【今日のわんこ】太郎くんは、長い舌で自分の鼻をぺろんしちゃう♡

DAILY MORE
鼻が気になるのか、自分の長い舌を使ってぺろんとする太郎(笑)

「ぼくの舌そんなに長い~? ぺろん」

■名前
太郎くん

■性別
男のコ

■犬種
チワワとマルチーズのミックス

■生年月日
2012年3月8日

■性格
社交的で人も犬も好き。ちょっぴり食いしん坊だけど、ママの言うことをよく聞きます

■特技
ママの手の指示でシット&ダウンする。セラピードッグとしてお膝にいいコに座ることができる

■好物
ドッグフード、さつまいも、ヤギミルクのチーズ棒

■マイブーム
お散歩で乾燥したミミズさんを見つけてスリスリすること(笑)
 
■チャームポイント
くりくりの目と、ツインテールしたみたいな耳

関連記事
  • 見た目もほっこり。あっかたゴージャスなエコファーコート。寒さが厳しくても気分のアガるご機嫌アイテムです。かれこれ24年通勤している京都は3月下旬まてみっちり底冷え。「寒い」ではなく「冷たい」という表現がピッタリです。例年気温の低い日はダウンコートやインナーダウンで寒さ対策をしていますが、今年はSALE戦利品エコファーコートのおかげで脱マンネリ。選択肢が増えたのも嬉しいですが、ファーのゴージャスさに気分アゲアゲです。(←死語ですね。笑)流行りのテディコートっぽいシルエットもお気に入り♡インナーのニットとパンツは随分前に購入したものですが、スカーフとブーツは今年のSALE戦利品。コートの色がネイビーなので、カジュアルなアイテムにも馴染みます。カラーで遊んでも纏まるのはネイビーマジック。コートの首元がゴロゴロするのが苦手なので、タートルネックかスカーフを巻く事が多いです。次なる課題は小物で変化を楽しむ事。簡単そうで難しいこの課題。毎年目標にしていますが2019年も目指せ小物上手!で行きたいと思います。美女組No.93ゆっきーのブログ
  • 先月、もうすぐ引っ越しするわたしのためにクリスマス会は盛大に、と姉夫婦がシズラーに連れていってくれました。 住んでいる最寄駅にシズラーがあり、2、3度ひとりでモーニングビュッフェに、ランチにも1度来たことがあります。 モーニングビュッフェもさることながらランチのプレミアムサラダ―バーも最高です! そしてプレミアムサラダバーを注文するとチーズトーストを持ってきてくださいます。 シズラーのサラダバーがすごいのは、タコスだって作れますし、ナチョスにかけるチーズだって熱々です。アボカドディップに熱々のチーズ、そしてとろけるチーズまで。 おいしくないわけがない!サラダバーがこんなに充実しているものだから、サラダバーのみでもお腹も十分ふくれます。 今回はメイン料理も! 【シーフードオールスタープラッター】 ・ヤリイカのフライ ・ロブスター ・シュリンプグリル ・エゾアワビ なんて豪華なんだ! こんなに大きなロブスターすばらし。 奥中央のマッシュポテトは高さもあって2人でも食べきれない量でした。 見た目、味も豪快な料理をこれだけ豪快に食べるって気持ちいいです! シズラーですが、東京都内をはじめ横浜にもお店があるようです。 シズラー店舗モーニング利用でもぜひぜひ行ってみてください^^vインスタ登録しました~モアハピ部 No.366 Yumiのブログ
  • 潤う門には福来る。いつでもうるうるな唇にするためのテクニックをBBB(バイラビューティブレインズ)に伺いました。保湿ワザに学んで、みずみずしい唇にしよう!【Lip】カピカピ唇をウルウルにするには?LA CARPE代表 新井ミホ/美容ジャーナリスト 木更容子 「いつもポケットにリップ」 「プチプラリップを、家のいろいろなところに置く」(新井さん)、「バッグやポーチに複数持ち」(木更さん)。(右から)「メイクに響かず、しっかり潤う」(木更さん)。マキアージュ ドラマティックリップトリートメント EX 4g ¥2000(編集部調べ)/資生堂 「手頃な価格のオーガニック」(新井さん)。アルジェラン オイル リップスティック(ネロリ&オレンジ) 4g ¥555/カラーズ美容家 小林ひろ美 「唇に角質ケア」 「マメに保湿しても乾くのは、唇の皮膚の生まれ変わりのリズムが滞っている証拠。リンゴ酸配合のリップバームで、保湿しながらやさしく角質ケアを」。セブンフロー ハーバルリップ 8g ¥2800/美・ファイン研究所松倉 HEBE DAIKANYAMA院長 貴子 「ベタつきが苦手な人にも」 「乾燥や荒れからガードしてふっくらリップに。血行を促すビタミンPを配合。エッセンスタイプなので、ベタつきが苦手な人にもおすすめです」。スノウ ザ リップ 15g ¥3000/松倉クリニック代官山美容ジャーナリスト 小田ユイコ 「カピカピ唇を今すぐウルウルに」 「カピカピになった唇を今すぐウルウルにしたいときは、ヘレナのリップ用オイルでラッピング。ベタつかず、ルージュを重ねてもきれい」。リプラスティ R.C. リップソーク 6.5㎖ ¥8200/ヘレナ ルビンスタイン撮影/さとうしんすけ 取材・原文/長田杏奈 ※2019年BAILA2月号掲載
  • ゆるふわ白シャギーは、甘さ控えめで大人にイメチェン!▼着回したのはこれ!▼白いシャギーニットのふわふわ軽い風合いは、冬ならではのお楽しみ。広めのデコルテあきと、ゆったりしたシルエットで、ゆる可愛く着こなしたい。 ニット¥6000/MERCURYDUO◁スライドでコーデをCHECK!▷スポーティー小物合わせで辛口こなれ感 絶対的にフェミニンな白シャギーニットを、キャップ&スニーカーのスポーティー小物でカジュアルダウン。スカートも、トレンチ風デザインで辛口方向にコーディネート。 スカート¥2990・キャップ¥1990/ライトオン(BACK NUMBER) バッグ¥6400/RANDA スニーカー¥12000/コンバースインフォメーションセンタージャンスカ合わせで、細見えシルエットに ニットのふわもこ感を、細身でタフなデニムのジャンスカで細見せ。 ジャンパースカート¥13000/ココ ディール ヘアターバン¥1600・イヤリング¥1000/お世話や(Osewaya) バッグ¥5900/アンビリオン(カシュ カシュ) 靴¥21200/モーダ・クレア(マーガレット・ハウエル アイデア)ボーイッシュな素材、たとえばコーデュロイと 古着っぽいコーデュロイパンツが、ふわモテニットに抜け感を補足。 パンツ¥21000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥3250/merlot パンプス¥22000/サン・トロペ(セヴン・トゥエルヴ・サーティ)他の画像を見るモデル/泉はる 撮影/山本雄生 ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/東原妙子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー
  • 「パリとミラノのマダムたちの間でも、ワントーンコーデへの支持はやっぱり厚くて、そしてとても上手。目にとまったのはワントーンのキーカラーがそれぞれ異なっている、おしゃれ上手な4人のマダムたち。ワントーンは間違いのないスタイリングゆえ、ついマンネリ化もしやすいので、こんな"ひとひねり"あるスタイリングは参考になると思います」と話すのは、スタイリストの徳原文子さん。パリ&ミラノマダムたちの着こなしを解説!スタイリスト徳原文子さん 『Marisol』『éclat』と幅広い年齢層から信頼され、ファンも多数。徳原さんの手がける、洗練された大人のフェミニンスタイルの企画は、エクラ誌面でも毎度読者からの反響大!1.アレクサンドラ (ファッションディレクター・パリ)「ブルー系の大判スカーフを無造作に巻いてポイントにしたワントーンコーデ。立体感もツヤ感も加わって、シンプルなのに華やか。即、お手本になります」(徳原さん)。ニ2.ファティマ (プロデューサー・パリ)「絵になる美しいマダムは、黒のワントーンをカジュアルダウンさせるデニムのチョイスが素敵。シャネルのチェーンバッグがアクセサリーがわりに」(徳原さん)。ダメージ感のある黒デニムにセリーヌのタートルネックセーターを。上からまとったコートはコスのもの。ハットからサングラス、ブーツまでオールブラックのマダムは、斜めがけにしたシャネルのチェーンのミニバッグがアクセントに。3. ナタリー (デザイナー・パリ) 「エッグシェルホワイトから、ピュアホワイトまでの白の色幅を使いこなすセンスは見事! 髪の色までもがワントーンコーデの一部になっていて素敵です」(徳原さん)。白Tシャツに合わせたパンツも、トレンチコートもいずれもヴィンテージアイテム。ルージュの小ぶりなレザーのハンドバッグと、足もとに抜け感をつくっているアディダスのスタンスミスの白がさらに全身の明度を上げ、印象的な着こなしに。他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
  • コート¥13800/REDYAZEL ルミネエ スト新宿店 ニット¥1590/ WEGO パンツ¥4900/Roomy’s イヤリング¥4200/キャセリーニ ブーツ(一部店舗のみ販売)¥3990/GUカジュアルになりがちなダウンジャケットも、くすみピンクにショート丈、ショールカラーの女子っぽディテールを選べばこんなにガーリーな雰囲気に。ボルドーパンツとの甘色ワントーンできれいめに着こなして。ブーツは黒よりブラウンがお似合い。モデル/新川優愛 撮影/伊藤大作(The VOICE) ヘア&メイク/KITA(Nord) スタイリスト/立石和代 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶スカートコーデ記事一覧はコチラ
  • ひと塗りで旬のモードメイクが実現する、色と質感をわがものに。日々多くのカラープロダクトに触れるアーティストの審美眼にかなった、「これなくしては始まらない」惚れ込み名品を一挙公開。小田切ヒロさん⇒SHISEIDO/モダンマット パウダー リップスティック 522「パウダーのようなふんわり感がありながら、しっとり湿度があり唇の上でとろける。この今までにないテクスチャーが、モード感に直結。エッジのきいたマット質感なのにまったく乾かず、重ねても重さが出ないので、思いどおりの発色密度をかなえられることにも感動! マットリップが苦手な人でもトライしやすいはず」。¥3,600/資生堂インターナショナルMICHIRUさん⇒rms beauty/ルミナイザークワッド「メリハリのきいた輝き、肌なじみのいいヌーディカラー、華やかなホワイトオパールに、ほんのりピンクがかったシャンパンローズ。4色の繊細な輝きをセットにした、自然な艶と立体感を演出するパレット。仕込んだり重ねたりはもちろん、ファンデーションやリップに混ぜたりといろいろなシーンで活躍。内側からにじみ出ているぬれたような艶は唯一無二」。¥6,200/アルファネット松井里加さん⇒SUQQU/ グロウ タッチ アイズ 05「大小のパールがキラキラと旬な輝きを放ち、目もとに立体感を与えてくれるリキッドシャドウ。まぶたの中央にポンッとダイレクトにのせて、指やチップでさっと広げるだけ。とにかく簡単でパーフェクトな発色。ひと塗りでぴたっとヨレず、ぬめっと輝く質感がまる一日長持ち。05の肌になじむクールなピンクは、どんなシーンやメイクアップにも似合う万能色」。¥3,700/SUQQU耕 万理子さん⇒ルナソル/ モデリングフェースコンパクト 01「立体感マニアの私がイチオシなのは、スキントーンになじむニュアンスチーク、ほんのりとした艶のハイライト、影になりきるシェードがひとつになったコンパクト! 色・質感・仕上がりのすべてが、限りなく自然。薄膜&薄づきでスッとなじみ、あたかも自身の陰影のような、絶妙な仕上がりに。このさりげなさ、すべての女性にオススメしたい」。¥5,000/カネボウ化粧品Rie Shiraishiさん⇒クリスチャン ルブタン/タッパロイユ マットヌード アイカラー マリザ 455「オイルジェルベースのリキッドアイカラーなので肌になじみやすく、マットなヌードプラムブラウンで、一気にモードなまなざしに。一度乾いたら崩れ知らずなので、アイシャドウとしてはもちろん、リキッドライナーとして使っても。美術品のようなフェティッシュなボトルの美しさで、メイクルームにあるだけで気分が上がる」。(7㎖)¥7,000/クリスチャン ルブタン岡田知子さん⇒NARS/シングルアイシャドー 5313「ブラウンシャドウは山ほどあるけれど、こんな黄み系のモードなオレンジブラウンをずっと探してた! いつものブラウン感覚でどんなリップ、どんなテイストのメイクアップにも合わせられるし、単色で塗るだけでサクッと旬のおしゃれ顔になるオツなカラー。乾燥したまぶたにもしなやかになじんで、しっかりと発色するマットテクスチャーも言うことなし」。¥2,500/NARS JAPAN村松朋広さん⇒THREE/ アルカミストツイスト フォーアイ 04「絶妙な色合いのブルーグレーは、テクニック不要の一色使いでモダンな目もとに仕上がる旬のカラー。マットな質感の中にスーッとなでると繊細なきらめきが現れるテクスチャーも素晴らしく、派手になりすぎずどんな肌、どんな表情にもなじむ。普段ブルー系のアイシャドウに苦手意識がある人にも試してほしい、ひと塗りで透明感あふれるプロダクト」。¥3,500/THREE中野明海さん⇒リンメル/ プリズム パウダーアイカラー 018「今季、何度使ってもフレッシュに感じた、マットなワインレッド。まぶた全体にきれいに薄くぼかすのもよし。細い平筆で目尻にシャドウラインとして使っても和に転ばず、モード&モダンな香りに仕上がるのが魅力。パレットを買い足さずとも、プチプラの単色シャドウ一個で今の顔に。欲しかったものを最高のタイミングで出してくれるのはさすが」。¥800/リンメル>商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年2月号「平成最後のベスト・オブ・ビューティ」photography: Mitsuru Kugue text: Anna Osada logo design:Yutaka Kato 
  • アラサーになると気になりはじめる肌のくすみ……。 実はこのくすみ、スマホのブルーライトによる乾燥ダメージや、下向き無表情顔など、現代ならではの行動も原因なのだそう……。(ビューティエディター・マリリン) アンドミライ スキン アップクレンジングオイル 100mL ¥1500(税抜) ファンケルの「アンドミライ」は、現代のアラサーのためのスキンケアブランド。スマホのブルーライトによる乾燥ダメージや、下向き無表情顔によるハリの低下に着目し、透明感のあるハリツヤ肌に導くアイテムが揃います。 新作のクレンジングオイルもまた、多忙なアラサーにうれしい処方。 メイクも毛穴汚れもささっと一掃してくれ時短ケアが叶うのはもちろん、桜発酵チャージ成分やハトムギなどが、角層を柔軟にしつつブルーライトによる乾燥ダメージをケア。さらに毛穴に詰まった角栓を溶かしてくれるなど、洗うたびに透明感のある肌に導いてくれるのです。   使用後に洗い流すときもオイル特有の残り感がなく、さっと落とせて便利! 肌リスクの多い現代だからこそ、そんな状況に対応してくれるコスメを選びたいですね♪(ビューティエディター・マリリン)   DEBUT || 2019年1月17日(木) BRAND || アンドミライ ITEM || スキン アップクレンジングオイル CATEGORY || クレンジング KEYWORD || #ブルーライト #毛穴汚れ #乾燥ケア PRICE || 100mL ¥1500(税抜) TEL || ファンケル(フリーダイヤル)0120-35-2222 HP ||  アンドミライ (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
関連キーワード

RECOMMEND