《本日2/28発売❤️》今すぐ使える豪華付録!春色トートバッグ付き*【MORE4月号】をチェック☻

DAILY MORE

こんばんは♡

早いもので今日で2月も
終わってしまいますね…!(´⊙ω⊙`)

さて、そんな本日2/28は

MORE4月号の発売日です❤️

表紙は可愛い可愛い
本田翼さん◡̈♡

明日から3月に入り、
春服をそろそろ着ようかな、、と
考えている方にぴったり❤︎の企画が
盛りだくさんです(((o(*゚˘゚*)o)))

今回も豪華付録付き♡春色トートバッグ!

MERCURYDUOのドット柄スカーフ付き春色トートバッグ♡

トレンドのパープルカラーが
可愛いんです!!!☻

バッグは
縦20cm × 横33cm × マチ12cm
のサイズ(^^)

スカーフは
縦40cm × 横40cm
の正方形サイズです✨

マチがしっかりあって嬉しい♡

また、今回はもう1つ
嬉しい付録が♬

『ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル』のサンプルも付いてます❤︎

本格的な春に向けて、
ファッションも春モードに♡
お肌も整えて
楽しみましょう◟( ˊ̱˂˃ˋ̱ )◞♡⃛◟( ˊ̱˂˃ˋ̱ )◞


気になった方は是非
チェックしてみてくださいね♪☻

カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎


モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ

関連記事
  • 1週間の「30代今日のコーデ」をまとめてお届け【1月15日(金)〜1月21日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 1月15日(金)のコーデ 冬素材のトップス&コートに、つやめくパンツが印象的に映えて。今季らしいブラウンにベリーピンクを合わせ、女らしさをアップさせたのもポイント。コーデが淡色なぶん、足元にブラックを取り入れて印象を引き締めるとさらに好バランスに。 1月16日(土)のコーデ おしゃれなセレブも大注目している『ボッテガ・ヴェネタ』のカセットシリーズ。なかでも1970年代のラグジュアリーカーの内装からインスピレーションを得たという「パデッド カセット」は、革車の内装のような個性的なフォルム。斜めがけにするだけでサマになるこんなバッグがあれば、大好きなデニムスタイルも一気におしゃれに! ベーシュ系のバッグに合わせコートも柔らかいカラーにすると大人なムードになって◎。デニムは明るいめを選ぶとさわやかな雰囲気にまとまる。 1月17日(日)のコーデ 今年一番の流行色といえば、くすみブルー! 裾に動きが出るスカートなら、ドラマチックで気分も上がるはず。青みがかったブラックやニュアンスグリーンなど、落ち着きのある寒色アイテムを合わせてシックにまとめるとさらに今年らしく。足元は、適度にカジュアルさのあるホワイトのショートブーツで抜け感とこなれた印象を加えて。 1月18日(月)のコーデ リラックス感がありながらもセンタープレスがしっかり効いたツヤ感のある太めパンツは、端正なシルエットで脚がキレイに見えるのがポイント。大人顔のリバーコートにも無理なくフィットし、ニュアンスピンクが程よい甘さを加えてくれる。軽やかな雰囲気のボトムなので、ボリュームスニーカーともバランスよく仕上がるのが◎。バッグのメタリックカラーでピリッとスパイスを加えると、さらに今っぽい印象に。 1月19日(火)のコーデ ウエストをキュッとマークする女らしいコートに、量感たっぷりのプリーツがエレガントさをプラスして。ワッシャー加工が施されたランダムなプリーツスカートは、不規則な裾のラインでこなれ感も底上げしてくれる。コーデはホワイト~ブラウンのグラデーションにし、好感度が上がるよう白トップスで顔周りを明るくするのがポイント。差し色はグリーンで辛口に仕上げるのが気分。 1月20日(水)のコーデ パフスリーブや長めのカフスなど、袖にデザインのある甘ブラウスはこの春のトレンド。早めに手に入れるなら、ホワイトやエクリュなど使いやすいカラーを選ぶのがおすすめ。『カデュネ』のブラウスは、立体的なフォルムがつくりやすく、肉感を拾わないプルオーバー型で“ラクして女っぽい”を後押し。春らしいパステルカラーパンツと合わせれば、キレイめで動きやすい快適なトレンドスタイルが完成します。 1月21日(木)のコーデ リブ編みの黒タートルは、主役に脇役にと大活躍する便利アイテム。どんなアイテムとも合わせやすく、リブのIラインが縦感を強調しスタイルアップも可能! 甘い雰囲気のブルーのリバーコートを着る日は、タートル×ブラックデニムで仕上げてシャープな表情にするのが気分。リブ&締め色でほっそりIラインにつなげたインのコーデで、やせ見えが叶うのが◎。ブーツで足先までつなげれば、脚長効果も絶大に!
