トレンチ風コートや着心地がよさそうなワンピースも♡ 『ドロシーズ』の春夏展【 #副編Yの展示会レポート 】

DAILY MORE

『ドロシーズ』の春夏展に行ってきました!

カメリア(椿)の花言葉がシーズンテーマの『ドロシーズ』。
春後半から夏にかけて展開されるアイテムが並んだ展示会。ボディが着ていたベージュのショート丈コートと色違いのカーキタイプ。ゆったりとしたシルエットのトレンチ風デザインで、アースカラーが今年ならでは。
肌触りの心地よさそうなワンピースは、春から夏本番まで出番が多そう。
旅行にも持って行きたくなるアクセサリーも。休日の楽しい気分がさらに盛り上がりそうな色使い。
カメリア、とロゴの入ったTシャツにはベージュのベースボールキャップを合わせる提案も。ロング丈のスカートやリネン調のタイトスカートに合わせるとさらに今らしい雰囲気にまとまりそうです。
フェミニンなノースリーブワンピースや、スポーティなタンクトップにさらっと合わせたくなるカーディガンも発見。
きれい色アイテムのトレンドもまだまだ続くなか、イエロー系のスカートも今なら照れずにトライできそう!

椿の花言葉は「気取らない優美さ」。頑張らなくても、無理しなくても、どこかいい感じに見せてくれるアイテム、頼りたくなりますよね♡ (副編Y)

『ドロシーズ』の公式サイトはこちら>>






  • 副編Y

  • MORE編集部ファッション担当。MORE公式インスタグラムで展示会レポートを担当し、各ブランドの最旬情報を発信。きれいなものと、おいしいものの情報量はまるで歩くグーグル!


関連記事
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。進化した技術力でうっとりとするようなテクスチャーを叶え、エイジングケア効果にも磨きをかけた、巽 香さんイチオシのアイテムをご紹介。巽 香の超私的ベストコスメ「肌のトレンドがどう移り変わっても、女性として美しい肌には潤っているからこそのツヤ、いや『艶』が必須だと信じています。今年上半期には、進化した技術力でうっとりとするようなテクスチャーをかなえ、エイジングケア効果にも磨きがかかったコスメもまた続々と誕生。とりわけ心と肌の両方に『艶』をもたらしてくれたのが、コレ!」1.イヴ・サンローラン ヴォリュプテ プランプインカラー 2「かわいいだけじゃない。♡が唇にもたらすのはパンとしたハリ感」 「大人だってかわいいものはやっぱり好き! しかも真ん中のハートに閉じ込められているのは、しぼみがちな唇にボリュームとハリをもたらすうれしい効果。今期はツヤと輝きも唇に戻ってきて、透け感あるピンクとともに、間違いなく『アガる』一本」。¥4,300/イヴ・サンローラン・ボーテ2.ディオール プレステージ ローション ド ローズ「とにかく贅沢な潤い! むっちりと密度濃く澄みわたった肌に」 環境に負けない肌に必要な微量栄養素を、豊富に含むグランヴィル ローズ。「美しいローズの美容効果を、ピュアなまま肌に届ける化粧水。なめらかに肌の上に広がり、すっと肌に吸い込まれるオイルイン テクスチャーにもうっとり」。150㎖ ¥15,000/パルファン・クリスチャン・ディオール3.コスメデコルテ AQ クリーム アブソリュート X「肌が『好調状態』を思い出す、すべてが満ち足りたクリーム」 「黒大豆×発酵という、聞くからに効きそうな独自成分のパワーもさることながら、極上のなめらかさで肌に溶け、軽やかなのに深く潤う感覚に大満足。しかも肌が疲れている夜ほど、翌朝の好調ぶりにその実力を感じる。ハイパフォーマンスクリームの名に恥じない逸品!」。45g ¥50,0004.shiro タマヌ クレンジングバーム「一刻も早く眠りたい夜も、落とすことがむしろ楽しみに!」 タマヌオイルやカンゾウエキス配合。「どんなに疲れていても、この肌の上でとろけるなめらかな感触が好きすぎて、メイクを落とさずには眠れなくなったことに感謝! しかも洗い上がりは、まさに美容オイルでケアしたような柔らかさと潤い感。もう手放せない!」。90g ¥6,500/ローレルこれもLOVE賞 ザ パブリック オーガニック 精油シャンプー & 精油トリートメント スーパーポジティブ 「若見えする髪にマストのツヤをかなえる、大好きなこのブランドのヘアケアに、さらに『幸せホルモン』がアップする精油の香りをオン。日々のストレスをリセットしながら、ほめられ髪をキープ!」。各500㎖ ¥1,544/ローレル【Profile】 巽 香 美容エディター/ライター。化粧品選びで心を満たす香りや使用感も重視するのと同様に、事実を伝えるだけでなく心にも響く文章を目ざす。>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • おしゃれプロたちのこの夏の水着選びのポイントは? 日ごろから水着に慣れ親しんでいる“本気派”がおすすめする“私のイチ押し水着”を大公開!夏女・本気派は?MARYSIA SWIM【マリシア スイム】ライター・坪田あさみさん おすすめ! 「湘南に住むようになって、夏の日常にビキニが大活躍しています。スカラップのカッティングがポイントになった『マリシア スイム』のバンドゥータイプは、ドレスにインしてもシームレスで響きにくいのがうれしい。新色のベージュは、表情のある素材感がヘルシーで大人っぽい印象に」 ビキニ¥36,000(マリシア スイム)・オールインワン¥29,000(イウエン マトフ)/以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 サングラス¥36,000/ブリンク外苑前(ローワークス) バッグ¥9,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ベンビエン) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)Missoni【ミッソーニ】スタイリスト・室井由美子さん おすすめ! 「上品配色の『ミッソーニ』のジグザグモチーフは、ビキニ一枚になっても大人の雰囲気をキープ。海外のビーチリゾートでも品よく映えます」 ビキニ¥63,000/三喜商事(ミッソーニ) シャツ¥37,000/カオス丸の内(フィナモレ) サングラス¥22,000/カレンソロジー 青山(ビュー) バッグ¥38,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロワーケース) 靴¥29,000/トゥモローランド(テッセローネ)Pualani 【プアラニ】美容エディター・安倍佐和子さん おすすめ! 「趣味でサーフィンをする私が毎年チェックするのが『プアラニ』。体と一体化するような着心地で、これほど安心感があるものはなし! 新作のメッシュトップは、抜群のフィット感と美しい発色のボトムをアクセントに。上下別々に選べるので、好みの柄やサイズを自由に組み合わせられるのもうれしいポイントです」 トップ¥15,500・ボトム¥12,500(ともにプアラニ)・靴¥4,500(イパネマ)/以上プアラニ鎌倉 Matteau【マトー】ライター・松井陽子さん おすすめ! 「湘南在住で、夏は時間と波があればサーフィンをする生活。水着は、着心地のよさと、気分が上がるかどうかで選びます。『マトー』は、シンプルなのにちゃんとフェミニンで、ハイエンドな小物ともマッチする洗練された雰囲気が素敵。ベージュ系小花柄の“目くらまし”効果も、大人には有効」 ラッシュガード¥29,000・ワンピース¥37,000/ロンハーマン(マトー) 帽子¥28,000/キジマ タカユキ サングラス¥25,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ブラン) 靴¥13,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 湘南店(レインボーサンダルス+レピドス)撮影/佐藤 彩 スタイリング協力/土田麻美 スタイリング・取材・文/松井陽子 ※エクラ7月号掲載
  • 【ユニクロ(UNIQLO)】店頭&オンラインでは、つい先日、2019年秋冬展示会でお披露目されたばかりの新作ワンピースがじゃんじゃか入荷中です(大人女子向けのトレンド傾向を分析した展示会レポはこちら↓)!今回は、展示会でエディターが目をつけた、働く30代女性におすすめの2019秋冬ウィメンズ新作ワンピース18選をお届けします。ニットやコーデュロイなどまだ発売前のものも多いのでフライングご紹介になりますが、よろしければ予習と参考にお読みいただけるとうれしいです♡エディターがフライング推薦【ユニクロ(UNIQLO)】2019FW新作ワンピースカタログプリントシャーリングロングワンピース すでに店頭で爆発的に売れているもようのこちら、大人に似合うモノトーンの花柄です。ふわりとエアリーな生地&デザインですが、裏地もしっかりついて透ける心配もなし、まさに真夏の大人ワンピース! 黒もあります。¥3990/ユニクロ7分袖ワッフルカットソーワンピース 今現在も大ヒット中のワッフル生地ワンピース。凹凸のある素材が、ベタつきがちな残暑時季の肌にもサラリと快適に着こなせるはず! デニムやチノパンなど、手持ちのパンツと重ね着してもおしゃれです。ブラウンタータンチェック柄ワンピース チェック柄は2019年秋冬も引き続き人気のもよう。ノーカラー&スキッパータイプなので、ほどよく抜け感のある襟もとに。通勤コーデにもぴったりの端正さが漂います。人気のシャツワンピに新作&新色が登場! 適度にボリュームをおさえながら、着るときれいなAラインシルエットになる人気のシャツワンピースに新作が登場です。前のボタンをすべて外し、羽織りものとしても活用可能。共布ベルトつき。 比翼仕立てのAラインシャツワンピース 人気のシャツワンピースですが、フロントボタンをすべて隠したすっきりデザインも登場。羽織るとステンカラーコートのようになって、ガラリとイメージが変わります!すっきり着やせ見え! リブニットワンピース 広めにあいたネックライン、ほどよく肉厚なリブ素材、スリット入りの裾、長めの丈など、大人の女性の体をきれいに見せる工夫がいっぱい。重ね着の工夫で真冬まで活躍しそうです。注目のリブニットワンピース、Vネックも登場! よりカジュアルな印象の幅広リブタイプも登場。襟もとの切り替えやスリットがアクセントです。ベージュやカーキなど、2019年秋冬のトレンドカラーで展開される予定。コーデュロイシャツワンピース 凹凸のある畝が秋冬らしいムードを連れてくるコーデュロイ素材のシャツ型ワンピース。畝が細かいので、大人にこそ似合うカジュアルワンピです。共布ベルトつき。何枚でもほしい、タートルネックニットワンピース 秋が深まってきたら、ハイネックニットワンピの出番! 薄手ながら着ぶくれ知らずですっきり着られるハイゲージタイプのきれい色を一枚、秋いちばんに新調しておきましょう。肌ざわりもなめらかです。うっとりするほどやわらかなニットワンピ ふわふわ質感の新感覚毛糸、スフレヤーンを初めて導入し、着心地をさらに高めたニットが多数登場する2019秋冬のユニクロ。ベージュとブラウンの中間のような絶妙な色合いがポイントです。大人気【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】にもワンピ多数登場! 人気デザイナー、クリストフ・ルメール氏が率いるパリのデザインセンターから届くコラボベーシックの傑作【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】からもワンピースが多数登場! 胸元から袖にかけてギャザーをふんだんにあしらった新作にプレスの視線集中!縫い目のない立体的な3Dニットワンピースの新作! 【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】ウィメンズのアイコニックなアイテムでもある、縫い目をなくし立体的に編み上げた3Dニット。ワンピースはより着心地よく進化しています。大人っぽいムードにあふれるニュアンスカラーも◎。ブラウン配色コーデの要にしたい、ベージュニットワンピース ゆるやかなAラインに編み上げたやさしげな印象のリラックスニットワンピは、ブラウンのタートルネックを中に着たり、ブーツやバッグを合わせたりと、チョコレート配色で楽しみたい!【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】にもシャツワンピが登場! 【ユニクロ ユー(Uniqlo U)】のシャツワンピは、きれいなAラインのシルエットはそのまま、ハリのある生地感や長めのカフスなど、よりメンズライクなテイストを強めたハンサムなデザイン。イネス・ド・ラ・フレサンジュには、フレンチシックな黒ワンピが! モデルで世界的なファッションアイコンのイネス氏との人気コラボは、彼女が幼少期に過ごした仏アルプスの冬のリゾート地、Megève(ムジェーヴ)からインスパイアされたそう。コレクション初登場のブラックワンピが新鮮!一年中楽しめる、オーセンティックな大人の水玉ワンピ カシュクール型で女らしく着られるドット柄ワンピも新作として登場。写真のように、ざっくりした質感のロングニットカーデを羽織ったワントーンコーデだとより大人っぽい印象に。ワンピースが狙い目! HANA TAJIMAコラボ NYベースで活動する日本人デザイナー、ハナ・タジマ氏とのコラボは、人種や信仰、年齢に関わらず、あらゆる女性が楽しめるグローバルなコレクション。とくにワンピースは、大人世代が積極的に着たい上質で品格あふれるデザインが揃います。モダンな切り替えストライプ柄ワンピース こちらもHANA TAJIMAコラボの新作ワンピース。同じ生地でも、横と縦のストライプを切り替えるだけで新鮮な表情に。ストンとシンプルなシルエットも体をきれいに見せてくれます。【合わせて読みたい】働く30代女子のためのユニクロ(UNIQLO)最新ニュース取材・文/沖島麻美 ※掲載アイテムに関する情報はすべて6月頭時点で発売予定のもので、店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる可能性があります。
  • エクラ世代のTシャツは、体型を拾わない、透けないものが理想。今年は訳あって(笑)プチプラです。Tシャツ選びって難しい。特にエクラ世代は、若い頃のようにデザインだけで選ぶことが難しくなってきますよね。私も毎年色々探すのですが、なかなか体型に合うものが見つかりません。そんな悩みを解決してくれる企画がエクラ7月号に。大草さんとSLOANEのコラボTシャツ、まさにドンピシャ、私も欲しい〜!と思ったのですが既にサイズ2は完売。今大きめのサイズ4を買おうか、2を予約するか悩んでおります…。そんな訳でこちらはSLOANEのTシャツではありません(涙)。毎年リピ買いしているユニクロのクロップドクルーネックT。でもこの子がなかなか優秀なんです。 程よく厚手の生地に付かず離れずのゆるっと感、そして長いボトムに合わせるとバランスのいい短め丈が絶妙で、プチプラながらあっぱれなこのTシャツ。ネイビーにハイウエスト&マキシ丈のYLEVE(イレーヴ)のスカートを合わせて。この日はエクラ華組の近藤和子ちゃん、豊田真由美ちゃん、山口りえちゃんと駒沢公園内にある「Mr.Farmer(ミスターファーマー)」でヘルシーランチ。風が気持ちいいオープンな空間で楽しい話が盛り上がり、あっという間に時間が過ぎました。 和ちゃんと真由美ちゃんはどちらもロゴTの双子コーデ。でもボトムや小物合わせがそれぞれ個性的でどちらも素敵♡りえちゃんはあまり着ないというサンドベージュ、とっても似合ってるとみんなに褒められていました。皆さん本当におしゃれでいつも勉強になります。お天気がとっても良かったので、みんなで撮影会♪梅雨の合間の気持ちのいい午後でした。華組 有村一美ブログ
  • 大好評のようです♡今月のカバーがとても好評のようで、ファッションアイテムのお問い合わせも多数だそうです。 嬉しいご報告です!!衣装とバッグは全て「ロエベ」で、時計は「ロレックス」もう片方の腕には「コディサンダーソン」のバングルの合わせです。今後の表紙も衣装以外にアクセサリーや時計までも是非とも楽しみにしていて下さいね!
  • ▶さらさら素髪風スタイルはこちらワンピース¥7900/dazzlin イヤリング¥2000/ゴールディ\ しっとりまとまるスタイルには全身OKのオイルを! / 髪以外のボディや顔にも使えるしっとりテクスチャーのオイルは、髪に塗布するとぬれたように見えやすいので、夏らしいセミウェットな質感にしたい時に。スプリナージュ スパスージングオイル 40ml ¥3800/アリミノ 顔にもOK。アスタキサンチンなど美肌成分入り。- HOW TO -ミディアムの場合、髪全体で500円玉大の量を使う。ハイダメージやロングヘアの場合は、量を少し増やして。乾いた髪のまま、中間からオイルをもみ込んでいく。まんべんなく束感が出るように、内側にもなじませて。さらに毛先までもみ込んでいく。毛先はしっかり束感を出したいので、オイルが足りなければつけ足しても。他の画像を見るモデル/江野沢愛美 撮影/横山翔平(t.cube・モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) スタイリスト/中村美保 構成・原文/松井美千代 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • お色直しのウェディングドレスは、控えめで上品なニュアンスカラーを選んで。洗練された花嫁にぴったりのしゃれ感グレーは、大人らしいセレクトで、10年後の素敵も約束。 【洗練されたグレードレス3選】モーブカラーのチュールドレス異なるトーンのモーブカラーのチュールを重ねた、奥行きのあるカラーリングがエレガント。立体的で繊細なインドビジューのベルトは、Vラインに配置することで視覚的なスタイルアップ効果も期待できる。ドレス(販売)¥450000・(レンタル)¥320000(ミルテ)・イヤリング(販売)¥30000/マリア ラブレースレースとラッフルが可愛らしいドレスボリュームは控えめに、レーストップとスカートのラッフルで可愛らしさを演出したドレスは、ゲストとの距離の近いパーティにもおすすめ。スモーキーなライトグレーは、デザインの愛らしさに大人のニュアンスをプラスしてくれる。ドレス(レンタル)¥200000/クリオマリアージュ イヤリング¥5000/アビステ 優雅なムードのチュールドレス動くたび変化するチュールは優雅なムードたっぷり。リュクスな華やかさのなかに、知性を醸し出すグレーのトーンが大人の女性にふさわしい。上半身はスワロフスキーのビーズ刺しゅうを施したレースをバランスよくトリミング。ドレス(レンタル)¥300000・ヘッドアクセサリー(レンタル)(参考商品)/レフェ クチュール 撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈 io〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/大政 絢 取材・文/久保田梓美
  • そろそろ夏ですね。気温の上昇とともに、SPUR編集部まわりではゆったりしたサマードレスでフラフラ歩く衆が増えてきました。 それを横目で見ていて、自分も欲しくなりました(すぐ影響を受けるタイプ)。暑いからイージーにガシガシ着れて洗えて、さらにすぐに飽きが来ないデザインがいい。条件を漠然と頭に浮かべながら表参道を歩いていたら、先日オープンしたばかりのヌキテパ(ne Quittez pas)が目に入りました! インドの素敵な手仕事とモダンなデザインにファンの多いヌキテパ。お店に足を踏み入れ、カラフルなドレス群に目を奪われつつ手にしたのはこちら。白地に黒の刺しゅうとゴールドのビーズのコンビ。エキゾチックなスパイスはきいていますが、街でもそこまで浮ついてみえない辛口な仕上がりです。 このドレス、気温の変化が激しい今時季からヘビーローテーションです。綿麻混紡のシャリッとした着心地が気持ちいい。長袖ですがパフスリーブなので風通しよく、陽射しから守ってくれます。逆に肌寒いシチュエーションでは体が冷えない。一枚でワンピースとして着るのはもちろん、前のボタンを全開にガウンのようにはおっても。私はズドンとしたシルエットで着たい気分ですが、共布ベルトもついているのでウエストを絞っても。細やかな刺しゅうに見るたびにほれぼれ、何回着ても飽きません。 オンラインでも買えるようです(2019年6月19日現在)。サマードレスをご検討中なら、こちらもどうぞ→寝ても覚めてもサマードレス
関連キーワード

RECOMMEND