【今日のコーデ】白タートルってなんて便利! 大事なプレゼンの日もジャケットのインに仕込んで印象アップ! 〈比留川 游〉

DAILY MORE

シャツより今どきな白タートルできちんとパンツコーデを余裕な表情に♡

パンツコーデ+ジャケットの勝負服を好印象に仕上げるコツを伝授! 堅苦しく見えないオーバーサイズのジャケットに軽やかなクロップト丈のチェック柄ワイドパンツ、抜け感のある足もとには美人なヒールパンプスを。すべて優しげなブラウントーンでつないだら知的さも女性らしさも最高潮に。インはきりっとした白シャツよりも今年は白タートルがおすすめ。顔回りにやわらかなニュアンスをプラスしたら、さらなる好感度アップも夢じゃない♪

靴¥26000/サン・トロペ(セヴン・トゥエルヴ・サーティ) ジャケット¥13000/ノーク カットソー¥9500/HUMAN WOMAN パンツ¥5546/ザラ・ジャパン 茶バッグ¥9800/ロウェル シングス ルミネ新宿店 トートバッグ¥2800/ハイ! スタンダード(グリーン アップル ブックス) イヤリング¥1300/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥21000/ピークス(ロゼモン)

比留川游の【今日のコーデ】をもっと見る>>




原文/野崎久実子 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/比留川 游 スタイリスト/高橋美帆 高野麻子  ●本文中( )内の数字は靴のヒールの高さで、単位は㎝です

関連記事
  • 経済成長著しい中国。ビジネスやIT技術の進化についてはよく耳にするけれど、リアルなファッション事情はどうなっている?? 今まさに急成長を遂げている中国のシーンに迫るべく、徹底リサーチを敢行。この動き、もはや傍観しているだけでは済まされない! PART2 中国のモード・インサイダーが今、考えること ファッションの最前線をサバイブする4人に、それぞれの立場から見た課題や今後の展望を語ってもらった。 マーケットを切り拓くキーパーソン Huasheng Media CEO / Editor-in-chief冯楚轩 フォン・チューシュアンFeng Chuxuan PROFILE山西省出身の35歳。中学時代から海外の雑誌に興味を持ち始める。出版社に10年間勤務したのち、2016年に栩栩化十生媒体集団(Huasheng Media)を設立。CEO兼編集長として国内外の雑誌を精力的に中国で出版している。 今後の課題は過剰消費と向き合うこと  今の中国のファッション界は、常に新しい変化を求め、成長している状態。今まさに人気なのはストリートファッションや中性的なスタイルですが、これはあくまでトレンドのひとつであり、長期にわたるものではないと思っています。今後は、中国発のブランドが増え、人気が出ていくでしょう。デザインも、よりクリーンになっていくはずです。たとえばEPO Fashion Groupによる「MO&Co.(1)」や「Edition」のように、ビジネス的に成功を収め、かつ洗練されたデザインの中国ブランドが、どんどん生まれてくると思いますね。 すでに現状でも、売上だけを見れば、欧米ブランドより高い業績を出している中国のブランドは多いと認識しています。とはいえ、今の中国は、ある意味で非常に機会主義的です。たとえば日本や欧米では、高い基準をクリアできた、才能のある人だけが新しいブランドを起こせますが、中国ではチャンスをうまく手にした人がスタートさせられる。日本や欧米とは、質的なレベルの高さが違うんです。ただしこれは時間が解決する問題で、今後は中国国内も世界標準化されていくでしょうね。 いわゆる「偽ブランド」問題も、現状では問題としてありますが、時とともに解決されていくものだと考えています。今後、世界から見た中国の位置づけは、より重要なものになっていくでしょう。それに伴って、文化面、そして文化教育面をいかに発展させていくかが、未来の中国における重要なポイントになるでしょう。 もうひとつ今後の課題となるのが、過剰消費の問題。今、中国社会では、人々が収入を上回る額を消費に回しています。企業はビジネス拡大のためにどんどん消費してもらいたいので、優待や割引などの方策をとっています。だからみんな大量にモノを買う。これは明らかに行きすぎています。いつか必ず、企業やわれわれメディアがこの代償を払うことになるはず。世界のどこでも、変化は必ずあります。浪費しないことで、いい方向へ変化していけるといいですね。 1 中国の注目アパレルブランドとしてフォンさんが挙げた「MO&Co.」2 栩栩化十生媒体集団は『ナイロン』や『ティー マガジン』など欧米の雑誌の中国版を発行。「われわれの統計によると計7誌で読者は延べ1000万人以上です」3 北京にある栩栩化十生媒体集団の本部オフィス。ほかにふたつのオフィスがあり、総勢150名ほどが働いているそう Farfetch China Managing Director刘晓琴 ジュディ・リュウJudy Liu PROFILEデジタル業界でキャリアを積み、2013年にデジタルマーケティング会社「CuriosityChina」を設立。2018年にファーフェッチがCuriosityChinaを買収したことにより、ファーフェッチの中華圏担当マネージング・ディレクターに就任。 成長著しいラグジュアリーEC界で最初に思い浮かべてもらえる存在に  ファーフェッチは2008年に設立されました。私たちのミッションは、中国のモード好きがファッションと聞いて最初に思い浮かべるような存在になること。そのためには、共感を持ってもらえるようなユニークな方法が必要になってきますよね。たとえばひとつのアイテムを紹介するにしても、ブランドや商品にフォーカスした従来の提案方式だけでなく、幅広い年代のインフルエンサーに「自分だったらこう取り入れる」という写真を撮影してもらって、彼らの世界観やストーリーを通してアイテムの魅力をお伝えするといったコンテンツも、今後はグローバルでより広く展開していくつもりです。 世界のラグジュアリー市場においてECでの売り上げが占める割合は、2017年時点の9%から、2025年には25%に増加すると見込まれています。ましてや中国は、すでにモバイルやアプリでモノを買うのが当たり前になっているデジタル大国。ファーフェッチを利用する方の平均年齢も世界でもっとも低いという特徴がありますが、今後はさらに若い世代も取り込んでいけると考えています。ファッションは究極の自己表現。世界最大級のラインナップが揃う私たちのプラットフォームは、彼らにとっても間違いなく魅力的に映るでしょうから。 世界中で利用されているラグジュアリーファッションECサイト、ファーフェッチ。中国では上海にオフィスを構える "KOL( Key Opinion Leader)"の実態とは? LOFi founder / Stylist / Creative Director陈星如 チェリー・ガンCherryGun PROFILE貴州省出身の29歳。スタイリストやクリエイティブ・ディレクターとして幅広い分野で活躍。2016年、若い世代向けのソーシャルメディアプラットフォーム、LOFiを設立。Weibo:CherryGun 陈星如 Instagram: cherrycherrygun 激しく二極化する若者のスタイル。そこが今の中国の面白さです  学生時代にブログを始めて、今はWeiboのフォロワーが310万人ほど。中国はSNSがすごく発達しているんです。人口が多いから、影響力も半端じゃないの。今は「LOFi」を立ち上げてSNSで若い世代へ向けて情報発信したりブランドやアーティストとコラボレーションしています。 私のスタイルのポイントは、パンク精神があることかな。オーバーサイズのアウターを選ぶのは、私の個性でもありリラックスできるから。一方でインナーにはタイトなシルエットのものを選びます。大胆な色使いも好き。ベースとなったのは2000年代初頭の中国のユースカルチャーとパーティシーン。いろんなパーティに参加してそれぞれのカルチャーを吸収したことで、今の私のスタイルができたんだと思う。「日本は今、死んでいる」ってよく言うじゃない? でも、私はそうは思わない。日本発のトレンドに影響を受けている中国の若者はやっぱり今でも多いし、私自身、日本のアニメやロック音楽からインスピレーションをもらっています。アンブッシュもすごく好き。特にYOONは、アジアの女性として世界に進出し、ディオールのメンズアクセサリーを手がけているのが本当にすごいと思う。 今、中国のファッションは二極化していると思います。一般的な若者たちは、K-ポップの影響を受けて、みんな同じような格好をしています。一方で、ファッションに強く惹かれている人たちの中には、「どこの惑星から来たの?」と聞きたくなるくらい独自のスタイルを作り上げている人も多く、その差が非常に激しい。この点がとても興味深いですね。そしてファッションだけでなく、音楽でも、動画配信でも、中国カルチャーはますます拡大していくでしょう。私も今後は、自分でドキュメンタリーなどの番組を制作して、有料でダウンロードしてもらうといった活動をするつもり。このジャンルも、右肩上がりに成長することは確実ですから! 4 チェリーさんのバッグコレクションを拝見。ストリートライクなものからクラシカルなグッチ(左手前)まで、幅広いラインナップ5 こちらはシューズ。日本でも人気の高いメゾン マルジェラ(後列右)やトーガ(前列中央)も6 カンゴールのハットとパームエンジェルスのジャケットは、ライン使いをリンクさせて7 ビッグサイズのジャケットはメゾン マルジェラのもの。キャップはやはりカンゴールだ SOURCE:SPUR 2019年5月号「中国の若者は、ショッパーを持たない」photography:Wendy WU(Feng Chuxuan, Cherry Gun) coordination: Wendy WU(Feng Chuxuan, Cherry Gun) edit: Chiharu Itagaki
  • カラーアクセントの効いたチェックパンツにミリタリーブルゾンの肩がけでこなれ感をアップしてボディにフィットする白ニットとハリのある素材でラインを拾いにくいチェック柄パンツで完成させる優等生ワンツーコーデ。ともすると真面目すぎる印象になりがちなので、カーキのブルゾンで切れ味を加えるというのも手。そう、まるで優等生のヒロインが、片想い中のちょいワルなヒーローに助けられて彼のブルゾンを肩にかけてもらった……そんな青春映画に出てきそうなワンシーンをちょっと妄想するのも楽しいかも。パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(インコテックス) ニット¥38,000/マディソンブルー ブルゾン¥56,000/マスターピースショールーム(サイ ベーシックス) バッグ¥16,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) ローファー¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ルカ グロッシ) ピアス¥10,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【4月19日(金)〜4月25日(木)のコーデ】4月19日(金)のコーデ 白ベースのプリーツスカートコーデは、インを好感度ボーダーにして愛され感をアップ!4月20日(土)のコーデ 休日は今期らしい大人のカジュアルMIXが気分。スポーティなってブルゾン&スニーカーに、きれいめなニットとスカートを加えて♪4月21日(日)のコーデ デートの日は、彼ウケするワンピースをチョイス。ラベンダー色のニットと白スニーカーでリラックス感を演出して♡4月22日(月)のコーデ ブライトカラーのパンツスタイルで、さわやかに通勤! カラーバッグで遊び心をトッピングしつつ、ベルトでウエストマークして美脚見せも意識。4月23日(火)のコーデ 肩ひじ張らないカジュアルな白スカートスタイルは、差し色小物でリズムを。ベージュサンダルで、足もとに抜け感を作るのも忘れずに♡4月24日(水)のコーデ ベージュやオレンジなど、旬な色を加えたほんのりスパイシーな春コーデの秘訣は、ベースを白にしてすっきり仕上げること♪4月25日(木)のコーデ ジャケット&パンツの正統派通勤スタイルを今っぽく振りたいなら、フレッシュな淡色でまとめて。華やかさ足しには、甘すぎないメタリックバッグが◎。1ヶ月コーデのアイテムまとめはこちら!撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/川上さやか モデル/松島 花 取材/野崎久実子 WEB構成/衛藤理絵 
  • ピッチの細いストライプが爽やかなワンピースは、ロンドンのブランドTEIJA のもの。そこに、切り替えが豊かな表情を生んでいるAALTOのデニムジャケットを合わせた。後ろ身頃が長くなっており、バックスタイルもひねりが効いている。 全体をブルーでまとめつつ、アクセントとして差し色の赤を。インナーは歌舞伎町にあるショップTHE FOUR-EYEDで購入した、目の細かいソフトメッシュのトップス。ソックスは、「集英社スペシャル6月号 SPUR6月号ソックス付き特別版」の特別付録、カルツェドニアのレッドだ。(※付録にはグレーのソックスも付いてきます! 特別版は売り切れ次第終了です。詳しくはこちら)程よいグリッターが上品に輝き、印象的な足元へと導いている。   ジャケット:AALTOワンピース:TEIJAシューズ:3.1 Phillip Limソックス:CALZEDONIA
  • ミラノやパリのスナップでも、街でおしゃれな人が実践しているコーディネート。ミニショルダーとスニーカーなら、街スタイルがぐっと小粋にしゃれて見える。品よくかっこよく着こなすために選ぶべきは、見るからにパワーのあるブランド系。カジュアルに格をプラスしつつ、こなれて見えるから、初心者だって大丈夫!1.ダブルGやウェブ ストライプ。 アイコンをさりげなくブランドの威力を強調するなら、わかりやすいアイコンを選ぶのも賢いテク。モチーフやグリーンとレッドのウェブ ストライプで。(右から)3匹の子豚の刺繡で愛嬌たっぷり。スニーカー「エース」¥94,000・コンパクトながら3層式で収納上手。黒バッグ「GGマーモント」(縦10×横19×マチ8㎝)¥150,000・ラウンド型はそれだけで遊び心満点。白バッグ「GGマーモント」(縦18.5×横18.5×マチ6.5㎝)¥143,000/グッチ ジャパン(グッチ)2.バッグは小さく、足もとは大きく。 ギャップがあるほどおもしろい!休日に父親が履いているようなサイズ感の"DAD"スニーカー。大人がこなすなら、もはやパイオニアの風格さえ漂うものを。グレーとライラックにオレンジを少量効かせた配色が絶妙。バッグはとても小さなサイズがとにかく愛らしい。ステンシルペイントのロゴがきわだつデザインを、ストラップで斜めがけして。バッグ「ヴィル トップ ハンドル XXS」(縦15×横19×マチ6㎝)¥185,000・スニーカー「トラック」¥105,000(予定価格)/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)3.人気再燃。装いをスマートに 引き締めるクールな雰囲気華奢なチェーンストラップにフラップ式のミニサイズ。ドレスアップの場面に似合うバッグも、今なら断然カジュアルに合わせるのがいい。スニーカーはホワイトレザーで控えめにするか、ゴールド&シルバーのコンビネーションで攻めるか、お好みしだい。どちらも人気モデルの新作ゆえ、使いやすさはお墨付き。バッグ「GO LOGO ESCAPE」(縦12×横16×マチ5㎝)¥123,000・スニーカー(左)「BOUNCE」¥101,000・(右)「NET」¥81,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/村山佳世子 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • 齋藤薫流「大人のための清潔感作り」は、忙しいマリソル世代も毎日の生活の中で気軽に簡単に取り入れられる習慣美容ジャーナリスト 齋藤薫美容ジャーナリスト 齋藤薫女性誌の編集を経てフリーに。表面的な美しさだけでなく、精神性にまで及ぶ切り口で美容分析する説得力のあるエッセイが幅広い女性たちの支持を集める歳をとること=清潔感を失うこと。だから今から始める「毎日3つ、清潔感を作って出かける」美習慣 →齋藤薫「40過ぎたら、“清潔感”がすべて。 その理由」アイデア:1とても単純に、清らかな色の服を着る。それだけで清潔感!まず言いたいのは「清潔感を難しく考えない」ということ。例えばウェディングドレスが純白というだけで"穢(けがれ)のなさ"を強烈にイメージさせるように、服の色が持つ清潔感はそのまま纏まと って出かけられることを知って欲しい。だから単純に、淡い水色やアイシーなグレーなど、それ自体が清らかさを宿す色は、清潔感を着るための色。不思議に、気持ちまでが清らかになると感じる人も少なくないのだ。ブラウス¥18,000/ストックマン(オットダム) ピアス¥100,000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山)ニット¥14,000/ドロワット・ロートレアモン ブラウス¥26,000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ラヴィソン ラヴィエール)アイデア2:とりわけ大切なのが口元の清潔感。だからここは澄んだピンクの口紅を!「人間の品性は口元に表れる」そう言われるのを知っているだろうか? 口元はものを食べ、言葉をしゃべる。つまりは、その人の生き方に最も深く関わってくる場所だからこそ、上品下品の分かれ道。そこに清潔感がないと、全てが台なしになるほど。何よりも先に口紅の色を、見るからに清潔感あるきれいな色に塗り替えるべき。例えば、少女の唇を再現するような、澄み切ったピンク色を! あえて輪郭をとらず、唇の中央に置いた色をふんわり広げると、少女のような清潔な唇になるはず。ネックレス¥6,200/レイアロハアクセサリー リング¥28,000/ヴァンドームヤマダ(ケンゴ クマ プラス マユ)(右から)大人キュートな透け感ピンク。ルージュ ココ フラッシュ72¥4,000/シャネル ヌーディピンクで唇に上品な色香を。ルージュ ヴォリュプテ シャイン87¥4,100/イヴ・サンローラン・ボーテ ときめくようなシュガーピンク。クレ・ド・ポー ボーテ ルージュルミヌ6 ¥5,000/資生堂インターナショナルアイデア 3:声と発声、言葉の置き方もそこはかとない清潔感につながる 声の美しさはもちろん第一印象の清潔感につながるし、言葉づかいの美しさもまた、人となりの清潔感になってくる。でも何より大切なのは、声の発し方と言葉の置き方。声も言葉もできるだけ丁寧に、心を込めて相手の前に差し出すようにすると、清潔感が溢れ出る。お手本は、ハズキルーペCMの"武井咲さん扮するマダム"。あの優雅なトークは本当に見事だが、決め手はファルセット。裏声のような発声が清潔感を生むのを見逃さないで。ジャケット¥19,800/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ノーリーズ) Tシャツ¥13,000/バイマイティアイデア 4:ピンと伸びた姿勢。くたびれていない上向きの表情年齢を重ねるほど「清潔感には命のきらめきが必要」という話をしたけど、だから大きな決め手になるのが姿勢の良さ。背中が丸いとそれだけで全身から清潔感が失われる。人としてフレッシュな印象が消えるからだ。ピンと伸びた背筋同様、顔の表情もバストもヒップも、上向きの印象に保つことが清潔感の鍵になる。というより、背筋を伸ばすと外のパーツ全てが上向きになるのは不思議なほど。トップス¥14,000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ララージ) ピアス¥100,000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山)>>毎日、清潔感を育てるための8のアイデア【後編】【Marisol 5月号2019年掲載】撮影/菊地泰久(vale./人物) 山口恵史(物) ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃
  • アニヤ・ハインドマーチの新しいバッグ、「ポストボックス」がユーモラスでしかも使いやすく、注目です!  写真1枚目は代表的な黒。次の1枚が、白のタイプをパカっと持ち手を引いて開けたところ。すごい! 本当に郵便箱のようです。しかも、中が見やすく、取り出しやすい。昔よく、お母さんがハンドバッグのプチっとした金具を開ける仕草に憧れたものですが、それと似た仕草になるのですが、こんなに現代的に。ほかにも、封筒型のケース、携帯ケース、イニシャルが入れられる名刺入れポシェット、巾着型のバッグなどなど、見ていて(きっと使っても)楽しくなるものばかりでした。アニヤパワー、健在です!(副編U)
  • 「アウトドアや街歩きに取り入れやすい」「自分らしさを忘れずに自然を楽しみたい」というスタイリスト・福田麻琴さん。街でも、山でも、機能的で快適に過ごせるコーディネートを教えてもらいました。 trip to Natural Heritage(日本の自然遺産)!!スタイリスト 福田麻琴さん世代を問わず、女性誌からWEBメディアまで幅広く活躍する人気スタイリスト。代名詞ともいえるパリシックな着こなしにファンが多数。次のトレッキング旅行は長野・天狗岳を計画中だそう!「自然遺産でトレッキングを楽しむときも普段のワードローブの延長で私らしさをキープ」足場が悪いところもあるので、衝撃を受けても丈夫なアウトドア用のキャリーにパッキングします。トレッキングだからといってそのときだけの特別なものはなくて、街で使えるものが大前提。たとえば、アウトドア用のアウターは目立つ色がいいかもしれないけれど、私は普段着になじむようなベージュや黒を選びます。そうすることで街歩きとトレッキングで兼用できるものが増え、荷物もコンパクトに。肌に身につけるものは日数分持っていき、快適に過ごせるようにしています。愛用しているのはパタゴニアのキャリー。トレッキングではマックパックのリュック、街歩きはポシェットを使い分けて。「いかにシワにならないようにコンパクトにできるかを考えながらの荷造りは楽しいし得意!」自然にふれるのが好きという福田さん。「富士山はあまりにもつらすぎて泣きながら登りました(笑)。しんどさも含めて美しい景色を見た記憶って一生残る」「知床半島ではクマにおびえながら雪の中をトレッキング。自然遺産でアクティビティを楽しむ、挑戦型の旅にワクワクします」街でも山でも! 自然を楽しむ高機能なワードローブ[街歩き]Tシャツ+デニムを土台にはおりもので体温調整街歩きの基本スタイルは、Tシャツとデニムにカーディガンを羽織って完成。寒ければアウトドア用に持ってきたパーカやフリースで体温調整を。身軽でいられるようメインバッグはポシェットにして、イザベルマラン エトワールのエコバッグはサブに。マキシワンピはレストランでのディナーや部屋着としても使えるので必ず一着。「ばさっと着られる楽なもので、汚れが目立ちにくい柄物を選ぶのがポイントです。エイトンやヘインズなどのTシャツは日数分持っていきます」[アウトドア]機能性アイテムは“タウン使いできるか”で選ぶTシャツにショートパンツとスパッツ、気温に合わせてフリースやパーカを羽織るのが基本コーデ。足もとはテバのサンダルか、ブランドストーンの防水ブーツを合わせて。いかにもという感じがないので普段使いしても違和感なし。ラルフローレンの厚手のバスタオルはひざかけやちょっとしたラグとして使っても。「ユニクロユーの水着を下着代わりにして、いつでも泳げるようにスタンバイ(笑)。このセットがあればトレッキングだけでなく、ヨガやスポーツも楽しめます」洗濯物は旅先で仕分け! スリッパ代わりになるビルケン「フィルソンのドライバッグはぬれたものもOK、自立するのでランドリーバスケットとして使っています。仕分けしておくことで帰ってからすぐに洗濯機へポン。ビルケンのサンダルはコテージ内のスリッパ代わりにしたり、ちょっとした移動にも便利なんです」撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年5月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND