【今日のにゃんこ】おなかすーすー♡ 寝っ転がって涼むアランくん

DAILY MORE
暑いからか、アランがへそ天でゴロゴロしています。「お腹も冷やしてあげないと、夏バテしちゃうニャ。しっかり休んで、猛暑に負けずに過ごすんだニャ! さ、ママもいっしょにゴロゴロしよ♪」■名前アランくん■性別男のコ■猫種アメリカン・ショートヘア■生年月日2014年5月2日■性格甘えん坊でかまってちゃん。知らない人は苦手で猫をかぶるタイプ。食いしん坊でもある■特技ママが帰宅した時に「お帰りの舞」をする。名前を呼ばれたらちゃんとお返事します■好物キャットフードはカリカリ派■マイブームキッチンの流し台の、流水であそぶ■チャームポイントくりくりっと大きなアーモンド形の目。お腹を見せた時に現れるバタフライ模様

▶▶▶アランくんの記事をもっと見る


関連記事
  • 寒空の中 仕事から誰もいない家へ帰宅すると オートロックの中ににゃんこが そうかお前も寒いか… とりあえずぶりさん小学生だから 一緒に遊ぼうとします! がワイルドな野生の子らしく はなも引っ掛けられず 負けるが勝ちかとすごすご退散し エレベーターに乗り込むのを じっとり観察されるわたくし 寒い外から帰ったら 部屋あっためてアイスだよね! カスタードたっぷりで癒されます… にゃんこよ ごめんってばモアハピ部 No.666 ぶり のブログ
  • 夕飯の支度を始めると、炊飯器の上にひょこんと乗ってくるルウ。お米がすきなのかきらいなのか......。「ここ、乗り心地が良いにゃん。」■お名前ルウ■性別 ♂(男の子)■猫種 雑種(元保護猫)■生年月日 推定2017年6月■性格 人間大好き、慎重派■特技 人の手にすりすり■好物 レタス、ジュレ・スープタイプのフード■マイブーム 夜景を眺めること■チャームポイント 目のキラキラ感。
  • バイラーズブログや Instagramを見て気になっていた 池ももこちゃんのお料理教室に参加してきました♪ 今回のメニューは ロールキャベツをはじめとする クリスマスメニュー。 見ているだけで心が躍るテーブルコーディネート♪ブログやSNSに書いている 4stepってどんな感じなんだろう? 写真を見る限りものすごく手が込んでいるように見えるけど 本当にこんなに豪華なお料理が4stepでできるのかな…? 私にも作れるのかな…?と期待と若干の不安と一緒に。 カラフルや食材にすでにワクワクがとまらない!!!ももちゃん先生と同じ日に参加していたバイラーズのゆみこちゃん♪レッスンは最初に ももちゃんがレシピを見ながら説明してくれて あとは各料理の担当を決めて進んでいくような感じ。 人数も少人数(私が参加した時は7人かな?) ももちゃんのフレンドリーなキャラクターもあって 手が空いた人にはすぐに【●●の方手伝ってあげて~♪】と声をかけてくれるので 色々な料理に参加できるのもうれしかったです。 一応、毎日の食事やお弁当は作っているので 一通りできる気がしていたけど 上手なかぼちゃの煮方とかロールキャベツの簡単な巻き方などなど 先生に教えてもらうと全然違う、簡単~~~!!!!!っていうことが沢山で私にとってものすごく有意義な時間でした。 ●本当に4stepだから料理が苦手な人、億劫な人にもオススメ! 実際には4stepどころか もっと簡単にできるレシピもあって 料理が苦手な方、一人分だけ作るのは億劫だなぁ…なんて方に とてもオススメです。 先生のお手本を見ながら盛り付けに挑戦♪どの料理も手が込んでいて難しそうに見えるのに どれも簡単で“きれいとおいしいは本当に作れるのかも!!!”と思わせてくれる これからは忙しくても疲れていても少しはキッチンに立とう。と思わせてくれるお教室でした。 (写真を撮るのに楽しくなるようなテーブルコーディネートも素敵!!) 今後も単発レッスンを開催するみたいなので 今から楽しみです! ももちゃん先生とゆみこちゃんと一緒に。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 また更新します。instagram井上あずさスーパーバイラーズ 井上あずさのブログ
  • 日々、"デリスタグラマー"としてレシピ情報を発信している 人気の料理家、インスタグラマー、ブロガーが集結。ひと目見て「可愛い〜」と言いたくなる手作りスイーツのレシピを教えてもらいました。  ロールケーキを使って ★ ピンクのブッシュドノエル ★ 切り株ケーキ  ロールケーキをいちごクリームでコーティングして出来上がり ピンクのブッシュドノエル 材料 1本分 ロールケーキ… 1本 生クリーム… 200g 砂糖… 小さじ1 いちごジャム… 大さじ4 いちご… 1〜2個 作り方 ❶生クリームに砂糖を入れて、少しとろんとするまで泡立てる。 ❷いちごジャムを加えて、さらに泡立てる。固くなるまで泡立てすぎないこと。ピンク色が薄ければ、食紅かいちごパウダーを加える。 ❸ロールケーキの端を長さ5㎝ぐらいで斜めにカットする。 ❹長いほうの回りに②を塗る 。 ❺③を④にのせて回りに②を塗る。 ❻いちごやあればミントの葉など飾って出来上がり。 カットしたロールケーキを切り株に見立てて 切り株ケーキ 材料 1人分 ロールケーキ… 1本(カットされているもの2切れ分でも可) スティック状のアーモンドチョコレート菓子… 適量 チョコレート… 60g サラダ油… 小さじ1/2 生クリーム… 大さじ3 作り方 ❶ロールケーキを5cmぐらいにカットして網を敷いたバットの上に寝かせる(カットしてあるものなら2切れ重ねて置く)。 ❷チョコレートを刻んで湯せんで溶かし、サラダ油を加えよく混ぜる。 ❸②に生クリームを加えてさらに混ぜ、①にかける。 ❹スティック状のアーモンドチョコレート菓子をロールケーキの高さに合わせてカットして張りつけていく。 ❺あればいちごやミントなど、飾りをのせて出来上がり。 教えてくれたのは… まり さん >>>Instagram:mari6260707 さまざまな料理サイトで活躍。インスタのフォロワー数は6日万1000人。 撮影/合田和弘 富田恵(食材) web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • エレガントなパッケージや香りが大好きで、ギフトを探しによく伺うスパセイロンのお店。 なかでも、インテンシブ ハンド クリームとラグジュアリー ソープは、買いやすい値段でありながら、絶対に喜んでもらえる逸品。 新しい香りも気になります!(LEEweb担当・タカミー) スパセイロン ピンク ロータス アーモンド(右)インテンシブ ハンド クリーム 30g ¥1800・(左)ラグジュアリー ソープ 100g ¥1000(税抜) スパセイロンは、スリランカ王室のレシピにもとづくラグジュアリー アーユルベーダ商品が揃うブランド。 ピンクとブルーのパッケージが魅力的なこの2アイテムは、新しく発売された「ピンク ロータス アーモンド」という香り。 ロータスとは蓮の花のことで、スリランカでは「清らかな心を現す」と愛されているのだとか。 ピンクロータスが甘くエキゾチックに香ると同時に、イランイランやネロリが心を落ち着かせてくれます。 ハンドクリームはバッグにもしのばせやすいサイズ。 ソープは、保湿効果のある洗い心地を堪能するのはもちろん、部屋や玄関に置いてルームフレグランスのように楽しむのもよさそうです。(LEEweb担当・タカミー) DEBUT || 12月4日(火) BRAND || スパセイロン ITEM || ピンク ロータス アーモンド インテンシブ ハンド クリーム・ピンク ロータス アーモンド ラグジュアリー ソープ CATEGORY || ハンドクリーム、ボディソープ KEYWORD || #スリランカ #アーユルヴェーダ #ギフトコスメ PRICE || ¥1800、¥1000(税抜) TEL || パンセイアーユルヴェーダ株式会社(フリーダイヤル)0120-165-227 HP ||  スパセイロン (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/marico.)
  • お行儀の良いゆら。今日も背筋をぴんと伸ばしてソファに座っています。「姿勢のよさは自慢だにゃーん♡」■名前ゆらちゃん■性別女の子■猫種やや長毛のミックス(保護猫なので不明)■生年月日2016年ぐらい(推定)■性格食いしん坊で甘えんぼ。飼い主の姿が見えないと探しにくる寂しがり屋■特技おねだり■好物おやつの「モンプチクリスピーキッス」■マイブーム寝ている飼い主の髪の毛で遊ぶこと■チャームポイント「ヘーゼル」と呼ばれる2色が重なった瞳。お尻をゆらゆら振って歩く後ろ姿
  • 最近発売された話題の本や永遠に愛される名作などから、キーワードに沿った2冊のイチ押し&3冊のおすすめBOOKをご紹介します。【今月のキーワード】“猫と暮らす”という幸せを知る猫の目はまん丸だ。猫にはかなわずとも、やはり大きなまん丸の目を持つ町田康が、精巧な猫の目を装塡して、世界を、未来を、あの世までをも描き出す。猫の気ままさ、くにゃくにゃの手、跳躍力……猫を構成する要素がぎゅっと詰まった5編は、『猫にかまけて』などのエッセイシリーズにもつながる楽しさをたたえている。猫の傍若無人ぶりを嘆く動物たちの姿もカラフルに楽しい『諧和会議』、グリム童話を大胆に翻案して猫好きの喝采を浴びた『猫とねずみのともぐらし』、かつてともに暮らした愛猫にシュールな世界で再会する『ココア』、黒猫エルを称える美しい詩のような『猫のエルは』、愛犬との別れから生まれた猫の物語『とりあえずこのままいこう』。30数年もの間、数多くの猫と暮らしてきた作家の言葉が、と優しさでいくつもの想い出に触れてくる。その言葉にヒグチユウコの絵が重なって、動物たちの姿がいきいきと立体化されていく。猫と暮らす人にも、かつて暮らした人にも、道端での出合いに心奪われる人にも。猫に幸せをもらったことのあるすべての人に贈られる作品集。【イチ押しBOOK1】〈文〉町田 康さん、〈絵〉ヒグチユウコさんの『猫のエルは』ヒグチユウコとのコラボレーションも話題の作品集。《猫のエルは生きてるだけで儲け》という言葉が心に彫り込まれる表題作など5編を収める。最終ページのイラストにいたるまで「最っ高」のひと言。(講談社 ¥1800)【イチ押しBOOK2】村山由佳さんの 『猫がいなけりゃ息もできない』息をするように猫を愛する作家がもうひとり。5匹の猫と暮らす村山由佳が、17年をともに生きたもみじとの時間をつづったエッセイが『猫がいなけりゃ息もできない』だ。小さな体に病を得ながら生きる姿に涙し、別れの予感に震えながら言葉を書きつける。《尻尾の先が裂けて〈猫又〉になったっていいから、一緒にいようね》、《早く着替えてまた戻っておいで》、愛猫家の想いを代弁する言葉があふれる一冊。ハンカチを用意して、どうぞ。幼い頃から猫に囲まれて暮らし、《猫のいない人生なんて、窓の一つもない家のようだ》と書く。そんな作家が最も長い時間を一緒に過ごした愛猫との暮らしを、特別な想いを、闘病と別れをつづったエッセイ。(集英社 ¥1400)【ほかにもあります★オススメBOOKをご紹介】『ぼくは本当にいるのさ』/少年アヤさん透明人間になりたい、それでも《ぼくは本当にいる》。多くのものを手放そうとする日々の中、少年アヤの心からまっすぐに出てきた言葉は、きらめくお菓子のように美しくて温かく、お守りにしたくなる。(河出書房新社 ¥1450)『せん』/スージー・リーさん鉛筆の芯が削られて白い紙の上にのせられる。するりと動きだした線はやがて、小さな少女の軌跡になっていく。文字はない。言葉はいらない。鉛筆から生まれた無数の線が、爽やかな冬の空気を連れてくる絵本。(岩波書店 ¥1800)『セリー』/森泉岳土さん天井まで続く本棚に囲まれて生きるカケルとセリー。気候が変動して死にかけた世界から切り離されたふたりの時間には、暗闇が迫っていた。美しい詩のような表題作に、同人作品や描き下ろしを集めた漫画集。(KADOKAWA ¥1400)--------------------MORE2019年1月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 原文/鳥澤 光--------------------- ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡
  • まりもちゃんのデイリーライフ #15。飼い主(おかあさん?)はスタイリスト村山佳世子さん。初めての単行本『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』が発売中。趣味は日向でお昼寝です。 日焼けしないように気をつけています。 なまえ:まりもちゃん 2016年8月産まれ(推定)申年、獅子座の女の子。もと野良の保護猫。三毛猫特有のスーパーツンデレ。3度の飯より遊ぶの大好き。特技はニャンニャン語のおしゃべり。 ▼スタイリスト村山佳世子の関連記事はこちら
関連キーワード

RECOMMEND