ローソンとナチュラルローソンだけの限定フレーバー! 『ハーゲンダッツ』の新作「紫イモのクレームブリュレ」!!

DAILY MORE

私だけのとっておきスイーツ= "マイスイート"シリーズ♡

『ハーゲンダッツ』ラバーのみなさ~ん♡ 全国のローソンとナチュラルローソンでしか買えない『ハーゲンダッツ』の"マイスイート"シリーズから、気になる新作が11/6(火)に登場しますよ~!

ハーゲンダッツ マイスイート「紫イモのクレームブリュレ」(¥300)

紫イモをクレームブリュレにアレンジした、秋を感じる一品♡ 紫イモソースの入った紫イモアイスの上に、パリッとした歯ごたえが楽しいカスタードチョコをのせ、さらにカラメルソースをON! 紫イモのほっくりとした甘さ、ほろ苦いカラメルにパリパリのカスタードチョコ。口の中でたくさんの味わいが広がる新しい味の発売、待ち遠しすぎる~。

→『ハーゲンダッツ』公式サイトはこちらから。

関連記事
  • コーディネートを考える時間がないほど忙しい朝もある! そんな時にも頼れる「着るだけですっきり見える」実力派、集めました。 HIT! \ウエストが細く見える!と大人気/イレーヴのチノフレアスカート肉感を拾わないハリのあるチノ素材とハイウエストなデザインが、自然とすっきり見えを実現。前はフラットで後ろにダーツが入っているので、おなかが目立ちにくく、腰からヒップは美しいラインに。スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥9,000/ebure ピアス¥12,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥10,000/ユナイテッドアローズ  丸の内店(フィリップ オーディベール) バッグ¥24,000/アマン(アルテサーノ) サンダル¥24,000/スタニングルアー 青山店(Definery) HIT!\肩まわりがすっきり見える魔法の一枚/スローンのノースリーブニット 袖口のカッティングが内側に入らずまっすぐなので、脇や肩まわりがすっきり見える、とスタイリストにも人気。同素材のカーディガンとセットでそろえるのもおすすめ。ニット¥19,000/スローン デニム¥24,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) バッグ¥90,000/ビームス ハウス丸の内(ステー) ブレスレット¥40,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ラバー) バングル¥39,000/エストネーション(アリアナ ブザード ライフォル) HIT!\色違い、型違いでリピート買いする人も!/ドゥーズィエム クラスのとろみセットアップほどよく落ち感のあるジョーゼット素材がシルエットを拾わず体をきれいに見せてくれる、と人気の名品。シワになりにくいのもうれしい。トップス¥16,000・スカート¥16,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ゴールドバングル¥6,000/アルアバイル(アルアバイル) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) リング¥26,000/エストネーション(アリアナ  ブザード ライフォル) バッグ(TOMORROWLAND別注)¥132,000/TOMORROWLAND(J&M  デヴィッドソン) サンダル¥19,000/ビームスハウス 丸の内(デミルクス ビームス)HIT!\10年間売れ続けるベストセラー/ガリャルダガランテのジャージージョッパーパンツ本来はブラウスなどに使われる伸縮性のあるジョーゼット素材を使用。ウエストまわりはタックでゆったり、膝下からすそは細身になったシルエットで、楽ちんなのにシャープに着こなせる。手洗い可能でアイロンいらずなのもロングヒットの秘けつ。パンツ¥16,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ブラウス¥14,000/ナノ・ユニバース(ODORANTES) ピアス¥11,000ユナイテッドアローズ 日本橋店(ベベ) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) パンプス¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 【Marisol6月号2019年】撮影/菊地 哲(MUM/人物) 魚地武大(TENT/物)ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子
