【今日のにゃんこ】植物に興味津々なルウくん☆

DAILY MORE
向こう側からひょっこりのぞいてくるラビ。やっぱり狭いところが落ち着く様子。視線は目の前の植物たち。気になるんだろうなあ!

「これはにゃんだ......!? 食べれるのか......!?」

■お名前
ラビ

■性別 
♂(男の子)

■猫種 
雑種(元保護猫)

■生年月日 
推定2017年6月

■性格 
天真爛漫だけどビビリ

■特技 
腹だしごろ寝

■好物 
まぐろ・カツオ味フード(ホタテは苦手)

■マイブーム 
バスマットの上で眠ること。

■チャームポイント 
生まれつきあるマユとヒゲ。半開きな口。

→ラビくんの投稿はこちらから!

関連記事
  • 今日は朝から音楽を流してお掃除。ラビはスピーカーの上にのって音楽を聴きながら、掃除の邪魔をしないでくれています♪「この曲好きだにゃ~~もう1回聴かせてにゃ~!」■お名前ラビ■性別 ♂(男の子)■猫種 雑種(元保護猫)■生年月日 推定2017年6月■性格 天真爛漫だけどビビリ■特技 腹だしごろ寝■好物 まぐろ・カツオ味フード(ホタテは苦手)■マイブーム バスマットの上で眠ること。■チャームポイント 生まれつきあるマユとヒゲ。半開きな口→ラビくんの投稿はこちらから!
  • 今もリスペクトされ続ける稀代の絵師、葛飾北斎の作品を集めた「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」が森アーツセンターギャラリーにて開催。北斎研究で有名な永田生慈氏が集めた膨大なコレクションを中心に、北斎が使ってきた画号や作風の変遷を、年代を追ってわかりやすく展示しています。30もの画号を使っていた北斎。その中でも「画狂老人卍」という名前のセンスが新しすぎる、と最近話題になっていましたが、こちらの晩年の名義の作品も展示されています。 まずは「春朗」名義の時代から。少年時代は貸本屋の小僧として働き、14歳頃から版木彫の仕事をしていたらしい叩き上げの北斎(本名は鉄蔵。また名前が増えました)。絵師になったのは19歳と言われています。肉筆画で人気の勝川派に入門しました。 撮影OKコーナー。飛び出す絵本のように絵を組み立てて立体感を出す、組上げ灯籠絵です。「葛飾北斎」期。 その初期の「春朗」期は江戸時代の街並や風俗を詳細に描き込んでいて、まじめな性格が伝わってきます。美人画もいいですが、気になったのは当時の子どもたちの遊び。「風流五節句子供遊」の、笛を吹きながら鼻の上に棒をのせてバランスを取る少年、「風流見立狂言 すゑ広」の下半身を露わに部屋で楽しそうに踊る少年など、フリーダムな空気が伝わってきます。 ゴッホの「ひまわり」以前に、北斎が「画狂老人卍」として「ひまわり」を描いていました。「向日葵図」を描くことで、死を前に生命力を感じたかったのかもしれません。 北斎は30代半ばになって勝川派を離脱、琳派の俵屋宗理を襲名しました。肉筆画で女性を描いた作品、風景画の版画など、絵師としても充実しているのが伝わってきて、線にも自信が漂っています。手前は「狂歌歳旦江戸紫」。人物が後ろ向きでシュールなタッチです。「宗理」期の作品。 風景画は亀戸や両国、日本堤、吾妻橋といった今もある地名が出てきて変化を比べるのも楽しいです。驚いたのは日本橋や吉原の絵に富士山が描かれていること。高い建物がなかったから江戸からも霊峰が望めたんですね。富士山があるだけでテンションが上がります。「画本狂歌山満多山」のシリーズの中に、江戸男子が股引をレギンスっぽくはきこなしている絵が。北斎の描く江戸時代の人々は、着こなしのこなれ感が半端ないです。 続いては「葛飾北斎」期。40代後半の時は肉筆画や本の挿絵、版画などで人気を誇っていました。「東海道五十三次」シリーズ、かるた、文字で構成された「文字絵」、軽いタッチの略画技法「鳥羽絵」、江戸の笑いが凝縮された「狂句入戯画」や「謎かけ戯画」、絵を切り抜いて組み立てる「組上げ灯籠絵」など、怒濤の勢いでたくさんのジャンルに挑戦しています。江戸の笑いのツボが理解できないのが残念ですが、知的な笑いのセンスを感じました。「戴斗」期には絵手本「北斎漫画」を生み出しました。「漫画」とは「漫然と描く」という意味だそうです。流れるようなタッチとシンプルな線であらゆるポーズを的確に表現していました。波の描きかたから櫛のデザイン集、何かの踊りの振り付け、洗濯する人、居眠りする人のポーズ集、etc.……。今でいう版権フリーイラスト集みたいなものでしょうか。天才絵師なのに何でもやっています。「為一」期には旅ブームに乗って風景画も多数描き、根付 やタバコ入れの図案集まで出し、「画狂老人卍」時代も新たな画法を追求したり、人生五十年と言われた時代に精力的すぎです。年だからといって、守りに入ったり、あきらめないで良いと北斎に教えられます。北斎を象徴する「為一」期の「冨嶽三十六景」シリーズ。普遍的なかっこよさです。 これだけの仕事量でお金がたまらなかったのは、管理がどんぶり勘定だったのと、引っ越し癖のせいのようです。絵を描くことだけに集中するため、料理も掃除もしないで汚れたら引っ越しするというスタンス。93回も引っ越ししたと伝えられています。画風にも家にも執着せず、何にもとらわれないで自由にスタイルを変えています。文字で出来ている文字絵。現代人には解読不可能でしたが……。左は小野小町で右は僧正遍昭。「葛飾北斎」期。 「葛飾北斎」期の作品に、「蛸図」があり、その隣に「酔余美人図」が展示されていました。これはもしや伏線? いたずらな瞳の蛸の隣に、酔いつぶれて寝ている美女の姿が。この次の展開は、もしかして……。北斎先生のもう一つの顔、「鉄棒ぬらぬら」名義による春画が連想されます。美女と蛸が絡み合う春画の名作「蛸と海女」を想起せずにはいられません。きっと展示会場のどこかに、カーテンで仕切られた禁断のコーナーがあるのでは?伏線では?と期待したのですが……春画は今回、ありませんでした。全体的にまっとうな展示でした。 でも、音声ガイドに流れた北斎の死ぬ間際のセリフ、「天があと十年、五年生かしてくれれば本当の絵師になれただろう」という言葉に静かに感動し、春画がなくても心が満たされました。「戴斗」期の絵手本の中に不思議な物体が。天文関係の計測器でしょうか。 「新・北斎展 HOKUSAI UPDATE」 期間:~2019年3月24日(日)時間:10:00~20:00(火曜は17:00まで。入場は閉館30分前まで)休館日:1月29日(火)、2月29日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)は開館。場所:森アーツセンターギャラリー東京都港区六本木6-10-1https://hokusai2019.jp/ >>ローマから渋谷まで廃墟化する諸行無常な展示「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」展 #38 >>格調が高すぎる「皇室ゆかりの美術」展 #37 >>ムンクの北欧美的センス #36 #ムンク展 >>「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」展で邪気を浄化 #35 #醍醐寺 >>藤田嗣治と猫と女#34 #藤田展
  • こんにちはシルブプレ。 津野です。 新しい方も入ってきて ますます賑やかになったということで 昨年クリスマスにやろうと思っていた バイラーズ会。 仕事でバタバタでできなかったので延期して 新年会をやりました☺︎ それもちょっとスペシャルな☺︎☺︎ バイラーズの女性陣は 才能に長けた人がとっても多くて いつも刺激的なのですが その中でも プロピアニストの吉田じゅりちゃんの演奏が 気になって仕方なかった昨年初め。 ピアノ演奏してもらえる会をやろう、 と彼女とだけ話していたのですが 構想半年 ちょこちょこっとした準備でふた月 ようやく実現。 彼女のパフォーマンスを披露していただく場として ピアノがある都内のお店を 渋くも私の好きなエリアでチョイス。 (他にも選択肢があったのですが個人的な好みで…) 時代の様相をそのまま残した 歴史建造物が立ち並ぶ表通り、 ほの暗い小路や地下街、 一歩入るとどこかに迷い込んでしまいそうな感じ… トリップ感とロマンチズムの街、 あ・さ・く・さ。 一人で飲みに行くことも多いのですが そういう時はだいたい浅草… (それか新宿ゴールデン街…) そんな中で みつけたピアノがひけるお店にて。 時間になって ゆるやかに はじまりはじまり〜わー!それあげみざわーフライヤー持ってくれてる優しい人たち猫派が多いテーブルそして メインの演奏へ照れてピアノごしに話しかけるじゅりさんじゅりはせいしんとういつした!音が鳴り始めると 一気に空気が変わった… これがプロです…素晴らしい演奏でした春の海をアレンジした曲をはじめ何曲かと じゅりさんのホスピタリティにより 安室ちゃんの曲も。 世代だね。最高でした。 演奏はもちろん、 同世代で趣味や仕事など話の合う 彼女たちの存在はとっても貴重だなと感じた夜。 またみんなで集まりましょう…☺︎ 三人以上きてくれたら また企画します☺︎ インスタはこちら☺︎スーパーバイラーズ 津野裕子のブログ
  • 実家で犬を飼っていたこともあり、圧倒的犬派を自認しておりました。世の中がどんなに猫ブームでも「いやいや絶対犬の方がかわいいでしょ」と心の中でつぶやいてきたのですが、ここ数年でグラグラとその決意が揺らぎつつあります。 SPURでも特集を組み、付録のアートワークでもお世話になってきた画家のヒグチユウコさん。もちろんその絵の魅力はすでにみなさんご存じかと思いますが、私が最初に好きになったキャラクターは「ひとつめちゃん」で、ねこちゃんたちには実はあまり興味がなかったんです(すみません)。ただ、軽い気持ちでこの「せかいいちのねこ」(続編も出ています)を買って読むうちに、「み、みんななんて可愛いんだ、そしていいやつらなんだ!!」とジワジワ虜に。特に好きなのが主人公の「ニャンコ」(正確には猫のぬいぐるみなんですがね)。モデルが、ヒグチさんの息子さんがとても愛しているぬいぐるみというのもぐっときます。「ボリス絵日記」の「ぼっちゃん」と「ニャンコ」のエピソードも好き!先週末より世田谷文学館にて「ヒグチユウコ展 CIRCUS」も始まりましたね(3月31日まで)。グッズコーナーで刺繍の「ニャンコ」のキーホルダーを入手し、早速家の鍵につけています。圧巻の展示、みなさんもぜひお出かけください!(※混雑状況等は世田谷文学館や展覧会のTwitterでご確認いただくのがおすすめです)
  • きょとんとした顔で見つめるルウの瞳の先には一体なにが!? 後ろを見ても何も、誰もいない......(泣)。この光景、きっとにゃんこあるあるですよね。「なにがいるかはいえないニャン......」■お名前ルウ■性別 ♂(男の子)■猫種 雑種(元保護猫)■生年月日 推定2017年6月■性格 人間大好き、慎重派■特技 人の手にすりすり■好物 レタス、ジュレ・スープタイプのフード■マイブーム 夜景を眺めること■チャームポイント 目のキラキラ感 →ルウくんの投稿はこちらから!
  • インフルエンザが大流行ですね。咳エチケットにはマスクが必要です。いよいよ本格的にインフルエンザが大流行。前回記事でインフルエンザの流行について書かせて頂きました。★★★前回記事はこちら★★★インフルエンザのワクチンを打っていても、マスク、手洗い、十分な休養と、栄養の摂取、人混みを避けるなどの予防策は重要です。 そこで、この冬に購入して大活躍のものをご紹介致します。 『マスクケース』です。 猫のモチーフで可愛いらしい。文具メーカーのミドリさんの製品です。今まではジップロックに入れて持ち歩いていましたが、シワシワになるし、生活感が出て、取り出すときにちょっと恥ずかしい思いをしていました。 中身はお財布みたいな感じ。真ん中に仕切りがあります。制菌加工がしてあり、使用前使用後と分けられるようです。裏側にはティッシュも入ります。私は、マスク3枚、のど飴、リップを一緒に入れて持ち歩いています。 一度使用したマスクには、色々なウィルスや細菌が付着しているので、一回ずつ替えることをおすすめします。 お気に入りの小物で、インフルエンザの予防対策してみてはいかがでしょうか。厚生労働省が出している咳エチケットの啓発ポスターです。 インパクト、ありますね。 美女組No.140 Yuのブログ
  • おしゃれに暮らす人の家はキレイ。モードなキレイ好きさんと掃除のプロがオススメする、“ポチれる”優秀アイテムを厳選。新年に向けてピカピカに!! 家中のあらゆる場所の日常的な汚れに対応。どこでも安心して使えるナチュラル成分がうれしいThe Magic Water / マルチクリーナーマルチクリーナー(400㎖)¥950/THE SHOP(The Magic Water) 特許技術により、水を電気分解してアルカリ性の水だけを抽出した、高濃度アルカリイオンの洗浄水。要は原料が水だけなのに、油汚れや手垢など酸性の汚れを中和・分解し、こびりついた汚れを引きはがす。油が飛んでベタベタになった調味料入れなども、ひと拭きでキレイに。スプレーしたあと30〜60秒間放置してから拭き取ることで、除菌効果も得られる。「キッチンの汚れ落としにも、子どものおもちゃの除菌にも。水なので何にでも使っています」(佐藤果林さん)。 http://the-web.co.jpmatsukiyo / アルコール除菌スプレーアルコール除菌スプレー(400㎖)¥276/マツモトキヨシ(matsukiyo) マツモトキヨシのプライベートブランドによるアルコール製剤。優れた除菌作用があり、雑菌が繁殖しやすい水まわりに吹きかけて布やキッチンペーパーで拭き取れば、99.99%除菌することができる。天然由来成分なので、まな板の掃除にも適している。クエン酸配合で消臭効果もあり。「パッケージがシンプルで手に取りました。シンクまわりや電子レンジの拭き掃除、ペットが粗相したときのニオイ消しなどに使っています。食器にかかっても安全で、飛沫を気にしなくていいのがうれしい。価格もリーズナブルなので、毎日遠慮なく使えて助かります」(ニイミユカさん)。 http://www.matsukiyo.co.jpオーブス / ユーカリプタススプレーユーカリプタススプレー(330㎖)¥924/オーブス 原料はユーカリオイルと純水のみ。家中の拭き掃除に使えて、消臭と除菌も同時にできる優れもの。二度拭き不要で衣類にも直接スプレーでき、気になるニオイも消してくれる。界面活性剤もアルコールも不使用なので、子どものおもちゃや果物、野菜の洗浄にも使える。「これ一本で家のいろんなところに使えるので、ものぐさな私にはぴったり。わが家の猫たちがなめても安心です。使用中はユーカリの爽やかな香りがしますが、ニオイが残ることはありません」(金谷杏奈さん)。 https://www.amazon.co.jpほかマルシン / スーパークリーナー万能Jrくんスーパークリーナー万能Jrくん(75g)¥1,300/マルシン 手垢、水垢、油汚れ、落書きからサビまで、あらゆる汚れをキレイに落とす、まさに「万能」な固形タイプのクリーナー。ガンコな水垢や油汚れも、水に濡らして絞った布やスポンジにつけてこするだけでスルスルと汚れが消えていく。くすんだシンクも、焦げついたIHのガラストップもピカピカに。研磨剤不使用なので表面を傷つける心配がなく、成分は中性なので手にもやさしい。「掃除のプロも使用しているクリーナー。シンクや鏡、衣類やフエルトペンの汚れまで幅広く使えるので、重宝しています」(こそうじさん)。 http://www.maru-shin.infoecostore / マルチクリーナースプレーマルチクリーナースプレー(500㎖)¥700/エコストア ニュージーランド発の環境にやさしいトータルケアブランド「エコストア」の多用途に使える住宅用洗剤。遺伝子組み換えでない植物由来の界面活性剤を使用。成分はすべてナチュラルなもので、手肌にもやさしい弱酸性。拭いたあともベタつかないので、壁や床、家具など水で洗い流せない場所にも安心して使える。シトラスの香りがほのかに漂い、すっきりとした使用感。「シンプルなパッケージは、サトウキビを原料にした再生可能な容器。環境への配慮が徹底されています」(大谷優依さん)。 http://www.ecostore.jpマーチソン・ヒューム / “カウンターインテリジェンス”フードセーフスプレーカウンターインテリジェンス フードセーフスプレー(480㎖)¥1,700/フジイ(マーチソン・ヒューム) キッチンやダイニングなど食べ物を扱う場所で使える拭き掃除用洗剤。肌への刺激が少なく洗浄力の高いグレープフルーツ果皮油と、抗菌効果のある保湿成分、セージエキスを配合。ホワイトグレープフルーツのクリーンでやさしい香りは食卓のじゃまにならず、抜群の使い心地。「厳選された植物由来原料なので安心。食まわりでよく使っています」(西村典子さん)。ドアノブやスイッチなどの手垢がつきやすい場所の拭き掃除にも効果的。 http://murchison-hume.jpA2Care / スプレースプレー(300㎖)¥1,800/A2Care 独自技術で生み出された二酸化塩素水「MA-T」が原料。特殊な電子構造を持ち、菌やウイルスだけに酸化反応を起こしてニオイのもとを狙い撃ち。高い除菌・消臭力がありながらも安全性は確保されており、赤ちゃんの近くでも安心して使える。排水口や洗濯槽、エアコンのフィルターに吹きかけると、脱臭や防カビ効果が得られるほか、いろんな場所の拭き掃除にも使える。「子どものオムツ替えのたびに部屋にこもるニオイもしっかり消臭。寝室やトイレ、リビングで使っています」(小笹玲子さん)。 https://www.a2-care.co.jp>>困ったここ、どうすれば? シーン別ポイント攻略術
  • 見られなれているつもりでも、やっぱり見つめられたらキュンキュンしちゃうじゃない!!「ん~♡ あまえんぼさんだにゃん♡」■名前ゆらちゃん■性別女の子■猫種やや長毛のミックス(保護猫なので不明)■生年月日2016年ぐらい(推定)■性格食いしん坊で甘えんぼ。飼い主の姿が見えないと探しにくる寂しがり屋■特技おねだり■好物おやつの「モンプチクリスピーキッス」■マイブーム寝ている飼い主の髪の毛で遊ぶこと■チャームポイント「ヘーゼル」と呼ばれる2色が重なった瞳。お尻をゆらゆら振って歩く後ろ姿 →ゆらちゃんの投稿はこちら!
関連キーワード

RECOMMEND