ピンクゴールドのマリッジリングも♡『ブルガリ』ブライダルフェアへ行こう!

DAILY MORE

9/15(土)〜10/14(日)の約1ヶ月間、『ブルガリ』が「デザイン ユア ラブ」全国ブライダルフェアを開催します!  長年愛され続ける名品リングから、今年9月に登場したばかりの新作も、もちろん展開されますよ。

インコントロ ダモーレ エンゲージメントリング ¥260000〜

2016年に「運命の愛の出逢い」をテーマに誕生した「インコントロ ダモーレ」コレクションからは、新しくエレガントなエンゲージメントリングが登場。
マリッジリング ¥100000

「マリー・ミー」コレクションからは、ピンクゴールドのマリッジリングが♡ こちらは石のないプレーンなタイプ。
マリッジリング ¥125000

こちらは、ダイヤモンドがひと粒キラリ☆ さりげなさが魅力的。
マリッジリング ¥210000

ダイヤモンドがずらりと並ぶ、ゴージャスなタイプも! 女性らしいピンクゴールドとダイヤモンドの輝き……素晴らしい♡
セミ・オーダーサービスの「デザイン ユア ラブ」もさらにコレクションが加わり、チョイスの幅が広がった『ブルガリ』のブライダルリング。愛の都・ローマで生まれた『ブルガリ』ならではの、ロマンティックなリングコレクションをご堪能あれ!▶︎▶︎『ブルガリ』公式サイトはこちら

関連記事
  • 天然石のジュエリーは、自然が作った奇跡の結晶。おしゃれ力はもちろん気持ちまでUPしてくれる! 世界で一つの色ときらめきをお守りにして。 MARIHA  世界中を旅するデザイナーが、「それぞれの鉱石には自然の恵みが宿っている」という思いを込めて作るジュエリーは、一生もの! 自然が何百万年もかけて生み出した ロマンティックな輝きを素肌で楽しむ 選び抜かれた天然の鉱石が、特別な光を放つリングとブレスは"organic gems"というシリーズ。ネックレスはプリズムのようなカッティング。どちらもずっと眺めていたくなる。 天然石の一つ一つには 特別なストーリーが秘められて 選び抜いた天然石一つ一つに意味と思いが込められているマリハのジュエリー。揺れるピアスのブルートパーズは"必要なものと出会わせてくれる石"。そしてイエローのシトリンの石言葉は「希望・富・生命力」。美しい天然石に素敵な言葉を重ねて、長く愛せる存在に。※文中の略号は、YG=イエローゴールド、SV=シルバー、K=金の純度です。◀︎◀︎◀︎スライドして各アイテムの詳細をチェック!ネックレス¥54000(グリーンアメシスト、K18YG)/ショールーム セッション(マリハ)リング¥72000(レモンクォーツ、K18YG)・リング¥72000(アメシスト、K18YG)・リング¥72000(スカイブルートパーズ、K18YG)/ショールーム セッション(マリハ)他の画像を見るモデル/新川優愛 撮影/柴田フミコ(モデル) 山口恵史(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/立石和代 構成・原文/久保田梓美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 苦手なことは色々とありますが、その中でもかなり上位にくるのが旅行のパッキングです。大人なのに“余裕を持ってやる”ということができず、フライトの前日の夜(フライトが遅い時間の場合はもはや当日)になってようやく重い腰を上げ一気にやる、というのが常になっています。次はちゃんとしようと思っても、これがなかなかできないんですよね……。 そんな私、先日旅行に行ったのですが、その際もめんどくさいという気持ちで後回しにしていたら前日になっていて、おまけにあまりの疲れでちょっと眠るつもりががっつり寝ちゃって、なんてスットコドッコイなことしていたら、本当にフライトまで時間がない!という悲惨なことに。 とりあえず、服やらなんやらを詰めている時に焦りながら「これさえあれば!」とひっつかんでスーツケースに入れたのが、このイソップの「ローマ シティ キット」です。 こちらトラベルキットでして、ミニサイズのシャンプー、コンディショナー、ボディクレンザー、フェイシャルクレンジング、化粧水、保湿クリームなどなど、必要なものが一通り入っている優れもの。フェイスケアは、乾燥にもオイリーにも働きかけてくれる、普通〜コンビネーション肌対応の「トゥーマインズ」シリーズなのも嬉しいんです。私、旅先では、環境や食べ物の変化、フライト疲れなどで肌が不調になりがちなのですが、今回はそんなこともなく最初から最後までなかなかの好調を維持し続けられました。 そしてこのキット、上記の他にボディバームや、フェイスマスク、リップクリームまで入っていて、至れり尽くせりとはまさにこのこと状態! 余裕がない中なんとか持ってきたアイテムですが、蓋を開けてみればいつもより充実したケアアイテムが揃うという結果に。 このキットの安心感があまりにもすごくて、今後パッキングに取り掛かるのがいっそう遅くなりそう……。なんていうダメ人間は私だけかもしれませんが、リキッド類を小分けにしたり、ポーチに詰めたり、という今までやってきた作業を思うと本当に本当に時短になって便利! イソップファンはもちろん、パッキングめんどくさい同盟の方にもおすすめしたいアイテムです。
  • フェンディが、新作ウォッチコレクション“フォーエバー フェンディ”を発表した。イタリアのデザインとスイスのクラフツマンシップを融合し、1988年に製造を開始したフェンディ タイムピーシーズ。今回デビューしたのは、ブレスレットのFFロゴが目を惹くアイコニックなリストウォッチだ。 “フォーエバー フェンディ”ウォッチ〈ブラックSS、ダイヤモンド、ブラックマザーオブパール、クォーツ〉¥253,800ブラック×ゴールドのフェンディカラーブロックで、一際目立つFFロゴは、ブランドの伝統をたたえたもの。ダイアルには繊細に輝くブラックマザーオブパールを使用し、ベゼルには64個のダイヤモンドを贅沢にセッティング。きらびやかな洗練された輝きを放ちながら、手首のカーブにしっくりとなじむ。一方、ステンレススチールモデルは、グラデーションが美しい天然石をダイアルに採用。さりげないFFロゴと共に、手元を優雅に彩ってくれる。 フェンディ ジャパンhttps://www.fendi.com/03-3514-6187 text:Mariko Inoue
  • Tシャツワンピはついつい休日に着たくなるけど、だらしなく見られるのは絶対に避けたいもの。ハイテク系スニーカーを合わせれば簡単にしゃれ見えコーデの出来上がり。今回は、Tシャツワンピを大人っぽく着こなすための、“なじませ”ハイテク系スニーカーをご紹介。Tシャツワンピに“なじませる”俺様スニーカー(左上)靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック)(右上)靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル)(左下)靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)(右下) 靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)カジュアル度の強いグレーこそなじませ配色、の足もとで洗練!グレーのTワンピが持つ、気取らない印象はそのままに、ボリュームのある足もとでぐんと今っぽく味つけ。ワントーンだからこそ、ハイテクスニーカーのスポーティさが大人っぽく映える。ワンピース¥24000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) 靴¥15000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥44000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(リジィー フォルトゥナート) バングル(左手)¥18000/UTS PR(ノース ワークス) ブレスレット(右手)¥41000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥18000/トゥモローランド(カルトガイア)ルーズに見えがちな白は、ワントーンで洒脱に着こなすクリーム寄りのアッパーのスニーカーで、白のワントーンにもさりげなく奥行きが。ボリューミーなソールも膨張色の日のスタイルアップに頼もしい。ワンピース¥9000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ビューティ&ユース) 靴¥24000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(サブソル) 肩に巻いたニット¥34000/オーラリー サングラス¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥14000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング¥23000/Rice バッグ¥33000/アナイ軽やかな白ソールを選べば黒も重たく見えずバランス良好黒ワンピ×黒スニーカーは、誰もがスマートに見える鉄板コンビ。小物もシックな色合いで統一すれば、ぐんと女らしいカジュアルに。ワンピース¥1990/ユニクロ 靴¥11000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) コート¥139000/アマン(アンスクリア) ピアス¥12000/トゥモローランド(リジー フォー チュネート) ネックレス¥14000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップオーディベール) 時計(ベルト)¥5500・(フェイス)¥24000/ノジェス バッグ¥24000/アニエスベーちょうどいいしゃれ感も大人っぽさも。トレンドのブラウンならすべてかなう肌なじみのいいピンク~ブラウンの配色スニーカーはさわやかなクリアソール。夏らしいかごバッグをプラスして、量感のあるブラウンワンピを涼しげに演出。ワンピース¥18000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) 靴¥19000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) サングラス¥16000/4K(A.D.S.R. ) バングル¥30000/ビームス 六本木ヒルズ(キャッツ) ネックレス¥33000/シップス 渋谷店(ノブリー スタジオ) バッグ¥30000/RHC ロンハーマン(ドニー)撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子〈3rd〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年6月号掲載
  • うだるような暑い日だって、軽やかなサマードレスをまとえばなんのその。おしゃれと快適さを両方手に入れたなら、夏がもっと楽しくなる。1カ月を、毎日サマードレスで過ごす彼女のワードローブとは? TIE-DYE DAY1ドレス¥970,000・右耳につけたピアス¥24,000・左耳につけたピアス¥41,000/クリスチャン ディオール(ディオール) 0120-02-1947今シーズンの核「ダンス」を体現する、シルクスカーフを贅沢にはぎ合わせて仕立てたドレス。そのなめらかな質感は動くたびに体に沿い、美しいシルエットを描く。ニュアンスのあるカラーパレットのタイダイ柄は、万華鏡から着想。 FLOWER pattern DAY2ドレス¥239,000・イヤリング¥60,000・サンダル¥92,000/マルニ 表参道(マルニ) 03-3403-8660ロマンティックなフラワープリントと、グラデーションになった余韻のあるストライプをドッキング。型破りな組み合わせはマルニならでは。DAY3ドレス¥118,000・リング(2個セット)¥42,000/ドリス ヴァンノッテン 03-6820-8104夏らしい鮮やかなブルーに映えるのは、ピンクの花のフォトプリント。エレガントなシルエットとは対照的に、右肩には登山などで使用されるロープをリボンの代わりにあしらって。ワークテイストをプラスし、美しいデザインと機能性を両立した。DAY4ワンピース¥74,000/オープニングセレモニー(エスジェイワイピー) 03-5466-6350韓国の注目ブランド。フロントのリボンやボタン、裾のフリルなど、ノスタルジックなディテールと、鮮やかなカラーパレットの融合が新鮮。DAY5ドレス¥37,000/ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク) 050-5578-9152深みのあるパンジーカラーが、可憐な雰囲気を醸し出す。ガーゼのように軽やかなコットン素材は、夏の暑さもものともしない快適さ。DAY6ドレス¥630,000/三喜商事(オスカー デ ラ レンタ) 03-3470-8232トワル・ド・ジュイを想起させる緻密なフラワープリントが印象的。エレガントなシルエットと繊細なシルクシフォンが相まって、優雅なムードを放つ。DAY7ドレス¥64,000/マヌーシュ 代官山店(マヌーシュ) 03-3476-2366ゆったりとしたシルエットながら、ペールトーンと、ネオンカラーのフリンジにより華やかに。大きめに開いたバックスタイルはリゾートに合う。DAY8ドレス¥49,000/シティショップ(リクソ) 03-6696-2332プリントはデザイナー自身によって描かれたオリジナル。柄もカラーも大胆にミックスすることで、プレイフルなインパクトあふれる一枚に。DAY9ドレス¥68,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(リー マシュー) 03-5786-0555コレクションのキーにもなった花柄と、ギンガムチェックのコンビネーションがプレイフル。Aラインのマキシレングスからはフェミニニティが漂う。DAY10ドレス¥87,000/ケンゾーパリ ジャパン(ケンゾー) 03-5410-7153バラのプリントとフリルを施して。ディテールはロマンティックながら、エッジのきいたカラーパレットにすることで、このブランドらしい存在感を放つ。DAY11ドレス¥27,000/ショールーム セッション(マリハ) 03-5464-9975インドで丁寧に染め上げられた、どこかエキゾチックなムードが薫る一着。さらりとした肌触りのコットンは、ずっと着ていたくなるほどの心地よさ。 SOURCE:SPUR 2019年7月号「寝ても覚めてもサマードレス」photography: Sodai Yokoyama styling: Michie Suzuki hair & make-up: Rie Shiraishi model: Beatriz text: Mai Ueno
  • デニムは太め、だからトップスはコンパクトにして女らしさをほのめかす♡急な夏日には、新しいライトブルーデニムでひと足お先に夏っぽコーデにトライ! ちょい太めのパンツにきれいな水色カーデをインして女性らしさをプラス。デニムでワントーンって意外とやったことなくて新鮮だし、シルエットにメリハリを出すだけで気軽なカジュアルコーデがちょっと素敵に。すっきりVネックや足首の抜け感も美人なポイント♡ オフ白の靴&バッグで軽快に仕上げて、最高に爽やかな初夏スタイルを満喫して。パンツ¥12000/リー・ジャパン カスタマーサービス(リー) カーディガン¥23000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) 靴¥45000/TOMORROWLAND(LOQ) バッグ¥3990/アメリカンイーグルアウトフィッターズ ピアス¥14000/バフ ネックレス¥4200/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥19000/フォーティーン ショールーム(リリーズ)土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子
  • 本田翼が着る、スタイリスト石上美津江が語る! ベージュ、ブラウン、カーキの魅力。スタイリスト石上美津江さんはこう言います。「ベージュ、ブラウン、カーキを着ると毎日いいことがある! この3色だから挑戦できること、逆にラクできることがこんなにたくさんある。つまり私たちの日常を救ってくれる、なくてはならない存在ってこと!」(石上さん、以下同)えっ、そんなに? と思ったそこのあなた、今から石上さんの言葉を、本田翼の着こなしで証明してみせますから!“今っぽい”が“やりすぎ”にならない「まずは私が思う、ベージュの最大の魅力のお話。それは、おしゃれ感をさらりと出せるやわらかさ。はりきりすぎてイタい、にならない絶対的な上品さ。だからトレンド服や目新しい服も臆せず着られるし結果、目いっぱいおしゃれを楽しめる。“ハヤリモノ”はとりあえずベージュを選べ!ってお買物の時にぜひ思い出してくださいね(笑)」スポーティなアノラックとレイヤードで魅せるセンシュアルなレース。トレンド服同士、それも正反対のテイストのものを自然に無理なく“なじませる”。新しいおしゃれを、手の届くものにしてくれる。ブルゾン¥16000/ヘリーハンセン原宿店 ワンピース¥38000/メゾン イエナ パンツ¥11000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) ピアス¥3500/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(インク+アロイ) バングル¥21000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール)“女っぽい”に照れずにすむ「コンサバとは違うし、セクシーとも違う。女っぽさに憧れながら、女っぽさってとても難しいからこそ。土っぽい色のトーンが“ちょうどよく”してくれる。この春はぜひ、その感覚を知ってほしいと思います。デコルテが見える服も透けたり揺れたりする服もこの色たちだから“ちょうどいい”んです。ソワソワせず背伸びもせず、思い描く理想のあなたへ」女っぽい服ほどプリミティブな色、の簡単だけどおしゃれなバランス。デコルテの見えるタンクトップにチュールスカート、衿を抜くようにばさっとはおるトレンチ。コンサバとは違うきれいさやセクシーとは違う女性らしさは、こなれ感や品のよさに転ばせるこの3色のおかげ。コート¥15800/フリークス ストア渋谷 タンクトップ¥9900/カージュ ルミネエスト新宿店(アール ジュビリー) スカート¥11000/ミラ オーウェン 靴¥83000(ポール アンドリュー)・リング¥12000(ジャミレイ)/プラージュ 代官山店 イヤリング¥11000/デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店(イリス47) ネックレス¥12000/リフラティ シップス ルミネ横浜店きちんとした服がやわらかくなる「リネン素材のベージュがとにかく多いこの春。甘いだけを卒業してきれいめを目指す女性たちにそのやわらかなクリーンさはぴったりだと思うんです。たとえばこのジャケットとパンツのセットアップも仕事のためだけのものといまだに思っていては損。“たったひとつでおしゃれになれる服”としていちばん頼れるし、甘えられるんですから」シルエットやデザインは端正でカッコいいのに、リネンの軽やかさとベージュのやさしさで堅苦しく見えない。女性らしさも抜け感もちゃんとある。“これだけで絵になる”の最新版に、カーキのスカーフをたらす遊び心も添えてみたりして。ジャケット¥30000・パンツ¥21000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(オドラント) カットソー¥13000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥23000・リング¥11000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック)カジュアルな服がきれいになる「今までと同じではそろそろ子供っぽい? とカジュアル好きな女性たちも悩みがちな世代ですよね。それを救えるのも、この色たちの素晴らしいところ。ベージュからブラウンのグラデーションはモノトーンよりシックさに“奥行き”があるから“大人っぽい”のベクトルがただ辛口なのとは違う。それがこなれ感の正体、だと私は思っています」ほら、ボーイッシュなはずのビッグシャツとハーフパンツもこのとおり。ふわりと肩の力を抜きつつ、だらりと脱力するわけじゃない。カジュアルのいわゆる“絶妙なさじ加減”もこの配色なら簡単。シャツ¥21000/アナディス パンツ¥16800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥36000/TOMORROWLAND(エーティーピー) バッグ¥28000/ショールーム セッション(トイノ アベル) 帽子¥23000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) イヤクリップ¥10000・バングル¥42000/プラージュ 代官山店“時間がない”が“余裕”になる「メンズライクなカーキだからこそ際立つ女性らしさがある。それはとても新鮮で、うれしい気づきで、私たちの朝に革命をもたらすかもしれません!色数やテクニックを使わなくていいワントーンは時短コーデのセオリーのひとつですが、だからその一色は、これからは絶対にカーキ。さ、“ちょっと先”のおしゃれをして、余裕でいきましょう」シャツジャケットとプリーツスカート、だけなのに。配色、なんてしなくても。カッコいいのに女性らしい。シックなのに無難じゃない。ラクしてるのにおしゃれっぽい。なんて、最高じゃないか!ジャケット¥39000/TICCA スカート¥22000/ルーニィ 靴¥17000/ジネス ペリエ千葉店(チアキ カタギリ) バッグ¥8300/セムインターナショナル(サンラミ) バングル¥36000/プラージュ 代官山店(ナタリー シュレッケンベルグ)“定番”が“シンプルなのにおしゃれ”になる「ベーシックカラーであり、トレンドカラー。ブラウンは今、そんな最強で最高の色。たとえば去年までのごくベーシックな白Tを今年はブラウンに買い替えてみてください。それをごくベーシックなデニムに合わせてみてください。ほら、“なにげないのにおしゃれな人”のでき上がり。色のパワーって、こんなにすごいんです」大人っぽさや上品さに少しだけ今の気分を交ぜるのがシンプル上手。ブラウンを選ぶだけでそれが簡単ってこと!Tシャツ¥8800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥22000・Gジャン¥30000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥63000/パラブーツ青山店 バッグ¥7400/リフラティ シップス ルミネ横浜店 ヘアバンド¥600・イヤリング¥1200/お世話や メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ ベルト¥8000/メイデン・カンパニー(トリー レザー) リング(右手)¥7200・(左手)¥21000/UTS PR(ルフェール)甘さが“大人の可愛げ”になる「久々にワンピースが素敵だと思ったこの春ですがそれはきっと、ベージュやブラウンやカーキのワンピースが多かったからだと思うんです。たとえば総柄のシフォンワンピースもほかの色だったら甘すぎると敬遠していたはず。可愛い服が好きな気持ち、大人っぽくなりたい願望。どちらも叶えられるなんて、やっぱり最高ですよね?」カーキだから、甘くなりがちなワンピースが甘すぎない。甘すぎないから、おじ靴やボリュームのあるアクセもよく似合う。そんな小物使いでハズせるから、すとんと一枚着るだけでおしゃれに見える。“この色だから”から始まる好循環。ワンピース¥11000/フリークス ストア渋谷 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) 帽子¥18000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) イヤリング¥11000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) バングル¥29000/UTS PR(ノース ワークス) ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/本田 翼 スタイリスト/石上美津江
  • アンジェラ・へスターマン(ブロードウェイのステージマネージャー)&ブレンダン・マクマホン(演劇学科教授) from CRETE Angela Hesterman & Brendan McMahon NYでともに演劇関連の仕事をしているアンジェラとブレンダンが出会ったのは、オフブロードウェイの劇場。5 年の交際ののち、結婚を決めたふたりが選んだのはギリシャのクレタ島。海に突き出した岩の道の先にある白亜の小さなチャペルで挙式した。披露パーティはクレタ島・マルガリットで。「友人の家族が経営しているレストランが、伝統的なギリシャ料理であるヤギのロースト、エスカルゴ、地元のワインなどを用意してくれました」と、挙式だけでなく食事もギリシャスタイルというこだわりよう。地元のバンドがギリシャの音楽を演奏し、ダンスも盛り上がったそう。大きなオリーブの木の下で、笑顔があふれる忘れられない夜となった。 岩で造られたチャペルまでの道を、手を取り合って。新婦のドレスはBHLDN、ジュエリーは家族のものをまとったファーストダンスは地元のバンドが演奏する音楽とともにファーストダンスは地元のバンドが演奏する音楽とともにウェディングケーキは地元の名店のチョコレートケーキを選択。オリーブの木の下でのディナーは、キャンドルとリボンでデコレート式の後には、これからのふたりを想い大きなランタンに火を灯して飛ばすセレモニーを10人のゲストを招いた、くつろいだパーティブーケはナチュラルなムードを意識。花嫁のウェディングリングはマンハッタンのアンティークショップで購入。「まるで私たちのために用意されたかのように、サイズもぴったりでした」
関連キーワード

RECOMMEND