《衝撃価格¥324!》【3COINS】アクセサリー福袋2019❤️の中身をチェック☝︎❤︎

DAILY MORE

おはようございます❤︎


もう福袋のショッピングもだいぶ
ひと段落してきた頃かと思いますが、、

最後にひとつだけ!
どうしてもご紹介したかった
衝撃価格の福袋を今日はご紹介
したいと思います✌️❤️


それがこちら、、、

3COINSの福袋❤️!☻

今年は
雑貨・マシュマロ衣類
アクセサリー・ネイルの4種類の
福袋があるそうです✌️✨

毎年大人気の福袋はもちろん
すべて税込¥324!!!❤️

私が選んだのは…『アクセサリー福袋』❤︎✌︎

以下、ネタバレ( ºωº )❤︎


①ギンガムチェックのシュシュ
②白のファー付きヘアゴム
③ヘアクリップ
④ゴールドのマジェステ
⑤多色カラーのアメピン
⑥多色カラーのヘアゴム

が入っていました♩。*

⑅⁺˖- - - - - ⋈ - - - - -˖⁺⑅

ちなみに、他の種類の福袋は

✩雑貨福袋
…雑貨4点入り♬

✩マシュマロ衣類福袋
…ふかふかマシュマロソックス2点
プラスもう1点♬

✩ネイル福袋
…マニキュア10本、
ネイルパーツ9枚入り♬

だそうです٩( 'ω' )و❤︎

⑅⁺˖- - - - - ⋈ - - - - -˖⁺⑅

お店によって扱っている福袋の種類や
在庫状況が異なりますので
お近くの3COINSで是非チェック
してみてくださいね♬

カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎


モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ

関連記事
  • 夏休みのときに 地元へ帰省していたのですが 素敵なカレー屋さんを 見つけたので紹介します☝ 81cafeさん です お店がガラス張りで とっても広々とした 落ち着いた雰囲気でした 私がお店へ行った日は とてもお天気がよかったので 太陽の光が差し込んで とても心地よかったです カレーの種類が豊富で 悩みましたが 私は チキンカレーとチーズナンを 頼みました ここのチーズナンは 他のお店とか少し違って 粉チーズを使っているので 伸びないのですが チーズの風味が ふわあっと 感じられて私はとっても好きになりました 席はお座敷もあるので 子供連れでママ友ランチ会とか 学校終わりにご飯食べながら くつろぎたいなって時に ピッタリのお店です✌ 地元におしゃれなお店が たくさん出来て嬉しいです 大好きな地元を 知ってもらいたいし、 みんなに訪れてほしいので これからも地元のカフェやごはん屋さんを 紹介していきます 行ってみたいな と 思わせられるブログを 頑張ります Instagramカワイイ選抜 No.55 今井綺羅のブログ
  • 昨日9月17日(火)より期間限定で 【ハーゲンダッツ】から、 和をモチーフとした秋の新作アイス 《吟撰ぎんせんきなこ黒みつ》 《ずんだ》が 新登場 〜♡♡私はまずは、 《吟撰ぎんせんきなこ黒みつ》を 食べてみました 〜!!きな粉×黒蜜ソース=♡♡♡2年前に「きな粉黒みつ」を食べて以来、 大好きになったシリーズですが、 その「きな粉黒みつ」がパワーアップして 今年も登場したのだとか♪♪きな粉アイスクリームの上には、 たっぷりすぎるきな粉が!!アイスクリームの中には、 黒みつもたっぷりです♡♡秋冬感が感じられるアイス★今日は一段と秋めいた日でしたが、 《華もち》シリーズのアイスを食べると より夏の終わりを感じました(笑)【No.576】*Ayane* Instagram料理専用Instagramはこちら★モアハピ部 No.576 *Ayane* のブログ
