いちご×水族館の世界観にうっとり♡ 『琵琶湖ホテル』の「スイーツ ビュッフェ ~ストロベリー アクアリウム~」 【 #いちご 4】

DAILY MORE

滋賀県『琵琶湖ホテル』で、1/11(金)から5/6(月・祝)まで!

暑い夏に海をイメージしたスイーツブッフェはたくさんあるけど、寒い冬にはめずらしいテーマのブッフェをご紹介。滋賀県『琵琶湖ホテル』で、“水族館”をテーマにしたストロベリースイーツビュッフェ「スイーツ ビュッフェ ~ストロベリー アクアリウム~」が開催されます!

「色鮮やかなピンクのサンゴ礁エリア」・「大海原が舞台のファンタジーストーリー」・「ネイチャーアクアリウムの世界」の3エリアに分かれたブッフェは、スイーツはもちろん、サンゴやヒトデなど装飾も海感たっぷり♡

「色鮮やかなピンクのサンゴ礁エリア」では、「いちごのショートケーキ」など約10種類のスイーツを展開。気泡をイメージした「いちごのマカロン」や、たこをモチーフにした「いちごのレアクリームチーズ」など、ピンク尽くしの空間になっています。
また「大海原が舞台のファンタジーストーリー」は、水色がベースの空間に! カラフルな「いちごのシフォン」や、存在感たっぷりのお姫様のケーキ「いちごのポンパドール」などゆめかわな雰囲気をまとったスイーツ約10種が登場します。
そして、木々が生い茂り熱帯を思わせる「ネイチャーアクアリウムの世界」には、グリーンが印象的な「いちごと抹茶のモンブラン」のほか、フレッシュな「あまおう」をはじめとするいちごの食べ放題を用意。
ほかにも、温かいホワイトミルクソースを注いで味わう「いちごの玉手箱」などのウェルカムスイーツや、「いちごのリゾット」など“いちご×イタリアン” のフードメニューもラインナップ。大満足間違いなし♪

夏の海に思いを馳せながら、冬だけのいちごのブッフェを満喫してみて。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
「スイーツ ビュッフェ ~ストロベリー ミュージアム~」

期間:2019.1/11(金)~5/6(月・祝)
場所:琵琶湖ホテル 2階「イタリアンダイニング ベルラーゴ」
住所:滋賀県大津市浜町2-40
時間:15:30~17:00(90分制)
料金:大人 ¥3900、7~12歳 ¥2000、4~6歳 ¥1000
※税・サ込

→予約や詳細は公式サイトから!

関連記事
  • 7/24(水)から数量限定発売。無くなり次第終了だから急いで!!買ったはいいものの、“可愛すぎて食べられない……”と女子を惑わす人気のシリーズ「食べマス」。「食べマス」は、餡・砂糖・餅粉などを練った生地=「練り切り」で作られた和菓子です。これまでも、リラックマやドラえもんなど様々な人気キャラクターをモチーフにしてきました。そんな「食べマス」シリーズから、『トイ・ストーリー』のエイリアンが登場! 7/24(水)より『セブン-イレブン』にて数量限定で発売されます。ラインアップは、抹茶味の「食べマス TOY STORY エイリアン」と、浮き輪にのったカスタード味の「食べマスTOY STORY エイリアン SUMMER LIMITED ver.」の2種類。(写真左・中央)「食べマス TOY STORY エイリアン」、(写真右)「食べマスTOY STORY エイリアン SUMMER LIMITED ver.」(各¥258)※数量限定、なくなり次第販売終了。※店舗によっては取り扱いがない場合があります。つぶらな瞳も、キュートな足も、ぜんぶ食べられるなんて……。やさしい色味はすべて天然着色料で再現されています。絶賛公開中の『トイ・ストーリー4』とともに、楽しんじゃいましょ♡♡▶▶詳細は『バンダイ キャンディ』公式サイトから©Disney/Pixar
  • 福岡に行ったときはとても暑くて暑くて、休憩がてら冷たいもの求めてカフェやアイスクリームなどたくさん食べていましたw 福岡・久留米の特産品をジェラートにしたジェラート専門店KURUMEジェラートミルク あまおうあまおう苺の甘酸っぱさとミルクの濃厚でなめらかな味わいがマッチ! お持ち帰り用 ジェラートも豊富どれもおいしそうだったので、食べたい分はお持ち帰りしました 搾りたて久留米ミルク 広川産の桃 星野産の抹茶 生チョコ あまおうシャーベット マンゴーシャーベット とくに久留米ミルクがオススメ! ミルク感が濃厚で、だけどさっぱりしているからどんどんスプーンが進んじゃってあっという間に食べてしまう。 KURUMEジェラートさんの店舗は、ランチをいただいたcoffeecountry/マツノブデリさんのお店からとても近くにあります。 ぜひ合わせて訪れてみてくださいね~ モアハピ部 No.396 miRaiのブログ
