【今日のコーデ】一枚でも素敵なストライプ柄のワンピ。だけど「+レギンス」ならもっと今どき! <飯豊まりえ>

DAILY MORE

端正なストライプ柄にいちばん似合うレイヤードでワンピをカッコよく♪

春のワンピースを”可愛い”から”カッコいい”に昇格させる裏技はズバリ、”わかってる感のあるレイヤード”! クリーンで知的なストライプ柄、直線的なシルエット、落ち着きのある長め丈。そんな真面目さが魅力のシャツワンピには、ちょっぴりラフなレギンスがいちばん似合う。全体をしゅっとした印象に仕上げたら、さらにショルダーバッグの縦ラインや美脚パンプスで大人っぽくスタイルアップして♡

ワンピース¥28000/ハリウッド ランチ マーケット(TICCA) コート¥39000/ジネス ペリエ千葉店(ブランバスク) レギンス¥9800/ルーニィ 靴¥46000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥37000/FUN Inc.(ベルメール) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン)




撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江

関連記事
  • タイツの色味が絶妙♡上品なブラウニーグレー こんにちは。 BAILA11月号の付録のブラウニーグレーを履いてみました♡ 絶妙な色味に、肌触りのいい質感 はく時にすっとパンプスが入るので、生地の上質さにびっくりしました! 今まで、タイツはブラックばかりでしたが、ブラウニーグレーは新しい^^ ワンピース:ZARA タイツ:BAILA11月号付録 シューズ:RANDA ZARAのワンピに合わせてみました! モノトーンコーデにワンポイント入るだけで、ぐっと上品になる気がします。 この日はオレンジや赤みブラウン系のメイクをしたのですが、 オレンジ系メイクとも相性が抜群でした^^ この秋冬、大活躍間違いなしのアイテムです♡ インスタグラムもやってます♡
  • 【40代・30代】LEE100人隊がこの秋リアルに着ているものは……シャツ! ぐっと冷え込む日もありつつ、汗ばむ陽気が戻ってきたり……と、日々の着るものに困るこの季節。100人隊ブログの人気コンテンツ「今日なに着てる?」で今、存在感をはなっていたのは“シャツ”。暑ければ一枚でOK、はおりものを追加して調節も可能……と、実は秋の万能アイテムなんです。夏コーデでは難しかった凛とした雰囲気、大人の清潔感も手に入るのがうれしいところ。8人分のリアルシャツコーデをご紹介します! 1・TB たなやんさん(愛媛県) 今日のコーデ 「先日お友達と赤ちゃん連れでランチへ行ったときの服装。旬カラーのブラウン、わたしはシャツで。最近購入したローリーズファームのものです。首が詰まって見えがちなバンドカラーですが(丸顔&ずんぐりむっくりのわたしには難易度大!)、第2ボタンまで開ければ自然にV字っぽく開くのが◎。バンドカラーチュニックシャツ/ローリーズファーム」 2・No.020 マッキーさん(福岡県) クラシカルなZARAのブラウス 「柔らかいアースカラーのブラウスをZARAで買いました。姉がこの半袖タイプを持っていて可愛いな、と思っていたらふと店頭で長袖を発見。バックプリーツだったり、パフスリーブだったり。ちょっとした小技が効いてます。着るだけでクラシカルな装いに。オンオフで楽しめる1枚です。 tops・・・・ZARA bottom・・・UNITED ARROWS shawl・・・・INIS MEAIN shoes・・・・UNIQLO bag・・・・・10 corso como」 3・No.039 ひとこさん(兵庫県) 30年ぶりの同窓会、何着て行く…? 「同窓会。42にして、初めての同窓会。中学と言えば約30年前……。ついにやって来た先日、意を決して行ってまいりました。気楽な自分らしいコーデで、且つ、大人らしさも忘れずに! tops/sophila skirt/MONiLE bag/State of Escape shoes/George Cox pierce/hand made ストライプのコンビネーションが独特なスカートと、袖の膨らみが上品な張りのあるタイプライターのシャツに、シューズを合わせて勇んで行っておりました。なんとか自分らしい装いで、気分も少しは楽に」 4・No.024 アオイさん(宮城県) 最近のママコーデ 「先日次男とのショッピングモールデート。 *シャツ→niko and …(去年SALEで) *デニム→アメリカンホリック(こちらも去年のSALE品) *パンプス→titivate *トート→友人からのギフト(beauty&youth.郵便局の特典だとか) *時計はDW,リングは3coins,ピアスはminneです」 5・No.035 サナさん(岐阜県) ユニクロ、秋の仕事服あれこれ 「ユニクロの、ストレッチジャケットと同じ素材のパンツも愛用中です。