新しくなったプリーツスカートなら歩くだけで美人見え♡フラット靴派も見逃さないで!

DAILY MORE

新プリーツスカートは、ぺたんこ派にこそはいてほしい!!

新しいプリーツスカートは、これまでよりずっとフェミニン♡ もっと細くなったプリーツは歩くたびに軽快に揺れて、頑張らなくても、なにげない一瞬にも映える。そんな“ラクしてきれいな”スカートを一枚持っていると、すごくいい! ぺたんこ靴でも、ぺたんこ靴にこそ、似合うんです!

1.よりこまやかなプリーツ
軽快に揺らして外に出かけたくなる。ひだが細かくなり、フェミニンさも軽やかさも増した揺れ感。だから歩きたくなったり出かけたくなったり、ポジティブな気持ちをくれる!¥38000/ボウルズ(ハイク)

2.アシメトリーな裾
足もとにもフェミニンな表情を生む。裾のひとクセでおしゃれ感が増す一方、“ぺたんこ靴”を合わせても“ぺたん”とした印象にしない効果も。つまり脚が長く見えるってこと! ¥13800/リリー ブラウン

3.さりげない透け感
ラクをする=子供っぽいにしない繊細さ。“はくとわかる”くらいの控えめなセンシュアルさも、この春のプリーツの少しの新しさ。¥4900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店

4.より長くなった丈
はくだけで自然とスタイルアップ♡ ずっしり重たく見える心配のないプリーツだから、トレンドに乗って長い丈を選ぶが勝ち。今っぽさもバランスもアップする。¥26000/ゲストリスト(アッパーハイツ)
こまやかなプリーツ▶︎レースアップおじ靴に
“一歩先のきれい”なレイヤードの足もとのハズしはこれしかない! 裾まで表情のあるこのスカートでしかできないシャツワンピとのレイヤード。白のおじ靴なんて、最高に可愛いハズし方で♡
スカート¥38000/ボウルズ(ハイク) ワンピース¥4990/コエ 渋谷店 靴¥48000/グラストンベリーショールーム(サンダース) バッグ¥9200/カージュ ルミネエスト新宿店(メゾン ベンガル) ターバン¥800(Osewaya)・ピアス¥1800・バングル¥1600(2点ともLIMITED NUMBER)/お世話や
アシメトリーな裾▶︎ローファーに
あくまで大人っぽく、女性らしく。春のおしゃれトラッド・入門編☆ この春はやる予感のするローファーを、ほっこりさせずちゃんと今の気分ではく方法。ソックスで好きな色をさすのも楽しい。
スカート¥13800/リリー ブラウン ニット¥15000/メゾン イエナ 靴¥63000/パラブーツ青山店 バッグ¥25000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 メガネ¥32000/モスコット トウキョウ ピアス¥1000/お世話や スカーフ¥5900/エフデ ソックス¥2600/真下商事(パンセレラ)
さりげない透け感▶︎甲深バレエ靴に
少しの野暮ったさが可愛い靴だから女っぽさとのいいバランスで♡ 女っぽさと野暮ったさ。どちらにも偏りすぎないこなれたバランスも簡単に。
スカート¥4900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 ジャケット¥9800/セム インターナショナル(ロスコ)カットソー¥10000/スローン 靴¥23000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 バッグ¥22000/アルファ PR(アエタ) ピアス¥1900/お世話や バングル¥14800/シップス 渋谷店(ソコ) ベルト¥11000/グッドスタンディング(リノ)
より長くなった丈▶︎スニーカーに
軽やかさやフェミニンさに甘えて、休日カジュアルを思いっきり楽しむ! マキシ丈のプリーツスカートと『コンバース』の相性は最高。ビッグニットはイエロー、靴は赤。スカートがゆる〜く受け止めてくれるからポップな色使いもしてみたい。
スカート¥26000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥23000/TICCA Tシャツ¥13000/ビショップ(アンフィル) 靴¥5800/コンバース バッグ¥36000/アルファ PR(アエタ) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ ピアス¥1500/お世話や(LIMITED NUMBER)




撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/石上美津江 高野麻子

関連記事
  • 老けずに洗練されて見えるために重要なのは、意外とメイク⁈今春ベーシックカラーに追加すべきはテラコッタ! メイクのトレンドがファッションに派生。ブラウン流行りの中、ほんのり赤みを帯びたテラコッタカラーが今シーズンの主役に!さりげないこなれ感が欲しい日の鉄板となりそう。ワンピースにトレンチ、春のワンツーコーデも感度UP モノトーンもいいけれど、この春はサファリカラーでまとめるのが旬。女っぽさの中に、自然と抜け感が生まれて…ただ心配なのは、大人の顔色問題。くすんだり、疲れて見えないか不安ですよね。そんな悩みはメイクで解決!メイク感の出やすいリップにローズベージュをON 服と目元のテラコッタブラウンに色味を合わせ、ほんのり赤みのあるベージュをチョイス。センシュアルなリップが儚くも上品で、幅広いTPOに対応してくれる!他の画像を見るメイクとファッションは切っても切り離せないもの。どちらもトレンドを上手く取り入れて、目を引く素敵な女性に。
  • 気に入ったアイテムは色違いで購入! 楽チンシャツ、楽チンワイドパンツは私の定番。友人がdoclasseのアンバサダーをしているという事もあり、友人のFBやInstagramなどでdoclasseの洋服をよく目にしていました。 éclat4月号でも「春のリッチベージュ」として、ニットアンサンブル、ジャケット、プリーツスカートなどが取り上げられています。 doclasseは実店舗もあるので、洋服を買うときは生地感や丈の長さなど、いろいろ確認したい私にとっては嬉しい通販サイトです。 もちろん店舗に行けない方にも、購入する前に気になることがあれば、細やかな対応をして頂けます。シンガポール旅行には、ワイドパンツを三本持参。スーツケースの中にクルクルっと小さく丸めて場所要らず。 通気性もよく、ウエストもゴムなので、楽チン。万能アイテムです 去年の夏はヘビロテしてました 今年も活躍してくれる事、間違いなし!シャツも色違いで3枚購入 ストライプとオリーブは以前即買いしたので、今回は春用に明るいピンクを購入してみました。アバクロの白パンツに合わせてéclat掲載のベージュアイテムも、早速チェックしてみようと思います。doclasseさんのサイトはこちらからお時間ありましたら、Instagramも覗いてみてください Instagramはこちらから華組 豊田真由美ブログ
  • ピンクやベージュなどハイテク系ではあまり見なかったまろやか色は、鮮度も高くインスタ映えも間違いなし! ゴツくなりすぎないので、初心者にもおすすめ。フェミニンコーデが一気にこなれる"まろやか色ダッドスニーカー"をお届けします。 甘め派OLが「女子会映え」を狙える【ダッドスニーカー】6選ただ甘いとは一線を画すモードなピンクを主役に ネイビー×ピンクのレトロ配色が、ヴィンテージライクな小花柄ワンピにマッチ。スニーカー「TIVRA」¥13000/デッカーズジャパン(ホカオネオネ™) デニムジャケット¥32000/ボウルズ(ハイク) ワンピース¥40000/シップス 有楽町店(アイロン) ピアス¥14000/フレームワーク ルミネ新宿店(ブリルピース) バングル¥16000/ビームス ハウス 丸の内(フィリップ  オーディベール) バッグ¥32000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク)履いているのはコレ HOKA ONE ONE TIVRA 名前もキャッチーな「ホカ オネオネ™」は、プロのランナーにも愛される高い機能性と美しいデザインに定評のあるフランス生まれのブランド。見た目の可愛さもさることながら、スポンジのように柔らかく肌当たりのいい履き口も自慢。 どんなハードな形も、品よく傾けてくれるベージュが一番人気 「ADIDASFALCON W」¥12000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス)肌馴染みのいいカラーでコーデの邪魔をしない 「NIKE W AIR MAX 97 LX」¥20000/アトモス ピンク(ナイキ) 白より女らしいクリーム色 「REEBOK DMX SERIES 1200」¥9990/アトモス 明治通り店(リーボック) エアマックスはピンクのワントーンで今年顔に 1995年に爆発的にヒットしたエアマックス。