【7/13(金)オープン】ミシュランの味も、日本初上陸の台湾スイーツも気になる! 『新宿ミロード』に行くしかない!!

DAILY MORE

ここでしか味わえない絶品を逃がさないで!

新宿駅南口直結のファッションビル『新宿ミロード』が、7/13(金)に7階、9階のレストランフロアをグランドリニューアルオープン!! 新宿エリア初出店のカジュアルミートダイニング『ザ ミートアンドラボ』や、ビアカフェ&レストラン『アイビアー・ルサンパーム』など、気になるお店が続々オープン。今回は、その中でも特に気になる2店をクローズアップ!

『騒豆花』台湾スイーツ「豆花」の専門店『騒豆花(サオ ドウ ファ)』は、本国でも行列必死の人気店なんです。「豆花」とは、豆から作ったプリンにシロップをかけ、フルーツやタピオカなどをトッピングしたスイーツ。本場の味をぜひ味わいにいってみて♡
『MENSHO SAN FRANCISCO』アメリカ西海岸からの逆輸入ラーメン店『MENSHO SAN FRANCISCO」(メンショー サンフランシスコ)』は、なんと2年連続でミシュランUSAに選ばれた実力店!どちらのお店も新宿ミロードの7階。暑い毎日、駅直結の好立地も魅力的ですよね。友達との素敵ランチにも、ひとりのサクっとご飯にも、大活躍まちがいなし♡→『新宿ミロード』公式サイトはこちらから!

関連記事
  • 2019年におすすめの春コーデをまとめてお届け! 春アウターとして定番のジャケット、GジャンやGUのプチプラコーデなど。今年っぽく着こなすために、参考にしてみてくださいね。※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売が終了している場合があります。2019年に着たい春コーデ特集【目次】【2019年 春コーデ見本1】Vネックのリブカーデでコーデ【2019年 春コーデ見本2】マキシ丈のスカートコーデ【2019年 春コーデ見本3】ノーカラーのシャツワンピコーデ【2019年 春コーデ見本4】ストレートデニムコーデ【2019年 春コーデ見本5】GUのマウンテンパーカコーデ【2019年 春コーデ見本6】GUのスウェットプルオーバーコーデ【2019年 春コーデ見本7】GUのリブナローミディスカート【2019年 春コーデ見本8】GUのオックスフォードシャツコーデ【2019年 春コーデ見本9】GUのハイウエストストレートジーンズでコーデ【2019年 春コーデ見本10】GUのストライプナローミディスカートコーデ【2019年 春コーデ見本11】ジャケットコーデ【2019年 春コーデ見本12】Gジャンコーデ【2019年 春コーデ見本13】パーカコーデ【2019年 春コーデ見本14】ラベンダー×ピンクの春色コーデ【2019年 春コーデ見本15】ボーダーカットソーコーデ【2019年 春コーデ見本1】Vネックのリブカーデでコーデ春らしさと女らしさ、適度な肌見せがあるから叶うこと。コートを着てもクリーンな色味と肌見せの抜け感がきいて軽やかな印象になる。カーディガン¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) コート¥75000/グッドスタンディング(リノ) スカート¥13000/ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグ¥15000/ティアラ イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33)【2019年 春コーデ見本2】マキシ丈のスカートコーデ控えめな揺れ感、長め丈。それが私たちにちょうどいい白。マキシ丈なら淡い色でも寒そうに見える心配ナシ。すっかり着慣れたブラウンもフレッシュに。>スカート¥8900/ノーク シャツ¥23000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥1490/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい 靴¥36000/リーガル コーポレーション(リーガル) バッグ¥16000/ルーニィ メガネ¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ タイツ¥1000/タビオ【2019年 春コーデ見本3】ノーカラーのシャツワンピコーデワンピースの上にはおるだけ。どんなカラーも中和して、カジュアルだけど大人っぽい、でしょ?ワンピース¥33000/メイデン・カンパニー(インディビジュアライズド シャツ) ワンピース¥10000/パリゴ 丸の内店 靴¥27000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥9600/ハリウッド ランチ マーケット(サンフランシスコ) 帽子¥6400/CA4LA ショールーム イヤリング¥2500/サンポークリエイト(mimi33) ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) 靴下¥900/タビオ【2019年 春コーデ見本4】ストレートデニムコーデ春になったらジャケットと一緒に。カジュアルダウンしつつきれいめにまとまるのがうれしい。パンツ¥14000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) ジャケット¥13000/ノーク Tシャツ¥9800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥5800/コンバース バッグ¥28000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本5】GUのマウンテンパーカコーデマウンテンパーカSIZE:S、M、L、XL/PRICE:¥2990コンパクトでフェミニン派の人も着やすい。パーカ/GU ワンピース¥17000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥19000/ティアラ(ジャンニ ノタロ) イヤリング¥15000(ラダ)・ブレスレット¥11000(フィリップ オーディベール)/ノーリーズ&グッドマン銀座本店【2019年 春コーデ見本6】GUのスウェットプルオーバーコーデスウェットプルオーバーSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥990トライしやすいプライスも魅力的な、クリーンな白のスウェット。スウェット/ジーユー ニット¥8800・パンツ¥13000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 コート¥58000/アナディス(ディレクトワール) バッグ¥47000/TOMORROWLAND0(CARBOTTI) ピアス¥13800/フォーティーン ショールーム(リリーズ) 時計¥20000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ウィリアム エル1985)【2019年 春コーデ見本7】GUのリブナローミディスカートリブナローミディスカートSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥1990 “重素材のスカート”も発見。オフホワイトは春服に合わせやすい。スカート/ジーユー Gジャン¥9800/ミラ オーウェン ニット¥16000/Stola. 靴¥29000/アナディス(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥12027/ザラ・ジャパン(ザラ) ピアス¥4600/リエス(ラ ピエス) バングル¥51000/バフ スカーフ¥2500/ローリーズファーム ソックス¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)【2019年 春コーデ見本8】GUのオックスフォードシャツコーデオックスフォードシャツSIZE:S、M、L、XL/PRICE:¥1990水色のシャツは体が泳ぐような大きめのサイズ感が今どき。Tシャツとのレイヤードも決まる。シャツ(一部店舗のみ販売)/ジーユー Tシャツ(2枚セット)¥2500/ヘインズブランズ ジャパン スカート¥16000/ドロシーズ バッグ¥6400/ルクールブラン メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥2380・ネックレス¥3500・リング(5本セット)¥2400/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本9】GUのハイウエストストレートジーンズでコーデハイウエストストレートジーンズSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥2490「甘くない白」はデニムで取り入れたい。脚長効果の高いハイウエストがうれしい『GU』の名品はボーダーやキャスケットとマリンスタイルを楽しんで。パンツ/ジーユー コート¥58000/ボウルズ(ハイク) カットソー¥11000/ゲストリスト(ルミノア) 靴¥18500/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) バッグ¥48000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 帽子¥11000/CA4LA ショールーム ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン)【2019年 春コーデ見本10】GUのストライプナローミディスカートコーデストライプナローミディスカートSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥1990ベージュベースのストライプ柄×タイト、主役にしたい一枚。スカート/ジーユー ニット¥28000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥6500/ジーナシス スカーフ¥1400/ハリウッド ランチ マーケット ピアス¥2900・リング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本11】ジャケットコーデリネンのパンツコーデにさっとはおる。“カッコいい”のがうれしい! 辛口になりすぎず、女らしさも感じる、今、憧れのスタイル。ジャケット(冬のコーデと同じもの)¥36000/ボウルズ(ハイク) Tシャツ¥8000/ザ テント代官山店(マルシャル・テル) パンツ¥23000/リエス バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 ピアス¥10200・ブレスレット¥16000/ガス ビジュー 青山 スカーフ¥3900/クリア インプレッション ヘアゴム/ヘア&メイク私物【2019年 春コーデ見本12】Gジャンコーデ春本番は前を開けて、袖をまくって軽やかに。Gジャン(冬コーデと同じもの)¥24000/デイリーショップ(アイディー デイリーウェア) ベスト(2月中旬発売予定)¥5800/ナチュラルビューティーベーシック Tシャツ(2枚セット)¥3000/ヘインズブランズ ジャパン スカート¥49000/ブルーバード ブルバード 靴¥28000/リーガル コーポレーション バッグ¥41000/コード(ヴァジック) イヤリング¥2200/サンポークリエイト(アネモネ) メガネ¥31000/モスコット トウキョウ 時計¥17000/コモノ東京 ソックス¥1800/ブロンドール 新丸の内ビル店【2019年 春コーデ見本13】パーカコーデ親しみやすくて、甘すぎなくて。デートにも最適! 甘い服をほどよくカジュアルダウンしつつ、フードがあるから可愛げもキープする。実はスカートやワンピにこそ合わせたい一着。パーカ¥13000/ムルーア ワンピース¥13000/ノーク 靴¥28000/グッドスタンディング(リノ) バッグ¥26000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 帽子¥1990/ユニクロ ピアス¥1700・バングル¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本14】ラベンダー×ピンクの春色コーデ外の寒さや歩きやすさを気にしなくていいドライブデートは、新しい季節のおしゃれを彼にいちばんにお披露目する絶好のチャンス! Vネックカーデとテーパードパンツの王道きれいめコーデを、クリーンな甘さのラベンダーとペールピンクで春らしく彩って。パンツなら車の乗り降りもラクチンだし、歩き回らないから華奢なサンダルでおしゃれを優先。白Tやバンダナを巻いたメッシュバッグで休日のカジュアル感もさりげなく取り入れて♪カーディガン¥7800・Tシャツ¥4200・パンツ¥8300・靴¥9800・バッグ¥10400・スカーフ¥6800/ミラ オーウェン 新宿ルミネ2【2019年 春コーデ見本15】ボーダーカットソーコーデ感度高めのグリーンのテーパードパンツで、手持ちのボーダーカットソーを鮮度上げ! 白黒ボーダーに無造作に肩かけした黒ニットでこなれたニュアンスを。上半身をモノトーンでシックにまとめておけば、インパクトのある柄×色でも手軽なワンツーコーデでも、どこか洗練感のある仕上がりに。斜めがけバッグや丸っこフレームのメガネ、おちゃめな遊び心も忘れずにね♪カットソー¥14000/ゲストリスト(ルミノア) パンツ¥13800/フリークス ストア渋谷(フリーダ) ニット¥21000/ラ・エフ 靴¥25000/ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥21800/ビショップ(ブレディ) メガネ¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ リング¥3200/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン)
  • 仕事で煮詰まった気分を、春めくラベンダーカラーのワントーンで明るく転換!「デザイン性の高い家電」が新商品のテーマだけれども、アイデアが浮かばない…! 新商品のアイディア出しに行き詰まり、起きたときから悩みモード。そんな気持ちを払拭したくて、春トレンドを取り入れた明るい色のスタイルに。可愛げなラベンダーのグラデーションのおかげで、沈んだ気分をなんとかごまかしつつも頭の中はまだまだスランプ状態。親友の花に、メールで相談してみようかな。ニットトップス¥5436/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ) スカート¥11000/シティーヒル(ペルルペッシュ) コート¥64000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×エリン) イヤリング¥7500/ヒーマンウーマン(アレクサンドリン) バッグ¥55000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥23000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客データの解析や資料作りなどで内勤が多めの勤務スタイル。甘めのフェミニンスタイルが好みの半面、食は辛党。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【トレンド服】ラベンダーニット春色で、暖かさはキープしつつ軽さを加えて。ちょっぴり長めの丈でほどよいカジュアル感も。¥5436/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ)【トレンド服】ラベンダーフレアスカート風に揺れるフレアで春の訪れを感じたい。少し長めにアップデートされた丈感で、こなれた印象をつくって。¥11000/シティーヒル(ペルルペッシュ)【ベーシック服】フレアトレンチコートマニッシュなイメージのトレンチも、きれいに広がるシルエットで女らしく。¥64000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×エリン)「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>> 関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】JILL by JILLSTUART ◆ドレストレンチコート ¥21,000+税【関連商品】OZOC 【WEB限定カラーあり・洗濯機で洗える・抗菌防臭・蓄熱】ソフトウォームニット ¥1494(¥2990の50%オフ) +税撮影/坂根綾子 スタイリスト/小川ゆう子 文/衛藤理絵
  • ニット×パンツのワンツーコーデにシャツを羽織るだけでカジュアルな気分に浸れる内勤で企画書づくりに励む日にはシンプルなニット×パンツコーデで。全身ネイビーもいいけれど、そこに爽やかな淡色ブルーシャツをはおって袖をまくれば、なんだかいい企画が湧き上がりそう! 足もとは疲れないスリッポンタイプを選びつつ、ややインパクトのあるスネーク柄でコーディネートにもスパイスを少々。仕事終わりの書道教室ではシャツを脱いだオールネイビーで無我夢中に書と向き合いつつ精神統一でもして帰ろう。そして24節気2番めの雨水の日なので高菜を食べて雛人形を飾らなくっちゃ。ブルーシャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥22,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) イヤリング¥15,000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン) バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン チェーンブレスレット¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
  • 日本でもディスティネーションとして大人気のウユニ塩湖への旅の玄関口となるのが、ボリビアの事実上の首都ラパス。標高約3,600mに位置し、世界一標高の高い場所にある首都としても有名! 絶景が楽しめるすり鉢状の街、ひとりっPがひとくち食べて感激した必食グルメ、マストなホテルなど、ラパスの魅力をひとりっPのInstagramから紹介。01ラパス 「チリからアタカマ高地を抜けてボリビアへ。ウユニ塩湖を満喫、昨日首都のラパスに着きました。標高3650メートルを、あら低いじゃない、と思うようになった自分に感動。ビバ!高度順応!いまならマラソンで自分史上最高記録出る!絶対!いや、走りませんが。ラパスは、すり鉢状の谷間に広がる風景に感激!そして地図で見ていただけじゃわからなかった、ほんの少し先の通りも急坂の上だったり。街歩きがいちいちちょっとした登山です。」(ひとりっP、以下同)「ボリビアの国民スナック、サルテーニャ、saltena。どらどら、と初トライ。パイだよね〜、と半分に割ったら『どわっあっあぢーーーっ!!!』。肉汁がじゃわわ〜!っとあふれでてきて、かるーく指をやけど(まるで小籠包?) 。見ると、ローカルのみなさんはナプキンでくるんで手に持ち、はじっこからかじって、ときどき肉汁をすすってます。なるほど!!しかしこんなに肉汁が出るとは!!と驚きつつ、ひとくち食べてさらにビックリ!!!『な、なんじゃこれ!!うますぎる〜〜!!』。各種スパイスが複雑にきいた具は、鶏肉、ゆでたまご、野菜など。パイ皮はしっとりさっくり硬めで、肉汁をセーブ。いや、肉汁というかそもそもシチューと言ったほうがいいような。こんなうまいもんがあったなんてーーー!これ食べたさにボリビア再訪する気がします。」「と、いうわけでサルテーニャに夢中になり、急遽食べくらべパトロールを決意、計3軒をハシゴ(バカ?)。店によって皮の食感、具の中身が微妙に違いますが、どれも美味。なんとなーく具は感覚的にはカレーに近い気がしてきました。ハーブ&スパイスをミックスした肉と野菜ミックス煮込み?な感じなので。2軒目からは地元の方々に倣い、はじっこからかじってみましたが、やはりどこかで肉汁をこぼしてしまい……まだまだ修行が足りません。こちらは3軒目。スプーンとチリが添えられて出てきました。」「サルテーニャが食べられるのはだいたいこんな感じのどローカルなスナック食堂。ローカルすぎてビビるかも知れませんが没問題。ボリビアの人って中南米の中でも極めて親切で素朴でいい人が多い、気がしてます。ローカル食堂も旅行者をウエルカムしてくれます。」02casa de piedra 「中南米では近代的なホテルよりも、ならではのコロニアルな宿に泊まるのが好きです。ラパスでの宿は、casa de piedra。石の家、という名前ですね。1830年代に建てられた建物を改装したそうで、間口は狭いけど奥に長い造りです。フリーWi-Fiも飛んでます。私の部屋は表通りに面していたので明るく、室内プチテラスがありました。ただ、通りに面している分、物音に敏感な人はうるさくて眠れないかも。宿の人もとても親切でよかったのですが、暖房の効きがやや弱いのとシャワーのお湯がぬるかったのが残念。朝食付きですが、内容はかなりベーシックで、シンプルなボリビアパン、フルーツ、ハム、チーズ、コーヒー紅茶、ジュースのみ。暖かいものはコーヒー紅茶以外なし。ホテルは旧市街のど真ん中にあり場所も便利なので、外にサルテーニャなど食べに行くのをオススメします。お土産屋通りのサガルナガ通りへも歩いて5分かかりません。」「casa de piedraの中庭。中南米のコロニアル邸宅はたいていこの造りですね。間口は狭くて奥に長く中庭がいくつかあり、中庭を囲む形で部屋があります。」「ラパス市内。中南米では新年の瞬間に個人で打ち上げ花火をあげる国が多いんですが、ラパスはすり鉢状の街なので山の斜面のあちこちからバンバン花火が上がって、今まで体験したどの街の花火よりキレイでした!わたしの宿からはパーシャルビューだったのが残念!」「ラパス、大統領官邸前。」 「ラパス市内のスーパーマーケットにて。高山病に効くといわれているコカ茶。チリやボリビア、ペルーなどでごく一般的に飲まれてます。が、ちなみにコカインの原料なので、日本やアメリカには持ち込み禁止です。」「ラパス市内、庶民の足なのがミクロmicroと呼ばれるボンネットバス。カラフルな外観がちょーマイタイプ。見かける度にカメラを向けてしまいました。」「標高3600メートル。世界一高所にある首都、ラパス。すり鉢状の街なので基本的に坂道だらけ。街歩きは軽い登山です。シューズも単なるスニーカーではなく、グリップ力のある軽トレッキング靴が歩きやすくて疲れないのでオススメです。」 紹介したアドレスはこちら! 南米の記事一覧を見る> 香港の記事一覧を見る> ハワイの記事一覧を見る>タヒチの記事一覧を見る>北米の記事一覧を見る>台湾の記事一覧を見る>日本の記事一覧を見る>アジアその他の記事一覧を見る>中東の記事一覧を見る>アフリカの記事一覧を見る>オセアニアの記事一覧を見る>ロンドンの記事一覧を見る> >>ひとりっぷ® TOPはこちら  
  • バックステージで活躍する未発表新ブランドのアイライナー 未発表のブランドがバックステージビューティを手がける!? 2月11日にNYにて行われた3.1 Phillip Limの2019年-20年秋冬ランウェイショー。そのバックステージに潜入すると、驚くべき事実が発覚! なんと今回、バックステージのメイクアップに採用されたのは、FLOWFUSHIが発信する新ブランド。そのブランド名は、まだベールに包まれている。未発表ブランドがランウェイのメイクアップに使用されるのは前代未聞!  なぜこのようなコラボレーションが行われるに至ったのか?それは、"UNFRAME THE BEAUTY"という新ブランドが掲げるコンセプトにあった。そこには、美の正解を押し付けず、既存の枠組みを取り払うというFLOWFUSHIの想いが込められている。3.1 Phillip Limもまた、長年にわたって既成概念を追い払い、新しい美を追求したいという想いでファッションに取り組んできた。両社がこの"UNFRAME THE BEAUTY"というキーワードに深く共感し、今回のコラボレーションが実現したという。 ダイアン・ケンダルもアイライナーを絶賛 メイクアップアーティストのダイアン・ケンダル バックステージメイクアップのディレクションを担当したメイクアップアーティストのダイアン・ケンダルに今回のメイクアップに関する話を聞くと、まずはアイライナーを絶賛。「はじめにこの話をいただいたとき、"UNFRAME"というフィロソフィーに共感しました。パッケージにアップサイクル素材を用いているところも素晴らしいし、デザインも非常に美しい。さらに、日本の職人技によって生み出されたアイライナーの筆が、とても描きやすいんです」と語る。 アイラインを施したモデルのMaisie Dunlopではメイクアップに関しては?「普通のアイラインとは異なる方法で、でもコンセプチュアルすぎずウェアラブルに仕上げたかった。そして、やわらかくフレッシュなムードを醸し出したいと思ったのです」とダイアン。モデル全員の上まぶたのクリースの上に白いアイライナーで弧を描き、中央に余白を作る。「下まぶたには40人のモデルの顔立ちに応じて、カーキとパープルを中心に異なるカラーをルールを決めずに入れていきました」。ここにも美の正解を押しつけない"UNFRAME"な考え方が反映されている。「アイラインを際立たせるため、肌はなるべくナチュラルに。アイブロウはとかし上げ、リップにはバームを塗るのみにとどめて。頬には、少しだけツヤを与えヘルシーに整えました」。メイクアップを施されたモデルは、それぞれ個の美しさを引き出されながら、フレッシュな輝きを放っていた。 フロントロウにはあの大物ゲストも登場! 3.1phillip lim 2019-20年秋冬コレクションのランウェイより 3.1phillip limのランウェイに登場した服は、どれもクリーンでいてフェミニン。そして新しさがありつつウェアラブルで、完璧にメイクアップとファッションが調和していた。上の写真では特に、服の白ステッチと上まぶたのホワイトラインがマッチング。ランウェイのフロントロウには、スーパーモデル、サーシャ・ピヴォヴァロヴァと鈴木えみがツーショットでお目見え。 フロントロウに座るサーシャ・ピヴォヴァロヴァと鈴木えみNYの街を翻弄する未発表ブランド (上)バックステージにて、アーティストのデスクに並べられた新ブランドのアイライナー さて、このブランド名未発表の新ブランドは現在、NYの街を斬新なキャンペーンでジャック中。書かれているのは「@UnframeTheBeauty」と「KEEP OR DROP」。そこには当然ブランド名の記載もなし。NYコレクション中、広告が掲げられたタクシーや地下鉄のポスターをいたるところで発見。思わず撮影したのがこちら。 (上)地下鉄の駅構内に貼られたポスター ポスターはいたるところに タクシーにも!これらは、「名のなき1本のアイライナーを一般ユーザーや学生にサンプリングし、KEEPかDROPかを直感でジャッジしてもらう。そして多数決で結果がKEEPになった場合にのみアメリカで発売する」という大々的なキャンペーンの一環。結果がDROPになった場合には、アメリカでの発売は中止になるという! 詳細はこちらのキャンペーンサイトと、公式インスタグラムをチェックして。
  • 今すぐ着たい、 春色ニュース この春、色は「差す」より同じトーンを 「重ねる」が旬。同色系の服や小物でコーデを揃えると上級者に♪爽やかな水色シャツと淡いデニムパンツで作るブルー系グラデ♡(優愛) 素材の違うパープルを重ねたら今っぽさ急上昇。(ふみか) (優愛)シャツ¥12000/デビュー・ド・フィオレ パンツ¥4900/アズ ノゥ アズ ピンキー イヤリング¥1900/Jemica 新宿ルミネエスト店 バッグ¥7500/Jewelna Rose東急プラザ表参道原宿店 パンプス¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)(ふみか)ブラウス¥6900/RD ルージュ ディアマン カーディガン¥15980/eimy istoire スカート¥12000/SNIDEL イヤリング¥1500/Jemica 新宿ルミネエスト店 バッグ(3月上旬入荷予定)¥7900/MURUA パンプス¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)▼春色コーデをCHECK!▼溶けそうなレモンイエロー ミルクを足したミントグリーン単色、くすみ、ニュアンス系ピンク他の画像を見るモデル/新川優愛 西野七瀬 馬場ふみか 撮影/田形千紘(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/立石和代 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 現役大学生のアンケートで判明! マストバイリスト 先輩たちへの取材から選び抜かれた、使えるアイテムを紹介!ロゴ入りキャンバストート リュックは服を選ぶのでどんなテイストにも合うトートが大半。 (大学1年生・安田さん) 大きくて軽いから、パソコンを持ち歩く学部の人にもぴったり。 (大学1年生・宮嶋さん) A4ジャストサイズのやや小さめ。ショルダーひもの長さが調節できて便利。(右) ¥3990/WEGO 人気のOUTDOORのロゴが大きく入ってコーデのスパイスに。(左) ¥2500/OUTDOOR PRODUCTSカスタマーセンター 目を引くロゴをワントーンコーデのアクセントに♡ たくさん教科書を入れても重くならない。大好きなブランドのロゴで、さりげなく自己アピールしてみるのもアリ! コートの袖からちらっと出したニットのオレンジと、トートのブランドロゴの赤を同系色でさりげなくリンクさせるこなれテクニック。 バッグ¥2500/MILKFED. 新宿 トレンチコート¥18500/リリー ブラウン トップス¥9500/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ)  イヤリング¥2917/アビステモデル/多屋来夢 撮影/浜村菜月(LOVABLE・来夢) 坂田幸一(物) ヘア&メイク/齊尾千明(Lila) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 撮影協力/アンスティチュ・フランセ東京(飯⽥橋)
  • オシャレな美女組さんとのランチ会♪ さぁ、何着ていこう! 仕事終わりで駆け付けたので、オフィスコーデでもOKなワンピースで。待ちに待った♬ 美女組新メンバー同期とのランチ会♡ 美女組は全国にメンバーがいるのですが 今回は東京でのランチ会に 参加することが出来たメンバー No.143 ASUKAさん No.146 rinさん No.151 らんさん No.153 エリス宏美さん No.159 RUIさん No.163 tomomiyuさん No.168 miyaさん そしてNo.160のyukoの8名 お喋りに夢中で、皆さんの素敵なコーデをじっくり見れなかった(;´Д`)12月のキックオフパーティで同じテーブルだった ruiさんとtomomiyuさんは、3か月ぶりの再会(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 他の皆さんとは、ほぼ初めまして状態で それぞれのマリソルブログを見たりインスタで繋がっていたりなだけ 皆さんのお仕事やお住まい、バッググランドは違うけれど 働くアラフォーで、美容やおしゃれに興味があるという共通点で すぐに盛り上がり あっという間に時間が経ってしまいました。 お店は表参道にある 「Lounge1908 Restaurant」 エリス宏美さんがお気に入りのお店を予約してくれました♪ この日選んだお洋服は 「nano・universe」のワンピース。 落ち感と光沢のある素材で 肩から膝にかけてストンと落ちるようなシルエットに ベルトをプラスすると、女性らしさのメリハリシルエットにも変化。 裾のスリットが重たくならないデザインで、 動くたびに軽やかに。 この日の東京は少し暖かかったので コートの中はもう、春らしい軽やかコーデ。 仕事帰りに駆け付けたので オフィスでもOKなワンピース。ワンピース:nano・universe 靴:ShoePremoマリソル美女組に選んでいただいたお陰で こんなにも素敵な方たちとの出会いがあり 感謝しかありません♡♡♡ 美女組の名に恥じないように これからも美意識・健康意識をしっかりもって ワクワク楽しいことを シェアしていければいいなと思います♪ 今日もお読みいただきありがとうございます(^^♪ Beanthy yuko blog:♥美女組No.160 yukoのブログ
関連キーワード