  • ファッション最先端の街・NY。私のファッションを公開します~笑現地時間の朝10時に着くので、 着替える時間の短縮や気温を考え、 機内はパンツスタイルにしました。 ジャケット ニット パンツ 全て、DOUBLE STANDARD CLOTHING (ダブスタ) ジャケット  DOUBLE STANDARD CLOTHING 白のニット  UN3D パンツ    DRESSLAVE ニットは袖が変わっていて、お気に入りです♡ 首回りをすっきり見せると 私の場合、小顔に見える為、 髪はアップにまとめました(笑) このアシンメトリーのパンツもお気に入りです。 ニット UN3D パンツ UN3D ニューヨーカーって、 「オシャレ」だと思い込んでいて(笑) 意気込んで行きましたが、 実際はシンプルなファッションの方ばかり。 完全にスベリました(笑) でも、ここは海外。 観光客と化したファッションになりましたが、 そのまま着続けました~^^ 上下 MICHAEL KORS ショートブーツ FABIO RUSCONI ワンピース CLAUDIE PIERLOT (去年、パリで購入) ジャケット  DOUBLE STANDARD CLOTHING ニューヨークでもお買い物しました♡ アッパーイーストサイドにある、 sandro店にて。 試着するのがとっても楽しかったです。 アラフォー世代で、膝上スカートって どうなの!?と思い、渋りましたが、 せっかくなので、ノリで購入しちゃいました♡購入後、 タグを外してもらい、 着替えて最後のニューヨークを楽しみました♡ あまり日本では見ない色と柄。 年齢に関係なく、 自分が着たい服を着こなしている女性を目指していきたいと思います♡ 美女組No.148 まきこのブログ
  • 2019-’20年秋冬コレクションの会場でとらえた最新スナップを、アーカイブと並べて一挙に公開! 今季注目のニューカマーもあわせてチェック。 人生経験が着こなしに表れる STELLA TENNANT(ステラ・テナント) パンクっぽい装いで初めからおしゃれだったステラ。年々素敵な女性に。 1 ラッフルあしらいが華麗なシャツをスカートにイン。大人の女性ならではの、シックなモノトーンスタイルだ2 こちらはなんと23年前、1996年のスナップ。腰に巻いたニットのピンクを差し色にした3 ピンクのスカートとソックスをリンクさせた2001年。このシーズンはピンクがブームだったらしい LIYA KEBEDE(リヤ・ケベデ) 4 キャリアを重ねるたびに着こなしがブラッシュアップされるリヤ。2005年のシャツスタイルはフレッシュだがあか抜けていない?5 だいぶこなれてきた2015年は自分のブランド、レムレムのドレスを6 ヴァレンティノの真っ赤なドレスを着こなす、現在のリヤ。タフなブーツで足もとに重心を置き、ドレスの甘さを引き締めたまったくブレません! BINX WALTON(ビンクス・ウォルトン)、MICA ARGANARAZ(ミカ・アルガナラズ) 着ていて心地のよいスタイル、自分のテイストを知り尽くしたふたり。安定感はピカイチ! 7 デビュー時から常にストリート&スポーティなスタイルのビンクス。少年のような2014年の姿8 アディダスのブルゾンでつくった現在のスタイル。パンツのイージーなフォルムは相変わらずだ9 こちらもマイスタイルが確立しているミカ。サンローランのジャケットをエフォートレスに着た10 ラグ& ボーンのセットアップを着た2015年のスナップ。ジャケットとパンツのゆるいサイズ感、 足首がのぞく絶妙なパンツの丈、白いインナーの首の詰まり具合など、バランスが今と同じだ JULIA NOBIS(ジュリア・ノビス) 2010年のデビュー以来 変わらないカジュアルな 装いが魅力。足もとには ヴァンズが欠かせない! 11 ロエベのショーを見に来ていたジュリア。同ブランドのトップスを気負いなく着こなした12 2012年頃は、ラグ &ボーンのパンツを愛用13 こちらは2015年。チェック柄シャツも彼女の定番だったまだまだ、成長中! MARTE MEI van HAASTER(マルテ・メイヴァン・ハースター) 14 ドリスのマドラスチェック柄ジャケットをセリーヌのバッグでモダンに着こなした15 デビュー間もない2012年のスナップ。「この頃からパワーアップし始めた!」と当時の取材陣 KIKI WILLEMS(キキ・ウィレムス) 16 音楽の背景を感じる着こなしに定評のあるキキ。70年代テイストに寄せすぎな気もする2015年17 最新スナップ。ウェアはすべてオールド・クロエ。シャツのフロントをラフに開けて、コートを着崩した DILONE(ディローン) 18 愛嬌たっぷりのスマイルで人気だった2016年のディローン。