冬のみなとみらいデートに外せない♡ 「クリスマスマーケットin 横浜赤レンガ倉庫」が今年も開催! 【11/23(金・祝)~12/25(火)】

DAILY MORE

11月も気がつけばもう中旬。次々とイルミネーションが点灯され、街中がキラキラと輝く季節がやってきましたね。クリスマスならではのイベントといえばそう。クリスマスマーケット! 大阪や福岡、都内では恵比寿や日比谷公園など各地で行われる予定ですが、なかでもおすすめは「横浜赤レンガ倉庫」イベント広場で11/23(金・祝)から12/25(火)まで開催される『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』!! 本場ドイツの雰囲気を味わえる、毎年超人気のイベントなんです♡

本場さながらの雰囲気で最高にロマンチック♡

9回目の開催となる今年は、本場ドイツの古都・アーヘンをモチーフに、現地で制作されたアーヘンのクリスマスマーケットと同じ型の、高さ3mにもなる“ドイツ製プリンテン人形”を会場エントランスに2体設置。またキュートなグッズやおいしいグルメを販売するヒュッテ(木の小屋)の上には、サンタクロースやトナカイ、スノーマンといったクリスマスならではの人形がずらり。
そして!! 奥には高さ約10mの、本物のモミの木を使用したクリスマスツリーが★ 無数のライトがついた“イルミネーションルーフ”が光のトンネルとなり、ツリーまでの道を彩ります♪

ツリーまでの道を華やかに彩るイルミネーションルーフ。
ヒュッテの上に並ぶ人形たち。
主役! 本物のもみの木を使ったクリスマスツリー!

※写真は昨年の様子です

運が良ければサンタにも遭遇できる! クリスマスソングの生演奏も♪

“サンタと出会えるサンタクロースグリーティング”や“クリスマスソングの生演奏”、ワークショップなどクリスマス気分を盛り上げてくれる催しも実施。不定期開催なので、公式サイトより日程をチェックして狙いを定めて行くもよし、訪れたときの運に身を任せてみるもよし! ワクワク感をさらに満喫して。

毎年好評のサンタと出会えるサンタクロースグリーティング。運良くサンタクロースに出会えたら、プレゼントがもらえるって噂♡
ヨーロッパのクリスマスマーケット同様に、期間中、不定期での音楽演奏を実施。生演奏でクリスマスムードを盛り上げます。

日本にいながら、ドイツに行った気分が味わえる郷土料理(FOOD&DRINK)が盛りだくさん!

また、器ごと食べられるスペシャルメニュー「シチューパングラーシュ」や、ドイツの肉料理の王様「アイスバイン」などのフードも盛りだくさん♪ ホリデーシーズンに欠かせない「シュトレン」も用意。さらにアルコールは、グリューワインを過去最多の25種類販売するなど嬉しいラインナップ☆

「シチューパングラーシュ」

カップ型に焼いたパンの器に、ドイツやハンガリーの郷土料理のグラー シュをIN。器ごと食べられるスペシャルメニューは数量限定なのでお早めに!
「アイスバイン」

豚のスネ肉を香味野菜とブイヨンでじっくり煮込んだ、とろける食感がたまらない♪ ドイツの肉料理の王様。
「カルトッフェルズッペ~ソーセージ丸ごと1本入り~」

ジャガイモをすりつぶしてシンプルに味つけした、素朴な味わいのドイツで定番のスープ!
「リンゼンアイントップ」

ドイツで親しまれるレンズの形をしたレンズ豆のホクホク食感と、ソーセージの肉汁を楽しめるこちらは、アーヘンのあるノルトライン=ヴェストファーレン州 伝統の名物スープ。
「シュトレン」

クリスマスを待つアドヴェント期間に食べるドイツの伝統的なお菓子。会場内の複数店舗で販売するので、食べ比べてみるのもいいかも♪
「Noel cake」

ミシュランの一つ星を獲得している代官山「レストラン・パッション」のオーナーシェフ、アンドレ・パッション氏プロデュースによるクリスマスケーキも販売しちゃいます♡
「グリューワイン」各種

ドイツのクリスマスマーケットに欠かせない飲み物といえば、「グ リューワイン」。飲み比べながらマーケットで 買い物をしたり、仲間と会話することも楽しみ方の一つ。 自分好みの味を是非探してみて!
「リーマンス・グリュークリーク」

冬季限定生産の、温めて飲むために作られたホット専用ビール。ヨーロッパでクリスマスによく飲まれるグリューワインに匹敵する飲み物として、ドイツでは親しまれているんですって♪
「フェルティンス ピルスナー」

ビールももちろん! ドイツが世界に誇る名門醸造所「フェルティンス醸造所」で製造された味をしっかりと堪能して。

素敵な時間になること間違いなし♡

そして「横浜赤レンガ倉庫」1号館&2号館でも、クリスマスをテーマにしたグッズやフードメニューを堪能することができます。あまりの寒さで外にいられなくなってしまったら、中に入って景色が見えるカフェやレストランで過ごすのもおすすめ♪
どこを切り取っても素敵すぎるこのイベントは、冬のみなとみらいデートに外せない! 「横浜ランドマークタワー」や「コスモワールド」、「横浜ワールドポーターズ」などのイルミネーションを巡りながら、合わせて訪れてみて。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫

期間:11/23(金・祝)~12/25(火)
※11月23日(金・祝)は点灯式・プレオープンを予定
時間:11/24(土)~12/14(金) 11:00~21:00 ライトアップ 16:00~21:00 ※ツリーのみ23:00まで
12/15(土)~12/25(火) 11:00~22:00 ライトアップ 16:00~22:00 ※ツリーのみ23:00まで
※ラストオーダーは営業終了時間の30分前
場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
入場料:無料(飲食・物販代は別途)

→公式サイトはこちらから★


関連記事
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。美容ジャーナリスト・小田さんは、美白をスタンダードケアとして環境やストレスに負けない透明ツヤ肌をキープ! そんな彼女が美白の先進性を感じた“超私的ベストコスメ”をご紹介。小田ユイコの超私的ベストコスメ「ベースメイクで本格美白ができたり、新規美白有効成分が誕生したりと、特に美白でニュースが多かった今年上半期。シミをつくらないということは、若々しい美肌を持続させること。環境やストレスに負けずにいつまでも透明ツヤ肌でいたければ、美白をスタンダードケアにすべきだと再認識。そこに先進性を感じたコスメが私的定番に!」1.ディオール アディクト リップ グロウ マックス 212「染まるようにぴたりとフィット。表情まで明るく華やぐ」 「一日のうちに1回は『それどこのリップ?』と聞かれます。バームが唇をふっくらつややかにしつつ、パールリッチなカラーがしっかり発色。ベタつかず、しかも色が長持ち。いつのまにか素唇に!? ということもない」。唇を24時間保湿。¥3,800/パルファン・クリスチャン・ディオール2.富士フイルム アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト「黒いかたまりに見えたシミが、くずれるようにベージュ化!」 「頑固な居座りジミにまで届く、先端技術に拍手を!  濃いシミが薄くなるのを実感し、頰の色ムラも均一に。浸透しにくいシミ部分にもスッとなじむのは、さすが『ナノ化』の王者、富士フイルム!」。根深いシミに潜み、メラニンをため込む「シミの骨」を浄化。30㎖(医薬部外品)¥7,0003.ランコム UV エクスペール トーン アップ ローズ「ファンデーション不要と思うほど明るく、幸せそうな肌に」 「3本目をリピート中。肌がトーンアップして、女性らしい血色透明肌に。紫外線、空気中の汚染物質から肌を守ってくれて、ムズムズせずいつも快適。服に移らないので首、デコルテまで使用」。都市型生活のあらゆる悪影響から守る「ピンクの美人UV」。SPF50+・PA++++ 30㎖ ¥5,8004.ポーラ ホワイトショット MX「エネルギーに満たされ光がまわる肌に。すっぴんを自慢したくなる美白!」 「肌そのものが、息を吹き返したようになる乳液。ジェル状なのでスッとなじみ、なかなかなじまないストレスがありません。シミが明るくなっていくとともに、肌全体がサテンのようになめらかに」。表皮細胞を強化し、眠れる力を呼び覚ます新美白アプローチ。78g(医薬部外品)¥11,000これもLOVE賞 資生堂薬品 ザ・コラーゲン〈ドリンク〉W 「翌朝、内側からハリと透明感が高まる体感がうれしくて、夜寝る前に飲んでいます。コラーゲンを生み出す力を高めるから、肌だけでなく血管や骨、歯茎のことも考えて飲み続けたい。保存料無添加なのもうれしい」。50㎖ ¥250【Profile】 小田ユイコ 美容ジャーナリスト。美的好奇心をもち、最新コスメを科学的視点からも探究。むずかしい理論もわかりやすく伝える、その語り口にも定評あり。>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • 白シャツとスカートで作るワンツーコーデに引き締め役のネイビーをプラスして※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます今や定番となったカーディガンの肩がけスタイル。外に出ればじりじりとした陽射しから守ってくれたり、オフィスに戻って冷房で肩が冷えたりするのをさりげなくカバーしてくれたりとアラフォーの身体を優しく労ってくれる。スタイリング全体のきかせになる濃いめ色を選んでおけば、はおっても肩がけしても全体を引き締めてくれる。カーディガン¥19,000・シャツ¥23,000・スカート¥21,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) バッグ¥145,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) パンプス¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) パールピアス¥18,000/デ・プレ(ビョーグ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 最近の家族集合ごはんの定番はニューオータニ の「THE SKY」究極のビュッフェ✨スーパーあまおう&スーパーメロン ホテルニューオータニ「VIEW & DINING THE SKY」✨ すべてのお料理がメインディッシュ⁈な、究極のビュッフェレストランです✨ 大トロのお寿司、フォアグラ、車海老の天ぷら… 楽しみはたくさんありますが、何と言っても「SATSUKI」のスーパーショートケーキがいただけること❣️ ビュッフェなら老若男女、各々のお腹と相談して、みんながhappy♡ということで、わが家の外食の定番になりつつあります。 草月流✨近々ではGW中のお伺いでした ニューオータニでの楽しみはもう一つ、ロビーの装花です✨ 他の流派のいけ花は、とても勉強になります✨だいぶお腹も目立ってきた頃。 日本のマタニティ服は20-30代向けのものが主流です。 ここまでは手持ちのお洋服でなんとかやりくり PUCCIのチュニックは大活躍しています✨ (パンツのチャックは全開)笑 アラフォーのプレママがワードローブに加えたマタニティ服は海外ブランドばかり。 こちらにつきましては、またあらためてご紹介できたらと思います。美女組No.88momoのブログ
  • アラフィーが、Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツに合わせたい小物をピックアップ。メソッド2:ゴージャスすぎない本物志向の小物使いでさりげなく大人の風格をカジュアルなTシャツにゴージャスな小物はトゥーマッチ。上質だけどTシャツになじむデザインをさらりとつけて。ボーダーと相性抜群のパール。小玉で短いものをさりげなく「定番のコンパクトな黒×白のボーダーTシャツにパールを小さく効かせる、そんなフレンチレトロな雰囲気がかわいくて。パールは小玉、襟ぐりの内側に収まるぐらいの短さでカジュアルに楽しみたい」(村山さん)。 Tシャツ¥9,000/アニエスベー パールピアス¥161,000・パールネックレス¥348,000/TASAKI パンツ¥38,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) バッグ¥415,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • インスタにも華やかに映え、ちょっぴりアンニュイなムードを漂わせる今、人気の花。処理の方法や生け方のコツを知るだけで、より長く、より美しく楽しめる存在になるんです。ここでは、アジサイだけで映える飾り方をご紹介。 アジサイはボリュームがあるから、一輪挿しにさっと生けるだけでもサマになる平井 今回のテーマは、今が旬のアジサイです! 加藤 幼稚園ではアジサイ組だったので、チューリップの次に覚えたお花!   実家の庭にも咲いていたし、道端や公園などあちこちで群生していますね。 個人的に生花のアジサイは、部屋に飾るというよりも、屋外で自生する姿を眺めるイメージでした。 平井 もともとアジサイの原産は日本。ヨーロッパに渡って人気を博し、品種改良が行われたことで色もガクの形も多彩に。近年は品種も多く出回るようになり、一段とおしゃれな雰囲気になったんです。 加藤 なるほど。上手に生けるコツはありますか? 平井 バラやシャクヤクと同じく、アジサイは茎が固め。水の吸い上げがよくないので、根元の処理をきちんと行うこと。加えて花や葉っぱの部分に霧吹きで水をかけることで、生き生き感が長もちします 加藤 ボリュームがあるから、一輪挿しにさっと生けるだけでもサマになりますね。これは便利。 平井 群生して咲き誇る、あるがままの自然の姿を取り入れた生け方も素敵ですよ。その場合は単調にならないよう、色合いやガクの形、咲き具合が異なるものを組み合わせるだけで、一気に表情豊かに。 加藤 華麗さはありながら、バラのような強さや気高さとは違い、色気や憂いも感じさせる。梅雨の時季にふさわしいですね。今、秒単位で時事が目まぐるしく変化するニュース番組を担当しているので、花にふれることができ、心が満たされました(笑)。そこはかとなくアンニュイさや色気も漂う旬のアジサイ。素敵に飾るにはどうしたら?同じ色や品種だけを束ねるとやや単調な印象に。色が微妙に異なるアジサイ同士を束ねたり、ガクの形が違うものを束ねて生けるだけで、一気にニュアンスが出る。トップス¥4900/ノーク(ノーク バイ ザ ラ イン) サロペット¥19000/イエナ ラ ブ ークル ピアス¥18000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)気軽なのにサマになるテクがこちら。花器の高さに合わせて茎を切り、適度に葉っぱを残したアジサイを一輪挿しや空いたボトルに生ける。玄関先や寝室に飾っても。初心者でもうまくいく!【ちょこっとテク】茎の内部の白いワタをかき出す根元を鋭角に切り落としたら、茎の中央にある白いワタを園芸ばさみの刃先を使い、やさしくかき出す。水の吸い上げがぐんとUP水につかる面積を増やし吸い上げ力をUP茎が固いアジサイは、水の吸い上げが弱め。吸水力を上げるべく茎先は鋭角に、斜めに切る。切り口と反対側の皮ははさみの刃で削る根元だけでなく花にも優しく霧吹きを花びらが薄い花に水をかけると茶色くなりがちなので本来は水をかけないが、アジサイには雨の景色を演出するようにあくまで優しく霧吹きで葉っぱにもたっぷり水分補給できれば葉っぱにも霧吹きで水をかけてやるとよい(もしくはバットなどに水をはり、全体をさっとくぐらせるだけでも元気になる)広めの花器の縁にのせるように生ける群生して咲くアジサイの趣をしつらいで表現するテク。口が広めの花器を用意し、アジサイの花首を花器の縁に寝かせるように生ける花器の縁にのせるように生けるだけで、ボリュームのあるブーケのような様相に。いよいよ元気がなくなり、くたっとしてきたら、花首だけ残し、水をはった浅めの器に浮かべて。雨が似合うアジサイだからこそ、美しく映える Teacher by ●平井かずみ フラワースタイリスト。明るく的確な指導ゆえ、自身が開く教室はいつも大人気。近著は写真家の大段まちこさんと料理家の渡辺有子さんとの共著『花と料理 おいしい、いとしい、365日』(リトルモア)。 http://ikanika.com/【カトパンのあえて小さく飾る花レッスン】連載をチェック撮影/熊木 優〈 io〉 ヘア&メイク/コンイルミ  スタイリスト/斉藤くみ  アレンジメント指導/平井かずみ 取材・文/広沢幸乃
  • 単純なワンツーコーデが多くなりがちな時期だけど、今年はひと手間かけたトレンドのレイヤードテクでおしゃれに変える!前開きのロングはおりで作る夏のレイヤード見本帳。「長いものは長いものと合わせる」のが旬コーデの最新ルール。A ロング&ロングがネオナチュ気分を後押し 人気急上昇の透かし編みニットカーデは、ヴィンテージっぽい花柄ワンピと好相性。親しみやすいフェミニンなムードに。 カーディガン¥6900/ROYAL PARTY ワンピース¥12000/エクラン ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1200/お世話や(Osewaya) バッグ¥29500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) サンダル¥7900/RANDAB 気楽なシルエットの服はレイヤードでメリハリUP ゆるシルエットの旬アイテムは重ね着で全身コーデにリズムをつけて。 シャツワンピース¥4990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 カットソーワンピース¥7500/ビームス ボーイ 原宿(グッドウェア) リブワイドパンツ¥1990/GU イヤリング¥2547/CHIPPI&CUU バッグ¥6900/COO(LAUGOA) サンダル¥6900/REZOYきれい色ロングカーデで今っぽグッドガール ブラウス、カーデ、スカートというグッドガールの定番コーデも、カーデやスカートの丈が長いと今っぽさ急増。 カーディガン¥7900・ブラウス¥6900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店 スカート¥3980/ViS イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥12000/アンビリオン(ペルケ) 靴¥12800/グランデ(エンチャンテッド)シンプルカジュアルは透け感で色気をプラス 足元に重さのあるワイドパンツは、揺れ&透けるガウンで軽やかに仕上げる。 ガウン¥14500/Noela ニット¥1990/UNIQLO パンツ¥3980/ViS イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) バッグ¥7800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 スニーカー¥7000/コンバースインフォメーションセンターいつものデニムが見違える落ち着いたムードの花柄 夏の鉄板デニムコーデを、ブラウンの花柄で奥行きを出す。 ロングシャツ¥6980/EMODA ルミネエスト新宿店 ニットタンクトップ¥6800/リリー ブラウン デニムパンツ¥8900/ROYAL PARTY イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥16000/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)モデル/西野七瀬 岡本夏美 撮影/横山創大 ヘア&メイク/飯嶋恵太(mod’s hair) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 今イチバン気になる女の子Kōki,さんにアレコレきいちゃいましたたくさんの質問一つ一つに、真っすぐに答えてくれたKōki,さん。なんと今回特別に、バッグの中身まで見せてくれました♡セットアップ ドレス(カメリアつき)¥352000・ハット¥131000/シャネル カスタマーケア美肌の秘訣を教えて! 乾燥するとすぐ肌荒れしてしまう敏感肌タイプなので、気づいた時にこまめに保湿クリームを塗ったり、おうちの中でもエコロジカルな水筒を持ち歩いて、常温のお水を飲むようにしています。私にとっての美容の先生は、お母さん。「洗顔料は必ずふわふわに泡立てて、こすらずに優しく」とか、「スキンケアは顔だけじゃなく首やデコルテまで塗るのが大切よ」とか、「クリームもマッサージしながら塗ったほうがキレイになれるのよ」って教えてもらってからは、それが定番に。 