話題の金沢おでんに、和菓子作り体験も♡ 『三井ガーデンホテル金沢』にステイして美味とアートを満喫する旅!!

DAILY MORE

1/11(金)、ついに開業した『三井ガーデンホテル金沢』。さっそくご招待いただいたライターみかりんが、その素晴らしさをレポートします!
レポート後編では、気になるお食事、和菓子作り体験、ホテル内に散りばめられたアートの数々など、もりだくさんでお届けしますよ!

→素敵なお部屋やお風呂については前編をチェック♡

お食事は金沢らしさ満点のレストラン『能加万菜 万庭』で♡

1階にあるレストラン『能加万菜 万庭(のうかばんざい まんてい)』は、石川県の食文化の魅力を発信するブランド『能加万菜』とのコラボ! ウキウキしちゃうビュッフェが楽しめます♡

朝食の「おばんざいビュッフェ」は、中央の大きなビュッフェ台に所狭しとおかずが。和食はもちろん、パンやベーコンなどの洋食もありましたよ!
ずらりと並んだ小鉢は、九谷焼の器がどれも本当に可愛いっ!! トレーの上をコーディネートするつもりで、好きな色柄を選んでみて。
金沢名物の車麩を発見! 卵とじになっていて、ふわふわジューシー……♡
今話題なのが、金沢おでん! 金沢の食材をふんだんに使った具材が特徴なんです。街中でも、一年中食べられるお店が増えているそう! 出汁がたっぷり染み込んでいて、あたたまる〜……♡
いろいろよくばったみかりんのトレーがこちら(笑)。大きめの器にも鮮やかな模様が施されていて、味もビジュアルも満点です!(トレーひとつでは食べたいものが乗り切らず、上にもうひとつトレーがあるのは見て見ぬふりをしてください)
デザートにはわらび餅とほうじ茶を♡ ほうじ茶は金沢が発祥の地ともいわれ、茶の葉ではなく茎の部分を使うことから「棒茶」とも呼ばれています。湯呑みも可愛い!

生まれて初めての和菓子作り体験で、てんやわんや(笑)

今回ご招待いただいたプランの中に、特別に「和菓子作りワークショップ」がありました。(通常『三井ガーデンホテル金沢』では行っていませんが、ホテル近辺に体験できる場所がたくさんあるのでぜひ調べてみて!)『越山甘清堂』の職人さんが、その場で一緒に作りながら指導してくれます。和菓子大好きだから嬉しい! ワクワク♡

▶︎▶︎『越山甘清堂』のお店でも和菓子作り体験ができます!詳しくはコチラ♡

職人さんが驚くべき速さで驚くべき美しさに仕上げるなか、もちろん私は悪戦苦闘。周りを見渡しても「なんだか私のだけボロボロじゃないか?」という思いに苛まれながらも、なんとか作り上げました!
じゃーん♡ ピンクが梅の花、緑がウグイスです。(え?違いますよマンボウじゃありません!) 多少形が崩れているのもご愛嬌。自分が作ったと思うと、おいしさもひとしおです。

ついつい見惚れちゃう♡ 館内にはアートがいっぱい!

『三井ガーデンホテル金沢』は、「オルタナティブな金沢」をテーマに12名の工芸作家や気鋭のアーティストによる作品を館内の各所に展示しています。みかりんが発見したのはこの7つ!

館内に入ってすぐのロビーでは、縁起のいい鹿をモチーフにした「へいわののりもの」(手前右)が出迎えてくれます。
エレベーターホールにはカラフルな展示「菓子折々」。実はこれ全部、和菓子の型! 漆を使って現代的な色味をつけています。
石川県は日本でもかなり降水量の多い場所。そのため虹が出ることも多いので、果実の断面で虹を表現したのがこの「虹の果実」。
「トリプル」のお部屋で見つけたのが、水引を使った「花紋」。水引も金沢の伝統工芸なんですよね。上品な色合いも素敵!
13階のエレベーターホールには「pieces of time」という作品が。実はこれ、手漉き和紙に樹脂を含ませて固めているんです。
「ヒのマ- layer -」は、ロビーからエレベーターホールへ向かう途中にあります。確かさと不確かさの間(はざま)を、ガラス素材を用いて表現しています。
私が宿泊したお部屋「コーナーツイン」に展示されていたのは、「うつろう光の様相」。空気や水の流れをモチーフにしているそう。

アートはまだまだ館内に隠れているので、「これはなんだ!?」と思ったらぜひスタッフに聞いてみて♬

前後編でお届けした『三井ガーデンホテル金沢』の魅力、みなさんにもしっかりお伝えできたでしょうか? 女子旅はもちろん、家族やカップルでも満足できること間違いなし! 金沢旅行の際はぜひ利用してみてくださいね♡

▶︎▶︎『三井ガーデンホテル金沢』公式サイトはこちら


関連記事
  • 桐谷美玲さんのワードローブにも数多くラインナップしているというジージャン。着回しやすい便利アイテムという配役から、新たな色やテイストの"受け止め役”に転向し、フレッシュな春をスタートさせてみては。桐谷美玲の【ジージャン】3コーデ抜け感ブルーデニムと一緒にこの春、カラーコーデを日常に 美玲さんも「着慣れている」というブルーデニムジージャンこそ、春カラーを相棒に。「普段しないきれい色とのコンビが新鮮でワクワクします」。ジージャン¥49000/アマン(アトリエ ノティファイ) Tシャツ¥6500/サード マガジン(Hanes×Karla) スカート¥28000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) バッグ¥45000/コード(ヴァジック) バレッタ各¥3800/RHC ロンハーマン(バレット) ソックス¥1500/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(グレン クライド) 靴¥15000/オデット エ オディール新宿店(オデット エ オディール)難易度の高い上下デニムもホワイトなら洗練度抜群 今季大注目のホワイトデニム。そのクリーンな存在感があればセットアップ感覚でデニム×デニムも意外と簡単。「ホワイトデニム、気になってました! パステルカラーとの組み合わせもデニム素材だからこそかっこいい雰囲気になりますね。上下ゆるっとのバランスも好き」。ジージャン¥26800・パンツ¥20800(ともにサージ)・キャミソール¥29000(サヤカ デイヴィス)/ショールーム セッション バッグ¥39000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) 靴¥61000/フラッパーズ(ネブローニ)大人だからこそ持ちたい、普遍性のあるインディゴジージャン ジャケットのように"きれいな顔”をした一枚。インパクトのあるスカートとの合わせも上品に着地。「年齢を重ねても着る姿を想像できるのがインディゴ。ジャストサイズを選んで女らしく着たいです。ボタンを留めてシャツのように着こなすのも好き」。ジージャン¥42000/サンスペル 表参道(サンスペル) Tシャツ¥8100/エイトン青山(エイトン) スカート¥49000/RHC ロンハーマン(ククサーカ) バッグ¥94000/ロンハーマン(タタキット エム) ピアス¥22000・ダブルリング¥54000/ボウルズ(ハイク) ジージャンはインパクトのある服を受け止めてくれる切り札ジージャンは、昔から着ているなじみ深いアイテム。季節を問わず着られるものだし、シワになりにくいから旅行に持っていくことも多くて、コンパクト、ロング、オーバーサイズ、リメイクなど、全部で6着くらい持っています。そのほとんどがブルーデニム。最近、ブラックを買い足しました。いちばんよく着ているのは、丈が長めのメンズっぽいオーバーサイズのもの。ワンピースのハズしにしたり、ワイドパンツと合わせてボーイッシュに着たり、どんなテイストにもなじんでくれるのがいいんです。汎用性が高いからこそ、気後れしがちなキャッチーな色やオールホワイト、インパクトのある服を受け止めてくれて、新しい合わせにトライするときの切り札になることがわかりました。この撮影での新しい発見によって、ジージャンとの仲がより深いものになりそうです。(美玲)撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/菊地美香子〈TRON〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子※BAILA2019年4月号掲載
  • LEE3月号 P.21ではまじさんが履いていた、“きちんと見え”する『REMME』の甲深フラットシューズが入荷しました! シンプルで今っぽいデザイン、足元をチェンジするだけで去年までのコーディネートが驚くほど新鮮に。ここまでおしゃれ見えするのに、レザーが柔らかく履き心地がよいところも◎。はまじさんも大絶賛の『REMME』、オススメです!   REMME/甲深パンプス/¥14,800+税 【LEE】2019年3月号掲載 スペインの上質な柔らかレザーを使用しているのと、カカトのゴムが効いて履き心地◎甲深なので、甘くなりすぎず、カッチリなりすぎない女性らしい足元を演出してくれる靴です。       その他LEEマルシェでは、LEE3月号でも注目の「楽してきちんと見える靴」を特集しております。 是非下記より合わせてご覧ください!      
  • おしゃれな人ほど、3月からフル活用している白Tシャツ。おしゃれな人のコーディネートには、季節問わず白Tシャツが欠かせないという事実! ベーシックだから、というだけじゃないその理由を、Tシャツマニアのスタイリスト斉藤くみさんが解説します。 教えてくれたのは……スタイリスト 斉藤くみさん 幅広いテイストを網羅する確かなセンスと審美眼に、多くのモデルや女優が信頼を寄せる。スタイリストとして活躍する一方、新ブランドNORC by the lineのディレクションも手がける。 春に「ちょっといい白T」を買うといい理由理由1 新顔アウターにチェック柄。トレンド要素をまとめてくれるから スポーティなマウンテンパーカと、レディなチェックスカート。テイストの違うアイテムをかけ合わせたMIXコーディネートも、合わせる服を選ばない白Tを介せば失敗なし。新顔アイテムを、身近に引き寄せてくれる。Tシャツ¥12000/エイトン青山(エイトン) コート¥55000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ザ リラクス) スカート¥35000/ebure ピアス¥24000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング)理由2 旬のレイヤードをすっきり見せてくれるから パーカやジージャンなど、レイヤードスタイルが新鮮な今季。いちばん下に着た白Tで、顔映りをクリーンに。Tシャツ¥3500/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ヘインズ) ジャケット¥42000/ボウルズ(ハイク) パーカ¥21000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) デニム¥16000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) バッグ¥171000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥69000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)理由3 流行の色アウターとも好相性だから 冬から春への端境期。薄手の春アウターや、春色のロングカーデともマッチする白Tはインナーに大活躍。また、トレンドのサロペットやジャンパースカートをモダンに大人っぽく着こなしたいときにも、白Tは定番にしてベストなチョイス。下に着るなら、ほどよい厚みとフィット感のあるものを選んで。Tシャツ¥2500/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) コート¥160000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) サロペット¥22000/スピック&スパンルミネ有楽町店(スピック&スパン) ピアス¥188000/ハム伊勢丹新宿本店(ハム) サングラス¥48000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥135000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥85000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)理由4 盛り上がっているサロペットのインナーにもベストだから サロペットやジャンパースカートをモダンに大人っぽく着こなしたいときにも、白Tは定番にしてベストなチョイス。Tシャツ¥2500/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) コート¥160000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) サロペット¥22000/スピック&スパンルミネ有楽町店(スピック&スパン) ピアス¥188000/ハム伊勢丹新宿本店(ハム) サングラス¥48000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥135000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥85000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)理由5 ニットからちらっと見せるだけで今っぽいから ニットの下に白Tを重ねて、襟元からほんの少しだけ、チラリとのぞかせる。それだけで、手持ちのニットがなんだか今っぽくこなれて見えるから不思議。Tシャツ¥7500/オーラリー ニット¥12000/トゥモローランド(マカフィー) サロペット¥14000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) ピアス¥578000・リング¥212000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) ブレスレット¥14000/ショールーム セッション(マリア ブラック) 時計¥22000/ダニエル・ウェリントン 原宿理由6 フェミニン服の甘さを中和してくれるから 白Tだからこそ、主役のスカートのフェミニンさを邪魔せず、それでいて気負わないムードをプラス。甘さをちょうどよく引き算してくれる。Tシャツ¥1000/ユニクロ(ユニクロ ユー) カーディガン¥19000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) スカート¥22000(ノーブル)・靴¥52000(ディ ミリ)/ノーブル コレド日本橋店 ピアス¥19000(マリア ブラック)・リング¥400000(マリハ)/ショールーム セッション バングル¥28000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ) 時計¥22000/ダニエル・ウェリントン 原宿 バッグ¥40000/コード(ヴァジック)理由7 一枚で勝負するときも、体がきれいに見えるから 白T×デニムのベーシックも、シルエットや質感でひとさじのアップデートが必要。体のラインを拾わない適度なゆとりと生地の厚み、上品なしなやかさ、そして首もとのスカーフとも相性がいい詰まりぎみのネックライン……大人が一枚で着てサマになる、"今"の白Tの条件を備えて。Tシャツ¥5900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) デニム¥18500/ショールーム セッション(サージ) スカーフ¥19800/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ドニー) ベルト¥7000/フラッパーズ(レフィエ) ピアス¥152000・バングル¥216000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 時計¥420000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥40000/コード(ヴァジック) 靴¥74000/ジミー チュウ撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/中村アン 取材・原文/東原妙子 ※BAILA2019年4月号掲載
  • しばらく続いた忙しさがひと段落つき、「どこか旅に行きたいな。10日間くらい海外とか?」とぼんやり考えているうちにまた予定が入り始めて先送りに……というのが私の“あるある”ですが、一度かき立てられた旅ゴコロは簡単には消えないもの。すると自然に、書店で選ぶ本が旅をテーマにした小説やエッセイになったりします。『短編伝説 旅路はるか』は、今年最初の旅願望がやっぱり実現に向かわなかったとき、「せめて」と手に取った文庫本。「旅」をキーワードに16人の書き手の作品を1編ずつ集めたアンソロジーですが、読後いろいろな感情がわいてきて、心が耕されたというか豊かになったというか。「旅には行けなくてもそれはそれでいいことが!」と、ちょっとうれしくなりました。『短編伝説 旅路はるか』 五木寛之、井上ひさし、角田光代、川端康成、宮本輝、群ようこ、夢野久作、夢枕獏ほか 集英社文庫 ¥840(税別) ご近所であれ宇宙であれ“ここではないどこか”に行って、日常とは違う何かを感じとればそれは旅。16編を集めたアンソロジーの中には、文字通りの距離ではなく心の距離が描かれた山本文緒著『過剰愛情失調症』もわいてきた感情のひとつが、なつかしさ。森瑤子さん、景山民夫さん、星新一さん、西村寿行さん……この4人の小説を読んだのは何年振りだったでしょうか。それぞれの個性を「そうだった!」と思い出しただけでなく、時間を経ていたことでそれらがより鮮やかに見えた印象も。たとえば、森瑤子さんの「エアポートは、雨」からは、愛し合う男女のどうしようもない溝が。景山民夫さんの「税関にて」からは、男のやんちゃさやニヒルさが。星新一さんの「不満」からは、話のオチの唖然とするほどの見事さが。西村寿行さんの「まぼろしの川」からは、さくさく読める文体の快感が。手に取りやすい文庫でなければ、そしてアンソロジーでなければ、彼らと再会しにくかったかも!?という気もします。そしてもうひとつのわいてきた感情が、小説の細部から自分の経験がよみがえってくる面白さ。唯川恵さんの「夏の少女」は金沢が舞台だけど、住む人がいなくなった九州の親戚宅のたたずまいを思い出した。山田正紀さんの「ホテルでシャワーを」は東南アジアの話だけど、イースター島の空港ロビーで雨に降りこめられたときの匂いを思い出した。胡桃沢耕史さんの「父ちゃんバイク」はバイクでアジアハイウェイを走破するロードノベルだけど、ペルーの田舎町で見た赤茶けた崖を思い出した。とまあこんなふうに記憶が次々によみがえってきて、ページをめくる手を止めてぼんやりする時間が長くなり……。ふつう「ぼんやりする」という言葉は、活気がないとか間が抜けているという意味で使われますが、今回私がぼんやりしていたあいだは脳内だけは活気づいていたはず。傍から見たら、ぼーっとしていただけだったと思いますが。そしてもう1冊、このタイミングで手に取った旅の本が『大人心の、気ままなハワイ』。編集者でライターの田中真理子さんが、オアフ島ノースショアでの過ごしかたをつづったガイド&エッセイですが(もちろん写真も満載)、驚いたのは彼女の長きにわたるハワイ愛。年に一度、10日間ほどの家族旅行をハワイにしてからなんと35年! 10年ほど前からはバケーション・レンタルを利用して、海辺のアパートで休暇を過ごすようになったのだとか。『大人心の、気ままなハワイ バケーション・レンタルで暮らすように旅をする』 田中真理子 小石川書館 ¥1600(税別) リピーター歴35年の著者が紹介するハワイは、心躍るものの宝庫。美しいビーチやあふれんばかりの緑はもちろん、市場へ行けばカラフルなフルーツが、スーパーに行けば日本ではあまり見かけない色合いの日用品が!年に一度こんな旅行ができれば、それを目指してふだんを頑張れそう私はバケーション・レンタルというものをこの本で初めて知ったのですが、オーナーから直接的にアパートやマンション、戸建を借りるシステムとのこと。田中さんも最初から今のアパートにたどり着いたわけではなく、だんだん自分が気になるポイントがわかっていったことで、好みの物件と出会えたそうです。たとえば買い物ができる店までの距離とか、海に面しているかとか、バスタブの有無とか。ハワイは人気の観光地だけに、たくさんのガイド本が出ています。もちろん現地で暮らしている方が書いたものもあるし、何かしらの情報に特化したものも。それらのなかでこの本が魅力的なのは、旅人らしい新鮮な視点でつづられているのに、35年間毎年訪れているだけに知識の蓄積があるということ。変わらないものの良さも新しいものの良さも観察するように眺め、それらを10日ほどの休暇の間にどう取り入れるか(もしくは今回はパスと考えるか)をマイペースで考えている。だから読むほうもゆったりした気分になり、「ここで過ごすなら夕方ね」「これは絶対コーヒーと一緒に食べなくちゃ」などと、妄想まじりのプランがどんどん膨らんでいき……。海岸沿いの絶景、アメリカいちの“ちいさい図書館”、個性豊かな植物園、しぶいコーヒーショップ、キュートなお土産品、多種多様なハイビスカスなどなど、紹介されているのはドライブや散歩の途中で田中さんの目に留まった“主張しすぎない”ものばかり。有名な観光地に行けば、王道コースを巡るのが当然だけど、リピーターとして訪れるならこういうものに気づけるような旅、というか暮らしをしてみたい。そして「かわいい」とつぶやきたくなるものや意外なものを見つけたい……。「そういえば去年南米・チリにひと月半滞在したときも毎日が発見だった!」と遠い目になりましたが、例えば夏に暮らすような旅を実現させるなら、そろそろ考え始めなくちゃいけないかも!? もしかしたら私に必要なのは、「絶対行く!」という決心なのかもしれません。
  • ネイビートーンでまとめればアクティブな要素もちゃんと大人な雰囲気に手土産を買って得意先に挨拶回り。夜は同僚と飲み会予定だから、きちんとコーデを絶妙にハズしてアクティブな一日に♪ 歩くたびきれいに広がるプリーツ切り替えのラップスカートと、つややかな黒のバッグとパンプス。きれいめ要素はばっちりだから、あとはこなれ感を欲しい分だけ。ネイビートーンで揃えたボーダー&マウンテンパーカなら、ブルーグリーンのスカートともなじんでやり過ぎ感ナシ!プリーツ切替えラップスカート¥12000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店ボーダーカットソー¥9500/ビショップ(オーシバル)ネイビーのマウンテンパーカ¥23000/ビショップ(ジムフレックス)エナメルミニショルダーバッグ¥23000/ピーチ(ヴィオラドーロ)Tストラップパンプス¥17000/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ)ゴールドイヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33)内田理央の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡4月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/北浦敦子 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/高野麻子
  • おはようございます 実は趣味の中に「豆腐屋巡り」があって、美味しいお豆腐屋さんやお豆腐のメーカーさんを探すのが大好きなんです ということで!! 今日は、豆腐が好きじゃない人・好きでも嫌いでもない人が、豆腐を好きになれるお豆腐屋さんを紹介しようと思います✨✨ 早速… じゃーーーん!! 「相模屋」です♡ ♡ ほんとにほんとに大好きなんです相模屋さん ❤️ ちなみに私の中での相模屋ランキングは 1位 モッツァレラのようなナチュラルとうふ 2位 のむとうふ 3位 豆腐グラタン です!! これから色んな豆腐を紹介していきたいなと思うのですが、とりあえず今日は1番好きな「モッツァレラのようなナチュラルとうふ」を紹介します 外側が豆乳でできた薄皮になっていて、ぷるんっぷるん。 内側がとろんとろん。 わらび餅とか好きな人はすぐにトリコになると思います ❤️ オリーブオイルと塩コショウでも美味しいですが、私はハチミツをかけてデザート代わりに食べています ぷるぷるとろとろ感を伝えたくてTIKTOKにも載せたのでぜひ見てください ❤️ ↓↓↓こちらをタップ!! お豆腐にもいろんな種類があるので、これからちょこちょこ載せていこうと思います…♥ ちなみにInstagramでは、 #おとうふ女子大生 のハッシュタグで色んなお豆腐を載せているのでぜひ見てみてください それではまた明日 InstagramTwitterTIKTOKカワイイ選抜 No.61 片原恵麻のブログ
  • 今期、ベージュがトレンドなんですね!エクラや華組先輩方の記事から徐々に知るという無頓着な私ですが...^^;  ベージュ・マロン・キャメル・カフェオレ色...クリーミーカラーは昔から大好きな色です。世間がベージュトレンドなら、今載せよ♪ お気に入りの一枚を。一年前に買ったものですが。 パリのデザイナー、Manuelle guibal マニュエル ギバル のワンピース。 おそらくまだあまり取り扱っているお店が少ないかもしれませんが、 なんともいえない香ばしいベージュと、薄くて上質なリネンの軽やかさに惹かれ、購入しました。首の詰まったスタンドカラーがとにかく好き♪金沢のレストランでも蔵前のカフェでも^^薄くて軽いので、真冬以外は年中着てます、紫外線対策にもなるので。 今年の初夏は、中にパンツをはかず、もう少し女性っぽくエアリーに着てみたいな♪そして先日は、ディープな中野で、イヤリング作りを! 大人女子の美容合宿にも一緒に行ったジュエリー作家のお友達に、先生をしてもらいました。イメージ図を描いて...指南してくれる先生、真剣☆レトロ中野かなり面白かった!完成したのが、ぽってりこちらのイヤリング。 何年も前に貴和製作所で買ったガラスビーズで、こんなの作りたいなぁと頭にあったのだけど、 なかなか手付かずでいました。 叶えてくれたお友達に感謝です♪ 何より、ものづくりに手を動かし没頭している時間はとっても楽しいのです。 もっと色々作りたいな^^最近はぷらんぷらんが好み♪華組インスタ始めました。こちらから^^華組 謝名堂華菜子ブログ
  • こんばんは! カワイイ選抜 4期生の宇佐神 星です◡̈⃝︎⋆︎* 今日は、韓国でチマチョゴリをレンタルする時におすすめのお店を紹介したいと思います そのお店がこちら!景福宮の近くにある 『in korea 韓服』というお店です✨ 店内に入るとスカートがこんなにたくさん かわいいパステル系の色から 大人っぽい原色まであるから 選び放題です! トップスもスタンダードの白だけでなく 柄物や色物があって こだわって決めることができます◎ 気になる料金は… 上の写真の中から選ぶと 2時間 ₩20000 (約2000円) 4時間 ₩25000 (約2500円) こんなにかわいいのにこの値段は お手頃価格ですよね もちろんヘアアレもやってもらえます 1.2番は 無料 3~8番は ₩3000-5000 (300円から500円) 6番をお願いしてみると… こんなに可愛いヘアに ❤️ アレンジはさることながら、ヘアアクセがかわいいですよね!! 何もリクエストしなくても スカートの色に合わせてこの中からたくさん付けてくれるんです そしてコーデもヘアも完成した写真はこちら…↓私は ジャスミンっぽいターコイズブルーのスカートに バラの刺繍の入ったトップス 小物系は金色でまとめてみました どうでしょうか…?( ¨̮ ) 参考までに妹のコーデも載せておきますね 私は今回韓国でチマチョゴリをレンタルするのが2回目だったのですが このお店は比較的すいていて、種類も豊富にあったので 自分に合ったチマチョゴリをゆっくり選びたい方におすすめです ‍♀️ また近くに景福宮という、趣深い場所もあるのでそこで思い出に残る写真が撮れると思います! みなさんも韓国に行った際、訪れてみてはいかがでしょうか…? 今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!!‪(*ˊᵕˋ* )❥❥❥ また読んでもらえると嬉しいです✩↓Please follow me…♡Instagram୨୧┈┈┈┈┈┈end┈┈┈┈┈┈୨୧カワイイ選抜 No.49 宇佐神星のブログ
関連キーワード

RECOMMEND