いくつもの記憶が引っ張り出される『公園へ行かないか?火曜日に』【オススメ☆BOOK】

DAILY MORE

最近発売された話題の本や永遠に愛される名作などから、キーワードに沿った2冊のイチ押し&3冊のおすすめBOOKをご紹介します。

【今月のキーワード】ページをめくるひととき、アメリカに暮らす

2016年、秋。柴崎友香はアメリカにいた。アイオワ大学のインターナショナル・ライティング・プログラムに参加して、アイオワで、旅に出たニューオーリンズやN.Y.で、異国の時間と言語が、生活が、「日常」に近づき溶けていくさまを見つめていた。《グーグルマップス》を頼り、写真を撮り、《夜になった道路》を歩いたり、博物館を訪れたり。世界33カ国から集まった作家たちと語りあい、語りきれぬままに言語について考えたり。そうして3 カ月を過ごした後に帰国し、その体験をもとに11の短編を書きつづったのが『公園へ行かないか? 火曜日に』だ。エッセイにも似たこの小説を読むうち、気づけば読者は、いくつもの土地を訪れるようにして、いくつもの「記憶」に立ち会っている。主人公・トモカの記憶に読み手の記憶が引っぱり出され、アメリカという土地の記憶と小説の記憶が混じりあって頭の中をいっぱいにする。描かれた時間は先へ進むと同時に、深く過去へものびていく。自分と世界の関係を変形させ更新してくれる、こんなにも強く愛おしい小説があるのだ。

【イチ押しBOOK1】柴崎友香さんの、『公園へ行かないか?火曜日に』

かつて《アメリカは、音楽や映画や小説のことで、ほとんどフィクションだった》と書く作家が、3 カ月の滞在で見出したアメリカの姿。現在と過去が重層的に描かれる小説集。(新潮社 ¥1700)

【イチ押しBOOK2】近藤聡乃さんの、『ニューヨークで考え中』

トモカがアンドリュー・ワイエスの『クリスティーナの世界』を見たMoMAで、アキノはモネの『睡蓮』を見る。2008年からN.Y.に住む近藤聡乃がWEBで連載するエッセイ漫画『ニューヨークで考え中』には、N.Y.の陽が差し、見知らぬ人に靴をほめられる驚きや蛍の美しさ、風邪の日のチキンスープの味が描かれている。生活の実感に彩られた日常のふとした瞬間が、透明な感性によって切り取られて、鮮やかなまま読者のもとへ届けられる。

漫画やアニメーションなどの分野で活躍する作者が単身渡米し、そのまま思いついて始まったN.Y.暮らし。ガイドブックに載った「憧れの街」とはひと味違う、小さな驚きや共感に満ちた日常を体感できるエッセイ漫画。(亜紀書房 ¥1000)

【オススメBOOKSはこの3冊】

『純喫茶とあまいもの』 / 難波里奈さん看板メニューを入口に、都内各所と近郊の喫茶店30店をめぐる一冊。パフェやクリームソーダの立ち姿にサンドイッチの断面、美しい意匠の数々も紹介しながら、小さな空間に満ちる空気を届けてくれる。(誠文堂新光社 ¥1600)
『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』/ ミック・ジャクソンさん〈訳〉田内志文さん怪力ゆえに愛されたり、悪魔と恐れられたりした熊の姿を、ユーモラスに、ときに人間の姿を照射するように描く。《空想世界の深淵に潜》むように絶滅したイギリスの熊を想うための、美しい寓話を8編収める。(東京創元社 ¥1500)
『ほんのきもち』/ 朝吹真理子さんほか作家16人がつづる贈り物の話。おすそ分けに老舗の洋菓子、おかきに漬物etc.。エッセイに、短編小説に、漫画にこめられた「ありがとう」の気持ちがもうひとつの贈り物になる、幸せな構造のアンソロジー。(扶桑社 ¥1600)--------------------MORE2018年11月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 原文/鳥澤 光---------------------♡11月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡

関連記事
  • バレンタインシーズンを目前に、毎年、三越伊勢丹が開催するチョコレートの祭典【サロン・デュ・ショコラ2019(SALON DU CHOCOLAT)】が、東京・新宿NSビルにて、1月29日(火)まで開催中です!【サロン・デュ・ショコラ2019】には過去最高の112ブランドが集結!【サロン・デュ・ショコラ2019】のテーマはズバリ「ショコラは自然の贈りもの」。主役となるカカオをはじめ、ショコラをおいしくたのしく演出してくれるフルーツやナッツ、ミルク、ハーブ、スパイスなどさまざまな原料はすべて、自然からの恵み。そのことに感謝しながら、まったく新しいチョコレートスイーツやフードが堪能できる、バレンタインシーズン恒例の大人気ショコラフェスです。今回は、ラッキーにも前夜祭に潜入できたエディター沖島おすすめの必食ショコラブランド&スイーツ16選をお届けします。食いしん坊エディター厳選【サロン・デュ・ショコラ2019】で体験すべき16のこと①“第4のチョコ”ルビーチョコレートを試すべし ダーク、ミルク、ホワイトに続く第4のチョコレートとして注目のルビーチョコレート。【サロン・デュ・ショコラ2019】に参加している多くのブランドが新商品を提案しています。カカオの選別&加工技術により、フルーティーで酸味があるきれいなピンク色のチョコが生まれるのだそう。写真はプロフェッショナル向けルビーチョコレート「RB1」を開発した「バリー・カレボー(CALLEBAUT)」社のものです。②インスタ映えも完璧! ルビーチョコレート 1902年創業で王室御用達でもある英ロンドンの老舗「プレスタ(PRESTAT)」からは、カカオポッドの形のルビーチョコトリュフが登場。くるりと回るパッケージにもこだわりが詰まっています。¥3780③【サロン・デュ・ショコラ2019】限定イートインスイーツは並んででも食べるべし 今回の【サロン・デュ・ショコラ2019】ではイートインスペースが大充実。2007年のワールド チョコレート マスターズ 世界大会で優勝経験を持つ水野直己さんが手がける「ナオミ ミズノ」のイートインカウンターでは、では、ルビーチョコレートを使ったスイーツが楽しめます。ルビー(一人前)¥1890④チョコレートがけのホットドッグ!? 「ジョンズホットドッグデリ×フリスホルム」 デンマーク製のソーセージに、カカオニブ&チェリーワインをブレンドしたカカオマスタードとチョコチリソース(ともに購入可・各¥2268)、そしてチョコレートをトッピングしたユニークなホットドッグ。言葉では説明しきれないのでとにかく食べてみてください(笑)。¥850⑤イケメンシェフたちが腕によりをかけた「ル・グルニエ・ア・パン」のアンバーガー・オ・ショコラ チョコレート入りの生地に、刻んだチョコを入れて焼き上げるブリオッシュを使っだ斬新なハンバーガー! サロン・デュ・ショコラ限定の変り種です。¥1080⑥「ブルガリ イル・チョコラート」のブリオッシュ・コン・ジェラートを手に、隣のフォトブースで写真を撮るべし ミルクたっぷり&バターのかわりにオリーブオイルを使ってふんわり焼き上げたブリオッシュに、バニラ&チョコレートの自家製ジェラートをサンドイッチ。パンに挟んでジェラートをいただくイタリアの定番ドルチェを堪能しましょう! 隣のフォトブースで写真を撮って♪¥1001⑦気のきいたおもたせに!「アマゾンカカオ」のアマゾンカカオもなか 世界のカカオ生産量のうち、たった5%しか獲れないペルー産の希少な最高品種「クリオロ種」のアマゾンカカオを使用したガナッシュと「春華堂」の十勝あずきを、ココアパウダーを練りこんだクリスピーなもなか皮にサンドしていただく和洋折衷スイーツ。