【男子100人に聞いた】実はカジュアルコーデがいちばんモテる説。お手本は本田翼!

DAILY MORE

男子100人に聞いた!「女の子の服装で好きなテイストは?」

実は“カジュアル好き”です!
男子が好きそうな「きれいめ」と「女っぽい」をおさえ、「カジュアル」が一番人気! “親近感がわくから好き”というのが最大の理由みたい。「自分がカジュアルだから彼女もそのほうが落ち着く」(28歳・エンジニア)や「素を感じられるし、アクティブなデートも楽しめそう」(26歳・マスコミ)というようにカジュアル女子は隣にいる姿が想像しやすいみたい。また、「どんな子も似合って可愛く見える」(26歳・広告)、「男性ウケを狙ってなさそう」(23歳・アパレル関係)のように、カジュアルというテイスト自体が好印象!

その中でも、具体的にどのアイテムが人気かを調査しました♡
❤︎ダッフルコートが好き❤︎
「ダッフルコートを着た子は、僕の理想の女性像です」(26歳・運輸)をはじめとした“ダッフル信者”が多数! 旬でもあるから着ない手はない。インには、女子力高めなピンクニットを仕込んで。
コート¥78000/ゲストリスト(グローバーオール) ニット¥14000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店  中に着たカットソー¥8900/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店 パンツ¥19000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス® ビンテージ クロージング) 靴¥17000/ダイアナ 原宿店 バッグ¥6500/ジーナシス イヤリング¥9000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) リング(5本セット)¥2400/サンポークリエイト(アネモネ) 靴下¥1600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)
❤︎ゆるいフーディが好き❤︎
おうちデートでは、トレンドとしても人気のフーディが人気。「家の中ではわかりやすくくつろいだ感じでいてほしい」(26歳・マスコミ)とその“ゆるさ”が評価された。「外とは違った、気を抜いた姿を自分だけに見せてくれてるのがいい」(28歳・製造業)という男子ならではの声も!
とはいえ、カラーは女の子っぽいほうがいい! 顔まわりを明るく見せるホワイトに、マルチストライプがおしゃれなパジャマパンツを。靴下も彼といる日は抜かりなく。お気に入りをはかなくちゃ。
パーカ¥6000/ジーナシス パンツ¥33000/モットハウス・トーキョー(スリーピー ジョーンズ) メガネ¥50000/アイヴァン 7285 トウキョウ 靴下¥1900/シンゾーン ルミネ新宿店
❤︎実はパンツが好き❤︎
肩の力がほどよく抜けて見えるのが、パンツ人気の理由。コートは、長すぎない丈感でスタイルよく。バッグのさし色でおしゃれ女子を気取って♡
コート¥45000・ニット¥21000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 中に着たタートルニット¥6000/ジーナシス パンツ¥16000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) 靴¥5800/コンバース バッグ¥38000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 イヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33) バングル¥51000/バフ




撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/犬木 愛(アージェ) モデル/本田 翼 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/TOKYO BIKE プロップス ナウ

関連記事
  • そろそろ春服を真剣に検討し始める頃合いです。まずはコートの下に春らしいワンピースを一枚、【ザラ(ZARA)】から調達してみては? ゆったり感がポイントのドレスや、通勤にも着られるクリーンなシャツワンピース、およばれにも使えるセミフォーマルドレスなど、リラックスシルエットからタイトシルエットまで、華やかなデザインの新作ワンピースが続々入荷中! 今回は、2019春夏展示会でお披露目された新作のなかから、働く30代女子におすすめのデザイン23選をクローズアップ!2019春トレンド全網羅【ZARA(ザラ)】おすすめワンピース最新作23選重ね着でよりしゃれ見え可能なシースルーワンピ 透ける素材のワンピースは上級者向けのアイテムに見えますが、写真のように同系色で濃い色のパンツに重ねて奥行きを出したり、別のシンプルなワンピースの上に重ねたりと、着回しの幅がグーンと広がるのでイチ推しです。ストライプ&花柄のコンビネーションシャツワンピ 昨年から人気続行中のストライプ柄。2019年は、定番のブルーやグレーから色みを変えたり、他の柄とミックスされた進化系デザインを選んで、より女らしくおしゃれな印象に。重ね着の幅が広がる! キャミソールドレス きゃしゃストラップのキャミソールワンピースは、シンプルなTシャツやリブニットなどの上から重ねるコーディネートに人気が集まりそう!タイダイ風ゆったりリラックスドレス しぼり染めのようなプリントをあしらったダスティピンクのワンピース。両サイドに深いスリットが入っているので、下にデニムやリネンパンツなどを重ねばきすると旬のスタイルになります。¥5990ヴィンテージスカーフ風プリントワンピース スカーフをパッチワークしたようなレトロシックなデザインで大ヒット中のブラウスドレス、2019年春は、イエローやピンクなど春らしい色をきかせたプリントが登場です。¥9990シワ加工こそサマになる! ドローストリングコードワンピース 2019年は、ワンピースもジャケットもパンツも、洗いざらしたリネンのようなラフな質感の素材が流行ります! ウエストのコードベルトで、自分の体型に合わせてブラウジングを調整し、体のラインをきれいに見せましょう。ひざ下から広がるプリーツがドラマチックなシャツワンピース 通勤にも着られるきれいめデザインのワンピースが豊富に揃うザラ。とくにこの白シャツワンピースは、展示会にやってきた30〜40代の女性編集者に大人気! ゆとりのあるIラインシルエットなので、体型カバーにもひと役買ってくれそう!辛めOLのための通勤シャツワンピース 辛口コーデ派でも女らしいムードを楽しめるのが、エンブロイダリー(ボーラー)レースをあしらったシャツワンピース。大きめの襟には小顔効果もあります◎。ワイドパンツなどを下に履いてもおしゃれ。¥7990ギャザー&ドレープの力でスタイルアップできる白シャツワンピース ベルスリーブで二の腕を、フロントにあしらった2段ギャザーでウエストまわりを上手にカバーできるワンピース。リズミカルに並ぶフロントボタンがアクセントです。¥7990逆三角形ワンピースでまるっと体型カバー 腕の切り替えがない逆三角形シルエットのポロシャツ型ワンピースは、ゆったりしたシルエットでとくに肩まわりや二の腕、胸元など上半身の体型悩みを上手にカバーしてくれる優れものです。ますます人気加速中! 大人のドット柄ワンピース 可愛らしい印象の水玉柄も、モノトーン&キリリとしたシャツワンピースにのせれば大人仕様に! 通勤にも着られるシックなプリント&デザインです。オールシーズン着られる、水玉ブラックトレス 白ベースよりも黒ベースのほうが、より大人っぽい印象が狙えるかも! やや透け感のあるシースルー素材で春らしい軽やかなムードが楽しめるのはもちろん、長袖なのでカーディガンなどを羽織れば、一年中着倒せます。白&黒のいいとこどり! バイカラードットワンピース トップスを白ベース、スカートを黒ベースに切り替えた水玉柄が新鮮! スカートにはプリーツがあしらわれていて、動くたびに優しく揺れます。ちょっぴりサファリムードなカシュクールワンピース ベージュと並んでベーシックカラーとして人気が出そうなのがカーキ色。カシュクールトップス&共布ベルト、スリット入りのミモレ丈スカートで、一枚でもメリハリのある体型が作れます。¥7990ブラウンベースの花柄シャツワンピース 大胆な花柄も、色みを押さえることでグッとシックな印象に。ハリのあるコットン素材で、ややタイトなシルエットのシャツワンピースです。アンティーク風のフロントボタンがアクセント。¥7990デニムと重ね着したい、ペイズリー柄ワンピース エレガントな雰囲気が魅力のペイズリー柄は、デニムパンツやスニーカーなど真逆のカジュアルアイテムと合わせると、コンサバ感を払拭したおしゃれなミックスコーデに進化!油絵風プリントの背中あき花柄ワンピース 前から見ると襟元の詰まったクルーネックですが、実は背中が空いていて、二面性を楽しめる女らしいデザイン。油絵風の花柄プリントも印象的です。手描き風のフラワープリントワンピース 深みのあるグリーンに、イエローやブラックでプルメリアの花を大胆に描いた、シースルーのプリントドレスです。¥9990ラグランスリーブシャツドレス 春いちばんに手に入れておきたい、涼しげ&やさしげなたまご色のドレープワンピース。山型になったウエストラインで、着ると驚くほど脚長効果が期待できます!ラグランスリーブシャツドレス 肩とバックウエストにギャザーをあしらい、着るとふんわりシルエットになります。染色工程で水の使用量を少なくする技術を使って作られているエココンシャスな面も。¥7990パフスリーブニットワンピース 肩口をふんわりさせた立体的な袖と、デコルテの大胆なスクエアカットが特徴のリブニットワンピース。かなりボディコンシャスなシルエットです。¥7990注目の新作続々入荷中【ザラ(ZARA)】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】2019年春のおしゃれを始める、本当にコスパのいい服!取材・文/沖島麻美 ※価格記載のないアイテムは2月下旬以降に店頭または公式オンラインストアに入荷予定です。
  • 迷えるアラサー女子・スーパーバイラーズのクロゼットをズバッと仕分け。トレンド周回遅れ頻発なクロゼットを整理します。整理し減らすことで、おしゃれのモチベーションもアップ! \よっしーがお手伝い/スタイリスト 吉村友希さん 女性らしく品のあるスタイルに定評があり、数々の女性誌で活躍中。本人もワードローブは常に厳選&更新し、クロゼットがあふれないように徹底。【あるあるクロゼットその1】トレンド周回遅れ頻発クロゼットすべてスーパーバイラーズ山田裕美子さんの私服 スーパーバイラーズ 山田裕美子さんの場合 ファッション好きで、毎シーズン、トレンドアイテムを購入。「お気に入りが多く捨てどきがわからないので、クロゼットがぎっしり(涙)」 【ジャッジ】 ☑"その瞬間にジャスト”なトレンド服ばかり買いがち ☑そのぶん、トレンドからズレるのも早い! ☑気づけば「なんだかいつも半歩遅れた感」があるクロゼットに周回遅れトレンド服にすっきりサヨナラ!山田さんのサヨナラ服はコレ!スタイリスト地曳いく子さんが教えてくれたサヨナラルールはこれ! まずはこの5つのルールを頭に入れてから、いざ仕分けスタート!デザイントップス 「デザイン性がありインパクトの強い服は印象に残りやすいんです。『また同じ』と思われてしまいます。着回ししにくいのも難点。1シーズン着倒したら潔くサヨナラをする覚悟を」ニットオールインワン 「たくさん着てあげたんですね! でも、いかに素敵な服を着ていても、毛玉やシミひとつで人となりを判断されてしまいます。"清潔感”という目線も、大人の服選びには大事な要素」ミディ丈カーディガン 「薄手のカーディガンは春夏の展示会でも多く見かけるアイテムですが、主流はもう少し丈が長め。このミドル丈だと、ロングボトムに合わせたとき、裾の見え方のバランスが悪いのでNG」アイスブルーのとろみタックパンツ 「春夏はもう少しハリ感があったり、クリーンな雰囲気のパンツがはやりそうなので、この太さととろみ感は"ちょっと前”の感じが。旬なミントブルー色だったらキープしたかも」コンパクトなジージャン 「山田さんのきゃしゃな体型にフィットして素敵だけれど、ここ最近はビッグシルエットが旬。どうしてもサヨナラできないときは、1年寝かせて翌年ジャッジし直すという方法も」ピンクのレーススカート 「山田さんは可愛らしい雰囲気なので、ピンクにレースだと甘さがトゥーマッチ。ひざ丈もひと昔前ですね。挑戦しようとして結局使えていないのであれば、この先も出番はなし」撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/吉村友希 取材・原文/道端舞子 ※BAILA2019年3月号掲載
  • 鏡を見ずとも自分で眺めて楽しめる手もとのキレイ。春の訪れとともにアガる気分を指先にのせて■Pop Yellowいつものネイルにトレンドカラーをワンポイントでまとう。それだけで気分は上々!新しい季節の幕開けは指先から。遊び心あふれる逆フレンチ&ツイード柄 【How to】すべての指先に②を二度塗りしたら、爪の根元に①をさらに二度塗りして逆フレンチにする。ツイード柄部分は、ブラシ跡をかすれさせるように①と③でラインを描く。☆使用アイテム①指先に明るさを灯すパッションフルーツのようなイエロー。ディオール ヴェルニ 310¥3,000/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定) ②上質なサンドベージュ。ウカ クリア ベース コート 5/0¥2,000/ウカ  ③一度塗りでもムラにならずに美しい発色が実現。ネイルホリック WT005¥300(編集部調べ)/コーセー☆Others印象画を思わせるイエロー使い 【How to】まずはすべての指先に⑥のネイルを二度塗りする。さらにイエローを入れたい指に④、⑤、⑦をそれぞれランダムにベタッと入れ、最後に再び⑥のベージュをブラシ跡があえて残るようにラフにザザッと入れる。ポイントで小さなパールを3点、爪の根元に置いたら完成。☆使用アイテム ④明るいイエロー。エレガンス クルーズ フローリック ネイルラッカー YE01¥1,500/エレガンス コスメティックス( 3月18日発売)  ⑤ノンパールのスモーキーな黄色。ネイルカラー ポリッシュ 115¥2,500/SUQQU(限定)  ⑥透明感あるベージュ。ザ ネイルポリッシュ ディアライアー¥1,800/アディクション  ⑦鮮烈な発色。キュア バザー ネイルカラー サフラン¥2,300/フォルテポップカラーで彩るランダムフレンチ 【How to】 多色使いも指先だけなら大人っぽい⑨のブルーを薬指、中指、親指の先端に入れてフレンチに。この時に全部塗らずに4分の3くらいまでで止めておき、逆サイドから⑧のオレンジを今度は細く入れ、ブルーと少しだけ重ねる。最後に⑩や⑧を好みで先端の4分の3くらいまで同様に入れる。他の画像を見る【Marisol 3月号2019年掲載】撮影/神戸健太郎(人物) 小坂茂雄(物) ネイリスト/渡邉季穂(uka) スタイリスト/郡山雅代モデル/井上早央里 取材・文/前野さちこ 構成/原 千乃
  • 2/9(土)〜2/15(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!2月9日(土)極寒のおしゃれを楽しむならダウンコートの中で勝負、今チノが新鮮! 2月10日(日)部屋に飾るアートを探しに知的な週末コーデでインテリアショップへ 2月11日(月)ーキトレンチは元気よく襟をたててデニムパンツをきれいに仕上げて他の画像を見る
  • 経済の急成長が止まらない中国からアジア圏を中心にファッション業界で絶大な支持を得ているデジタルインフルエンサー、タオ・リャン、別名Mr.Bags。バッグへの愛と豊富な知識、先見の明は随一。ブランドとのコラボレーションも続々発表し、SNSでの影響力も絶大。来日したMr.Bagsに突撃取材! Tao Liang (Mr.bags) 1992年中国生まれ。高校卒業後、LAの南カリフォルニア大学に留学。その後NYのコロンビア大学へ。在学中の2011年Mr.Bagsとして中国版のSNSでバッグをカテゴライズして紹介する投稿を始めると、絶大な影響力をつように。今では数々のラグジュアリーブランドからのコラボレーション依頼が後を絶たない。現在北京在住だが、1年の半分以上は海外を飛び回っている @mrbagss (左) Mr.BagsのInstagramより。9月に参加した2019S/SのDiorのショー会場前にて。(右) 5日間のミラノの旅にはDiorの「ブック トート」をはじめ合計12個ものバッグを携えて News 01  ▷ なぜ、彼はブランドに愛されるのか? 数々のラグジュアリーブランドとコラボレーションしているMr.Bags。そのアーカイブスを一挙に紹介する LONGCHAMP 1月7日に発売されたばかりのコラボレーション最新作は2019年の干支がテーマ。中国で「猪」は豚のことを意味しており、Mr.Bagsが愛用している「ル プリアージュ® キュイール ハンドバッグ」をベースにホ ワイトのラインで豚を描いている。「もとより私たちのバッグを旅や日常で愛用していたMr.Bags氏に注目しオファーが実現。彼がデザインを発案した最初のコラボレーションは即完売し、大成功でした! プロフェッショナルで知識があり、とてもクールな人物です」(アーティスティック・ ディレクター ソフィー・ドゥラフォンテーヌ)。 (上・右)ハンドバッグ 〈H20×W21×D12〉各¥63,000・(中)トラベルバッグ〈H35×W45×D23〉 ¥119,500/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) TOD’S ©TOD’S 「出会いは数年前、Mr.bags氏がコレクション期間中にイタリア本社と工場に立ち寄ったことがきっかけです。 彼のブランドへの深い理解とプレゼンテーション能力は本当に素晴らしい! プロの側面はもちろん、やさしさあふれる人柄も魅力ですね」(ミラノPRチーム)。2018年6 月に発表された「ウェーブ バックパック」リミテッドエディションはその年の干支である犬をイメージ。ハンドルから下げられたタグは、まるで垂れた耳のようだ。前年の初めてのコラボレーションに引き続き、「X」のスティッチングも施されている。Mr.BagsのWeChat上のショップでは、なんとわずか1 時間ほどで在庫の300個が完売した‼ MONTBLANC 2018年7月、中国のバレンタインデーにあたる七夕に向けて、男女ペアで持つことができるメンズ1 型、ウィメンズ2 型のバックパックのカプセルコレクションを発表。七夕のロマンティックなアプローチの愛とコミットメントをテーマに掲げ、中国では即日完売するブティックもあったそう。Mr.Bagsは、モンブランでは初のウィメンズ向けとなったミニバックパックを斜め掛けにして愛用している。 News 02  ▷ Mr.Bagsのバッグの中身を教えて! 北京の新居に500個近くバッグを所有しているというMr.Bags。今回の来日用に選ばれたバッグは? 「旅行に出かけるときはいつも大きなボストンバッグ にミニバッグを入れています。今回のお供はディオールのクラッチバッグ(右) で、中にはセリーヌのミニ財布(左)のみ。その他領収書を入れるため、ロンシャ ンのポーチも持参。ウィメンズでも中性的なムードがするものは使いますね! 中国ではスマホ決済のため財布は持たない主義です」 News 03  ▷ Mr.Bagsを有名にしたSNSとは? Mr.Bagsが多くの支持を集めるきっかけとなったSNS、「Weibo」と「WeChat」の概要を解説! WeChat ↳ 880K Followers メッセージと通話ができるアプリで、タイムラインを見るには相互の承認が必要。Mr.Bagsはここではバッグの紹介のほか、私物の公開もしている。コラボ商品を販売するストア「Baoshop」も設けているが、発売のたびに即完売してしまう。 Weibo ↳ 5m Followers 中国最大のSNSで、ツイッターのようなシステム。Mr.Bagsは2012年頃から投稿している。ラグジュアリーブランドのバッグを中心に取り上げ、魅力的な点を紹介。友人に語りかけるような文面で、「あなたはどれが好き?」と締めくくる。 定番とトレンドが共存するからバッグは面白い! Q.バッグに情熱を注ぐようになったのはなぜですか? A.ファッションに漠然と興味はあったのですが、高校生の頃、家の近くに百貨店のレーン・クロフォードができて、さまざまな服に触れるようになりました。中国版『ヴォーグ』や『グラツィア』といった雑誌もよく読んでいましたね。卒業後はLAに留学し、たくさんあるショッピングモールに通うように。ラグジュアリーブランドの服はかなり高価ですが、アクセサリーだったら手が届く。中でもバッグは何十年も使い続けられる一方で、トレンドもわかりやすいアイテムなので面白いと思ったんです。 Q.そのバッグへの愛や知識が今多くの支持を得ているわけですが、それにはどのような経緯があったのでしょうか? A.すごく可愛いバッグを買ったのに、使う機会がなくて放置している友人たちの姿を目の当たりにしたんです。そこで、僕はカテゴライズがすごく好きなので、どういうところが楽しいのか、どういうエピソードがあるのか、どういうシチュエーションで持ったらよいかといったタグづけをしてSNS上でバッグの特徴を整理して紹介してみることに。加えて、今後はやるかもしれない、といった予測もしました。それを中国版フェイスブック「人人網」にアップしていたらラグジュアリーブランドやバッグ好きの人たちにどんどんシェアされていったんです。その後ツイッターのような要素も併せ持つSNS「ウェイボー」にも同様のことを投稿すると、より多くの人に広まりました。 Q.中国の方々は、そもそもどのようなバッグの選び方をしているのでしょうか。 A.アメリカではラグジュアリーブランドのバッグは富裕層が持っている印象でしたが、中国では所得に関係なく、みんなが熱狂しています。お金を貯めて高級バッグを買おう、という意欲があり、情報を吸収するスピードもすごく速い。ストリートブランドももちろん人気がありますね。 よい点だけを挙げて、友人にすすめるように書く Q.そのような状況の中国で、なぜ人気を獲得することができたのでしょうか? A.中国にもファッションブロガーはたくさんいましたが、基本的にスタイリングの仕方など、ハウツーものが多かった。僕のようにバッグをカテゴライズする人はいなかったからかもしれませんね。でも、それだけではなく、よい面をフランクに書くことを心がけていることも大きいのではないでしょうか。僕は性格的に、プラスのパワーしかみんなに拡散したくないんです。人生においては、友人たちと一緒にリラックスして楽しく過ごすような時間が大切だと思っています。バッグの論評や比較をするのではなく、このバッグがいいよ、と友人にすすめるような感覚を重視しているんです。 Q.そうした姿勢に数々のブランドが感銘を受け、コラボレーションにつながっていったのでしょうね。 A.コラボレーションも犬、豚、青空など明るいコンセプトがほとんどです。売り上げもいいので、みんなそういうムードを求めているのかもしれません。 Q.中国語で書かれている文章を、日本人の私たちも読んでみたいです! A.中国向けに絞っていたのは特に計画があったわけではなく、それだけで手いっぱいだったからなんです。でも、世界中の華僑の人たちが現地に広めてくれていることもあり、いろいろな国から問い合わせをもらっています。そこで、今後インスタグラムでMr.Bagsとしての公式アカウントを開設する予定です。今の@mrbagssではプライベートなことをアップしていますが、公式では中国で発表しているような内容にするつもりです。 Q.楽しみです!ほかに今後考えていることはありますか? A.時計やアクセサリーについて、バッグ同様のコラムを書きたいと思っています。中国のファンの子たちがバッグの次にそこに目を向け始めているんです。これまで養ってきた分析能力を生かしたいです。 Do you know him? Instagram: @mrbagss WeChat: bagsbaoxiansheng Weibo: @Bags包先生www.mrbags.com SOURCE:SPUR 2019年3月号連載「Mr.Bagsを知っているか?」photography: Yuka Uesawa text: Itoi Kuriyama
  • 今、持っているだけで小洒落て見える! きちんと感がありながらデザインがモダンで、バイラ世代の通勤バッグ殿堂入りブランド「マイケル マイケル・コース」の春新作バッグをお届けします。どんなオフィススタイルにもマッチ!MICHAEL Michael Kors(マイケル マイケル・コース)の旬バッグ3選クリーンなホワイトレザーにハードなチェーンがピリッと効いた「シーシー」。きっちりしたシャツと合わせればクールに決まる。バッグ(17×27×11.5)¥58000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) コート¥67000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) ワンピース¥19000/ルーニィ ピアス¥51000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) スカーフ¥15000/フラッパーズ(マニプリ)新作「アレッサ」は中のスペースが3つに分かれていて収納力が抜群。落ち着いた深いグリーンなら服を選ばず合わせやすい。取り外し可能なショルダーストラップつき。(23×25.5×14)¥46000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース)人気の「マーサー」新作はキャンバス地のフロントとブラウンレザーの切り替えが新鮮。(23×31×13)¥44000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/桐谷美玲 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※BAILA2019年3月号掲載
  • Photo by Getty Imagesいち早く春の気分を取り入れたいなら、今すぐパステルカラーに着替えよう。心も軽くなりそうな優しい色使いのお手本を、世界のストリートスナップから見つけて。ミントグリーン×キャメルで春の気分を呼び込んでPhoto by Matthew Sperzel/Getty Images ミントグリーンのトップス&パンツのフレッシュなカラーリングに、キャメルカラーのコートを羽織って。重量感のあるコートが、ぐっと春らしい表情に変化した。バイカラーのグッチのポシェットも、スタイリングのムードにぴったり!全身をパステルカラーで揃えてPhoto by Matthew Sperzel/Getty Images インフルエンサーのアレクサンドラは、ケンゾーのチュニックの上に、ニットのジャンパースカートをレイヤード。チュニックのオリエンタルなデザインが、子どもっぽくなりそうなスタイリングを引き締めている。ベーシックカラーを選びがちなブーツにも、あえてパステルピンクをチョイス。水色のファーコートで愛らしくPhoto by Melodie Jeng/Getty Images ふわふわのファーコートを着た、モデルのアイヴィータ。シンプル&カジュアルなモノトーンスタイルに、ボリュームあるコートが愛らしさとインパクトをプラスして。ベーシックカラーではなく、思い切って水色を選んだところに彼女の個性が感じられる。ボーイッシュなヘアで着こなす、キュートな色使いPhoto by Claudio Lavenia/Getty Images グリーンのブルゾンに、ライラックカラーのニットドレスとピンクのバッグを合わせた、インフルエンサーのエルザ。ショートヘアやブルゾンのボーイッシュな雰囲気と、優しいカラートーンのミックス感が可愛い。ヘアピン使いも今すぐ真似したい!ガーリーな色使いで楽しむストリートルックPhoto by Christian Vierig/Getty Images パレスのハットをかぶった、モデルのガードレ。ストリート感の強いスタイルなのにガーリーに仕上がっているのは、モコモコしたジャケットやパンツでパステルカラーを取り入れているから。ランウェイショーのためのアイメイクの効果もあって、可愛らしさだけでなく意志の強さも感じさせるスタイリングになっている。ミントグリーンのコートで冬の装いを一変させてPhoto by Edward Berthelot/Getty Images 寒いうちからパステルカラーを取り入れたい人は、ぜひ写真の彼女のように明るい色のアウターをゲットして。冬の定番カラーとも言えるグレーのニットやバッグが、ミントグリーンのコートと合わさることで優しい表情に。可愛らしい三つ編みヘアと、大人っぽいゴールドのサークルピアスのバランスも絶妙!相性抜群のパステルピンク×ライトグレーPhoto by Christian Vierig/Getty Images インフルエンサーのスヴァンチェは、ビッグサイズのジャケットの上からミュウミュウのベルトバッグでウエストマーク。パステルピンクとライトグレーの、相性抜群なカラーリングを、インナーやパンツの黒で引き締めた。シルバーブーツが、サイバーな印象をプラスして。 text : Chiharu Itagaki
  • チェック柄コートでこなれトラッドに。バッグのさし色で女子力UPも☆気ままに街ぶらする土曜日は、黒のワイドパンツとスニーカーで肩の力がほどよく抜けた大人のカジュアルスタイルに。チェック柄のチェスターコートやニットからチラリとのぞかせたタートルネックで今っぽくこなれて。茶系×黒のシックな色合わせがトラッドな雰囲気を後押ししてくれる。ハンサムな装いにひとつ、イエローのきれいめバッグで女っぽさを添えたら、おしゃれ感度がぐっと上がって気分も上向きっ♪コート¥45000・ニット¥21000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 中に着たタートルニット¥6000/ジーナシス パンツ¥16000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) 靴¥5800/コンバース バッグ¥38000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 イヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33) バングル¥51000/バフ本田翼の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/犬木 愛(アージェ) モデル/本田 翼 スタイリスト/高野麻子
関連キーワード