アクセスよし、おしゃれさ◎、金沢らしさもパーフェクト!! オープンと同時に話題の『三井ガーデンホテル金沢』に行ってみた♡♡

DAILY MORE

2015年に北陸新幹線(金沢~長野駅間)が開通して以来、すっかり女子旅の定番スポットとなった金沢。おいしい海鮮料理や和菓子を堪能したり、着物姿で昔ながらの街並みを歩いてみたり、フォトジェニックなアートに触れてみたり。女子がときめくコトやモノがいっぱいですよね♡ 実は私ライターみかりん、生まれて初めて金沢へ行ってきました! その理由は……

1/11(金)に新しく誕生した『三井ガーデンホテル金沢』に宿泊するため! 運営は全国に26のホテルを展開する『三井不動産ホテルマネジメント』ですが、北陸エリアは初出店だそう。
ホテルでまず気になるのはアクセスですよね。『三井ガーデンホテル金沢』は金沢市街の中心に位置し、JR北陸本線 金沢駅からは徒歩約17分、北鉄バスの南町・尾山神社停留所からは徒歩2分。タクシーなら、金沢駅から5分ほどで着けちゃいます。移動手段の選択肢が多いのはポイント高い♬

しかも、ホテルから徒歩5分ほどの場所にある「尾山神社」は加賀藩の藩祖・前田利家が祀られている、地元の人も数多く訪れる人気スポット! もちろん行ってみたのですが、その話はまた後ほど……♡ まずはホテルの中をご紹介しましょう。

金箔、加賀友禅、数々のアート。和モダンなお部屋をチェック!

旅を充実したものにするためには、宿泊するお部屋もかなり重要。『三井ガーデンホテル金沢』は、市街地にありながらもその喧騒を感じさせず、お部屋にいるだけでも"金沢らしさ"を満喫できるんです!

私が宿泊したのは、各階の角部屋である「コーナーツイン」。加賀友禅柄のパッチワークアートによる、色鮮やかなヘッドボードに目を奪われます。
家族や女子旅など、3名以上なら「トリプル」を♡ 3台のベッドを置いてもゆったりな、広めのお部屋です。
トリプルのお部屋は洗面台も2ボウル設置されているので、朝の支度もみんなでスムーズにできそうですね。
続きまして、ドーン!! このホテルに1室しかない「デラックスツイン」です! ハリウッド仕様のツインベッドに、シックな配色のヘッドボードでとびきりリッチな気分♡
反対側にはドーン!! 大きなソファとテレビを備えたリビングです。
洗面台には、金色に輝くボウルが2つ。
さらにはウォークインクローゼットまで。もう、ここに住みたいです……(笑)。
しかしいちばんの見どころは、コンセプトルーム! こちらの「群青の間」は、兼六園に隣接する加賀前田家の奥方御殿内にある書見の間、通称「群青の間」をモチーフにしています。畳のお部屋はこの1室のみ!
お部屋の扉を開くとすぐに現れるのが、このアート。モカウェアの壁掛け花器が、群青色の壁に映えます。こちらは片瀬有美子さんの作品。
もうひとつのコンセプトルームが「金箔の間」! モダンな雰囲気のヘッドボードにも金箔が。
お部屋の中をよく見てみると……あぶらとり紙を発見! そもそもあぶらとり紙は、金箔職人が金を伸ばして金箔にする工程で使う「箔打ち紙」がルーツなんだそう。そんな金箔職人が作り上げた、高品質あぶらとり紙が使い放題♡
そして、バスルームには金箔入りのアメニティが! なんと全部お持ち帰りOKです。梅の香りのものが多いのは、加賀藩の藩主・前田家の家紋が梅だったことに由来しているんだって。だから金沢のお土産は梅をモチーフにしたものが多いんですよ。

13階から見下ろす絶景風呂に、金箔パックまで!?