12個入り¥3800⑧「アルノー・ラエール パリ」のクレープでパリジェンヌを気取る フランスでは2月2日、聖燭祭(ラ・シャンドルール)にクレープを食べる習慣があるそう。そのムードをまるごと直輸入! 赤い果実の香りと強い酸味が特徴のチョコレート「アルトエルソル65%」をクリームに使用した、心地よいアロマがふわっと香るクレープです。キャラメル サレ ショコラ¥890⑨日本初上陸ショコラをチェック! スイス発「ミスター&ミセスルヌー」 ヴァネッサ&クリストフ・ルヌーさん夫妻が手がけるジュネーブのショコラティエが日本初上陸! チョコで包んださっくりサブレに、ヘーゼルナッツ、フランボワーズ、ゆず、キャラメル、バニラ、ピュアショコラの6フレーバーをサンド。マックサブレ6個入り ¥4104 ⑩「死海の塩」入りチョコを食べてみる 気鋭の女性シェフ、イカ・コーエンさんのイスラエル発「イカ チョコレート(IKA CHOCOLATE)」も日本初上陸。一般の海水の約30倍ものミネラルを含むという死海の塩のうまみを生かした、甘さ控えめのショコラタブレットです。5個入り¥2430⑪ビーン トゥー バーの先駆け「ミニマル」のチョコレートテリーヌ カカオ本来の味わいをチョコに生かす“Bean to Bar”にこだわり続ける人気ブランド渾身の新製品は、濃厚でなめらかなチョコレートテリーヌ。果実&スパイス感あふれるコロンビア・シエラネバダ産のカカオを使用しています。1本¥3510⑫アロマ生チョコ専門店の【サロン・デュ・ショコラ2019】限定フレーバーを買う コロンビアの自社農園で栽培したカカオを日本に直送してハンドメイドする生チョコが大人気。甘みとほろ苦さにこだわった自家製生キャラメルフレーバーは【サロン・デュ・ショコラ2019】でしか買えないバレンタイン限定品です。16粒¥1944⑬「カンタン・バイィ」のスマイルチョコでみんなを笑顔にする 左からバニラ、ヘーゼルナッツ&アーモンドのプラリネ、キャラメルフランボワーズ、レモンキャラメル(すっぱい)、パッション&マンゴー&ココナッツキャラメルをそれぞれホワイトチョコでコーティング。中身によって表情が違うんですって、可愛い! コフレ ブール スマイレー¥2808⑭中にお手紙が入れられる「カカオ サンパカ」のチョコレートベア ショーケースから訴えかけてくるつぶらな瞳に、思わず足を止める報道陣多数! 熟練の職人がひとつひとつ丁寧にハンドメイドするくまちゃんの中には、底のホールからこっそりメッセージを入れられます。ハートベア カロ(数量限定)¥11880⑮お酒好きなあの人に! 超人気日本酒とチョコレートのマリアージュ 日本を代表するパティシエ、辻口博啓さんの和スイーツブランド「和楽紅屋」からは、純米大吟醸「獺祭」(磨き二割三分)とコラボした獺祭抹茶トリュフが! パリ本場の【サロン・デュ・ショコラ】でも大好評だったそう。6個入り¥2160・8個入り¥2700⑯全買いすべき「ジャン=ポール・エヴァン」のテイクアウトスイーツ 歩き疲れたら【サロン・デュ・ショコラ2019】最大規模の人気ブランドブースへ!(上)ショコラ フラッペ ティラミス¥945・(右)タルトレット オ ショコラ スフレ¥864・(左)フイユテ ショコラ ノワール¥994いかがでしたか? 世界中のパティシエやショコラティエ、シェフのみなさんが次々に繰り出す、実に情熱たっぷりでユニークな、カカオやチョコレートに対する愛いっぱいのアプローチに、ちょっぴり感動すら覚えるスペシャルな空間です。開催は1月29日(火)まで。お仕事帰りや休日に、ぜひお出かけになってみてくださいね。【SALON DU CHOCOLAT(サロン・デュ・ショコラ)2019】公式サイトはこちら【バレンタイン2019】記事まとめはこちらから【合わせて読みたい】2019年のバレンタイン、何着てく!?取材・文/沖島麻美 【サロン・デュ・ショコラ2019(SALON DU CHOCOLAT)】 開催期間/2019年1月23日(水)~29日(火) 場所/新宿NSビル地階=イベントホール(東京都庁舎となり) 営業時間/午前10時~午後8時 ※入場には有料チケット(エムアイカード会員¥500・一般¥600)が必要です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
  • こんにちは!今回は、京王プラザホテル新宿にある樹林のスイーツビュッフェに行ってきたので紹介します✨ この時期はストロベリースイーツビュッフェで、アリスインワンダーランドがテーマになっていました❤️ ケーキが並んでいる様子がこちら✨ チェシャ猫やトランプなど、物語をイメージした約30種類の可愛いスイーツが並んでいます! パンやサンドイッチ、パスタやチキン等もあり、スイーツの間に食べるのに助かりました笑 プリンやゼリー、アイスもあったので、様々な種類のスイーツが楽しめました。 食べる前に写真☺️ おかわりもしたので、この倍以上のスイーツを食べました…笑 可愛くて美味しいスイーツ食べ放題。 みなさんもぜひ行ってみてください✨ インスタグラムも更新しているので、見てください!カワイイ選抜 No.12 辛島千咲のブログ
  • ヒュー・ジャックマン『グレイテスト・ショーマン』(2018年公開)の大ヒットも記憶に新しいヒュー・ジャックマンが、主演映画最新作『フロントランナー』を引っさげて来日。1月21日に日本記者クラブで開催された来日記者会見に登壇した。 本作でヒューが演じたのは、ジョン・F・ケネディの再来とされ、アメリカ大統領選挙で当選確実とされていた政治家ゲイリー・ハート役。ところが選挙前のあるスキャンダルの報道により、政界を失脚されてしまう。 メガホンをとったのは、『マイレージ、マイライフ』(09)ジェイソン・ライトマン監督で、ヒューは「以前から一緒に仕事をしたいと願っていた、とても素晴らしい才能をもった監督だ」と手放しで彼を称える。 また、本作のストーリーにもとても惹かれたそうだ。「本作は、大統領になるとされていた男が政界から転落する3週間を描くストーリー。ぜひチャレンジしたいと思った。それに僕は大学時代に選考していたのが、ジャーナリズムなんだ。もし、俳優になっていなかったら、みなさんのように記者席にいたかもしれない」と、自身のキャリアについても語った。 ゲイリー・ハートについては「当時も今も理想主義者。若い人をインスパイアさせるものを持ち合わせた人」と惨事を惜しまない。「JFKの再来と言われ、確かに政治家として10年先を見こしていた人だ。たとえばスティーブ・ジョブズとガレージでランチを取りながら『これからはコンピュータの時代になる』といった話をしたりしていたそうだ」 政治とスキャンダルをいろんな角度から描き、群像劇としても見応えのある本作。ヒューは「観たあとで必ずいろんな議論が生まれる映画だと思う」と力強くアピール。彼の硬派な演技も見どころのはず!『フロントランナー』 監督:ジェイソン・ライトマン出演:ヒュー・ジャックマン、ヴェラ・ファーミガ、J.K.シモンズ、アルフレッド・モリーナほか2月1日(金)、全国ロードショー!http://www.frontrunner-movie.jp©2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved. Text/山崎伸子
