唐田えりかが使っているのは『Spigen』のクリアケース♡【モデルのオフショット:スマホケース編】

DAILY MORE

結局シンプルがいちばん好きだから『Spigen(シュピゲン)』のクリアケースを使っています! あれ? 写真を撮ったら面白いことになりました(笑)。これもクリアケースならでは?

10/12(金)より公開中の映画『覚悟はいいかそこの女子。』にヒロイン役として出演しています! 楽しい作品なのでぜひ観てください♪♡唐田えりかちゃんの記事をさらにチェック♡

関連記事
  • 映画「クレイジーリッチ」の影響でどうしてもシンガポールに行きたくなり、一泊二日で旅行してきました。 丸1日かけて出かけたスポットとお買い物情報をお届けします。こちらは後編です!オーチャードのDFSへ移動して、shopping♪シンガポール旅行後編です! さてさてチャイナタウンから戻り、一旦ホテルに荷物を置いて、次はホテル隣のDFSへ。 ローファーがあったら欲しいなぁ、くらいで覗いてみたのですが、ブランド数も品揃えもよくて結局こちらでも購入。GUCCIのローファーと迷っ担ですが、フェラガモのスリッポンを購入しました! リボンがかわいい!これからの季節にヘビロテ決定です。 TWGで自宅用の紅茶とマカロンを購入♪夕飯まで時間があったので、せっかくだからシンガポールの紅茶ブランドTWGでお茶したい! と思い、IONオーチャード内にあるTWGを訪れたんですが、さすがアフタヌーンティーのお時間。 超混雑でティータイムを早々に諦め、自宅用の紅茶とマカロンを購入しました♪ 通常のお茶も美味しいんですが、せっかくなのでクリスマスブレンドに! フルーティーなお味のブレンドでした。美味しい! そしてマカロンは、全種購入! こちらもクリスマス限定のマカロンも! うちに帰って紅茶と一緒にいただきました。贅沢なお味♡TWG店内TWGのマカロンTWGクリスマスエディション夕飯はIONオーチャードにあるフード・オペラで!シンガポールの人は、朝、昼、晩全て外食するのがスタンダードということで、どの時間帯もお店は大混雑! お昼もフードコートだったけど、夜もフードコートをチョイス。 今回は食よりも手軽に食べられて時間を節約することを優先しました。 で、フード・オペラでいただいたのだラクサ!シンガポールに来たならどうしてもラクサを食べたいと思っていたので、ホテル近くで探して行きついたのがここでした。 思ったより辛くなく、ちょっと甘めで日本人にも合うお味でした。 マリーナ・ベイ・サンズのSPECTRA〜光と水のシンフォニー〜へこの時点で19時を過ぎていたので、マリーナ・ベイ・サンズで毎晩行われているSPECTRA〜光と水のシンフォニー〜を観に行くために地下鉄をかっ飛ばします! このショーは、20時と21時の2回行われているそうで、私は20時の回が間に合わなかったので、21時の回を観ました。 それまではマリーナ・ベイ・サンズの中をウィンドウショッピング。 すでにクリスマス感が満載でツリーや装飾がキラキラ!そして時間が近づいてきたので、外に出て場所取り!と思ったのですが、 それほど大混雑でもなく、運よく真ん中の前の方に座ることができました。 ショーの間は何度も光の色が変わったり、噴水の中を光の鳥が舞ったり見とれてしまいました。 音楽も壮大で、あっという間の15分間でした。 まだ元気があったら、マリーナ・ベイ・サンズの55階にあるチーズ & チョコレートバーにも行ってみたかったんですが、それはまた次回の機会に・・・! 早朝から動き回って、すごく長い1日でしたが大満喫! たった1日でもこれだけ満喫できるので、今度はまたゆっくり落ち着いて行きたいと思います♪ 最後に、チャンギ空港のラウンジでまたラクサを食べて帰りましたw美女組No.143 ASUKAのブログ
  • アーティスティックなアプローチに磨きがかかり、個性豊かな提案が際立った 2 ADEAM アディアム流ナイトクラブ・スタイルはオフショルダーに男前ベストというミックスマッチ3 ANNA SUI ブロケードのセットアップに南国風のシャツドレスをイン。異国情緒漂う独自ワールドを展開4 CALVIN KLEIN 205W39NYC 映画『ジョーズ』(’75)と『卒業』(’67)に着想。遊び心あふれるアメリカン・アカデミックスタイル5 CLAUDIA LI 初ランウェイは故郷のニュージーランドに思いを馳せ、軽やかなリアルクローズを発表した6 COACH 得意のプレーリードレスはヴィクトリア風に進化。モカシンとフリンジバッグで味つけ7 ECKHAUS LATTA タイトなTシャツドレスなど90年代的アイテムをアーティなアプローチで洗練させた8 KATE SPADE NEW YORK ニコラ・グラスによる初コレクションは、ラベンダーやピンクで大人に似合う"可愛い"を描く9 LONGCHAMP スエードやフリンジ、パイソンを多用し、リュクスなウェスタンワードローブが続々登場10 MARC JACOBS ロマンスあふれるショーにはとろける質感のコートなどリアルに使えるアイテムも満載だ11 MARYAM NASSIR ZADEH アヴァンギャルドなウェアと相反するモダンでシックな靴とバッグの提案が粋12 MICHAEL KORS COLLECTION 世界のビーチに着想。ファーストルックのトロピカルプリントが陽気なムードを誘う13 MILLY NY流ネオンカラーは、スポーティかつエフォートレスな気分で取り入れたい14 MONSE ロープモチーフを主軸に定番服を再構築。サンダルはドクターマーチンとのコラボ15 PRABAL GURUNG ネパールのタルチョを彷彿とさせるカラーパレットをロング&リーンなシルエットにのせた16 PROENZA SCHOULER オーバーサイズのリラックス感とマニッシュなムードを携えて1年半ぶりにNYにカムバック17 SIES MARJAN コットンとレザー。異素材のワントーンルックは、新時代のワークスタイルを示す好例18 TELFAR 熱狂的なファンを獲得しているテルファーはストリートヴィンテージな究極のリアルクローズ19 TIBI マスキュリン&フェミニンをテーラリングとパステルカラーで軽やかに表現20 TOM FORD トム フォードウーマンはクロコダイルのセットアップとレースをミックスし、力強く歩く21 TORY BURCH メンズライクなシャツの上に、フリルのロングドレスを重ねた、意表をつくスタイリング22 ULLA JOHNSON NYのガーリーを牽引するウラ ジョンソンは南米のエキゾチックなテイストを取り入れた
  • これは、今、この世の中を生きている、私たちのための物語。そんな池井戸潤さんの作品が、またひとつ映像で届けられます。2019年2月1日公開の映画『七つの会議』。平凡な会社生活、会議室に集まる人々も、それぞれに人生というドラマを秘めている。公開前にあらためて、働く人の物語を描く醍醐味を伺いました。 自分の作品は純粋なエンタテインメント 読む方それぞれがページをめくる時間を楽しんでもらえれば十分明日もがんばって仕事をしょうーー作家・池井戸潤さんが世に送り出すのは、働く人が輝く物語。会社に行く足が軽くなる、そんな元気をもらえるストーリー。 「それならよかった。書いている本人は、働き方とか、実はあんまり考えていないんですけどね(笑)。僕が書いているのは純粋なエンタテインメント。読む方それぞれがページをめくる時間を楽しんで、『ああ、面白かったな』と読み終えてもらえれば、それで十分なんです」 2019年2月1日に公開される映画『七つの会議』の原作もまた、そんな思いで送り出された一作。ある小さなきっかけから、企業の内部に巣食う闇があぶり出されるサスペンスフルな物語は、野村萬斎、香川照之、片岡愛之助、北大路欣也など豪華俳優が熱く激しくぶつかり合う“ザ・男のドラマ”なのだが、ここに紅一点で参加し、さわやかな存在感を見せているのが、事務職・浜本優衣役の朝倉あきさん。 「朝倉さんはドラマ『下町ロケット』で技術者の役を演じてくださっていますが、この映画でもとてもいいですね。特に、上司役の及川光博さんと組んで謎を追う凸凹コンビぶりが楽しい。作品に明るさを与えてくださっています」 映画『七つの会議』ある日、寿退社を願い出る優衣。しかし、実は社内での秘密の恋に破れた彼女は、自分の生き方に迷い、新しい道を模索している。優衣の迷いには、きっと誰もが心を寄せるはずだが、作者である池井戸さんは「いやいや、この物語でいちばん危険な箇所ですよ」と苦笑する。 「そもそも、おじさんがうかつに20代の女性の気持ちを書いちゃいけないんです。恋に悩む心情とか、生活とか、少しでも内面に立ち入ったらあっという間に地雷を踏みそうな気がする(笑)。でも、働く人ということであれば、女性も男性も関係ないですからね」 このまま会社で、同じポジションでやっていくのか。本当にやりたいことは何だろう。それは、属性に関わらない、働く人のリアルな迷い。池井戸作品が幅広い年代に読まれ、支持される理由はここにある。 「社会派と呼ばれることがありますが、小説で書いているのは“人”。登場人物たちがそれぞれに問題を発見し、迷いを解決していく……つまり、人生を読み解く物語なんです。それを、できるだけわかりやすく、面白く。映画も、小説を読んだ人にも楽しめる作りになっているので、きっと満足してもらえると思います」池井戸潤池井戸潤1963年岐阜県生まれ。98年、『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年、『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、11年、『下町ロケット』で直木賞。おもな作品に「半沢直樹シリーズ」「花咲舞シリーズ」『空飛ぶタイヤ』『民王』『陸王』『アキラとあきら』など。最新刊は『下町ロケット ゴースト』『下町ロケット ヤタガラス』。 池井戸潤『七つの会議』(集英社文庫)の 購入はこちら ▶   \\ SPECIAL PRESENT //映画『七つの会議』 試写会に、HAPPY PLUS ONE読者・15組30名様をご招待します。奮ってご応募下さい!! 応募は締め切り:2019年1月11日(金)17時 ■映画『七つの会議』 試写会■ ◆日程:2019年1月23日(水) ◆時間:18時 開場 18時30分 開映 ◆場所:よみうりホール(千代田区有楽町1-11-1 読売会館7F) <注意事項> ※当選者には試写状を発送させていただきます。※試写状1枚で2名様まで入場可能です。転売は固くお断りいたします。※試写状に記載されている注意事項を事前にご確認の上、ご参加ください。※試写会は、天候その他やむを得ぬ事情により中止となる場合がございます。 ※いかなる理由があっても、イベント開始時間に遅れた場合はご入場できませんので予めご了承ください。※メディアの取材が入る可能性がございますので、予めご了承ください。 ※録画・録音機器などのお持込は、ご遠慮ください。 映画『七つの会議』2019年2月1日より全国東宝系にてロードショー 都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角はどこの会社にもいる、所謂“ぐうたら社員”。トップセールスマンである課長の坂戸からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しかこなさず、定例の営業会議では傍観しているのみ。絶対的な存在の営業部長・北川が進める結果主義の方針の元で部員が寝る間を惜しんで働く中、一人飄々と日々を送っていた。 ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。そして、下された異動処分。訴えた当事者は年上の部下、八角だった。北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島が新課長として着任する。会社の“顔”である一課で、成績を上げられずに場違いすら感じる原島。誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた……。 原作:池井戸潤『七つの会議』(集英社文庫刊)監督:福澤克雄出演:野村萬斎 香川照之 及川光博 片岡愛之助 音尾琢真 藤森慎吾 朝倉あき 岡田浩暉 木下ほうか 吉田羊土屋太鳳 小泉孝太郎 溝端淳平 春風亭昇太 立川談春 勝村政信 世良公則 鹿賀丈史 橋爪功 北大路欣也http://nanakai-movie.jp (c)2019映画「七つの会議」製作委員会Text/大谷道子
  • ワントーンコーディネート「ワントーンが好きだから、靴を効かせたいのか?靴を効かせたいからワントーンが好きなのか?どっちが先だったか、もうわかりません(笑) ↑ 本誌より引用…この靴がポイントのコーディネートは関西人魂だと思います。笑
  • さくらに、博に、満男ちゃん!おなじみの寅さんファミリーを前に大興奮のひととき!最近仕事で知り合った若人が 「寅さん」を知らなくて衝撃を受けたわたしです。 どうもこんばんは。現在制作中の『男はつらいよ』最新作の撮影現場に お邪魔してきました! (ちなみにわたしは 「けっこう毛だらけ猫灰だらけお尻の周りは(以下自粛)」が ナチュラルに出るほどにはファンです)そう、来年2019年、 『男はつらいよ』第1作の公開から50周年の節目に、 なんと新作『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』が公開になるのです!この日、撮影が行われていたのは 東京・世田谷にある東宝スタジオ。数々の名作映画やCMを何本も生んだ、伝説の撮影所です。(ちなみに寅さんシリーズの制作会社は 東宝のバリバリ競合・松竹ですが、 そこにはオトナの事情がある模様)至るところに名作邦画が描かれていて、歴史を感じますそして東宝といえばアイコニックなこのスタァも。新作は、現代を舞台にしているらしく、 寅さんの実家であるお団子屋「くるまや」が ものすごくイマドキのカフェに変身していたことにまずビックリ。でもくるまやの軒先(のセット)から中を覗くと、 そこにはテレビや映画館で何度も何度も何度も見た 寅さんちのお茶の間がそのままに広がっていました。ちゃぶ台を囲み、寅さんの思い出ばなしで盛り上がる さくら、博、満男ちゃん、そして後藤久美子さん。そもそも、日本映画界の至宝である『男はつらいよ』の撮影現場に来れることだけで 身に余る光栄、ありえない幸運なのに、 さくら役の倍賞千恵子さんの、マイクもスピーカーも通さない、「お兄ちゃん」 を聞いたとき、 あ~神様、わたしの2018年はこれでもう終わりでいいです、 と思いました。見学者用のコーナーもありました。こちらは全49作品のあらすじまとめ。寅さんやタコ社長、おいちゃんおばちゃんの姿が見えないのは寂しいですが、 さくらと博さんの温かさはそのままだし、 満男の頼りなさもそのままだし、 後藤久美子さんはきれいだし(彼女の役柄がまったく思い出せないわたし……) 彼らに鋭く演技指導を飛ばす山田洋次監督(御年87歳!)は バリバリ現役でかっこいいし、で 胸がいっぱいになりながら、撮影所を後にしたのでした。撮影現場は写真NGなので、お見せできないのが残念……。ゴクミの代わりと言ってはなんですが、嬉しそうなわたしの記念写真をご覧ください。ちなみに、間近で見る現代版「くるまや」のセットは 細部にまで凝りに凝られてて、 ぜひスクリーンでつぶさにチェックしたいところですが、 なかでも、さくらさん夫妻の高齢化に伴い、 茶の間がバリアフリー対応していたのはさすがです……!男はつらいよ最新作は、来年2019年12月に公開予定。 生で見た光景が、スクリーンにどんなふうに現れるのか 楽しみに待ちたいと思います!▶『男はつらいよ』最新作公式サイトはこちらなんとBEAMSとのコラボ商品も企画されているそう!楽しみ!▶【myインスタ】生まれも育ちも葛飾柴又じゃございやせん美女組No.132 はるかのブログ
  • 『ヌヌ 完璧なベビーシッター』(集英社文庫)で2016年ゴンクール賞を受賞した作家、レイラ・スリマニ。この長編小説は、雇い主から信頼され、仕事を完璧にやりこなすと評判だったヌヌ(乳母)が、なぜ罪を犯したのかということが明かされていく心理サスペンスだ。 ミステリ的展開の中で、女性が働くことの難しさや人種差別など現代社会が今抱えている問題にも切り込んでいることに、文筆家の山崎まどかが着目。来日した作家に、ヌヌという矛盾に満ちた存在や作品の核心について、話を聞いた。 働く女性にとってヌヌのような存在は必要不可欠 ── 山崎さんは本書が海外で出版されたときから、翻訳を待たれていたと聞きました。   山崎まどか(以下Y) そうなんです。ヨーロッパやアメリカで話題になっているときに、是非読みたいと思っていたので翻訳されてとても嬉しいです。タイトルにもなっている「ヌヌ」というのは、雇い主の家で赤ん坊の世話を定期的にする女性のこと。日本ではそういった人が家族のように家にいるという状況は馴染みのないものなので、ヨーロッパではどういう立場の人なのかを、もう一度レイラさんの言葉で教えてください。   レイラ・スリマニ(以下L) まず、ヌヌはベビーシッターと思われがちですが、ヌヌは乳母であり、ベビーシッターは短い時間の中で赤ん坊の面倒をみる人。だから正確には少し違います。フランスでヌヌは、特にパリのような大きな都市ではかなり普及しています。なぜなら、保育園が狭くて受け入れる人数が限られているのと、女性たちの労働時間が長くて、保育園を利用するのが難しい。そして祖父母に預けることはあまりしません。だから働く女性にとってヌヌは非常に重要な存在で、ヌヌがいないと働けず、自立もできなければ自由も得られないし、社会生活も営めない。にもかかわらず、ヌヌは社会的価値が付与されず、低賃金で雇われています。そして、ニューヨークやロンドンでもそうだと思いますが、大都市のヌヌは大半が移民の女性たちです。フランスではアフリカ出身、例えばマグレブ地方とかトーゴの人が多いですね。   Y なぜそのような職業の女性を小説で取り上げようと思ったのでしょうか。   L 私が生まれたモロッコでは、フランス以上にヌヌが普及していて、私自身もヌヌに育てられました。住み込みのヌヌと接して、家族の中での立ち位置や親とヌヌとの特殊な関係に、子ども心に微妙なものを感じていたのを憶えています。そして自分が母親になり、今度は母親としてヌヌと接すると、また違う側面が見えるようになって、とても面白い関係であることに気づきました。 Y どんな部分が面白かったのですか?  L とてもプライベートな領域に感情的に入り込むんですが、プロフェッショナルな関係でもある。両義的です。そこが小説の題材として面白いのでは、と考えたわけです。   Y ヌヌというのは、これまでのフィクション作品ではあまり描かれてこなかった気がしています。   L 古典では乳母の存在はそれほど珍しくありませんね。ギリシャ古典やフランスの悲劇、『ロミオとジュリエット』にも乳母は出てきます。それからジュネの「女中たち」やフローベールの「純な心」にも。ただそれは、中心人物としてではなく、周辺の人物として登場するのが主でした。私がこの小説でやってみたかったのは、ヌヌがどういう精神状態かという心理描写や、社会での役割を描き出すことです。   Y なるほど。小説に書かれているように、ヌヌたちは社会でインビジブルな、見えない人とされているのでしょうか。   L そうなんです。理由はいくつもあります。まず、女性だからです。女性というのは女性であるというだけで社会的には見えにくい存在です。次に移民であり、そして貧しい人だからです。また、ケアや介護、赤ん坊の世話をするような職業は、多くの人があまり価値を感じていない。赤ん坊の面倒をみるなんて誰にでもできる、当たり前だし自然のことだ、という風に思われてしまっている。社会的、職業的に重要な価値が付与されていなくて、現実世界では見えない人々という扱いになってしまうのです。 Y アフリカからの移民の女性がヌヌとして働くことが多いなかで、今作品には、あえてヒロインをルイーズという白人の貧しい女性を選びました。どうしてでしょう。   L アイロニカルな側面があると思います。雇用主であるポールとミリアムの夫婦の方が移民で、白人のヌヌであるルイーズが雇用されている側。そうすることによって、移民全員が何かの犠牲者で、支配されているわけではないことを示せました。移民でも成功して雇用主になる人もいれば、白人でも雇用される側になる人もいるということです。また小説的にも白人をヌヌにすることで、ルイーズの孤独をさらに浮き上がらせることができました。例えば公園で移民のヌヌのグループがいたときに、彼女だけが白人なのでそのグループには入れず孤立する、という場面が出てきます。しかも白人の仕事ではないとされる仕事をしているから、ある意味屈辱を感じている。私はこのルイーズという人物は、少し人種差別的なのではないかと思っています。あと、もしアフリカ系のヌヌを主人公にしたら、心理描写よりもそちらの問題が小説の大部分を占めてしまったかもしれませんね。   Y 確かにそうですね。ルイーズのようにコミュニティに属していない女性が、どのように社会的に堕ちていってしまうのかという描写。彼女の孤独というものがとても興味深かったし、本当に面白い部分でした。やはりヌヌを白人とすることでいろいろなことを描けたというのは、世界的な情勢とも合っています。つまり、白人で、かつ仕事を奪われている、あるいはコミュニティに属せなくてどこか人種差別的な考えを持っている、現代では女性に限らずそういう人たちが増えている印象があります。ルイーズというのはそういう人たちの一人といえるのではないかと思いました。   L その通りです。おそらく西洋社会の人々で、特に男性にその傾向が強いと思うんですが、自分が過去に属していた階級から落ちてしまったと感じている人や、権力が失われ、社会から離脱してしまった人を、政党が悪用して極右のような保守派の台頭を許しています。ルイーズの夫はたぶんそういう男性ではないか思います。女性が社会進出すれば、家のことは誰がするのか? ── 『ヌヌ』の背景には人種や性、階級、職業などの差別、保守派の台頭や移民政策など、現在の欧米や日本でも無視できない今日的な社会問題も描かれています。ルイーズだけではなく、ポールとミリアムの夫婦が直面する問題についてはいかがでしょうか。   Y 白人のヌヌであるルイーズと、新世代カップルであるポールとミリアムの対比がとても面白いですね。彼らは言ってみればリベラルなんですが、やっぱり払拭しがたい差別意識みたいなものがある。そこが興味深いと思いました。フランスでは、そういう新世代とヌヌとの関係も変化してきているのかを、レイラさんにお聞きしたいです。   L このカップルは、ボボといって、フランスではブルジョワボヘミアンといわれている人々。ヒッピー的な精神の持ち主で、中流階級で、パリの中心にある昔の大衆的な地域に住んでいて、オープンマインドで、環境問題に対して意識が高く、左派で、社会的にコミットしている。でもそれはあくまで理論や理想であって、実際は日常生活で貧しい人々や移民の人と接することはないわけです。すると、社会体験の違うヌヌを自分の家に受け入れたときに、理論や理想を実践するのが簡単ではないことに気づきます。やはり少し上から目線だったり、ちょっと馬鹿にしたり、ということがつい出てくる。そして彼らはブルジョワ家庭と違い、使用人がいることに慣れていなくて、その状態に違和感を覚えます。最初は彼女をどう扱っていいかわからない、それが違和感になるんですが、少しずつ慣れて喜びを感じ始める。しかし堂々とそうだとは言えない。この社会的偽善、みたいなものも表現したかったことです。   Y このカップルが本質的に持っている罪悪感は、読んでいてすごく伝わってきました。逆にその罪悪感によって、彼らが踏み外していく過程も面白かったです。なぜ新世代カップルの雇用主と白人の貧しいヌヌの関係についてお聞きしたかというと、構成から、ルース・レンデルが書いた『ロウフィールド館の惨劇』と対比されることが多かったんじゃないかと思って。ディスレクシアの家政婦とブルジョワ家庭の悲劇を描いた小説です。   L クロード・シャブロル監督が『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』として映画化した作品ですよね。確かにその小説とはよく比較されました。その小説に出てくる家族は、大きな屋敷に住むお金持ちのブルジョワで、ヌヌや使用人を使うことに慣れています。でもポールとミリアムはヌヌに対してどう振る舞えばいいか、その方法を知りません。小さなマンションに住む中流階級のカップルから、使用人を雇うことがどんな体験なのかを描きたかったんです。 Y 前半にミリアムが女性が働くことの強いプレッシャーを感じる場面があります。現代だからこそ、働く女性がヌヌのような支えをより必要としている立場にあると読み取れます。そこにはレイラさんの体験も織り込まれているんですか?   L もちろん体験もありますが、観察によるものでもありますね。フランスで私の世代は「女性でも何でもできる」と言われて育った最初の世代です。結婚や出産、キャリアを積むかどうかも自由に選べましたし、誰にも頼らずに好きなことをして社会的生活を楽しむことができる、と言われて育ちました。とはいえ、私は勉強して学業実績を重ね、仕事も育児もし、社会生活すべてを手にしたときに、それを全部100パーセントでやるのは無理だと悟りました。やろうとしても、常にどこかに落ち度があるのではないかという気持ちにさせられるんです。これは男性より女性の方が感じやすい罪悪感で、外からも植えつけられます。例えば子どもとの時間をそれ程持たない女性は、男性よりも罪悪感を植えつけられますし、女性自身もそれを感じてしまう。なぜなのか、その部分も追求したいと思いました。   Y この小説は女性と仕事についての物語でもありますね。   L そうです。ヌヌとミリアム、二人とも働く女性ですが、女性の労働力が増えると同時に、家事や子どもの面倒をみる人たちが必要になり、そういう人も増えます。女性の仕事はマトリョーシカみたいで、開けたら多くの職業の女性が出てきて、ヌヌは人がほとんど目にすることのない最後の小さな人形。そういう存在なんですね。女性の仕事はこれまであまり研究されてこなかったのですが、経済的にも社会学的にも今後大きな問題になってくると思います。女性がこれまで以上に社会進出すれば、誰が家事や家のことをするのか、という問いも出てきますし。   Y 日本ではレイラさんのお名前は、フランスの新聞『ル・モンド』への反論記事で知った人も多いと思います。アメリカのエンタテインメント界のセクシャルハラスメント問題について、2018年の頭に『ル・モンド』が「(伝統的に恋愛を大事にするフランス人らしいカルチャーとして)男性は女性にしつこく言い寄る権利がある」という意見に100人の女性が賛同したという記事を掲載しました。それに対して、レイラさんが『リベラシオン』紙に反論を寄せたという経緯です。   L セクハラ問題は世界共通ですね。私がいたほぼすべての国でセクハラは当たり前のことでした。例えばエジプトやインドでは慢性的な現象です。なぜそうなるかというと、公共の空間で女性の立場が認められていないからです。けれどモロッコでは最近、女性が笛のようなものを持ち歩く運動が起きています。セクハラを受けたり、嫌な口説きにあったりしたときに、笛を吹いて「やめて」と意思表示をする。そんな動きが出てきました。   Y セクハラを無くすには、どういう方法があると考えていますか?   L 解決方法は教育しかないんじゃないでしょうか。まず一つ目は若い女の子や少女たちに、それを受け入れない、と教えること。二つ目は、男の子や少年たちに、女性というのはそのような態度を取っていい相手じゃない、自分のものではないと教えていくことが重要だと思います。  『ヌヌ 完璧なベビーシッター』レイラ・スリマ二(著)松本百合子(訳)/集英社文庫 ■プロフィール レイラ・スリマニ  1981年モロッコ生まれ。モロッコの学校を卒業後パリに移住。いくつかの学校で学んだ後ジャーナリストに。『Dans le jardin de l’ogre』で作家デビュー。2016年『ヌヌ 完璧なベビーシッター』でゴンクール賞を受賞。2017年フランコフォニー担当大統領個人代表に任命された。  山崎まどか  文筆家。女子文化や映画、文学、海外カルチャーについて執筆を行う。著書に『女子とニューヨーク』(メディア総合研究所)、『優雅な読書が最高の復讐である』(DU BOOKS)など多数。翻訳書にレナ・ダナム『ありがちな女じゃない』(河出書房新社)などがある。 Photography:Yuka Uesawa Text:Akane Watanuki
  • ケーブルニット×チェック柄スカートの着映え力でホメられ率急上昇!上級者っぽい色柄だってプチプラなら気軽にトライできるから♪ ベーシックな茶系チェックは持ってるって人も、ちょっとおしゃれを頑張りたい日は”きれい色かつチェック柄”でいつも以上を狙ってみて。パッと目を引くスカートと真っ白なケーブル編みのタートルニットで着映え力満点に。そのぶん小物はシンプルな黒が好印象。会った瞬間おしゃれって思われたい女子会にも最適なんです!スカート¥8990/キャン(Monique) ニット¥21000/アナディス(アナカ ノワー) 靴¥54000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 バッグ¥19000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 イヤリング¥1300/お世話や 時計¥21000/ピークス(ロゼモン)唐田えりかの【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ ▼チェック柄のコーデをもっと見る▼ 撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/唐田えりか(モア専属) スタイリスト/大平典子
  • 現在、映画『若草物語』を撮影中のエマ・ワトソン(28)。2018年12月13日(現地時間)、共演者とのオフショットをインスタグラムで公開! Photo:Backgrid/アフロ 『若草物語』は、1868年に米作家ルイザ・メイ・オルコットが発表した名作小説。南北戦争下のアメリカを舞台に力強く生き抜く4人の姉妹を描いた物語で、これまで何度も実写化されている。 今回エマが演じるのは、メグの愛称で知られる長女マーガレット・マーチ。家庭教師をしながら家計を支えるというしっかり者のキャラクターは、優等生のエマにぴったりとの声も。 Photo:Backgrid/アフロほかにも、ベテラン女優のメリル・ストリープ(69)や、今年行われたゴールデン・グローブ賞のミュージカル/コメディ部門で最優秀主演女優賞を受賞したシアーシャ・ローナン(24)、アカデミー賞主演男優賞のノミネート経験をもつティモシー・シャラメ(22)など、豪華なキャストが出演することでも注目を集めている。 左からシアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ/Photo:Getty Images そんな中、エマがインスタグラムに投稿した写真には、シアーシャやティモシー、そして監督を務めるグレタ・ガーウィグ(35)の姿も! 撮影が始まったのは今年10月。すっかり打ち解けた表情からは、キャストたちの親密ぶりがうかがえる。 View this post on Instagram “I could never love anyone as I love my sisters.” - Louisa May Alcott, @littlewomenofficial ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ From left: Meg March, Greta Gerwig (director), Jo March, Amy March, Beth March and Laurie (Theodore Laurence). Emma Watsonさん(@emmawatson)がシェアした投稿 - 2018年12月月13日午前9時06分PST 一方、プライベートではエリートビジネスマンのブレンダン・ウォレスとの熱愛が報じられているエマ。バカンスで訪れたメキシコでは、カフェでキスをするところがパパラッチされており、公私ともに順調な様子。 Photo:Backgrid/アフロ アメリカでは、来年12月に公開予定の『若草物語』。エマがどんな演技を見せてくれるのか、今から待ち遠しい! エマ・ワトソンに新恋人!? エリートビジネスマンとのキス現場をキャッチ(外部サイト) エマ・ワトソン、『ハリー・ポッター』で共演した初恋の人とビーチで戯れる!(外部サイト) text:Kyoko Kawaguchi
関連キーワード

RECOMMEND