  • アラフィー世代になったら、ゆっくり贅沢に時間を使う、大人ならではのハワイ旅を楽しみたい。そのためには気持ちのいいステイ先が不可欠! この地に何度も通ってきたハワイ通の口コミによって選ばれた“究極のホテル”をご紹介します。【大人ステイNo.1】 The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort (ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート)ブレンダさん(モデル)、山口規子さん(フォトグラファー)、坪田三千代さん(旅行ライター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦マイラニタワーからワイキキビーチを見下ろした、ザ・ハワイな景色「高い天井と、ハワイの風が抜けていく感じが好き。ロビーからまっすぐ海に抜ける回廊の光に、ハワイを感じます」―山口規子さん「一日中ホテル前のビーチでのんびり過ごし、サンセットタイムにはマイタイバーでマイタイを。ワイキキの中心だからサッと買い物にも行けるロケーションも便利」―ブレンダさん大人のキュートも贅沢もここにあり “ワイキキのピンク・パレス”の名のとおり、ハワイの青い空と海に花を咲かせたような、ピンクに囲まれた楽園。まさに誰もが知るハワイのシンボル的な存在のホテルだが「大人のゴージャスさを感じさせる内装が素敵」(ブレンダさん)、「ワイキキのど真ん中にありながら自然に抱かれている感たっぷりのスパもいい!」(坪田さん)、「実は、ホテル内には博物館並みにハワイの歴史を感じられるものがたくさん! 文化に触れてこそハワイにいると実感できる」(赤澤さん)と、ハワイ通こそが「泊まるならここ」と口をそろえる。それは常に進化を続ける老舗の実力なのだ。歴史を感じる「ヒストリック・オーシャン」の部屋ホテルのベーカリーショップではゲストにバナナブレッドやスコーンなどの詰め合わせをプレゼント。ピンクチョコがけのクッキーなどのおみやげも充実【DATA】 2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・923・7311(日本語対応可) 1泊1室$435~、ヒストリック・オーシャン$595~ 全529室 IN15:00 OUT12:00 https://www.royal-hawaiian.jp/【リゾートステイNo.1】 Turtle Bay Resort (タートル・ベイ・リゾート) 種房千保子さん(フォトグラファー)、ブレンダさん(モデル)推薦サンセットを眺めながら自慢のシーフード料理が楽しめるホテルきってのレストラン「パアカイ・ステーキ シーフード&ロウ・バー」(17:30〜21:30、㊡日・月曜、予約がベター)「砂に足が触れ、波音を聞き、風に当たる……、ノースショアを五感で感じられるビーチで眺めるサンセットは格別。シーフードが自慢のレストランもおすすめです」―種房千保子さん喧騒を離れた究極のリゾートタイム ステイ先をワイキキからノースショアへ。これだけでいつものハワイ滞在がまったく違った印象になる。90%以上の部屋から海が望めるここは、「岬のような場所にあるので、部屋のベッドに寝転びながら海が眺められます。数年かけてリノベーションされ、食も充実し、ホスピタリティも心地いい」(種房さん)と、ハワイ通には知られたホテルだ。乗馬やゴルフ、オーシャンビューのプールも楽しめるとあって、ローカルたちのステイケーション先としても人気。メインダイニング「パアカイ」は、サンセットディナー目当てにタウンからやってくるロコもいるほど。ホテルのほとんどの部屋から海が望める「パアカイ」の人気メニュー、カキをガーリックバターとパルメザンチーズをかけて焼いた「チャーブロイド・オイスターズ」($18)「パアカイ」の人気メニュー、「ブルークラブ・クラステッド・マーケットフィッシュ」(時価。通常$38前後)リゾート感たっぷりのプール【DATA】 57-091 Kamehameha Highway, Kahuku ☎808・293・6000  1泊1室$280~、ヴィスタオーシャンキング$400~ 全443室 IN15:00 OUT11:00 https://www.turtlebayresort.com/Oahu-Resorts【家族ステイNo.1】 The Kahala Hotel & Resort (ザ・カハラ・ホテル&リゾート)桐島かれんさん(モデル)、ブレンダさん(モデル)、村山佳世子さん(スタイリスト)、徳原文子さん(スタイリスト)推薦波音が心地いい海前のプールでは、何も考えずゆっくりするのがいい「イルカやウミガメが泳ぐホテル内のラグーンは、家族で楽しむにもうれしいポイント。波の音を感じながら昼寝や読書を楽しむ時間もいい」―桐島かれんさん極上のホテルライフを約束してくれる ワイキキから車でほんの10分ちょっと。まるで離島にいるかのようなリゾート感で各国のセレブを魅了しつづけているホテル。「子供が小さいころには時間を忘れてイルカと戯れたり、ビーチで砂遊びをしたり。家族全員でホテルでの時間を満喫できます」と、桐島さんも定宿にするひとり。また、ホテル内のイタリアン「アランチーノ」も「ディナーで一度は訪れます」(村山さん)、「料理が最上級で特別なときに行くお店」(ブレンダさん)とファンが多い。ラグーンのイルカと触れ合える体験プログラム「ドルフィン・クエスト」「オーシャンフロントラナイ」は部屋もラナイもさすがの広さ! 来年夏『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』がオープン予定【DATA】 5000 Kahala Ave., Honolulu ☎808・739・8888(日本語対応可) 1泊1室$450~8,365、オーシャンフロントラナイ$975~1,365 全338室 IN15:00 OUT12:00 www.kahalaresort.com【隠れ家ステイNo.1】 Queen Kapi‘olani Hotel (クイーン カピオラニ ホテル) 内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦夕暮れ時、プールサイドから望むダイヤモンドヘッド。遮るものは何もなし!「どこにいてもどーんとそびえ立つダイヤモンドヘッドが拝める最高のロケーション。朝も、昼も、夜も、この景色が眺められるなんて最高に贅沢。日がな一日このプールサイドで本を読んだり、カクテルを飲んだり、昼寝したり。やっぱり大人のハワイはこうでなくちゃ!」―赤澤かおりさんこのハワイビューは何にもかえがたい カパフル通りに面し、カピオラニ公園を目の前にして立つクイーン カピオラニ ホテル。古くから愛されてきたここが今年、ハワイアンカルチャーを知るローカルアーティストたちの手によって、古きよき雰囲気は残しつつ、新たなるハワイスタイルを取り入れたホテルとなって誕生した。以前からここを愛してやまない赤澤さんは「どこからでもダイヤモンドヘッドが迫りくる勢いで眺められるビューがより生かされたつくりになったし、ハワイアンカルチャーを感じるコーディネートもすばらしい。しかもリーズナブル。このコスパは注目度大」と大絶賛!カパフル通りから入ってすぐのロケーションだから海もすぐそこ。おすすめは海側のペントハウスやジュニアスイートなど。海もダイヤモンドヘッドもという欲張りさんにうってつけハワイ島のアーティストが描いた優しいタッチの絵が飾られたゲストルームフロントにはエアラインのヴィンテージポスターが並ぶエレベーター前にはデューク・カハナモクのヒストリーコーナーも【DATA】 150 Kapahulu Ave., Honolulu ☎808・922・1941 1泊1室$179~、ジュニアスイート・ダイヤモンドヘッドビュー$369~  全315室 IN15:00 OUT11:00 https://jp.queenkapiolani.com/口コミを寄せていただいた ハワイ通の皆さんモデル・桐島かれんさん 発売中のムック『KAREN’s VOL.1 2019春夏』(KADOKAWA)でも“かれん流ハワイの休日”を紹介。 モデル・ブレンダさん ハワイ在住。最近は、女友だちとおしゃれをして素敵なブランチやディナーを楽しむのが好き。 フォトグラファー・山口規子さん 渡航歴30年以上、多いときは年に4、5回滞在。「いろいろな天気に合わせてのんびり過ごす」がモットー。 フォトグラファー・種房千保子さん 渡航回数は約50回、渡航時は2~3週間、ノースショアに滞在。海を眺められる場所で過ごすのが基本。 スタイリスト・村山佳世子さん 仕事やプライベートで頻繁に滞在。今はショッピングよりもビーチで過ごしたりドライブをしたり。 