  • プリミティブで力強く、それでいてぬくもりを感じさせるMiMCの春夏コレクション「ROOTS OF HUMANITY」が到着。 MiMCの春夏コレクション「ROOTS OF HUMANITY」。 新時代を生きるヒントを生命の根源に見出した今季、ラインナップするのは、太陽や大地のエネルギーとあたたかさを内包したアースカラー。たおやかでいて芯の強さも感じさせる、凛とした表情を演出する。 MiMC ビオモイスチュアシャドー 29 ¥3,800(2021年2月3日発売) フルーツオイルの保湿力で、まぶたをうるおいで包み込む「ビオモイスチュアシャドー」。新色の「29 ガイア」は、柔らかな春の陽射しを思わせるイエローゴールドと、大地の力強さを宿したテラコッタブラウンの組み合わせ。旬のイエローゴールドが目元の鮮度を引き上げ、テラコッタブラウンが骨格を強調。さり気ないようでいて今っぽくなれる秀逸カラー。 MiMC ミネラルリキッドリーシャドー 06 ¥3,300(2021年2月3日発売) 白樺水ベースのみずみずしいテクスチャーが瞬時にフィットして、つけたての輝きが続く「ミネラルリキッドリーシャドー」に、目元の透明感を引き出すラベンダーカラーが仲間入り。単色で使えばくすみをカバーしてクリアな印象に、レイヤードすればスモーキーな雰囲気にと、使い方は自由自在。同系色から反対色まで、どんなカラーとも相性が良いから、ひとつあると重宝すること間違いなし。MiMC ミネラルアイブロー (左から)01、02、03 各¥2,300(2021年2月3日発売) ロングセラーの“落ちないアイブローペンシル”がリニューアル。進化のポイントは、より描きやすい形を追求した芯形状。芯の断面をしずく型にすることで、先端の細いほうでは繊細な線を、太いほうでは柔らかな線を描くことができるようになった。さらに、保湿力や定着力はそのままに、すぐれたエイジングケア効果をもつサステイナブル成分“茶の実油”を採用した点にも注目を。カラーは、グレイッシュブラウン「01」、ナチュラルブラウン「02」、ライトブラウン「03」の全3色。 MiMC ミネラルスティックチーク 02 ¥3,800(2021年2月3日発売) チークとしてはもちろん、アイシャドウのベースにしたり、フェイスラインに陰影を出したりと、マルチに活躍する「ミネラルスティックチーク」。新色は、美しい立体感を演出するヌーディーブラウン。ゴールドのシマーな輝きとほのかな赤みが顔立ちにメリハリを与え、気品のある表情に。 MiMC ミネラルイレイザーバーム カラーズ  04 SPF20・PA++ ¥5,800(セット価格・2021年2月3日限定発売) 毛穴カバーと紫外線ブロック、コントロールカラーの3つの機能をもつ美容下地バームから、限定カラーのイエローが登場。ファンデーションの前に使うことで、毛穴やシミといった肌ノイズから、赤み、くすみなどの色ムラまで均一に整え、ヘルシーな印象に仕上げてくれる。植物由来のセルロースパウダーが肌の凹凸をカバーしながら余分な皮脂を吸着するから、メイク持ちがアップする効果も。 ヘルシーな素肌と光のニュアンスをまとったアースカラーで、顔立ちにぬくもりと力強さを添えるコレクション。時にへこたれそうにもなる今、まとった瞬間から、前へと踏み出す勇気がわいてくるはず。 MiMChttps://www.mimc.co.jp/03-6455-5165 text:Tomomi Suzuki >>ビューティニュース
  • ああ、しんどい。毎年のことではあるのですが、1月って仕事運が下降気味です。いろんなことが上手くいかない。さらにPMSで完全にネガティブ思考になってしまう。しかも、年末年始の休みに、『人新世の「資本論」』を読んで、ファッションにおけるエッセンシャルワークとはなんだろう?と考える日々。落ち込むことが多いですが、それでもドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の中の「ファッションは夢を与えるものだから」という一言に、そうだよね!そうだよね!と心が救われることも。緩急極まりない心理状態であります。 そんな私の救世主は、Katieのウサギポーチ! 手のひら大のサイズなので、うぅ(気持ちが)苦しい、という時に撫でております。柔らかい毛並みが最高に気持ちいい。こちら、口紅1本くらいしか入らない「使用価値」なんですが、私の心的治療には絶大な効果を発揮します。去年あたりからビッグメゾンがランウェイやらキャンペーンやらにぬいぐるみを使っていましたが、その気持ち、とてもよく分かります。そして、そのおかげで堂々と(モードですが何か?という顔で)このバニーちゃんを携帯できるようになりました笑。
  • 2021年のスター、ラッパーHIYADAM。唯一無二の存在感で、音楽シーンを揺るがす新時代のアイコンだ。彼が新たに解釈する「フォーマル」とは? モードラバーでもある彼が手がけた軽やかなリリックとともに、全世界が注目する才能が、夢に向かって羽ばたく一瞬を切り取る。 ステージ上で目を引く、さりげなくエッジをきかせたセットアップ。シルバープリントの生地を大胆に配した。シャツと、ジャケットが"進化したフォーマル"の新たな扉を開く。ジャケット¥260,000、シャツ¥39,000、ショートパンツ¥43,000、スニーカー¥34,000(NIKE)/コム デ ギャルソン・オム プリュス リング(人さし指)¥34,000、(薬指)¥43,000、(小指)¥120,000/ステディ スタディ(トムウッド) ソックス/スタイリスト私物 「全身コム デ ギャルソンを着て、パフォーマンスするようなラッパーになるのが目標です」と、力強く語るのは、次世代ラッパー、HIYADAM。国内外を問わずさまざまなミュージシャンとのコラボレーション作品を発表している新たな才能だ。ヒップホップという音楽ジャンルにとらわれず、モデルやジュエリーデザイナーとしても活動中。そんな彼と臨んだ撮影のテーマ、“ニューフォーマル”には自身の音楽との向き合い方との共通項も。 「僕がエレクトロやハウスにのせてラップをしているのって、今のヒップホップにはあまりないもの。それを“当たり前”という流れに持っていきたいですね。今回のテーマも同様に、これまでの“フォーマル”に、重なり合うことがなかった意外な要素を取り入れていくことが〝新しいフォーマル”なんだと思います」。圧倒的な存在感と、他の追随を許さないスター性を兼ね備えた次世代のアイコン。彼がどのように進化し、新しい時代を牽引していくのか、ますます目が離せない。 SOURCE:SPUR 2021年2月号「HIYADAM 才能が切り拓く未来」model: HIYADAM photography: MELON 〈TRON〉 styling: Fusae Hamada hair: Miho Emori 〈KiKi inc.〉 make-up: YUKA HIRAC 〈D-CORD〉 artwork: HIROKI OKUBO
  • 【ダウンタイム3日~1週間】ずっと気になっていた深い肌悩みを解消するメニューを、ダウンタイム期間別にご紹介美容医療に興味津々だけれど勇気がなかった。積極的に取り組みたいけどタイミングが……。なんてしり込みしていたアラフォーへ。今こそ美容医療が"始めどき"という理由と、今やるべき施術を指南します!☆私がお答えします!美容ジャーナリスト 近藤須雅子さん美容ジャーナリスト 近藤須雅子さん美容ジャーナリスト&記者として、読者に役立つ情報を発信し続ける第一人者。美容医療の最新情報にも詳しく、複雑な施術やマシンなどを解説している著書『プチ整形の真実』(講談社)も好評【ダウンタイム3日~1週間のメニュー】 ☆まぶたのたるみに… クロスクリニック銀座 スムースアイ 2波長を発する最新レーザーで切らないまぶたのリフトアップ日本初導入の最新機種タイムウォーカーを使ったレーザー治療。まぶた周囲のたるみ改善が期待でき、軽度の眼瞼下垂やその予防としても最適。治療直後に皮膚表面に少しの赤みと腫れが出ることが。眼瞼粘膜に照射するため、多少の目のゴロゴロ感や目やにが出る場合があるが、数日で治まるそう。赤みや腫れ、ゴロゴロ感のダウンタイムは 3日前後を目安に。 