  • 女優の杏さんと画家の山口晃さん。美しい月が浮かぶ秋らしい手紙からひと月で、冬仕様に早変わり。山口さんからのギフトにまつわる問いに対して、杏さんは衝撃の事実を公開⁉ 山口さんからのお返事は3月号をチェック Amazonで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 杏さん、山口晃さんへのお便りはこちら: あん●1986年東京都生まれ。モデル・女優。TBS系「世界遺産」(毎週日曜18時〜)でナレーター、ラジオJ-WAVE「BOOK BAR」(毎週土曜22時〜)でナビゲーターを務める。公開中の映画『グリンチ』の吹き替えに参加。 SOURCE:SPUR 2018年2月号「杏と山口晃の談話室A」illustration & text:Anne edit:Michino Ogura
  • ずーっと気になっていた、東京・碑文谷にあるカフェ「henteco 森の洋菓子店」に行ってきましたー\( ´ω` )/♡ 店名にもついているように、こちらのカフェにはちょっぴり"henteco(へんてこ)"な、とっても愛らしくてかわいいフードやスイーツがあるんです!♡ それがこちらー♡くまライス"どうぶつクッキーの乗せ盛り"ベイクドチーズケーキかっ!かわいいいぃぃい!♡ どちらも食べるのがもったいないくらい、かわいすぎるー♡_(:3」∠)_ これはSNS映えしそう…! "くまさん"のなんともいえない表情…♡ 絶妙な"henteco"感がじわじわくる!♡かわいいだけでなく、お味もこだわっていらっしゃっていて、もちろん◎ デミソース風味のライスでできている"くまさん"とふわふわ卵、野菜、チキンを一緒にいただくとオムライス風に♩ おいしすぎるー\( ´ω` )/♡ケーキやパフェといったスイーツには、プラス400円でどうぶつクッキーを乗せ盛りすることができます!♡ 私は看板スイーツと店員さんに勧めていただいた「ベイクドチーズケーキ」に"りすさん"を乗せ盛りしてもらいました♡♡♡どうぶつクッキーは、とっても人気なので15時のおやつごろには完売してしまうことも…! 私たちはお散歩しながら行ったので、14時ごろでしたが、その時も残りわずかの状態だったので、どうぶつクッキーを食べたい!という方はお早めの来店がオススメです◎食べるのがもったいないー!と言いつつ、おいしすぎて、デザートまであっという間にペロッと完食(゚∀゚)笑 店内も落ち着いた雰囲気で、まったりと過ごすことができました♡ またぜひ、他のどうぶつたちを食べに行きたいー!♡ カワイイもの好きのモアガールにはとってもオススメのカフェです\( ´ω` )/♡モアハピ部 No.510 MIYU のブログ
  • 映画を観たり、料理をしたり。家でゆっくり過ごす日は保湿のチャンス! 人目を気にせずすっぴんで美容液を"しょっちゅう塗り"したり、シルクのルームウェアで肌を喜ばせたり、身も肌も心も潤っちゃいましょ♪【おこもり保湿】一日中家で過ごす日は、潤い貯金のチャンス!美容家 小林ひろ美 保湿ケアした上から、サポーターやシルクスカーフ、ラップなどで物理的にふたをして、映画を観たり料理をしたり。パーカのフードをかぶって、自らを蒸しまくるのもおこもり保湿の定番コース。美容ジャーナリスト 鵜飼香子 「肌の隣は天然素材」 好きな香りを焚いて、心に潤いを。天然素材、特にシルクを身につけると全身ツルスベに。(右から)「心からリラックスできる」。エッセンシャルオイル フランキンセンス 5 ㎖ ¥3700/ニールズヤード レメディーズ 「おしゃれなデザインが多い」。かぐれ シルク半袖インナー BLACK ¥6500/アーバンリサーチ プレスルーム「絹の恩恵を手頃な価格で」。マーガレット キャミソール ダークグレー杢¥2750/シルクふぁみりぃ美容ジャーナリスト 小田ユイコ 「暇さえあれば小分けパック」 すっぴんdayは、塗るマスクを"しょっちゅう塗り”して集中保湿。「洗い流し不要の オールインワン美容液マスクで、肌疲れ&乾燥をリセット。個包装は旅先にも便利」。ベネフィーク リペアジーニアス 1.3㎖×12包 ¥6500/資生堂撮影/さとうしんすけ 取材・原文/長田杏奈 ※2019年BAILA2月号掲載
  • 今もリスペクトされ続ける稀代の絵師、葛飾北斎の作品を集めた「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」が森アーツセンターギャラリーにて開催。北斎研究で有名な永田生慈氏が集めた膨大なコレクションを中心に、北斎が使ってきた画号や作風の変遷を、年代を追ってわかりやすく展示しています。30もの画号を使っていた北斎。その中でも「画狂老人卍」という名前のセンスが新しすぎる、と最近話題になっていましたが、こちらの晩年の名義の作品も展示されています。 まずは「春朗」名義の時代から。少年時代は貸本屋の小僧として働き、14歳頃から版木彫の仕事をしていたらしい叩き上げの北斎(本名は鉄蔵。また名前が増えました)。絵師になったのは19歳と言われています。肉筆画で人気の勝川派に入門しました。 撮影OKコーナー。飛び出す絵本のように絵を組み立てて立体感を出す、組上げ灯籠絵です。「葛飾北斎」期。 その初期の「春朗」期は江戸時代の街並や風俗を詳細に描き込んでいて、まじめな性格が伝わってきます。美人画もいいですが、気になったのは当時の子どもたちの遊び。「風流五節句子供遊」の、笛を吹きながら鼻の上に棒をのせてバランスを取る少年、「風流見立狂言 すゑ広」の下半身を露わに部屋で楽しそうに踊る少年など、フリーダムな空気が伝わってきます。 ゴッホの「ひまわり」以前に、北斎が「画狂老人卍」として「ひまわり」を描いていました。「向日葵図」を描くことで、死を前に生命力を感じたかったのかもしれません。 北斎は30代半ばになって勝川派を離脱、琳派の俵屋宗理を襲名しました。肉筆画で女性を描いた作品、風景画の版画など、絵師としても充実しているのが伝わってきて、線にも自信が漂っています。手前は「狂歌歳旦江戸紫」。人物が後ろ向きでシュールなタッチです。「宗理」期の作品。 風景画は亀戸や両国、日本堤、吾妻橋といった今もある地名が出てきて変化を比べるのも楽しいです。驚いたのは日本橋や吉原の絵に富士山が描かれていること。高い建物がなかったから江戸からも霊峰が望めたんですね。富士山があるだけでテンションが上がります。「画本狂歌山満多山」のシリーズの中に、江戸男子が股引をレギンスっぽくはきこなしている絵が。北斎の描く江戸時代の人々は、着こなしのこなれ感が半端ないです。 続いては「葛飾北斎」期。40代後半の時は肉筆画や本の挿絵、版画などで人気を誇っていました。「東海道五十三次」シリーズ、かるた、文字で構成された「文字絵」、軽いタッチの略画技法「鳥羽絵」、江戸の笑いが凝縮された「狂句入戯画」や「謎かけ戯画」、絵を切り抜いて組み立てる「組上げ灯籠絵」など、怒濤の勢いでたくさんのジャンルに挑戦しています。江戸の笑いのツボが理解できないのが残念ですが、知的な笑いのセンスを感じました。「戴斗」期には絵手本「北斎漫画」を生み出しました。「漫画」とは「漫然と描く」という意味だそうです。流れるようなタッチとシンプルな線であらゆるポーズを的確に表現していました。波の描きかたから櫛のデザイン集、何かの踊りの振り付け、洗濯する人、居眠りする人のポーズ集、etc.……。今でいう版権フリーイラスト集みたいなものでしょうか。天才絵師なのに何でもやっています。「為一」期には旅ブームに乗って風景画も多数描き、根付 やタバコ入れの図案集まで出し、「画狂老人卍」時代も新たな画法を追求したり、人生五十年と言われた時代に精力的すぎです。年だからといって、守りに入ったり、あきらめないで良いと北斎に教えられます。北斎を象徴する「為一」期の「冨嶽三十六景」シリーズ。普遍的なかっこよさです。 これだけの仕事量でお金がたまらなかったのは、管理がどんぶり勘定だったのと、引っ越し癖のせいのようです。