  • 10月号付録の「大人のガーメントバッグ」。私は刺繍道具を詰めてみました。STRASBURGO の潔いシンプルデザインが、大好きなモノトーンコーデにも合わせやすい。 私は刺繍が好きで、イベントや企画ものが近づくと家に籠って制作することが多いので、 お昼ご飯がめんどい時、 気分転換に、近所のカフェへ刺繍道具を持って行って、ちくちく制作をすることがあります。このガーメントバッグが来るまでは、 針は針止めに刺してがま口に入れ… がま口のポケットには鋏を入れ…と、 細かい裁縫道具を色々仕分けし、また別バッグにまとめて持ち出していました。 でもこちらは、内にメッシュポケットがついているので小物も収納しやすく、 マチが10センチ以上あるので、制作途中の布もそのままどさっと容れられる! 図案集や本も収まる優れものです。 ムーミン展のミニチュアカップで作った針山^ ^お友達に頼まれ、簡単な刺繍や手芸を外でお教えする機会もたまにあるので、 手芸者にとっては、このサイズ感のガーメントバッグは道具がまとめやすく重宝しそうです。 来月の企画展に向け、こちらのモノトーン刺繍は、バッグに仕立てるつもりなので、 (うまく出来たら^ ^;)また載せさせて下さいね。 華組インスタはこちら★手芸ネタはこちら★華組 謝名堂華菜子ブログ
  • LEE10月号はご覧いただけましたか? 1点投入で大人カジュアルを底上げしてくれる秋のバッグ&シューズがいろいろと揃ってまいりましたので、ご紹介いたします!   厳選されたレザーを使い、職人による日本生産にこだわった一足 ramble dance/タッセルローファー/¥12,800+税 スニーカー感覚で気軽に履ける白のタッセルローファーは、秋冬のダークな着こなしを軽やかに仕上げる名脇役。すっきり細身のルックスを裏切る、柔らかく快適な履き心地も自慢です。歩行をアシストする工夫が施されたラバーソールや、低反発素材のインソール、抗菌、消臭機能のある中敷などが採用されているので、長時間ストレスなく履き続けられること間違いなし。     ソフトで足当たりのいい素材と、ハンドメイド感が香る優しげなフォルム ramble dance/Tストラップシューズ/¥13,800+税 ぽってりとした丸みのあるシルエットに、細いTストラップをバランスよく配したエナメルシューズ。計算された甲部分のカッティングが、足をほっそりきれいに見せてくれます。きちんと感がある甘めデザインながら、歩きやすさは言うことなし。デニムやチノパン+白ソックスだけでなく、ワンピース+タイツにもすんなりマッチします。ストラップは着脱がラクなホック留め仕様。     バレエシューズの軽やかさとレースアップの端正さがほどよく調和した一足 SPELTA/BETTA nappa/¥28,000+税 足をすっぽり包み込む柔らかな羊革のアッパーに、サテンリボンで寄せた表情豊かなドレープが特徴。甘すぎず、まじめすぎない、大人にちょうどいい遊び心が漂います。肌寒くなったらソックスやタイツをコーディネートするのも◎。ソフトなレザーが使われているので、足のトラブルがある人にも優しい履き心地。加えて、リボンでフィット感の調整もできます。     レザーポケットをアクセントにしたミニトートはストラップが調節できる便利な2ウェイ仕様 FEEL AND TASTE/リネン×レザーバッグ/¥19,000+税 上品なナチュラルカラーのリネンに映える、黒いレザートリムやポケット。紙袋をモチーフにしたトートバッグのしなやかなストラップは、二重で手持ちに、伸ばせば肩がけもラクにできる長さに調節できます。高い収納力を物語るマチ幅の広さや、荷物をたっぷり入れても型崩れしにくいつくりも要チェック。     合わせる服を選ばないシンプルな見た目に使い勝手のいい工夫が満載 STANDARD SUPPLY/DAILY DAYPACK/¥16,000+税 マットなコットン×ナイロンのデイパックは、オレンジがかった明るいレンガ色。丸みのある形状とほどよいサイズ感は、大人の女性の普段使いに最適です。充実のポケットや仕切り、10㎜厚さのウレタンパッドが入ったストラップ、左右どちらからも開閉しやすいダブルファスナーなど、細かい部分にまで使いやすい工夫が施されているのも人気の秘密。     大人気の名品コンパクトショルダーにはおしゃれ心を刺激する新色を追加 Mimi/フランシス/¥36,000+税 タイムレスな美しさと使いやすさで知られる「フランシス」。丸みを帯びたコンパクトなフォルムに、切りっぱなしのラフなフラップと、クラシカルな真鍮の金具使いが特徴です。ストラップの長さを自由に調節できるので、まっすぐな肩がけにも斜めがけにも対応可能。モデルやLEEスタッフにも愛用者が多く、「どんなコーデにもすんなりフィットするから、毎朝ついつい手に取ってしまう」と大評判です。気品のある定番ブラックに加え、女性らしさが引き立つ深みのあるレッドと、品格漂うネイビーが仲間入り。     アクセサリー感覚で持つのが似合う、ギリシャから届いたコンパクトショルダー VICE VERSA/ギリシャバッグ/¥9,500+税 ころんと丸みのあるフォルムが、なんともチャーミング。上品なツヤのあるレザーとゴールドの金具が、洗練された高見え力を発揮します。マチを広くとってあるので、コンパクトな見た目以上に物はたっぷり収納可。洗練ベージュと万能ブラックの2カラー展開。     収納力抜群で使い勝手のいいシンプルトートは、デイリーコーデの相棒にうってつけ   TEMBEA/ペーパートートロゴ/¥13,000+税 A4サイズが入る縦長型トートは、パラフィン加工を施した丈夫な綿キャンバス×ヌメ革のコンビ。カーブを描いていたのが直線になり、よりシャープな印象にリニューアルしたロゴがさりげないアクセントに。さし色レッドと定番グレーの2色展開。     コーディネートを格上げしてくれる上質アイテム TOFF & LOADSTONE/【レヴューリザード】ショルダーバッグ/¥26,000+税 上品な出で立ちのショルダーバッグ。革の質感とゴールドの金具、大ぶりのタッセルのバランスが、質の高さを存分にアピール。カバン本体のコンパクトさと細めのショルダーが今時のスタイルによく似合う、お洒落な逸品。   その他LEE10月号掲載アイテムは下記よりご覧いただけます。
  • ジバンシィがオートクチュール技術を取り入れたカプセルコレクション、ジバンシィ アトリエを9月18日(水)~9月24日(火)の間、阪急うめだ本店1階ポップアップスペースにて期間限定発売する。ジバンシィ アトリエは、オートクチュールルックのボリュームと構造を基に、世界中のより多くの人々に向けてデザインされたエクスクルーシヴなコレクション。 (左)ブラウス ¥295,000、パンツ ¥126,000、バッグ ¥210,000、シューズ ¥128,000・(右)バッグ ¥210,000/ジバンシィ阪急うめだ本店(ジバンシィ アトリエ)アーティスティック・ディレクター、Clare Waight Keller(クレア・ワイト・ケラー)が、洗練された白と黒のパレットに、ジョーゼット、ギピュールレースといった象徴的なファブリックを取り入れ、メゾンの伝統的なスタイルコードに新たな命を吹き込んだ。イブニングに最適なミディドレスや、透け感のあるレースのブラウスといった構築的なルックをはじめ、シックなTシャツにパーカ、小粋なトレンチコートなどカジュアルなアイテムも取り揃える。 (左)スウェットパーカ ¥190,000・(右)スウェットパーカ ¥190,000、スカート ¥158,000/ジバンシィ阪急うめだ本店(ジバンシィ アトリエ)アクセサリーには、アイコニックなV字グラフィックをあしらったEden(エデン)バッグが新たに登場するほか、オートクチュールにインスピレーションを得たフットウェアもラインナップ。チェルシーブーツやギピュールで覆ったスリッポンなど、バリエーション豊かな新作が揃うので、この一週間だけの限定展開を見逃さないで。 (左)ドレス ¥794,000、バッグ ¥320,000・(右)バッグ ¥470,000/ジバンシィ阪急うめだ本店(ジバンシィ アトリエ)【ジバンシィ アトリエ ポップアップストア概要】  期間:9月18日(水)~9月24日(火)会場:阪急うめだ本店1階 コトコトステージ 11住所:大阪府大阪市北区角田町8-7  ジバンシィ阪急うめだ本店 https://www.givenchy.com/06-6313-7402 text: Fuyuko Tsuji ⇩「ジバンシィ」のカプセルコレクション「ジバンシィ アトリエ」のラインナップをチェック!
  • カラーの入替可能!カスタマイズできるフランスからのオリジナルジュエリー「Les Georgettes」フランス製で交換可能なリバーシブルカラーのバングルとリング こんな感じで本体とレザーバンドが分かれています水色とオレンジ、イエローとネイビーがセットになっていますリングも購入。ホワイトの裏側はボルドーです!気分やファッションに合わせて楽しめて、おススメです♪Les Georgettes美女組No.155 ritsukoのブログ
  • 「しっかりとした物作りをしているブランドが好き」と言うスタイリスト村山さん。ここでは、その物作りを堪能できるジャパンブランドをフィーチャーしたマリソルから発売された初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』が5万部に達する大ヒット! 高い審美眼と圧倒的なセンスに、ますます注目が集まる村山佳世子。彼女がマリソル世代に届けたい真の名品とは? まさに一生ものと呼べるアイテムだけが集結。 むらやま・かよこ●文化服装学院スタイリスト科卒業後、アシスタントを経てスタイリストデビュー。25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍する。その審美眼とセンスで、読者はもとよりファッション業界や人気モデルたちからも、圧倒的な支持を集めている SLOANE スローンのハイゲージニット仕事でもプライベートでも頼りっぱなし。名脇役のベーシックニット実はまだブランドの立ち上げから数年しかたっていないスローン。でも着ている人を見ると、"そのニット、スローンでしょ"って、すぐにわかっちゃうんです。こんなにベーシックなデザインなのに、それってすごいブランド力なんだと思います。アイテム数や素材のバリエーション、サイズ展開の豊富さもさることながら、"あくまでも名脇役でありたい"というブランドコンセプトにも脱帽。仕事でもプライベートでも本当に頼りにしています。ユニセックスで着られるベーシックなニットを、1 ~ 5 のサイズで展開。「同じ形のニットでもサイズが違うと雰囲気がガラリと変わるので、サイズ違いで着る楽しみもあります」と村山さん。定番のVネックカーディガンはシルク100%素材で、季節を問わず着られる一枚。モデル着用サイズは4 。カーディガン¥31,000/スローン パンツ¥38,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) TASAKI タサキのパールジュエリーモダンかつモードなパールを、日常のコーディネートにひとつパールはやっぱりジャパンブランドが秀逸だと思う。日本でパールを買う外国人が多いともよく耳にします。私はフォーマルな日にパールをつけるだけでなく、日常のコーディネートにカジュアルにパールをつけるスタイルが好きで、仕事のスタイリングにも欠かしません。TASAKIのパールはラグジュアリーながらもデイリーコーデに寄り添ってくれるモダンさがある。本来はクラシカルなはずのパールに、モードなムードを感じるのです。日本有数の老舗ジュエラーであるTASAKI。人気デザイナーのタクーンがデザインした「バランス」コレクションが、唯一無二の存在感を放つ。 パールネックレス(長さ約100㎝、18Kホワイトゴールド、あこや真珠約7㎜)¥736,000・ア シークレット ネックレス(長さ約40㎝、18Kイエローゴールド、あこや真珠約7㎜)¥452,000・バランス シグネチャー ネックレス(18Kイエローゴールド、あこや真珠約8.5㎜)¥435,000・バランス エラ リング(18Kイエローゴールド、あこや真珠約8㎜)¥215,000/TASAKI HYKE ハイクのミリタリージャケット見つけたら手に取ってほしい、メンズライクなのにどこか女らしい一枚ハイクの服って簡単には手に入らないんですよね。直営のショップも、オンラインショップもない。欲しいアイテムがある時は、頑張って探す。だから手に入れた時の達成感は格別なんです。オーセンティックなデザインを踏襲したミリタリージャケットは、こんなにメンズライクな本格派なのに女性が着やすいように絶妙にモディファイされている名品中の名品。大人の女性が袖を通した時にこそ、女らしさがきわだつ気がします。2009年以降、活動を休止していた人気ブランド「green」のデザイナー、吉原秀明氏と大出由紀子氏が、13年に「HYKE」をスタート。ミリタリー、アウトドア、ワークテイストのアイテムを中心に、レディス服を展開する。アディダスやザ・ノース・フェイスとのコラボレーションも話題に。ジャケット「M-51 TYPEFIELD JACKET(BIGシルエット)」 ¥38,000/ボウルズ(ハイク)EYEVAN アイヴァンのサングラスファッション性も実力もNo.1 。豊富な展開から好みの一点を見つけてアイヴァンの色や種類の豊富さを表現したくて、欲張ってたくさん撮影してしまいました(笑)。黒やブラウンをはじめ、カーキやベージュなど流行のニュアンスカラーがそろっているから、見事にどんなコーディネートにも寄り添ってくれるんです。さらには、そのファッション性もさることながら、メガネブランドならではの機能性ももちろん高く、私は車を運転する時、その実力を実感します。すごく視界が広い。ぜひ、試してみてください!1972年、"着るメガネ"のコンセプトのもとに誕生した日本初のファッションアイウエアブランド「EYEVAN」。そのクラフトマンシップを引き継ぎ、企画・デザイン・製造のすべてを日本で行う「EYEVAN 7285」を、2013年にスタート。 上から1 番目(ピンク)¥48,000・3 番目(カーキ)¥49,000・5 番目(ベージュ)¥46,000・6 番目(ブルー)¥48,000・7 番目(カーキ)¥55,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) 2 番目(アイボリー)¥36,000・4 番目(ブラウン)¥32,000・8 番目(ブラック)¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン)Harpo アルポのターコイズアクセサリー40歳からが本番。大人のための名品アクセサリー若いころ、年上のおしゃれな女性がターコイズのアクセサリーを身につけている姿を見て、なんて素敵なんだろうと思ったことを覚えています。ターコイズって大人の成熟した肌に合うのでしょうか。いつの間にか私にも、似合うようになってきたのを実感します。アルポはフランスのブランド。フランス人の目を通したインディアンジュエリーはエスニックテイストのほどよい引き算が上手で、洗練されたムードが手に入る。それぞれに個性があるので、運命の一点を見つける楽しみもあります。1971年にパリで創業した、ターコイズをはじめアメリカンインディアングッズを扱うセレクトショップ。洗練されたテイストに定評があり、日本での取り扱いも増加中。 ネックレス¥75,000/エスケーパーズ(HARPO) バングル(花型)¥25,000・(バー型)¥74,000/ウィム ガゼット青山店(HARPO) ニット¥49,000・パンツ¥45,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)【Marisol9月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア/shuco(3rd) メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/竹下玲奈 取材・文/磯部安伽 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
  • 幼少の頃から常に本と一緒に歩んできた私は、マンガも常に一緒。映画や小説と並び、マンガも大好き。少女マンガも少年マンガも、20代の頃は毎週何冊も買って夢中で読んでいたものです。今回、そんなマンガ好きのためにある、秋田県横手市増田の「増田まんが美術館」と、先日行った秋田県立近代美術館へ再度来館。まずは近代美術館で開催されている「ビッグコミック50周年展」、こちらへは前回一緒に行ったM子ちゃんとまた2人で。M子ちゃんも私と同じくマンガ大好き女史なのです。ビッグコミック展、嬉しいことに、なんと展示室全て写真撮影OK!ズラリと並んだ原画の数々、撮影した写真はSNSにどんどん載せてかまわないなんて、なかなかありませんよね。様々なメモ、赤ペンで書いたものなど、指示でしょうか、ほとんどの原画に何かが書かれています。吹き出しのセリフは、別の紙に打たれたものが貼られてました。なるほど、こんな過程で最終的にマンガ本となり、店頭に並ぶのだなと、興味深く見て、撮影してきました。色づけされた原画も、とても美しい作品でした。1968年創刊のビッグコミックには、藤子不二雄先生(現・藤子不二雄A先生と、故・藤子F不二雄 両先生のコンビ)、石森章太郎先生、手塚治虫先生、水木しげる先生、さいとうたかを先生など、ビッグネームがずらりとならんでます。1969年から始まった、さいとうたかを先生の「ゴルゴ13」は、言わずと知れたビッグコミックの顔とも言うべき連載でしたね。80年代頃のもので、私のど真ん中を突いたのは、紫門ふみ先生の作品群。月9と言われたドラマ、その他ドラマ化されたもの、たくさんありましたね~。最後の展示室にはズラッと並んだビッグコミック!!思わず「おお!」と声が出ました。ビッグコミックはその時その時の人気者の似顔絵を表紙にしていて、それも楽しみのひとつ。「芸能人とスポーツ選手、あとは政治家だねぇやっぱり。」と言いながら、眺めていたM子ちゃんが、「それ以外の表紙見つけた!」と。見ると、リカちゃん人形が。リカちゃんは私と同じ年齢なので、一緒に記念撮影。ぜ~んぶ撮影OKの「ビッグコミック50周年展」、こちらは9月8日まで。ゴルゴと一緒に撮影するのを忘れたのが悔やまれますが、とても楽しめました。原画は想像以上に見ごたえあり!次の日、私1人で増田まんが美術館へ。こちらは1995年に開館した、日本初の本格的まんが美術館。原画所蔵枚数は日本一を誇ります。2017年から2年間かけてリニューアルし、今年の5月1日から再開されました。自然の中の広々とした敷地にある、ひときわ目を惹く建物に、念願の初来館。入り口をくぐると正面の受付の後ろには売店があり、その壁の1枚を人気マンガのひとコマひとコマが集まり、ドーンと埋めています。売店前には、遊び心いっぱいの「ウオオオー」という文字のソファー。2階へ昇る螺旋階段から見つけて、思わずクスッと笑ってしまいました。入り口を通って振り返ると、リニューアルオープンに向けて依頼された里中満智子先生が、万葉集を題材として描いた「万葉の集い」が展示されています。「万葉の集い」が出来上がり、まんが美術館へとやってきたあとに、万葉集の梅花の歌からの出典である新元号「令和」が発表になり、この奇跡のような偶然に、職員の皆さん驚いたそうです。里中先生、すごい!1階にはマンガの蔵という所蔵庫があり、ここ増田出身の漫画家である矢口高雄先生の「釣り吉三平」の、三平くんが行く先々で案内をしてくれていて、ここでも三平くんがにこやかにご案内。以前紹介した蔵の町・増田、それゆえに「マンガの蔵」と名付けられた原画を保存するこの蔵内、撮影はできませんが、ここはぜひ見てほしい。大事な原画の保存においては、紙の専門家に相談をし、劣化を防ぐために厳重かつ細やかな気配りで温度・湿度管理をし、壁一面、床から天井までの引き出しには1枚1点、原画が22万点以上保管されているそうです。容量としては、ガラス張りの開架倉庫に約30万点、見えない部分の閉架倉庫に約40万点原画を保管できる、大容量の所蔵庫。ヒキダシステムと名付けられた、ガラス張りになった引出しの収納は、自由に開けてその中の原画をじっくり見ることができます。服の柄などに使うトーンなど、綺麗に貼り付けられ、番号が書かれているのも確認。知らない世界をのぞいたようで、とても楽しい。蔵には原画をデジタルデータ化して保存するアーカイブルームがあり、何人かのスタッフさんが作業している姿が。そこでデジタル化された原画は大型タッチパネルで見ることができます。現在このマンガの蔵に作品を預けている作家先生は179名、その中でほとんどの作品を預ける大規模収蔵作家先生は8名。これからさらに増えることでしょう。「東京タラレバ娘」などで人気の東村アキコ先生の作品も預けられているそうです。東村先生は今年、コミック界のアカデミー賞ともいわれる、米国アイズナー賞最優秀アジア作品賞を受賞しました。素晴らしい!まんが美術館は、当初増田出身の矢口高雄先生の記念館にする予定だったのですが、矢口先生が「記念館ではなくて、漫画家先生たちの原画などを集め預り、美術館のようにしたい」との一言で、今に至ったのだそうです。素敵なお話しです。館内には、いたるところにマンガ本が並んでいて、椅子、ソファー、寝転びスペースなどで、自由にマンガを読むことができます。本物のブナの木に画像が映りこむ、原画の展示室にも読書(読マンガ?)スペースが。近くで撮影はできませんでしたが、こちらの展示室には色鮮やかな原画などがたくさん壁に展示されています。74点しか展示できないため、120名の日本の作家先生の作品を定期的に替えながら、展示しているそうです。2階には、名台詞ロードと呼ばれる通路があり、様々なマンガの吹き出しでいっぱい!その中でも撮影スポットとして1番人気の「北斗の拳」、ラオウの名台詞前で、私もパチリ。案内してくた美術館職員の佐々木さんも、マンガのコマ前で、パチリ。ハリウッド女優のクリステン・スチュワートに似た雰囲気の美人さんです。2階にあるマンガライブラリーには、話題作や展示原画の作品などなど、なんと約25,000冊が揃い、その全てが読み放題!夏休みなので、お子さんたちも多かったのですが、大人も、特にシニアと見受けられる方々、多かったですね~。私と同じくマンガ好きさん、やはりたくさんいるんですね。仲間意識が湧いてきました。1階に戻り、マンガカフェを見学。カフェの壁には漫画家先生たちの直筆イラストがたくさんあります。これには驚きでした。直筆なんですから!白を基調にしたスッキリ広いカフェ、テーブルにはセリフの吹き出しが描いてあり、そのセリフを秋田弁にしたものなど、こちらにも遊び心が。メニューも、マンガにちなんだ楽しいものが盛りだくさん。マンガのコラボソーダが人気で、イラスト入りのコースターがついてきます。持ち帰り、もちろんOK。現在開催中のイベント、特別展示は人気マンガ「鋼の錬金術師」、9月29日まで。秋田県立近代美術館のビッグコミック50周年展と、こちらの鋼の錬金術師展、両方に行ってチケットを持参すると、ビッグコミック50周年のポスターと鋼の錬金術師オリジナルステッカーをプレゼント。先着300名様ですが、まだ間に合うそうなので、行ける方、ぜひ!今回はマンガを心から堪能できて、あらためて自分のマンガ好きを確認、今や日本の文化のひとつにもなったマンガ、その原画も見ることができて、童心にかえりつつ、大人の目で原画の緻密さや、線・色、初めて知ったアーカイブ作業を見て、深く楽しく感動してきました。近代美術館での次回の企画展は伊藤若冲、まんが美術館ではオノ・ナツメ先生の作品展示です。まんが美術館では作家先生のサイン会も開催されたりしますよ。ご興味のある方、下記サイトから調べてみてくださいね。秋田出身の漫画家先生も多く、まんが美術館には矢口高雄先生、高橋よしひろ先生、倉田よしみ先生、きくち正太先生、土田世紀先生、おおひなたごう先生、こちらの6名の秋田出身先生の作品も並んでいます。増田まんが美術館 秋田県立近代美術館
関連キーワード

RECOMMEND