これもまた使いやすく、しっかりとしています。最近は、モンベルのシャツと合わせることが多いかな」 6・TB あきさん(福岡県) シャツの季節 「随分と秋めいてきましたが、まだまだ日によっては汗ばむほど暑かったりする今日この頃。ニットにはまだ袖を通さぬままに10月下旬になりました。 シャツが好きなわたしは、シャツ一枚で過ごせる時期が長いのはうれしく、毎日シャツばかり着ています。ある秋の週末。去年買ったMUJIのメンズのシャツにネイビーのサロペットをあわせて。わたしがサロペットを着ると、どうしても少年風になるのはなぜなのか……と思いつつも、シャツとサロペットは好きな組み合わせなのでこの時期よく着ます」 7・No.092 マリナさん(大阪府) 今日のふく 「すっかり、秋!寒くなったかと思えば暑い日もあってコーディネートに悩みます。公園にお友達と遊びに行った日。お気に入りのシャツワンピースを着てお出かけしました」 8・No.093 mieさん(東京都) 流行りのリブニットパンツはパープルで差し色に♪ 「FREAK’S STOREで購入したリブニットパンツ。あまり周りとかぶらなさそうなパープルカラーに惹かれました☆ 定番デニムシャツも、リブニットパンツと合わせたら今年っぽくなりました♪」
  • 仕事や子どもの学校行事、食事会などで頼れるのはきちんと見えして着心地良好なネイビーの服。合わせる小物で印象アレンジも自由自在です!   きれいめな装いが必要な学校行事も安心 12closet/ダブルクロスブラウス/¥12,000+税 圧縮をかけた高密度生地は、体の線を拾いにくい適度な厚みがあり、着用中もきれいな形をキープできます。浅めVネックで、たっぷりとした生地感の九分袖ブラウスは、前後差をつけた裾ラインにラウンドカットのスリット入り。肩部分のカットワークもポイントです。   12closet/ダブルクロススカート/¥12,000+税 ストレッチ性があってシワになりにくく、洗濯可能なダブルクロス素材を使って、ラクしてきれいに着られるアイテムを作りました。圧縮をかけた高密度生地は、体の線を拾いにくい適度な厚みがあり、着用中もきれいな形をキープできます。ミディ丈のAラインスカートは、ウエスト後ろの両わきのみにゴムギャザーを入れました。ヒップ部分がもたつかず、後ろ姿がすっきり決まります。     4月号で発売後400本売れの春パンツをバージョンアップ 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税 累計400本売れた前作を、秋冬に合わせて丈をやや長めに設定。ゴムのウエストのフィット感を増し、より細見えを追求しました。生地は圧縮をかけた高密度のダブルクロス。ほどよい厚みでハリ感もありながら、伸縮性抜群でシワになりにくく、型崩れしにくいのが魅力です。タックを入れて腰まわりはゆったりしつつ、ひざ下をすっきりさせることで美脚効果も確保。もちろん家で洗濯可能です。ブラックとネイビーの2色展開。     透ける素材には甘ディテールを大人めに引き寄せる効果もあり 12closet/スタンドカラーブラウス/¥12,000+税 スタンドカラーと袖口にシャーリングを寄せたブラウスは、ただ着るだけで女性らしい華やぎが叶う一枚。繊細なストライプ柄の生地には光沢と透け感があり、見た目はもちろん、着心地も軽やかです。きちんとしたジャケットやクルーネックのニット、フーディの首元から衿を覗かせると、着こなしにぐっと奥行きが。中に着るインナーは、クリームならベージュやオフホワイト、ネイビーは同色か黒のキャミソールがおすすめです。     ふんわりでいてジャケットのインにも便利な薄軽さも魅力 12closet/シャーリングブラウス/¥12,000+税 ネックライン、二の腕の切り替え、そして裾。シャーリングのアクセントが愛らしくきわだつこちらのブラウスは、透け感のある生地を採用。ストライプ柄で、カジュアルなボトムの格上げにもしっくり。袖口はゴム入りなので袖をたくし上げてもずり落ちにくく、ほっそりとした手首ラインのアピールが可能です。ネイビーとパウダーホワイトの2 色展開。     共布ベルトを外して着るとゆるやかなAラインシルエットに 12closet/ベルト付きワンピース/¥18,000+税 やや詰まりぎみのラウンドネックや袖口にギャザーを寄せ、ニュアンスを出したミモレ丈のAライン。共布ベルトを締めると優しいメリハリがつき、きれいめ感がアップ。生地は上品な光沢と吸湿・放湿性に優れたキュプラ混のコットンで、ざっくりカーデやニットを重ねてもさらりとした着心地です。カラーは幅広いシーン&通年で着られるよう上品なベージュとネイビー。スカートタイプのペチコート付きです。   その他の12closetのおススメアイテムは下記よりご覧いただけます!
  • オフィス映え100%!ウエストマークワンピース 【Point】ウエストベルトか切り替えでほっそり度をさらにUPして 周りに一歩差がつくワザありデザインで通勤もぐんと華やぐ!白のプリーツをくるりと包むようにデザインされた、ひねりの効いたドッキングワンピース。端正なベルト使いやシックなモノトーン配色で、モードな一着もオフィス仕様に。ワンピース¥19000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店 スカーフ¥23000/アマン(アルテア) 時計¥23500/オ・ビジュー(ロゼモン) ストール¥18000/デミルクス ビームス 新宿(アソース メレ×デミルクス ビームス) バッグ¥28000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ロザ ルー) 靴¥13500/ダニエラ&ジェマ Variation ヴィンテージライクな一着は品のよさと洒落感を両立繊細な編み地とクラシカルなシルエットがヴィンテージ風。やさしげなベージュなら好感度UPも期待大。¥24000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店 CELFORD【セルフォード】 女っぽさを引き立てる秀逸なディテールがスタイル美人をかなえて黄みのあるカーキが今年らしいワンピースは、くびれを強調した切り替えデザイン。デコルテ映えを狙える、すっきりシャープなVネックで小顔も実現。ワンピース¥21000/セルフォード 新宿ルミネ1店 ネックレス¥50000/アガット タイツ¥1200/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) バッグ¥30000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ロザ ルー) Mila Owen【ミラ オーウェン】 レイヤード仕立てのセットワンピなら着映え効果が絶大ぼやけがちなアイボリーのワントーンも異素材使いやベルトマークでメリハリよく。ワンピとスカートはそれぞれ単品でも着用可能。ワンピース¥15000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店 リング¥17000/アガット タイツ¥1200/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) スカーフ¥5900/アルアバイル バッグ¥16000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ミロス) 靴¥16000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 清楚でいて細見えも。全方位ウケを確約するレディなアンサンブルきちんと見えするベルトつきワンピースにケーブル編みのカーディガンで親しみやすさを上乗せ。肌なじみがいいアイボリーならオフィスでも浮かないクリーンなムードへ導いてくれる。カーディガンとワンピースのセット¥25000/ジャスグリッティー 時計¥150000/オ・ビジュー(ロゼモン) ピアス¥24000/アガット バッグ¥32000/アナイ 靴¥17000/オデット エ オディール 新宿店 BEAMS LIGHTS【ビームス ライツ】 色やシルエットにトレンド感を香らせてこなれ顔に仕上げた一着トップス部分は細リブ、スカート部分はプリーツに。広がりすぎないシルエットやくるぶしまで届くロング丈、旬のブラウンが大人っぽいニュアンスを引き出して。ワンピース¥13000・ジャケット¥17000/ビームスライツ 渋谷 ネックレス¥35000/アガット バングル¥38000/フレーク バッグ¥45000/デミルクス ビームス 新宿(トフ アンド ロード ストーン) 靴¥49000/アマン(ペリーコ) 撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini. 〉 スタイリスト/松尾正美 モデル/絵美里 取材・原文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年11月号掲載
  • オンもオフも活躍!Iラインニットワンピース 【Point】編み地がゆるくない、目の詰まったものを選べばオフィス感がUP! ほっこり感を払拭したロング&リーンな一着が美しい立ち姿を引き寄せて今っぽさもあって定番カラーより無難に見えない、落ち着いた印象のカーキ。ストンとした縦長シルエットが全身をすらりと見せてくれる。ハイネックだからシャツとのレイヤードも素敵に決まる。ワンピース¥26000・ピアス¥25000/ドレステリア 銀座店 シャツ¥18000/ルーニィ リング¥25000/アデル ビジュー タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) バッグ¥27000/デ・プレ 靴¥19000/アルアバイル Variation ほどよく抜けのあるデザインはシーンを問わずに幅広く活躍やや身幅にゆとりがありつつも、ルーズに見えない絶妙なシルエット。小物使いが映えるシンプルな表情で汎用性高し。¥24000/ドレステリア 京都店 Theory【セオリー】 メランジグレーをオフィス仕様に仕上げるボクシーな美シルエット体をきれいに見せるコンパクトなストレートシルエットが通勤スタイルにしっくり。目が詰まった軽量のニットだから、冬も暖かく快適に着こなせるのがうれしい。ワンピース¥46000/セオリー ネックレス¥17000/ドレステリア 銀座店 イヤリング¥16000/アデル ビジュー タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) バッグ¥34000/アナイ STRAWBERRYFIELDS【ストロベリーフィールズ】 ハリのあるリブニットのちょうどいいフィット感がきれいな色気を連れてくるややタイトなシルエットも厚みのあるリブニットなら、体のラインを拾いすぎず、スムーズにほっそり見えを実現。サイドスリットで足さばきもよし。ワンピース¥13000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) ピアス¥12000/アマン(アンセム フォー ザセンセズ) バングル¥23000/アデル ビジュー スカーフ¥10000/アルアバイル バッグ¥18500/アディナ ミューズ シブヤ 靴¥27000/銀座かねまつ6丁目本店 肌を滑るようなしなやかなハイゲージならシンプルな一着も気品よく落ち感のある柔らかなメリノウールを使用しているから、ゆったりとしたシルエットもスマートなたたずまいに。タートルネック部分はボリュームが出すぎず、首もとがすっきり細く見える。ワンピース¥38000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥24000/フレーク リング¥15000/ジュピター代官山 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) ストール¥62000/ドレステリア 銀座店 バッグ¥150000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(マウロ ゴヴェルナ) 靴¥52000/アマン(ペリーコ) N.O.R.C by the line【ノーク バイ ザ ライン】 ロング丈とこっくりブラウン。今年らしい組み合わせで旬の洒落感を醸し出してゆとりのあるクルーネックや前後差のある裾でロング丈も軽やかな印象。スカーフやヒールパンプスで重心を上げた着こなしを。ワンピース¥18000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) スカーフ¥20000・バッグ¥74000/ドレステリア 銀座店 ピアス¥34000・リング¥26000/フレーク 時計¥19000/オ・ビジュー(ロゼモン) 靴¥18000/銀座かねまつ6丁目本店 撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini. 〉 スタイリスト/松尾正美 モデル/絵美里 取材・原文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年11月号掲載
  • 冬は、旬のバランスも防寒性も備えたショートブーツがあれば、なんとかなる!■黒のレースアップ 黒は定番だからこそ、更新が必要。今季は、少しゴツめのレースアップブーツでハズすのが、こなれた人の最新。履くほどに味が出る上質レザーに、凹凸のあるゴツめソール。エレガントさ×本格ワーク仕様のバランスが、まさに今の気分。この一足で、シンプルなニットワンピースの鮮度が上がる。靴( 2 )¥147,000/ジャンヴィト ロッシ  ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) ワンピース¥46,000/アマン(アンスクリア) ストール¥120,000/アパルトモン 神戸店(アロンピ) バッグ¥375,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)■きれいめブラウン 合わせやすいベーシックカラーであると同時にきかせ色としての役割も果たす、今季のブラウン。きれいめ美人なデザインなら、まろやか色も脱ほっこり。黒よりシックで新しい、ダークブラウンのブーツ。かかと部分がヌードベージュとのバイカラーなので、華奢に見える。足首部分に余裕をもたせることで、脚を細く見せる効果も。靴( 7 )¥154,000/ドゥロワー 丸の内店(マノロ ブラニク) ニット¥30,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥59,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥230,000/ジミー チュウ ピアス¥23,000/ドゥロワー 六本木店(グーセンス パリ) ブレスレット(ロンハーマン10th記念)¥540,000/ロンハーマン(ベッティーナ ジャバエリ)■上品アニマル アニマル柄と言えば、定番のレオパードに加えて、辛口で合わせやすいパイソン人気が急上昇。大人が品よく取り入れられるデザインを厳選して。艶のある素材を使い、細身のポインテッドトゥに仕上げた、女っぷりの高いパイソンブーツ。パンツから見える少量でも、足もとから高感度なスタイルをリードする。パイソン柄はベージュベースが多い中、ブラウンベースだとまた新鮮なイメージになる。靴靴(6.5)¥148,000/ジミー チュウ ジャケット¥65,000/エイトン青山(エイトン) Tシャツ¥7,800/スローン パンツ¥26,000/インターリブ(サクラ) バッグ¥137,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ネックレス¥42,000/マルティニーク丸ノ内(アグメス)■シンプルな白 冬の足もとにクリーンな抜け感を加える白ブーツ。なにより映える色だから、シンプルなデザインをさらりと取り入れるのがモダンに楽しむコツ。ウエスタンブーツ風カッティングも、クリアな白&細ヒールでモダンな女らしさが漂う。デニムはもちろん、きれいめスタイルのハズシとしても。靴( 4 )¥45,000/ザ・グランドインク(ロランス) ニット¥49,000/アマン(アンスクリア) デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) バッグ¥48,000/ドレステリア 銀座店(エバゴス) ストール¥62,000/ロンハーマン(ジョンストンズ フォー ロンハーマン) メガネ¥37,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ■こっくり色 冬の着こなしの幅を広げてくれる、カラーブーツ。難易度が高いと思われがちだけれど、こっくり色ならどんな色とも意外なほどなじみがいい。ボルドーがブラウン系になじみつつ、同時に女度を上げる。靴( 8 )¥40,000/エストネーション(チェンバー) カットソー¥9,000/アストラット 新宿店(アストラット) シャツ¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) スカート¥19,000/デミルクス  ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ¥58,000/レリタージュ マルティニーク(エレナ ギゼリーニ) 帽子¥12,000/カレンソロジー青山(フェルッチョ ヴェッキ) ピアス¥11,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) ネックレス¥37,000/ロンハーマン(アル ズニ) ※靴の( )はヒールの高さで、単位は㎝です【Marisol11月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 構成・文/東原妙子
  • bluebird boulevardのボトムたちは長身女子の着丈問題を難なくクリア!「背が高いと何でも着れていいね!」 と、言われますがそんなことはありません!!笑。 丈が短くてつんつるてん(って方言?)なこともしばしば。 ロング丈なはずが微妙な着丈になってしまうことも。。。 頼れるのがマリソル誌面でもお馴染みの 「bluebird boulevard」 170センチの私が着てもしっかりロング丈↓美女組さんの中でもお持ちの方が多い 背中がぱっくり開いたこのワンピース。 絶妙な開き具合がキレイ。 春夏はフレンチスリーブかノースリーブ 秋冬は甘めのボリューム袖が可愛い♡ 落ち着いたチェックなのでアラフォーでもピッタリ。 他にもセットアップを持っていますが、 こちらも着丈は長めでバッチリ! 長身女子さんにオススメのブランドです★話は全然変わりますが、 先日、ネイルのメンテナンスへ。 秋らしくツイードネイルにしてもらいましたが、 配色がブラウン×キャメル×ホワイトだったので お昼時だったこともあり、 チョコソース、キャラメルソース、生クリームにしか 見えなくなってきました。。。 bluebirdboulevardブランドページ★flagshop内bluebird boulevardページ★Instagram☞☞☞junshinoda美女組No.112junjunのブログ
  • ほっこりと優しげなカーデをはおるだけで最旬ミックスコーデの完成♡久々にデスクワークのみで定時退社、そんなラッキーDAYはやりたいおしゃれを自由に楽しむ日。そう、今こそひと目ボレ買いしたアニマル柄スカートの出番でしょ! スパイシーな最旬スカートに、とびきり甘いボリュームカーデをON。こんな思いきったミックスコーデが絶対可愛いって思ってた♡ ロングブーツとの今っぽいバランスや、白Tの抜け感もおしゃれポイント。なじみよいベージュのキャスケットやゴールドアクセで品よく仕上げて、大満足のおしゃれ感。街に繰り出して見せびらかしたい!(笑)カーディガン¥38000/リエス Tシャツ¥5800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) スカート¥8800/フリークス ストア渋谷 靴¥25000/アーバンリサーチ ロッソ ルミネ新宿店(レメ) バッグ¥34000/シップス 渋谷店(マロウ) 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 代官山 イヤリング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/田村昌裕(FREAKS) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/辻村真理
関連キーワード

RECOMMEND