旅の疲れを癒すステキなお風呂は、女子旅の必須項目! 金沢ならではの"輝くエステ"も発見しちゃいました☆

大浴場は、最上階の13階にあります。だからこの絶景!! 実際にお湯に浸かるともう少し目線が下がるので、まるで空を飛んでいるような気分になれるんですよ。まさに夢心地のインフィニティ風呂です♡
寝湯もありましたよ。遅めの時間に入りにいったら貸切だったので、ひとりでインフィニティ寝湯。もう最っっ高!!
アメニティも大充実。化粧水、乳液は大体どこのホテルにもありますが、クレンジング&洗顔フォームがあるのって実はありがたくないですか!? ドライヤーは『パナソニック』の「ナノケア」でした♡
仕切りつきの広々パウダーコーナーも全5席完備! ここにもドライヤーがあるので、順番待ちしないですみそうですね。
お風呂とはまた違う話になりますが、実は『三井ガーデンホテル金沢』ならではのスペシャルプランがあるんです! それが、女性ゲストを対象とした「金箔エステ」体験付き宿泊プラン。金沢で人気のビューティサロン『SyuAddIctIon』がプロデュースしています。専門のエステティシャンが自分のお部屋まで来てくれる出張施術で、ピッカピカの美肌に♡

駆け足でご紹介しましたが、もちろんお部屋とお風呂以外にも注目すべきポイントがた〜〜っぷり! ここに書ききれないので、明日はお食事や館内に展示されたアート等をご紹介する【後編】を配信しますよ。お楽しみに♡

▶︎▶︎『三井ガーデンホテル金沢』公式サイトはこちら


関連記事
  • アラフォーの肌を変えるパワーが高い化粧水。その効果を最大限に引き出すには、化粧水の "お取り扱い"にも気を配ることが必要。正しく使えば、理想のお風呂あがりの肌へ知っているようで、実は知らないのが化粧水。その効果は? 使う意味は? ただの"水"ではない驚きの美肌パワーがそこに秘められている!レッスン①:化粧水の効能って?まずは、化粧水の効能を理解することからスタート。進化著しい化粧水は、ただ水分を与えるだけでなくエイジングケアに不可欠なさまざまな機能が満載。それを熟知すれば、おのずと効果的な使い方もできるはず。効能1:肌の〝うるおい力〞を高める進化した化粧水は、水分を与えるだけでなく、肌が本来もっている、うるおいをつくり出し、維持する力を養う機能を備えたものが豊富。そのための機能成分が入っているものをアラフォーは選ぶべし。 効能2:肌を整える化粧水で与えた水分が、角層に浸透し、なじむことで、角層がしなやかになり、角層細胞が化粧水の水分でぷりんとみずみずしい状態に整う。見た目の肌を即効でふっくらみずみずしく整える効果は一番。  効能3:美容成分を肌に引き込むバリア機能を担う疎水性の高い角層を水分で満たすことで水のルートを確保。化粧水をはじめ、美容液やクリームのエイジングケアや美白効果に優れた水溶性成分を表皮や真皮に引き込むのをサポート。  効能4:エイジングサインにアプローチする美容液やクリームの美容成分をより効きどころに届ける作用はもちろん、化粧水自体に配合された機能成分が、シワやたるみ、くすみ、シミなどにアプローチ。エイジングケアも可能に。  効能5:肌と心を〝癒す〞水美容の文化が根づいている日本では、化粧水の水分自体を心地いいと感じる感性をもっている女性がほとんど。水で内側からうるおう心地よさは、肌はもちろん心まで癒す効果も絶大。レッスン2:化粧水の効果を最大限に引き出すための注意書き 実は美肌ケアにパワフルな効果を発揮する化粧水。ただおざなりに使っているのではもったいない。より効果を届け、効かせるためには、ここにあげる5つのポイントを押さえること。効きが変わります!理由1:所定の用量を必ずお守りください各化粧水の説明書に書かれた使用量は、その化粧水が角層の隅々まで行き渡る量を割り出したもの。ケチって量を少なめにすると、その効果が十分に行き渡らない可能性大。量は適切に。その後は自分の肌に合わせて加減を。 理由2:使用時の「力の入れすぎ」にご注意ください化粧水は、しっかり浸透させることが重要。とはいえ、こすりすぎは肌をかえって傷つける可能性が高いのでご注意を。また、パッティングはほどほどに。パッティングを多く繰り返しても浸透がぐんと上がるわけではありません。 理由3:「手で使う」のか、「コットンで使う」のか、は必ず各説明書に従ってください こちらも各化粧水の説明書に従うのがおすすめです。手で使うか、コットンで使うかによってその処方も考えられている場合が多いので、明記されているものはその方法で。明記されていないものは、使いやすい方法で大丈夫です。 右は手使いにおすすめの使い方(資料提供/花王)。左はコットン使いにおすすめの使い方(資料提供/資生堂)理由4:しっとり、さっぱりといったアイテムの「感触」を選ぶ時は、その時の肌の状態および好みに従ってください 化粧水には大きく、シャバシャバしたさっぱりタイプととろみのあるしっとりタイプがあります。心地よくケアするには好みの感触を選ぶのが一番。浸透の仕方にも違いがあるので(右図参照)、肌の状態に合わせて使い分けるのも◎。 肌への浸透の違い理由5:化粧水をつけた後は必ず、油分でフタをすることをお忘れなく 化粧水でたっぷり届けた水分を肌にしっかりキープするためには、乳液やクリームなどの油分でしっかりフタをすることが大切。必ず、化粧水だけで終わらせないこと。また、せっかくつくった水分ルートを使わないのももったいない。美容液などと合わせて使えばより効果的です。【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/ケビン・チャン 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃 
  • 今こそ、化粧水を見直す好機です!アラフォー肌を底上げする、化粧水のトリセツ知っているようで、実は知らないのが化粧水。その効果は? 使う意味は? その正体を3 人の専門家にインタビュー。ただの"水"ではない驚きの美肌パワーがそこに秘められている!資生堂 グローバルイノベーションセンター プレステージ情報開発グループ 櫻井菜海子さんクレ・ド・ポー ボーテをはじめ、資生堂のプレステージブランドの情報開発を担当。特にエイジングケア技 術に関する情報に詳しい花王スキンケア研究所 主任研究員 稲葉さやかさん花王のスキンケアを担当する研究員。エストの化粧水 などをはじめ、最先端の技術を採用した多くの化粧品の開発も手がけるビューティ サイエンティスト岡部美代治さん大手化粧品メーカーの研究 員として、化粧品の研究・開発に携わり、独立。研究者の視点から美容をひもとくわかりやすい解説が人気実はエイジングケアに不可欠なアイテム ほとんどの人が毎日化粧水を使っていることからもわかるように、私たち日本女性はやっぱり化粧水が好き。 「禊という神事が古いにしえからあるように、水で浄めるなど、清潔を重視するのが日本のスキンケア文化の源流です。そのため、油で肌を美しくする欧米と違い、日本では水美容文化がずっと根づいてきているんです」(櫻井さん)  その代表的なアイテムが、つまりは化粧水というわけである。それにしても、化粧水ってそもそも何なの? 「化粧水の“水”には、角層の細胞を和らげ膨らませて肌のコンディションを整える作用があります。干ししいたけを見るととわかりやすいのですが、萎んだしいたけが水に戻すとふっくらする、あのイメージです」(岡部さん)  そういえば、私たち日本女性の理想の肌のたとえとして、よくあげられるのがお風呂あがりの肌。内側に水分をたっぷり含んだみずみずしいハリ感は、アラフォーの目標でもある。 「それをかなえるのがまさに化粧水です。水には、実は角層状態を変える力が一番あって、角層を水分で満たして膨らませると毛穴も小さく見えるし、小ジワ予防にもなります。見た目から即効で美肌に変えることができるというわけです」(稲葉さん) とはいえ、お風呂からあがった瞬間はよくても、時間がたつと元の干ししいたけ状態に戻ってしまう気も。 「気持ちよく水で整えた後に、その状態をいかに維持するかを研究し、進化してきたのが今の化粧水ですね。現在では機能成分やオイルなど組み合わせも多様化できるようになった。基材や薬剤、処方がどんどん進化しているので、与えた水分をキープするのはもちろん、肌の機能を底上げするエイジングケアにいたるまで化粧水ができる可能性は広がっています」(岡部さん)  それを証明するのが右の写真。機能性成分を配合した化粧水で、肌の状態がこれほど改善するというわけだ。 「資生堂では100年以上もかけて、化粧水の処方の研究を重ねています。水分をただ与えるだけでなく、うるおい力自体を育てるというのが今の私たちの化粧水の考え方ですね」(櫻井さん)  でも、エイジングケアといえば、やっぱり美容液やクリームでは? 「バリア機能を担う角層は、水を通しにくい〝疎水的”な構造をしています。でも、その下にある表皮や真皮は水となじみやすい〝親水性”になっているんです。美白やハリに効くエイジングケア成分は水溶性のものが多く、そのままでは角層を通して肌の奥まで浸透するのはむずかしい。そこで、角層を化粧水の水分でいっぱいにして、通り道をつくることが大事なんです」(稲葉さん)  だからこそ、アラフォーは心して化粧水を取り扱うことがマスト。早速、トリセツを確認してほしい。化粧水でここまで肌は変わる!機能性成分「エクトイン」を用いた化粧水と乳液を4 週間続けた肌のほうれい線やキメが明らかに改善。資料提供/花王独自保湿成分アクアインプール配合の化粧水と乳液を使うことで、表情ジワも改善されている。資料提供/資生堂右)安全かつ確実な効果が期待できる美白有効成分TXCと透明感を引き出す天然有用成分ウメ フラワー エキス配合。ル ブラン クリームHL50g¥13,500(医薬部外品)/シャネル 左)ビタミンC誘導体の美白力に、速効透明感をかなえる3 種のブライトニングパウダー配合。ブラン ディヴァン クリーム50㎖¥11,500(医薬部外品)/パルファム ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕>>アラフォー肌を変える!“化粧水”取り扱い説明書【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/ケビン・チャン 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃 
  • この時期の服、迷います。朝晩は肌寒く昼間は暑い。 でもセットアップなら困りません。気温差の激しいこの時期のはおりなど、毎年悩みます。 特に一日外出しなくてはならない日のコーデ。 忙しい朝に悩んでる時間がもったいない。 適当に着てしまえばその日のやる気スイッチが切れてしまい 気分のノラナイ一日に・・ そんな悩みをセットアップで少しでも解消!! 朝、悩んだときはサマになるセットアップにしています。 悩んだ末、最近購入したセットアップは2セット。 今日は黒のリネン素材のセットアップをご紹介いたします。 黒なので きっちりしすぎない形。 動きやすくラクチン。 選んだのは 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン サラリとした肌触りと ナチュラルな風合いのリネン素材で着心地抜群。 黒なのでバラでも合わせやすい♡ セットで着るときの中の定番は白Tシャツです。 足元もサンダルでもスニーカーでも合いますよ。 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン 美女組No.91麻衣のブログ
  • 大好きな「かごバッグ」こそ、10年先のワードローブにも寄り添う名品を。「ロエベ」定番のバスケットは完売前にゲットしたい 昨年から継続展開のバスケットは、今季も人気が高く夏本番にはソールドアウトの予感。クラシックなカーフスキン使いで、ビーチにはもちろん都会でも持ちたくなるデザインに。ローファーのタッセルリボンが着想源の大人可愛い「ラドロー」 ほかにはないユニークな発想と、クチュールライクなものづくりで人気の「ラドロー」。遊びゴコロはもちろん上質感たっぷりのデザインは、夏だけでなく一年を通して活躍しそう。ブラジル発・チャーミングなバッグブランド「ワイワイ」 ブランド名からしてご機嫌、おしゃれが楽しくなるデザインが豊富の「ワイワイ」。ラタンとレザーのコンビネーションで、構築的なラウンドバッグもエフォートレスな印象に。他の画像を見る夏はもちろん冬にも持ちたくなる、とっておきの「かごバッグ」を見つけて。
  • まだ5月ですがはやくも日差しの強い日が続いてますね。6月はシミ・しわ・たるみの原因となるUVAが1年で最も多い月!日焼け止めを塗るのはもちろん。30代からは+αケアしておきたいところ。わたしはこちらの日焼け止めサプリを愛飲中!サンソリット U-Vlock 税抜6,500円/30粒ビューティオフ会のお土産でいただきました。塗る日焼け止めにくらべてサプリなら塗りムラの心配はなし♩1日1粒飲むだけで飲み直し不要!とはいえ、サプリって飲み忘れがちですよね。。わたしの場合、化粧水や乳液と一緒の場所に置いて朝必ず飲めるようにしていますよ♩ビタミンCやビタミンD、紫外線から肌を守るシルクペプチドや保湿効果の高い白キクラゲエキス(楊貴妃も使っていたらしい)など贅沢な美容成分を配合。毎日のコツコツ美容。頼れる日焼け止めサプリは欠かせませんね^^
  • 重ね付けしたゴールドのアクセサリーをアクセントに、自らが立ち上げたブランド「goop」のジャンプスーツに身を包んで、足元はスニーカーというこなれたスタイルで登場したグウィネス・パルトロウ(46)。25歳で早々とオスカーに輝き、最近では人気アメコミ映画『アイアンマン』シリーズのヒロインとしておなじみだが、女優としての顔は彼女のほんの一面にすぎない。 父はプロデューサーで母は女優という映画界のサラブレッドとして、エンタメ業界の人々に囲まれながら育ったグウィネスは、「11歳でカリフォルニアからNYに引っ越すまでは、世界にはこんなに沢山の職業があるなんて知らなかった」と語る。 「同級生の両親は、大学教授や銀行家などそれまで出会ったことのない職種の人ばかりで、“その仕事ってどんな感じなの?”と話を聞くのが楽しくて。それがビジネスに興味を持ったきっかけね。女優としてデビューしてからも、新聞のビジネス欄を真剣に読んでは父に“君みたいな女優は他にいないよ”とからかわれていたもの」。 いつか起業したいというグウィネスの思いが実ったのは、自らのブランドである「goop」を設立した2008年。当初はウェルネスや旅情報を伝えるオンラインメディアとして始まった「goop」は、ファッション、ビューティ、フードなどを幅広く手がける一大ライフスタイルブランドとして成長した。そして今回、「goop」初の、カフェ「goop cafe」を併設した「goop TOKYO pop-up & cafe」のオープンにともなって、CEOでブランドの顔であるグウィネスが来日したのだ。 東京にストアをオープンさせることが長年の夢だったというグウィネスは、「都市にありながら緑豊かな公園(東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)の中にショップをオープンでき、とてもラッキーだった」とうれしそう。自然に囲まれる生活を愛し、日本の植物では自宅の周りに何種類も植えている桜の他、紅葉や藤もお気に入り。ポップアップストアの周りには、アジサイなど初夏の植物をふんだんに植え、リラクシングなガーデンに仕上がったと満足気。 健康志向で知られるグウィネスだが、意外にも、「ギルティープレジャー(罪深い快楽)に浸ることもある」と明かす。彼女にとってのギルティープレジャーは、ウォッカマティーニやウイスキー。とりわけ、ニッカウヰスキーやサントリー「響」を贔屓にしていて、時間があれば蒸留所を訪れたいほどだそう。「意外に思われるかもしれないけれど、フレンチフライや天ぷらのような揚げ物も大好き」との告白に、「でも、いい油で揚げてるんですよね?」と聞き返すと、「確かにいい油で揚げてるわね」と笑って答えていた。 この日も分刻みのスケジュールで、立て続けに取材に応じていたグウィネス。女優業とビジネスを両立する多忙な日々にもかかわらず、毎日睡眠時間8時間を死守しているというから驚きだ。「心も体も休んでこそ復活することができる。忙しく暮らす中では簡単なことではないけれど、いちばん効率のいい健康法ね。あとは、とにかくMove Your Body(体を動かす)! オフィスまで一駅歩くのでもいいし、自転車に乗るのでもいい。自分に向いている運動を選んだら、とにかく毎日続けること。そして、水分をよく取ること。私にとってはこの3つの習慣が、健康の基本」。 この日のランチは六本木にある「HONMURA AN」で蕎麦を食べたという彼女。へルシーな日本食を愛するセレブが多い中でも、その日本食マニアぶりは群を抜いている。 「寿司や和朝食、ピクルス(漬物)も大好き。特に、味噌汁は我が家でもよく作っていて、白味噌が定番。息子には旨味たっぷりのかつお出汁、ベジタリアンの娘にはしいたけと昆布で出汁と使い分けているんだけど、私がとる出汁は最高と評判よ」。  その場にいた日本人スタッフの誰より出汁にこだわっているグウィネス。彼女が愛するMISOを使ったメニューは、「goop café」でも味わうことができる。 最後に、SPUR読者にgoopのアイテムをリコメンドしてもらうことに。 「イチオシは、オーガニックなENRICHING FACE OIL。オイルの質や配合にこだわり抜いて作った私のヘルシーグロースキンの秘密。鍼灸師と共同開発した特殊な塩とエッセンシャルオイルをブレンドしたバスソルト  G.TOX DETOX 5 SALT BATH SOAKも、毎日欠かさず愛用している自信作よ」。 ハードスケジュールにもかかわらず、にこやかで寛いでいて、飛び切りヘルシーな魅力を振りまいていたグウィネス。毎日8時間睡眠は難しくても、まずはその2品を試すことから真似してみたい。 「goop TOKYO pop-up & café」期間:〜5月26日(日)住所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン時間:11:00~20:00(L.O.19:30)休:期間中無休https://goop-japan.com/ photography:Takeshi Takagi〈SIGNO〉 interview&text:Anna Osada 
  • これからの季節の必需品・サングラス。単に紫外線防止のために身につけるなんてもったいない! 今旬のアラフィー女性へのイチオシは、顔を明るく優しげに見せてくれるピンクベージュ。顔に自然になじみ、品よくフェミニンに仕上げてくれるので、かわいすぎてしまう心配もご無用!フェミニン見えなら「ピンクベージュフレーム」アラフィーの顔を明るく優しげに見せてくれるピンクベージュは、エクラのイチ押しフレーム。かわいすぎる?との心配は無用! 顔に自然になじみ、品よくフェミニンに仕上げてくれる。表情に華やかさを足しつつ、甘すぎない大人の上品ピンク 柔らかなピンクフレームが顔をトーンアップし、メタルテンプルのゴールドの輝きが華やかさをプラスしてくれる。包み込まれるようなかけ心地にもこだわった、大人の顔にいいことずくめの一品。 サングラス¥36,000/フォーナインズ(フォーナインズ・フィールサン) Tシャツ¥11,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) ピアス(片耳)¥14,000/イー・エム表参道店(イー・エム) ストール¥10,000/プレインピープル青山(ニムニムデュアイ)1. ベージュピンクの細フレームに、グラデーションレンズが上品。テンプルは耳に負担の少ないチタン製で、紫外線を約99%カットしてくれる。 サングラス¥24,000/東レインターナショナル(アナスイ)2. マニッシュな型でもピンクのクリアカラーならフェミニンな雰囲気。血色をアップするピンクレンズをべっ甲柄の太めテンプルがキリッと引き締めて。 サングラス¥27,000/青山眼鏡(レディーマン)3. 鼻パッドがなく、頰骨部分のパーツで支えるため、鼻にあとがつかない名品。紫外線だけでなく、ブルーライトもカット。 サングラス¥13,500 /シャルマン カスタマーサービス(ちょこサン)4. くすみピンクのフロントにかなり細めのメタルテンプルがスタイリッシュに効いて。甘辛バランスが絶妙なモードなデザイン。 サングラス¥48,000 /アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285)5. 1930年に登場以来、ブランドを代表する定番は丸レンズのクラシカルなシェイプが旬のムード。ほぼクリアなピンクなので肌色を選ばない。 サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット)撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 西原秀岳(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/高橋里奈 取材・文/新田幸子 ※エクラ6月号掲載
  • 幼少期、日焼けによる肌の腫れに悩まされてきたという貴子先生。強力なUV防止効果があるものを選びつつも、スキンケアや美白の要素も決してあきらめないのだそう。そんな貴子先生おすすめの超優秀UVアイテムをご紹介します。医師 貴子先生幼少期、日光を浴びると赤くはれる肌質だったため、小学生から日焼け止めを愛用。現在もUVケアせずに外出はしない。「最強の防御力×ピテラが配合の贅沢なスキンケア効果」SPF50・PA++++のUV防止効果は絶対! さらに、スキンケア効果や美肌演出効果などの付加価値があるものから厳選します。SK-ⅡのアトモスフィアCCクリームは、紫外線や大気汚染物質などから強力に肌を守りつつ、ピテラの入った贅沢なスキンケア効果を兼ね備えた頼もしい名品。自然なカバー力を発揮しつつ、つけていることを忘れるような軽い感触は、心を解放したい休日や旅行先にもぴったり。SK-Ⅱ アトモスフィア CC クリーム紫外線・赤外線・大気汚染の三大ダメージを遮断。濃縮ピテラTM配合で肌をトリートメントしつつ、微細パールでソフトな輝きを演出する。SPF50 ・PA++++30g ¥8500 (編集部調べ)撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年6月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND