いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡

DAILY MORE

フレッシュで、明るい、でも浮かない。春に着たいのはそんな"色"!

春といえばきれい色! 冬とはひと味違うフレッシュな色が並ぶ中、私たちはどれを選べばいい?

その答えは……「おいしそうな色」♡

フレッシュなレモンを思わせるイエロー、ジューシーだけど大人っぽいオレンジ、さわやかでクリアなミント。新しい季節を予感させる、でもちゃんと日常になじむ。そんな一石二鳥な「おいしさ」もあったりして!

女っぽい服なら、素材はリネンかサテンにする
「notコンサバ、butきれい」な素材選びがカギ! 春に似合うオレンジも注目の色。ふわっと風に揺れる柔らかさ、暖かい日差しで輝く光沢感……同じく新しい季節に心地いいラフな素材で取り入れたら、お出かけの日の足取りはもっともっと軽くなる!
リネン調の素材は、きれい色が派手になりすぎないからセットアップにも挑戦できる。
シャツ¥7800・スカート¥8800/ミラ オーウェン カットソー¥990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥12800/アーバンリサーチ 神南店(マルコ ロッシ) スカーフ¥14000/ビショップ(マニプリ) ピアス¥21000/ボウルズ(ハイク)
ブラウンのパンツと、ブラウンのニットと
ミント色のニット。迷ったらコレ、でいい、間違いのない色合わせ。冬に買ったブラウンのアイテムは、春色とも好相性! 黒よりも軽やかになるし、ネイビーより女っぽくなるから、新しいきれい色は手持ちのブラウンと合わせればいい。いちばんやさしくて、いちばんおしゃれな方程式♡
甘いミントのニットとビターなブラウンのパンツ。女の子なら誰もが“ハマる”配色。
ニット¥11000/アーバンリサーチ 神南店 タンクトップ¥9900/ショールーム セッション(アール ジュビリー) パンツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥17000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) バッグ¥12000/リエス(カテリーナ ベルニ) イヤリング¥9200/カージュ ルミネエスト新宿店(ベベ)
ブラウンのニットに合わせると、イエローはちょっと知的になる。ヘルシーさ満点のスカートをレディに着こなして。
ワンピース¥27000/ショールーム セッション(マリハ) ニット¥28000/スローン 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥38000/ビショップ(ブレディ) ピアス¥13000/アーバンリサーチ 神南店(ローラ ロンバルディー)  リング¥16000/フラッパーズ(シー)
真っ白なアウター、真っ白な靴とバッグと
ミントカラーアイテムでできる、憧れの“カッコいい人”になるための最短ルートは、+白!
ミント色に染まったロマンティックなレースドレスに、大きめの真っ白なGジャンとローファー。着るだけで心躍るような着こなし。
ワンピース¥31000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) Gジャン¥32000・ピアス¥24000/ボウルズ(ハイク) 靴¥26000/ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥9500/ジネス ペリエ千葉店(クリスチャン ヴィラ)
きれいな色と白の組み合わせはいつだって春の定番だけど、今年はクリーミーな白じゃなくクリーンな白をきかせたい。オレンジ色のニットを着た日はぱっと明るく、ぴりっとカッコよく。大人になったからこそ似合う、そんな色合わせを楽しんで。
バッグもネイルも白。ニットとチノのワンツーを“普通すぎるコーデ”にしないコツ。
ニット¥2900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 パンツ¥8900/ノーク 靴¥29000/エスストア(シー)  バッグ¥40000/コード(ヴァジック) イヤリング¥1500・シンプルリング¥1200/お世話や 2連風リング¥11000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)
ストライプ柄で“さりげなく”取り入れる
合わせやすさと目新しさ、どっちも叶うなんて! よくあるブルーじゃない、クリーミーなイエローベースのストライプ柄にひと目惚れ。ポップで楽しくて、それでいて清潔感もちゃんとある、どこにだって行けるから毎日だって着たくなる。
ストライプ柄は秋冬のチェックに変わる平日も休日も使える見逃せないトレンド。春色ストライプのシャツは、お堅い通勤服は楽しく、ラフな休日服は上品に変えてくれる。腰が隠れるくらいの長め丈、ノーカラー、ディテールも今どきで惹かれる。
シャツ¥14800/ビショップ(ジムフレックス) Tシャツ¥13000/インターリブ(サクラ) パンツ¥27000/FUN.Inc(アイロン)




撮影/金谷章平 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/本田 翼 スタイリスト/大平典子

関連記事
  • 毎日着たいTシャツを、もっとおしゃれに! この夏はいつもより女っぽく大人なスタイルを目指して、早めのレッスンスタート♪二人のテンションを揃えて夏を満喫。爽やかなルックスで人気急上昇の清原翔さんが特別出演!おちゃめな二人 ▼清原翔さんプレゼンツこんな彼女なら…「映画デート」 「イラストTのチョイスにカルチャーを感じる女の子なので、文化的な映画デートはどうでしょう。オールホワイトのコーディネートが好みです」 (愛美)イラストレーター長場雄が描いたのは、恋する男の子がとらえた女の子の横顔! (清原さん)熱々のコーヒーのせいで舌が猫に!? ユーモアあふれるイラストTは彼に借りてオーバーサイズで着ても可愛い。 愛美Tシャツ¥4000/アシックスジャパン お客様相談室(アシックス タイガー) ジャケット¥12800/ヘインズブランズ ジャパン(チャンピオン) スカート¥10000/リー・ジャパン(リー) ヘアピン¥1648/サードオフィス(ROOM) ソックス¥1200/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃) サンダル¥14000/ダイアナ 銀座本店 清原さんTシャツ¥6500/トゥーゴー パンツ¥21000/フォーティーン ショールーム(オーセンティック) メガネ¥30000/アルファ PR(パイン) ベルト¥5900/メイデン・カンパニー(レザー マン) スニーカー¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック)ⓒ2019 Viacom International Inc. ロックな二人 ▼清原翔さんプレゼンツこんな彼女なら…「ライブデート」 「直球なんですが、やっぱり音楽好きっぽい彼女とはライブデート。お互いの趣味が合ったら最高ですね。好きなアーティストのワンマンに一緒に行きたい!」他の画像を見るProfile ●きよはら しょう メンズノンノモデル。 1993年2月2日生まれ。俳優、メンズノンノモデル。NHKの連続テレビ小説『なつぞら』に柴田照男役で出演中。映画『うちの執事が言うことには』が5月17日公開。今号ノンノでは巻末の「今月の彼氏。」にも登場!モデル/江野沢愛美 清原翔(メンズノンノモデル) 撮影/田形千紘(モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/牧田健史(愛美分) AMANO(清原さん分) スタイリスト/高野麻子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • LEE5月号掲載!五明祐子さんのお買い物、マネしていいですか!?にて、大反響となり、瞬く間に完売を繰り返しているROTHCOミリタリージャケット。 五明さん私服テーマに繰り返し登場し、メンズライクなミリタリージャケットを、ゆるりとしたオーバーサイズで今っぽくアップデートした一着は、パンツにもスカートにも相性のいい万能さがウリ。薄くて軽いコットンの一枚仕立てだから、持ち運びもしやすく、秋口まで大活躍すると評判です。 ROTHCO/ミリタリージャケット/¥9,800+税 WEBでも、現在、受注予約受付中なのですが、さまざまなコーディネート合わせで、複数サイズを購入したいという声をいただいています。 サイズ左からXS、M、L 着比べをしたいというご要望をかなえたく、FLAG SHOP リアルショップの下記2店舗に、全サイズのサンプルを、4月25日(木)よりご用意させていただきます!サイズ感などで迷われる場合は、実物を見ていただけるので、不安なくご予約いただけます。ぜひご来店ください。 ※現物商品は現在完売のため、サイズをご確認いただいたうえでのWEB受注予約になります。 【リアルショップへのお問い合わせ】 そごう横浜店3Fシーガルコート内:045(461)4115(直通) 東急プラザ銀座4階 HINKA RINKA内 :03(3572)0050(代表電話) ぜひ、様々なスタイリングに合わせて、お試しください!  
  • 今、ディオールには女の子を夢中にさせる「可愛い」が詰まってる。うっとりするような美しさと大人っぽいロゴのスパイスと、自由な遊び心に憧れて。※文中の( )内の数字はH=縦、W=横、D=マチを表し、単位はcmです。ふわりと舞うドレスに乙女心がきゅん ディオール初の女性アーティスティック ディレクター、マリア・グラツィア・キウリが2019年春夏コレクションの核に選んだのは、ダンス。しなやかに躍動する体と溶け合うような美しいプリーツのドレスは、全身をヌードな色調で合わせて。バレリーナ風シューズはレースアップのリボンが足首までをおおいロマンチックなムードを加速させる。 ロングドレス¥480000・ジャンプスーツ¥210000・ブラ¥135000・シューズ¥71000・ヘッドバンド¥27000・ブレスレット¥53000・リング¥110000/クリスチャン ディオール(ディオール)多彩なアクセサリーにときめくiPhoneケースを好きなピンを選んでカスタマイズ。"Lady Dior" iPhoneX ケース(H7.4×W15.7×D1.3)¥86000・Y、U、☆、K、Oピン(ピン3点まではiPhoneケースの価格に含まれる。追加購入は1点¥7000)/クリスチャン ディオール(ディオール)存在感たっぷりのレターモチーフのリングは毎日コーデのお守りに。選べるアルファベットが楽しい。"MY ABCDior" リング(各)¥30000/クリスチャン ディオール(ディオール)街で話題のitバッグにスモールサイズが登場。本もノートPCもたっぷり入って使いやすい! パーソナライゼーションサービスでイニシャルなどの刺しゅうを背面に入れられるのもポイント(¥25000、最大9文字まで)。Small "Book Tote" バッグ(H28×W36.5×D17.5)¥250000/クリスチャン ディオール(ディオール)他の画像を見る "ABCDior"って知ってる? アルファベットやラッキー モチーフを使って、自分好みにカスタマイズできるディオールのアイテムが拡大中♡ "ブック トート"の名入れサービス"ABCDior"に始まり(3)、メタルパーツを自由に組み合わせて革小物やスカーフを装飾できたり(1・4)、アクセサリーのイニシャルが選べたり(2・5)など、豊富なラインナップの"My ABCDior"シリーズがこの春、新登場。大好きなアイテムに自分らしさを加えたら、もっと愛着がわくはず。 モデル/新木優子 撮影/竹内裕二(BALLPARK・モデル) 石沢義人(物) ヘア&メイク/岩田美香(mod’s hair) スタイリスト/佐藤里沙(bNm) プロップ/石田裕一(R.mond) web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • こんにちは。   スタイリストの坂本陽子です。 やっと春らしくなって来ましたね。 気分も軽やかに、春夏シーズンは、是非、新しいアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか?   私がおすすめするアイテムは、「ロング&ミモレ丈スカート」。   今回は、3月末からスタートしている春夏コレクションのなかから、パンツ派の皆様にも、是非挑戦して欲しいロングスカートの選び方や、着こなしをご紹介したいと思います。   私も、以前は毎日パンツばかりでしたが、ロングスカートをワードローブに取り入れてから、着こなしの幅がグンと広がりました。   春は華やかに、トレンド感を取り入れられますし夏は、意外に涼しく、機能的にもかなり納得出来るアイテムなんですよ。   又この時期、女性らしい格好をしたいけれど、肌はあまり露出したくない! そんな大人の女性のわがままに答えてくれるアイテムがロングスカートなんです。   まず、キモとなる選び方は、「無難な物を選ばない」!   柄物や、あるいは、素材、ディテールにこだわった物を選ぶようにしましょう。 着ていて、気持ちがウキウキするような、そして、コーディネイトの主役になるような物を選ぶと、失敗がありませんよ。 無難な物は、古くさく、オバさんぽく見えてしまう可能性があるかも?     こちらのニュアンスプリーツスカートは、1パーツずつ手で絞りを入れたスカートです。 エアリーだけれど、適度なシャリ感があり、ヒップラインもカバーしてくれるのが嬉しい。 黒よりも軽やかで、トップスの色を合わせ易いストーングレーが、着回し易いと思います。 春は、ヨットパーカーにスニーカーでカジュアルに、夏は、コンパクトなトップスにサンダルで上品に、とシフトチェンジも簡単ですよ。 又、同素材のブラウスもあるので、ワンピース風にしても素敵。     そして、レオパード柄も見逃せません。 敬遠されがちな柄ですが、このスカートならば、派手過ぎず、 上品なイメージに仕上がるので、是非、挑戦してみて下さいね。     光沢感のある軽い素材で、履き心地が抜群です。 適度なドレープが女性らしく好印象。 トップスは、なるべくシンプルにコンサバなアイテムを選ぶのが、 失敗しないコツです。 初めてレオパード柄に挑戦する方なら、春は、トレンチコートなどの羽織物からチラ見せ?して練習(笑) 夏は、締め色の黒や茶のTシャツを合わせて、クールに。 今ある手持ちのアイテムにプラスするだけで、新鮮な着こなしが完成します!   そして、綺麗めで、着る場所を選ばないネイビーのスカート。   シワになりにくく、さらっとした素材です。 歩く度に、のぞく白のプリーツが、ポイント。 春は、定番のボーダートップスと合わせても、カジュアル過ぎない着こなし になります。 足元は、ローファーでもオシャレですね。 夏は、差し色として、ヴィヴィットカラーのトップスと合わせると、エッジの効いたこなれた印象に。     ラヴィヴァン春夏コレクションの主役スカートで、 より上品なワンランク上の女性に。 表情豊かな華やかスカートを素敵にはきこなして下さいね♪       Article By Yoko Sakamoto 坂本陽子(スタイリスト)40代から50代向けの女性ファッション誌を中に幅広く活躍。大人世代のワードローブを知り尽くしたスタイリングに定評がある。「alohadog co,ltd」主宰 1960年5月5日生まれ  
  • LEE本誌ではモデル五明祐子さん私服テーマに繰り返し登場、LEEマルシェでも大好評のロスコ・ミリタリージャケット。 こちらでも、昨年のオリーブ登場時に「おしゃれ上手のカブり買いアイテム!ロスコのミリタリージャケット、着こなし例」でご紹介しましたが、今回はベージュ編! 関東&関西、2人のおしゃれ上手隊員が買ったベージュロスコ。サイズ感や着心地の乾燥や、着こなし例をぜひ参考にしてみてください! TB こばんさん「去年波に乗り損ねていたロスコ、今年ようやくゲットしました。ベージュのXS。 オリーブ系は他のブランドでいくつか所持しているので、普段あまり選ばないベージュにしてみました。今の時期に使いやすい素材感で何かと重宝しています」 TB こばんさん「今日のコーデ。いつもはカーキを合わせるところをベージュにするだけで新鮮です(私の中で)。 アウター/ロスコ ボーダー/アルモーリュクス リネンのパンツ/ビアズリー 靴/クロエ バッグ/ルイヴィトン ミニスピーディー」 TB こばんさん「こちら別の日のコーデ。薄手でサファリシャツみたいなので前を留めてシャツっぽく。 トップス/ロスコ パンツ/ビアズリー ローファー/ロコピー カゴ/M7days スカーフ/イタリアのヴィンテージ ナチュラル系の色は苦手なので着る時はインナーか小物で色を足すようにしています(でもロスコのベージュは意識せずにサラッと合わせられます)」 TB こばんさん「上では色を足してしまったので靴と小物はできるだけナチュラルに」 066 ののこさん「大人気のロスコのミリタリージャケット☆ 昨年LEEの五明さんの特集を見て素敵と思いつつもサイズに悩み買い逃していました。で・す・が、横浜そごうで開催されていたLEEマルシェのトークショーに訪れていた100人隊の同期やメンバーがそごうのLEEマルシェでは何と完売したロスコもサイズが揃っているとレポしてくれたのでトークショーの翌々日に横浜へ行って私も購入しちゃいました(横浜そごうのLEEマルシェは22日まででした)」 066 ののこさん「袖はクシュクシュと折ってバングルを合わせるのがお気に入り。昨年購入した大人気のメゾン・エヌ・アッシュ・パリのサークルバッグ。うーんコレも合わせてみると相性バッチリ!ジャケットは早速ヘビロテ状態で別の日にくるぶし丈のパンツにも合わせましたがバランス良くて良い感じでした♪」 066 ののこさん「肩や二の腕が逞しい私(泣)はXSだともう少しゆるさが欲しいかな〜って感じで。なのでMサイズにしたら程よくほしかった抜け感ができました。実は最初のお目当ては私もカーキでワクワクXSを着て見たものの、ん?私が着ると何か普通……。店員さんに襟を抜いてもらい、袖をまくってもパッとせず、サイズを上げたらしっくりきました。でも後一歩後押しされる感じがなくやっぱり見送ろうと思っていたところ、ベージュを試着させてもらったら、そうそうコレコレ!!となりまして。めでたくベージュをお買い上げ致しました。なので絶対カーキ!と思われている方もベージュも可愛いので迷われている方ぜご検討下さい」
  • アラフォーにピッタリはまる永遠にときめく小花柄ワンピースこんにちは yasukoです 今年はよく見かける小花柄ワンピース 正直 自分のキャラに似合うかなとか 思ってましたが 今年は挑戦してみたいと思い 自分の思う ときめくワンピースをみつけました 私がピピときた小花柄ワンピース N.O.R.C outfit ☆ マキシワンピース N.O.R.C パンプス reppet バック PIERREHARDY N.O.R.C は Marisolでもスタイリングされている福田亜矢子さんと斎藤くみさんのディレクションするブランド 私がワンピースを選ぶ際に 気にしていたのは *アラフォーも着れるシックな小花柄 *かっこよく着れる *思い切ったチャレンジだったので出来るだけプチプチ価格で それを全て満たしてくれたN.O.R.C *ベースがブラックで大人っぽい *Vネックなのでスッキリみえる *袖がゴム使用で夏でも簡単に袖を上げて軽さを出せる *マキシ丈で大人っぽく *ウエストが調整できてしかもハイウエストだからスタイル良くみえ間違いなし アラフォーの事情を知り尽くしたブランド ほかにも シャツやスカートもカッコ良くてステキです ↑ ウエスト調整できる 袖丈を自分好みに調整 ★ N.O.R.C クリック大人の為の究極のコスパブランドと思います Marisol4月号にモデルの五明祐子さんも美しく着られてます yasuko美女組No.162 yasukoのブログ
  • 永遠のベーシックと思いきや、デニム離れしているアラサーも増加中。「実はデニムコーデをノームコアばやりの時代から更新できていないんです。今っぽい着こなしにするには?」という読者の悩みに、デニム好きを公言するスタイリストがお答えします!お悩み「実はデニムコーデをノームコアばやりの時代から更新できていないんです。今その着こなしをすると、ものすごく地味」➡トレンド柄をプラスすれば、即今っぽいし女らしさも、華やかさも増量します!(スタイリスト・石田 綾さん)「今季はドットやストライプなど柄が豊富。ベーシックな色みをチョイス」。(モデル)パンツ¥23000(アッパーハイツ)・靴¥46000(ルチェンティ)/ゲストリスト ブラウス¥19000/ラヴァンチュール マルティニーク タンクトップ¥7900/RHC ロンハーマン(フィルメランジェ フォー RHC) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥33000/ショールーム セッション(ポティオール) スカーフ¥16000/スローン (物上から)ブラウス¥11000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ノーリーズ) シャツ¥7900/N.ルミネエスト新宿店教えてくれたのは……スタイリスト 石田 綾さん誰よりも流行に敏感な早耳スタイリスト。トレンドを上手に取り入れたカジュアルなスタイリングは、デイリーに着こなしやすいと評判。撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 イラスト/高篠裕子 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年5月号掲載
  • 数多くの女性のファッションスタイルを提案してきたスタイリスト・室井由美子さん。今回はベーシックなアイテムで作る「大人なパリスタイル」を教えてもらいました。いつもと違うコーデで旅行に行きたい方は必見です!trip to Paris(パリ)!!スタイリスト室井由美子さんBAILAほか『LEE』『Marisol』『éclat』などの女性誌から商品開発・イベントまで幅広く活躍。ベーシックを軸にしたリュクスなスタイルに定評がある。旅先では「暮らすように過ごす」ことを大切にしているそう。「“大人のきちんと感”を演出しながら、眺めていても気分が上がる服がパリの相棒に」パリに行ったらボーダーやデニム、バレエシューズのようにパリらしいおしゃれがしたいし、着回しよりも毎日いろんなコーディネートを楽しみたい派。そのほうが気分が上がります。いつでも気をつけているのが、旅でもきちんと感のある装いにすること。丁寧なサービスを受けるためであり、すべては気持ちよく過ごすことにつながります。グローブ・トロッターのスーツケースは置いてあるだけで可愛くて絵になりますし、開けたときに美しいと思えるようにパッキングします。20年ほど使っていても丈夫というグローブ・トロッターのスーツケースをお供に。旦那さんとの旅行では、大きいほうが室井さん用。毎日のおしゃれが飽きないように服だけでなくハットやバッグ、シューズなども数種類持参して。ブルーやグリーンなど強い色が多めでも、足もととバッグがブラウン〜白で統一されているのでどう組み合わせても素敵な着こなしが成立。滞在先に着いたらまずは服にアイロンをかけて、自宅と同じような心地よい空間をつくることからスタート。「マルシェで買い物して夫(シェフ)が料理を作ってくれることも。ワインを飲みながら二人でいただく時間も好き」。丸めないパッキングなら開けたときも美しい!アウターやワンピースのような丈の長いものは先をしまわないでいちばん下に入れ、その上にたたんだ洋服を。外に出ている洋服の端で上からふたをしたら完成。最後にスカーフをのせても。6つのルールで作る大人なパリのワードローブ Rule_1 パリらしいベーシック強い色はボトムで取り入れて華やかさをプラス。「写真映えにもなりますし、日本ではできない色合わせも楽しみたい」。ピンクのパンツはイレーヴRule_2 3色トップスオーラリーのリブニットは色違いで。「着心地、形、フィット感などパーフェクトな一枚。いつも着ているストレスのないものを持っていきます」Rule_3 遊びのある小物キュートなグリンのイヤリングやハルポのネックレス。「手もとはクラシックなデザインのジュエリーが多いので、ハズしとして投入します」。Rule_4 ローヒール足もとは歩きやすさ重視。白パンプスはマノロブラニク、メタリックバレエはセリーヌ、茶色バレエシューズはカルツァイウォーリ フィオレンティーニ。Rule_5 きれいめワンピorセットアップ思い切りのいい長め丈が気分というワンピースはスカーフをプラス。ルージュ・ヴィフの黒のセットアップ(左)はラドローのPVCバッグと合わせて。Rule_6 キレイ色強い色はボトムで取り入れて華やかさをプラス。「写真映えにもなりますし、日本ではできない色合わせも楽しみたい」。ピンクのパンツはイレーヴ。ホテルに着いたらまずは巣作り!居心地のよい空間に。「お気に入りの香水やルームスプレーで自分らしい空間をつくります。食べ歩きも多いのでシミ抜きもマスト」。(右から)メゾン フランシス クルジャンの香水、ザ・ランドレスのシミ抜き、ルームスプレー、ワインオープナー。撮影/草間大輔〈impress+〉 取材・原文/昼田祥子 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年5月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND