恥ずかしがりなクール王子 米村俊哉さん、直球勝負のハニカミ王子 横田創さん【 #私の年下王子さま 撮影オフショット FILE No.3】

DAILY MORE

私の年下王子さま

もっとキュンキュンしたいモアガールにお届けしているAbemaTVの恋愛リアリティーショー『私の年下王子さま Winter Lovers』に出演中の年下イケメンの連載。 

→これまでの年下イケメン王子の撮影オフショットはこちら
→AbemaTVの恋愛リアリティーショー『私の年下王子さま Winter Lovers』の詳細はこちら


第3回も、2名の王子をどどんとご紹介します♡

まずは、恥ずかしがりなクール王子 米村俊哉さん♡

今回もオトナ女子との恋愛観や、年下男子のリアルな意見を聞いてきましたよ~! ではさっそく、オフショットとインタビューをどうぞっ!

Q.オトナ女子にドキドキするのはどんなときですか?

A. 言葉でアプローチされるより、積極的にご飯やデートに誘われるのが嬉しいです。

Q.オトナ女子にドキドキするのはどんなときですか?

A.泣いたり笑ったり、意外と子どもっぽい一面が見えた時です。普段のオトナなところとのギャップにグっときます!!

Q.デートのとき、オトナ女子にどんなコーデを着てきてほしいですか?

A.特にこんな感じ!というのはないんですが、その人らしい服装ですね。
本人に似合っていて、シチュエーションに合ったコーデが嬉しいです。
Q.オトナ女子の彼女ができたら、彼女の誕生日をどんな風に祝いたいですか?

A.サプライズでケーキとプレゼントを用意して、自分の手料理でお祝いしたい! サプライズで相手を喜ばせることが好きなんです。

Q.気になるオトナ女子からLINEがきたら、いつ返信しますか?

A.基本遅めです。

Q.オトナ女子のどんなギャップにぐっときますか?

A.しっかりしてそうなオトナ女子が、自分に甘えてくれた時です。
「自分だけに見せてくれる一面なのかなぁ」と思うと、気になっちゃいますね。

▼イケメン年下王子のプロフィール▼




  • 米村俊哉(22歳)

  • 職業:学生・モデル
    出身地・身長:神奈川県・174cm
    特技・特徴:映画鑑賞・剣道

次は、直球勝負のハニカミ王子 横田 創さん♡

Q.オトナ女子にドキドキするのはどんなときですか?

A. 仕草や発言の中で、ふとした時に見える可愛さですね。

Q.デートのとき、オトナ女子にどんなコーデを着てきてほしいですか?

A.キレイめの清楚な感じなコーデが好みです。あとは、セクシーなのも大歓迎です。(笑)

Q.オトナ女子の彼女ができたら、彼女の誕生日をどんな風に祝いたいですか?

A.人が多いところでワイワイにぎやかにお祝いするよりも、ゆっくりできるところでお祝いしたいです。例えば、温泉旅行とか! 2人っきりで、ゆっくり話したいな。
Q.オトナ女子のどんなギャップにぐっときますか?

A.普段はクールだったり、オトナな雰囲気なのに、楽しい時にめちゃくちゃはしゃぐ姿はグっときちゃいます。 かわいすぎて反則です(笑)

Q.気になるオトナ女子からLINEがきたら、いつ返信しますか?

A.遅すぎず、早すぎない、ちょうどいいタイミングで返信するようにしています(笑)

Q.オトナ女子の彼女ができたら、してあげたいことはありますか?

A.特にこれっていうのはないです。
自分がしたいことよりも、相手がされて嬉しいことを実現してあげたい!

年下男子のリアルな意見、いかがでしたか? 気になる年下男子がいるモアガールのみなさん、一意見として参考にしてみては♪ 

イケメン年下王子が出演中の『私の年下王子さま WinterLovers』は、毎週土曜日、よる10:00~11:00に最新話を放送中!

放送時間に予定があるモアガールは、Abemaビデオで過去の放送から最新話まで無料で見られるのでご安心を♡

週末の夜、年下王子さまにキュンキュンしちゃいましょ♡

『私の年下王子さまWinter Lovers』をAbemaビデオで見る>>

次回はどのイケメン年下王子がデイリーモアに登場するのか!? お楽しみに♡

【 #私の年下王子さま 撮影オフショット】をもっと見る

色気漂う肉食イケメン 黒崎澪音さんと、負けず嫌いのギラギラ王子 中谷 将平さん【 #私の年下王子さま 撮影オフショット FILE No.2】
色気漂う肉食イケメン 黒崎澪音さんと、負けず嫌いのギラギラ王子 中谷 将平さん【 #私の年下王子さま 撮影オフショット FILE No.2】
色気漂う肉食イケメン 黒崎澪音さんと、負けず嫌いのギラギラ王子 中谷 将平さん【 #私の年下王子さま 撮影オフショット FILE No.2】
色気漂う肉食イケメン 黒崎澪音さんと、負けず嫌いのギラギラ王子 中谷 将平さん【 #私の年下王子さま 撮影オフショット FILE No.2】
笑顔弾ける21歳のイケメン商社マン 相馬 理さん【 #私の年下王子さま 撮影オフショット FILE No.1】
笑顔弾ける21歳のイケメン商社マン 相馬 理さん【 #私の年下王子さま 撮影オフショット FILE No.1】

関連記事
  • アーティスト・伊藤千晃さん愛用の香水は?大人の女性として、ひとつは持っていたい香水。でも、お気に入りの香りを見つけるのって本当に難しいですよね。 素敵なあの人は、お気に入りの香りをどう見つけて、何を使っているのか気になっちゃう!! そこで、今話題の素敵女子が使っているアイテムを調査。今回は、可憐な歌声と美貌で私たちを魅了するアーティスト・伊藤千晃さんに、愛用アイテムを教えていただきました!自分と一体化する香りを味方につける「アーティストであり、ひとりの女性としての“伊藤千晃”を形づくろうと奮闘していた20代。周りに素敵な香りをまとった尊敬する大人が増えたことがきっかけで、私も自分だけの香りを探し始めるように。そうして出合ったのが、今でも憧れている女性が当時つけていた『グタール』のプチシェリー。もう6年ほど愛用している香りで、おまじないをかけるように、ステージ前の緊張を解きほぐしてくれたり、物ごとをスムーズに進めるための集中力を引き出してくれるんです。ファンイベントの時には、みなさんの記憶に残る特別な一日になってほしいという願いをこめて、この香りを必ず会場にふっています。『グッチ』は、30代になってから出合えた運命の一本。今の私の気分を表してくれていて、気持ちを高めたい時に頼りになるんです。これから何年のつきあいになるか楽しみ」トップス¥17000・パンツ¥27000/CASA FLINE表参道店(CASA FLINE) ヘアバンド¥5800/カリテ スケープ コレド日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥6500/フィルム(ダブルスタンダードクロージング(右)『グッチ』 グッチ ブルーム オードパルファム(左)『グタール』 プチシェリー オードパルファム「直感で恋におちた2本。香水選びで迷った時は、信頼できる友達にアドバイスをもらうのがおすすめです」。(右)ジャスミンや南インド産の希少な花などを調合した華やかな香り。グッチ ブルーム オードパルファム50㎖¥10800・(左)洋梨×ピーチが、爽やかさと愛らしさを兼ね備えた香りを実現。グタール プチシェリー オードパルファム100㎖¥25300/ブルーベル・ジャパン「左手首にワンプッシュして右手首にこすり合わせます。次にその両手首を首にこすり合わせるのが基本のつけ方。華やかに香らせたい時は、上空に2プッシュして体全体にまとう贅沢使いをします」[PROFILE]1987年1月10日生まれ。アーティスト。ビューティ雑誌『MAQUIA』のMAQUIA ONLINEにて連載を持つほど美容フリーク。ソロ初のミニアルバム『New Beginnings』が発売中『王様のブランチ』出演中・渡辺早織さん愛用の香水は?大人の女性として、ひとつは持っていたい香水。でも、お気に入りの香りを見つけるのって本当に難しいですよね。 素敵なあの人は、お気に入りの香りをどう見つけて、何を使っているのか気になっちゃう!!  そこで、今話題の素敵女子が使っているアイテムを調査。今回は、『王様のブランチ』出演中の渡辺早織さん愛用アイテムをチェック♡直感で選び取る、自分だけの香り「香り選びは、直感を大切にしています。人との出会いに似ているかも。一度会ったら忘れないような、ひとひねりきいた香りが好きで、『ジョー マローン ロンドン』はまさにそんな一本。お仕事では、第一線で活躍する方にインタビューをさせていただく機会が多く、毎回緊張感があります。でも、この香りがあれば、いつもの自分を思い出させてくれる! プライベートでももちろん、香りは日々を彩ってくれるもの。お酒に合わせて食事を楽しむのが好きで、おすし屋さんでは、時計をはずすように香りもはずすのがエチケット。フレンチなどのドレスアップする食事シーンでは、エディブルフラワーのようにほんのり香らせるのが私の掟です」ブラウス¥34000/クチューリフ アトレ恵比寿店(STAIR) リング¥28000/UTS PR(ReFaire) パンツ/スタイリスト私物『ジョー マローン ロンドン』イングリッシュペアー&フリージア「最初につけた時は爽やか、時間がたつと優しい甘さを感じる。メロディのように美しく変化する香りに惚れました。クセがないけど、忘れられない香りです」。洋梨とフリージアをベースにした一本。ジョー マローン ロンドン イングリッシュ ペアー & フリージア コロン100㎖¥16000/ジョー マローン ロンドン「『王様のブランチ』の取材時は、衣装のはっぴの裏にひと噴き(笑)! 普段は、手首にワンプッシュしてこすり合わせたら、それを首もとにもこすり合わせるのがスタンダードなつけ方。ドレッシーな装いの時は、デコルテにもワンプッシュ」[PROFILE]1988年1月19日生まれ。タレント、女優。『王様のブランチ』(TBS系)の人気コーナー「買い物の達人」で案内人を務める。唎酒師の資格を持ち、香りには敏感美容家・岡本静香さんが愛する香りとは?人生のステージとともに変化する香り「華やかで女性らしい香りを好む私が、香水の発表会で出合って以来、愛用している『フエギア 1833』のンブクルジャー。デザートのような甘さを持つ香りなので、初めは少しためらったほど。でも、ひと噴きしてから少しずつ私の肌の香りと合わさった途端、甘さが和らいで理想の香りに変化! 今では主力選手のフレグランスです。その日の気分、着たい服、抱いてもらいたい印象、さらには結婚や妊娠などのステージの変化で好きと思える香りは変化するもの。だから、私はいくつかの香りをストック。ライフイベントが多いモア世代だからこそ初めから“自分の香り”を一本にしぼらず、自分の嗅覚に素直に、柔軟に香りを楽しむのも手ですよ」ワンピース¥13800/ティアンエクート イヤリング¥7000・ネックレス¥22000・リング(右手)¥12000・(左手)¥14000/ete インナー/スタイリスト私物(右)『ルラボ』ROSE 31 (左)『フエギア 1833』ンブクルジャー(右)「数年前、ユニセックスなローズの香りを求めていた時に出合いました。やわらかいファッションやメイクの時に重宝しています」。N.Y.発のブランド。ローズに、クミンやシダーなどウッディでスパイシーな香りを配合。ルラボ オードパルファム ROSE 31 50㎖¥21600/LELABO 代官山店 (左)パッションフルーツやレモン、パナマミルクをキーノートにした一本。フエギア 1833 ンブクルジャー100㎖¥28700〜(価格変動の可能性あり)/FUEGUIA 1833 東京本店「腕にちょうどワンプッシュ出したら、指先に香りを取って、デコルテまわりなどになじませるようにつけます。ドレスアップする場面では、足を組み替えた時に香るよう、太ももにつけることも」[PROFILE]美容家。主宰するオンラインメディア『biishiki』は、誰もがきれいになれる美容動画やコラムが大好評。常備している香水は、15本ほどモデル 武智志穂さんが愛する香りは、『ジバンシイ』オーデ ジバンシイ オーデトワレ毎日に花を添えてくれる香りの作法「私にとって香水は、なにげない毎日に特別な気持ちにさせてくれる魔法みたいなアイテム。香水が好きな母親の影響で子供の頃から憧れがあって、初めて自分だけの香水を手に入れたのは、中学2年生の頃。それから年齢を重ね、いろんな香りを試すようになり出合ったのが、『ジバンシイ』のこの一本でした。シーンを選ばずつけられる好感度の高さと、少しスパイシーでありきたりではないバランスのよさが気に入っています。家を出る時に、首にひと噴き。片手首にワンプッシュしてこすり合わせたら、両手首を耳の後ろにこすりつけるのが基本。TPOに合わせてつけ方や量を調整することも、大人の女性の仲間入りができた気にさせてくれるんです」ジバンシイ オーデ ジバンシイ オーデトワレ100㎖¥10000/パルファム ジバンシイプロトラベラー® 櫻井千尋さんが愛する香りは、『シャネル』チャンス オー タンドゥルオードゥ トワレットと『バイレード』LA SELECTION NOMADEどこにいても気分を高めてくれる香りを携帯「プロトラベラー®として、世界中旅をすることが仕事の私。旅先にも持っていきやすいミニサイズで愛用しているのが、『バイレード』のトラベル用フレグランスセットです。男女問わず好まれる香りがそろったブランドで、なかでもブランシュという軽やかな香りがいちばんのお気に入り。仕事、プライベート問わず愛用しています。香りを楽しみながらビーチなどでゆっくり過ごしたい時は、ジプシーウォーターという香りが活躍。夜出かける時には、香り立ちの華やかな『シャネル』のチャンスをまといます。香り選びは、服のコーディネート選びに似ていて、その日の気分やシチュエーションに合わせてチョイスするのがセオリー。普段は、動いた時だけに香るように手首と耳の裏に。休日や夜に出かける時は、胸もとと足首にもつけ足して気分を上げています」(左)シャネル チャンス オー タンドゥル オードゥ トワレット50㎖¥9000/シャネル (右)バイレード トラベルケース¥15000・LA SELECTION NOMADE(12㎖× 3 本セット)¥12550/エドストローム オフィスファッションディレクター 野尻美穂さんの愛する香りは、『ジョー マローン ロンドン』ブラックベリー & ベイ コロンファッションの一部としての香り「香水への興味が目覚めたのは高校生の時。当時は、友達と買った香水をアトマイザーで分けあって、いろんな香りにトライしていました。そんな私がたどり着いたのが、『ジョー マローン ロンドン』。よく人からほめられるブラックベリー & ベイと、肌なじみがよく、自分の香りとして毎日つけているバジル & ネロリを5年ほど前から愛用しています。香水選びで、香りの次に重要視しているのが、ボトル。私にとって香水は、ファッションの一部です。デザインが素敵であれば、多少奮発してでも手もとに置いておきたくて購入してしまうほど。香りだけでなく、デザインもいいとときめきが増すんです。この一本は、シンプルだけど高級感のある佇まいに心奪われました」ジョー マローン ロンドン ブラックベリー & ベイ コロン100㎖¥16000/ジョー マローン ロンドン取材・文/海渡理恵 撮影/嶌原佑矢(伊藤さん、渡辺さん) 岡本 俊(岡本さん) 恩田はるみ(P131、P134〜135) ヘア&メイク/吉㟢沙世子(io/伊藤さん) 北原 果(渡辺さん、岡本さん) スタイリスト/JURIKA.A(伊藤さん) 平田雅子(渡辺さん) 梅林裕美(岡本さん) 福永いずみ(P131、P134〜135製品)
  • 「バー&グリル ダンボ」にて、明日1/17(木)から2/14(木)までの期間限定!大好きなボディケアブランド『SABON』から素敵なニュースが到着しました! 女子会スポットとして人気急上昇中の『ザ ストリングス 表参道』。その2階にあるレストラン「バー&グリル ダンボ(BAR & GRILL DUMBO)」に、『SABON』コラボレーションディナーコースが登場するそうです♡その名も、「SABONコラボレーションディナーコース“ローズスプラッシュ(ROSE SPLASH)”」。このコースは、同じく明日1/17(水)から登場する『SABON』のバレンタインコレクション「ローズスプラッシュコレクション」にインスパイアされた、ローズとピンクの世界♡♡新作の「ローズスプラッシュコレクション」美しい色彩と選りすぐりの素材。まるでアートのようなディナーコース。気になるメニューは、前菜・サラダ・魚・肉・デザート・食後の飲み物の全6品♡前菜は「北海道産丸ごとモッツァレラチーズとトマトのカプレーゼ」彩り豊かで歯ごたえも楽しいサラダ「オリーブ アボカド トマトチョップドサラダ ローズドレッシング」魚料理はフレッシュピンクのビーツヨーグルトソースが目を引く「メカジキのグリル クリスピーピタと、レモン、ビーツのヨーグルトソース」肉料理は赤大根を使ったピンクのピュレと、甘めソースのバランスが絶妙な「信玄鳥もも肉のハーブグリル 燻製したバニラ風味のジュ・ド・ヴォライユ」デザートは「オペラ ローズゼリーとバニラアイスを添えて ローズスプラッシュ風」食後の飲み物は甘酸っぱい「ローズヒップティー」。コーヒー、紅茶を選ぶこともできますよ。また、ディナーコースをより堪能するためにオーダーしたいのが、オリジナルカクテル「ローズアンペリアル」。ロゼスパークリングにフランボワーズリキュールとクランベリージュースをプラスした一杯です。嬉しい特典や、プレゼントつきもある!! 4つのプラン、あなたはどれにする?このディナーコースを楽しむプランは全部で4つ。1つめはシンプルにディナーコースを味わう【スタンダードプラン】。2つめは、記念日や誕生日にぴったりの【デートプラン】で、「ローズコレクション」のギフトボックスとオリジナルカクテルつき。3つめは【バレンタインプラン】。『SABON』の男性向けシリーズ「ジェントルマン」のトラベルキットつきです。そして、4つめは【女子会プラン】。オリジナルカクテルと、「ボディ オイル ローズスプラッシュ」が当たるかもしれないプレゼントボックスがついていますよ!また、全てのプランに、『SABON』表参道店で引き換えることができるプレゼントチケットがついています♡♡【デートプラン】の「ギフトボックス」【バレンタインプラン】の「ジェントルマン」トラベルキット【女子会プラン】のプレゼントボックス【女子会プラン】で当たりが出たらもらえる、豪華な「ボディ オイル ローズスプラッシュ」デートでも女子会でも行きたい超リッチ&スペシャルなディナーコースを見逃さないで♡■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■「SABONコラボレーションディナーコース“ローズスプラッシュ(ROSE SPLASH)”」期間:1/17(木)~2/14(木)時間:18:00~22:30(L.O 21:30)場所:ザ ストリングス 表参道 2F「バー&グリル ダンボ」料金:スタンダードプラン 1名 ¥6000デートプラン 2名¥22000バレンタインプラン 2名¥15000女子会プラン 1名¥6800 ※2名から予約可※すべて税・サ込→予約や詳細は、公式サイトから
  • シブくてダンディ、大人の男の色気がビシバシ伝わってくる俳優・奥田瑛二さん。主演映画『洗骨(せんこつ)』が間もなく公開される。切れ者、クセモノ、クールで情け容赦ない男のイメージが、本作では大逆転。優柔不断で意志薄弱、グズグズのダメ男っぷりに、びっくり!ベテラン俳優の奥田さんは何を思って今、この作品にチャレンジしたのか?撮影/萩庭桂太 取材・文/岡本麻佑奥田瑛二さんProfileおくだ えいじ●1950年3月18日、愛知県生まれ。1979年『もっとしなやかに もっとしたたかに』で映画初主演。ドラマ『宮本武蔵』(84年/NHK)や『男女7人夏物語』(86年/TBS)で人気を博し、映画『海と毒薬』(86年)で毎日映画コンクール男優主演賞、『千利休・本覚坊遺文』(89年)で日本アカデミー主演男優賞、『棒の哀しみ』(94年)でキネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞。近年の出演作に『64-ロクヨン-』(2016年)、『散り椿』(18年)など。また映画監督としても才能を発揮、『長い散歩』(06年)をはじめ、高く評価されている。妻はエッセイストでコメンテーターの安藤和津、長女は映画監督の安藤桃子、次女は女優の安藤サクラ。演じたのは“ゴミみたいな”男「キャッチコピーを自分で考えました。“笑って泣いて、笑って泣いて、やがて微笑む”、そういう映画です」奥田さんが演じる主人公・新城信綱は、沖縄の離島・粟国島(あぐにじま)に住む中年男。昼間から部屋のカーテンを閉め切り、酒浸りの毎日だ。4年前に妻を亡くし、以来、立ち直れない。うつろな目、無精ひげ、だらんだらんに伸びきった下着姿。こんな情け無い、ふがいない、だらしない姿の奥田さんを観るのは、初めてかも。「台本を読んでみたら、これはもう、やるべきだと思いました。僕はデビュー以来、文芸作品に出演したり、アウトロー役が続いたり。ここ7~8年は年齢のせいか、企業のトップとか検事正とか新聞社の局長クラスとかね。怒り混じりの台詞を機関銃みたいにまくしたてる、まあちょっと知的な重鎮さんというか狡猾なヒールというか、そういう役が多かった。クセのある悪役は面白いけど、ちょっと疲れていたんです。もっと人間ぽい、清濁合わせ飲むような役がどうして来ないんだろうと思っていた。そこに、この話が来たわけです。よし、昔の自分に戻って取り組もう、今の奥田瑛二を全部剥ぎ取って、役者としての奥田瑛二をもう一回、構築しようと思ってね」撮影現場では、「空気の抜けた風船みたいな、落ちていたらただのゴミみたいな」男になりきって、その場に“いる”ことに専念したという。妻を喪ってから4年後、その男は『洗骨』という儀式を迎える。〈風葬で弔った妻の骨を洗い、改めて埋葬する〉と聞くと、怖じ気づいてしまうけど、粟国島の大自然を背景に物語が展開していくと、その行為は至極当たり前のことのように思えてくる。「そうなんです。なにしろ天国に一番近い島、ですからね。自分が死んだ後、この海、この空、この夕陽、この満天の星空の下に置いてもらったら、自由に天空を飛び回れる魂になれるなって、その場に立った時に思いました。粟国島は本当に何も無い、美しい島なんです。あの世とこの世が共存していて、この島の人たちは幸せだと思う。僕もいつかここに、と、本当に心から思いましたよ」シリアスな内容ながら、作品全体を流れる空気はあたたかく、ゆるゆると流れる沖縄時間の中に、ユーモアがにじみ出す。ガレッジ・セールのゴリこと照屋年之監督は〈洗骨〉という風習の中に、人の優しさと生命への讃歌を見ているのかもしれない。それにしても。妻に先立たれた男は、こんなにも打ちひしがれ、立ち直ることができないものなのか。「ねえ、このところ身近に亡くなる方も多いから、僕も考えてしまってね。もしそんなことになったら、僕は妻に幸せを感じさせてあげることはできたのか、苦労ばかりかけてしまったのではないかと、自責の念に打ちのめされるのがわかっているから、辛いです。だからってわけじゃないけど、僕は7年くらい前から、妻にはちゃんと日常的に『ありがとう』を言うことにしたんです。最初のうち妻は『なによそれ、冗談めかして!』とか『心にもないことを』とか鼻で嗤っていたけど、めげずに続けたらだんだん様子が変わってきた。僕の『ありがとう』をちゃんと受け止めてくれて、そこから夫婦として向き合っているという実感が生まれましたね。『ありがとう』だけじゃなく、何かむっとすることがあっても飲み込んで穏やかに接したり、優しくなれる自分を作っておくと、お互いに気持ちが良い。それは、ちょっと高級なキャッチボールですよね。夫婦っていくつになっても、いつからでも、そういうふうに歩み寄ることができる。僕はそう思います」役者の原点に立ち戻った奥田瑛二が演じる、情け無い中年男と家族の物語。“泣いて笑って、最後にほっこり”する作品だ。(自身の健康について語ったインタビュー後編は、明日17日9時に公開します)『洗骨(せんこつ)』沖縄の離島・粟国島に住む新城家の母・恵美子が亡くなった。4年後、島から離れていた息子・剛(筒井道隆)と娘・優子(水崎綾女)は、ひとり家に残る父・信綱(奥田瑛二)のもとに戻ってくる。島には風葬で弔った4年後、その骨を海水や酒で洗い、再度埋葬する風習が残っているのだ。信綱は今も妻の死を受けいれられず、酒浸りの毎日。剛はなぜか家族を連れてこず、優子は出産間近の臨月だが、父親の名前を明かそうとしない。バラバラの気持ちを抱えたまま、母の洗骨の日が近づいてくる・・・・。1月18日(金)より沖縄先行公開、2月9日(土)より丸の内TOEIほか全国公開。配給:ファントム・フィルム監督・脚本:照屋年之出演:奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女、大島蓉子、坂本あきらほか。(c)  『洗骨』 製作委員会公式サイト:http://senkotsu-movie.com/
  • シブくてダンディ、大人の男の色気がビシバシ伝わってくる俳優・奥田瑛二さん。主演映画『洗骨(せんこつ)』が間もなく公開される。切れ者、クセモノ、クールで情け容赦ない男のイメージが、本作では大逆転。優柔不断で意志薄弱、グズグズのダメ男っぷりに、びっくり!ベテラン俳優の奥田さんは何を思って今、この作品にチャレンジしたのか?撮影/萩庭桂太 取材・文/岡本麻佑奥田瑛二さんProfileおくだ えいじ●1950年3月18日、愛知県生まれ。1979年『もっとしなやかに もっとしたたかに』で映画初主演。ドラマ『宮本武蔵』(84年/NHK)や『男女7人夏物語』(86年/TBS)で人気を博し、映画『海と毒薬』(86年)で毎日映画コンクール男優主演賞、『千利休・本覚坊遺文』(89年)で日本アカデミー主演男優賞、『棒の哀しみ』(94年)でキネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞。近年の出演作に『64-ロクヨン-』(2016年)、『散り椿』(18年)など。また映画監督としても才能を発揮、『長い散歩』(06年)をはじめ、高く評価されている。妻はエッセイストでコメンテーターの安藤和津、長女は映画監督の安藤桃子、次女は女優の安藤サクラ。演じたのは“ゴミみたいな”男「キャッチコピーを自分で考えました。“笑って泣いて、笑って泣いて、やがて微笑む”、そういう映画です」奥田さんが演じる主人公・新城信綱は、沖縄の離島・粟国島(あぐにじま)に住む中年男。昼間から部屋のカーテンを閉め切り、酒浸りの毎日だ。4年前に妻を亡くし、以来、立ち直れない。うつろな目、無精ひげ、だらんだらんに伸びきった下着姿。こんな情け無い、ふがいない、だらしない姿の奥田さんを観るのは、初めてかも。「台本を読んでみたら、これはもう、やるべきだと思いました。僕はデビュー以来、文芸作品に出演したり、アウトロー役が続いたり。ここ7~8年は年齢のせいか、企業のトップとか検事正とか新聞社の局長クラスとかね。怒り混じりの台詞を機関銃みたいにまくしたてる、まあちょっと知的な重鎮さんというか狡猾なヒールというか、そういう役が多かった。クセのある悪役は面白いけど、ちょっと疲れていたんです。もっと人間ぽい、清濁合わせ飲むような役がどうして来ないんだろうと思っていた。そこに、この話が来たわけです。よし、昔の自分に戻って取り組もう、今の奥田瑛二を全部剥ぎ取って、役者としての奥田瑛二をもう一回、構築しようと思ってね」撮影現場では、「空気の抜けた風船みたいな、落ちていたらただのゴミみたいな」男になりきって、その場に“いる”ことに専念したという。妻を喪ってから4年後、その男は『洗骨』という儀式を迎える。〈風葬で弔った妻の骨を洗い、改めて埋葬する〉と聞くと、怖じ気づいてしまうけど、粟国島の大自然を背景に物語が展開していくと、その行為は至極当たり前のことのように思えてくる。「そうなんです。なにしろ天国に一番近い島、ですからね。自分が死んだ後、この海、この空、この夕陽、この満天の星空の下に置いてもらったら、自由に天空を飛び回れる魂になれるなって、その場に立った時に思いました。粟国島は本当に何も無い、美しい島なんです。あの世とこの世が共存していて、この島の人たちは幸せだと思う。僕もいつかここに、と、本当に心から思いましたよ」シリアスな内容ながら、作品全体を流れる空気はあたたかく、ゆるゆると流れる沖縄時間の中に、ユーモアがにじみ出す。ガレッジ・セールのゴリこと照屋年之監督は〈洗骨〉という風習の中に、人の優しさと生命への讃歌を見ているのかもしれない。それにしても。妻に先立たれた男は、こんなにも打ちひしがれ、立ち直ることができないものなのか。「ねえ、このところ身近に亡くなる方も多いから、僕も考えてしまってね。もしそんなことになったら、僕は妻に幸せを感じさせてあげることはできたのか、苦労ばかりかけてしまったのではないかと、自責の念に打ちのめされるのがわかっているから、辛いです。だからってわけじゃないけど、僕は7年くらい前から、妻にはちゃんと日常的に『ありがとう』を言うことにしたんです。最初のうち妻は『なによそれ、冗談めかして!』とか『心にもないことを』とか鼻で嗤っていたけど、めげずに続けたらだんだん様子が変わってきた。僕の『ありがとう』をちゃんと受け止めてくれて、そこから夫婦として向き合っているという実感が生まれましたね。『ありがとう』だけじゃなく、何かむっとすることがあっても飲み込んで穏やかに接したり、優しくなれる自分を作っておくと、お互いに気持ちが良い。それは、ちょっと高級なキャッチボールですよね。夫婦っていくつになっても、いつからでも、そういうふうに歩み寄ることができる。僕はそう思います」役者の原点に立ち戻った奥田瑛二が演じる、情け無い中年男と家族の物語。“泣いて笑って、最後にほっこり”する作品だ。(自身の健康について語ったインタビュー後編は、明日17日9時に公開します)『洗骨(せんこつ)』沖縄の離島・粟国島に住む新城家の母・恵美子が亡くなった。4年後、島から離れていた息子・剛(筒井道隆)と娘・優子(水崎綾女)は、ひとり家に残る父・信綱(奥田瑛二)のもとに戻ってくる。島には風葬で弔った4年後、その骨を海水や酒で洗い、再度埋葬する風習が残っているのだ。信綱は今も妻の死を受けいれられず、酒浸りの毎日。剛はなぜか家族を連れてこず、優子は出産間近の臨月だが、父親の名前を明かそうとしない。バラバラの気持ちを抱えたまま、母の洗骨の日が近づいてくる・・・・。1月18日(金)より沖縄先行公開、2月9日(土)より丸の内TOEIほか全国公開。配給:ファントム・フィルム監督・脚本:照屋年之出演:奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女、大島蓉子、坂本あきらほか。(c)  『洗骨』 製作委員会公式サイト:http://senkotsu-movie.com/
  • 冬はブラックコーデでが多くなりがちなので今回はホワイトコーデをご紹介♪ タイムラグがありますが、クリスマスイブのデートでのコーデ。 この日は、彼と東京丸の内にある「GRILL UKAI MARUNOUCHI」 にディナーへ。 記念日にはいつも来ちゃいます♪毎回ほんと美味しいから特別な日は来たくなる♡気持ちがアガる!顔もいつもより明るく映える♪クリスマス限定ディナーに気持ちがアガっているこの日。 クリスマスカラーでもあるホワイトを!ウエストラインでメリハリつければ膨張感もなし!tops/ UNIQLO skirt/ROSE BUD 嬉しかったのでちょっとご報告♡余談ですが・・・最後に彼からとても嬉しいプレゼント。 婚約指輪を頂きました♪2019年はプレ花嫁な内容も書いていこうと思っています^ ^門脇聡子のInstagramスーパーバイラーズ 門脇聡子のブログ
  • おはようございます☺︎ 年始から、私自身の体調不良と子供達の体調不良が続いて、まったく更新できませんでした(;ω;) 今日は、先日発売したBAILA2月号がドッグイヤーだらけになるくらい良かったので、ご紹介します☺︎ ⑴おしゃれに見えるスカーフの使い方 ポイントとして使うには、おしゃれ上級者な感じがするスカーフ。 そんなスカーフを使ったテクニックがわかります! 不器用にはありがたい、巻き方講座も(;ω;)♡ ⑵今すぐ使いたい着痩せテク! 配色だけで着痩せできる方法や(黒着てればいいって思ってました…!) Sサイズ必見の“痩せてないSサイズの着痩せ” これ、ほんとわかるーって思いながら見ました!(そう、小柄だからって華奢なわけじゃないんです!!) Sサイズならではの着痩せのテクニックが沢山です(╹◡╹)! ⑶甘めOLと辛OLの着まわしコーデ 今回は、甘めOLの絵美里さんがスカートコーデ。辛めOLの松島花さんがパンツコーデでした! 元々、手持ちの服と照らし合わせてコーデのバリエーションが増やせる着まわしページが好きだったんですが、甘めと辛めとどっちも見れるようになってから、ますます参考になります! ⑷バイラーズがよくわかる!バイラーズ64人のリアル 総勢64人いるバイラーズ。アンケートからわかった、数字で見るリアルなバイラーズが面白いんです! 星座から告白された人数まで!色々なことがわかっちゃいます。 モテなかった私としては、恋愛ページは平均値を上げてる強者がいるんだろうなって感じです← 今月も濃い内容な、BAILA2月号。ぜひ読んでみてください(╹◡╹)♡ instagramもよろしくです☺︎スーパーバイラーズ 小野絵里のブログ
  • 80〜90年代に一世を風靡した元スーパーモデルのヨランダ・ハディッドが2019年1月11日の誕生日で、55歳に。その数日後、インスタグラムにてセクシーなランジェリーをまとったセルフィーを投稿。「整形手術フリー」という等身大の姿とともに、パワフルなメッセージを発信した。 View this post on Instagram ❤️Fifty Five and smiling from the inside out.... Finally back to the original 1964. Living in a body free of breast implants, fillers, botox, exstensions and all the bullshit I thought I needed in order to keep up with what society conditioned me to believe what a sexy woman should look like until the toxicity of it all almost killed me.......... Your health is your wealth so please make educated decisions, research the partial information you’re given by our broken system before putting anything foreign in your body. It took me many years of undoing some bad choices I made for myself before I finally found the freedom to sustainable internal beauty and acceptance of what is the best version of myself by no standards but my own............ It’s on us to learn to love our selves and celebrate our unique, one of a kind beauty at all ages as we move through this journey called “life”. Beauty has no meaning without your health................... #ShamelessSelfie #55 #BeautyStartsFromWithin #AgeComesWithWisdom YOLANDAさん(@yolanda.hadid)がシェアした投稿 - 2019年 1月月14日午後1時12分PST 誕生日の3日後である1月14日(現地時間)にヨランダが投稿したのは、ヌードカラーのレース下着にシャツを羽織った、なんともセクシーな1枚。55歳という年齢を感じさせないパーフェクトボディは、エイジレスを超えてまさにミラクル級!2018年に投稿したビキニ写真。年齢を感じさせないエイジレスボディとして、賞賛を浴びた。Photo : Instagram (yolanda.hadid)これまで2012年に発症したライム病による闘病生活や、豊胸シリコンの撤去手術を行ったことなどを、正直に明かしてきたヨランダ。そんな彼女らしく、今回の投稿でも、自身のボディについて力強いメッセージを綴った。スーパーモデルとして活躍していた、90年代に撮影された1枚。Photo : Instagram (yolanda.hadid) 55歳、心の底から笑顔が溢れる。ようやく1964年に生まれたときの、ありのままの姿に戻れた。豊胸手術、フィラー注入、ボトックス、エクステ……社会が求めるセクシーな女性像に当てはまるために必要だと思ってきたことは、すべてやめた。これらの毒のせいで死にそうになったからね。健康はあなたの宝よ。だから、知的な決断をして。身体に異物を入れる前に、しっかりと調べなければだめ。 内から湧き出るサステイナブルな美しさに気づき、自分のベストな状態を自分自身の尺度で決める、という状態に達するまで何年もかかり、たくさんの間違いを犯してきた。“人生”という旅路において自分を愛し、どの年齢でも自分らしい美を祝福できるようになるのは、自分次第。健康でなければ、美しさはなんの意味も持たないのよ。 コメント欄には「これまでにも増して美しい!」「感銘を受けた」というメッセージで溢れ、公開から9時間で30万以上の「いいね!」がつけられた。2018年のジジの誕生日パーティでは、3人そろってゴールドのドレスを着用。Photo : Instagram (gigihadid)そんなヨランダのメッセージは、現在イットモデルとして活躍する“ハディッド姉妹”のジジ(23)&ベラ(22)にも、しっかりと届いているよう。ふたりは互いにインスタグラムで母とのツーショットを投稿し、愛に溢れるメッセージで母を讃えた。 View this post on Instagram Wishing the HAPPIEST (& healthiest) BIRTHDAY and year to the perfect human mix of brains and intuition, creativity and drive, compassion and strength, friendship and mentorship. You are the greatest leader and rock we could ever ask for @yolanda.hadid ✨ & you are celebrated everyday :) ♑️ Gigi Hadidさん(@gigihadid)がシェアした投稿 - 2019年 1月月11日午前5時31分PST 「頭脳明晰で勘がよく、クリエイティブで活発、思いやりがあって強く、友好的で指導者としても優れた、パーフェクトな人へ。最高にハッピーな(そして健康な)誕生日を! あなたは私たちにとって、これ以上望めないほど素晴らしいリーダーだわ」 View this post on Instagram Happy birthday to my everything! My idol , my role model , my best friend! I would be nowhere & nothing without you! You are the most loving, warm, kind, selfless, generous, honest, brilliant, beautiful, incredible woman that I know. Sometimes I can’t even believe you are real!! And that I am this lucky to have a mother like you ! Thank you for giving birth to my two beautiful best friends in this world @gigihadid @anwarhadid protecting & teaching us everything you know. You are perfect ! Happiest Birthday Mama Thank you for being you! I love you ! @yolanda.hadid ❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️ さん(@bellahadid)がシェアした投稿 - 2019年 1月月11日午前10時58分PST 「“私のすべて”とも言える人へ、誕生日おめでとう! あなたは私のアイドル、そしてお手本で、親友よ! あなたがいなかったら、私の人生は何も意味を持たない。私が知るなかで、もっとも愛に溢れ、温かく、優しく、無欲で、正直で、知的で、美しく、素晴らしい女性だわ。ときに、あなたが実在する人間だってことを信じられないくらいよ。そんなあなたが母であることは、すごくラッキーなこと。ジジとアンウォーという親友を産んでくれたこと、そして私たちを守り、学びを与えてくれたことを感謝している。あなたはパーフェクトよ!」Photo : Instagram (yolanda.hadid)闘病生活やデイヴィッド・フォスター(69)との離婚などの困難と立ち向かいながら、パワフルに躍進を続け、多くの女性に勇気を与えているヨランダ。年を重ねるにつれ美しさを増し続ける彼女の姿から、今後も目が離せない! >>40歳オーバーのセレブ限定! エイジレスなビキニスタイル >>ジジ&ベラ姉妹の母、ヨランダ54歳の「娘とおそろい」ビキニ text : Ayano Nakanishi
  • 銀座らしい気品あるお店でいただく、異次元レベルの牛丼!文明開化気分(?)で、満足度の高い休日を過ごしました。新年の仕事初めを向かえた直後に 成人の日の三連休があるのは 祝日のタイミング、まじグッジョブ!と思っているのですが 共感していただけるでしょうか?お正月明けてまだ1週間弱しか働いていないという事実に 耐えきれないほど疲れてしまったので 同じように疲れちゃった友だちと、緊急新年会を開催しました。銀座は何歳になっても来るたびにワクワクします。あの東京吉兆にルーツを持つという『牛椀 紀尾井坂』が位置するのは 銀座六丁目の交差点から東側に1分くらい歩いたところ。銀座の大通りの喧騒から離れ、落ち着いた佇まい。ランチメニュー。メインは「牛椀」「特選牛椀」「ローストビーフ丼」の3種類。お店のメインは「牛椀」こと、牛丼。 (言い方ひとつでだいぶ印象が変わるものですね……) ローストビーフ丼と迷いましたが、 初来店なので、ここはスタンダードな「牛椀(1280円)」で。着丼。オープン・ザ・椀。見るからに上質な和牛が何枚も!香りのいい葱と、琥珀色に煮込まれた玉ねぎ、シイタケ、白滝が添えられています。おつゆは胡椒の効いた野菜スープ。お漬物のたくわんも、ほんのりシソの香りがして美味しい!牛丼というよりも、 ものすごくいいお肉を使ったすき焼きを ご飯にのっけて食べているような感じで 満足感が半端ありません……。ハイライトは、必殺・温泉卵崩し。濃厚な卵黄が白米と出汁と牛肉に絡んで……あぁ、無言。白木が基調で清潔感漂う店内は、 高級和食店さながらの雰囲気の良さ。 店員さんが着物姿なのも素敵です。 外国人のお客さまをお連れしても喜ばれそう!食後には素敵なお茶請けが供されます。銀座というロケーション、雰囲気、味、価格、サービス、 どれをとっても完璧で、 大切にしたいお店がまた増えました。▶『牛椀 紀尾井坂』公式サイトランチをゆっくり食べ終わっても まったくしゃべり足りなかったので 日比谷まで歩いて、 ペニンシュラホテル東京の地下のカフェへ。 (1階の入り口を入ったすぐのところにも ロビーという名のカフェがありましたが、 地下の方がカジュアルで、普段使いしやすそうです)ケーキの種類が多すぎて迷いましたが、香港気分を味わいたくてマンゴープリンに。ココナッツミルクアイスと濃厚なマンゴーの香りで、1月なのに南国気分。同じ悩みを抱える友だちと喉が痛くなるほどしゃべりまくり、 まあ、いろいろあるけど、 悩んでも、悩まなくても、時間は平等に過ぎるから とりあえず物事の明るい部分を見るようにして 前向きに、ポジティブに2019年を楽しもう! という結論に達しました。そう、ポジティブにね!【myインスタ】ほぼストーリー専門アカウントはこちらです。美女組No.132 はるかのブログ
関連キーワード

RECOMMEND