今のマイブームをズバリ 英語の詩に、ピアノでメロディーをつけることですね。7歳から作曲しているんですけど、時々煮詰まってしまうことがあって、何か違うアプローチ方法はないかな?と思った時に思いついたんです。私にとって音楽は、本当にかけがえのないもの! 自分では無意識なんですけど、お仕事などで緊張している時は必ず鼻歌を歌っているらしくて。余裕に見えるみたいなんですけど、むしろ真逆(笑)。そんな時も音楽が支えてくれているんですよね。おうちでも必ず誰かが何か曲をかけていて、様々なジャンルの曲にいつも触れています。 カーディガン¥251000/シャネル カスタマーケア最近のプレイリストTOP3は? 1950年代や’60年代の古いJazzを聴くことが多いのですが、ナンシー・ウィルソンさんの『I Wish You Love』、エラ・フィッツジェラルドさんの『For Sentimental Reasons』、チェット・ベイカーさんの『I've Never Been In Love Before』かな。なかでも特によく聴くのはエラ・フィッツジェラルドさんで、『All Of You』っていう曲もすごく好きです。 オススメの語学勉強法は? 聞くこと、かな。その国の音楽を聴いたり、映画を見たり。字幕もわざと外国語で! それから、脳内翻訳もオススメです。たとえば「これ可愛い」って思った時に、フランス語だったらどう言うかな?って。自然と習慣化してトレーニングになるはずです。あと、意識的に話すことも心がけています。勉強するの、結構好きなんです。新しいことを知るのって、楽しい! ドレス¥502000/シャネル カスタマーケア好きなファッションは何? デニムのカジュアルなスタイリングが定番ですが、ドレスアップするのも好き。たとえばディナーショーやお食事に行く時は、 ジャケットをはおったりしています。いつか欲しいなぁって憧れているのが、シャネルのツイードジャケット。小さい頃にお母さんのクローゼットに掛かっていたのを見て、あまりの素敵さに心奪われてしまって。ただ、わたしは肩がしっかりしたジャケットが好きなんですけど、お母さんが肩パッドを外しちゃって。「なんで取っちゃったの~!?」って怒ったんです(笑)。いつか、自分で買える日が来たらいいな♡ ※すべて本人私物(ブティックへのお問い合わせはお控えください)バッグの中身が見たい! お懐紙とハンカチとばんそうこうを入れたポーチ、チョコレート、ジュエリーケース、フリスク、シャネルのルージュ ココ フラッシュ60番、シャネルのアリュール、リファのマッサージローラーです。香りはお仕事の日と普段用で分けていて、いつもはガブリエルをつけてスイッチを切り替えているんですけど、箱ごと持ち歩くのがこだわりなんです! この香水瓶のお部屋みたいだし、箱自体も可愛くて大好きだから……♡ お懐紙は「食べ物をおすそ分けする時用に」って、お母さんに渡されたのがきっかけで持つように。マッサージローラーは顔だけじゃなく肩をほぐすのにも愛用しています。このバッグ、見た目はコンパクトなのにすごく入るんです(笑)。 モデル/Kōki, 撮影/三瓶康友(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/早川すみれ(KiKi inc.) 構成・原文/森山和子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • こんにちは。 ライター川口ゆかりです。   東京は最高気温27度。 今朝、天気予報を見るなり「梅雨明けしたんだっけ?」と主人。確かに確かに。そう思ってしまう陽気。今日も暑くなりそうですね。     こう暑い日が続くと困るのが洋服選び。 時間のない朝はワンピースか、だいたい袖のないタンクトップに涼しげなボトムスが最近の定番です。なかでもつい手にとってしまうのがプリーツスカート。   秋冬の重めニットにあえて軽やかなプリーツスカートを合わせる着こなしが好きで、ここ数年、溺愛してるんですがはいていると必ず褒められるのがこちら。 ASTRAETのもの。今季の春夏物です。深いパープルに深いターコイズブルー。カラー切り替えがあることで単調になりがちな夏の着こなしを格上げしてくれる!さらに細いプリーツが縦のラインを強調するので、自然とスタイルアップも叶う。まさに一石二鳥アイテム。 タンクとプリーツのワンツーコーデ スカート/ASTRAET  トップス/Ronherman  サンダル、ブレスレット/HERMES  ピアス/ASOKO この日は、ネイビーのタンクトップを合わせてすっきりと。小物は白で統一して、見た目だけでも涼しげにまとめてみました。ガーリーに傾きがちなプリーツスカートもカラー切り替えがあるぶん、モードな雰囲気に。 好きな色に囲まれる暮らし。 そういえば、自宅に飾るお花も深いパープルばかり。好きな色って、ついつい手にとってしまうようです、、、笑笑     皆さんは何色がお好きですか??     日々の暮らし、私服はInstagram yucari kawaguchiまで。 いつもありがとうございます^ ^  
関連キーワード

RECOMMEND