スタイリストが「ガチで頼った」小物を発表! あのバッグ、この靴、そのアクセ♡

DAILY MORE

スタイリストが「ついつい選んじゃう」頼れる小物大賞☆

きれい色やきれいめムードが流行した2018年。そんなトレンド服にスタイリストたちが合わせていたのは、どの小物だった? 靴、バッグ、時計にアクセサリー……おしゃれプロがリアルに頼りにしていたアイテム、大公開!

<ヒール部門>
『ダイアナ』カラーパンプス

どこかレディで、シンプルなのに色がある。誌面でもそんなコーデが多く見られた今年。『ダイアナ』のヒール靴が人気だった決め手は、足もとを女っぽく見せてくれる絶妙ヒールと、豊富なカラーバリエ♡
(左から)『MORE9月号』(P54)撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) 『MORE8月号』(P55)撮影/峠 雄三 『MORE9月号』(P44)撮影/戸松 愛
「シルエットがとにかくきれい。はくだけで洗練されたコーデに仕上がるので、必ず何色も借りています。私たちの強い味方です!」by スタイリスト・石上美津江さん
[モデル]靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) Gジャン¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ) Tシャツ¥8100/デミルクス ビームス 新宿(エイトン) パンツ¥39000/シップス 有楽町店(アンスクリア) バッグ¥18800/ショールーム セッション(ヤーキ) メガネ¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) イヤリング¥4000/アーバンリサーチ神南店(アーバンリサーチ) 
[靴・右から](ピンク)¥14500・(パープル)¥13500・(レッド)¥13500・(イエロー)¥15500・(グリーン)¥15500・(スクエアトウ・レッド)¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)
<フラット靴部門>
『リーガル』ローファー

トラッドなムードが回帰した2018年。フラット靴部門では、スニーカーやバレエシューズを差し置いて、ローファーが登場率No.1に! なかでも、スカートやパンツ、どのボトムと合わせてもサマになる『リーガル』の圧倒的な安心感は、さすがのひと言。スリムで品のあるボディが、足もとにまでスマートさと女っぽさを宿してくれる。
(左から)『MORE10月号』(P42)撮影/金谷章平 『MORE10月号』(P112)撮影/来家祐介(aosora) 『MORE4月号』(P48)撮影/峠 雄三
「どんな時代でもブレない上品さと、最近のトラッド服にも似合う計算されたデザイン。どちらも兼ね備えた陰の大黒柱的な存在です。」by スタイリスト・石田 綾さん
[靴](右)¥34000・(左)¥23000/リーガルコーポレーション(リーガル)
<バッグ部門>
『ヴァジック』レザーバッグ

どの形を選んでも、ミニマムな今っぽさときれいめコーデにも映えるきちんと感が手に入る。アイテム中、誌面登場率&スタイリスト支持率No.1だったのは写真右の「BOND LEATHER」。
(左から)『MORE8月号』(P84)撮影/山本雄生 『MORE10月号』(P82)撮影/清水健吾 『MORE10月号』(P97)撮影/田形千紘
「カジュアルスタイルに合わせれば途端にトレンド感が出て、きれいめスタイルに合わせればたちまちこなれる。毎回借りています!」by 大平典子さん
「バッグひとつでコーデが見違える」を叶えてくれる。ハイセンスなデザインのバッグが揃う、今いちばん知っておきたいブランド。」by 辻村真理さん
バッグ(パープル)¥40000・(イエロー)¥36000/TOMORROWLAND(ヴァジック) バッグ(ブルー)¥36000・(オレンジ)¥36000・(ベージュ)¥40000/コード(ヴァジック) ニット¥23000/スローン オールインワン¥14000/ココ ディール 靴¥29000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ピアス¥32000/シップス 有楽町店(ディーン ダビッドソン) スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥100000/セイコーウオッチ(セイコー プレザージュ) リング¥11000/デミルクス ビームス 新宿(フリュイジョリ) 靴下¥1600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)
<スカーフ部門>
『スローン』大判スカーフ

シンプルなニットに、タートルネック感覚で大人柄のスカーフを合わせるのが今年流。信頼できるニットブランドだからこそ、“絶対に失敗しない”、使える一枚が見つかるはず。三角形になるように半分に折り、自分の好みの太さにたたんだら首に巻くだけ!
(右)〈90×90〉¥30000・(左)〈68×68〉¥16000/スローン
「柄が細かすぎないので、首に巻いた時もバッグにつけた時も“いい面”が絶対に出てくる。テクニックがなくても、ささっと結ぶだけでオシャレに仕上げられます。」by 辻村真理さん
スカーフ〈68×68〉¥16000・ニット¥24000/スローン イヤリング¥5500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)
<時計部門>
『ロゼモン』レザー腕時計

高級感あるレザーの質感を手首にまとえば、シンプル服でも途端に“わかってる人”に。
(ネイビー)¥24000・(ブラウン)¥21000/ピークス(ロゼモン)
「秋冬のモノトーンや重たい色味のお洋服に、華やかさと知的さをプラスしてくれます。縦長フェイスのおかげで堅い印象にならず、トラッドなムードの今季にぴったり!」by 石上美津江さん
時計(ブラック)¥24000/ピークス(ロゼモン) ワンピース¥58000/ボウルズ(ハイク) シャツ¥17000/アナディス(ルクスルフト) バッグ¥19000/デミルクス ビームス 新宿(ジャンニ ノターロ) イヤリング¥3500/LIFE's 代官山店(TODAYFUL) ブレスレット¥8300/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) リング¥22000/ロードス(ザ ボーイスカウツ) 
<メガネ部門>
『アイヴァン 7285』メタルフレーム

今季もたくさん着たい、ボリューム感のあるニットやきれい色なトップスを邪魔しない、クラシカルで上品な細いフレームが今ドキ。この秋冬はメガネに挑戦したい! というメガネ初心者さんにもオススメ。
(上)¥36000・(下)¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)
どんな顔の形にも驚くほど合う、完璧すぎるシルエット。きれい色の服やトレンドメイクなど、目立たせたいところをうまく引き立ててくれて、なおかつしゃれてるんです。」by 松村純子さん
メガネ¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥19000/ココシュニック マフラー¥18000/TOMORROWLAND(バルミュール) リング¥25000/デミルクス ビームス 新宿(フリュイジョリ) 
<ネックレス部門>
『パール インターナショナル』華奢パールネックレス

「普段使いできるパールを持ってる」って、なんだか一歩グッドガールに近づいた気分。
(右)¥17500/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) (左)¥13800/シップス 渋谷店(パール インターナショナル)
「超小粒でカジュアルに楽しめる、新しいパールネックレス。衿もとがあいた服に合わせれば可憐に、タートルネックに重ねればこなれて見える、万能ネックレスです♡」by 石田 綾さん
[モデル]ネックレス¥13800/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) シャツ¥26000(ジャン_ヌレ)・ニット¥20000(アール ジュビリー)/ショールーム セッション 




撮影/嶌原佑矢(モデル) 坂田幸一(製品) 細谷悠美(製品) ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石田 綾 ●本文中〈 〉内の数字はスカーフのサイズ〈縦×横〉で、単位は㎝です

関連記事
  • 「Tシャツワンピ」と「ハイテク系スニーカー」は休日コーデの神コンビ! 簡単だけど、手抜き感ゼロでちゃんと今っぽくなれるんです。Tシャツワンピを旬に見せてくれるハイテク系スニーカーの合わせワザをご紹介します。Tシャツワンピに“きかせる”俺様スニーカー(左から)靴¥11000/アディダスグループ お客様窓口(アディダスオリジナルス) 靴¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) 靴¥12000/アシックスジャパン(アシックスタイガー) 靴¥17000/アトモスピンク(ナイキ)抜け感に即効性のある、クリアな白。定番のネイビーワンピも脱・無難! “きかせ”に使いやすいのは、どんな色とも相性がいいオールマイティな白ベース。ネイビーとのスポーティなカラーリングに、フレッシュなピンクのアウトソールで可愛げをのぞかせた一足が、裾にかけてふわりと広がったフェミニンなワンピをシャープに引き締めてくれる。ワンピース¥9200/ミラ オーウェン  ルミネ新宿2店 靴¥17000/アトモスピンク(ナイキ) バッグ¥150000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥27000/トゥモローランド(ルッツ オーティズ) ネックレス¥10000/ノジェス バングル(太)¥9000・(細)¥6000/シルバースプーンちょっぴりきれいめを意識するなら女っぽいIラインにやわらかなベージュをレトロなムードが漂うベージュスニーカーは今っぽさと落ち着きを両立。ワンピース¥16000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 靴¥12000/アシックスジャパン(アシックスタイガー) シャツ¥19000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ホワイトライン) スカーフ¥7800/アマン(アルテア) サングラス¥48000/アイヴァン7285 トウキョウ リング¥21000/Rice バングル¥19000/エッセンス オブ アナイ(フィリップ オーディベール) バッグ¥37000/デ・プレ(アラナズプレ)包容力のあるくすみイエローワンピにパキッとしたカラーブロックのスニーカーが好相性90年代風のカラフル配色のスニーカーはシンプルなワンピでこそ大人っぽく着地。スリット入りで軽快に。ワンピース¥13000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 靴¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) ショートネックレス(チェーン)¥11000・(チャーム)¥5500・ロングネックレス¥14000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バングル¥37000/シルバースプーン バッグ¥39000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ)パープル×ブルーの辛口配色はシンプルな黒ワンピでモードに振り切るスタイリッシュな色合いの一足で黒ワンピにメリハリをプラス。合わせる小物はスニーカーが引き立つモノトーンで統一して、“一点投入”の遊び心を存分に引き立てて。ワンピース¥22000/RHC ロンハーマン(エイトン×RHC) 靴¥11000/アディダスグループ お客様窓口(アディダスオリジナルス) 手に持ったジャケット¥39000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥35000/デ・プレ(アンコモンマターズ)バングル¥13000/アルアバイル(ベン・アムン) バッグ¥13000/4K(FILL THE BILL)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子〈3rd〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
  • ぐんと気温が上がって、肩の力が抜けた着こなしを楽しみたくなるシーズン到来!洋服も小物もブラウンやカーキなどの流行色と定番カラーを上手く取り入れて、賢く高見えするカジュアルをご提案いたします!     ロゴやリブネック、折り返し袖など細部までこだわりのある実力派ボーダー GYMPHLEX/ボーダーカットソー/¥5,000+税 ほどよくコンパクトな身頃で合わせるボトムを選ばないジムフレックスの定番Tシャツが到着。細ピッチのボーダーとスクリプトロゴが女性らしい雰囲気に。白いリブのネックが爽やかなアクセントとしてきいています。裾は折り返して縫いつけられているので、二の腕の細見えに貢献します。     体のラインを拾わない万能白Tを信頼ブランドで発見! ORCIVAL/ポケットTシャツ/¥7,800+税 おなじみブルーのハチマークと袖にあしらわれたロゴが目を引くポケットTが入荷しました。度詰めで編み立てた天竺素材を使用し、しっかりとした厚みときれいに整った表面が特徴です。ガンガン洗ってもへたりにくいリブのクルーネックで、清潔感あふれる佇まいに。袖口は適度なゆとりがあり、気になる腰まわりもしっかりカバーしててくれる丈感です。     お出かけの機動力が上がる、大ヒットサコッシュを再び別注オーダー! KELTY/フラットポーチ(S)/¥3,800+税 LEE別注で三角ロゴを少しだけ小さくして、大人が持ちやすいように仕上げました。長さが調節できるストラップは取り外し可能で、バッグインポーチにもなる優れもの。軽くて丈夫なナイロン製で必要最低限のものがしっかり入るので、ご近所使いから旅行まで幅広く活躍。   背面のポケットもLEEだけの仕様。スマホなどが取り出しやすく便利!     シンプルな着こなしにプラスするだけで、たちまちフレンチ気分が高まるベレー帽。 Harriss/ペーパーベレー/¥6,000+税 ラフィアのような清涼感あふれる風合いですが、ペーパー繊維で作られているため、適度にハリがありつつしなやかで折りたたみやすいのが特長。軽くて持ち運びもラクラク、お出かけのお供に最適です。内側には、面ファスナー付きで、その日のヘアアレンジに合わせてゆるめたりぴったりめに合わせたりと、サイズ調整できるのもポイント。     瞬時に今っぽいシルエットに決まる 大人に似合うプチロゴTシャツ ROTHCO/ロゴTシャツ/¥3,800+税 ミリタリージャケットが大ヒットしたROTHCOから、小粋なロゴTがお目見え。体が泳ぐサイズ感とゆったりとしたオフ袖で、着るだけで肩ひじ張らないおしゃれなムードが完成します。長すぎず短すぎないジャストな丈感で、パンツもスカートも合わせやすいのがうれしい。サラッとした薄手コットン製で涼しく、心地よさ満点です。     後ろ姿がキャッチーなメッセージTはこっくりブラウンと黒でシックな印象に AMERICANA/丸胴ラフィー天竺Tシャツ/¥8,000+税 後ろ姿がかわいいロゴTは、上質カジュアルが得意なアメリカーナならでは。ラフィー糸を使用したオリジナルの生地で、わきに縫い目がなく筒状になっているため、着心地も良好。今季トレンドの濃いめブラウン×黒ロゴで大人も取り入れやすいデザインです。丈はアウトすると気になる腰まわりがきちんと隠れる長さ。     カジュアルスタイルの足元の鉄板・オールスター CONVERSE/ALL STAR WASHEDCANVAS OX/¥6,500+税 どんな着こなしにもマッチしてこなれ感漂う2色をセレクト。アッパーのキャンバスには洗い加工を施し、足当たりも柔らか。シューレースはなじみやすい生成りでナチュラルな雰囲気に仕上がっています。     大人気欠品につき再入荷!! ROTHCO/ミリタリージャケット/¥9,800+税 LEE本誌の五明さん私服テーマに繰り返し登場し、LEEマルシェでも紹介するたびに即完売が続いている大人気アイテムです。メンズライクなミリタリージャケットを、ゆるりとしたオーバーサイズで今っぽくアップデートした一着は、パンツにもスカートにも相性のいい万能さがウリ。薄くて軽いコットンの一枚仕立てだから、持ち運びもしやすく、今から秋口まで大活躍すること確実です。XS、M、Lの3サイズ展開。(ベージュはXS、Mの2サイズ展開となります。)     どれもコーディネイトしやすくこれからのシーズンに大活躍するアイテムばかりです! お手頃な4桁プライスなので是非この機会にご覧ください!    
  • 高田里穂が挑戦! リップ&アイメイクの正しい落とし方【可愛いの基本Beauty】 崩れない&落ちないコスメに頼りきりの夏♡ でも、その定着力やキープ力に見合ったクレンジングはできている? 無理やり落としたり、適当にすませていては肌トラブルの原因に。皮脂が出やすい季節の前に、正しいメイクの落とし方を学ぼう!     5月20日発売のnon-no7月号はふみかが表紙! 巻頭のカバーストーリー「ふみかの女神な水着」では、憧れBODYのふみかがトレンド水着をナビ♡ そして、「わたしの1×10」と題して、優子やふみか、七瀬、愛美が着回しテクを披露するよ!   さらに、小松奈々さん・川栄李奈さん・池田エライザさん・山本舞香さんなど、スタイリッシュな6人が「夏の黒」が新鮮になるアイデアを披露! その他、Hey! Say! JUMPのスペシャル大特集や映画『パラレルワールドラブストーリー』で主演を務める玉森裕太さんのインタビュー、初登場のKoki,さんのメイクページなど盛りだくさん♪
  • 先日、恒例のBAILA女子会へ♡ いつものごとくバイラーズ津野裕子ちゃんプロデュースです(^^) 今回も華やかでした!! ファッションテーマは、BAILA6月号のテーマに合わせて、「ワンピース×フラット靴で大人の可愛げMAX」です♡私は、IENAの袖ボリュームワンピースに赤のバレエシューズにしました。 このワンピース、シンプルで楽ちんなのでめちゃくちゃ着てます。 スニーカーを合わせてもいい感じです♪ ワンピース: IENA 靴: Odette e Odile場所はGINZA SIXにあるthe GRAND銀座で。 いちごづくしのアフタヌーンティーをいただきました♡ しあわせ♡♡♡そして、恒例になりつつあるオリジナルケーキは今回はバラの飴細工がどーんと豪華にそびえ立つミルフィーユ。 圧巻でした。正しくはBAILAです笑毎回、バイラーズに会うと、おしゃれに仕事に遊びにみんな全力で楽しんでいるのを見て、自分も背筋が伸びます。 今回もとっても楽しいBAILA会でした♡my instagramスーパーバイラーズ 加藤和歌子のブログ
  • 特別付録は「ヒグチユウコ描きおろし 手ぶらでおでかけケース」! ジップつきの本体にカードなどをマルチに収納できるポケット、さらに首から下げられるストラップつき。香水瓶にコケティッシュな白いねこのアートワークが施された逸品は7月号でしか手に入りません! ファッションは、賢く意識高くおしゃれや社会と向き合うニュー・ラグジュアリー特集。真夏に向けて、トレンドを攻略するスタイリング法やサマードレスもふんだんに。楽園リゾートとして名の高い韓国のチェジュ島をナビゲートするのは、人気俳優ナム・ジュヒョク。フィギュアファンなら、町田樹がひもとく伝説のスケーター、ジョン・カリーの物語も必見。1冊に可愛いとワクワクがギュッと詰まった、ご機嫌な7月号です!モードはいま、性差、年齢、ボディイメージから解放され、“流動性”を語り始めました。「良い服はすべての境界を越えていく」。これこそが、新しいラグジュアリーのかたちだとSPURは考えます。そこで、血縁があってもなくても、性別がなんであれ、自由な精神に価値を見出し、クローゼットをシェアするモダンファミリーの物語を紡ぎました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ファッション界に広がりつつあるサステイナブルなムーブメントを知っていますか? ご存じステラ マッカートニーを筆頭に、地球のため、動物のため、男女の平等のために、行動するブランドがあります。今号では、このブランドに注目したファッション特集を制作。モードの未来を見据えながら、本当のラグジュアリーについて考えたいと思います。ステラさんの特別インタビューも必読です! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  今やマッチングアプリで始まる恋は、珍しくありません。どんな人が来るかぎりぎりまでわからないからこそ、待ち合わせでのときめきもひとしおです。今回SPURは、アプリで始まる恋を題材に、ファッションストーリーを展開。クラシカルなムード漂うプレフォールに身を包む女性の「はじめまして」の一日をシネマティックに描きました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  あまたある今年のトレンド、大人ならどうこなす? ちょっとしたコツやテクニックで、印象は変わります。本日のサミットの議題は「明日からすぐに役立つスタイリングハック」について。この10個のポイントさえ押さえれば、あなたのスタイリングレベルも"首脳級"! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎年バカンスに行く直前まで必死になって仕事をして気が付くことがありませんか? 「今の自分に似合う水着がない……」と。そんな毎日忙しい大人女子たちに、今からおすすめしておきたい最新水着を取り揃えました! 色や形がスタイリッシュなワンピースやビキニに加えて、気になる部位をおしゃれにカバーしてくれる変化球タイプも厳選セレクト。夏本番に備えてぜひチェックを! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  日頃感じるささやかなお悩みを5万円以下のバッグが全て解決!様々なニーズに徹底的にアンサーし、トレンドの極小サイズや進化系ウエストバッグ、大人のためのエレガントなバッグパックなどを紹介します。手が届きやすいプライスのバッグをワードローブにプラスすれば、いつものスタイリングを瞬時にアップデートしてくれる精鋭がラインナップ。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  カール・ラガーフェルドの逝去という悲しみに包まれた2019-’20年秋冬シーズン、モードはひとつの転換期を迎えました。ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリ。4都 市のコレクション取材を通して、来たる2020年代、ファッションに必要なのは服 に、そして人に対する「愛」であると思いました。いまSPURが心の底から愛を叫 びたい服を、デザイナーを、トレンドを紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  日差しが強い今日この頃。うっかり「灼けちゃった!」という人も、心配しないで大丈夫。実はモードな人から、ほんのり小麦肌に移行中なのです。今までの、セクシー&ヘルシー一辺倒だった日焼け肌のイメージを覆す、モードな「TAN BEAUTY」を新たに提案します。日焼け肌に似合うアイメイク、リップ、チークがわからない!という方は必見です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  あなたには、「この色がないと、メイクアップが決まらない」というコスメティックスはありますか? 本特集では、美にこだわる15人の指名買いプロダクトを徹底取材。毎シーズン新しい製品が次々と発売されるなか、それでも変わらずに使い続けているものとは? どうしても譲れない「色・番・指・定」アイテムだけをお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  白髪に薄毛、うねりや乾燥、ボリュームのなさ、など年齢を重ねるごとに髪にまつわる悩みは増えていきます。ですが、安心してください! ヘアケアは近年目覚ましい進化を遂げ、遺伝子レベルでアプローチする時代に。ケア次第でエイジレスヘアが手に入る時代がすぐそこまできているんです。本特集では、最新プロダクトから、ヘアケアの悩みに答えるQ&Aまでを特集しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 「透ける服って、今年はどう着る?」「色を取り入れるには?」「キラキラヘアアクセ、大人ならどうします?」……SPUR7月号では、今年のトレンドに関する10の「どうする?」 にスタイリスト丸山佑香さんに力強く答えてもらいました。スタイリングを見ていて、編集担当が真っ先に買いに走らねば!!と思ったのは「シアーなハイソックス」。10体のスタイリングのうち、なんと3体に様々な色の"透けるソックス" を使用。例えばこのルックはボーズライクなハーフパンツに、黒のハイソックス を。それだけで急に、スタイリングにツヤっぽいムードが加わるのですよね。大人の夏のハイソックス使い、おすすめです! SPUR7月号「夏のT(トレンド)10サミット」を試し読み(外部サイト)
  • 7月号「ジーニアス・バッグを探せ!」ではリアルプライスで手に入るバッグをささやかなお悩み別でご紹介しています。日頃、悶々と抱えていた願望に合わせ、「そうそう、分かる!」と深くうなずきたくなる選りすぐりがずらり。ほぼアクセサリーのような極小バッグや、カジュアルになりすぎない大人のためのサブ・トートバックなど多彩です。 扉の写真は雲の形に切りぬいたボードとバッグを一緒に撮影。日々感じていたニーズに答えてくれるバッグが「お告げ」のように雲に乗って、皆さんのもとに降りてくる様子をイメージしました。気軽にワードローブに取り入れやすい、手が届く相棒とともに、新しいスタイリングにぜひ挑戦してみてください。 SPUR7月号「ジーニアス・バッグを探せ!」を試し読み(外部サイト)
  • ボーイッシュな着こなしを”甘い白”や”レディな小物”でONモードに!デスクワークが溜まってる週始めはカジュアルなパンツコーデに限る! カーキTシャツ×ブラウンパンツのトレンド配色同士なら、簡単ワンツーだってとびきり今っぽくなれる。お仕事コーデにTシャツを使う日は、さりげないきれいめ感やほんのちょっとの女っぽさが大事♡ だから今日は首もと&袖口から白レースをのぞかせてTシャツを可愛げアレンジ。ビッグモチーフのピアスや華奢なサンダルでレディなポイントも作れば、ホラ、ちゃんとONモードに!Tシャツ¥6000(MACPHEE)・バッグ¥48000(ラドロー)/TOMORROWLAND パンツ¥13800/ビショップ(ダントン) ブラウス¥7500/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 靴¥43000/アルアバイル(バルダン) ピアス¥4000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(ランドシヌール)内田理央の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/石上美津江
関連キーワード

RECOMMEND