【今日のにゃんこ】ごろん、じーっなゆらちゃん

DAILY MORE
テーブルの上なのに! かまわずごろん、じーしてくるゆら。短い前足の愛おしさがハンパないです。

■名前
ゆらちゃん

■性別
女の子

■猫種
やや長毛のミックス(保護猫なので不明)

■生年月日
2016年ぐらい(推定)

■性格
食いしん坊で甘えんぼ。飼い主の姿が見えないと探しにくる寂しがり屋

■特技
おねだり

■好物
おやつの「モンプチクリスピーキッス」

■マイブーム
寝ている飼い主の髪の毛で遊ぶこと

■チャームポイント
「ヘーゼル」と呼ばれる2色が重なった瞳。お尻をゆらゆら振って歩く後ろ姿

→ゆらちゃんの投稿はこちらから

関連記事
  • 「行ってくるね」と声をかけた時に見せる、寂しげな顔。そう思っているのは、はたして飼い主だけ(汗)なのでしょうか?「行っちゃうの……?わたしも寂しいにゃん……」■名前ココン■性別女の子■猫種ペルシャ・チンチラブルー■生年月日・もしくは推定年齢2015年3月27日■性格穏やかでおとなしい、ビビリのくせにチャレンジしてみる■特技ボールを投げると取りに行って持って帰ってくる■好物「にゃんにゃんカロリー」というチュールに似たペースト■マイブーム綿棒を転がして遊ぶ■チャームポイント大きな目と小さな鼻頭
  • こんにちは小野アムスデン道子です。チェンマイはタイ北部最大の都市ですが、エネルギッシュなバンコクに比べて、空気がゆっくり流れ、昔ながらのタイが楽しめる街。物価も安く、2週間以上のロングステイをする日本人も多いそう。優しい辛さのチェンマイの料理、美しい寺院、素朴な田んぼの藁アート、丁寧なスパ、癒されることがいっぱいです。チェンマイから北に50kmのメーテンにある、ランナー様式でタイ北部最大の寺院「ワット・バーンデン」。タクシーをチャーターして約1,000バーツ(1バーツ=約3.5円)で行くことができます。高さ4メートルはあろうかという涅槃像や、塔頭と共に祭られている12支の動物、想像上の動物たちが華やかでカラフルなお寺は別世界のよう。そこから田んぼのそばに藁アートが立つという貯水池「ファイトンタオ」へ(入場料50バーツ)。なんと巨大な3匹のキングコングがそれ! 周りは水田で、元々は刈り取った藁を利用することから始まったのだそう。田んぼには、1泊600バーツで泊まれるというゲストハウスもあります。レインシャワーにトイレも整備されていて、田んぼの真ん中で、ちょっと他では味わえない宿泊が出来るかも。ユニークな歴史遺産として、タバコ乾燥庫をカフェやレストラン、ホテルにリノベ―ションしてユネスコ賞も受賞した「カオマイ エステート1955 」があります。緑に囲まれたレンガ造りの建物はそのままに、中は快適に改装されています。レストランで、北部料理の定番の一つ、“カントーク”をいただきました。豚皮唐揚げやゆで野菜、ゆで卵を青唐辛子とタマネギなどをすりつぶしたディップにつけて食べるものです。柚子胡椒のようなこのディップが風味豊かで、止まらないおいしさです。チェンマイでは今、バケーションでリフレッシュしながら働く「ワーケーション」というスタイルで滞在するタイ人や欧米人がいて、この施設もWiFiが使え、カフェのテーブルでは充電もできるようになっていました。SNSのアップもしやすいですね。カオマイ エステート1955Kaomai Estate 1955    https://www.kaomailanna.com/estate.phpチェンマイ市内に戻りがてら、陶芸、手芸、雑貨やアパレルなど地元作家がショップを出すアーティスト村「バーン・カ―ン・ワット Baan Kang Wat」へ。作家の手になる一点ものがほとんどなのでお値段はそれなりに…。それぞれの工房スペースがとても素敵で、中にはカフェもあってゆっくり作品を見て回れます。いい作品に出会えば、チェンマイのよい思い出になりそうです。やはりタイに来たら、必ず立ち寄りたいのがスパ。タイ古式はじめ、レベルの高い施術の「ザ・オアシス スパ」へ。チェンマイに6店舗、バンコクやパタヤ、プーケットにもお店を展開しています。ここチェンマイ・バーン・セン・ドイ店は各国領事が住む高級エリアにあって、とても優雅なランナー様式の建物で、素敵なインテリアにうっとりします。スパ個室が5つに宿泊用の部屋も11室あります。オイルは使わず、筋肉を揉みほぐし血流を促すマッサージで不眠も改善されるという、タイ古式マッサージを受けました。1時間で全身を施術してくれて1,000バーツとお手頃。ザ・オアシス スパ The Oasis Spa  https://www.oasisspa.net/jp/home.php夕食は、オーガニックファームを併設して、新鮮なオーガニック野菜を使った料理で地元でも大人気の、「オーカジュ」のサンサーイ本店へ。農業を盛り立てようと3人の若者が創ったレストランの料理は、お値段が150〜300バーツと手頃でボリュームたっぷり。肉料理にもレストランの横の農場で栽培されているサラダがたっぷり添えられています。いろいろと野菜を選んでカスタマイズすることもできます。メロンをくり抜いたフルーツサラダは名物だそう。ドリンクはすべてノンアルコールですが、野菜たっぷりのお料理には、ヘルシーなスムージが合います。オーカジュ OHKAJHU  https://www.facebook.com/ohkajhuチェンマイに来たら絶対に味わってみるべきなのがカレースープの麺料理“カオソーイ”。市内にあって創業70年の有名店「カオソーイ・ラムドゥアン・ファーハーム Khaosoi Lamduan faham」のカオソーイは、ココナッツのまろやかな風味のカレースープに、弾力のある卵麺が絶妙で、上にのせた揚げた麺の香ばしさもポイント。トッピングは3種類あり、衣をつけて揚げた豚肉、骨付き鶏肉、スライスの牛肉とそれぞれにおいしいです(50バーツから80バーツ)。チェンマイソーセージなどのおつまみもビールにぴったり。チェンマイは、こうしたローカルグルメにナイトマーケットでのショッピング、寺院巡りなど普通の観光も楽しいところですが、ゆっくり滞在するならタイ料理クラスなど、ならではのローカル体験に挑戦してみては?1名から30名まで対応するというタイ料理教室「ルアン・ラダー」で、お馴染みのトムヤムクンやパッタイ、鶏肉カシューナッツ炒め、青パパイヤのサラダ(ソムタム)4品とマンゴーにココナッツで炊いたもち米をそえるデザート(カオニャオ・マムアン)を作りました。卓上コンロにエプロン、材料がセットアップされていて、料理にじっくり取り組めるのでやり遂げた感があります(1,000バーツ)。ルアン・ラダー RUAN LADA https://www.facebook.com/RUANLADA2599/チェンマイ観光局によると、住居費・光熱費・食費・交通費などの1カ月トータルのチェンマイ滞在費は26,000バーツ、9万円ほどです。観光目的なら30日以内はビザ無しで滞在できます。長期滞在でじっくりとチェンマイのローカルな体験や文化を楽しんでみるというのもよいかも。取材協力/ タイ国政府観光庁 https://www.thailandtravel.or.jp
  • 愛するペットとの写真をたびたびアップし、ファンを癒す海外セレブたち。亡くなった恋人が飼っていた犬を引き取ったと噂されるアリアナ・グランデ(26)、撮影でひと目惚れした猫を家族に迎え入れたテイラー・スウィフト(29)など、セレブの数だけ動物たちとのエピソードはさまざま。そこで今回は、セレブとペットにまつわるストーリーを調査。 すると、動物を飼うだけではなく、殺処分ゼロ運動に飼い犬と参加したり、里親募集のポッドキャストを配信したりとボランティア活動に励むセレブの姿も。その一方でセレブが飼うペットとして注目を集め、モデルデビューやライフスタイル本を出版するセレブペットの存在もあり。多忙なスケジュールをこなしながら、我が子のように愛情を注ぐセレブたち。動物のリラックスした表情や愛くるしい仕草にも注目して! >>愛犬を失ったクロエ・カーダシアンに、恋人トリスタンが行ったサプライズが感動的! Photo:AFLO , Courtesy of Instagram
  • サクラとともにランチにやってきました♪ 人間と同じ食事を食べたそうに見つめてきます。ちゃんと我慢できたので、あとでおやつを多めにあげちゃおうかな~♡「おなかすいたワン~。それスパゲッティっていうんでしょう~? おいしそうだな~!」■名前 サクラちゃん■性別 女の子■犬種 ミニチュアシュナウザー■生年月日 2016年1月13日■性格 おてんば!■特技 高いところからジャーンプ!■好物 鳥の手羽先の生肉■マイブーム 毎晩私のお布団で一緒に寝ること■チャームポイント 長~いまつ毛→サクラちゃんの投稿はこちらから
  • おやつをめぐる記憶にまつわる、エッセイ連載 お菓子は甘い総合芸術。味に意匠に文化に歴史。だからこそ、たったの一口で時空を巻き戻すことすらできるのだ。昔の味も未来の味も、自由自在の時間旅行記。  東急東横線に乗るたびに「このまま乗り続けていればプルプルの豚足そば(徳記)に、ほわほわのマーラーカオ(聚楽)に会えるのに」と思ってしまうから途中下車がしんどい。元町・中華街駅から地上に出れば、豪華絢爛な牌はい楼ろうの向こうにせいろの湯気と中華提灯がぼんやり輝く麗しの異界、チャイナタウンが広がっているのだ。いやいやチャイナタウンなんてあれでしょ、冷凍点心と料理の鉄人風の等身大パネルと激安食べ放題の看板が並ぶ胡散臭い観光地でしょう、と思っていたこともあったけど、せり出す看板群の合間に佇む控えめな個人店の一つひとつに、手作りの心意気と小さな歴史が息づいていることを知って以来、好きになった。中華街におけるいい店は見た目の地味さに比例する。  真紅の看板に手書きの値札が連なる紅こう棉めんは1952年創業、広東省出身の譚さん一家によって営まれる老舗のお菓子屋さん。手作りの中国菓子が並ぶショーケースは尊さのあまり発光して見える。特に月餅は店の代表選手で、型押し模様がキリリと浮かび上がる「豆沙大月餅」は、月というより金印の如き荘厳なオーラを放ち、ついこうべを垂れたくなる。ありがたや……。そう呟きながらナイフを入れればベンタブラックばりの漆黒が。吸い込まれそうな自家製餡がぎっしり詰まった断面にかぶりつけば、ねっとりとしたあんこが黒胡麻の香りとともに広がって、現実に踏みとどまることなどもう不可能。口から異国に染まるパワーに翻弄され、これが広東菓子の魔力なのか……と白目を剝きそうなティータイム。 紅棉●神奈川県横浜市中区山下町190☎045-651-2210営業時間 10時~20時 無休自家製黒餡の大月餅「豆沙大月餅」(¥520)のほかエッグタルトやマンゴープリンも人気メニュー PROFILEひらの さきこ●1991年生まれのフードエッセイスト。著書に『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)がある。instagram:@sakikohirano SOURCE:SPUR 2019年3月号「スイーツタイムトラベル」 photography:Masaya Takagi styling:Keiko Hudson >>「平野紗季子のスイーツタイムトラベル」TOPへ戻る
  • SPUR本誌でも毎回人気のSLG企画。9月号は性別を問わずに身につけられる色、「黒」をテーマにしたレザーグッズ特集です。ファッションだけでなく、様々な分野でますます盛り上がりを見せるジェンダーレスの波に合わせて、オールブラックのSLGを紹介しています。 ブルーのマーブル模様のテーブルにSLGをのせた夏らしい爽やかな扉写真 は、ある男女の食事シーンをイメージしています。食後のお茶も楽しんだ後、お会計をしようと男性、女性どちらも同時に財布に手を伸ばしている瞬間を切り抜きました。男女ともに使いやすい黒色の財布とカードケースにあわせて、お会計のシーンでも「ジェンダーレス」を表現。財布をはじめとした定番品だけでなく、アクセサリー感覚で身に着けられる革小物も登場しています。新しい時代を強く生き抜くために、バックアップをしてくれるお守りのようなSLGをぜひチェックしてください。 SPUR9月号「彼と彼女のSLG」を試し読み(外部サイト)
  • いつもの英会話レッスンを終えたら、友人主催のワインの勉強会へ 今夜は、レストランでのワインセミナー! 素敵な予定に、朝からワクワク。セミフォーマルなオールネイビーコーデは、素材の軽やかさを心がけて夏らしく。バッグも透け感のあるものをチョイスして、旬なムードをひとつまみ。華やかさ足しには、レッドのサンダルを。ワインセミナーは、同世代の男女がたくさん来ていて和気あいあいとしたムード。同じテーブルに座ったメンバーと仲良くなっちゃった♪ しかも、明日急遽みんなでワイナリーに出かけることに!! ちょっと驚いたけど、そういうノリ嫌いじゃありません(笑)。 ブラウス¥21000/トゥモローランド(TOMORROWLAND collection) スカート¥25000/インターリブ(サクラ) フープピアス¥25000・チャーム¥10000 /アガット サングラス¥32000/アイヴァン PR(アイヴァン)  靴 ¥29000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥46000/ジネス ペリエ千葉店(アニタ ビラルディ) タンクトップ¥4800/シンゾーンルミネ新宿店(ザシンゾーン) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【透け感ブラウス】 ほどよく肌が透けるブラウス。ギャザー袖や裾リボンの甘めディテールも、ネイビーなら大人っぽくまとまる。¥21000/トゥモローランド(TOMORROWLAND collection) 【ドットプリーツスカート】 シフォン素材のソフトなプリーツ。控えめドットは男性の隣にもなじんで埋もれず。¥25000/インターリブ(サクラ) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • プライベート感のある店内で、ゆっくりと買い物が楽しめる。伊勢丹新宿本館4階に誕生した、FOXEYとADEAMのコラボレーションストア「FOXEY ADEAM ISETAN」。約40坪という広い店内は、中央が2つのブランドをミックスして楽しめるゾーン、右側がFOXEY、左側がADEAMとなっている。「自分のワードローブのように感じてほしい」というコンセプトの内装は、happenstance collectiveのハピエール・ビヤール・ルイズと山崎 智貴によるデザイン。大理石の床、左官職人による漆喰の壁、木とシルバー、リネンを用いた什器など、自然素材をいかしラグジュアリーに仕上げた。FOXEYのゾーンは什器やガラスに囲われたプライベート感のある空間。落ち着いた雰囲気で百貨店の中であることを忘れてしまいそう。7月31日(水)までFOXEY NEW YORKの新作が揃う「FOXEY NEW YORK SUMMER ESCAPE FAIR」を開催中。ホームクリーニングできて夏に大活躍のアイテムが並んでいる。ADEAMのゾーンはガラスと大きな鏡で明るく開放的なイメージだ。夏のバカンスに活躍しそうなリネンアイテムやビーチコレクションのほか、新作のプレフォールコレクションが揃う。右のグリーンのセットアップはFOXEY ADEAM ISETANだけの限定色。フィッティングルームは3つ。ゆったりと贅沢な気分になれるつくりだ。アイテムを広げて置けるテーブルもオリジナル。什器の細部にまでデザイナーの美意識が感じられる。 コラボレーションストアならではのイベントも開催する予定だというから楽しみ。自分らしいミックススタイルを探しに、ぜひ訪れて。FOXEY ADEAM ISETANFOXEY ADEAM ISETAN東京都新宿区新宿3-14-1伊勢丹新宿店本館4F 03-5363-6603 営業時間:10:00-20:00 定休日: 伊勢丹新宿店に準ずるfoxey.co.jpadeam.com
関連キーワード

RECOMMEND