MEMO 所要時間/約20分 ※麻酔時間約30分値段/¥60,000( 1 回)※塗る麻酔・点眼麻酔・保護コンタクト¥10,000 痛み/レーザー照射時の部分的な痛みあり最適回数/ 1 カ月に1 回を推奨本格的なまぶたのたるみには手術レベルのレーザー治療を 「本格的な手術だと数カ月は腫れることがあるまぶたの治療。メスを入れない施術はうれしい。反面、まぶたの裏側(粘膜)のレーザー照射なので、ドクター選びが重要。石川先生のように自他ともに認めるレーザー治療のエキスパートを見つけてください」クロスクリニック銀座 東京都中央区銀座5の4の9ニューギンザ5ビル10Ftel:0120-51-2590 https://www.cross-clinic.com☆まぶたのたるみ、ゆるみに… クリニックF マドンナeyeリフト重く、ゆるくなったまぶたを生まれ変わったような印象に 以前は手術で対応していたまぶたの加齢・たるみ・ゆるみの悩みに対応。歌手のマドンナが体験し、劇的な若返りに成功したことから『マドンナリフト』の愛称で知られる。この施術では、フラクショナルCO2レーザーSmart Xideを使用。熱エネルギーでタンパク編成を促し、高周波で線維芽細胞を刺激。 1週間から10日くらいのダウンタイムがあるが、その効果は絶大。☆MEMO 所要時間/麻酔準備を含めて約 1 時間値段/¥90,000( 1 回)痛み/チクチクした痛みを感じることも最適回数/ 1 回でダウンタイム後すぐに効果あり信頼できる医師のもとで受けるのがおすすめの施術 「施術中は"黒いコンタクトレンズ状カバー"で眼球を守るのですが、ドクターと信頼関係がないと不安かも。その点、藤本院長は最新レーザーに詳しい医師です。状態にもよりますが、確実な引き締め効果を得るためには、 2 、3回の継続治療がベター」クリニックF 住所非公開(半蔵門近辺)tel:03-3221-6461https://clinic-f.com※ダウンタイムとは、施術を受けてから肌の状態が元の状態へと戻るための時間のことです【Marisol12月号2020年掲載】監修/近藤須雅子 取材・文/松井美千代 構成/原 千乃
  • 憧れブランドの話題の新作や、いち早く知っておきたいトレンドアイテムをお届け!「ロエベ×となりのトトロ」のカプセルコレクションが誘う深く、優しい森の中 ロエベから、世界的に人気のスタジオジブリのアニメ映画、『となりのトトロ』とのコラボアイテムが登場。「クラフトや職人技に対して愛情を持ち、独自の方法でそれを表現している」という共通点がある両者がタッグを組み、自然との調和をイメージ。トトロ、中トトロ、小トトロ、マックロクロスケが大胆にデザインされ、持つだけで気分がハッピーに。特におすすめなのは、バッグに忍ばせたい財布やポーチ。革を正確にカットし、そこに違う革のピースをはめ込む、マルケトリーというモザイクのような手法で存在感のあるキャラクターがあしらわれている。クラフツマンシップに裏打ちされた、大人の遊び心を楽しんで。 1 シックなブラウン地に1匹のマックロクロスケ。カードホルダーがついた裏側は黒地で、煤の中にマックロクロスケが潜んでいるよう。 コインカードホルダー(7.5×13×1)¥54000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) 2 ネックレス感覚で身につけたい。 ポーチ(7.5×8.5×1.5)¥53000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) 3 使い勝手のいい二つ折り財布に、ぽつんとトトロが。 財布(11× 9 ×2.5)¥85000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) 4 イエローに映える中トトロ。ポシェットのように斜め掛けして。 ポーチ(11.5×12.5×2)¥68000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) ▶FASHION SCOOP!はコチラ撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) スタイリスト/鈴木美智恵 撮影協力/原田陽子(LE GRAND BLEU) web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル ※値段の前の数字はアイテムのサイズ(縦×横×マチ)を表し、単位はcmです。
  • ニューノーマルな時代とともに定着した“ラクして女っぽい”スタイルを、いっそう素敵にアップデートするには? 今こそ必要な「+1」を、BAILAでおなじみの二人が提案! 季節の変わり目に重宝するのが「セミフレアデニム」。太めシルエットが主流になりつつある今、薄い色を選んで鮮度高く! スタイリスト 吉村友希さん 身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。 エディター 伊藤真知さん 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 今は“太め”が新潮流!《セミフレアデニム》 《吉村さんレコメンド》細身から太めへとトレンドが変わりつつあるデニム。特に脚長効果が高いことでも人気のフレアデニムは、面積も広いぶん重たく見えない薄い色を選ぶのもポイント。 《伊藤さんレコメンド》裾に向かって広がる十分丈はどんな靴とも相性バッチリ。ブーツやパンプス、サンダルと足もとのバリエ―ションが増える季節の変わり目に大活躍。 デニムにボリュームがあるぶん、上半身はコンパクトにしたほうがバランスアップ。「とはいえ分断すると下半身が目立ってしまうので、流し巻きのストールでなじませて。おなかまわりを立体的にカバーしつつ、縦長なラインがつくりやすいのですらっと細見えに」(吉村さん)。デニムパンツ¥27000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) ニット¥4000/バロックジャパンリミテッド(クリー コンフォルト) ストール¥53000/スロー メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) イヤカフ¥10500・リング¥12500/ソワリー バッグ¥67000/三喜商事(アフラ) 靴¥99000/ロンハーマン(マノロ ブラニク) DIESEL デニムパンツ¥27000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 2021年のスタートは、情熱あふれる服とともに始めたい。SPUR3月号は、作り手の熱い思いや着る人のパッションにフォーカスし「情熱服」をテーマにお届けします。表紙を飾るのは、2021年を誰よりも熱い気持ちで迎えただろう、俳優の吉沢亮さん。大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)の主演として、内なる炎を燃やしています。「クールに見られることが多いですが、赤い炎よりも青い炎のほうが温度は高いですからね。意外と熱いんです」と、その意気込みをインタビューで語っていただいています。 photography: Takemi Yabuki〈W〉 吉沢さんが大河ドラマで演じるのは、近代日本の礎を築いた実業家の渋沢栄一。そこで今回、渋沢栄一が設立に関わった帝国ホテルにて撮影を敢行。大河ドラマのタイトルとリンクし、吉沢さん自身も好きな色と語る「青」の装いで、スペシャルシューティングが実現しました。ちなみに、表紙(上写真)で着用したのはコム デ ギャルソン・オム プリュスの2021年春夏コレクション。〝メタルアウトロー″をテーマに逆境を乗り越える強さを表現した服は、激動の時代を生き抜いた渋沢栄一の不屈の精神にも通じます。表紙のほか、3月号では「吉沢亮 青の時代」と題した8ページにわたる特集を掲載。クラシックなホテルで最新の青いモードを自在に着こなす吉沢さんの姿は必見です! 今回の撮影の模様は、動画でもご覧いただけるので、ぜひ下記よりチェックをしてください。 また、連載「吉沢亮のTake Your Seat」もお忘れなく! ゲストに「青天を衝け」の演出を務める黒崎博さんをお迎えし、いち早く大河ドラマ撮影の舞台裏を紹介しています。 2月14日の「青天を衝け」放映開始に向け、ぜひSPUR3月号をご一読ください! SPECIAL MOVIE \  SPUR 3月号のご予約はこちらから!  / Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND