【今日のにゃんこ】癒し度100%! ゆらちゃんの寝顔

DAILY MORE
暖かい日差しが差し込んできて、すっかり眠ってしまったゆら。すやぁ......な表情に癒されます:)

■名前
ゆらちゃん

■性別
女の子

■猫種
やや長毛のミックス(保護猫なので不明)

■生年月日
2016年ぐらい(推定)

■性格
食いしん坊で甘えんぼ。飼い主の姿が見えないと探しにくる寂しがり屋

■特技
おねだり

■好物
おやつの「モンプチクリスピーキッス」

■マイブーム
寝ている飼い主の髪の毛で遊ぶこと

■チャームポイント
「ヘーゼル」と呼ばれる2色が重なった瞳。お尻をゆらゆら振って歩く後ろ姿

→ゆらちゃんの投稿はこちらから

関連記事
  •   突然ですが私名古屋出身でして、強めの地元愛を持っております。そこで先日BEAMS JAPANで開催されている大名古屋展へ行ってまいりました! 展示会の時に、やるという話を聞いてから、ずっと楽しみにしていたんですよね。 私が購入したのは、大人のクッピーラムネとスジャータポーチ。クッピーラムネは味は普通のものと変わらないのですが、30連になっていて夢のクッピーラムネ大人食いができるというもの。 スジャータポーチはPVCなのでこれからの季節海やフェスに行く時にお金や入場券などをそっと入れておくのにちょうどいい。フックがついているので、パンツやバッグに引っ掛けられるのも便利です。何より、“褐色の恋人”という文字を見ていると、今にもあのメロディが聞こえてきそう!(笑) そしてグッズを購入したら、こんなにもたくさんのノベルティをもらえてしまいました! 名古屋ゆかりのキャラクターやマークが盛りだくさんのステッカーに、献立いろいろみそのミニパックです。正直私はこの手のみそを常備していない派の家庭で育ったのですが、それでも東京でこれをもらえるとなんだかとっても興奮! BEAMS的ナゴヤの巡り方には、おやつ部員として黙っていられないショップもずらり。今度帰省した時に行くリストの上位に華麗に入りました。 地元にいるときはなんとも思わなかったものも、こうして手に取るとよりなぜかものすごく魅力的に感じる不思議。やっぱり名古屋好きだなぁとしみじみ思ったのでした。  
  • 美容のプロ3人がやさしい香りに思わず癒やされたというボディオイルをご紹介します。使用後はベルベットやシルクのような気持ちのいい触り心地になるんだとか。幸せな香りに包まれながら、日ごろの肌と心をいたわって。 【George&松本&浦安’sベスト】 ウカトーキョーヘッドオフィス  ウカ  ボディオイル ハグ 愛する人やペットを抱きしめたときのような、やさしい気持ちに導くブレンド。40g ¥6500 ベルベットorシルク!?もふもふにやわらぐで賞 「一日の疲れがほぐれ、猫の肉球をもふもふさわったときのようなやさしい気持ちに」(ヘア&メイク Georgeさん)「本能が喜ぶ幸せな香り。肌の一部のようにじわーっととろけもっちり×するんっとした官能肌に」(美容エディター 松本千登世さん) 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年8月号掲載
  • 暑い日は部屋をクーラーでキンキンに冷やして、毛布に包まるのも夏ならでは♡ 寝転んでいると、いつのまにかルウが登ってきました。「かまってよ~」と言わんばかりの視線にやられたので、起き上がって遊ぼうと思います:)「ごろごろもいいけど、かまってほしいにゃ~?」■名前ルウ■性別 ♂(男の子)■猫種 雑種(元保護猫)■生年月日 推定2017年6月■性格 人間大好き、慎重派■特技 人の手にすりすり■好物 レタス、ジュレ・スープタイプのフード■マイブーム 夜景を眺めること■チャームポイント 目のキラキラ感→ルウくんの投稿はこちらから
  • 先日、友人がグループラインにこんな質問を投げかけてきました。「やかんを買いたいのだけど、みんなのオススメは?」。これに対し明確に回答できたのは、8人中私を含む2人だけ。残りの6人は、やかんではなく電気ケトルを使っているとのこと。中には「かさばるし、置き場に困るから捨てた」という声も。もしかして、今ややかんって少数派なの? そのことがやけに気になってきて、それ以来会う人会う人に聞いてみたところ、やはり電気ケトル派が7:3の割合で優勢でした(自分調べ)。 確かに電気ケトルは沸くスピードが早いうえに、沸いたら自動的にスイッチも切れる優れもの。必要な分だけサッと沸かしたいときにはすごく便利です。ただし電気ケトルは1リットル以下の容量が主流ですから、一度に大量の湯を使いたい場合は不向き。うちは家族全員がお茶をたくさん飲むので、容量2リットル以上のやかんが絶対必要です。 我が家で愛用しているやかんはビタクラフトのもの。子どもが生まれてから大活躍しております。ミニマルなデザインですが、ぽってりとしたフォルムは愛嬌があってかわいいんですよ。ステンレス製で軽いし、そそぎ口も洗いやすく、使い勝手は抜群。おしゃれなやかんは探せばいろいろありますが、デザインや手入れのしやすさなど総合的にみて、私はビタクラフトが一番だと思っています。 息子が超絶猫舌なので、就寝前にたっぷりの湯を沸かして茶葉を煮出し、翌朝までに冷ましておくのが日課です。毎晩子どもの寝かしつけを終えてから、今日はどれにしようかと茶葉を選び(ほとんど麦茶かルイボスティーの二択ですが)、煮出している間が安らぎのひととき。できたての熱々のお茶をすすりながら、深夜に甘いおやつを頬張っていると、無駄にやさしい気持ちになれます。さっき子どもが泣いてたときにもっとかまってあげればよかった、朝夫にあんな言い方するんじゃなかった、とひとり反省会をしつつ、こっそり自分だけの世界に浸れる、実に穏やかな時間です。 >>無印のファイルボックスがこんなに使えるとは知らなんだ #深夜のこっそり話 #1028 >>アウトドア・モードの必勝アイテム #深夜のこっそり話 #1124
  • 「行ってくるね」と声をかけた時に見せる、寂しげな顔。そう思っているのは、はたして飼い主だけ(汗)なのでしょうか?「行っちゃうの……?わたしも寂しいにゃん……」■名前ココン■性別女の子■猫種ペルシャ・チンチラブルー■生年月日・もしくは推定年齢2015年3月27日■性格穏やかでおとなしい、ビビリのくせにチャレンジしてみる■特技ボールを投げると取りに行って持って帰ってくる■好物「にゃんにゃんカロリー」というチュールに似たペースト■マイブーム綿棒を転がして遊ぶ■チャームポイント大きな目と小さな鼻頭
  • 愛するペットとの写真をたびたびアップし、ファンを癒す海外セレブたち。亡くなった恋人が飼っていた犬を引き取ったと噂されるアリアナ・グランデ(26)、撮影でひと目惚れした猫を家族に迎え入れたテイラー・スウィフト(29)など、セレブの数だけ動物たちとのエピソードはさまざま。そこで今回は、セレブとペットにまつわるストーリーを調査。 すると、動物を飼うだけではなく、殺処分ゼロ運動に飼い犬と参加したり、里親募集のポッドキャストを配信したりとボランティア活動に励むセレブの姿も。その一方でセレブが飼うペットとして注目を集め、モデルデビューやライフスタイル本を出版するセレブペットの存在もあり。多忙なスケジュールをこなしながら、我が子のように愛情を注ぐセレブたち。動物のリラックスした表情や愛くるしい仕草にも注目して! >>愛犬を失ったクロエ・カーダシアンに、恋人トリスタンが行ったサプライズが感動的! Photo:AFLO , Courtesy of Instagram
  • サクラとともにランチにやってきました♪ 人間と同じ食事を食べたそうに見つめてきます。ちゃんと我慢できたので、あとでおやつを多めにあげちゃおうかな~♡「おなかすいたワン~。それスパゲッティっていうんでしょう~? おいしそうだな~!」■名前 サクラちゃん■性別 女の子■犬種 ミニチュアシュナウザー■生年月日 2016年1月13日■性格 おてんば!■特技 高いところからジャーンプ!■好物 鳥の手羽先の生肉■マイブーム 毎晩私のお布団で一緒に寝ること■チャームポイント 長~いまつ毛→サクラちゃんの投稿はこちらから
  • おやつをめぐる記憶にまつわる、エッセイ連載 お菓子は甘い総合芸術。味に意匠に文化に歴史。だからこそ、たったの一口で時空を巻き戻すことすらできるのだ。昔の味も未来の味も、自由自在の時間旅行記。  東急東横線に乗るたびに「このまま乗り続けていればプルプルの豚足そば(徳記)に、ほわほわのマーラーカオ(聚楽)に会えるのに」と思ってしまうから途中下車がしんどい。元町・中華街駅から地上に出れば、豪華絢爛な牌はい楼ろうの向こうにせいろの湯気と中華提灯がぼんやり輝く麗しの異界、チャイナタウンが広がっているのだ。いやいやチャイナタウンなんてあれでしょ、冷凍点心と料理の鉄人風の等身大パネルと激安食べ放題の看板が並ぶ胡散臭い観光地でしょう、と思っていたこともあったけど、せり出す看板群の合間に佇む控えめな個人店の一つひとつに、手作りの心意気と小さな歴史が息づいていることを知って以来、好きになった。中華街におけるいい店は見た目の地味さに比例する。  真紅の看板に手書きの値札が連なる紅こう棉めんは1952年創業、広東省出身の譚さん一家によって営まれる老舗のお菓子屋さん。手作りの中国菓子が並ぶショーケースは尊さのあまり発光して見える。特に月餅は店の代表選手で、型押し模様がキリリと浮かび上がる「豆沙大月餅」は、月というより金印の如き荘厳なオーラを放ち、ついこうべを垂れたくなる。ありがたや……。そう呟きながらナイフを入れればベンタブラックばりの漆黒が。吸い込まれそうな自家製餡がぎっしり詰まった断面にかぶりつけば、ねっとりとしたあんこが黒胡麻の香りとともに広がって、現実に踏みとどまることなどもう不可能。口から異国に染まるパワーに翻弄され、これが広東菓子の魔力なのか……と白目を剝きそうなティータイム。 紅棉●神奈川県横浜市中区山下町190☎045-651-2210営業時間 10時~20時 無休自家製黒餡の大月餅「豆沙大月餅」(¥520)のほかエッグタルトやマンゴープリンも人気メニュー PROFILEひらの さきこ●1991年生まれのフードエッセイスト。著書に『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)がある。instagram:@sakikohirano SOURCE:SPUR 2019年3月号「スイーツタイムトラベル」 photography:Masaya Takagi styling:Keiko Hudson >>「平野紗季子のスイーツタイムトラベル」TOPへ戻る
関連キーワード

RECOMMEND