絵を描くことだけに集中するため、料理も掃除もしないで汚れたら引っ越しするというスタンス。93回も引っ越ししたと伝えられています。画風にも家にも執着せず、何にもとらわれないで自由にスタイルを変えています。文字で出来ている文字絵。現代人には解読不可能でしたが……。左は小野小町で右は僧正遍昭。「葛飾北斎」期。 「葛飾北斎」期の作品に、「蛸図」があり、その隣に「酔余美人図」が展示されていました。これはもしや伏線? いたずらな瞳の蛸の隣に、酔いつぶれて寝ている美女の姿が。この次の展開は、もしかして……。北斎先生のもう一つの顔、「鉄棒ぬらぬら」名義による春画が連想されます。美女と蛸が絡み合う春画の名作「蛸と海女」を想起せずにはいられません。きっと展示会場のどこかに、カーテンで仕切られた禁断のコーナーがあるのでは?伏線では?と期待したのですが……春画は今回、ありませんでした。全体的にまっとうな展示でした。 でも、音声ガイドに流れた北斎の死ぬ間際のセリフ、「天があと十年、五年生かしてくれれば本当の絵師になれただろう」という言葉に静かに感動し、春画がなくても心が満たされました。「戴斗」期の絵手本の中に不思議な物体が。天文関係の計測器でしょうか。 「新・北斎展 HOKUSAI UPDATE」 期間:~2019年3月24日(日)時間:10:00~20:00(火曜は17:00まで。入場は閉館30分前まで)休館日:1月29日(火)、2月29日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)は開館。場所:森アーツセンターギャラリー東京都港区六本木6-10-1https://hokusai2019.jp/ >>ローマから渋谷まで廃墟化する諸行無常な展示「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」展 #38 >>格調が高すぎる「皇室ゆかりの美術」展 #37 >>ムンクの北欧美的センス #36 #ムンク展 >>「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」展で邪気を浄化 #35 #醍醐寺 >>藤田嗣治と猫と女#34 #藤田展
  • 仕事柄、差入れや手土産をいただいたり、選んだりする事が多いです。 ここ数年はこちらのお店のスイーツが大人気。 そのスイーツのお店は世田谷の等々力にある「PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI」 2015年に岩柳麻子さんがオープンしたお店。 昨年、お店を増築し、パルフェやケーキ以外に、日本茶やクレープ、ガレットまで! 2年前、初めていただいたのは、パヴェというチョコレート菓子。 甘み・塩味・酸味・苦味のバランスが絶妙 食感、味、ぬけていく香り、本当に最高です。 小分けになっているので、差し入れにはぴったり。 また、デパート等におろしていないので、その希少性は手土産に最適。 もちろん、プライベートでもよく買いに走ります!キャラメル(ベージュ)、ノアール(黒)、抹茶(緑) ドライトマト(白)、ロイヤルミルクティー(茶)、クランベリー(赤) お勧めはキャラメル!元々店内のパルフェが有名なこちらのお店。 昨年10月にオープンした2店目ではついにパルフェのテイクアウトも! 抹茶、フルーツに、チーズ。見事な調和!!最高に幸せでした~ドライフルーツバターサンドも!! (写真が分かりにくく、すみません、左上のシルバー包装のものです) すもものドライフルーツバターサンド、絶品です疲れもふっとぶ、素敵なスイーツたち。 もちろん、ケーキもおすすめです。 これからも、まだまだ通います! 美女組No.155 ritsukoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND