『ユニクロ』コーデ特集 | 20代ファッション・オフィスカジュアル・プチプラ・着回し

DAILY MORE

おしゃれな『ユニクロ』コーデで仕事も遊びも楽しもう♡

シンプルなのに無難じゃない、ちょうどいい服の宝庫『ユニクロ』。便利すぎて、コスパがよくて、つい溺愛してしまう人も多いはず。そんな『ユニクロ』のアイテムを使ったコーデを、シーズン別にまとめて紹介します。

※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売が終了している場合があります。

【目次】







 2019年冬のおすすめ 『ユニクロ』コーデ 



【2019年冬のおすすめユニクロコーデ1】 ストライプシャツでボーイッシュなスタイルに

ボーイッシュなスタイルに、あえて男っぽいスニーカー。だからこそチラッと見える足首が女っぽく見えちゃうからくりなのです♡ 

靴¥36000/Styles DAIKANYAMA(フィリングピース) ニット¥13800/ビショップ(モリス&サンズ) シャツ¥1990/ユニクロ Gジャン¥38000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥13000/イネド バッグ¥19000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 メガネ¥35000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー イヤリング¥3800(mimi33)・シルバーリング¥1600(アネモネ)/サンポークリエイト ゴールドリング¥12000/フラッパーズ(シー)

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ2】ブラウンのメンズシャツ のきれいめコーデ

ストレスフリーなはき心地が人気のサーマルパンツだって、ブラックを選べば部屋着っぽくならない。むしろきれいめに仕上げてくれる!

パンツ¥11000/アナディス シャツ(メンズ)¥2990/ユニクロ ニット¥7500・バッグ¥23000(エルベール フレール スール)/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 靴¥42000/ビショップ(パラブーツ) イヤリング¥1400・リング¥4400/サンポークリエイト(アネモネ)

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ3】 メンズのGジャンをレイヤード

厚手のタートル、Gジャン、コート。極寒の1月に備えてたっぷりレイヤードしても、黒ベースなら着太りの心配ナシ。

コート¥25000/アパートバイローリーズ Gジャン(メンズ)¥3990/ユニクロ ニット¥3700/フリークス ストア渋谷 パンツ¥30000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) 靴¥19500/カルネ(ダニエラ&ジェマ) バッグ¥15000/エル レザー イヤリング¥3800/サンポークリエイト(mimi33) ソックス¥1300/タビオ

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ4】 黒のニットでトラッドなお仕事コーデ

黒いチェック柄パンツと、赤いビッグストール。トラッドなふたつのアイテムは相思相愛。ちょい上のお仕事コーデに。

パンツ¥9900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店 ストール¥24000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) ニット¥2990/ユニクロ 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥19000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 ピアス¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ5】 インナーダウンのあったかコーデ

朝はコートを重ねていたインナーダウンだけをはおって、日差しのある昼のうちに買い出しへ。軽やかなプリーツスカートもロングブーツなら寒さが和らぐし、今っぽい! 

ニット¥3990/キャン(ルノンキュール) コート¥6990/ユニクロ スカート¥11000/ペルルペッシュ バッグ¥35000/オルサ(オルセット) 靴¥27000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ストール¥8000/アーバンリサーチ 神南店 イヤリング¥1300(LIMITED NUMBER)/お世話や

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ6】 オレンジのダウンジャケットと手持ち服のカジュアルコーデ

寒い日も楽しくおでかけしたくて買ったポップなオレンジ色のダウンジャケット。ボリュームたっぷりのアウターの中はすっきりさせるに限るから、迷わず黒のスキニーデニム×ピンヒールで引き締めて。ポップなオレンジとなじむベージュのニットも、タイト&ロングなシルエットならスタイリッシュな印象を後押しできる。トレンドカラーのアウターさえあれば、あとは手持ちの服でたちまち高感度なカジュアルが完成♪

パンツ¥22000/ボウルズ(ハイク) コート¥12900/ユニクロ ニット¥32000/J.C.M.L 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥42000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店(ミミ) ピアス¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ7】 黒のカーディガンを使ったトラッドコーデ

落ち着いたセピア色でトラッドコーデに抜け感を。グレイとブラウンのちょうど中間のようなダークセピアは、おしゃれ感も大人っぽさもあると評判。軽めのシャツワンピと黒のレースアップ靴を違和感なくつないでくれる。

杢調プレーンソフトウエストタイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) コート¥75000/ボウルズ(ハイク) ワンピース¥9990/イェッカ ヴェッカ 新宿(エディット バイ イェッカ ヴェッカ) カットソー¥1000・肩にかけたカーディガン¥2990/ユニクロ 靴¥7400/カミーユビスランダ バッグ¥8000/エフデ メガネ¥39000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥1800/サンポ-クリエイト ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ8】 メンズシャツでコーデにアクセントをつけて

使ってみたいスカーフを"ちら見せ"で照れずに。これなら大げさすぎずいいアクセント♡

ニット¥22000/バトナー シャツ(メンズ)¥2990/ユニクロ ピアス¥1500/お世話や バンダナ¥1500/TOLL FREE

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ9】 ゆったり着られるメンズニットでオフィスコーデにこなれ感を

定番オフィスコーデは”ちょっとしたこなれ感”でマンネリ打破できる! ベーシックなニットをゆったり着られるメンズサイズにしたり、品のあるトレンチコートをばさっとはおれる身幅広めのドロップショルダーに新調したり。さらに袖口をレイヤードして上半身に抜け感をプラス。するとホラ、きれい色フレアスカート×美脚パンプスの王道フェミニンにおしゃれなギャップが生まれて♡

コート¥18990/イェッカ ヴェッカ 新宿(エディット バイ イェッカ ヴェッカ) ニット〈メンズ〉¥9990/ユニクロ スカート¥17000/ティアラ 靴¥44000(ネブローニ)・ゴールドリング¥12000(シー)/フラッパーズ バッグ¥6400/ランダ イヤリング¥3800(mimi33)・シルバーリング¥1600(アネモネ)/サンポークリエイト バングル¥18500/ガス ビジュー 青山 タイツ¥1200/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ10】 黒のカーディガンで甘すぎない大人なコーデ

スカートの甘さを落ち着いた印象にしてくれる革靴感覚ではけるスニーカー。大人な足もとの正解ってこういうことかも。

靴¥13000/リーボック(リーボック クラシック) コート¥36000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント) カーディガン¥2990/ユニクロ スカート¥21000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) ターバン¥4000/CA4LA ショールーム ピアス¥16800/フォーティーン ショールーム(リリーズ) リング¥16100/ガス ビジュー 青山 タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ11】 黒のタートルニットのカジュアルコーデ

コンサバにならないダークグレイのタイツはスニーカーにもぴったり。また、一見難しそうな赤とベージュアイテムの橋渡しもスムーズ。カジュアルな着こなしも、タイツが無理なく受け止めてくれる!

タイツ/本誌付録 コート(WEB限定カラー)¥27000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店 シャツ¥19000/ゲストリスト ニット¥1990/ユニクロ スカート¥5900/クリア インプレッション 靴¥6000/コンバース バッグ¥5000/コーエン イヤリング¥20000/ススプレス 時計¥17000/コモノ東京 リング¥4400/サンポ-クリエイト

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ12】 ゆるめのVネックニットの甘めコーデ

華奢なリングの重ねづけではなく、大ぶりのリングをひとつだけ。手もとにほどよいインパクトを加えるのが今どき! メンズっぽいシルバーアクセに対比させて、メイクは女の子っぽいクリアなつや感を重視。ほんのり色づくモーヴピンクのグロスで、甘めフェイスに仕上げて。

ニット(一部店舗のみ販売)¥3990/ユニクロ リング¥29000/チャオパニック・カントリーモール(ララガン)

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ13】 イエローのタートルニットをインに仕込んだニットコーデ

ハッピーを盛るタートルニットは、グレイとイエローのこなれた配色でトライ☆

ニット¥29000/スローン タートルニット¥1990/ユニクロ サングラス¥34000/モスコット トウキョウ イヤリング¥1000/お世話や バングル¥9000・チェーンブレスレット¥13500/ジョリー&コー(イディアライト) 髪に巻いたリボン/ヘア&メイク私物

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ14】 デニムパンツが軽やかな冬コーデ

冬コーデが軽やかになるから! トップスとしての白Tをしっかり見せると、ダークトーンが多くなる冬コーデが重たく見えない。白ソックスも浮かないでしょ?

Tシャツ¥2000/ヘインズブランズ ジャパン コート¥49000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 Gジャン¥25000/ブルー ブルー パンツ¥3990/ユニクロ 靴¥16800/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(アルテサノス) バッグ¥49000/シップス プライマリーネイビーレーベル(ミミ) 帽子¥6500/CA4LA ショールーム イヤリング¥4500/デミルクス ビームス 新宿 靴下¥2500/セムインターナショナル

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ15】 グリーンのリブタートルニットなど、おしゃれな全身コーデ

グリーンの“リブタートルニット” カラーそのものにおしゃれが宿っているから、潔く黒のシュッとしたパンツと。スカーフとバレエ靴で盛ってパリっぽく。

ニット¥1990・ジャケット¥3990・パンツ¥2990・バッグ¥1990/ユニクロ 靴¥12500/ダイアナ 銀座本店 スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥1000/お世話や 靴下¥700/タビオ

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ16】 パーティもOKなダウンジャケットとワンピースのコーデ

オレンジのダウンジャケットと、シックなリトルブラックドレスのコーデ。これならパーティシーンもクリアできそう。ダウンってすごく使えるんだ!

ジャケット¥12900・ワンピース¥5990/ユニクロ 靴¥39000/ジオン商事(ドレスレイブ/ファビオ ルスコーニ) バッグ¥32000/ショールーム セッション(ポティオール) ネックレス¥1000/お世話や

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ17】 タートルネックニットで大人の魅力を演出

抽象的なモチーフの大ぶりのメタルイヤリングひとつで、奥行きのある大人の魅力を演出。肌は発光するようなハイライトチークをポンとのせて。色ではなく光でつくるメイクがワンステップ上の上質感をプラス。

ニット¥1990/ユニクロ スカート¥12000/ジオン商事(ラシア) ピアス¥25900/リフラティ シップス ルミネ横浜店(ウィークエンドエルエー)

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ18】 リブ編みのカーディガンを新鮮にするヘアスタイル&アクセサリー

シンプルなユニクロの黒ニットの時は、耳、おでこ、眉をはっきり見せると、新鮮な印象に。90年代を匂わせるクリアなアクリルのイヤアクセを主役に、ワックスでしっとりタイトにスタイリングしたヘアでカッコよく。センターパートでなでつけたら、耳の後ろをアメピンで留めると崩れない。

カーディガン(一部店舗のみ販売)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) パンツ¥19000/ゲストリスト(レッドカード) ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ)

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ19】 デニムでキメすぎない上品コーデ

決めすぎないのに上品さもあるって、ニットとデニムにぴったりじゃない? 衿つき&ほどよい光沢が女性らしい。

コート¥46000/シンゾーン ルミネ新宿店 ニット¥14000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ハーレー オブ スコットランド) ブラウス¥6990/クチュール ブローチ パンツ¥3990/ユニクロ 靴¥19000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥15800/ショールーム セッション イヤリング¥11000/UTS PR

【2019年冬のおすすめユニクロコーデ20】 パンツの辛口&大人っぽコーデ

もっと大人っぽく見せたいなら、少し辛口なカーキがいい感じ。裏地のチェックがキュートなギャップ。

コート¥43000/アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店 ニット¥23000/TOMORROWLAND(BALLSEY) Tシャツ(2枚セット)¥2800/ヘインズブランズ ジャパン パンツ¥3990/ユニクロ 靴¥19800/カルネ バッグ¥13000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(マルコ ビアンキーニ) ストール¥23000/ビショップ(スコティッシュトラディション) イヤリング¥7200/ロードス ネックレス¥1800/サンポークリエイト


【関連リンク】







 2018年秋のおすすめ 『ユニクロ』コーデ 



【2018年秋のおすすめユニクロコーデ1】 ベーシックな黒のカットソーを使ったお仕事コーデ

メインは明るいチェックだから他はベーシックにまとめてお仕事らしく!

スカート¥21000/アルアバイル カットソー¥1000/ユニクロ 靴¥12500/プールサイド マロニエゲート銀座2 店 バッグ¥2990/index イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) 時計¥35500/ピークス(ロゼモン) ストール¥1990/アメリカンホリック

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ2】 淡グリーンのVネックニットの愛されコーデ

毎シーズン買い足したい『ユニクロ』のVネックニット。“好かれる目線”で色を選ぶなら、こんな淡グリーンを。着るだけで女性らしいクリーンさを醸しだし、あらゆるシーンで好印象が得られる。愛されニットでフレッシュな空気感を運んで!

ニット¥2990・スカート¥2990/ユニクロ 靴¥12800/アースマーケティング(プーペ) バッグ¥4900/フリーズ マート 自由が丘店 イヤリング¥1490/アメリカンホリック

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ3】 Aラインスカートとデニムジャケット、カットソーでさりげなく旬を取り入れて

ベーシックなAラインスカートに、コーデュロイ地やボタンデザインなど旬の要素をプラス。さりげなく旬を取り入れた、誰からも愛されるスカートスタイルは、そのやりすぎないバランスがほどよく、手持ち服にもすんなりなじむ。色も素材も秋の気配を漂わせて。

スカート¥2990・ジャケット¥3990・カットソー¥1000/ユニクロ ネックレス¥1490/アメリカンホリック 靴¥8900/アースマーケティング(ブラン バイプーペ) バッグ¥17800/キャセリーニ(ル・ベルニ)

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ4】 チェック柄のシャツとミニスカートのこなれコーデ

“ちょっと懐かしい”が新しいネルシャツに注目! まるで外国の男の子が着るようなラフなチェックシャツを、大人に着るのが今の気分。シックにはけるウールの台形ミニや、旬のゆるベレーなど都会的に見えるアイテムを投入するのが“こなれ”のコツ。

シャツ¥1990・スカート¥2990/ユニクロ バッグ¥2990・ピアス(一部店舗のみ販売)¥590/GU 帽子¥2900/フリーズ マート 自由が丘店

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ5】 ストライプのシャツワンピのトラッド風コーデ

大好きなシャツワンピ、この秋買い足すなら、揺れるフレアシルエットがドラマティックな一着を。清潔感はそのままに華やかさを盛れるフレアシルエット。クリーンなストライプ柄も真面目になりすぎずおしゃれにきまる。ローファーやメガネと合わせて旬のトラッド風に。

ワンピース¥3990/ユニクロ 靴¥6900/チャールズ&キース バッグ¥13000/エル レザー メガネ¥14980/オンデーズ イヤリング¥39000/アガット 靴下¥1800/ブロンドール新丸の内ビル店

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ6】 チェック柄のトレンチコートとボストンバッグの大人っぽコーデ

抜け感も、奥行きも、華やぎも。全部叶うつやめく黒ボストンを相棒に。ちょいマニッシュなチェック柄トレンチと深いインディゴブルー。落ち着きのあるダークトーンに、黒ボストンでリッチなつや感を添えて。明るい色を投入しなくても着こなし全体が軽やかに映って、大人っぽさも上々!

バッグ¥2990・コート¥12900・シャツ¥2990( 3 点とも一部店舗とオンラインストアで販売/ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ)・パンツ¥2990/ユニクロ ピアス¥6000/チャオパニック・カントリーモール

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ7】 黒のメンズニットとキャップ、バッグのカジュアルコーデ

ストリートっぽいカジュアルはメンズニットのサイズ感が有効。彼のを借りて着たみたいなおしゃれなゆるさが出せるメンズのニットにスポーティな小物。上半身に黒&ボーイッシュさを集中させた分、ボトムは白で軽く。

ニット¥2990(ユニクロ)・バッグ¥2990・帽子¥1990・Tシャツ¥1000( 3 点とも9 月中旬販売/ユニクロ ユー)・キュロット¥3990・ストール¥1990( 2 点とも一部店舗とオンラインストアで販売/ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ 時計/スタイリスト私物

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ8】 ストライプシャツ、タートルネックのバランス◎な重ね着コーデ

清潔感と華やぎを備えたグリーン×白のストライプシャツ。お仕事となるとジャストサイズを選びがちだけど、ちょっぴり大きめを選んでみて。衿や袖のアレンジがきいて、タートルネックトップスとの重ね着もバランス◎。

シャツ¥1990・中に着たトップス¥1000・パンツ¥2990・靴¥2990/ユニクロ バッグ¥40000/ダイアナ 銀座本店 ピアス¥1600/お世話や(LIMITED NUMBER) 時計¥85000/栄光時計(サントノーレ)

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ9】 合わせて6000円台のモックネックのトップスとフレアスカート

ボックスシルエットのモックネックトップスに、優美なドレープを描くフレアスカート。これがセットで買っても6000円台なんて!

トップス¥2990・スカート¥3990・コート(一部店舗とオンラインストアで販売)¥12900(ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ 靴¥50000・バッグ¥70000/チャオパニック・カントリーモール イヤリング¥1000/お世話や(Osewaya) 時計¥25500/ピークス(ロゼモン)

【2018年秋のおすすめユニクローデ10】 雨風に強い『ユニクロ ユー』のメンズコート

『ユニクロ ユー』のメンズコートはしゃれたボリュームがあるのにきちんと感が出て優秀。素材は雨風に強い「ブロックテック」。

コート( 9 月中旬一部店舗とオンラインストアで販売)¥12900(ユニクロ ユー)・シャツ¥1990・パンツ¥2990・靴¥2990・ストール(一部店舗とオンラインストアで販売)¥1990(ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ バッグ¥13000/センゾー トーキョー(メゾ) イヤリング¥1000/お世話や

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ11】 ピンストライプのセットアップで女っぽい大人のこなれ感を

知的なネイビーにスタイリッシュなピンストライプ、そんなパンツスーツが一着あるといい! 単品でももちろん活躍できるし、後輩と外回りの日はセットアップでカッコよくキメられるし。例えば、きりっとした白シャツに赤ニットとパールネックレスでエレガントさを。逆に足もとは素足にローファーでメンズっぽいハズしを。真面目なスーツスタイルにこなれ感と女っぽさを絶妙ミックスして、大人の余裕をアピールして。

ジャケット¥9990・パンツ¥5990(2点とも一部店舗とオンラインストアで販売/ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ)・ニット¥2990・シャツ¥1990/ユニクロ 靴¥23 000/リーガル コーポレーション バッグ¥ 18500/セムインターナショナル(ペレッテ リアベネタ) ネックレス¥600/お世話や

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ12】 ボルドーのガウン風ワンピースの着回しコーデ1

ワンピ一枚にバレエシューズ、ヘアアレンジもちゃんとして。ちょっとだけ女らしいおしゃれ。

ワンピース¥4990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) バッグ¥13800/フラッパーズ(マルシェ) 靴¥16000/ディアーナドット(セベージュ) ネックレス¥16000/フラッパーズ(シャルロット ウーニング) リング¥21000/UTS PR(ルフェール) ブレスレット¥6000/ビームス ウィメン 渋谷(ビームス ボーイ)

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ13】 ボルドーのガウン風ワンピースの着回しコーデ2

定番のデニム×Tシャツもガウン風ワンピとビッグモチーフアクセで秋ムードに。

Tシャツ¥1500/ヘインズブランズ ジャパン パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ワンピース(一部店舗のみ販売)¥4990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) ピアス¥14500/ビームス ウィメン 渋谷(ソフィー モネ) ブレスレット¥6000/ビームス ウィメン 渋谷(ビームス ボーイ)

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ14】 ボルドーのガウン風ワンピースの着回しコーデ3

ワンピにニットを重ねて、スカートとのワンツーっぽく着る新鮮コーデにトライ。

ワンピース(一部店舗のみ販売)¥4990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) ニット¥34000/フレイ アイディー バッグ¥4600/アーバンリサーチ ロッソ ジョイナス横浜店(ロデスコ) 靴¥15000/ダイアナ 銀座本店 時計¥18000/ダニエル・ウェリントン 原宿(ダニエル・ウェリントン) リング¥21000/UTS PR(ルフェール) 靴下¥900/タビオ

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ15】 ユニクロ×イネスのチェック柄トレンチコートで差がつくコーデ

寒暖差対策にユニクロ×イネスのトレンチコートが必須。キャッチーなチェック柄で差をつけて!

コート(一部店舗のみ販売)¥12900(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ)・シャツ¥3990(ユニクロ ユー)/ユニクロ パンツ¥15000/Stola. 靴¥7990/プラステ バッグ¥40000/ダイアナ 銀座本店 ピアス¥590/GU 時計¥21000/ピークス(ロゼモン)

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ16】 ホワイトのパンツでNOTコンサバコーデ

太めリブとプチハイネックがいい感じの抜け感をくれる。グレイでもNOTコンサバ。

カーディガン¥14000・ニット¥12000/イネド パンツ¥2990/ユニクロ バッグ¥38000/スローブ イエナ ルミネエスト新宿店(メゾン ボワネ) バンダナ¥2700/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 帽子¥1490/ジーユー ピアス¥1600/サンポークリエイト 時計(10月発売予定)¥24000/フォリフォリジャパン ブレスレット¥18500/ガス ビジュー 青山

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ17】 黒ニットのワンツーがスタイリッシュなコーデ

黒のワンツーにボルドー色のワンピをはおって、華やかだけどスタイリッシュな雰囲気に。

パンツ¥27500 /シンゾーン ルミネ新宿店 (ザ シンゾーン) ニット¥2990/ユニクロ ワンピース¥36000/シップス 有楽町店(アローブ) バッグ¥89000/ベータ(エド ロバート ジャドソン) 靴¥28000/銀座ワシントン 銀座本店 ネックレス¥2800/サンポークリエイト(アネモネ) ストール¥62000/アルアバイル(ジョンストンズ)

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ18】 プチプラのTシャツをインに使ったこなれコーデ

同じシャツで、デキる女からカジュアル女子まで変幻自在。 留め方を変えれば、こなれたカシュクールに変身!

シャツ¥24000/ショールーム セッション(ジャン_ヌレ) Tシャツ¥1000/ユニクロ(ユニクロ ユー) パンツ¥9900/オンワード樫山(シェアパーク) イヤリング¥11000/シップス 渋谷店(ドミニク デナイブ) ブレスレット¥2676/サードオフィス(ROOM)

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ19】 シンプルなグレイのカットソーでおしゃれの冒険を

半袖カットソーとパンプス。ごくシンプルなグレイがあれば、おしゃれの冒険がしたくなる。 

スカート¥22000/ティアラ カットソー¥1000/ユニクロ 靴¥19000/モード・エ・ジャコモ(カリーノ) バッグ¥9500/インディヴィ ピアス¥22500/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 時計¥29500/ピークス(ロゼモン)

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ20】 黒ニットのトレンドお仕事コーデ

ワイドパンツときれい色バッグのトレンドお仕事コーデも、さらに格上げしてくれる!

パンツ¥19000/バナー バレット 渋谷ヒカリエシンクス店 ニット¥2990/ユニクロ バッグ¥40000/コード(ヴァジック) 靴¥28000/銀座ワシントン 銀座本店 ネックレス¥2800/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥25000/シチズン時計(シチズン キー)

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ21】 ボーダー柄のカシミア100%ニットが定番のちょっと先に

袖口にきかせたアクセントがズルくてニヤリ。定番の“ちょっと先”を賢いお値段で、いい素材で。

ニット(一部店舗とオンラインにて販売)¥7990/ユニクロ(イネス・ド・ラ・フレサンジュ) パンツ¥38000/シップス 有楽町店(エリン) 帽子¥7200/ストレートシックス(ブリクストン) ピアス¥2600/ステラハリウッド

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ22】 オレンジのスカートがアクセントのエレガントコーデ

【ユニクロのスカート×肌なじみのいいベージュのショートモールのカーディガン】
カーディガンを一枚で。繊細なゴールドラメもエレガント。

カーディガン¥17000/ミミ&ロジャー スカート¥2990/ユニクロ バッグ¥11000/アンタイトル スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥1900・ブレスレット¥2400/サンポークリエイト(アネモネ)

【2018年秋のおすすめユニクロコーデ23】 すらりとしたシルエットを保つ『ユニクロ ユー』のパンツ

はりと落ち感を備えたウールブレンド素材ですらりとしたシルエットを保つ、『ユニクロ ユー』のウールブレンドストレートパンツ。

パンツ(一部店舗のみ販売)¥5990/ユニクロ(ユニクロ ユー) コート¥18000/ルクールブラン ブラウス¥18000/TOMORROWLAND(BALLSEY) 靴¥16000/ルーニィ バッグ¥37000/シップス 二子玉川店(ミミ) イヤリング¥5000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(ベックペッティーナ) ストール¥14800/リフラティ シップス ルミネ横浜店(グレンプリンス) 時計¥48000/ピークス(ロゼモン)


【関連リンク】







 2018年夏のおすすめ 『ユニクロ』コーデ 



【2018年夏のおすすめユニクロコーデ1】 フレアなシルエットがシャープに見えるブルーのスカート

まずは、いちばん簡単に全身のメリハリがアップする×「締め色」。深めのブルーを選べば、フレアなシルエットもシャープに見えるし、知的な雰囲気にも。

スカート¥2990/ユニクロ ニット¥3900/アンデミュウ 靴¥14800/カルネ(ダニエラ&ジェマ) バッグ¥4490/バロックジャパンリミテッド(アヴァンリリィ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥2100・バングル¥2100/サンポ-クリエイト(アネモネ)

【2018年夏のおすすめユニクロコーデ2】 カーキ色のシャツが軽やかなこなれコーデ

インナーと足もとに”白”で抜け感をプラスして軽やかにこなれて!

スカート¥8990/イェッカ ヴェッカ 新宿 靴¥49000/ビームス ボーイ 原宿 シャツ¥2990/ユニクロ カットソー¥10000/フローレント バッグ¥16000/ディアーナドット(セベージュ)

【2018年夏のおすすめユニクロコーデ3】 シンプルなグレイのメンズポロシャツで後輩と差がつくコーデ

ジャケットからのぞくグレイのシンプルポロ。かちっとしてるけど、後輩と差がつくコンビ。

ポロシャツ(メンズ)¥1990/ユニクロ ジャケット¥19000/バロックジャパンリミテッド(リムアーク) メガネ¥24000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシックコレクション) スカーフ¥11000/TOMORROWLAND(TEMPS DES REVES) 時計¥32000/ルーチェ(ポーリン)

【2018年夏のおすすめユニクロコーデ4】 真っ赤なワンピースの休日コーデ

真っ赤なワンピにGジャンをさらり。休日のリラックス感も女らしさも最高潮に♡

Gジャン¥5900/フェリシモ(イディット) ワンピース(一部店舗のみ販売)¥3990/ユニクロ(ユニクロ ユー) タンクトップ¥6500/ボウルズ(ハイク) 靴¥9500/キャセリーニ バッグ¥6900/カージュ ルミネエスト新宿店 バングル¥2800/サンポークリエイト(アネモネ)

【2018年夏のおすすめユニクロコーデ5】 鮮やかなスカートのスタイルアップ見えコーデ

ヒール靴だとカッコよすぎて落ち着かないから、引き算のフラット靴。スタイルアップのためにレギンスで脚をキュッと引き締めて。

ニット¥4000/ブリスポイント スカート¥2990/ユニクロ 靴¥7900/アースマーケティング(ブラン バイ プーペ) バッグ¥48000/TOMORROWLAND(ラドロー) イヤリング¥15000(ラダ)・バングル¥16000(フィリップ オーディベール)/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 レギンス¥1500/タビオ(靴下屋)

【2018年夏のおすすめユニクロコーデ6】 Gジャンのカジュアルコーデ

黒T、Gジャン、スニーカー。甘いドットには、とことんカジュアルな味つけを!

スカート¥5900/GET MORE!(フラワー デイズ) Gジャン¥3990/ユニクロ Tシャツ( 2 枚セット)¥2600/ヘインズブランズ ジャパン 靴¥14000/ビームス 銀座 バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥43000/TOMORROWLAND ブレスレット¥13500/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 リング¥1200/お世話や

【2018年夏のおすすめユニクロコーデ7】 ネイビーのTシャツの青みでまとめた大人っぽいコーデ

ネイビーT&ピンクのカーディガン(+ドット柄スカーフ)。品があって可愛くて、そのちょっと先。鮮やかな色が主役のフレンチシック。スカーフはTシャツと同色、カーデもTシャツと同じトーンの青みピンク。つまり計算ずくのまとまり感。甘い色や柄を重ねてもちぐはぐにならず、大人っぽいのはそれが理由。

Tシャツ¥1000/ユニクロ カーディガン¥11000/スピック&スパン キラリナ吉祥寺店 スカート¥17000/ミミ&ロジャー スカーフ¥3200/ビームス ウィメン 渋谷(レイビームス) バッグ¥3990/index イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya)

【2018年夏のおすすめユニクロコーデ8】 ブルーのカーディガンの配色がクリーンなお仕事コーデ

白T&ブルーのカーディガン(+ビッグウォッチとシルバーチョーカー)。しゃきっとクリーンな魅力の青と白。だから辛口な小物使いをスパイスに。白とブルーというパキッとクリアな配色には、小物使いもそれに負けない存在感で。ほら、“デキる”ムードも満点。

Tシャツ¥2750/フリークス ストア渋谷 カーディガン¥1990/ユニクロ パンツ¥12000/ビームス ウィメン 渋谷 チョーカー¥7000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店 時計¥30000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥9900/チャールズ&キース ピアス¥17000/ココシュニック

【2018年夏のおすすめユニクロコーデ9】 グリーンのロングカーディガンとホワイトのスカートのお仕事コーデ

部内ミーティング クリーンな白で、シャキッと始める。週の始まり、見た目にも心にもきく白。ロングカーデを重ねて柔和さも少しあれば完璧。

Tシャツ( 2 枚セット)¥2500/ヘインズブランズ ジャパン(ヘインズ) カーディガン¥2990・スカート¥2990/ユニクロ 靴¥2790/フォーエバー21 オンラインショップカスタマーサービス バッグ¥2990/アメリカンホリック イヤリング¥2800/ルクールブラン バングル¥1600/お世話や(Osewaya)


【関連リンク】







 2018年春のおすすめ 『ユニクロ』コーデ 



【2018年春のおすすめユニクロコーデ1】 スキニーデニムが春っぽくて女っぽいコーデ

チュニックとライトブルー。春っぽくて女っぽくて最高♡ 久しぶりにチュニックブラウスが可愛い春。大人っぽく着たいけど、きれいにまとめすぎてもおしゃれじゃない。色落ちによってスキニー自体に表情のあるものがいい。

デニム¥3990/ユニクロ ブラウス¥18000/シップス 原宿店(ラブ アワー デイズ) ジャケット¥32000/アルファ PR(ニュアンス) 靴¥11990/バロックジャパンリミテッド(スライ) バッグ¥43000/メゾン イエナ(カパフ)

【2018年春のおすすめユニクロコーデ2】 シンプルなデニムには大人っぽいシルエット&ビビッドカラーのパンプスを

『ユニクロ』のデニム×【派手色パンプス】
「私も思わずオーダーしてしまった『ネブローニ』の靴。形は大人っぽいのに色はとってもビビッド! まさにデニムに合わせるための靴です!」(高野さん)

靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) Tシャツ¥6000/ブルーウォール(セット) パンツ¥3990/ユニクロ ジャケット¥15000/ルクールブラン バッグ¥26000/ビームス ウィメン 渋谷(テンベア) バングル¥39000/ススプレス(ラナスワンズ)

【2018年春のおすすめユニクロコーデ3】 甘いフリルブラウスで飾らない可愛さを目指して

洗練されていて、色気もあって、だけど肩ひじ張らないラフさも備わっていて。そんなパリジェンヌっぽい着こなしに憧れる。ネイビー×ブラウンのシックな配色も、レトロなフリルブラウスも、今やりたいフレンチムードを高めるためのアイテム。ひとつだけ、カジュアルな足もとでこなれ感をプラスするのが今どき!

ブラウス(一部店舗のみ販売、2 月下旬発売予定)¥2990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) タンクトップ¥6500/ボウルズ(ハイク) スカート¥20000/デイリーショップ中目黒(アイディー デイリーウエア) 靴¥6000/コンバース バッグ¥22000/HUMAN WOMAN ピアス¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)

【2018年春のおすすめユニクロコーデ4】 ボーダーカットソーのフレンチカジュアルコーデ

腰高なウエストマークで美スタイルを叶える、ボーダーカットソー×カーキパンツのフレンチカジュアル。ベーシックカラーのテーラードジャケットでお仕事モードにシフトして。今季はおしゃれ感度高まるロング丈で、袖はくしゅっとたくし上げて、こなれた雰囲気で着こなしたい。小物をカジュアルにするだけで休日もOKな万能コーデの出来上がり!

ジャケット¥17000/スナイデル カットソー¥1000/ユニクロ パンツ¥7800・バッグ¥8600/ナチュラルビューティーベーシック 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 ネックレス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥18000/ダニエル・ウェリントン 原宿 ストッキング¥800/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)

【2018年春のおすすめユニクロコーデ5】 ブルーのカットソーが差し色になるクリーンなお仕事コーデ

『ユニクロ』ブルーのカットソー×ホワイトのレザー調バッグ
小さめバッグこそオフっぽいムードが出ないように、かっちり上品な形を選んで。

バッグ¥6900/クリア インプレッション ジャケット¥10800/ナチュラルビューティーベーシック カットソー¥1000/ユニクロ スカート¥1990・イヤリング¥990/アメリカンホリック 時計¥18000/ダニエル・ウェリントン 原宿

【2018年春のおすすめユニクロコーデ6】 好印象なシャツとカーディガンの淡くて上品なお仕事コーデ

一日中外回りでも気持ちいい季節になってきたから、いつもの取引先でも新鮮な印象を与えられる、淡く上品なピンクのパンツにはき替えて。きちんと感のあるセンタープレス、足首が見えるクロップト丈なら、スタイルよく着こなせるし、やさしげな雰囲気も。クリーンな白シャツと合わせるだけで、ホラこんなに好印象に♡

パンツ¥6990/リンク・セオリー・ジャパン(プラステ) シャツ(一部店舗とオンラインストアで販売)¥2990(ハナ タジマ フォー ユニクロ)・カーディガン¥1990(ユニクロ)/ユニクロ 靴¥15800/エッセイ ルミネ大宮店(カルメン サラス) バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト宿店 ストッキング¥800/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)

【2018年春のおすすめユニクロコーデ7】 ストライプのオープンカラーシャツとチノパンのカジュアルコーデ

久しぶりに予定を入れてない日曜日、大好きなカジュアルコーデで気の向くままに街を散策♪ この春ヘビロテ中のチノワイドパンツに、青×緑のストライプシャツでキャッチーな着こなしに。ラフな抜け感と小顔効果が期待できるオープンカラーも今季のトレンド! スニーカーや荷物がざくざく入るビッグトートは白で、軽やか&アクティブな仕上げを!

シャツ¥2990(ユニクロ ユー)・パンツ¥2990/ユニクロ 靴¥5500/VANS JAPAN(バンズ) バッグ¥6000/アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店(バッグイン プログレス) メガネ¥5500/ナノ・ユニバースカスタマーサービス(ノーアイディア)

【2018年春のおすすめユニクロコーデ8】 シガレットデニムで美脚見えする大人カジュアルコーデ

「はくだけで脚が長く見える!」と評判のシガレットデニムは、濃いめのリジッドカラーなら大人っぽくはきこなせる。ストライプシャツ×白カットソーのレイヤードを、ウエストポーチでゆるっとラフに仕上げたのも技あり! ブルートーンの大人カジュアルに、赤いミュールで女らしいワンポイントを。華奢なヒール&ポインテッドトゥで、美脚見えデニムをいっそう美人に仕上げて♡

パンツ¥3990/ユニクロ シャツ¥1990/ジーユー カットソー¥8500/ボウルズ(ハイク) バッグ¥13800/ビームス 銀座(ヤーキ) 靴¥9800/カルネ(ダニエラ&ジェマ) イヤリング¥1300/ミィパーセント


【関連リンク】







 2017年秋のおすすめ 『ユニクロ』コーデ 



【2017年秋のおすすめユニクロコーデ1】 ボートネックのニットで後ろ姿もぬかりなくきれいに見えるコーデ

衿あしの抜け感が色っぽい。ボートネックニット

「シンプルなのにドキッとさせるディテールが◎」
ニット+ボトムの組み合わせが増えるこれからの季節。ワンツーコーデの女っぷりを上げるボートネックを『ユニクロ』でまず一枚。衿あしがほんのり見えるよう髪をラフに束ねて。

ニット¥2990・パンツ¥2990/ユニクロ 帽子¥6900/override明治通り店

【2017年秋のおすすめユニクロコーデ2】 バレエネックのニットで鎖骨美人コーデ

ボディラインがきれいに見える。バレリーナトップス

「バレエネックと細めのリブが可愛いんです」
広めのV字型で鎖骨がきれい見えするバレエネックデザインが、すでに飛び売れ中。ジャケットなどのインナーにしてもGood。

トップス¥1000・パンツ¥2990/ユニクロ 靴¥5800/コンバース(コンバース) バッグ¥9000/ケレン 帽子¥4600/override明治通り店 チョーカー¥1800/サンポークリエイト(アネモネ)

【2017年秋のおすすめユニクロコーデ3】 チェック柄のネルシャツで女っぷりが高まるプチプラコーデ

ふんわりと着る空気感が女っぽい。チェックシャツ

「ボーイッシュな印象を払拭する大人のチェック」
柔らかなフランネルのチェックシャツは大きめチェックが今っぽい。細ベルトでウエストマークすれば、フェミニンなIラインコーデが簡単に完成。

シャツ¥1990・スカート¥2990・ベルト¥2990/ユニクロ バッグ¥27000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(アニタ ビラルディ) バングル¥20000/チャコールグリーン トーキョー(アティース)

【2017年秋のおすすめユニクロコーデ4】 秋のユニクロ・GUの通勤服対決~お仕事服編~

(右)『ユニクロ』のサロペットはゆるめのテーパードラインが、着た人の脚を必ずきれいに見せてくれる。Vネックなので冬はタートルネックニットを重ねてもおしゃれ。
サロペット¥2990・肩にかけたニット¥2990/ユニクロ 靴¥39000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥15800/ジオン商事(スリーフォータイム) 時計¥17000/エイチエムエスウォッチストア表参道(オリビア バートン)

(左)『GU』では、ジャケット&パンツのセットアップに注目して。秋のビッグトレンドのグレンチェックは、落ち着いた雰囲気で使える度も最強。ジャケットをかっちりではなく、ちょいゆるで着こなすのが気分。小物は黒で引き締めて。
ジャケット¥3990・パンツ¥1990・中に着たトップス¥1490/ジーユー 靴¥14000/ドロシーズ バッグ¥48000/クイーポ(スタイル エイティワン)

【2017年秋のおすすめユニクロコーデ5】 秋のユニクロ・GUの通勤服対決~旬カラー編~

(右)『ユニクロ』のイチオシは、紺や黒より華やかで、でも落ち着きもあるボルドー。体をきれいに見せてくれるAラインのワンピースを指名買い。デニムジャケット+スニーカーで、ヘルシーかつアクティブに。
ワンピース(一部店舗およびオンラインストア限定販売)¥3990・ジャケット¥3990/ユニクロ 靴¥25000・バッグ¥2900/ニューバランス ジャパンお客様相談室

(左)『GU』のくすみピンクのこなれ感が、メンズっぽいデニムにさくっとハマる。スカーフバッグをアクセントにして。たくさん遊ぶ日は、好きなものを自分らしく着るのが目標。
ブラウス¥1990・パンツ(一部店舗およびオンラインストア限定販売)¥2490・イヤリング(一部店舗およびオンラインストア限定販売)¥590/ジーユー 靴¥5800/コンバース(コンバース) バッグ¥12000/クイーポ(グリーンアンド コー)

【2017年秋のおすすめユニクロコーデ6】 秋のユニクロ・GUの通勤服対決~デニム編~

(右)この秋さらにデニムに力を入れている『ユニクロ』。ハイライズ&スキニーストレートで、美脚効果のあるシガレットジーンズが新登場。きれい色パンプスとの合わせが可愛い。
パンツ¥3990・Tシャツ¥1500/ユニクロ 靴¥37000/ペレテリア ヒットマン(リュ ド ラ ポンプ) バッグ¥26000/リフラティシップス たまプラーザ テラス店(エバゴス) 帽子¥6900/override 明治通り店

(左)『GU』では、人気続行中のカットオフデザインをさらに一歩進めたリメイク風デザインを手に入れて。秋のモノトーンコーデに、かごバッグが可愛げをプラス。
パンツ(10月下旬発売、一部店舗およびオンラインストア限定販売)¥2490・ブラウス¥1990・靴¥1990/ジーユー バッグ¥8500/ペルルペッシュ

【2017年秋のおすすめユニクロコーデ7】 Gジャンと白シャツできちんと感のあるカジュアルコーデ

「リジッドデニムのGジャンとパンツ、クリーンな白のシャツ。そぎ落とされたシンプルなデザインはもちろん、値段以上に見える丈夫で上質な素材も魅力。『ユニクロ』って25歳を過ぎた大人にこそ似合う“きちんと感のあるカジュアル”が叶うブランドです」

ジャケット¥3990・シャツ¥1990・パンツ¥2990・メガネ¥1500・ベルト¥2990/ユニクロ

【2017年秋のおすすめユニクロコーデ8】 ベーシックで控えめな花柄ワンピとメンズのブルゾンコーデ

「花柄も控えめな大きさで、トレンドというよりベーシック寄り。だから飽きがこないのがいいですよね。合わせたウインドブレーカーは実はメンズ。シルエットがきれいでサイズ展開も豊富なので『ユニクロ』ではメンズ服を選ぶことがよくあります」

ブルゾン¥5990・ワンピース¥4990・靴¥2990・帽子¥990/ユニクロ

【2017年秋のおすすめユニクロコーデ9】 鮮やか色のフレアスカートやバレエ靴でパリっぽくて上品なコーデ

「最近話題の“パリっぽい”アイテムも『ユニクロ』はお得意。はり感ある素材のフレアスカート、ラウンドトウのバレエ靴、大きなリボンが印象的なストローハット。ブリジット・バルドーみたいな王道で上品なコーディネートが全部合わせても8000円以下で揃ってしまうブランド、ほかには思いつきません!」

スカート¥2990・靴¥2990・帽子¥1990/ユニクロ


【関連リンク】






 2017年夏のおすすめ 『ユニクロ』コーデ 



【2017年夏のおすすめユニクロコーデ1】 ベージュのTシャツ×ホワイトのパンツでシンプルな通勤コーデ

ベージュ×ホワイトのパンツコーデにメタリックなパンプスを合わせて、品よくこなれた通勤スタイルに。だけどなんだか物足りない? それならバンダナをちょこんと首に巻いて流行りのチョーカー風に。モノトーンならレトロな雰囲気で可愛く仕上がる。きれい色のバッグをお供に、さあでかけよう!

Tシャツ¥1000・パンツ¥3990(一部店舗およびオンラインストア限定販売)/ユニクロ 靴¥27500/ジネス ディアモール大阪店(コルソ ローマ ノーヴェ) バッグ¥53000/TOMORROWLAND(ニコ・ジアーニ) バンダナ¥800/ビショップ(レイバー・アンド・ウエイト) リング¥1200/お世話や バングル¥34000/ザ コモン テンポ 原宿店

【2017年夏のおすすめユニクロコーデ2】 白Tシャツと黒スキニーに、透け感のある黒シャツを重ねたモノトーンコーデ

白T×黒スキニーにさらっとはおった透け感のある黒シャツ。合わせるバッグも白のショルダーにして、今日はモノトーンで統一してみる。そんなスレンダーなルックスを、おちゃめなカンカン帽と色鮮やかなカバードサンダルでサンドイッチ! 女らしいカッコよさを引き立てる、今っぽい小物のチョイスってほんとに大事。

シャツ¥2990・Tシャツ¥590・パンツ¥3990/ユニクロ 靴¥29000/デミルクス ビームス 新宿(ペレテルノ) バッグ¥7000/ビームス ライツ 渋谷 帽子¥30000/CA4LA ショールーム バングル¥10000/OKURA(ブルー ブルー ジャパン) リング¥2000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(ランドシヌール) ベルト¥5400/ミラ オーウェン

【2017年夏のおすすめユニクロコーデ3】 ベージュのブラウスとカーキのスカートの定番コーデに変化をつけて

ベージュブラウス×カーキスカートの定番コーデに変化をつけたいから、今日はスカーフをベルト使いしてみる! おしゃれに魅せるポイントは、ちゃんとベルトループに通して真横で結ぶこと。クラシカルなプリントを選べば上品だし、遊びゴコロも満点でしょ? スカーフに視線を集めたいからバッグや靴はシンプルが吉!

トップス¥1990・スカート¥2990/ユニクロ 靴¥6900/エクラン ルミネエスト新宿店 バッグ¥32000/シップス 有楽町店(イアクッチ) スカーフ¥18000/フラッパーズ(マニプリ) バングル¥1900/お世話や

【2017年夏のおすすめユニクロコーデ4】 鎖骨ラインがきれいなトップスと足首見えパンツのクールな黒コーデ

鎖骨ラインがきれいなトップスと足首見えのパンツ、小物で遊びたい日は着こなしをとことんシンプルに。丸っこいバスケットには、ハンドルの片側にスカーフを結んでそのままかぶせるだけ。足もとには、ヌーディピンクのバレエシューズで色っぽアクセントを。クールな黒コーデに可愛げ小物でギャップを作って、技ありおしゃれ!

トップス¥1000・パンツ¥2990/ユニクロ 靴¥21200/リフラティ シップス ルミネ横浜店(オペラ ナショナル ド パリ) バッグ¥8800/アナディス(マルシェ) ピアス¥2000/リリー ブラウン スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ)

【2017年夏のおすすめユニクロコーデ5】 オレンジのシャツがエスニックなアクセサリーを引き立てる

スカーフやバッグで人気のブランド『マニプリ』。そのエスニックな柄をそのままとじこめたようなバングルも素敵。だからそれを主役に、ゴールドでまとめたバングルやリングを重ねて。

シャツ¥1990/ユニクロ 太バングル¥13000(アロン)・細バングル¥11000(マニプリ)/フラッパーズ リング(右手)¥1000/お世話や リング(左手)¥9500/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(フィリップ オーディベール)

【2017年夏のおすすめユニクロコーデ6】 カジュアルなTシャツにあわせたいジャンクなアクセサリー

カジュアルなTシャツには、手もとのアクセもノールール! ビーズのブレスレットやレザー調のバングルをとにかくじゃらじゃらと楽しく重ねる。9本で1000円! みたいなジャンクな感じがかわいい季節。

Tシャツ¥1000/ユニクロ 帽子¥3200/フリークス ストア渋谷 ブレスレット(左手・9 本セット)¥1000/お世話や ブレスレット(右手上)¥12000/GREED International バングル(右手下)¥20000/ガス ビジュー 青山 リング(左手人さし指)¥1600・(左手中指)¥1800/サンポークリエイト(アネモネ)

【2017年夏のおすすめユニクロコーデ7】 ストライプシャツと大きめの腕時計でメンズライクなカジュアルコーデ

男の子みたいな腕時計と、指先に溶け込むみたいなセンシュアルな色石のリング。石の大きさはわざとアンバランスにして。組み合わせの意外性でドキッとさせる。

シャツ¥2990/ユニクロ 時計¥19000/アングローバル(MHL) リング(人さし指)¥5000・(中指)¥12000/デミルクス ビームス 新宿

【2017年夏のおすすめユニクロコーデ8】 いつものワンピを誰より今っぽく、女っぽさありきのカジュアルコーデ

夏はさらっと一枚で着たいシャツワンピ。休日だったら、Gジャンの腰巻きやキャップ、リュックサックでカジュアルダウンするのもいいかも♪ だけど“夏休みの小学生”っぽくならないように、足もとでバランスをとるのがポイント。華奢なヒール&レースアップで一点女っぽさを際立たせたら、ぐっとこなれて見える。

ワンピース¥3990・Gジャン¥3990/ユニクロ 靴¥19000/Stola. リュックサック¥17500/アリガインターナショナル(ケルティ) 帽子¥2900/ミィパーセント ブレスレット¥2200/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 時計¥17000/エイチエムエスウォッチストア 表参道

【2017年夏のおすすめユニクロコーデ9】 ベージュのトップス×黒のスカートの涼やかなシンプルコーデ

着こなしから靴、バッグまでベージュ×黒で統一した夏コーデ。それだけでも大人っぽくて涼やかで素敵だけど、夜の予定がある日はマスタードカラーのスカーフをターバン使いして、顔まわりを華やかに演出してみる。ビビッドな赤やグリーンの差し色じゃなく、着こなしとトーンを合わせたワンポイント小物がおしゃれ上級者の証!

トップス¥1990・パンツ¥2990/ユニクロ 靴¥12800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) バッグ¥30000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(グァナバナ ハンドメイド) スカーフ¥4000/アングローバル(MHL) イヤリング¥2500/アイボリー コート横浜ランドマーク プラザ店 リング¥1300/お世話や

【2017年夏のおすすめユニクロコーデ10】 薄い色のTシャツには、おっきめのウェリントン型メガネ

ベージュや白、グレイ。さらっと、てろっと着るのが素敵なやわらかな色のTシャツなら、思いきってメガネを主役にして遊ぶのもおしゃれ。大きくてインパクトのあるウェリントン型のフレームで。ただしフレームは細めのほうが女の子らしいし今の気分。

Tシャツ¥1000/ユニクロ メガネ¥28000/オプティカルテイラー クレイドル 青山店


【関連リンク】






 2017年春のおすすめ 『ユニクロ』コーデ 



【2017年春のおすすめユニクロコーデ1】 ピンクのVネックニットの着回しコーデ1

今日は天気がいいからお洗濯して掃除機かけて......あっ、冷蔵庫が空っぽだ! そんなわけで近所のスーパーへ買い物に行く時は、白T×ワイドパンツの楽ちんコーデにピンクのシンプルニットを重ねてテンションUP! Vネックと裾からTシャツをのぞかせてこなれた雰囲気に。春らしいイエローパンプスでスタイルアップも叶えて。

ニット¥1990/ユニクロ Tシャツ¥14000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥8500/ココディール 靴¥18000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) バッグ¥12000/ショールーム セッション ヘアバンド¥13000/TOMORROWLAND

【2017年春のおすすめユニクロコーデ2】 ブラックのニットセットアップ着回し1 ~女子会の日の"こなれフレンチ"コーデ~

まずセットアップのトップスをスカートにinし、次にはおったシャツの前だけをinする。こんな簡単テクで、空気感のあるこなれた着こなしが叶う! ハイウエストだから、スニーカー合わせでもすらっと美バランス。ベレー帽やピンクバッグなど、トレンド小物もぴりりと効かせて。女子会で、おしゃれライバルがテクニックを心にメモって帰るかも❤

ニット¥2990・スカート¥2990/ユニクロ シャツ¥15000/ザ・テント代官山店(マルシャル・テル) 靴¥4500/VANS JAPAN(VANS) バッグ¥11800/フリークス ストア渋谷 ベレー帽¥4500/CA4LA ショールーム(CA4LA) バングル各¥38000/ザ コモン テンポ 原宿(ピーター ネルソン) ソックス¥1600/17℃ by Blondoll ルミネ有楽町店(17℃)

【2017年春のおすすめユニクロコーデ3】ピンクのVネックニットの着回しコーデ2

ピンクと白のコントラストが、フェミニンでありつつ凛としたムードもかもし出す。袖コンシャスはまさにこの春のトレンド! ニットの袖を少したくし上げ、カフスをアピールするだけだから簡単。トレンドのハイライズボトムスとも合わせやすいように、ニットの着丈はちょい短め。冬コーデのマンネリ打破に今すぐお役立ちでしょ?

ニット¥1990・バッグに結んだスカーフ¥590/ユニクロ シャツ¥16000/アンシェヌマン ユニ ポワン ド ミニョン新丸ビル店(ルクスルフト) パンツ¥16800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) バッグ¥16000/ティースクエアプレスルーム(モダルー)

【2017年春のおすすめユニクロコーデ4】ピンクのVネックニットの着回しコーデ3

ピンク×花柄プリント。甘すぎ注意の組み合わせも、Ⅴネックの抜け感と、黒ベースの花柄で、ちゃんと大人❤ このVネックは、よりフェミニンな印象で着こなせるように、ネックラインをやや広めにしリブ幅は細めにした、計算づくしのシルエットなんです! 大ぶりのイヤリングも黒系でシックにまとめて。トレンドのボヘミアンMIXが簡単に完成。

ニット¥1990/ユニクロ スカート¥7500/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店(レンアイ ケイカク) バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥8800/エスティー キャット

【2017年春のおすすめユニクロコーデ5】 グレイのワイドリブニットの着回しコーデ1

首もとの印象が女性らしいボートネックを、パールネックレスでより女性らしく魅力的に。たとえば、彼や女友達と外で待ち合わせをした時。コート+パンツならラフな印象に見えるはず。でも、室内でコートを脱いだ時。パールが寄り添うニットの首もとの美しさに、みんなドキッとしちゃうはず。

ニット¥2990/ユニクロ ネックレス¥700/お世話や 腰に巻いたシャツ¥10000/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ) パンツ¥12000/ルクールブラン

【2017年春のおすすめユニクロコーデ6】 グレイのワイドリブニットの着回しコーデ2

ワイドリブの適度なカジュアル感は、スポーティなアイテムとも好相性なんです♪ 今愛用しているニット帽を、キャップに変えるだけでOK。春トレンドのキャップを一足お先に取り入れることで、ニットの着こなしが一歩リードできちゃう!

ニット¥2990/ユニクロ キャップ¥7800/シンゾーン ルミネ新宿店 ジャケット¥4990・バッグ¥1990( 2 点とも2 月中旬発売予定、一部店舗およびオンラインストア限定販売)/ユニクロ(ユニクロ ユー)スカート¥15000/フリークス ストア渋谷

【2017年春のおすすめユニクロコーデ7】 グレイのワイドリブニットの着回しコーデ3

思いきり遊ぶ日。赤いスカーフを首元に結んでみて。顔ばえのよさはもちろん、太陽の光が似合うアクティブな女の子になれるから❤ ボーイスカウトみたいな気分できゅっと結んでみるのが可愛い。

ニット¥2990/ユニクロ スカーフ¥11000/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(マニプリ) ジャケット¥22000・パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) バッグ¥40000/エッセイ ルミネ大宮店(デル コンテ)

【2017年春のおすすめユニクロコーデ8】 ブラックのニットセットアップ着回し2 ~カジュアルなストリートMIXコーデ~

友達と憧れの美術館へ。男女わちゃわちゃでスポーツ観戦へ。話題の新スポットへ。うきうきするお出かけには、Gジャンときれい色小物を相棒に。ワンピ見えさせたレディなセットアップに、オーバーサイズのGジャンをさっとはおってほんのりストリートMIX。Gジャンのサイズ感による華奢見えはもちろん計算済み❤ きれい色の小物を加えれば、お出かけ先での写真映えもばっちり。

ニット¥2990・スカート¥2990/ユニクロ ジャケット¥34000/ボウルズ(ハイク) 靴¥90000/TOMORROWLAND(ジェイ・エム・ウエストン) バッグ¥33000/ティースクエア プレスルーム(セルプイ) ベレー帽¥2900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 ストール¥9800/ミミ&ロジャー

【2017年春のおすすめユニクロコーデ9】 ブラックのニットセットアップ着回し3 ~ボーダーを仕込んだウインターマリンコーデ~

トップスのボートネック&七分袖デザインを生かしたレイヤードテク! すごく簡単なのに、顔周りの印象をパッと変えられる!! バッグの赤がアクセント。足元はバレエシューズにして、可愛げも楽さも確保して。ほら、セットアップがあっという間に女っぽいマリンコーデに。彼がドキッとしちゃうかも♪

ニット¥2990・スカート¥2990/ユニクロ 中に着たトップス¥10000/セントジェームス 代官山店 靴¥4900/ヌオーヴォ バッグ¥20000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) キャップ¥6800/CA4LA ショールーム(CA4LA) バングル¥2000/お世話や


【関連リンク】



関連記事
  • 憧れブランドの話題の新作アイテムやファッションの最新のムードをいち早くキャッチしてお届け!斜め掛けでどこへでも。軽やかにお出かけしたいDIORの新作バッグ 馬の鞍からイメージを得た優美なカーブが魅力の「サドル」バッグ。ディオールの大人気シリーズに、このたび要チェックなポシェットタイプの新作が仲間入り! 同じフォルムのジップポーチを3つ合わせたようなボディに、細めのショルダーストラップがついた、よりスマートな仕上がり。「サドル」らしい気品あふれるムードはそのままに、いつものスニーカースタイルに合わせて今すぐお出かけしたくなっちゃうような軽やかさがハタチからの名品にぴったり。 リッチなブラックレザーのボディに、ジップの引き手を飾るゴールドカラーのイニシャル「C」が映える。反対側には「D」のパーツがついていて、バッグのどちらの面が表になっても可愛いルックスを保証する仕掛け。 レザー「サドル」ポーチ(縦16×横21×マチ3cm)¥160000/クリスチャン ディオール(ディオール) 憧れのシグネチャー「ディオール オブリーク」キャンバスなら、コーディネートの主役になること間違いなし。ネイビーカラーが大人っぽさのなかに可愛げを添える。 キャンバス「サドル」ポーチ(縦16×横21×マチ3cm)¥135000/クリスチャン ディオール(ディオール) ▶FASHION SCOOP!はコチラ撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) スタイリスト/鈴木美智恵 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • 元号が変わったり、何かと慌ただしかった上半期も少し落ち着いてきた頃でしょうか。この先どうしたらいい…?というあなたにはぜひ、この「運命のCOJI-COJI占い」を! 皆様ご存知かと思いますが『コジコジ』はさくらももこ先生の名作です。コジコジをはじめとする、ゆるく愛らしいキャラクターたちに今なお根強いファンが多いですよね。たまに毒があったり鋭かったり、メルヘンの国っていう設定なのに宇野千代さんとかが出てきちゃったり(笑)する、独特のユーモアとシュールなセンスは今読んでも本当に素晴らしい。大人のための漫画だなと思いますね。そして今回ラブコールが実現して、キャラクター占いが実現したんです~!  このためだけの扉イラストも超かわいいです!しかも、監修を手がけてくださるのは、SPURの占いでおなじみ、真木あかりさん。読み手にエネルギーを与えてくださる文章に、いつも勇気づけ励まされています。今回は数秘術で1~9までの誕生数をキャラクターにたとえています。次郎君、ルルちゃん、やかん君……など、自分はどのキャラクター?と診断するのも楽しい。ぜひ家族や友人と盛り上がっていただけたら! 下半期の具体的なアドバイスもとても参考になります。相性や、今期の指針など参考になる文言ばかり。恋愛運や仕事運などランキング形式でもご紹介しています。癒やされながらタメになる占い、ぜひご覧ください。 ちなみに8月21日からは、舞台『コジコジ』もスタートします! 6月22日からチケット一般発売もスタートするので、あわせてチェックを。
  • ————————————————————————————————————– LEEマルシェのインスタに投稿された人気アイテムをご紹介! 12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/¥16,800+税 ————————————————————————————————————–   View this post on Instagram 雨の日のお出掛け、憂鬱ですよね…梅雨対策も考えつつステキなコーディネートで気分をあげたい! 雨で肌寒い今日は、長袖のワンピースをチョイス。トゥエルブクローゼット #12closet とスタイリスト石上さんのコラボワンピースは着ているとみんなに褒められる!丈が長いので、雨の日はベルトでブラウジングするのがいいかも。足元にはRAINFUBSのレインシューズで雨対策を完璧に。バッグは濡れても気にならないL.L.Beanのトートを。 @leemarche には、他にも雨の日を楽しく快適に過ごせるアイテムをたくさんご用意しています。ぜひチェックしてくださいね! A post shared by @ leemarche on Jun 14, 2019 at 6:20pm PDT   【ここで買える/12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/\16,800+税】  
  • アディダス オリジナルスがエンダースキーマとの最後のコラボレートコレクションとなるフットウェア「HS ZX 4000 4D」を2019年6月22日(土)より発売する。エンダースキーマは、東京発のフットウェアとアクセサリーを展開するブランド。今回は、エンダースキーマのトレードマークであるベジタブルタンニンレザーに、アディダスの4Dミッドソールを組み合わせた新作が登場。前シーズンに引き続き、スニーカーとレザーシューズのブランディングに対する捉え方の違いに着目し、両ブランドのロゴを限りなく小さく施している。 HS ZX 4000 4D [F36048] ¥45,000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス×エンダースキーマ)カラーはブラックとメタリックグレー×クリスタラインホワイトの2パターンで展開。ブラックは、アッパーを一色で統一することで、シュータンにさりげなく型押ししたエンダースキーマのロゴと、アイステイのトップに配したアディダスのロゴを際立たせている。 HS ZX 4000 4D [F36147] ¥45,000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス×エンダースキーマ)メタリックグレー×クリスタラインホワイトは、レッドのトップステッチを効かせ、よりクラシックな「ZX」シリーズらしいカラーリング。こちらはエンダースキーマのヌメ革が持つ独特な艶が、目を惹くデザインに仕上がった。アディダスの革新的なスニーカーにエンダースキーマのクラフトマンシップを融合させた同アイテムは、主要取扱店舗、アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ、スキマ 恵比寿(エンダースキーマ旗艦店)、ドーバー ストリート マーケット ギンザ、伊勢丹新宿店、およびUNITED ARROWS & SONSにて展開予定。 HS ZX 4000 4D [F36048] ¥45,000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス×エンダースキーマ)アディダスグループお客様窓口http://shop.adidas.jp/originals/0570-033-033(土日祝除く、9:30~18:00) text: Fuyuko Tsuji
  • 梅雨のこの時期の通勤は、雨の日用の靴があると安心。といっても降水確率は日によってバラバラなので、降り具合によって選べるように3足あると通勤がさらにラクになるんです。気分が下がりがちな雨の日の通勤は、足元から元気を出していこう!降水確率50%の日の【晴雨兼用靴】デザインも豊富で最近ますます進化中。普段使いもできるきれいめを狙って靴(7.5)¥22963/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ)どんより空模様にきれい色が映える。靴(7.5)¥22963/銀座かねまつ6 丁目本店(銀座かねまつ) 傘¥900(ラコレ)/アダストリア パンツ¥16000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) バッグ¥44000/ジャンニ キアリーニ 表参道店(ジャンニ キアリーニ)降水確率100%の日の 【黒レインブーツ】一日雨の日は迷わずこちらを。ショートブーツ感覚で履けるシンプルな黒なら大人の通勤シーンでも履きやすい靴(3)¥8500/ビームス ライツ 渋谷(レインファブス)足もとを引き締めシャープに。靴(3)¥8500/ビームス ライツ 渋谷(レインファブス) スカート¥20000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) 傘¥14000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ)降水確率30%の日の【厚底スニーカー】少しくらいの雨なら2㎝以上の厚底で回避。トレンドのダッドスニーカーもおすすめ靴(3)¥6935/ベルシュカ・ジャパン(ベルシュカ)きれいめワンピをハズしてゆる華通勤を満喫。靴(3)¥6935/ベルシュカ・ジャパン(ベルシュカ) ワンピース¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ) レギンス¥9800/ルーニィ バッグ(ポーチつき)¥7500/ステラハリウッド(ステラハリウッド)撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか モデル/絵美里 取材・原文/榎本洋子 ※( )内の数字はヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年7月号掲載
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • シースルーのタートルニットに白シャツ、そしてシースルーのVネックニット。写真の涼しげなシアーニットをきかせたレイヤリングスタイルは、SPUR8月号の浜田さんのレッスンの中でも、色や素材のセレクトがミニマムで洗練されていて、個人的に一番真似をしてみたい!と思ったルックです。この一体を作るために膨大なウェアをリースし、何十パターンものスタイリングを試し、ミリ単位でスタイリングのバランスを考える浜田さんの熱意に、今回も感動させられっぱなしでした。4ページに4ルックの特集ですが、そこには最新モードを緻密に分析する、浜田さんの研究の成果がつまっているのです。モードマニア必読の特集です! SPUR8月号「浜田英枝の先取りレイヤリング講座」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR8月号のジョージア(旧称グルジア)特集、必見です。「ジョージアがやばい」という話は5年ほど前から出ていたんですよ。でも、その時点では早すぎた。じわじわとイケてるスポットが開発されていき、メルセデスベンツ・ファッション ウィーク・トビリシが徐々に盛り上がっていき、満を持してこのたびシュプールは特集に踏み切りました。 ヨーロッパ、アジア、そして中東のクロスポイントに位置する旧ソ連の小国。デザイナー、デムナ・ヴァザリアの出身地としても注目され、ここ数年でファッション偏差値が一気に上昇。そこには、世界各国から買い付けた最新モードとともに、ジョージアデザイナーによる独特のファッションアイテムが揃っていて、そのどれもが本当に素敵なんです! もちろん、東京では買えないものばかり。そしてなんといってもここはワイン発祥の地。夢のようにおいしいオレンジ色のアンバーワインにあわせて、これまたファンタスティックなジョージア料理を堪能しましょう。こちらは、ヒンカリと呼ばれるジョージア版の小籠包。スパイスのきいた具から肉汁がじゅわっと溢れでてきます。 首都トビリシから車で3時間ほどの、秘境ステパンツミンダへのトリップも忘れずに。この風景をみたとき、「あ~ここは、天国なのかな」と本気で思いました。 こちらはファブリカホステルにあるカクテルバー。 そうなんです、ジョージアのホテルの内装のレベルの高さといったら。ホテルに一日いるだけでも楽しいです。というわけであまりにも素晴らしい国すぎて、熱量高めに情報を誌面に詰め込みすぎてしまいました。「こんなに細かいページ、久しぶり」と思われるかもしれませんが、後悔していません。ぜひじっくりお読みください! SPUR8月号「おしゃれな人はジョージアを目指す」を試し読み(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND