二日酔いやダルい朝におすすめ。豆乳スープ&梅スープで、パワーチャージ♡

DAILY MORE

寒いこの時季、重宝するのがスープ。料理研究家のワタナベマキさんに教わりました。今回は、食欲がない時や二日酔いの朝にぴったりなレシピを紹介♡

●教えてくれたのはワタナベマキさん
料理研究家。手際よく、しみじみするほどおいしく、心身ともに満足できる料理を提案。著書は『じゃがいも×ワタナベマキ=食感』『旬菜ごよみ365日』(2冊とも誠文堂新光社)など多数

食欲がない朝は、「鳥ひき肉ときのこカレー豆乳スープ」。

食欲がない朝でも、スパイシーなカレー粉の香りが食欲を刺激! きのこたっぷりでヘルシーなのも◎。

材料(1人分)

鶏ひき肉………………………………… 80g
長ねぎ……………………………………12㎝
しいたけ…………………………………2枚
えのきだけ……………………………… 30g
ごま油……………………………………少々
カレー粉……………………………小さじ1
みそ…………………………………大さじ1
豆乳…………………………………… 200㎖
しょうが(すりおろし)…………小さじ¹⁄₃
【A】 
酒……………………………………大さじ1
水……………………………………… 120㎖

作り方
長ねぎは斜め薄切りにする。しいたけは石づきを取って4等分に、えのきだけは石づきを取って2㎝長さに切る。
鍋にごま油を入れ、カレー粉と鶏ひき肉を加えて色が変わるまで中火で炒める。
①を加え、全体がしんなりするまで炒め、Aを加えてひと煮立ちさせてアクを取る。
弱火にし、ふたをして約6分煮る。みそと豆乳を加えたら煮立つ直前で火を止め、しょうがをのせる。

二日酔いの朝は、「大根と油揚げの梅スープ」を。

肝機能を高める梅干しと、デトックス作用のある大根で回復スープに。

材料(1人分)

大根……………………………5㎝(100g)
油揚げ……………………………………¹⁄₂枚
雑穀…………………………………大さじ2
しょうゆ……………………………小さじ1
白いりごま…………………………小さじ1
【A】
梅干し……………………………………1個
だし汁………………………………… 300㎖
酒……………………………………大さじ1

作り方
皮をむいた大根は5㎜厚さの半月切りに、油揚げは三角形に切る。雑穀はさっと洗い、約10分ゆでる。
鍋に①、Aを入れ、梅干しを軽くほぐして中火にかける。煮立ったら弱火にし、ふたをして約7分煮る。
雑穀を加えてさっと煮て、しょうゆ、白いりごまを加える。

関連記事: 朝のプチ不調&夜の疲労回復に! 美味しくて元気が出る、簡単スープレシピ❤
便秘がちの人&肌のくすみが気になる人に! 野菜たっぷり簡単スープレシピ!




取材・原文/広沢幸乃 撮影/加藤新作 スタイリスト/曲田有子 料理製作/ワタナベマキ

関連記事
  • 魚だけじゃない? 男たちの缶詰愛 男はサバ缶もイワシ缶も好き。 ちょっと懐かしい?缶詰にまつわるあれこれを熱く語ってみました。 東北旅行のおみやげ 息子ファーストな妻が旅行先で“息子のために”買った「いちご煮」。そのうち味見しようと画策中です。 貝のオイル漬けがつまみ カキ、ムール貝、つぶ貝などのオリーブオイル漬けが好き。中でもレモン味がどんなお酒にも合うのです。 瓶詰でもいいですか? 今回の特集の影響でオイルサーディンにはまり、缶から瓶詰に到達。オメガ3脂肪酸のマークが誇らしげ。 サバ水煮LOVE♡ 決してブームに乗ってじゃないですよ。みそ煮も捨てがたいが、やっぱり水煮派。わが家でもサバ缶が定番です。 サキ:今月の「魚料理は缶詰におまかせ」特集(LEE3月号 P.142)、どれもおいしそうなんだよね。 ぷー:僕はさっそくフライパンピラフを作りました。パエリアみたいで簡単にできます。 サキ:出てくる缶詰が手に入れやすいのがまたいいんだ。子どもの魚嫌いも減らせるかも。 父K:おお。イワシの蒲焼きなんて、ひとり暮らしの頃、何度お世話になったことか。 ミツ:うちもサバの水煮缶は妻が常に常備していて。おつゆに入れるとおいしいんですよ。 サキ:へえ、やってみよう。 ぷー:サバの水煮は生の状態で缶に詰めて熱を加えるから、汁にも栄養が入ってるんです。 父K:すげえ! 詳しいね。 ぷー:って、林修先生のテレビで言ってました。 サキ:今回は3つの魚だったけど、今は本当におしゃれな缶詰多いよね。一時期、缶詰バーも取り上げられてたじゃん。 父K:缶詰というと、哀愁がある感じでしたけど、今はアヒージョとかありますよね。 ミツ:ガパオチキンってのもあるらしいですよ。タイ産の。 ぷー:デザインもしゃれてて、かわいいサバ缶もあるしね。 ミツ:昔、玉置浩二のドラマでサバ缶なかったですか? 父K:サバカレーだ! 千葉で野球やるやつでしょ。 ぷー:それざっくりしすぎです。あと20年くらい前だから! サキ:そういえば熊カレーもあるよ。もらったことあるな。 父K:野生動物の味? サキ:うん、けものっぽい。 ミツ:コンビーフは食べます? サキ:こないだ久々に食べたら、意外とおいしかった。 ぷー:僕も時々食べます。サンドイッチにするとうまい。 ミツ:あの「コン」って何? 父K:あれって何だろう。細かく砕いてある感じかな。 サキ:ちょっと待って。(検索して)塩漬け肉で「コーンドビーフ」からきてるみたいだ。 ぷー:ためになる。 父K:あ、急に思い出した。赤飯の缶詰食べたことない? ミツ:そんなのあるんですか? 父K:自衛隊のミリ飯なのかな。うち、親が働いてたから。なんのラベルもない缶に「赤飯」って書いてあるだけの。 ぷー:それ、僕も自衛官の親戚から聞いたことあります。 サキ:腹もちはいいよな。保存可能なおにぎりみたいなもの? ミツ:そもそも缶詰って、いつまで食べられます? 10年? 父K:缶が腐らなければ平気? ぷー:一応、期限はあるよ。 ミツ:そうだ、防災訓練で保存食配ったら、期限切れでトラブルって話聞いたことある。 ぷー:なんかかわいそうだな。 父K:期限が迫る備蓄用のを放出するつもりだったのかも。 ぷー:そう言われると、うちのも切れてる気がしてきた。 サキ:非常時には食べるだろうけどね。見直す機会として各自、自宅のを確認してみるか。 一同:賛成!  
  • 美肌揃いのノンノ専属読モ・カワイイ選抜がリアルに使ってるベースメイクコスメをご紹介★ さらふわ肌もツヤ肌も、なりたい肌を手に入れられる化粧下地はコレ!藤田玲奈の透明感すりガラス肌をつくる方法◎ No.53 藤田玲奈 コンプレックスがあっても可愛なれる方法を発信していきます! 藤田玲奈のブログ 血色感UP! 南浦芽依のコントロールカラー下地 No.51 南浦芽依 親しみをもてるカワイイ選抜として、日常の「美味しい」や「可愛い」を発信していきます! 古野美優はくずれ知らずのさらふわ肌に♡ No.48 古野美優 小柄さを魅力に変えて発信していきたいです!スマイル振りまきます 他の画像を見る
  • 2品とも、まさに凛と生きるアラフィー向き。ぜひ、お試し下さいませ!'とても''非常に'を表す古語「いと」と内なる美しさ「凛」から命名されたブランド『ITRIM(イトリン)』。昨年の秋、鮮烈なデビューを飾った『ITRIM』は、伝統的な有用植物・天然素材を使用しているのが特徴の一つ。美容のプロたちを夢中にさせているワンランク上を行く、アンチエイジングブランドなので要チェックです! 今回の新製品は2品。5つの天然植物スクラブを配合したゴマージュと、肌に優しく環境ストレッサーからタフに守るプロテクター。ゴマージュで優しく肌を整えてから、プロテクターを塗って肌を守るというのがITRIM流。 肌への優しさを第一に考えたゴマージュは、とろっとしたジェルベースで、贅沢な感触!汚れや古い角質を穏やかに取り除き、透明感アップして、肌が見違えるのを実感します✨ 日焼け止め乳液は、軽くてなめらかなテクスチャー! 淡いピンク色だから、自然に補正して肌を血色よくしてくれます 2品とも、まさに凛と生きるアラフィー向き。ぜひ、お試し下さいませ! ITRIM エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 100g ¥12000 ITRIM エレメンタリー フェイシャルプロテクション SPF45/PA++++ 80g ¥12000 ‪3月20日‬発売。 #発表会 で出された #和菓子 も #素敵 でした #itrim #itrimbeauty  #cosmetics #skincare #beauty #new #organic #natural  #美容 #日焼け止め #イトリン #ゴマージュ  #UVケア #日焼け止め #新作コスメ #プレミアムオーガニック #エクラ #50代
  • 寒くってやですねぇ〜家に閉じこもって鍋をつつくのもすきですが、えいやっでお出かけするのも嫌いじゃない。そんな冬の夜の呑んべい日記です。飲むと気分がよくなり、ワインとスイーツという禁断の組み合わせをしてしまいます。そんな罪深い写真が数々あったのでアップさせていただきます。こちらのスイーツはほうじ茶チーズケーキ&ロゼ。ロゼとか詳しくないのでどこぞの物かも記憶がありませんが、美味しゅうございました。こちらは鎌倉のお気に入り、ガーデンハウスさんでの一コマ。お次は横浜の夜景を堪能できるお店「響」スカイビルのトップ層階にあります。まかさYCATの上がこんなことになっているとは、静かにのんびり飲めるいい場所でした。ここでの禁断のスイーツはこれまた「ほうじ茶クリームブリュレ」×シャルドネ。見ての通り、美味しゅうございました。それにしてもほうじ茶きてますね!!あとキャラメルも?陰陽バランスバッチぐー(死後?)なのでしょうか!絶妙なコンビネーションです。お次はこれまた鎌倉にあるレストラン「バスティーズ」海が一望の絶景レストランなのですが夜行くことが多く、素敵な景色はながめらず。しかし見ても美しいスイーツを堪能させてただきました。そしてワインは11ミニッツというロゼ。ボトルラベルの円を除くとマドンナがいるのです。そしてこちらのマドンナが微笑んでみえるか、困っているか…?というもの。私たち4人中、一人は困ってる、二人は微笑んでいる、そして一人は無表情という結果でした。美女組No.95はづきのブログ
  • 誌面ではご紹介できなかったのですが、素晴らしく、感動したビューティプロダクトのお店をご紹介します。 小さなお店ですが、ラボもあって、飾っている植物や、イラストも含め、最高にお洒落なお店でした。 LA BOTE。 何が新しくお洒落かって、その人に合った化粧水やクリーム、オイルを調合して作ってくれるのです。 見た目は違いますが、漢方の考え方に似ているなぁと私は興味津々でした。 ファッションも含め、色々なものが選べる時代。既製品ではなく、何か自分のオリジナルを。 そんな時代にぴったりの素敵なお店でした! 訳あって細かな取材まで出来ませんでしたが、こんなお店が日本にもあったらなぁと願わずにはいられません。 肌の状態、住んでいる場所の環境や気候、生活習慣、みんな違うからこそ、必要なものもみんな違うはず。細かなカウンセリングはありますが、是非時間を作って行って頂きたいお店です。 中身はもちろん、お店の雰囲気、香りにきっと癒されるはず。 作って頂いたオリジナルのクリームは、日本の乾燥した冬にぴったりで、今日も私の肌を潤してくれています!
  • ハワイへの旅を考えるとき、何度か行ったことのある人なら、今度はどこに泊まろうか、あの店にも行ってみたい…と考え始めるだけで浮き立つ気分に!そんなとき、「大人だったら、こんな過ごし方や楽しみ方のスタイルもあるよ」と、そっと耳打ちしてくれるような本が、『大人心の、気ままなハワイ』。暮らすように旅をする、というサブタイトルも、時間的&気分的にゆとりが出てきたOurAge世代の心に甘く響きます。プルメリアのレイが印象的な表紙。ハワイではお祝いや挨拶代わりにあげたりもらったりするものですが、5月にはレイデーというフェスティバルがあって、市民が力作を競う合う「レイ・コンテスト」もあるのだそう。 『大人心の、気ままなハワイ』田中真理子著 小石川書館 本体¥1600+税ところで「暮らすように旅をする」という言葉、ゆったりと肩の力が抜けた感じで憧れますが、実際にはどうすればそんな風に過ごせるのでしょう?漠然とした疑問に、ページを繰るたび、著者ならではの「暮らすような時間」が披露されていきます。お気に入りの拠点はオアフのノースショア。気が向くとバスや車であっちこちお出かけ。好きなところに好きなだけ時間をかける、欲張りすぎないという贅沢な大人の旅。「そう、こういう過ごし方をしてみたいの!」と共感できるポイントがたくさんあるのです。マーケットで大束で売られているクレソンを見て喜び、その日は早速おひたしやらに料理して、野菜好きの夫とクレソン祭り。わっおいしそう~、ナムルも試してみたい!公営ゴルフコースでひと汗かいた後は、レモネードを飲んで定番おかずのカレーを買って帰る。こんな気軽な感じでスポーツできるなら、私だって!隣町の歴史ある“ちいさい図書館”へ行き、ハワイアン・ノンフィクションコーナーで本を探す。誰にも邪魔されず静けさと趣味にひたれるなんて、至福すぎるひととき!著者が選んだハワイでのロングステイ先は、バケーション・レンタル(バケレン)。バケレンとは、マンションや戸建てのオーナーたちが、自分たちが利用しない期間、貸し出したい物件のことです。そんな物件がたくさん登録されているサイトから見つけたのが自分たちの気分にぴったりだったのでした。そうったバケレンの選び方から街やビーチの散歩、おいしいもの、フェスティバル、手作り教室の体験談etc.必要なものにはアドレス紹介もついています。そのどれもが、出会った(見た)人を愛情たっぷり目線でとらえた描写や、会話の端々から仕入れたようなプチネタ付きでおもしろく、そこも大きな読みどころ。クスッとつい笑っているうち、著者のおおらかな人柄に引き込まれていきます。レイ・デーのフェスティバルで、おばあちゃんたちが自慢げに作っているオリジナルのレイをウォッチしているうちに、自分もいつかココの人になりたい、と妄想…。思わず植物園で開催されているレイ・メイキング教室に参加。これはその時の初めての作品。多少曲がっていても全然OK、こんなの作ってみたい!ヴィンテージショップのおじさんは「いつもかわいいおしゃれしてる」と密かに注目。着眼点にクスリ。ハワイや太平洋にまつわる古物好きな人やコレクターの間で有名なお店で、思わず財布のひもが緩む自分をゆるしてしまう。そもそも、どんなきっかけからこの本が生まれたのか。誕生秘話などを、本書内の魅力的な写真も交えながら次ページでご紹介していきます。長年、雑誌や書籍の編集業に携わってきた著者の田中真理子さんは、ハワイ旅歴35年。子どもが小さかった頃、子連れでも気兼ねなく楽しめるからとコンドミニアムやバケレンを利用するようになったそう。「画一的なホテルとはちがって、オーナーの人柄や味が感じられるのがバケレンのおもしろみです」。子どもが大きくなり、今は夫と2人のハワイ時間をおだやかに満喫。オアフ島ノースショアにある小さな町ハレイワにみつけた小さなアパートで休日を過ごすのが今のお気に入り。トライ&エラーの実体験をもとにしたレンタル先の選び方など、具体的で参考になりますそんな35年間の家族旅はもちろん、普段の日々のこだわりまで、編集者の習性で(!?)いつもこまめにカメラに収め、写真集製作サービス(Photoback)で文庫本サイズにまとめている田中さん。その膨大なフォトアルバムを見た出版元の担当者が、これはおもしろい!と興味を持ったことがきっかけで、今回の本が生まれました。余談ですが、旅以外の日々のこだわりというのは、例えば、いつも食べている味噌汁。そのフォトアルバムはテレビでも紹介されたのだとか! さぞや具沢山でおいしそうで、バリエーションに富んでいたんだろうなあ…。自身の旅の記録がベースとわかると、興味やこだわりの偏り方も当然。“ださかわいい”に魅かれたり、さとうきび列車が気になって調査してみたり、その偏りっぷりがまたオリジナリティあふれて魅力的。大急ぎの買い物三昧や食べ歩きは卒業して、自分のこだわりをとことん追求しに行くのもいいかも、と触発されます。ほとんどの写真は著者が長年撮りためてきたものですが、本を作るにあたり、よりわかりやすいカットを、と撮り直しに行ったものもあるそう。見せ方への(もちろん読みやすい字の大きさや量も)こだわりも編集者ならでは、です。表紙を飾るプルメリアのレイに始まり、ヤシの木と空の爽快なコントラスト、色彩豊かなマーケットの食材、深い歴史のある建物…どの写真にも太平洋に浮かぶこの楽園への愛着があふれています。ワイキキから車で1時間、ハレイワのアパートの前に広がる海は、地平線まで続くマリンブルーのグラデーション。海の青さに加えて、時間によって刻々と変わる光と影と風は何度見ても飽きることがない。フォトジェニックな南国フルーツ。1個から買えるファーマーズマーケットで、毎回行くたびに試してレパートリーを広げてきたそう。糖度が上がるという夏を狙って全種類食べに行きたくなります著者は、自由に気ままに、ハワイでの旅の時間を豊かに楽しむコツについてもさらにこっそり教えてくれます。たとえば、夫とふたりの旅行だけど、別行動したいっ、と思ったらどうする? 次ページへOurAge世代が夫婦ふたりで旅するとして、旅の途中、夫と行動を別にして、気兼ねなく一人でブラブラしたい、と思うときもありますよね。でもいざ一人になると、場所によっては正直、心細い気分にも…。そんなときはどうするか。著者が行くのは、いつ行っても訪問者が少なくて静かな植物園。ただ、ちょっと静かすぎて不安になるので、心の中で「同行二人」と考えるのだそう。植物にすごく詳しい友人と一緒にいるつもりで、語りかけるように歩く…。経験を重ねてきたからこそ、自分らしく時間を楽しむための切り替えが旅の参考になります。著者が夫に気を使わず散策する場所のひとつ、フォスター植物園。植物園や博物館は自分のペースで回るメリット大。今まで気づかなかった新たな発見があるかもまた、手作りへの愛も。ビーチコーミングで集めたビール瓶の蓋は、日本に帰ってからリースにして飾っているもの。買ってきた布で次回のステイ中に使うエコバッグを作ったり。逆に、バケレンの部屋の壁にはミュージアムの半券や買い物メモを貼り重ね、自宅の冷蔵庫っぽくなったなあ、と眺めながらリラックス(笑)。海沿いを歩くときは下を向いて歩くことが多いという著者とその家族。なぜなら風化した漂流物好きだから。そんな瓶の蓋を選りすぐってリースに!プランテーションで働く移民たちの労働着だったというパラカシャツの生地屋さんで買った生地は、持ち帰ってエコバッグ作成。使うたびに旅の記憶がよみがりそうハワイでの時間や出来事と、普段の暮らしがゆるやかにシンクロしている様子が、なんだかいい。自然体で遊び心があって、真似したい。「ひとりひとり、その人なりのハワイの楽しみ方があると思うんです」。自分ならどんなスタイルで過ごすか、自由な空想が広がっていく幸せな一冊です。http://www.koishikawashokan.co.jp/文/川口貴子
  • BAILA3月号、もう手に取られましたか??^^ 今月号の付録は 「簡単すぎるのに歓声が上がる、お家女子会レシピ」!!! 加藤綾子さんの2年間に渡る連載をぎゅっとまとめて一冊に。 しっかりしたレシピ本〜!!最高〜!! 結婚して、家に人が来ることが増えたので、 レパートリーを増やしたいと常々思っていたのでこれは嬉しい!! お家でパーティーの時には やっぱり見た目も華やかにしたい、、、、 でも簡単なレシピがいい、、、、 そんな願いを叶えてくれるレシピ満載♡ 私も先月ずっと欲しかったお鍋「staub」をゲットしたところです。 このお鍋すごいんです^^ 食材から出た水分を蒸気に変える→蓋の突起に付着し水滴になる→そのまま食材に降り注ぐ なのでお肉のローストなんかは、塩とお酒だけで、びっくりするほど甘く、旨味ぎっしり。 食材の水分だけでスープができちゃう優れもの^^ パーティーの時には鍋ごと置いて可愛いのです。 付録のレシピにも挑戦したいと思います!!! そして本誌のトレンチ企画にもチラリと参加させていただきました。 トレンチコート、自分の体のタイプ別に似合うデザインや丈が分かっちゃいます〜!! これで自信を持って一生物のトレンチコートが買えます♡ 皆さんも自分にぴったりの1着、BAILA3月号で見つけてくださいね!!スーパーバイラーズ 堤友香のブログ
  • こんばんは❤︎ 最近、ドラッグストアやロフト、 PLAZAでよく見かける 気になっていたアイテムを 買ってみました\(^o^)/ それがこちら、、毛穴撫子の『お米のマスク』☻税込¥702で10枚入りです☻おすすめポイントは2つ☝︎❤︎ ①毎日使える✨ ②お肌の乾燥が気になる時の スペシャルケアとしてもオススメ✨ ⑅⁺˖- - - - - ⋈ - - - - -˖⁺⑅ 洗顔後すぐの使用がおすすめです♪ 清潔な手で袋からマスクが破けないように 丁寧に取り出し広げ、 最初に目の位置、次に口の位置に シートを合わせてから、顔全体に 密着させます*そのまま5分ほど置いて、 そっと剥がします✨ お肌に残った液は、手のひらで なじませると効果的だそうです☻美容液をたっぷり含んだ厚手のシートマスクが お肌にぴたっと密着し キメをふっくら整えて、 もっちりした肌にしてくれるそう…❤️!* 肌の乾燥が気になるこの季節は 朝起きてからと夜寝る前の2回、 使っています(^^) ⑅⁺˖- - - - - ⋈ - - - - -˖⁺⑅ 気になった方は是非チェック してみてくださいね♬カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
関連キーワード