スタイリスト・徳原文子さん 渡航回数は約25回。最近は子供中心でとにかくプールのあるホテルで気ままにのんびり。 旅行ライター・坪田三千代さん 世界各国のリゾートに精通。アロハスピリッツに触れ、オールドハワイを感じるのも楽しみのひとつ。 コーディネーター・内野 亮さん ハワイと日本を行ったり来たりしながら魅力を伝える、ハワイの伝道師。『ハワイに恋して!』出演中。 ライター・赤澤かおりさん 時間ができるとすぐハワイへ出かける猛烈なハワイマニア。12作目の『Hawaii note』が好評発売中。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※エクラ8月号掲載
  • 先週末、大阪→京都の旅行に行ってまいりました。ショッピングを楽しんだり、おいしい食べ物に舌鼓を打ったりと大満喫(大阪のファッションは本当~~に盛り上がってました。ぜひ編集Iのこちらの記事をご一読ください!)。今回は定番の老舗&新店含めて、京都の甘いもの記録を残させてください……! ぎおん徳屋で本わらび餅を「飲む」 もはや飲み物ですね。食べ始めた瞬間、なくなっている。中心に据えられた氷でひんやりと冷やされたわらび餅は、透明でなめらか。つるつると喉に入っていって、一瞬です。黒蜜のナチュラルな甘さも広がって、口福この上なし。夏にもぴったりです。夕方ごろに到着し、多少並んだものの比較的スムーズに入れました。京都の大定番として訪れる際は必ず食べたい一品です。ユナイテッドアローズ 六本木店でも7月末までは食べられるのですが、やはり祇園の町家で食べるのが楽しいですね。 宇治 中村藤吉本店で抹茶三昧 こちらも老舗の名店です。駅のお土産コーナーでも見かける、1854年創業の由緒ある茶商。東京や京都駅などでも食べられますが、ぜひ広々とした宇治本店で食べたいもの。優美な日本庭園も広がる空間で格別です。おすすめは看板メニューの「生茶ゼリィ」。抹茶とほうじ茶の二種類がラインナップ。なめらかな舌触りと、自然な味わいが魅力です。ほんのりした苦味もちょうどいい。アイスクリームも、こっくりとした甘さながらまったくしつこくありません。ほうじ茶も大変香ばしくて、癒やされました~。そして宇治本店では限定の手土産も充実。 こちらは通販と本店限定の「茶フィーユ」。抹茶の薄焼きチョコレートクレープです。午後のティータイムにちょうどいい軽さ。コーヒーとも相性抜群でした! さらにもうひとつ気になったこちらも購入。 宇治に縁があるといわれている兎をモチーフにした和三盆。干菓子なので日持ちもしますし、お土産にぴったり。口の中でふわーっと溶けるのと、何よりルックスがかわいらしい。 ラデュレが四条にやってきた! 東京でもおなじみ、ラデュレのサロンもなんと京都四条に初オープン! 1階にはテイクアウトのスイーツを販売するブティック、2、3階にはイートインができるサロン・ド・テが。伝統的な唐紙をラデュレらしく解釈した壁紙や天井など、内装がとってもかわいいんです。京都の和のエッセンスが、フランスの視点でアップデートされている。中心地ながら、どこか異国のような情緒も感じられます。床は、日本建築に特徴的な木と石の組み合わせと、モダンなカーブを描くソファとのミックスマッチが面白いです。 限定品は、マカロンボックス“キョウト”。外箱のイメージは18世紀フランスのクラシックデザイン。繊細なイラストレーションにブランドらしい可憐さが漂います。箱を開けると“マッチャ・キョウト”と“ヤツハシ”のマカロンが。後者は聖護院八ツ橋本店とのコラボレーション。新・京都土産として推したい一品です。 そんな感じで、ひたすら甘味を堪能したり、遊んだり、休んだりした週末でした。京都はただ歩いていても楽しくて大好きな街、またすぐに訪れたいなぁと画策しています。
  • 第5回は、数多くの女性誌で活躍中の人気スタイリストが創り出した、ハンサムなのにセンシュアルなふみか。誌面には載せきれなかった未公開対談分を公開★ 辻直子 スタイリスト。   雑誌やCM、広告などをベースに活躍する人気スタイリスト。その服を着る人はどんな女性かを想像させるスタイリングは女優やモデルからの信頼も厚い。鮮やかさもありつつ品のよいコーディネートは多くの女性から高い支持を得ている。   ――  今回は、私たちがよくファッション誌でお見かけする辻さんのコンサバティブなスタイリングよりもハンサムな雰囲気があって意外でした。   辻 スタイリングする上では、もちろん被写体となるその方自身が一番大事。でも、私はその次に自分の好きなもの、自分が着たいと思うものをスタイリングに組み込んでいるんです。馬場さんの今の年齢や、ノンノで専属モデルをつとめられていることを考えてアプローチするスタイリングのしかたもあるけれど、せっかくこういう連載でやらせていただけるのなら、馬場さんに約20歳離れた私のフィールドに来てもらって、どうなるのかを見てみたかったんです。それで、今回は私自身の「スーツを着たい」という今の気分を馬場さんに投影して、スタイリングさせてもらいました。   ふみか 私自身は、辻さんのスタイリングをそこまでかけ離れたものだとは感じなかったです。むしろ、自分でもっと引き寄せて近づいていきたい、いつかの未来にあってほしい世界観だなと思いました。   辻 今日みたいに初めてお会いするモデルさんや女優さんのスタイリングをする場合は、あまり相手の方のイメージに対する先入観を持ちすぎないようにもしているんです。特に、この世界の階段をどんどんのぼっていける方って、さまざまな面を持っていると思うから。だから、「これを着たらどんな感じになるんだろう?」って、いろんな女性像を想像しながらも、ご本人が袖を通した時に一番いいと思ったコーディネートを選ぼうと考えていました。   ジャケット¥39000・パンツ¥27000/バロックジャパン リミテッド(y/m) シャツ¥27000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) ピアス¥30000・ネックレス¥52000・リング(人さし指)¥72000・(薬指)¥51000/ステディ スタディ(トムウッド) サスペンダー/スタイリスト私物   ――  実際にスタイリングしてみた感想はいがかでしたか?   辻 セクシーだし、凛々しいし、品もある。写真をセレクトして絞った2枚のうちの1枚はフェミニンで、もう1枚のほうは私にはハンサムな男性のように見えたんです。どっちもすごくきれいで迷ったけれど、最終的にはハンサムな馬場さんを選びました。美しい人って、ちょっと男顔に見える瞬間があるんです。二つの顔というか。それがすごく好きなので。   ふみか 撮影の2週間くらい前まで舞台(『恐るべき子供たち』)で男の子の役を演じていたことも関係しているかもしれないです(笑)。     ――  現場ではヘアメイクさんと綿密な打ち合わせをされたり、カメラマンさんと意思の疎通をはかられている辻さんの姿がとても印象的でした。   辻 今日一緒にお仕事していただいたスタッフの方たちは、現場で何をどう感じるかまでも信じている、大好きな仲間。たとえば髪型ひとつにしても、みんなで「こんな感じはどう?」「そっちのほうがいいかも!」って、いろいろ試して探っていく過程が楽しいんです。今日も撮影しながら、最初のダウンスタイルからアップに変えて、前髪の角度を試行錯誤して、「やっぱりこれがベスト・オブ・ベスト! 」という写真と出会えた瞬間は、新しい馬場さんの一面が見られたことも含めて、すごくうれしかった。   ふみか 私も、今日は改めてヘアメイクやスタイリングでこんなにもちがってくるんだなっていうことに気づけました。今までどんな雑誌でも見たことがないような自分に出会えた気がします。私にはこういう顔もあるんだなって気づけたからこそ、ここから先引き出しがひとつ増えて、表現の幅が広がっていくといいなって。それに、もう少し年齢を重ねて大人になった時、また辻さんにスタイリングをお願いできたらいいなとも思いました。   辻 もちろんです、またいつか会えますように。   モデル/馬場ふみか 撮影/長山一樹(S-14) ヘア/道下大 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/辻直子 取材・原文/吉川由希子 web構成/轟木愛美 web編成/吉川樹生
  • 白米よりもパンが好き! なので出かけ先はご当地パン屋さんに行って、たくさん購入して帰るということも。 今回の福岡・久留米も気になるパン屋さんがあったので行ってみました。 住宅街にぽつんとあり、見逃してしまう地元で愛されるパン屋さん【toricot(トリコ)】パンの種類は少なめですが、 予約が必須なほど、ふわふわしっとりした食パンが人気のパン屋。 訪れたときも予約のお客さんでいっぱいでした。 クロワッサンが種類多く取り揃えていました。 そのクロワッサンが使ったスイーツが店内で販売されていたのでいただきました。とんがりぼうしのアイスクリーム  380円熊本はちみつアイス トリコさんオリジナルのアイスクリーム。 しっとりなめらかなアイスクリームにはちみつの甘さがマッチ! くどくなくスッキリした甘さなのでぺろりと食べちゃいます。 クロワッサンがさっくさくでアイスクリームつけて食べるとまた一段と美味しい~ 新作:塩バターキャラメルアイスと2種類あります。 ぜひご賞味ください! モアハピ部 No.396 miRaiのブログ
  • 夢の国では空も飛べる♡ 「ソアリン:ファンタスティック・フライト」、7/23(火)OPEN『東京ディズニーシー』の新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」が、7/23(火)いよいよオープンします☆ 大注目の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」を、DAILY MOREのライター愛ちあんが、先輩ライター・みかりんを誘って一足お先に体験してきました!日本文化が描かれた作品も! 物語の舞台は、“空を飛ぶ”という人類の夢を称える特別な博物館。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は、海外のディズニーテーマパークで人気を誇る大型アトラクション「ソアリン」に、新たなシーンが加わった『東京ディズニーシー』オリジナルのアトラクション。場所は、「メディテレーニアンハーバー」の丘にあります。圧倒的な存在感に、“おぉ”と声がもれる私たち。期待に胸を膨らませ、いざ中へ!一歩足を踏み入れると、爆増するワクワク感。ナチュラルにスキップしだした私、愛ちあんに、みかりんが“すっごい浮かれてる(笑)”と一言(笑)。ですがこの後、一緒にはしゃぎまくってくれたのは言うまでもありません。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」には、素敵な物語があります。それは......【ここは空を飛ぶという人類の夢を称える特別な博物館「ファンタスティック・フライト・ミュージアム」。飛行の研究に情熱を注ぎ、未来を夢見て努力し続けた女性、カメリア・ファルコの人生をアートなどで振り返る特別展が開催中です。今日は、そんな彼女が情熱とイマジネーションの赴くままに完成させた「ドリームフライヤー」を体験いただきます】というもの。アトラクションまでの道のりには、物語にちなんださまざまなアート作品が並んでいます。ポイントは、作品のいたるところに日本の要素が散りばめられているところ! 忍者や折り紙、凧などが描かれているので、並んでいる間にぜひ注目を。また、さらに奥へと進んでいくと、映像を楽しむ「プレショー」のスペースが!「プレショー」の内容はネタバレになるのでお伝えしませんが、2つの映像がランダムに表示されます。どちらも観た私たちが言えることは、どっちを観ても、“うわぁ……♡ すごい♡♡”と声がもれるに違いないということ!並んでいる時間も飽きずに楽しめ、夢に溢れていて感動です。体験したみんなが拍手喝采!! 乗る場所によって音や角度が異なる新感覚のアトラクションに、大興奮大感動!!! そしていよいよアトラクションへと乗り込みます。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は、巨大なスクリーンで映像を観ながら楽しむシミュレータータイプのアトラクションです。ドリームフライヤーと呼ばれる乗り物に乗り、シートベルトを締めたら準備OK☆スクリーンの映像とともに上空へ浮かび上がると、世界中の名所や大自然をめぐる雄大な空の旅がスタートします。“もし本当に空を飛べたら、きっとこんな感じなんだろうな……”と、すっごくリアルな風や匂いを感じられるのが大きな特長です☆詳しい内容はネタバレになってしまうので控えさせて頂きますが、愛ちあんのお気に入りはラストシーン。あまりにもきれいで、ときめきの嵐でした!!! どれだけ素晴らしかったかは、私たちのこちらの表情からお察し下さいませ……(笑)。旅が終わると、場内はしばらくの間拍手に包まれました。もしかしたら一番最初に拍手をし出したの、私たちでは(笑)? この鳴り止まない拍手こそが、体験した人の気持ちそのもの。本当に素晴らしかった! リアルガチで、空飛びました!! (笑)!!!愛ちあんは、興奮のあまり放心状態に(笑)。みかりんからは、出口に向かう途中、“夢の国って、空も飛べるところになったんだね”と、胸アツなコメントが飛び出したほど。みなさんにも、この興奮と感動をぜひ味わってほしい‼︎また、このアトラクションのおもしろいところは、乗る位置によって音や映像の角度が異なるところ☆ この日、愛ちあんとみかりんは4回(!)アトラクションを体験しましたが、乗るたびに新しい発見があって、“すべての席で体験したい......”と本気で思ったのでした。パイナップル味の水色チュロスに可愛い「Tシャツ」。グルメメニュー&おすすめグッズ、教えます♡「ソアリン:ファンタスティック・フライト」をモチーフにした3つのフードとドリンク、さらに、おすすめグッズもしっかりチェック!スペシャルなブルーカラーが可愛すぎるフード&ドリンク!まずは、「ポップコーン、バケット付き」。「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の建物前のワゴンで売られているこちら。可愛いイラストはもちろん、上部の白いミッキーを回すと、キュートな仕掛けがありますよ♪ 中のポップコーンは、まさかのマーラー味。程よい辛さにドハマリしそう!(¥2000)次に、「ファンタスティック・フライト・ドリンク(ライチータピオカ)」。真っ青なドリンクは、さっぱり甘いライチー味。珍しいライチー味のタピオカとレモンゼリーが入っていて、デザート感覚でも飲めちゃいます☆ 私たちが思わずおかわりしたおいしさをあなたもぜひ!(¥450)そして、度肝を抜かれたブルーカラーの「ファンタスティック・フライト・チュロス」!チュロスはパイナップルのフレーバー。甘酸っぱくてフルーティーな味わいで、とってもおいしい!(¥400)カレや友達とおそろコーデに☆ 普段使いもできそうな「Tシャツ」がおすすめハッピーな気分を盛り上げてくれるグッズもたくさん! 「バスタオル」や「トートバッグ」、「ぬいぐるみバッジ」など、さまざまなアイテムがあります。愛ちあんとみかりんがおすすめするのは、男女兼用で着られる「Tシャツ」。S・M・L・LLと選べるサイズで、普段使いもできそうなデザインが◎。カレや友達、親子でおそろコーデを楽しんで♬(各¥2900)※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります詳細は『東京ディズニーシー』「 ソアリン:ファンタスティック・フライト」特設サイトから関連記事:『東京ディズニーランド』&『東京ディズニーシー』でタピオカ♡ 2019年夏に出合えるタピオカドリンク全部見せ!撮影 / 齊藤晴香  ©Disney
  • 20〜40代でがんばってきたショッピング、アクティビティと、忙しいハワイはもう卒業。ゆったり贅沢に楽しむハワイ旅には、おいしい「食」が欠かせません。ハワイ通が選んだナンバーワンカフェ&レストランをお届けします。ワタナベマキさん(料理家)推薦Island Vintage Coffee(アイランド・ヴィンテージ・コーヒー)ワイキキのど真ん中、ロイヤル・ハワイアン・センターにあり、早朝から夜11時までオープンのカフェ。カフェといっても食事もしっかり。なかでも「"パシフィックアヒ"はハワイ中でナンバーワンのサンドイッチ!」とワタナベさん。ほかにも、シェフこだわりの5種類のお米をミックスした五穀米に、冷凍ではなく生のアヒをのせた人気のポケ丼や、新メニューのモアナボウルなど、そのどれもが文句なしにおいしい。滞在中の野菜・果物不足解消にもひと役買いそうだ。初夏には隣接してワインバーもオープン予定で、お酒とおつまみまで楽しめるように。ロイヤル・ハワイアン・センター中央のエスカレーターを上がってすぐのナイスロケーションリリコイ(パッションフルーツ)とピタヤ(ドラゴンフルーツ)のスムージー($8.75)まもなくオープン予定のワインバーでは、チーズやドライフルーツなどのおつまみも他の画像を見る2301 Kalakaua Ave., #C215 Honolulu ☎808・926・5662 6:00~23:00(FOOD 6:30~22:00) 無休 ※予約不可次は:旬なプレイスNo.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦Deck.(デック)クイーン カピオラニ ホテルの3階にあるオープンレストランは、ダイヤモンドヘッドが目の前に広がる贅沢ビューと、朝から夜までシーンに合わせて使えるのが魅力。「リニューアルしてますます素敵に。なにかというとここに来ます。はずせないのは毎月第2日曜のサンデーブランチ。ひとり$55でプライムリブやオイスター、サーモン、ポケなどがそろうビュッフェが楽しめ、+$25でミモザも飲み放題。これはかなりマストです!」(内野さん)。オープンテラスのソファ席でゆったりくつろぎながら朝ごはん。アボカドトースト($12)、トリプルスタックパンケーキ($15)など。毎日実施の夕暮れ時のハッピーアワーも最高見た目はボリュームたっぷりなハンバーガーだけれど、実はベジタリアン仕様のインポッシブル・バーガー($19) グアバなどのミモザ3種(各$8)150 Kapahulu Ave., Hololulu 3rd floor of The Queen Kapiolani Hotel ☎808・931・4488  6:30~23:00(日曜~22:00)、ハッピーアワー16:00~18:00  無休次は:プレートランチNo.1のレストラン赤澤かおりさん(ライター)推薦Pioneer Saloon Kaka’ako(パイオニア サルーン カカアコ)ローカルに人気のプレートランチ店が昨年、話題のカカアコ「SALT」に新店舗をオープン。チキンカツやハンバーグステーキなど定番メニューはもちろん、こちらはお酒とおつまみも充実。「サクッとランチ昼飲みも、夕方の小腹も満たしてくれる頼りになるところ。とにかく何を食べてもハズレがないのがいい!」と太鼓判の赤澤さん。しょうがが効いたさっぱり味の豆腐&チキンハンバーガーステーキ、大根おろしポン酢($12)と、人気の納豆、山いも、ポキのネバネバ丼($15)おしゃれな店内675 Auahi St., Honolulu  ☎808・600・5612  11:00~20:00(金・土曜~21:00、日曜~15:00) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス次は:ビーチ朝ごはんNo.1のレストラン小澤征良さん(作家)、村山佳世子さん(スタイリスト)推薦Hau Tree Lanai(ハウツリー・ラナイ)目の前に広がる静かなカイマナビーチを前に、のんびり朝ごはんを楽しめる場所として長年不動の地位を守り続けているニューオータニ カイマナ ビーチ ホテル1階のレストラン。幼少期からここに通う小澤さんは「宝島を書いた作家、ロバート・ルイス・スティーヴンソンがよく訪れていたことで有名な、屋根がわりのハウツリーが印象的な気持ちのいいところ」と今でもごひいき。朝は特に混んでいるので予約をするか、オープンの7時をねらって。ハワイ産ハーフパパイヤライム添え($6)、ポイ・パンケーキ($15)、クラシック・エッグベネディクト($20)は定番の人気The New Otani Kaimana Beach Hotel 2863 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・7066(日本語対応可) 朝食7:00~11:00、ランチ11:45~14:00(日曜12:00~)、ディナー17:30~21:00 無休  ※タンクトップ、水着不可。要予約。次は:ロコアジアごはんNo.1のレストランブレンダさん(モデル)推薦PIGGY SMALLS(ピギー・スモール)ファーマーズマーケットで出店していたことから人気に火がつき、ダウンタウンにお店を構えた『ピッグ&ザ・レディ』。ここは2年前にオープンしたその姉妹店。メニューは本店とは違い、ベトナム料理だけに固執することなく、タヒチやミャンマーといった国からもヒントを得た魅力的な創作料理。最近、ニューオープンが続くワード地区にあることもあり、ローカルからの注目度も高い。本店よりもリーズナブルに楽しめるのも人気の一因。カジュアルな雰囲気の店内も、やってくる人々も含めて今のハワイを感じられるところ野菜と昆布をベースにしたあっさりスープに、えのき、トマト、ハーブがたっぷりのビーガン・フォー($16)グリーンパパイアの食感と、にんにく、ごま、ナッツなどのエスニックな香りを楽しめるサラダ、ウィークエンド・アット・バーミーズ($14)他の画像を見る1200 Ala Moana Blvd., STE.665, Honolulu ☎808・777・3588 ランチ11:00~15:00(土・日曜はブランチ10:00~)、ディナー17:00~21:30(日曜はディナー営業なし) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※eclat8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND