『ノジェス 代官山店』12/14(金)オープン! 大人気ピンキーリングの限定も♡

DAILY MORE

12/14(金)、アクセサリーブランド『ノジェス』が代官山に新たなショップをオープンします! なんと代官山駅から徒歩1分という超好立地♡ ひと足お先におじゃましてきました。

外観はシックなグレイ。店内の暖かな光に誘われるように、思わず足を止めてしまいます。
ドアを開けるとそこは真っ赤な空間! ショップ全体がパリジェンヌの部屋をイメージした作りで、ここは「趣味の部屋」。
棚に飾られているのは、おしゃれな文房具やアンティークのグラス、時計、絵本などなど。これらはすべて購入できるんです!! 実際にパリの蚤の市で買い付けているので、もちろん一点ものばかり。お気に入りを見つけたら即決すべし!
続いて現れるのは「ダイニングキッチン」。中央には大きなダイニングテーブル、奥の棚には食器やフルーツを入れたキャニスターが飾られていたり。
ダイニングテーブルの上はこんな感じ。お皿やカトラリーがディスプレイに使われているんです♡
奥の食器棚を覗いてみると……12/26(水)から発売される2019春夏コレクションを発見! 色を入れたガラスやクォーツを使った、カラフルなラインアップ。
(奥3点)ピンキーリング 各¥14000 (手前4点)リング 各¥17000
クォーツのリングはすべて10金を使用! 奥の2つはピンキーリングです。優しい色合いですが石がごろっと大きめなので、甘くならずほどよい存在感。
インポートのアクセサリーもたくさん展開されています。こんなロマンティックなものから……
人気の大ぶりイヤリングもレトロなものがいっぱい! しかもお値段3000円程度とかなりお手頃。
さらに奥へ進むと、ウォッチコーナーになっている「ドレッサー」が。鏡にはルージュで描いたメッセージ♡
『ノジェス』のウォッチといえば、繊細なデザインはもちろんベルトが付け替えられるのも魅力ですよね。普段はレザーベルト、結婚式やパーティではメタルやチェーンのベルト、と使い分ける人が多いそう。
ふと上を見ると、これまた素敵なシャンデリアが♡ こちらもアンティークのもので、よく見るとガラスのティーカップやグラスが使われているんです。なんて可愛いの!
(左上から時計回りに)リング(一粒ダイヤ)¥14000 ピンキーリング(一粒ダイヤ)¥10000 ピンキーリング¥14000〜 リング¥18000〜 リング(4連)¥18000〜 ピンキーリング(クラウン)¥42000 ピンキーリング(3連)¥14000〜
お待ちかね、代官山店限定アイテムの登場です! 左奥のシンプルなリングと手前のクラウンリングは、ダイヤモンドがキラリ☆ 色石のリングは、ライトアップされた街並みをイメージしています。
ダイヤモンドのアイテムを実際に着けさせてもらいました。クラウンのピンキーリングは、見ているより着けたほうが華やかさがよくわかる! 一粒ダイヤは、シンプルなのに手もとが一気にクラスアップ! うっとりしちゃう輝きです……♡
そして12/25(火)までの期間限定キャンペーンも実施! スマホでショップにあるQRコードを読み込むと、宝探しがスタートします。ディスプレイの中に隠された3つのイラストにスマホをかざすと、宝箱がオープン! その画面をスタッフに見せれば、カプセルトイを1回まわせるんです♬(5000円以上購入した人も1回まわせますよ) カプセルトイの中身は、チャームやパリで買い付けた雑貨たち。ぜひチャレンジしてみて!

オープン日には本物の木を使ったツリーも置かれ、クリスマスムード満載になる予定。ギフトを探している人たちで賑わいそう! 自分へのごほうび探しに、デートに、ぜひ立ち寄ってみて。




  • 『ノジェス 代官山店』
    ◆東京都渋谷区恵比寿西1-34-26
    12/14(金)オープン
    11:00〜20:00
    URL:http://nojess.net/


関連記事
  • アーティスト・伊藤千晃さん愛用の香水は?大人の女性として、ひとつは持っていたい香水。でも、お気に入りの香りを見つけるのって本当に難しいですよね。 素敵なあの人は、お気に入りの香りをどう見つけて、何を使っているのか気になっちゃう!! そこで、今話題の素敵女子が使っているアイテムを調査。今回は、可憐な歌声と美貌で私たちを魅了するアーティスト・伊藤千晃さんに、愛用アイテムを教えていただきました!自分と一体化する香りを味方につける「アーティストであり、ひとりの女性としての“伊藤千晃”を形づくろうと奮闘していた20代。周りに素敵な香りをまとった尊敬する大人が増えたことがきっかけで、私も自分だけの香りを探し始めるように。そうして出合ったのが、今でも憧れている女性が当時つけていた『グタール』のプチシェリー。もう6年ほど愛用している香りで、おまじないをかけるように、ステージ前の緊張を解きほぐしてくれたり、物ごとをスムーズに進めるための集中力を引き出してくれるんです。ファンイベントの時には、みなさんの記憶に残る特別な一日になってほしいという願いをこめて、この香りを必ず会場にふっています。『グッチ』は、30代になってから出合えた運命の一本。今の私の気分を表してくれていて、気持ちを高めたい時に頼りになるんです。これから何年のつきあいになるか楽しみ」トップス¥17000・パンツ¥27000/CASA FLINE表参道店(CASA FLINE) ヘアバンド¥5800/カリテ スケープ コレド日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥6500/フィルム(ダブルスタンダードクロージング(右)『グッチ』 グッチ ブルーム オードパルファム(左)『グタール』 プチシェリー オードパルファム「直感で恋におちた2本。香水選びで迷った時は、信頼できる友達にアドバイスをもらうのがおすすめです」。(右)ジャスミンや南インド産の希少な花などを調合した華やかな香り。グッチ ブルーム オードパルファム50㎖¥10800・(左)洋梨×ピーチが、爽やかさと愛らしさを兼ね備えた香りを実現。グタール プチシェリー オードパルファム100㎖¥25300/ブルーベル・ジャパン「左手首にワンプッシュして右手首にこすり合わせます。次にその両手首を首にこすり合わせるのが基本のつけ方。華やかに香らせたい時は、上空に2プッシュして体全体にまとう贅沢使いをします」[PROFILE]1987年1月10日生まれ。アーティスト。ビューティ雑誌『MAQUIA』のMAQUIA ONLINEにて連載を持つほど美容フリーク。ソロ初のミニアルバム『New Beginnings』が発売中『王様のブランチ』出演中・渡辺早織さん愛用の香水は?大人の女性として、ひとつは持っていたい香水。でも、お気に入りの香りを見つけるのって本当に難しいですよね。 素敵なあの人は、お気に入りの香りをどう見つけて、何を使っているのか気になっちゃう!!  そこで、今話題の素敵女子が使っているアイテムを調査。今回は、『王様のブランチ』出演中の渡辺早織さん愛用アイテムをチェック♡直感で選び取る、自分だけの香り「香り選びは、直感を大切にしています。人との出会いに似ているかも。一度会ったら忘れないような、ひとひねりきいた香りが好きで、『ジョー マローン ロンドン』はまさにそんな一本。お仕事では、第一線で活躍する方にインタビューをさせていただく機会が多く、毎回緊張感があります。でも、この香りがあれば、いつもの自分を思い出させてくれる! プライベートでももちろん、香りは日々を彩ってくれるもの。お酒に合わせて食事を楽しむのが好きで、おすし屋さんでは、時計をはずすように香りもはずすのがエチケット。フレンチなどのドレスアップする食事シーンでは、エディブルフラワーのようにほんのり香らせるのが私の掟です」ブラウス¥34000/クチューリフ アトレ恵比寿店(STAIR) リング¥28000/UTS PR(ReFaire) パンツ/スタイリスト私物『ジョー マローン ロンドン』イングリッシュペアー&フリージア「最初につけた時は爽やか、時間がたつと優しい甘さを感じる。メロディのように美しく変化する香りに惚れました。クセがないけど、忘れられない香りです」。洋梨とフリージアをベースにした一本。ジョー マローン ロンドン イングリッシュ ペアー & フリージア コロン100㎖¥16000/ジョー マローン ロンドン「『王様のブランチ』の取材時は、衣装のはっぴの裏にひと噴き(笑)! 普段は、手首にワンプッシュしてこすり合わせたら、それを首もとにもこすり合わせるのがスタンダードなつけ方。ドレッシーな装いの時は、デコルテにもワンプッシュ」[PROFILE]1988年1月19日生まれ。タレント、女優。『王様のブランチ』(TBS系)の人気コーナー「買い物の達人」で案内人を務める。唎酒師の資格を持ち、香りには敏感美容家・岡本静香さんが愛する香りとは?人生のステージとともに変化する香り「華やかで女性らしい香りを好む私が、香水の発表会で出合って以来、愛用している『フエギア 1833』のンブクルジャー。デザートのような甘さを持つ香りなので、初めは少しためらったほど。でも、ひと噴きしてから少しずつ私の肌の香りと合わさった途端、甘さが和らいで理想の香りに変化! 今では主力選手のフレグランスです。その日の気分、着たい服、抱いてもらいたい印象、さらには結婚や妊娠などのステージの変化で好きと思える香りは変化するもの。だから、私はいくつかの香りをストック。ライフイベントが多いモア世代だからこそ初めから“自分の香り”を一本にしぼらず、自分の嗅覚に素直に、柔軟に香りを楽しむのも手ですよ」ワンピース¥13800/ティアンエクート イヤリング¥7000・ネックレス¥22000・リング(右手)¥12000・(左手)¥14000/ete インナー/スタイリスト私物(右)『ルラボ』ROSE 31 (左)『フエギア 1833』ンブクルジャー(右)「数年前、ユニセックスなローズの香りを求めていた時に出合いました。やわらかいファッションやメイクの時に重宝しています」。N.Y.発のブランド。ローズに、クミンやシダーなどウッディでスパイシーな香りを配合。ルラボ オードパルファム ROSE 31 50㎖¥21600/LELABO 代官山店 (左)パッションフルーツやレモン、パナマミルクをキーノートにした一本。フエギア 1833 ンブクルジャー100㎖¥28700〜(価格変動の可能性あり)/FUEGUIA 1833 東京本店「腕にちょうどワンプッシュ出したら、指先に香りを取って、デコルテまわりなどになじませるようにつけます。ドレスアップする場面では、足を組み替えた時に香るよう、太ももにつけることも」[PROFILE]美容家。主宰するオンラインメディア『biishiki』は、誰もがきれいになれる美容動画やコラムが大好評。常備している香水は、15本ほどモデル 武智志穂さんが愛する香りは、『ジバンシイ』オーデ ジバンシイ オーデトワレ毎日に花を添えてくれる香りの作法「私にとって香水は、なにげない毎日に特別な気持ちにさせてくれる魔法みたいなアイテム。香水が好きな母親の影響で子供の頃から憧れがあって、初めて自分だけの香水を手に入れたのは、中学2年生の頃。それから年齢を重ね、いろんな香りを試すようになり出合ったのが、『ジバンシイ』のこの一本でした。シーンを選ばずつけられる好感度の高さと、少しスパイシーでありきたりではないバランスのよさが気に入っています。家を出る時に、首にひと噴き。片手首にワンプッシュしてこすり合わせたら、両手首を耳の後ろにこすりつけるのが基本。TPOに合わせてつけ方や量を調整することも、大人の女性の仲間入りができた気にさせてくれるんです」ジバンシイ オーデ ジバンシイ オーデトワレ100㎖¥10000/パルファム ジバンシイプロトラベラー® 櫻井千尋さんが愛する香りは、『シャネル』チャンス オー タンドゥルオードゥ トワレットと『バイレード』LA SELECTION NOMADEどこにいても気分を高めてくれる香りを携帯「プロトラベラー®として、世界中旅をすることが仕事の私。旅先にも持っていきやすいミニサイズで愛用しているのが、『バイレード』のトラベル用フレグランスセットです。男女問わず好まれる香りがそろったブランドで、なかでもブランシュという軽やかな香りがいちばんのお気に入り。仕事、プライベート問わず愛用しています。香りを楽しみながらビーチなどでゆっくり過ごしたい時は、ジプシーウォーターという香りが活躍。夜出かける時には、香り立ちの華やかな『シャネル』のチャンスをまといます。香り選びは、服のコーディネート選びに似ていて、その日の気分やシチュエーションに合わせてチョイスするのがセオリー。普段は、動いた時だけに香るように手首と耳の裏に。休日や夜に出かける時は、胸もとと足首にもつけ足して気分を上げています」(左)シャネル チャンス オー タンドゥル オードゥ トワレット50㎖¥9000/シャネル (右)バイレード トラベルケース¥15000・LA SELECTION NOMADE(12㎖× 3 本セット)¥12550/エドストローム オフィスファッションディレクター 野尻美穂さんの愛する香りは、『ジョー マローン ロンドン』ブラックベリー & ベイ コロンファッションの一部としての香り「香水への興味が目覚めたのは高校生の時。当時は、友達と買った香水をアトマイザーで分けあって、いろんな香りにトライしていました。そんな私がたどり着いたのが、『ジョー マローン ロンドン』。よく人からほめられるブラックベリー & ベイと、肌なじみがよく、自分の香りとして毎日つけているバジル & ネロリを5年ほど前から愛用しています。香水選びで、香りの次に重要視しているのが、ボトル。私にとって香水は、ファッションの一部です。デザインが素敵であれば、多少奮発してでも手もとに置いておきたくて購入してしまうほど。香りだけでなく、デザインもいいとときめきが増すんです。この一本は、シンプルだけど高級感のある佇まいに心奪われました」ジョー マローン ロンドン ブラックベリー & ベイ コロン100㎖¥16000/ジョー マローン ロンドン取材・文/海渡理恵 撮影/嶌原佑矢(伊藤さん、渡辺さん) 岡本 俊(岡本さん) 恩田はるみ(P131、P134〜135) ヘア&メイク/吉㟢沙世子(io/伊藤さん) 北原 果(渡辺さん、岡本さん) スタイリスト/JURIKA.A(伊藤さん) 平田雅子(渡辺さん) 梅林裕美(岡本さん) 福永いずみ(P131、P134〜135製品)
  • ブーツやネックレス、指輪、バッグ、ストールや気分が上がるお財布や時計など、マンネリしがちな冬コーデを格上げするアラフォーのための冬小物を集めました。 ▶冬小物をもっと見る■その他の最新ファッションもチェック
  • 落ち込んでるときこそ笑顔で。ハッピーなカラースカートで乗り切るプレゼン失敗を仕切り直すためにも、気負わないボーダーとチアフルなイエローのスカートで元気をチャージ。体温調節に便利なカーデは、肩掛けすると抜け感出しにもひと役。早めに出社して先輩に笑顔で挨拶したら「朝から気持ちがいいね」って。落ち込んでいないで前向きに頑張ろう! スカート¥20000/RHC ロンハーマン(RHC)  カーディガン¥23000/スリードッツ 青山店(スリードッツ) ボーダートップス¥11000/ゲストリスト(ルミノア)  ネックレス¥78000/エフ・ディ・シィ・プロダクツ(4℃) 時計¥280000/シチズンお客様時計相談室(シチズン エクシード プレシャス) 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ブラウンタイツ¥4200/ステッラ(ピエールマントゥー) バッグ¥185000/ジミー チュウ【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客ニーズの予見や販促資料作成などをこなす多忙な日々。可愛げのある上品フェミニンが好み。大の犬好きで彼氏あり。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【イエローフレアスカート】 一枚で華やぐマスタードイエローは、アクセントカラーに最適。¥20000/RHC ロンハーマン(RHC) 【コンパクトボーダートップス】 前はクルーネック、後ろはVネック、どちらを前にしても着られる2way。コンパクトなサイズ感で女らしく。¥11000/ゲストリスト(ルミノア) 【ネイビーリブニットカーディガン】 一枚着、羽織りとフレキシブルに活躍。リブ編みの縦長効果でほっそり見えも。¥23000/スリードッツ 青山店(スリードッツ)「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】THREE DOTS 【eclat・marisol掲載】コットンメランジニット カーディガン/Cotton melange ¥16,000+税【関連商品】自由区 【WEB限定カラー有】タイプライタータックフレアー スカート¥11200(¥16000の30%オフ)+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、SHINTARO(物)ヘア&メイク/犬木 愛〈AGEE〉 スタイリスト/室井由美子  モデル/絵美里、松島 花 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • 先月、もうすぐ引っ越しするわたしのためにクリスマス会は盛大に、と姉夫婦がシズラーに連れていってくれました。 住んでいる最寄駅にシズラーがあり、2、3度ひとりでモーニングビュッフェに、ランチにも1度来たことがあります。 モーニングビュッフェもさることながらランチのプレミアムサラダ―バーも最高です! そしてプレミアムサラダバーを注文するとチーズトーストを持ってきてくださいます。 シズラーのサラダバーがすごいのは、タコスだって作れますし、ナチョスにかけるチーズだって熱々です。アボカドディップに熱々のチーズ、そしてとろけるチーズまで。 おいしくないわけがない!サラダバーがこんなに充実しているものだから、サラダバーのみでもお腹も十分ふくれます。 今回はメイン料理も! 【シーフードオールスタープラッター】 ・ヤリイカのフライ ・ロブスター ・シュリンプグリル ・エゾアワビ なんて豪華なんだ! こんなに大きなロブスターすばらし。 奥中央のマッシュポテトは高さもあって2人でも食べきれない量でした。 見た目、味も豪快な料理をこれだけ豪快に食べるって気持ちいいです! シズラーですが、東京都内をはじめ横浜にもお店があるようです。 シズラー店舗モーニング利用でもぜひぜひ行ってみてください^^vインスタ登録しました~モアハピ部 No.366 Yumiのブログ
  • 潤う門には福来る。いつでもうるうるな唇にするためのテクニックをBBB(バイラビューティブレインズ)に伺いました。保湿ワザに学んで、みずみずしい唇にしよう!【Lip】カピカピ唇をウルウルにするには?LA CARPE代表 新井ミホ/美容ジャーナリスト 木更容子 「いつもポケットにリップ」 「プチプラリップを、家のいろいろなところに置く」(新井さん)、「バッグやポーチに複数持ち」(木更さん)。(右から)「メイクに響かず、しっかり潤う」(木更さん)。マキアージュ ドラマティックリップトリートメント EX 4g ¥2000(編集部調べ)/資生堂 「手頃な価格のオーガニック」(新井さん)。アルジェラン オイル リップスティック(ネロリ&オレンジ) 4g ¥555/カラーズ美容家 小林ひろ美 「唇に角質ケア」 「マメに保湿しても乾くのは、唇の皮膚の生まれ変わりのリズムが滞っている証拠。リンゴ酸配合のリップバームで、保湿しながらやさしく角質ケアを」。セブンフロー ハーバルリップ 8g ¥2800/美・ファイン研究所松倉 HEBE DAIKANYAMA院長 貴子 「ベタつきが苦手な人にも」 「乾燥や荒れからガードしてふっくらリップに。血行を促すビタミンPを配合。エッセンスタイプなので、ベタつきが苦手な人にもおすすめです」。スノウ ザ リップ 15g ¥3000/松倉クリニック代官山美容ジャーナリスト 小田ユイコ 「カピカピ唇を今すぐウルウルに」 「カピカピになった唇を今すぐウルウルにしたいときは、ヘレナのリップ用オイルでラッピング。ベタつかず、ルージュを重ねてもきれい」。リプラスティ R.C. リップソーク 6.5㎖ ¥8200/ヘレナ ルビンスタイン撮影/さとうしんすけ 取材・原文/長田杏奈 ※2019年BAILA2月号掲載
  • ©2016 – KG Productions – France 3 Cinéma『ジュリアン』は、一部の方には観るのを勧められません。それはドメスティック・バイオレンスやストーカーなどの被害に遭ったことがある人。そのときの恐怖が鮮明にフラッシュバックするんじゃないか、と思うからです。それほどこの映画は、母親と子どもが追い詰められるさまをリアルに、克明に描いている。11歳のジュリアン(トーマス・ジオリア)は離婚した母と暮らしながら、共同親権を持つ父と隔週で面会しています。ただ、母もジュリアンもそれについては多くを語らない。語りたがらない。でも、彼らの表情はいつも緊張しています。母の携帯番号や住所を知らせまいとするジュリアンと、執拗に聞きだそうとする父親のやり取りは、見ているだけで息が詰まるほど。それはどんどんエスカレートしていきます。一方、父親がなぜそうなったのか、家族の背景もわかってくる。とはいえそこに共感はありません。いくら彼が「愛されたい」と思っていても、男性の所有欲や暴力は何にも繋がらない、というメッセージがあるから。さらに、怯えた人が相手のちょっとした動きやまわりの音に敏感になっているのを強調するため、さまざまな音が大きく聞こえてくる演出も冴えています。ジュリアンの耳には、車のインジケーターの音や時計の音がカチコチと鳴り、不安を煽る。そしてその「音」は、衝撃のクライマックスへとつながっていくのです。こんなふうに社会派のドラマを個人的視点から体験すると、いろんなことがわかってくる。私は子どもの頃感じた家族のなかの緊張感を思いだしました。あの感覚はある意味、自分が大人になったときの視点を形成していると思うのですが、ジュリアンのような子どもにとって、そのトラウマはいかに大きなことか。ある短期間についてのドラマながら、何世代にもわたる影響を考えさせられました。 『ジュリアン』監督/グザヴィエ ・ルグラン出演/レア・ドリュッケール、ドゥニ・メノーシェ、トーマス・ジオリア1月25日、シネマカリテ・ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次公開
  • ライナーつきで、真冬も大活躍!旬のチェックは細かい柄がコーディネートしやすい明日のイベント会場の下見は部下がメインに動いている案件。なので私のコーディネートは落ち着いた茶系のグラデーションでまとめてサポート役に徹して。とはいえチェック柄コートのスパイスで、ぼやけた印象にならないように気をつけて。トレンチコート¥86,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) シルクシャツ¥28,000/サザビーリーグ(エキップモン) ワイドパンツ¥38,000/クルーズ(ELIN) ピアス(片耳)¥13,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バングル¥10,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/金谷章平 ヘア&メイク/平元敬一 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
  • 「パリとミラノのマダムたちの間でも、ワントーンコーデへの支持はやっぱり厚くて、そしてとても上手。目にとまったのはワントーンのキーカラーがそれぞれ異なっている、おしゃれ上手な4人のマダムたち。ワントーンは間違いのないスタイリングゆえ、ついマンネリ化もしやすいので、こんな"ひとひねり"あるスタイリングは参考になると思います」と話すのは、スタイリストの徳原文子さん。パリ&ミラノマダムたちの着こなしを解説!スタイリスト徳原文子さん 『Marisol』『éclat』と幅広い年齢層から信頼され、ファンも多数。徳原さんの手がける、洗練された大人のフェミニンスタイルの企画は、エクラ誌面でも毎度読者からの反響大!1.アレクサンドラ (ファッションディレクター・パリ)「ブルー系の大判スカーフを無造作に巻いてポイントにしたワントーンコーデ。立体感もツヤ感も加わって、シンプルなのに華やか。即、お手本になります」(徳原さん)。ニ2.ファティマ (プロデューサー・パリ)「絵になる美しいマダムは、黒のワントーンをカジュアルダウンさせるデニムのチョイスが素敵。シャネルのチェーンバッグがアクセサリーがわりに」(徳原さん)。ダメージ感のある黒デニムにセリーヌのタートルネックセーターを。上からまとったコートはコスのもの。ハットからサングラス、ブーツまでオールブラックのマダムは、斜めがけにしたシャネルのチェーンのミニバッグがアクセントに。3. ナタリー (デザイナー・パリ) 「エッグシェルホワイトから、ピュアホワイトまでの白の色幅を使いこなすセンスは見事! 髪の色までもがワントーンコーデの一部になっていて素敵です」(徳原さん)。白Tシャツに合わせたパンツも、トレンチコートもいずれもヴィンテージアイテム。ルージュの小ぶりなレザーのハンドバッグと、足もとに抜け感をつくっているアディダスのスタンスミスの白がさらに全身の明度を上げ、印象的な着こなしに。他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
関連キーワード

RECOMMEND