もしかしたら春が来た!?♡ 早くスカートを「ストライプ」と「花柄」に変えなくちゃ!

DAILY MORE

アガる柄スカートで春気分を先どり♡

まだけっこう寒いけど……少しずつ春の足音が近づいてきた! アウターの下は、もう春服に着替えてもいいんじゃない? 肌寒い3月には気分を上げてくれて、暖かい4月、5月も絶対に使えるのは、【花柄】と【ストライプ】のスカートです♬

好印象は明るく楽しいストライプスカートで手に入れて♡

シックシンストライプ
太い縞と細い縞を交互に配したストライプは軽やかでモードな印象。ひと目で「あの人素敵」と思わせるのに十分すぎる。大人っぽさや知的さを目指しながら“印象に残る人”になれたら最高!
スカート¥33000(リト)・時計¥37500(ラーソン アンド ジェニングス)/デミルクス ビームス 新宿 ブラウス¥13000/バナー バレット 渋谷ヒカリエシンクス店 靴¥24000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) バッグ¥25000/TOMORROWLAND ピアス¥5000/プラージュ 代官山店
マルチストライプ
こんなにカラフル、なのにレディ。パッと目がとまり、そして愛される♡ 縞の色とリンクさせたブルーのシャツに、靴とバッグはブラウンでまとめる。肩の力は抜けていて、でも颯爽としていて。第一印象で「素敵」と思われる人に!
スカート¥14000/ペルルペッシュ シャツ¥1990/キャン(テチチ テラス) カットソー¥5800/TOLL FREE(ジチピ) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥8000/ルクールブラン メガネ¥38000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥1700/ジオン商事(スリーフォータイム)
ダブルストライプ
水色に赤と白の2本のストライプ。ひと目で「可愛い!」って気分が上がる。紺ブレや赤ニットの着慣れた仕事服も、なんだか新しい服に見えるくらい。だって賢そう、だけじゃなく、可愛げも欲しいじゃない?
スカート¥11000/ルクールブラン ニット¥12900・ジャケット¥41000/シップス プライマリーネイビーレーベル 靴¥24000/ルーニィ バッグ¥6900/クリア インプレッション イヤリング¥1400/お世話や 時計¥39500/ピークス(ロゼモン) ソックス¥500/タビオ(靴下屋)
オルタネイトストライプ
リズミカルなストライプもこの春のトレンド。あとは黒だけ、なのにほら、地味じゃない。好感度ってきっとこういうこと! 着飾らなくても、地味にならない。そんなスカートが今日も私を助けるのです♬
スカート¥35000/ティースクエア プレスルーム(テラ) ニット¥7900/ペルルペッシュ 靴¥16
500/スピック&スパン ルミネ新宿店(レンメ) バッグ¥69000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店(ボルドリーニ セッレリア) ピアス¥8700/シップス 渋谷店(ソコ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン)

花柄スカートは「子どもっぽいからやめる」▶︎▶︎「大人なものを選ぶ」!

チュール×刺しゅう
チュールに刺しゅう、の繊細さ。日常をドラマティックにする主役感! 子供っぽくしないためには“チープに見えない”ことも大切。コーデを盛りすぎないことも。
スカート¥11000/ミラ オーウェン カットソー¥11000/ゲストリスト(ルミノア) ジャケット¥13000/ノーク 靴¥5900/ランダ バッグ¥8800(予定価格)/ビショップ ピアス¥17000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バングル¥9800/スタジオ ファブワーク(ヨーク) ソックス¥1500/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)
プリーツ×カラフル
端正なプリーツに、カラフルな花柄。おしゃれな“意外性”で甘ったるくしない! 水彩絵の具で描いたようなカラフルな花柄のポジティブな華やぎと、規則正しいアコーディオンプリーツのクラシカルさと。意外な組み合わせだけど、お互いの魅力を引き立てあっていて。白シャツで“きれい”に着たくなる。
スカート¥11000/ミラ オーウェン シャツ¥9900/ノーク 靴¥23000/スーペリア クローゼット(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥19800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥5800/ロードス(イロリエール)
大きめボタニカル
大胆なのにどこか優しいボタニカル柄。黒タートルに似合うのがレディの証♡ パッと見では花とわからないくらいの柄と色使い。ジョーゼット素材の揺れ感も美しく。
スカート(4月上旬発売予定)¥8300/ミラ オーウェン ニット¥2900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 靴¥18000/ディアナ ドット バッグ¥35000/シップス プライマリーネイビーレーベル(ミミ) ピアス¥6500/ロードス(ジュールクチュール) バングル¥2241/サードオフィス(ROOM)
イレヘム×小花柄
甘くなりがちな小花柄なら、思いきり女っぽいデザインで! 大胆に前後差をつけたイレヘムのラップスカート。フラット靴を合わせても女っぽいデザインが甘い小花柄といいバランス。
スカート(4月上旬発売予定)¥9200/ミラ オーウェン ブルゾン¥23000(ジムフレックス)・Tシャツ¥7500(ハンドバーク)/ビショップ 靴¥8325/マミアン カスタマーサポート バッグ¥46
000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 イヤリング¥3000・ブレスレット¥2400/サンポークリエイト(アネモネ)




撮影/田村昌裕(FREAKS/栞里分) 小川健太郎(理央分)  ヘア&メイク/河嶋 希(io/栞里分) 野口由佳(ROI/理央分) モデル/内田理央(モア専属) 佐藤栞里  スタイリスト/石上美津江 高野麻子

関連記事
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! ほどよい張り感と立体的なデザインが特徴的な黒ワンピースにヒールサンダルを合わせてオンスタイルに。合わせる小物しだいでテイストが自在に変化する、絵になる黒ワンピースを常備してほどよい張り感と立体的なデザインが特徴の黒ワンピース。「たっぷりした袖とボリュームシルエットのリラックス感に、ウエストの絞りとアシンメトリーなすそでほんのりモードな味つけを加えた、絵になる一枚です」。STYLE 4がオフスタイルだった一方、こちらはヒールサンダルを合わせたオンスタイルに。小物使いで仕上がりが変わるのも、黒ワンピースの魅力のひとつ。【ITEM LIST】 ONE-PIECE:HYKE EARRINGS/BRACELET/BAG/SHOES:CELINE RING(LEFT):Cartier RING(RIGHT):Hirotaka“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムCELINEのフープピアス「エルメスのフープピアスもそうですが、単にシンプルなフープだと、ちょっともの足りなくて。ひとくせデザインを効かせたタイプが使いやすい。小さめのピアスでも、ちゃんと存在感をアピールしてくれます」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • この長さでもフレアーじゃないから、自転車をこいだ時に巻き込まれない。 そして、今っぽさが出るハイウエストスカート、重宝してます♡Tシャツ   :ユニクロ スカート  :Je chichi スニーカー :NIKE バック   :TOFF&LOADSTONE 機能性とちょいトレンド感もある、プチプラファッションの出来上がり。 ユニクロユーのTシャツはクールタイプのものなので、蒸し蒸ししてるこの季節もサラッと着れていい感じ♡ ハイウエストスカートも、綿とリネンでちょっとだけポリエステルが入ってるので、シワになりにくい。 リネンだけだとボトムはまあシワがえらいことなりますやん。 スカートの色は、ネイビーです。 ボトム回りが重いので、トップスは軽さのでるシロの力をかりました。 かごバックは、シルバーと自然な生成り色のバイカラーがお気に入り♡ そして、これくらいの大きさがやっぱり便利。 自転車に乗る時の、サングラスや帽子も入る。 夏っぽく、ヒトデのネックレスをポイントにしてみました。 ダットスニーカーをかきこなす自信はないので、ナイキのエアーマックスをダットスニーカー風にはいてみました。 この日は、芦屋の美女と芦屋でランチ。 駅近の待ち合わせしやすい、ラッフィナート。 SNSはやってなくて、出るのもNGなので、美しい姿をみせられないのが残念。 でも、その自分の感覚を大切にして流されないからこそ、唯一無二の美しさを醸し出されてるんだろうなぁー。 美しい人をたくさんみてきましたが、別格の気品。 なぜ私と仲良くして下さるのか不思議だー。 タイプも品格も全く違うけど、大切にしている核の部分でお話出来るからかな? まあシンプルに、一緒にいて心地いいか悪いかそれだけかもね。 インスタはこちらから華組 川﨑淳子ブログ
  • 突然ですが、皆さんが生まれて初めて読んだマンガは何でしょうか。私は水沢めぐみ先生の 『トウ・シューズ』でした! 単行本でこの作品を読んでいたのですが、とにかく小学生の時はバレエとピアノという習い事に憧れていて(今思えば、バレエやピアノそのものというよりも、発表会の時に着る綺麗な衣装や薄ピンクの可愛いトウ・シューズに興味があったのではないかと思います!)、その気持ちをどうにか昇華しようとして、読んだのがこの作品でした。バレエの世界の話ではあるものの、とても身近に感じることができたのが魅力。ライバルが現れたり、友人と喧嘩をしたり、素敵な男の子とのラブな展開に胸をときめかされずにはいられませんでした。この作品をきっかけに、毎月、りぼん本誌と単行本を読み漁るように。種村有菜先生の『満月をさがして』では英知くんのピュアな気持ちに涙を流し、ドラマ化の際に読んだ一条ゆかり先生の『有閑倶楽部』に描かれるバブリーな高校生の姿を見て、「高校生になったらこうなれるんだ……」と当時小学生だった私に幸せな夢(現実はさておき……)を見せてくれました。もはや、りぼんで友情を学び、恋に憧れ、夢をみることができたといっても過言ではありません!そんな私にとって最高な展示が現在、新宿高島屋で開催中です。   「特別展 りぼん 250万りぼんっ子大創刊号」では今現在もファンから愛されている名作の原画や、パネル、連載当時の付録などが展示されている最高の空間! 私自身、リアルタイムで連載を追っていた作品はほとんどないのですが、単行本になって読んでいた大変思い入れが深い作品にまつわる展示がずらっと並んでいて、大興奮でした。 何より面白いのが付録や応募者全員サービスのグッズの展示。『天使なんかじゃない』のノートや『赤ずきんチャチャ』のお弁当箱など、再現するのがなかなか難しい90年代の少女漫画雑誌の付録が持つムードを楽しめてしまうんですよね。付録って、時間が経つほど手に入れるのが難しいので、一度に見られる機会はかなり貴重。そして、幼い時に憧れていた付録は何十年経っても色あせない魅力を炸裂させていたのでした。 『有閑倶楽部』の美童グランマニエのパネルや『ルナティック雑技団』のとある一ページを再現した壁は特に圧巻です。手の平に収まるサイズのコミックスとはまた違う魅力があります。各作品ごとの紹介パネルにある「アオリ文」もグッときます。『ご近所物語』の「スーパー・ハッピー♥ラブパワー」なんて言葉を見た瞬間に作中で奮闘する実果子の姿を思い出し、懐かしさに少し泣けてしまいました。他にも、周りの目をつい忘れてキャッキャしてしまうコンテンツばかりなので、ぜひ一度足をお運びいただけると嬉しいです。 そして、忘れてはいけない、展示会限定グッズもすごいですよ……。付録の復刻という的確なキュンポイントをついてくるラインナップです! りぼん展に展示されているの池野恋先生の『ときめきトゥナイト』を堪能した後は、発売中のSPUR9月号に掲載されているモードな蘭世と真壁くんに会える「ときめき★ダークロマンス」もチェックしてくださいね!      
  • 夏の鉄板アイテム「白Tシャツ」。編集部おすすめの白Tシャツのなかから、コンパクトサイズとゆるめシルエット2種類の白Tシャツを使った9コーデをご紹介します。 <目次> 1.白コンパクトTシャツ|4コーデ 2.白ボックスシルエットTシャツ|5コーデ 1.白コンパクトTシャツ|4コーデ 【着回したのはこれ】白コンパクトTシャツ しっとりと目の詰まった生地に、ボトムとつかず離れずな丈感のシンプルT。肌なじみのいいオフホワイトをセレクトすれば、ぐっとやさしげな雰囲気に。¥9000/セオリー 【着回し1】こなれ感抜群のオールホワイトコーデ Tシャツとスカート、同じ白でも素材を変えてメリハリを出すことで新鮮に。ピアスやスカーフ、パンプスなど印象に残るきれい色小物をトッピングして夏らしく。 Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥27000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) イヤリング¥6800/ルーニィ スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥17000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(トーヴ×ナノ・ユニバース) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) 【着回し2】さわやかなツートーンカラーコーデ 白とネイビーでいさぎよくシンプルに。Tシャツがしっかりした生地だから、だらしない感じにならず織り地のスカートともなじんでくれる。小物でもホワイトを取り入れれば、抜け感も出でスッキリまとまる。 Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥73000/ebure 靴¥25000/フラッパーズ(スペルタ) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥36000/トゥモローランド(ヴァジック) 【着回し3】×ワイドチノのらくチンコーデ コンパクトTをワイドチノにインすれば、今期らしいバランスが簡単に。オフィス映えする小物を“盛る”ことでコーデを引き立たせるのも、ベーシックな白Tだからできること。 Tシャツ¥9000/セオリー パンツ¥28000/ebure メガネ¥32000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バッグ¥23000/アンタイトル(アーロン) 【着回し4】スーパーベーシックな白T&デニムコーデ アクティブに動きたい日は、自分らしさが出せるスーパーベーシックな白T&デニム。カジュアルすぎないよう、黒ジャケットをプラスすれば、Tシャツの質感もあいまってきれいめコーデにシフト。 Tシャツ¥9000/セオリー ジャケット¥62000/ebure パンツ/アンティット(ヘルシー デニム) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) イヤリング¥8500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ケネスジェイ レーン) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) チョーカー¥10000/シティショップ(マライカライス) 2.白ボックスシルエットTシャツ|5コーデ 【着回したのはこれ】白バックロゴTシャツ  ゆるいボックスシルエットで、着ると自然と肩が落ち抜け感が。背中には浅い色で入ったレター、裾にはブランドタグがつき、ほどよい旬度の高さ。¥8400/ティッカ 【着回し1】×ストライプパンツで抜け感ワントーン 白のワントーンとストライプで縦長にまとめ、スタイルアップ。今期らしいスリットの入ったロングカーデでこなれ感をあげて、さし色に鮮やかブルーのサンダルで気分もアップ♪  Tシャツ¥8400/ティッカ ロングカーディガン¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン) パンツ¥28000/エストネーション ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) ピアス¥22000/アガット バッグ¥20000/フレームワーク ルミネ新宿店(モルミルス) 靴¥21000/アナイ 【着回し2】Tシャツの素材感で涼し気に コットンTシャツにリネン素材のスカートを合わせて暑い日も快適に。旬のアースカラーに白Tがさわやかなイメージを運んでくれる。足もとに寒色の差し色サンダルを足して、華やかさ&女っぽさも後押し! Tシャツ¥8400/ティッカ スカート¥18000/JET ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) チョーカー・バッグ¥57000/アルアバイル(ア・バケーション) バングル¥6800/ティアラ(ラ ピエス) 靴¥21000/アナイ 【着回し3】ホワイトコーデを小物で大人っぽく 白Tシャツに白タイトスカートを合わせてすっきりと。旬なベージュのストールを巻けば、上品ムードがアップ。小物でパイソン柄やメタリックシルバーを加えれば、ほんのりスパイシーなアクセントに。 【着回し4】白×オレンジの強コントラストコーデ ミニマルなオールホワイトのインに、今っぽいオレンジのシャツワンピを羽織って。ワンピはさりげなくストライプが入っていて爽やか見え。少ない色数でコントラストを強く着こなせば、印象美人に。 Tシャツ¥8400/ティッカ 白デニム¥26000/エージー ジャパン(エージー) ワンピース¥21000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス) ピアス¥25000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) リング¥8000/アガット 靴¥45000/ザ・グランドインク(ロランス)  パンツ¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント)  時計¥22000/松竹梅(ロバー)
  • Uniqlo U(ユニクロユー)のワイドフィットカーブジャージーパンツ 今話題! ユニクロユーのカーブパンツ。いち早く購入した100人隊2名のレポートをご紹介します! 1:No.032 ゆかりさん LEEwebのユニクロ ユー展示会レポートを読み、カーブパンツが気になったというゆかりさん。 「下半身コンプレックスなので、体が綺麗に収まるボトムスがあるならばとにかく試したいのです。ちょうど翌日に発売されてるのを見かけて、ひとり時間のここぞとばかりに試着室入りましたよ」 試したのは、デニムとチノとジャージーの3種類。 「形はどれもやや大きめなつくりの気がします。記事によるとプレスの方は大きめを選ぶとよいとのことでしたが、私はひとつ下げた方がしっくりきました。サイズ違いで履き比べてみてほしい」 ゆかりさんのお試しレポートをご紹介。 ・ジャージー、着心地最高。 「素材上膝出るかなーとか毛玉出るかなーとか心配もあるけれど、とにかくノンストレス。素材は少し厚みがあるので暑さが和らいだ頃に着たい。サイズ選びがいちばん難しかったです」 ・チノ、個人的には一番細く見える気がしました。年中履ける生地感。 「丈直しをするか折り返すか、裾の長さでも印象が変わりそう。私だったらどうしようって迷ってます」 ・デニム 「以前出ていたハイライズタイプのデニムと名前違いの同型だそうです。これが基になったとするなら、そりゃ絶対いいはずだよー。100人隊のみなさんの所持率も高かったですよね。生地軽めで暑苦しくなく履けそう。濃い色、かわいかったなぁ」 チノ黒と迷いながらも、着心地が気に入ったジャージーのブラウンを選択。 「個人的なことですが、ボトムのベージュって私ことごとく似合わないのですよ。でもこのからし色なら雰囲気も違うし、この深めの色がいいなと思って。ハリがあるのでちょっとモードな感じにも。サイズはめちゃくちゃ迷って、Sにしました。166cmでお直し無しです。カーブのラインをより引き立たせるならMなのかも。ジャージーは鏡で合わせるより履いた方が絶対よく見える。めっちゃ形がキレイなのでなんだかんだで結局他のも買っちゃうんじゃないかって予感(笑)」 2:No.038 キー子さん 同じくユニクロユーのワイドフィットカーブジャージーパンツを購入したキー子さん。 「カーブパンツはデニムのものやコットンサテンのものもありましたが、動きやすそうなジャージー素材のカーブパンツにしました! 色は今からでもガシガシ使えそうなホワイトを♪」 「やはりちょっと厚手でした。そして下着の透けもホワイトは気になるような気がしたので対策が必要です。けど動きやすいし、可愛いし、大活躍間違いなし!で大満足。お肉を締め付けられなくて何より楽~~♡」 早速、着こなしを2パターン披露してくれました。 ・TOPS/GU PANTS/ユニクロユー 「シンプルに着てもかわいいシルエットなので、他の色も欲しくなってます♪」 ・TOPS/コムデギャルソン コムデギャルソン PANTS/ユニクロユー 「実際に着てみるとこんな感じに」 どちらもとっても素敵な色。ジャージーの履き心地のよさが気になります! みなさんもお買い物の参考にしてくださいね♪
  • 梅雨が空けて蒸し暑い季節がやってきましたね! 夏の日の通勤は、ノースリーブが定番ですがオフィスでは肌寒いこともしばしば。そんな時活躍するのがカーディガン。「ノースリーブ×カーディガン」は夏の通勤コーデの王道と言っても過言ではありません。 BAILA8月号でも特集が組まれている「ノースリーブ×カーディガン」ですが、組み合わせる色みによっていつものコーディネートや印象がぐっと変化するのだとか。 そこで、今回はBAILA8月号を参考に「ノースリーブ×カーディガン」の色の組み合わせをアップデート。 白×ライトグレーの組み合わせで作る、アイシーなコーディネートについてご紹介します。 トップス|ZARA(ザラ) カーディガン|GU(ジーユー) スカート|nano universe(ナノユニバース) サンダル|SESTO(セスト) BAILA8月号で紹介されていた「なじませトーン」を参考に、白のノースリーブとグレーのカーディガンを組み合わせました。 全く同じ色を重ねるのではなくトーンが近い2色を馴染ませるいつもと違った新鮮な印象に。また、白とグレーの配色は涼しげなイメージはもちろん、どこか優しげに見せてくれるのでお気に入りの組み合わせです。 nano・universe(ナノ・ユニバース)の鮮やかなグリーンのペンシルスカートとも相性抜群。 また、グレーのカーディガンはGU(ジーユー)のもの。プチプラなのに、UVカットとウォッシャブルという機能性アイテムなんです。生地もとっても柔らかくて肌触りが良いところも嬉しいポイント。歩くたびにしなやかになびいてどこか優雅な印象を演出してくれます。 \着用イメージの動画もぜひご覧ください/ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 カーディガンは顔映りの美しさを決める重要なアイテム。 今年の夏の通勤は、ノースリーブ×カーディガンの色みをアップデートしませんか? ▶︎ instagramはコチラ
  • 繊細なディテールに悶絶。フェミニンの中にモードを感じるブランド。EDIT. FOR LULUが大阪にあった頃に知ったleur logette(ルールロジェット)。 もう10年以上前の話ですが、当時は確か「ルル ロジェッタ」と呼ばれていました。 ドット×花柄とか、レース、フリル、刺繍。 一見あまーい服なんだけど、デザインが凝っていてほかのブランドにはない独特のモード感が好きでした。 アラフォーになり、自分の中でもうこの年齢だしと勝手に線を引いてシンプルな服を意識して選ぶようになってしまった反動なのか、ここ数年またleur logetteばかり目が行くように。。。 この日のコーデはどちらも19SSです。ブラウス、パンツはleur logette、バッグはSaint-Laurent、パンプスはFABIO RUSCONIアシンメトリーなフリル、後ろのくるみボタン、ボーダーの向きがちがってすごく立体感があり、着るとウキウキするブラウス。 コットンリネンのハイウエストなワイドパンツも今の気分にぴったり。 手に取るたび、やっぱりこういう服が一番好き!と再認識。 大人が着ても甘すぎない、素敵なデザインをありがとうございます!美女組No.167 hirokoのブログ
  • ヴィヴィアン・ウエストウッドが、2020年ブライダルコレクションを発表した。今シーズンのテーマは”ローズ”。アーカイブからピックアップしたローズプリントや、環境に配慮したサスティナブルな素材を使用するなど、クラシックとモードが融合したブランドらしいコレクションとなった。 毎シーズン、テーマを設けて展開されるブライダルコレクションは、すべてオーダーメイド。シーズン毎に異なるファブリックとシルエットが提案され、“セミクチュール”として、ロンドンのクチュリエ達の手によって丹念に仕上げられている。 今季を代表するローズモチーフ。ブランド発祥のイギリスで古くから愛され、文化、芸術、文学、宗教など様々な分野で用いられてきた、アイコニックなモチーフだ。そんなローズプリントをコレクションのアーカイブからピックアップ。艶やかなグレーやペールトーンに落とし込み、ウェディングドレスにドラマティックな華やぎを添えた。また、ローズモチーフはプリントのみにあらず。繊細なスパンコールを施したデザインや、ローズモチーフを織り込んだドレスも登場。 他にも、ブランドが得意とするクラシックを再構築。18世紀の彫刻からインスピレーションを得たというコルセットや、舞い落ちる花びらを思わせる美しいドレープ、チュールを幾重にも重ねた多層構造のスカートなど、クチュールライクなドレスはさすがのひとこと。すべて、ブランドが所有するアトリエのキーデザインノートより引用した、伝統的なテーラリングや実験的なカッティング技術の為せる技だ。 さらに注目すべきは、環境に配慮したサスティナブルな素材を厳選している点。シルクやサテンに変わるサスティナブルな素材として、ヴィスコース生地を採用。シルク生地を使用する際には、天然の蚕の命を奪うことなく羽化したのちに採集される、ピースシルクのみを選ぶという徹底ぶり。 環境に優しいピースフルな素材に包まれた、ヴィヴィアン・ウエストウッドのドラマティックなドレス。他にはないエクスクルーシブな1着を求める花嫁にぜひすすめたい。 ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーションhttps://www.viviennewestwood-tokyo.com/03-5791-0058
関連キーワード

RECOMMEND