ピンクのワントーンで今年顔に。「NIKE WMNS AIR MAX 95」¥17000/スタイルス 代官山(ナイキ)ハラチのスニーカー スポサンでもおなじみのハラチ。春はぜひスニーカーで。「ナイキ ウィメンズエア ハラチ」¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/秋山 瞳〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里 取材・原文/伊藤真知 ※BAILA2019年4月号掲載
  • トーガが、大阪発の2ブランド、ザモンゴリアンチョップスとボクハタノシイとのコラボレーションTシャツをトーガおよび各ブランドの直営店にて発売中。それぞれ“トーガ愛”や“TOGA HA TANOSII”といった刺繍入りで、ホワイトとブラックの2色を取り揃える。さらに大阪・中津のショップ、IMA:ZINE(イマジン)ではボクハタノシイとのコラボレーションTシャツの白地に白刺繍、黒地に黒刺繍の別注カラーが展開されるので、こちらも併せてチェックしたい。 (左より)TOGA × BOKU HA TANOSII 刺繍Tシャツ(トーガ×ボクハタノシイ)、“トーガ愛” 刺繍 Tシャツ(トーガ×ザモンゴリアンチョップス) 各¥6.500/TOGA 原宿店 また、トーガ大阪店ではメインコレクションの発売を記念した展覧会2つを開催。1つ目はフォトグラファーの鈴木親による写真展で、安藤サクラをモデルに迎えて撮影した2019年春夏コレクションのビジュアルのアザーカットが店内にて展示。もう1つは併設する古着屋TOGA XTC OSAKA(トーガ エックスティーシー オオサカ)で、フォトグラファーの夢一平が大阪を舞台に撮り下ろした作品が発表される。トーガの新しい世界観を堪能できるチャンスなので、ぜひ両方の展示をチェックして。 (c)鈴木親(c)夢一平【鈴木親 写真展&夢一平 写真展】会場:TOGA 大阪店 住所:大阪府大阪市西区北堀江1-23-7 大阪菓子会館1階会期:2019年3月31日(日)まで営業時間:11:00~20:00電話番号:06-6533-7538 ◾️“トーガ愛” 刺繍 Tシャツ TOGA 大阪店、IMA:ZINE、TMC Friendly Shopにて展開中。4月1日(月)よりTOGA 原宿店にて展開。 ◾️TOGA×BOKU HA TANOSII Tシャツ TOGA 大阪店、BOKU HA TANOSII 大阪店、IMA:ZINE(※白地に白刺繍、黒地に黒刺繍の別注色のみ)にて展開中。4月1日(月)よりTOGA 原宿店にて展開。 TOGA 原宿店 http://www.toga.jp03-6419-8136 text: Fuyuko Tsuji
  • 更年期の不調解決のためのチャレンジをまとめた『コーネンキなんてこわくない』など大人女子のためのエッセイが大人気の作家・横森理香。今回は、豪華客船ダイヤモンド・プリンセスに乗って、憧れのクルーズ旅を体験!!さて、どんな旅レポートになりますやら・・・!? ロングドレスの出番♥  船長主催パーティにご招待!?今年の年明け、編集者Kから、「豪華客船のプレスツアーあるけど、乗ってみない?」と誘われた。「ドレスアップできるし、ほら、横森さんのロングドレスもまた着れるよ」と。私が代表を務める「日本大人女子協会」の「第一回公式大人女子会」@小笠原伯爵邸で着たロングドレス。お蔵入りするかと思いきや・・・。「でも、ロングドレス着る機会なんてほんとにあんの?」「船長主催のドレスアップパーティとかあったらさ・・・ほら、グラスタワー」とパンフレットを見せる。確かに、ロングドレスを着た女性とタキシードを着た男性が、グラスタワーにスパークリングワインを注いでいる。「ふーん・・・」「船だから、一度荷物積んじゃえば帰るまで手ぶらだし♡」同じ歳だが、職業柄か、腰の軽い編集者Kはウキウキしている。「しゃあねぇな」私は重い腰を上げた。 空港みたいな船着き場に、どど~んと大きな船が!! 横浜の日本大通り駅、なんつーのにも初めて降り立ち、寒風の中、大さん橋の船着き場に向かう。と・・・、遠くからでもどでかい建物みたいなものが見えてきた。どうやら、あれが私が乗る、豪華客船ダイヤモンド・プリンセスらしい♥国際客船ターミナルのほうに歩いていくと・・・あの大きい建物みたいなのは、もしかして!?船の大きさにもびっくりしたが、大さん橋の船着き場がまるで空港みたいになっていて驚いた。(正式名称は、大さん橋国際客船ターミナルなので、その名通りではある)私は二十数年前、オセアニックグレース号という日本の船に、取材でちらと乗ったことがあるが、こんなんじゃなかった。時代は変わったのだ。ターミナルからは半そで短パンの外国人客が、嬉しそうな顏で出て来てる。「え、もしかして中、暑い?」大さん橋はその日、二月の大寒波が押し寄せていた。私は裏起毛のあったかタイツにニットのガウチョパンツ、ブーツ、もこもこのセーターを着て、その上にコート、その上にニットの羽織りものを重ね着していた。後ろに見えるのがダイヤモンド・プリンセス。海面からの高さはなんと54メートル、ピサの斜塔とほぼ同じ高さだそうだ。「あの~、ちょっと、おばあさんみたいなんだけど。。。」と編集者K。「もうトランクに入んなかったから、全部着てきた」船の中は暖房で暑いけど、甲板に出たら海風が寒いだろうから、羽織りものは必須。でも重ねすぎてもおかしいから、いっそロングダウン着て来た方が良かったかも。大きすぎて、全容はたぶんドローンでないと撮影できない・・・ダイヤモンド・プリンセス。イギリス船籍だが、三菱重工長崎造船所で建造されたメイドインジャパンの客船。全長290メートル、なんと横浜ランドマークタワーを横に寝かしたサイズとか!! 乗客定員は2700名、乗務員は1100人、客室は1353室、バーは14か所、プールは4つ。一日に焼くパンは6万個!!というスケール。まずはターミナルで、乗船準備。シンガポールから横浜にやってきたこの船は、名古屋、大阪でも客を乗せて、沖縄、台湾へと向かうのだ。ターミナルに着くと、トランクに入り切れなかった荷物をエコバッグに入れ、預けた。私はドレスを入れたトランクを事前に荷物配送サービスで送ったが、トランクを持って来た人達はここでチェックイン。荷物は部屋まで運んでくれる。赤レンガや大さん橋、レインボーブリッジを見渡すバーやカフェレストランがあるから、ま、コーヒーでも飲んで待つかと座った。見慣れた横浜の風景も、反対側から見るのは初めてで、ここからすでに観光気分が味わえた。いよいよ乗船だ。船着き場からは、大型客船ダイヤモンド・プリンセスの側面だけが見える。大きすぎて、船全体は見渡せない。なんせ、18階もあるのだ。海面からの高さ54メートル、全長290メートル!! それは最早、海に浮くビル。そしてこれも初体験だが、まずチェックイン手続きでパスポートを没収された。えー?!  パスポート取られたら、もう帰国できないじゃん!! と軽くパニくるところだが、乗船する者はみな「パスポート引換券」をもらい、下船する前にパスポートを返してもらうのだ。今日横浜港を出発するプリンセス・クルーズは、名古屋、大阪でもお客様を乗せて、沖縄、台湾へ向かうツアー。残念ながら、我々プレスツアーは横浜から大阪まで。日本の海だから不要? と思いきや、船はイギリス籍、パスポートが必要なのだった。さて、そして、いよいよ乗船✨いざ乗船!! 広さとゴージャスさにクラクラ・・・。 船の中に入ると、そこはホテルだった。ロビーは吹き抜けで、きらきらしている。パンフレットに載っていた螺旋階段があり、ここでロングドレスの記念撮影したら、さぞやインスタ映えするであろうことを彷彿とさせた。チェックイン時に部屋のカードキーを渡される。このカード一枚で、お部屋や船内の施設全部、有料のものまで支払いができる。つまり、手ぶらで遊べるというわけだ。クルーズツアーは船での移動、食事、宿泊、エンタメすべて込み料金だが、船内の買い物や、スパ利用、飲み物などの支払いはこのカードで。支払いはドルで。そして船内は、暑かった ホットフラッシュがある私は、いきなり滝汗(>_<) 野球拳みたいに次々と脱いでいき、シャツ一枚となった。このへん、これからクルーズする大人女子は気をつけたほうがいい。真冬でも薄着で、それこそダウンコートを着て行ったほうが良い。巨大客船ゆえ、5階から14階まである客室の廊下は、端から端までは見えないぐらい、長い。お誕生日の人のドアにはこんなサプライズが♪ 船上で誕生日なんて素敵♥ 長い廊下に同じドアが続くので、自分の部屋がわかるよう、慣れたお客様は目印のマグネットをつけておくらしい。無類の方向音痴の私を心配して、編集者Kは寝る時以外、ずーっと私に張りつく気だ。二人で入った私の部屋は、プレミアム・ジュニア・スイートだった。ウェルカムフルーツてんこもりのリビングエリアと、プライベートバルコニー付き♡テレビもソファとベッドの前に二台ついている。ウェルカムワインもハーフサイズが白赤ついていて、思わず、ルネッサーンス✨ と乾杯した。「ルネッサンスってなに?」「え、知らないの?」さあここからが忙しい。シンガポールから来たクルーズ客が船を下りて、横浜・東京観光している間、プレスツアーの我々は、船内を巡り、ロケハン、取材、撮影をしなければいけない。まずはランチで腹ごしらえ。船にはメイン・ダイニングが5つあり、さらにカジュアルなレスランやグリルもあり、朝昼晩どこででも好きなものが食べられる。が、私はとりあえずビュフェ式の「ホライゾンコート」でサラダとローストビーフにしておいた。これから、めくるめく美食が待っているだろうから。しかし、なぜかデザートはいっぱい取った。だって、外国の船だから、スウィーツと肉料理が充実。おりしも横浜出航はバレンタインデー。Happy Valentine’s Dayと書いてある、ハート形ホールケーキまであるのだ。まあ一口ずつ味見をするとしてw避難訓練はミュージカル風♪ 鏡開きも!アトリウムに戻ってくると、人がたくさん集まっていた。船長さん達がハッピ姿で出て来たと思ったら、なんと鏡開き♪ みんなにお酒が振る舞われた。この後、いったん部屋に戻ってやっと着いた荷物をほどいて薄着に着替え、避難訓練をしにシアターへ。避難訓練といっても、エンターテイメント部門のりょうたさんが英語と日本語で楽しく説明してくれるのを、映像見ながら聞くだけ。音楽は船オリジナルの、避難マニュアルを歌い込んだミュージカル風だ。楽しいが、やはり船の上、気が引き締まる。そうこうしているうちに出航時間に・・・。いよいよ出航、お手ふりで姫気分に♪この日は、ダイヤモンド・プリンセスが横浜港に寄港した100回目の記念日。ターミナルの甲板ではバンドがこちらを向いて演奏してくれた。多くのお見送りの人たちもいて、関係ないのに手をふる私は、まるでプリンセスな気分だった。スマートカジュアルだから小奇麗なワンピースにパールのネックレス、珍しくストッキングにヒールの靴を履いている。この恰好で寒くない船内。ベランダでは羽織ものでオッケー。ありがとうダイヤモンド・プリンセス。さようなら横浜。さようなら家族!理香、行って来ます!!と、なぜか感謝の気持ちでいっぱいになった。  ・・・ダイヤモンド・プリンセス、ついに出航。夕日のなか、横浜ベイブリッジも越えて、海へ—。さて、どんな時間を過ごすのか、次回をお楽しみに!!・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!お近くの書店、WEB書店(amazon、楽天ブックス、セブンネットショッピングなど)でお求めください。ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。(集英社 定価 本体¥1,400+税)
  • 今年はその白を足もとで、しかもスニーカーではなく、きれいめ靴で取り入れるのがトレンドちょっと抜け感を出したい時に、効果的な「白」。通勤服にも似合う品のよさと、カジュアルの女度がぐっと上がる華やかさ――そのどちらをも備えた"真っ白"に絞って、間違いなし!【CASUAL】 大好きなデニム×ぺたんこが新鮮に、かつしゃれ感たっぷりに映るのは、やはり最旬カラーの"真っ白"あってこそ。インパクトは絶大、でもドット柄のブラウスや華やか色のバッグにもすっとなじむ柔軟性もあり。そんな使い勝手のいい色、見逃すわけにはいきません!  靴( 2 )¥85,000/アッシュ・ペー・フランス(ルパート・サンダーソン) ブラウス¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) デニムパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥172,000/ジミー チュウ ピアス¥82,000(マリハ)・リング(人さし指)¥88,000(ヒロタカ)/ショールーム セッション リング(薬指)¥20,000/デ・プレ(アリアナ ボウサード)【ELEGANT】子供っぽくないか、オフィスで浮かないかなど、いきなり"真っ白"な靴に不安がある人は、面積の少ないサンダルから始めてみるのも手。色そのものはどちらかというと辛口。だからこそデザインはほんのり甘いくらいが好印象。靴(6.5)¥93,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ) ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥59,000(マージ シェアウッド)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 ワンピース¥19,000/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック)❶細いストラップが足首までを覆うグラディエータータイプ。白と少しの ヒールのおかげで、ラフになりすぎないのがいい。(3.5)¥52,000/アマン(ペリーコ) ❷今年のトゥはラウンドよりスクエア。パールをあしらったバ ックストラップも目をひく。( 6 )¥110,000/シジェーム ギンザ(ニコラスカークウッド) ❸時にはこんな甘口なデザインに挑戦してみても。脱い でも可愛いコーラル色のインソールも人気。( 1 )¥86,000/ドゥロワー 丸 の内店(ロシャス)他の画像を見る※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol 4月号2019年】撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/田澤美香 モデル/竹内友梨 取材・文/伊藤真知
  • 『HYKE』2019-20秋冬ショーに行ってきました!先日から開催されているAmazon Fashion Week TOKYO。ようやく桜が咲きかけている時期に、すでに2019-20秋冬のコレクションの発表が始まっているのです。全体的な印象としては、アウターはいい意味で重ため、その分足もともブーツで量感のバランスを取っている感じ。メガネや大きめ、ないし2つ持ちのバッグもチェックしておきたい合わせ技です。ブーツは流行る流行る、と言われてなかなか、という状態が続いていましたが、次の秋冬こそ本格的に売れるのではないでしょうか。今年の冬は暖かい日が多かったのですが、19-20はどうなるんでしょう?と思いつつ......潔いほどの真緑(まみどり、と読んでください)さが素敵だったワンピースのルックも足もとはブーツ。ウエストマークを太めのベルトでしていました。ワンピースも、けっして甘く可愛いものというより、どこか意思あるアイテムとして見えたのが印象的。海外ドラマの『ウエストワールド』に出てきそうな、強さを秘めたコーデです。HYKEのショーではミリタリーらしいカーキ色アイテムや、差し色としてのグリーンが素敵でした。こちらのルックはブランケットを思わせる生地をダッフルコート風に仕立てて。メガネが重要なキーアイテムに思えたのも気になるポイント。アウトドアブランド『ノースフェイス』とのコラボレーションアイテムも引き続き登場。ダウンコートやボトムともにロング丈トレンドが続きそうです。気温に左右されてしまう時もありますが、それでもおしゃれはしたいものですよね!(副編Y)『HYKE』の詳細はこちら>> 副編Y MORE編集部ファッション担当。MORE公式インスタグラムで展示会レポートを担当し、各ブランドの最旬情報を発信。きれいなものと、おいしいものの情報量はまるで歩くグーグル!
  • おはようございます☺︎ 先日行った釜山旅行の購入品と、お買い物スポットを紹介します! まずは、ワンピース。 小花柄で細かいプリーツが大人でも可愛すぎず着れるかなと購入。33000w(3300円)でした。 このワンピースを買ったのは、南浦洞の光復路にあるお店です! ゆるっと着れるオーバーサイズのボーダーT 9900w(990円) 子どもたちのTシャツ。7500w(750円) どちらの服も同じお店で、南浦洞にある“INDIBRAND"です。 ソウルにもある人気のお店です。ベーシックなアイテムがプチプラで買えるので、オススメです! オフホワイトで、流行りのオーバーサイズのデニムジャケット。 これは韓国女子が試着しているのにつられて試着して、見事に買いましたw 値段は39000w(3900円) 西面駅にある地下ショッピングセンターで購入しました。 地下ショッピングセンターは、プチプラで流行りのファッションが買いたい時にぴったり! 沢山のお店から、自分の好きなアイテムを探すのが楽しいです♩ カフェもお買い物も楽しい釜山。 ぜひ行ってみてください╰(*´︶`*)╯♡スーパーバイラーズ 小野絵里のブログ
関連キーワード

RECOMMEND