今塗るべきネイルはこの3色♡ "センスのいい指先"でお出かけしましょ♪【平成最後のベストコスメ祭】

DAILY MORE
2018年に発売されたコスメの中から、美のプロたちが「使うだけで、肌状態もおしゃれ度もテンションもぜーんぶアガる!」ものを厳選! 今回はその中から、〝休日メイク部門〟のさし色ネイル3選をお届けします。

鮮やか色でテンションアガる! 「カラフル♡休日メイク部門」の優秀ネイル3選を紹介

週末は思いきり気分を変えて、華やかな色を味方に! 今っぽいカラーのネイルがあれば、おしゃれもさらに楽しく。今回紹介するネイルを使えば、コーデのさし色も簡単♡

ニット¥14800/ビショップ(モリス&サンズ) リング¥13200/ソムニウム

【さし色ネイル1】コフレドール/カラーエナメルネイル DB-03

コフレドール カラーエナメルネイル DB-03¥900(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品

指先が、一気にモードな表情に。辛口ダークブルー(内田芙美さん)
小さな面積でぴりっとスパイスをきかせるのが今の気分。一見黒みたいな深い発色、おしゃれすぎ!(アツ)
ゴールド、シルバーどちらのアクセともしっくり(モチコ)

【さし色ネイル2】ジバンシイ/ヴェルニィ・ジバンシイ 06

ヴェルニィ・ジバンシイ 06¥3000/パルファム ジバンシイ

濁りのない鮮やかなトーンが指先に自信をくれる(中島 彩さん)
赤ネイルほど緊張せずにつけられるのに、必ず指先に目がいく美しい色(岡本さん)
ダークなバイオレットカラーが、大人の品や色気をプラス。発色も最高(KUBOKIさん)

【さし色ネイル3】ネイルズ インク/ネイルピュア(モデル ビヘイバー)

ネイルズ インク ネイルピュア(モデル ビヘイバー)¥2600/ティー エー ティー

シーズン問わず使えて、どんな服とも相性がいい洗練ブラウン(渡會由希さん)
ターメリックっぽい黄みブラウンが新鮮。単色塗りでも“今っぽくてセンスがいい指先”に(小川さん)
一気にこなれた印象に。もちのよさも素晴らしい(鵜飼さん)

▶▶▶リップ名品3選で、大人の品格と好印象を手に入れる!【平成最後のベストコスメ祭】」記事も合わせてチェック!




撮影/東 京祐(モデル) 藤澤由加 冨樫美和(2人とものぼり坂OLコスメ委員会分) 恩田はるみ(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/辻村真理(モデル) 福永いずみ(製品) イラスト/高橋由季

