≪兵庫県・淡路島≫玉ねぎが主役!全国1位・あわじ島バーガーが美味♡

DAILY MORE

旅行に行ったら、その地域のご当地グルメを食べるのも楽しみですよね!

淡路島のこだわり素材たっぷりだから...全国ご当地バーガー 1位受賞☆

全国ご当地バーガーグランプリ、一般投票1位に選ばれたというので淡路島に行ったら絶対に食べてみたかったグルメ。

あわじ島バーガー・淡路島オニオンキッチン
【あわじ島オニオンビーフバーガー】
主役はタマネギ!淡路島のタマネギは甘くておいしいんですよ~
そのタマネギをオニオンフライにし、淡路牛のパテをはさんだバーガー。
衣がサクッと、中からとろとろ甘いタマネギがジューシーで美味!!

さらに、1位だけでなく2位受賞したバーガーもあるんです!
【あわじ島オニオングラタンバーガー】
オニオンビーフバーガー同様にオニオンフライとグラタンなので淡路鶏と淡路島牛乳のソースがたっぷりかかったバーガー。
タマネギの甘さがより感じられてほっこり、美味!




その他お勧めバーガーは・・・
淡路島牛のビーフカツバーガー♡

数量限定。
神戸といえばビーフカツ!だったら淡路島のブランド牛のビーフカツも食べてみて~











番外編☆

ハンバーガー店の横で販売されているソフトクリームもぜひ食べてみてくださいね!

ただのソフトクリーム...ではありません!
【たまねぎソフトクリーム】
淡路島特産のタマネギがたっぷり入ったソフトクリーム。
タマネギの味するんだけど、、どこか食べたことあるような味、、、

ぜひ食べてみてください!



モアハピ部 No.396 miRaiのブログ

関連記事
  • フードライター・広沢幸乃さんがセレクトした9種類のスイーツと、コーヒーのマリアージュ♡世界中から良質のコーヒー生豆を選び抜き、6種類のブレンド豆を中心に販売している「TORIBA COFFEE」。MORE編集部で仕事の合間の癒しとなっているコーヒーも、「TORIBA COFFEE」の豆なんです:)そんな「TORIBA COFFEE」の銀座店では、毎月様々なジャンルのヒト・コトとコラボしたポップアップイベントを行っているそう! 2月のテーマは、「COFFEE × SWEETS ~やっぱりコーヒーは主役じゃない~」。MOREでも活躍中のフードライター・広沢幸乃さんが、9種類のスイーツをセレクト。『ロワール』の「ブランデーケーキ」や、イタリア『ピエトロ・ロマネンゴ』のチョコレートなど、普段は購入することのできない絶品スイーツが集結しています。特におすすめは、2月限定で販売中のシーズナルコーヒー「COFFEE × SWEETS」とのマリアージュ♡ 深入りなのにスッキリとした味わいで、スイーツとの相性が抜群に良いコーヒーだそう♡♡ 1杯100円の「テイスティングコーヒー」などもあります♪店内で味わってもよし、持ち帰って家で楽しんでもよし。厳選されたスイーツとコーヒーを、ゆったり味わってみてはいかがでしょうか♡■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■「COFFEE × SWEETS〜やっぱりコーヒーは主役じゃない〜」期間:〜2/28(木)時間:平日 11:00-21:00、土日祝 11:00-19:00場所:TORIBA COFFEE住所:東京都中央区銀座7-8-13 Brown Place 1F→「TORIBA COFFEE」公式サイトはこちらから
  • 近年は、カジュアル派だけでなくきれいめ派もコーディネートに取り入れるなど、すっかり大人女性の定番アイテムとして定着したスニーカー。 2019年春は、トレンドのダッドスニーカーや春らしいきれい色カラー、メタリックな艶感が高見えするスニーカーなど、定番アイテムだからこそ新鮮さを取り入れアップデートしませんか? 【enchanted (エンチャンテッド)】には、トレンド・春色はもちろん、軽くて履き心地の良さが自慢のスニーカーが揃っています! 今日はその中からおすすめのスニーカーをご紹介していきます♪ ※ご紹介する商品の中には、一部予約商品が含まれています   enchanted/ベルクロダットスニーカー/¥10,000+税 春も引き続き人気継続中のダッドスニーカー。 厚底ソールがボリューム感ある足元を演出し、いつものスタイリングにプラスするだけでトレンド感&おしゃれ度がグッとあがります! ボリュームのあるシルエットは、コーディネートにも取り入れやすく、ワイドパンツやスカートと合わせるなど幅広く活躍してくれるアイテムです★ 【片足の重さ】236g   enchanted/SNEEKE by.enchanted ベルクロラインメッシュニットスニーカー/¥7,900+税 ベルクロラインメッシュニットスニーカー。 ベルクロラインのデザインが印象的なスニーカーは、メッシュニット素材で通気性に優れ柔らかな履き心地。 紐が無いすっきりとしたデザインが特徴のため、カジュアルだけでなく通勤やきれいめスタイルにも合わせやすいデザインです♪ 軽くて疲れにくいので、デイリーからウォーキングやアクティブなレジャーシーンまで多彩に活躍してくれる一足です、 【片足の重さ】172g   enchanted/SNEEKE by.enchanted リブニット軽量スニーカー/¥7,900+税 大人気のエンチャンテッド メッシュニットスニーカーが春カラーになって登場!! 飛んでいるような軽い履き心地と伸縮性のあるニット素材なので、足にフィットしやすく歩きやすいのが魅力★ 軽量なので旅行時のお荷物にプラスしたり、ウォーキングや長時間履くお出かけなどにもおすすめです。 春らしい明るめカラーやベーシックカラーが揃っているため、この春一足は持っていたいアイテムですよ♪   enchanted/エアソールニットリボンスニーカー/¥9,800+税 今年注目のエアソール仕様のニットスニーカー。 スポーティーな雰囲気に偏りすぎないように、リボン見えするシューレースでフェミニンさをプラス。 フィット感もよく、軽くて履き心地のいい一足です。 写真のベージュの他、目立ちすぎずコーディネートに馴染むグレーもご用意★大人女性におすすめのカラーです!!     enchanted/エアソールフロントゴアニットスニーカー/¥9,800+税 包みこむようなソフトな質感のメッシュニットスニーカーが、今年らしいエアソールで登場★ 軽量でとっても歩きやすいのも嬉しいポイントです。 ぱっと目を引くフロントのゴムデザインが、シンプルすぎず程よいポイントに。 メタリックカラーは思いのほかコーディネートに馴染み、より足元をすっきり見せてくれます。   定番アイテムのスニーカーだからこそ、春仕様にアップデートして足元からトレンドを取り入れてみるのがおすすめです★ ◆◆その他、【enchanted (エンチャンテッド)】スニーカーアイテムはこちらからチェック◆◆
  • この所、忙しくて体調がイマイチ。という日がありませんか。あまり自分がお出かけ出来ない時に人から頂くお土産は、数倍嬉しい!!ものでした。最近嬉しかったのは、京都の和菓子。 綺麗な包装紙が多くて、眺めているだけでワクワクします。 思わず取っておきたくなる。上七軒の老舗和菓子屋「老松」もその一つ。 わらび餅の包装紙には美しいわらびの絵。 少しずつゆっくり開ける楽しみがあります。 きな粉と黒蜜がたっぷりのわらび餅。 弾力もあるモチモチ感と、程よい甘みのマッチング。 もう一つは、こちら。 一本ずっしり。「ふじ吉」の丸々の鯖寿司。 笹の葉に包まれているのがいい感じ。身のしまった肉厚の鯖がシャリの上にでん!と乗ってる。 切る時の楽しみと口に入れた時の旨味の広がりは、たまらん! お店のことを想像しながら、自分が旅行に行ったかのような感覚。 いつかお店に行きたな〜と思いは募るけれど。 お土産はいくつになっても心をワクワクさせてくれる宝物♪ 私もそんなお土産探しをしていきたいと思います。美女組No.15りょうぞうのブログ
  • こんばんは★ TOKYO PANDAです。久しぶりに日本に帰ってきたので、今年は国内旅行を楽しもうと思っています。まだまだ知らないことだらけの日本。全国のいろいろな場所へ行って、自分の想像を超える日本に出合えることが楽しみです♪ということで、私が訪れたご当地情報をお届けします!「日本一のおんせん県」としても有名な大分県へ!今回選んだのは大分県。古くからの友人が大分に住んでいることもあり、初大分体験をしてきました。山々に囲まれ、川が街並みに溶け込み、それだけでも癒されるのですが、大分県は「日本一のおんせん県」としても有名ですよね。湯布院など素朴で素敵な温泉街を探索するのも楽しいですし、車をびゅーっと走らせて自然の中にあるカフェでゆっくりと過ごす時間もとても贅沢です。そんな大分県でおすすめのカフェをご紹介します。ロールケーキが大人気のカフェ♡ 「the theo」(湯布院)まずご紹介するのは、湯布院の山里にある美術館「アルテジオ」の中にあるカフェ「the theo」です。ここでは手作りショコラのお店「テオムラタ」のショコラやケーキを楽しむことができます。▲カフェ「the theo」の中はこんな感じ! 解放的で落ち着いた空間です▲和の雰囲気が素敵な「テオムラタ」の入り口▲美術館「アルテジオ」のエントランス。とってもオシャレ!ここ「アルテジオ」には、カフェ以外にも宿泊施設や雑貨のセレクトショップなども併設されていて、とにかくオシャレ! 「山荘無量塔」は湯布院の名宿のひとつということで、私もぜひ一度泊まってみたいです。“娯楽は人々に再創造するエネルギーを与えるものでなくてはならない”と、オフィシャルサイトに書かれてある通り、創造のパワーに満ち溢れているような雰囲気のある場所でした。「テオムラタ」の手作りショコラは大人の手土産にもぴったり♡ チョコレートを購入しつつ、カフェでイチオシのロールケーキをいただきました♪ このロールケーキ、本当に人気で午後には完売してしまうそうです。竹林の中にある古民家で食事を楽しめる「大はら茶屋」(日田市)次にご紹介するのは、日田市にある和食料理店「大はら茶屋」です。なんと、お店が竹林の中にあるんです。天に向かって美しく伸びる竹の間を抜けていくと古民家を改装した母屋が見えてくるんですが、その入り口だけでもうすでに素敵な場所でした。▲風情あるこの門からお店へ続く竹林へと入ります▲天に向かって美しく伸びる竹の奥に「大はら茶屋」がありますこちらでは「花てぼ弁当」という、籠に入ったお弁当をいただきました。見てください、この美しい色合い! 地元でとれたお野菜や山菜をたっぷりと味わえます。ちなみに「花てぼ」とは、日田地方で使われている柄のついた丸形の竹籠のこと。野山に山菜採りへ行くときに、おにぎりやお惣菜を詰めて持っていくのだそう。そんなお弁当をこんなふうに体験できて、なんて贅沢な時間なのだろうと感じました。お料理に使用している「マルマタ醤油」やお味噌も絶品! お土産にもオススメです。大分県には、まだまだたくさんの素敵なカフェがありました(涙)。他にも行きたい場所がいっぱいあるので、時間ができたらまた九州に行きたいです♪これから日本全国いろいろなご当地情報をお届けするので、旅行を計画しているモアガールの皆さんの参考になると嬉しいです♡ TOKYO PANDA 中国、台湾在住を経て、17年ぶりに日本へ帰ってきたブロガー・TOKYO PANDAが見つけたかわいいもの♪ 美味しいもの♪ 時たま恋愛話?! をご紹介☆ 留学中に開設したブログが中国全土で注目を集め、日本でも多くのTV番組に出演。現在は子育てをしながら、オンラインセレクトショップを運営しています。
  • 3/3(日)、『ホテル ユニバーサル ポート』にかわいすぎるコンセプトルームが誕生します♡ 旅行が大好きな私、ライター愛ちあんが今大阪に行きたい理由。それは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン・オフィシャルホテル『ホテル ユニバーサル ポート』に行きたいから。3/3(日)に誕生する新しいコンセプトルーム「Girlyルーム」に泊まりたすぎるんですっ!おしゃれに敏感で、好奇心あふれる大人ガールたちのために作られた「Girlyルーム」のコンセプトは、"邸宅の一室にあるワードローブ(衣裳部屋)"。ピンクを基調とした空間には、美しいシャンデリアや可愛い小物など、“このままここに住みたい!!”と思うほどに女子の理想がギュッと詰まっています♡♡客室限定アメニティとして用意されているのは、【すべては女の子の“かわいい”のために。】をコンセプトとする『ジルスチュアート』のバスアメニティ。アロマティックホワイトフローラルの甘く幸せな香りに包まれながらのバスタイムは、至福のひとときになるに違いない♡他にも『パナソニック』のフェイシャルスチーマーやヘアードライヤーをはじめ、キュートなマッサージクッションなどが。癒しとくつろぎと美を叶えるとっておきのアイテムが豊富にそろえられています。またオープン当日の3/3限定で、「雛祭り限定特別プラン」という名の特別プランも登場。 1室につき1本のロゼスパークリングワイン(750mlボトル)と、旬のいちごやルビーチョコレートを使用した華やかなウェルカムスイーツが、宿泊人数分ついてくるんです。しかし、残念ながら2/17時点で「雛祭り限定特別プラン」の予約はもういっぱいのよう(涙)。 もしキャンセルが出た場合は予約できるそうなので、サイトで状況をチェックしてみて。4名1室朝食付で1人9500円からという良心的な価格にもビックリ&感動。大阪女子旅のお泊まりは、もう「Girlyルーム」以外考えられないっ♡→「Girlyルーム」の予約や詳細は公式サイトから
  • 魚だけじゃない? 男たちの缶詰愛 男はサバ缶もイワシ缶も好き。 ちょっと懐かしい?缶詰にまつわるあれこれを熱く語ってみました。 東北旅行のおみやげ 息子ファーストな妻が旅行先で“息子のために”買った「いちご煮」。そのうち味見しようと画策中です。 貝のオイル漬けがつまみ カキ、ムール貝、つぶ貝などのオリーブオイル漬けが好き。中でもレモン味がどんなお酒にも合うのです。 瓶詰でもいいですか? 今回の特集の影響でオイルサーディンにはまり、缶から瓶詰に到達。オメガ3脂肪酸のマークが誇らしげ。 サバ水煮LOVE♡ 決してブームに乗ってじゃないですよ。みそ煮も捨てがたいが、やっぱり水煮派。わが家でもサバ缶が定番です。 サキ:今月の「魚料理は缶詰におまかせ」特集(LEE3月号 P.142)、どれもおいしそうなんだよね。 ぷー:僕はさっそくフライパンピラフを作りました。パエリアみたいで簡単にできます。 サキ:出てくる缶詰が手に入れやすいのがまたいいんだ。子どもの魚嫌いも減らせるかも。 父K:おお。イワシの蒲焼きなんて、ひとり暮らしの頃、何度お世話になったことか。 ミツ:うちもサバの水煮缶は妻が常に常備していて。おつゆに入れるとおいしいんですよ。 サキ:へえ、やってみよう。 ぷー:サバの水煮は生の状態で缶に詰めて熱を加えるから、汁にも栄養が入ってるんです。 父K:すげえ! 詳しいね。 ぷー:って、林修先生のテレビで言ってました。 サキ:今回は3つの魚だったけど、今は本当におしゃれな缶詰多いよね。一時期、缶詰バーも取り上げられてたじゃん。 父K:缶詰というと、哀愁がある感じでしたけど、今はアヒージョとかありますよね。 ミツ:ガパオチキンってのもあるらしいですよ。タイ産の。 ぷー:デザインもしゃれてて、かわいいサバ缶もあるしね。 ミツ:昔、玉置浩二のドラマでサバ缶なかったですか? 父K:サバカレーだ! 千葉で野球やるやつでしょ。 ぷー:それざっくりしすぎです。あと20年くらい前だから! サキ:そういえば熊カレーもあるよ。もらったことあるな。 父K:野生動物の味? サキ:うん、けものっぽい。 ミツ:コンビーフは食べます? サキ:こないだ久々に食べたら、意外とおいしかった。 ぷー:僕も時々食べます。サンドイッチにするとうまい。 ミツ:あの「コン」って何? 父K:あれって何だろう。細かく砕いてある感じかな。 サキ:ちょっと待って。(検索して)塩漬け肉で「コーンドビーフ」からきてるみたいだ。 ぷー:ためになる。 父K:あ、急に思い出した。赤飯の缶詰食べたことない? ミツ:そんなのあるんですか? 父K:自衛隊のミリ飯なのかな。うち、親が働いてたから。なんのラベルもない缶に「赤飯」って書いてあるだけの。 ぷー:それ、僕も自衛官の親戚から聞いたことあります。 サキ:腹もちはいいよな。保存可能なおにぎりみたいなもの? ミツ:そもそも缶詰って、いつまで食べられます? 10年? 父K:缶が腐らなければ平気? ぷー:一応、期限はあるよ。 ミツ:そうだ、防災訓練で保存食配ったら、期限切れでトラブルって話聞いたことある。 ぷー:なんかかわいそうだな。 父K:期限が迫る備蓄用のを放出するつもりだったのかも。 ぷー:そう言われると、うちのも切れてる気がしてきた。 サキ:非常時には食べるだろうけどね。見直す機会として各自、自宅のを確認してみるか。 一同:賛成!  
  • ハワイへの旅を考えるとき、何度か行ったことのある人なら、今度はどこに泊まろうか、あの店にも行ってみたい…と考え始めるだけで浮き立つ気分に!そんなとき、「大人だったら、こんな過ごし方や楽しみ方のスタイルもあるよ」と、そっと耳打ちしてくれるような本が、『大人心の、気ままなハワイ』。暮らすように旅をする、というサブタイトルも、時間的&気分的にゆとりが出てきたOurAge世代の心に甘く響きます。プルメリアのレイが印象的な表紙。ハワイではお祝いや挨拶代わりにあげたりもらったりするものですが、5月にはレイデーというフェスティバルがあって、市民が力作を競い合う「レイ・コンテスト」もあるのだそう。 『大人心の、気ままなハワイ』田中真理子著 小石川書館 本体¥1600+税ところで「暮らすように旅をする」という言葉、ゆったりと肩の力が抜けた感じで憧れますが、実際にはどうすればそんな風に過ごせるのでしょう?漠然とした疑問に、ページを繰るたび、著者ならではの「暮らすような時間」が披露されていきます。お気に入りの拠点はオアフのノースショア。気が向くとバスや車であっちこちお出かけ。好きなところに好きなだけ時間をかける、欲張りすぎないという贅沢な大人の旅。「そう、こういう過ごし方をしてみたいの!」と共感できるポイントがたくさんあるのです。マーケットで大束で売られているクレソンを見て喜び、その日は早速おひたしやらに料理して、野菜好きの夫とクレソン祭り。わっおいしそう~、ナムルも試してみたい!公営ゴルフコースでひと汗かいた後は、レモネードを飲んで定番おかずのカレーを買って帰る。こんな気軽な感じでスポーツできるなら、私だって!隣町の歴史ある“ちいさい図書館”へ行き、ハワイアン・ノンフィクションコーナーで本を探す。誰にも邪魔されず静けさと趣味にひたれるなんて、至福すぎるひととき!著者が選んだハワイでのロングステイ先は、バケーション・レンタル(バケレン)。バケレンとは、マンションや戸建てのオーナーたちが、自分たちが利用しない期間、貸し出している物件のことです。そんな物件がたくさん登録されているサイトから見つけた一室が自分たちの気分にぴったりだったのだそう。そういったバケレンの選び方から街やビーチの散歩、おいしいもの、フェスティバル、手作り教室の体験談etc.必要なものにはアドレス紹介もついています。そのどれもが、出会った(見た)人を愛情たっぷり目線でとらえた描写や、会話の端々から仕入れたようなプチネタ付きでおもしろく、そこも大きな読みどころ。クスッとつい笑っているうち、著者のおおらかな人柄に引き込まれていきます。レイ・デーのフェスティバルで、おばあちゃんたちが自慢げに作っているオリジナルのレイをウォッチしているうちに、自分もいつかココの人になりたい、と妄想…。思わず植物園で開催されているレイ・メイキング教室に参加。これはその時の初めての作品。多少曲がっていても全然OK、こんなの作ってみたい!ヴィンテージショップのおじさんは「いつもかわいいおしゃれしてる」と密かに注目。着眼点にクスリ。ハワイや太平洋にまつわる古物好きな人やコレクターの間で有名なお店で、思わず財布のひもが緩む自分をゆるしてしまう。そもそも、どんなきっかけからこの本が生まれたのか。誕生秘話などを、本書内の魅力的な写真も交えながら次ページでご紹介していきます。長年、雑誌や書籍の編集業に携わってきた著者の田中真理子さんは、ハワイ旅歴35年。子どもが小さかった頃、子連れでも気兼ねなく楽しめるからとコンドミニアムやバケレンを利用するようになったそう。「画一的なホテルとはちがって、オーナーの人柄や味が感じられるのがバケレンのおもしろみです」。子どもが大きくなり、今は夫と2人のハワイ時間をおだやかに満喫。オアフ島ノースショアにある小さな町ハレイワにみつけた小さなアパートで休日を過ごすのが今のお気に入り。トライ&エラーの実体験をもとにしたレンタル先の選び方など、具体的で参考になりますそんな35年間の家族旅はもちろん、普段の日々のこだわりまで、編集者の習性で(!?)いつもこまめにカメラに収め、写真集製作サービス(Photoback)で文庫本サイズにまとめている田中さん。その膨大なフォトアルバムを見た出版元の担当者が、これはおもしろい!と興味を持ったことがきっかけで、今回の本が生まれました。余談ですが、旅以外の日々のこだわりというのは、例えば、いつも食べている味噌汁。そのフォトアルバムはテレビでも紹介されたのだとか! さぞや具沢山でおいしそうで、バリエーションに富んでいたんだろうなあ…。自身の旅の記録がベースとわかると、興味やこだわりの偏り方も当然。“ださかわいい”に魅かれたり、さとうきび列車が気になって調査してみたり、その偏りっぷりがまたオリジナリティあふれて魅力的。大急ぎの買い物三昧や食べ歩きは卒業して、自分のこだわりをとことん追求しに行くのもいいかも、と触発されます。ほとんどの写真は著者が長年撮りためてきたものですが、本を作るにあたり、よりわかりやすいカットを、と撮り直しに行ったものもあるそう。見せ方への(もちろん読みやすい字の大きさや量も)こだわりも編集者ならでは、です。表紙を飾るプルメリアのレイに始まり、ヤシの木と空の爽快なコントラスト、色彩豊かなマーケットの食材、深い歴史のある建物…どの写真にも太平洋に浮かぶこの楽園への愛着があふれています。ワイキキから車で1時間、ハレイワのアパートの前に広がる海は、地平線まで続くマリンブルーのグラデーション。海の青さに加えて、時間によって刻々と変わる光と影と風は何度見ても飽きることがない。フォトジェニックな南国フルーツ。1個から買えるファーマーズマーケットで、毎回行くたびに試してレパートリーを広げてきたそう。糖度が上がるという夏を狙って全種類食べに行きたくなります著者は、自由に気ままに、ハワイでの旅の時間を豊かに楽しむコツについてもさらにこっそり教えてくれます。たとえば、夫とふたりの旅行だけど、別行動したいっ、と思ったらどうする? 次ページへOurAge世代が夫婦ふたりで旅するとして、旅の途中、夫と行動を別にして、気兼ねなく一人でブラブラしたい、と思うときもありますよね。でもいざ一人になると、場所によっては正直、心細い気分にも…。そんなときはどうするか。著者が行くのは、いつ行っても訪問者が少なくて静かな植物園。ただ、ちょっと静かすぎて不安になるので、心の中で「同行二人」と考えるのだそう。植物にすごく詳しい友人と一緒にいるつもりで、語りかけるように歩く…。経験を重ねてきたからこそ、自分らしく時間を楽しむための切り替えが旅の参考になります。著者が夫に気を使わず散策する場所のひとつ、フォスター植物園。植物園や博物館は自分のペースで回るメリット大。今まで気づかなかった新たな発見があるかもまた、手作りへの愛も。ビーチコーミングで集めたビール瓶の蓋は、日本に帰ってからリースにして飾っているもの。買ってきた布で次回のステイ中に使うエコバッグを作ったり。逆に、バケレンの部屋の壁にはミュージアムの半券や買い物メモを貼り重ね、自宅の冷蔵庫っぽくなったなあ、と眺めながらリラックス(笑)。海沿いを歩くときは下を向いて歩くことが多いという著者とその家族。なぜなら風化した漂流物好きだから。そんな瓶の蓋を選りすぐってリースに!プランテーションで働く移民たちの労働着だったというパラカシャツの生地屋さんで買った生地は、持ち帰ってエコバッグ作成。使うたびに旅の記憶がよみがりそうハワイでの時間や出来事と、普段の暮らしがゆるやかにシンクロしている様子が、なんだかいい。自然体で遊び心があって、真似したい。「ひとりひとり、その人なりのハワイの楽しみ方があると思うんです」。自分ならどんなスタイルで過ごすか、自由な空想が広がっていく幸せな一冊です。http://www.koishikawashokan.co.jp/文/川口貴子
  • SNSで人気急上昇中の【ご当地モア】には、モア世代の間で話題の情報が満載❤️ 今週もグルメネタをはじめ、素敵すぎるウエディング施設などなど、ご当地ネタがたくさん到着!  そこで、エリア別に人気を集めたTOP1記事を5つご紹介します。ぜひお出かけの参考にして下さいね♡タイトルをクリックすると元の記事に飛べます♪ 今すぐチェック!◇【北海道エリア】第1位◇スープカレーはKING!!!絶対間違いないです!!モアハピ部 No.672 りかこ さんの記事が第1位☆ “寒い日にはお鍋もいいのですが辛いものも食べたくなりませんか??”ということで、北海道のスープカレーの名店を教えてくれました。 野菜もたっぷりでヘルシー&おいしそう♡ 北海道エリアの皆さま、要チェックです!◇【関東エリア】第1位◇開幕前にチェック!横浜スタジアムすぐにコーヒースタンドがオープンモアハピ部 No.395 みそ さんの記事が第1位☆ DeNAファンのみそさんが、横浜スタジアムの近くに新しくできたおしゃれなカフェを教えてくれました☆ 野球観戦時の寄り道スポットとしても人気が出そうな予感。“大人の味”だという写真のスイーツ「バルケット」も気になる!!◇【東京エリア】第1位◇【やきいも専門店】冬に食べたい!ほっこりうまうぃ〜なやきいもちゃん モアハピ部 No.557 ゆず さんの記事が第1位♪ 豪徳寺へお参りに行った帰り、念願の「やきいも専門店」に立ち寄ったゆずさん。何種類もあるようですが、彼女が選んだのは??“甘くて美味しくて最高!”という実食レポートを今すぐチェック☆◇【関西エリア】第1位◇神戸で憧れのオーシャンビュー挙式ができる☆【ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン】モアハピ部 No.396 miRai さんの記事が第1位! ストロベリーブッフェに出かけた「ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン」は、挙式や披露宴をしている施設、ということでブッフェ前にリサーチしてくれました。チャペルは神聖な雰囲気で、前方がガラス張りになっていてオーシャンビュー♡ 本題のいちごブッフェも大人気で、追加開催も決定したとか。詳しくはmiRaiさんのブログへGO!◇【中国エリア】第1位◇【#広島初出店】パイ専門店「パイ パーラー パリジャン(Pieee Parlor Parisien)」で女子会しませんか?モアハピ部 No.595 Ray さんの記事が第1位! 昨年オープンして以来、大人気のパイ専門店を教えてくれました。看板メニューの「アップルパイ」だけではなく、お食事メニューも豊富で、Rayさんのおすすめはこちらの「スモークサーモンサラダパイトースト」! SNS映えする美しさはもちろん、食べ応えもありそう♡ これは行ってみたい!気になるご当地ネタは見つかりましたか?【ご当地モア】ランキングは、毎週日曜日に配信予定です。次回の【ご当地モア】ランキングもお楽しみに!★今回のランキングは2/9(土)~2/15(金)のデータをもとに作成しました。
関連キーワード