グッドガール風のスタイルで19 クロエのワイドパンツにバレンシアガのシャツを。マニッシュだが、ソフトな色使いにはフェミニンな表情もカップルで表紙を飾りました ERIKA LINDER(エリカ・リンダー)、HEATHER KEMESKY(ヘザー・ケメスキー) 20・21 アンドロジナスな女性モデルとして人気のエリカ。2018年1月号では表紙を飾ってもらい、ロングインタビューも敢行。クロス掛けしたバッグのストラップがアクセントに。「撮影時は現場に一番乗りでした」(SPUR編集部)というエピソードも 22・23 エリカの彼女であるヘザーは、2016年1月号のカバーガールに。今回のパリ・コレで、ふたり揃ってルイ・ヴィトンのショーに出演。ロングジャケットをデニムと合わせたシックな装いに深い赤リップがマッチ 若手がだんだんこなれてきた! HANNAH MOTLER(ハナ・モトラー) 24 2018年、デビューから半年後のハナ。スタッズつきブーツにこだわりが感じられる25 パンツのサイドラインとインナーで、ビビッドな赤をきかせた今シーズン。ワークテイストのパンツのチョイスもクール! FRAN SUMMERS(フラン・サマーズ) 26 バーバリーのトレンチコートとクロエのドレスでぐっとフェミニンに進化した今シーズンのフラン。ポインテッドブーツで足もとにエッジを加えた27 可愛いけれどまだ野暮ったさが残る2018年期待の新人たち これからキャリアを重ねていくであろう新人モデルの中から、スタイリングの成長にも期待がもてそうな4 人のホープを紹介! (右から)MAIKE INGA(マイケ・インガ)・FINN BUCHANAN(フィン・ブキャナン)・STEINBERG(スタインバーグ)・INDIRA SCOTT(インディラ・スコット) (右から)ボーイッシュなショートヘアのマイケ。OFF-WHITEのジャケットが映える。フィンはメゾン マルジェラのオープニングを務めたトランスジェンダー・モデルだ。ラルフ ローレンのレトロな趣が今また新鮮。スタインバーグは、ジバンシィとドリスのオープニングに抜擢。ヴィンテージのジャケットを主役に。ビーズを編み込んだブレードヘアのインディラはどんなルックも着こなす個性派 >>「モデルスナップ同窓会」特集TOPへ
  • 特別付録は「ヒグチユウコ描きおろし 手ぶらでおでかけケース」! ジップつきの本体にカードなどをマルチに収納できるポケット、さらに首から下げられるストラップつき。香水瓶にコケティッシュな白いねこのアートワークが施された逸品は7月号でしか手に入りません! ファッションは、賢く意識高くおしゃれや社会と向き合うニュー・ラグジュアリー特集。真夏に向けて、トレンドを攻略するスタイリング法やサマードレスもふんだんに。楽園リゾートとして名の高い韓国のチェジュ島をナビゲートするのは、人気俳優ナム・ジュヒョク。フィギュアファンなら、町田樹がひもとく伝説のスケーター、ジョン・カリーの物語も必見。1冊に可愛いとワクワクがギュッと詰まった、ご機嫌な7月号です!モードはいま、性差、年齢、ボディイメージから解放され、“流動性”を語り始めました。「良い服はすべての境界を越えていく」。これこそが、新しいラグジュアリーのかたちだとSPURは考えます。そこで、血縁があってもなくても、性別がなんであれ、自由な精神に価値を見出し、クローゼットをシェアするモダンファミリーの物語を紡ぎました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ファッション界に広がりつつあるサステイナブルなムーブメントを知っていますか? ご存じステラ マッカートニーを筆頭に、地球のため、動物のため、男女の平等のために、行動するブランドがあります。今号では、このブランドに注目したファッション特集を制作。モードの未来を見据えながら、本当のラグジュアリーについて考えたいと思います。ステラさんの特別インタビューも必読です! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  今やマッチングアプリで始まる恋は、珍しくありません。どんな人が来るかぎりぎりまでわからないからこそ、待ち合わせでのときめきもひとしおです。今回SPURは、アプリで始まる恋を題材に、ファッションストーリーを展開。クラシカルなムード漂うプレフォールに身を包む女性の「はじめまして」の一日をシネマティックに描きました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  あまたある今年のトレンド、大人ならどうこなす? ちょっとしたコツやテクニックで、印象は変わります。本日のサミットの議題は「明日からすぐに役立つスタイリングハック」について。この10個のポイントさえ押さえれば、あなたのスタイリングレベルも"首脳級"! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎年バカンスに行く直前まで必死になって仕事をして気が付くことがありませんか? 「今の自分に似合う水着がない……」と。そんな毎日忙しい大人女子たちに、今からおすすめしておきたい最新水着を取り揃えました! 色や形がスタイリッシュなワンピースやビキニに加えて、気になる部位をおしゃれにカバーしてくれる変化球タイプも厳選セレクト。夏本番に備えてぜひチェックを! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  日頃感じるささやかなお悩みを5万円以下のバッグが全て解決!様々なニーズに徹底的にアンサーし、トレンドの極小サイズや進化系ウエストバッグ、大人のためのエレガントなバッグパックなどを紹介します。手が届きやすいプライスのバッグをワードローブにプラスすれば、いつものスタイリングを瞬時にアップデートしてくれる精鋭がラインナップ。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  カール・ラガーフェルドの逝去という悲しみに包まれた2019-’20年秋冬シーズン、モードはひとつの転換期を迎えました。ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリ。4都 市のコレクション取材を通して、来たる2020年代、ファッションに必要なのは服 に、そして人に対する「愛」であると思いました。いまSPURが心の底から愛を叫 びたい服を、デザイナーを、トレンドを紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  日差しが強い今日この頃。うっかり「灼けちゃった!」という人も、心配しないで大丈夫。実はモードな人から、ほんのり小麦肌に移行中なのです。今までの、セクシー&ヘルシー一辺倒だった日焼け肌のイメージを覆す、モードな「TAN BEAUTY」を新たに提案します。日焼け肌に似合うアイメイク、リップ、チークがわからない!という方は必見です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  あなたには、「この色がないと、メイクアップが決まらない」というコスメティックスはありますか? 本特集では、美にこだわる15人の指名買いプロダクトを徹底取材。毎シーズン新しい製品が次々と発売されるなか、それでも変わらずに使い続けているものとは? どうしても譲れない「色・番・指・定」アイテムだけをお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  白髪に薄毛、うねりや乾燥、ボリュームのなさ、など年齢を重ねるごとに髪にまつわる悩みは増えていきます。ですが、安心してください! ヘアケアは近年目覚ましい進化を遂げ、遺伝子レベルでアプローチする時代に。ケア次第でエイジレスヘアが手に入る時代がすぐそこまできているんです。本特集では、最新プロダクトから、ヘアケアの悩みに答えるQ&Aまでを特集しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 『ハーゲンダッツ』から、お茶を使った新作が2種、期間限定で登場しますよ~♫ クリスピーサンドシリーズの「抹茶のクレームブリュレ」。ミニカップシリーズの「ほうじ茶ラテ」。“こりゃ、どっちも食べちゃうな”と思ったそこのあなた! それ、正解です(笑)♡5/21(火)発売。あなたはどっちから味わう?クリスピーサンドの「抹茶のクレームブリュレ」は、サクサク食感の抹茶ウエハースで、ほろ苦いカラメルソースがプラスされた抹茶カスタードアイスクリームと、カラメルパウダーが入ったカラメルコーティングをサンド。かぶっと豪快にかじりついて❤「抹茶のクレームブリュレ」(¥272)ミニカップの「ほうじ茶ラテ」は、2つのほうじ茶ラテアイスクリームがマーブル状に入っています。ひとつは上品なほうじのうま味とミルクのコクを感じられるフレーバー、もうひとつはキレがあり爽やかで香りの高いフレーバーです。その味の違い、分かるかな?「ほうじ茶ラテ」(¥272)→『ハーゲンダッツ』公式サイトはこちらから
  • 日本の伝統的な美術や工芸の要素をベースに、媒体にとらわれない活動で高く評価される美術家のミヤケマイと、ファッションをテーマに、衣装や彫刻など多彩な表現を展開する現代美術家のオロール・ティブー。2人の女性作家によるコラボレーション展「箱入り娘_Les Modesties」が、ワコールスタディホール京都 ギャラリーにて、2019年6月22日(土)まで開催中だ。 ミヤケマイ(左)とオロール・ティブー(右)の作品にはいずれもワコールのレースが使われている。 ミヤケマイは日本人の繊細な美意識や感覚を、工芸から人工知能のようなテクノロジーまでを手工芸品として同列に扱い。過去、現在、未来を繋ぐことによって物事の本質を問う作品を発表してきた人。骨董、工芸、現代美術、デザイン、プロダクト、文学など、既存のジャンルを自由に横断しながら制作を行ってきた。2018年からは「SHISEIDO THE STORE」のウィンドウギャラリーのアートディレクターに就任、その手腕を発揮している。一方、オロール・ティブーはファッション、テキスタイル、コスチュームデザインのクリエイティブ・ディレクター。メゾン・マルタン・マルジェラなどのオートクチュールハウスに勤務しながら自身のユニークなデザインを立ち上げた彼女は、2013年にはパリ市からファッション部門でクリエイション大賞を授与されるなど、多方面から注目を集めている。 ミヤケマイの作品とオロール・ティブーの作品が混在する空間。繊細な作品たちがそれぞれに与える影響も感じ取って。ともに京都の伝統工芸の職人との協働を経験している2人。ミヤケは現在京都造形大学特任教授も務めている。また、ティブーには2015年にアンスティチュ・フランセ日本が運営するアーティスト・イン・レジデンス、ヴィラ九条山のレジデントとして、型染めと友禅という日本の伝統技法を新たな視点から見直し、新しいテキスタイル作品を作り出した経験が。ちなみに、パリと京都は姉妹都市でもある。本展はそんな2人がワコールのレースを使い、京都の職人の技術を使って制作した作品が見られる、またとない機会。伝統と現代性、繊細さやノスタルジックな部分などで共通する2人の作品が共存することで醸し出される空気を楽しんで。ミヤケマイ / オロール・ティブー「箱入り娘_Les Modesties」会期:〜2019年6月22日(土)会場:ワコールスタディホール京都 ギャラリー(京都市南区西九条北ノ内町6ワコール新京都ビル)時間:10:00~20:00(土曜~17:30)休館日:日曜・月曜・祝日入場料:無料075-556-0236https://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/   text : Shiyo Yamashita
  • 鍛え抜かれたしなやかな肉体が躍動した瞬間、服のシルエットはより美しく研ぎ澄まされ、まとう人も、服も輝きを増した――。今季のビッグトレンドでもあるアスレジャースタイルをフェンシングと近代五種で活躍する注目の才能が着こなす。2020年のオリンピックに向け時代が変わろうとしている今、モードの世界を切り拓くのは新ヒロインだ。フェンシングのスピリットをハイモードな装いにのせてシャツ¥77,000・パンツ¥91,000・ハーネス¥115,000・コート¥179,000/ドリス ヴァン ノッテン イヤーカフ(左耳)¥62,000/THE WALL SHOWROOM(ラッツェル アンド ウォルフ)袖部分に潔くブラックの染めが施された端正なシャツを彩るのは、フェザーやビーズが編み込まれたハーネス。それは中世貴族や騎士のスタイルを連想させる。才藤さんが手にしているのは本人が実際に使っているフェンシング用のマスク。騎士道が起源というそのスピリットとハイモードの掛け合わせは、強くて美しい女性像を生み出す。ウエストにはスポーティなコートをラフに巻いてモダニティを演出。 リズミカルなステップでサイクリングパンツを軽快にブルゾン¥120,000・Tシャツ¥24,000・中に着たトップス¥33,000・ショーツ¥51,000・靴¥46,000(すべてマリーン セル)・ハンドカフ(右手)¥168,000・アンクレット(左脚)¥56,000・イヤーカフ(左耳)¥85,000(すべてラッツェル アンド ウォルフ)/THE WALL SHOWROOM引き締まった脚線で、フェンシングのフットワークを機敏に運べば今季のイットアイテムであるサイクリングパンツが、タフなムードに。構築的なデザインのブルゾンとミニマルなボトムの対比がコンテンポラリーに映える。 バックスタイルが際立つミニマルなボディスーツボディスーツ¥120,000・パンツ¥175,000・ベルト¥101,000・ヘアバンド¥28,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)「普段からスポーティなスタイルが多いのですが、このプラダのような大胆なものはあまり着ないので新鮮でした」と才藤さん。大胆にU字にカッティングされたバックスタイルも、しなやかな筋肉のボディラインに美しく映える。クラシックさとガーリーなエッセンスを感じさせるヘアバンドを添え、スポーツテイストをプラダらしく新鮮にアップデート。 羽のように優美に広がるサテンドレスで飛翔するドレス¥99,000・パンツ¥19,000・靴¥49,000/TOGA 原宿店(トーガ) ブラトップ¥18,000/スーパー エー マーケット(ヌースウィム) ネックレス¥39,000・イヤーカフ(左耳)¥51,000・ハンドカフ(左手)¥170,000・リング(右手人さし指)¥18,000・(右手中指)¥38,000/THE WALL SHOWROOM(ラッツェル アンド ウォルフ)袖やウエストに立体的なシャーリングが施された、軽やかでドレッシーなサテンドレスにジャージ素材のパンツを合わせ現代のムードを捉えたルック。彫刻のように無駄のない肉体がドレスの柔らかな質感とコントラストを描く。たくましさと優雅さを備えた多面体の魅力が開花する。 世界一過酷な競技を制する、若き才能 「普段のスタイルは圧倒的にスキニーパンツ派。ふわふわした服は好きじゃない」とクールに答えたのは近代五種とフェンシングの選手として、東京五輪とその4年後のパリ五輪での活躍を期待される才藤歩夢選手。手足の長い、均整のとれた恵まれたスタイルで、ハイブランドの服を華麗に着こなした。  日本ではあまりなじみのない近代五種という競技を才藤選手はひと言で「過酷」と表現する。それもそのはず、馬術、水泳、フェンシング、レーザーラン(射撃、ランニング)の五種目を一日で競い合うというハードな複合競技であるため。近代オリンピックの父、クーベルタン男爵が古代オリンピックの競技をならい創設したという、歴史と由緒ある種目でもある。日本での競技人口は少ないが、才藤選手が出合ったのは必然だった。 「父が近代五種の選手でした。体を動かすのはもともと好きだったので父に促されるまま幼い頃から泳いだり、走ったり、乗馬をやっているうちに気がついたら5種目をやっていた、という感じです(笑)。実は飽きっぽいので、いろいろな種目ができるのは自分に合っていたのかも」  近代五種やフェンシングの遠征で多忙を極める中、気持ちの切り替えに成功の鍵があると語る。 「トップ選手を見ていると、追い詰められて試合に臨むよりも、競技そのものを楽しんでいるような姿が印象的です。見る側としても、そういう選手を応援したくなりますよね。私も気持ちの切り替えをうまくして、そこを目指したい。ぜひ会場で競技を見ていただきたいのですが、迫力のある試合運びはもちろん、意外と選手の休憩時間も人それぞれで素が出て面白いと思います。私は誰かとしゃべってリラックスする派なんですけどね」 Ayumu Saito/さいとう あゆむ 1996年生まれ、東京都出身。近代五種&フェンシング選手。ソウル五輪に出場し、ロンドン五輪で近代五種の監督を務めた才藤浩を父に持つ。自身は近代五種とフェンシングの二刀流で東京、パリ五輪を目指すハイブリッド派だ。試合前はネイルサロンに行って気持ちを切り替えるのがルーティン。 model: Ayumu Saito photography: Akinori Ito〈aosora〉 styling: Fusae Hamada hair: Keiko Tada〈mod’s hair〉 make-up: Yuka Sumimoto〈MARVEE〉 interview & text: Michino Ogura
  • “ウェディングでつま先までお洒落して、最高の1日を楽しんでほしい”。ドレスショップ「ウーアンジュ」のデザイナー・渡辺若葉氏の想いから生まれた、ジェルネイル専門サロン「ウーアンジュネイル」がオープンを迎えた。 経験豊富なネイリストが手掛けるデザインは、品の良いエレガントなスタイルとモードなエッセンスを程よくミックス。今のトレンドを感じさせながら、女性自身が持つ個性を引き立てるデザインは、ウーアンジュのドレスに通じる魅力がある。指先に唯一無二のオリジナリティを宿す、遊び心あふれる手書きアートも必見だ。(シンプルコース¥8,000、アートコース¥9,000~) パリのアパルトマンを思わせる心地よい空間で、優雅なひとときをおくれる新たなビューティスポット。仕事帰りやショッピングのついでに寄れる、代官山駅すぐというアクセスの良さも嬉しいポイント。ウェディングドレスのテイストに合わせてデザインを相談できるので、トータルコーディネートにこだわりたい花嫁はぜひチェックしてほしい。 ウーアンジュネイル住所:東京都渋谷区恵比寿西1-34-15 ヒルズ代官山201営業:10:30~21:00(定休日:火曜・木曜、その他不定休)http://w-ange.com/03-6427-0566
関連キーワード

RECOMMEND