関連記事
  • 汗をかいたら、泣いたら、雨が降ったら、テンションが下がってしまう……メイクのヨレ(涙)。せっかく朝丁寧に仕込んだメイクも、鏡を見てガッカリなんてこと、ありませんか?そこでライターゆうりがお試ししてよかったアイテムを紹介☆  6/16に『コーセー』から発売されたばかりのメイク キープ ミスト」が本当に優秀なんです!  メイクの仕上げにサッと吹きかけるだけで、まさにお悩み解消!   汗・皮脂プルーフ成分配合なので、泣いても、汗をかいても、雨が降っても化粧くずれを防いでくれるというスプレータイプのミストです。  水とオイルの2層構造になっているので、よく振ってから使います。オイルが入っているので、長時間キープしながら、乾燥を防いでうるおいもキープ出来ちゃう優れものです!  サイズも80mlなので旅行にも持ち歩きやすいサイズ感♪  ぜひお試しあれ♡(ライターゆうり)メイク キープ ミスト 80ml ¥1200/コーセー
  • きちんと感とこなれ感を兼ね備えた「黒」が使えます!リネンスカートの5日間着回しコーデ先日もちらっと載せたこちらのコーディネート。 ロゴTシャツにリネン素材の長めタイトスカートを合わせていました。リネンといってもコットンとのブレンドで、抜群の伸縮性と天然素材らしいナチュラルな質感が両立されています。 大股で歩いても、しゃがんでも本当に楽なんです!!ハイウエスト×Iラインのすっきりしたシルエットで、フロントにスリットが入っているので動きやすさもありつつ、女性らしい。 黒でも真っ黒ではなく、スミクロなところもいいんです。 スミクロは黒を薄めたような少しくすんだ色味。 夏に着ても暑苦しく見えにくく、おすすめです。カジュアルなTシャツはインしてきれいめに。 ではスカートを使った着回しコーデです。 ブルーとブラウンの甘めブラウスはインせずアウトで着てこなれ感を。ブラウスのブラウンをリンクさせて、かごバッグとサンダルにもブラウンを取り入れました。前だけウエストインすると、また違った雰囲気になります。blouse B:MING by BEAMS skirt GALERIE VIE sandals PICHE ABAHOUSE bag LOEWE 続いて、ストライプシャツを合わせた着こなし。ちょっとクールめに着たくて、シルバーのシューズをプラスしました。 バッグはピンクですが、チェーンがシルバーなので甘くなりすぎず、統一感が出ます。シューズはヒールパンプスよりフラットな方が今っぽさを出せるかなと思います。 長めのスカートはミニや膝丈より足の長さをカバーできる(ごまかせる)ので、フラットシューズでも合わせやすいです。 後ろが長めのシャツで程よくカジュアルに。shirt TOMORROWLAND shoes GU bag Stella McCartneyスカートがベーシックカラーなら、トップスはカラーアイテムもよく合います。 一見難しそうなイエローも、あり!イエローのブラウス以外は黒にすると、がちゃがちゃせずにまとまります。 ブラウスのバックスタイルはこんな風に黒のリボンがなびくデザイン。 これがポイントなんです。フリル袖の着映えブラウスにはミニショルダーとスポサンでカジュアルに仕上げて。blouse AG by aquagirl sandals ZARA bag Lavish Gate最後はパープルを合わせた大人コーデ。 ダークな色同士なので、モードな印象になりすぎないように小物は白でクリーンに見えるようにしました。リブカーディガンとパンプスのセットでオフィスカジュアルにもぴったりなコーデに。 ヒールでスタイルアップしたら、バッグはPVC素材でトレンドも意識!きれいめファッションのときは、メンズライクな時計でハンサムさもプラス。cardigan FREE'S MART pumps STTUNING LURE bag STELLAR HOLLYWOOD着回したスカートはギャルリーヴィーの「コットンストレッチIラインスカート」です。 発売当初から多くの支持を集める名品スカートなんだそう。 カラーは全部で8色! 色によって織りを変えることで、それぞれのカラーの雰囲気にぴったりな表情に仕上がるそうです。 私はブラック/サイズ34を着用しています。 こちらから商品ページにリンクしています↓GALERIE VIE コットンリネンストレッチ Iラインスカート美女組No.161 愛のブログ
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。美白やエイジングケア、UVケア、ファンデーションといったさまざまなカテゴリーから名品が誕生した今季のコスメから、美容ジャーナリスト・安倍さんが実際に使って感動したという超私的コスメをご紹介。安倍佐和子の超私的ベストコスメ「今期は美白のみならずエイジングケアやUVケア、ファンデーションといったカテゴリーも充実。エイジングケアや美白効果をもつファンデの台頭、老化因子の抑制に斬り込むエイジングケア誕生など、その先進性に幾度、感動したことか。一品との出会いによって、改めて自分の肌の伸びしろに気づける。そんなコスメにぞっこんです!」1.ゲラン レソンシエル「処方、心地よさ、美しい仕上がり。今期最高傑作!」 「皮膚常在菌のバランス、肌フローラを整える画期的な処方でありながら、天然由来成分97%。洗練されたデザインなど、すべてが革新的。もちろん透明感のあるつややかな仕上がりも、文句なしに完璧!  心地いい使用感まで、今期の最高峰だと思う」。SPF20・PA+++ 全10色 30㎖ 各¥7,0002.ランコム アプソリュ レクストレ マスク「マスクケアした翌日のツヤとハリ感はほれぼれするほど」 「2種を混ぜ合わせてつくるクリームマスクは、まるで神聖な儀式のよう。お手入れのステップも後肌も、とにかくドラマチック。跳ね返すようなハリとみずみずしい透明感が瞬時に戻ってくる」。ランコム ローズのパワーをそのまま肌に。パールローズ 30㎖、セラムベース 8㎖×14本 ¥63,0003.シャネル サブリマージュ レサンス ルミエール「上質な真珠のようにまばゆく優しい白肌をかなえる」 「美容キャリアのある女性の心を、一瞬でつかんで離さない上質なテクスチャーと香りで、美白カテゴリーを超える完成度の高い美容液。なじみ深い植物の恩恵をサイエンスで昇華させた、そんな印象も好感度大」。肌構造を強化する働きをもつ植物の力で、肌の光を引き出す。40㎖ ¥50,0004.ポーラ ホワイトショット RXS「地球環境と美白の関係に斬り込んでこの傑作が完成!」 メラニンと気温の関係に着目。「深刻化する暑さに危機感を感じる今、『暑さ焼け』という事実のからくりを解明してくれたことに感謝! 人類が向き合うべき新たな課題に取り組み、ベタつかず保湿力の高いジェルクリームが完成。美白トレンドを牽けん引いんする傑作」。50g(医薬部外品)¥12,000これもLOVE賞 THREE スキャルプ&ヘア リインフォーシング シャンプー R & コンディショナー R 「精油のバランスが見事。髪が根元からふんわり立ち上がってつややかに整うので、スタイリングがラクに。一日の疲れも吹き飛ぶ香り」。シャンプー 250㎖ ¥3,600・コンディショナー 165g ¥3,800【Profile】 安倍佐和子 美容ジャーナリスト。大人が本当に使うべきものを見抜くエキスパート。ユーザーに寄り添い、力のある言葉でコスメを表現、信頼を集める。>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • 緊急時に頼れるコンビニコスメの中で、「クオリティーも侮れない!」と注目度が高いのが、パラドゥのプロダクト。好感度良し、トレンド感良し、コスパ良しの愛されコスメに、新商品・新色・限定色が続々登場する。   パラドゥ ピュアリップカラー (右から)BE01、RD01 ¥900(2019年6月19日発売)   じわっとにじむような発色でピュアな色っぽさを演出するティントリップ「ピュアリップカラー」が新登場。肌色よりも彩度を高く、明度は低く設定したこだわりのカラーで、大人の肌を美しく見せることに長けた1本。 唇がほんのり透ける軽い質感とバームのような潤い感で、気軽につけこなすことができる。色は、強さを秘めたベージュBE01と、知性を感じるレッドRD01の2色展開。塗り重ねる程に濃密に変化するニュアンスの振り幅も楽しんで。 パラドゥ エッセンスルージュS (右から)PK01、WN01 ¥900(2019年6月19日発売) 美発色と濃密な潤いが備わった、人気の口紅兼唇用美容液「エッセンスルージュS」。とろけるように唇にフィットするから、リップクリームなしでも安心してのせられる上、塗りたてのツヤが長時間キープ。色もちに優れた唇への密着力の高い処方で、メイク直しの手間が省けるのもうれしい。 新たに加わる新色は、可憐で上品な仕上がりの、黄味と青みを絶妙なバランスで忍ばせたピンク系PK01と、凛とした印象に仕上がる、深みレッドにブラウンを効かせたワイン系カラーWN01。どちらも印象的でありながら、肌になじむよう緻密に設計され、幅広いシーンにマッチする。   パラドゥ カラーパレット ¥1,000(2019年6月19日発売)うっかりポーチを忘れた日にうれしい、チークと3色アイシャドウをセットした「パラドゥ カラーパレット」。コンビニコスメだけあり、誰の肌色にもなじみよく、美肌見え効果をもたらす発色と質感が持ち味。 ゴールドパール入りのピンクコーラルチークは、肌にナチュラルなツヤと血色感をプラスし、幸福感をメイク。アイシャドウはTPOを選ばず好感度の高いベーシックでフェミニンな定番カラーを揃えており、繊細なパールが華やかさと透明感をプラスしてくれる。 パラドゥ ネイルファンデーション PK3 ¥500(2019年6月19日限定発売)  自爪を磨き上げたようなツヤ感。そして爪の黄ばみや色ムラなどの悩みをごく自然にカバーしてくれるクリアな発色が人気を博している「ネイルファンデーション」。仕上がりのクオリティもさることながら、はがれの要因である“水によるふやけ”を回避する耐水性や、お直しに便利な速乾性も備わった優秀な1本。 限定色のPK3は、淡いピンクにほんのりと青みが透けた透明感が魅力。可愛らしさの中にも、凛とした大人の顔を覗かせて。  手早く仕上げてもキレイが長持ちする機能性に加え、コストパフォーマンスも抜群のパラドゥ。一度使えば、ポーチにスタメン入りさせたくなりそう!   パラドゥ カスタマーセンターhttp://www.parado.jp0120-335413 text:Saori Nozawa >>ビューティニュース ⇩パラドゥの新商品・新色・限定色はここからチェック!
  • 撮影/岩谷優一(vale.)「乾燥肌で、崩れの原因は主にうるおい不足。屋外での中継中は頻繁にお直しできないので、朝のスキンケアもベースメイクも保湿力を重視しています」(貴島さん、以下「貴」) 朝のスキンケアに使う推しコスメは? 高保湿クリームを薄く塗って乾燥崩れを予防 アンブリオリス モイスチャークリーム  75ml ¥2800/アンブリオリス・ジャパン クレンジングにも使えるマルチクリーム。無印良品の化粧水&ミノン アミノモイストの乳液の後に、保湿力が頼もしいこのクリームで保湿! 量が多すぎるとテカリの原因になってしまうので、"薄く"塗るのがコツ。目元だけにポイントで使うこともあります。(貴) 朝のベースメイクアイテムの推しは? うるおって肌にぴたっと密着! 最愛UV下地 アスタリフト D-UVクリア ホワイトソリューションSPF50+・PA++++ 30ml ¥3900/富士フイルム 表情の動きにフィットし崩れ予防。日焼け止め効果が高く、乾燥を防いでくれ、ファンデーションとのフィット感もバッチリ。崩れにくさUPのため、下地&ファンデーションは指でなくスポンジでたたき込むこと、パウダーはブラシで密着させることが重要!(貴) 日中のお直しに使う推しコスメは? パウダーつきコンシーラーがあれば、完璧♡ RMK スーパーベーシック コンシーラーパクト  SPF28・PA++(コンシーラーのみ)¥5500/RMK Division 使い勝手のいい2本のブラシがセットに。上2色のコンシーラーで崩れた部分をピンポイントで直せるうえ、パウダーがセットになっていてテカリも一瞬で隠せるから、この1品だけ持っておけばお直しはバッチリ。つけすぎないよう量を調整するのが大切です。(貴) PROFILE●きじま あすか 『ZIP!』7代目お天気キャスター。番組でのメイクはほとんどがセルフ。幅広い世代に支持される好感メイクのお手本!▼ 関連記事もチェック!撮影/富田恵 構成・原文/与儀昇平 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • クールな黒は夏も積極的に取り入れたい色。とはいえ定番色だからこそ、無難になりがちなのが悩みのタネ。そこでオシャレに定評のある6人の有名人たちに、夏の黒コーデの新鮮なアイディアを披露してもらいました!Yuko Araki 新木優子さん フレンチな黒 漆黒にこそ映える   フレンチシックな小物使い ボーダーを使わずにオールブラックで仕上げたフレンチスタイル。斜めにかぶったベレー帽やドット柄のスカーフをキュッと首に巻いて、小粋に仕上げて。 Tシャツ¥3000/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) デニムパンツ¥26000/エージー ジャパン(エージー) スカーフ¥2500/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) バッグ¥24000/アニエスベー ベレー帽¥4500/CA4LA ショールーム(カシラ) サンダル¥14800/カージュ ルミネエスト新宿店(ガイモ) 黒のワントーンコーデは私の中では超定番。特に黒のデニムパンツははくだけでオシャレに見えるから何本も持っています。このストレートのブラックデニムはシルエットが最高。ぴたっとしたトップスに合わせると女子らしくなってすごく可愛い♡ コーデがシンプルな分、小物使いで遊べるので、注目のフレンチムードが漂うベレーやドットのスカーフ、赤いサンダルを投入。リップも深みのある赤にして、大人見えを意識しました。 Profile ●あらき ゆうこ 1993年12月15日生まれ、東京都出身。ノンノモデルとして活動しながら、女優としても活躍。ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』への出演が記憶に新しい。ドラマのみならず、映画、CMも話題作への出演が続いている。撮影/山本雄生 ヘア&メイク/河嶋希 スタイリスト/石田綾 構成・原文/菊池美里 本誌編集部 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  •  ミウッチャ・プラダによる「ロマンスは現実とは異なる幻想的なものであり、厳しい時代に対する解毒剤にもなる」とは、今シーズンのすべてを象徴するような言葉だ。また、ランバンの新クリエイティブ・ディレクター、ブルーノ・シアレッリは「ジョイフル」というキーワードをファーストコレクションに込めたという。愛と喜び、弱さや不完全なものを認める“共感”の視点は、カール・ラガーフェルドの逝去、という図らずもモード界の節目を迎えてしまった私たちに寄りそった。  今季、観客が歓喜の声をあげて迎えた「新しい才能」には、ランバンに加えて、ニナ リッチ、ボッテガ・ヴェネタ。老舗メゾンのヘリテージを最大限に尊重しつつ、若手ならではのフレッシュな視点で「着たい」と思わせるファーストコレクションを見事提案した。また、ボッテガ・ヴェネタのダニエル・リーは、セリーヌでの経験を持つ、フィービー・チルドレンでもある。リアリティあるきれいな服への待望論は、同じくフィービー・チルドレンであり昨年のLVMHプライズ特別賞を受賞して注目を集めるロック、ヴァネッサ・トレイナの支援で今季初めてランウェイショーを実現したケイトの初コレクションの成功にもつながった。  ショーの演出面でのトレンドは、「詩」。ヴァレンティノはSNSで探し出した詩人による愛の詩を朗読し、コレクションの世界観を印象づけた。また、ディオールのフェミニズム的視点も、今回は詩の朗読という形でアーティに。NYの若手、バットシェバはモデルがひとりずつ詩を読み上げた。情緒的な演出は、力ではなく愛で伝えるというメッセージとも受け取れる。  そしてモード愛にあふれたエピソードがもうひとつ。NYで話題になった、トモ コイズミについて。ショーの4週間前にスタイリストのケイティ・グランドからSNSで連絡があり、マークジェイコブスのストアでのショーが決定。マークのショーも担当する一流のヘアメイクチームがバックアップしてショーが開催されたというから夢がある。  シャネルのショーの冒頭、カールの肉声でメゾンのアーティスティック・ディレクターに打診されたときのことが語られた。周囲が皆「終わったブランドだ、やめたほうがいい」と止めるのをむしろ面白いと思い引き受けた、と。いつも新しい方法で、誰かにまだ見ぬ喜びを。声高な主張よりも愛ある挑戦こそが、新時代の扉を開く。老舗メゾンに吹いた新しいデザイナーの風 新クリエイティブ・ディレクターたちの初のランウェイは、ブランドへのリスペクトと新しい才能が見事に実を結んだ。 1 メンズブランド「ボッター」の共同創立者である、ルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラーが就任。爽やかなカラーパレットがポジティブに輝いた2 ブルーノ・シアレッリの初コレクションのテーマは「神秘的な巡礼者」。物語を感じるロマンティックなムード3 英国籍のダニエル・リーはメゾンのコードを踏まえ、新しい女性像を提案。「意志あるセンシュアリティ」を描いた 詩を取り入れた"届ける"ランウェイの形 ファッションと言葉が、ここまで蜜月関係を築いたシーズンはあっただろうか。不穏な時代だからこそ、日常でそっと愛をささやく言葉が人々の心に響き渡る 4・5 詩の言葉がドレスにも会場にも6 アンダーカバーとグラフィックのコラボレーションでも「愛」を表現 7・8 ショー会場でアーティストのトマーゾ・ビンガが詩を朗読 9 バットシェバのランウェイではモデル一人ひとりがHoleの「Doll Parts」の歌詞を朗読。客席にはコートニー・ラブの姿も10 ショーの最後にはユアン・マクレガーの娘、エスター・マクレガーが歌を披露11 クリスティーナ・リッチも出演初ランウェイショーの若手たちがパワフルだ 久々に若手デザイナーのショーが注目された今季 12 ギャップやヴェラ・ウォンでキャリアを積んだキャサリン・ホルスタインが2016年に立ち上げた13 ガーメントを再構築する"パーフェクト・インパーフェクション"の進化形で鮮やかに魅了した14 コスチューム・デザイナーとして活躍していた小泉智貴。レディー・ガガに衣装提供したことも ありがとうカール。終わりの始まり カール・ラガーフェルドの訃報はモード界を悲しみに染めたけれど、新たなメゾンの出発点にも。次シーズンへの希望を込めて 15・16 訃報の2日後に行われたショーでは、在りし日のカールが「フェンディでの最初の日」を語るムービーが流れ会場からは拍手が 17・18・19 グランパレを銀世界に変えたシャネルのラストコレクション。ほほえむペネロペ・クルスの凛と前を向く姿が印象的。カールの遺志を継いだヴィルジニー・ヴィアールの今後に期待したい SOURCE:SPUR 2019年7月号「モードは詩的に、愛に満ちて」photography: Jonas Gustavsson
  • 1.「ダークロマンス」は 新時代の解毒剤だ プラダのメッセージにもあるように、現実を離れたほの暗く美しいものが、私たちを癒やしてくれる。 ブラックスワン 1 フェザーにベルベット、チュール、ストーン、ビーズをミックス。奥行きのある「黒」を表現した2 クリスティー・ターリントンが着るラストルックはルースター、グース、オストリッチの羽根ドレス3 シルクとモヘアの華やかなスカートにスタッズを配したバイカージャケットでロマンティックパンクに4 ピンク色のオストリッチフェザーが優雅に揺れる5 "影"をテーマにしたコレクションは、フリル使いや甲冑のようなパーツなど黒のテクスチャーで遊ぶ アルルカン 6 ノットを施したフリンジ状の裾が躍動。アーガイル柄ドレスをユーモラスに演出する7 ジオメトリックなチェッカー使いがロングドレスにモダンな立体感をプラス8 カラフルなレザーをパッチワークして、一枚のドレスに仕立てて。目もとを覆うマスクでダークなムードが加速 闇に咲く花 9 アレック・ウェックがまとったのは、クラシカルな黄色の花柄の上にさらに黒レースを重ねたドレス10 ブラックドレスに朽ちゆくバラの美しさをポエティックに描いた11 思いきり大きく描いたカラフルな花々は、力強くもあり、幻想的でもある12 光沢のある生地で仕立てたパフィコートに大きなバラの花が。スポーティなブーツとレッドスパロウ 13 プリマドンナのようなチュチュドレスを深い赤で仕立てることでグラマラスに14 メゾンでよく使われている「水玉」をピクセル化した柄にアレンジ。黒ベースのマキシドレスにのせて15 フロントはキュートなサテンのティアードドレス、バックは大きく開いており、センシュアル 闇のパープル 16 メタリックに光るジャカードで、冬のガーデンをイメージ。裾にはフェザーが17 パープルのきらめくトップスとチュールスカート。ダークな色合わせがミステリアス18 深い海のブルーからパープルの色調を、万華鏡のように多面的にプリント。バミューダパンツでカジュアルに デカダンス 19 中世のノスタルジーを繊細なレースや黒いローブにのせて。ブラック&ホワイトでストイックさも20 ディテールをそぎ落とし、服のイメージだけを残す「デカダン・カッティング」という今季の新しいアプローチ
関連キーワード

RECOMMEND