー地方のマナーハウスで式を挙げたアーサーとキャロリン。結婚式の準備にかけたのは2~3 カ月。「準備にストレスを感じたくなかったから、もともと知っていて食事がおいしいこの場所で即決。私たちは親族もたくさんいるので、自分たちじゃなく、招待する親族や友人たちをもてなすというコンセプトで、自分たちがみんなをどれだけ愛しているかを表現したんです」。挙式とアペロ、ノルマンディー名物のカキをはじめシーフードをメインにしたディナーの後は、朝までDJダンスパーティ。映像・音楽関係の仕事をしている彼ららしく、そしてパーティ大好きなフランス人らしいウェディングを堪能した。 挙式とパーティの会場は、ノルマンディーの海辺にあるクラシカルなマナーハウスを貸し切ってブライズメイドたちの衣装も白! 理由は「みんなで愛を分かち合い、みんなが主役となれるような楽しい夜を過ごしたいと思った」からフランスに春を告げるミモザのブーケは新婦が自ら調達&デコレーション。豪快にブーケトス!ドレスはミレーユ・ダルクが映画の中で着ていたバックレスドレスがイメージ。踊りやすいよう丈は短め。新郎はロンドン・サヴィルロウの老舗でスーツを仕立てたそうディナーは長テーブルを4 列並べて新郎新婦も一緒に。新鮮な食材だけを使い洗練されたおいしい料理を提供してくれるレストラン。ワインはボルドー出身の新郎の友人たちが手配新婦と総勢6名のブライズメイドはお揃いのチームブルゾンを作ってまずは温水プールでシャンパンを楽しんでからパーティの準備を開始
  • ハンナ・ウェイランド(「Shrimps」デザイナー)&アーサー・ギネス(「ギネス」社後継者) from WILTSHIRE Hannah Weiland & Arthur Guinness 学生時代にブリストルのパブで出会い、ベネチアでプロポーズ。そんなふたりが結婚パーティの会場に選んだのは、英国南西部ウィルトシャーにあるハンナの一家が所有するベルカム・コートの広大な庭。人気ブランドの若手デザイナーとギネスグループの御曹司カップルということもあり、ピクシー・ゲルドフやローラ・ベイリーなどゲストの顔ぶれも華やかだ。300人の招待客を迎えるマーキーテントのデコレーションから料理、ライブ演奏まで、すべては新婦ハンナが信頼を寄せる友人・知人たちの手によるもの。庭のコテージを、新郎アーサーの名前をつけた一夜限りのパブ「アーサーズ・アームズ」に改装してしまうなど、スペシャル尽くしのパーティとなった。 バラが咲く英国庭園。パーティが行われた6月は一年でいちばん美しいシーズンリリー・ヴァニリの4 段レイヤーのウェディングケーキ。トップにはふたりと愛犬の飾りが自身がデザインしたウェディングドレスはヴィクトリアン・スタイル。大切な思い出の場所や動物のイラストが手刺しゅうされている赤いバラがハンドプリントされたシュリンプスのドレスを着たブライズメイドたち。「私のミドルネームがローズだから」とハンナラスティックなムードで装飾されたマーキーテント。あえて不揃いのアンティークのカトラリーを選ぶなどテーブルセッティングにも空間プロデューサーマチルダ・ゴードのこだわりが詰まっているアクセサリーはシュリンプスのビーズバッグとサンローランのレオパードサンダル。新婦の亡き祖母がレオパード好きだったそう
関連キーワード

RECOMMEND