【7/13(金)オープン】ミシュランの味も、日本初上陸の台湾スイーツも気になる! 『新宿ミロード』に行くしかない!!

DAILY MORE

ここでしか味わえない絶品を逃がさないで!

新宿駅南口直結のファッションビル『新宿ミロード』が、7/13(金)に7階、9階のレストランフロアをグランドリニューアルオープン!! 新宿エリア初出店のカジュアルミートダイニング『ザ ミートアンドラボ』や、ビアカフェ&レストラン『アイビアー・ルサンパーム』など、気になるお店が続々オープン。今回は、その中でも特に気になる2店をクローズアップ!

『騒豆花』台湾スイーツ「豆花」の専門店『騒豆花(サオ ドウ ファ)』は、本国でも行列必死の人気店なんです。「豆花」とは、豆から作ったプリンにシロップをかけ、フルーツやタピオカなどをトッピングしたスイーツ。本場の味をぜひ味わいにいってみて♡
『MENSHO SAN FRANCISCO』アメリカ西海岸からの逆輸入ラーメン店『MENSHO SAN FRANCISCO」(メンショー サンフランシスコ)』は、なんと2年連続でミシュランUSAに選ばれた実力店!どちらのお店も新宿ミロードの7階。暑い毎日、駅直結の好立地も魅力的ですよね。友達との素敵ランチにも、ひとりのサクっとご飯にも、大活躍まちがいなし♡→『新宿ミロード』公式サイトはこちらから!

関連記事
  • 雨が多いこの季節、おうちで過ごす日には手づくりおやつはいかが? 本日は、LEE100人隊料理部より、2名の隊員がつくったブラウニーを取り上げます。 しっとりケーキ、その秘訣をご紹介します! まずは、No.075 きなこさん作、お砂糖不使用のブラウニー。 「久しぶりに作ったお菓子がなかなか娘から好評だったのでシェアしたいなと思います♡ アメリカのお菓子はとっても甘いので、家では普段からお砂糖は出来る限り少なくするように心がけています。今回のブラウニーもメインの甘味はデーツです!基本の材料も4つだけ、しかも順番にフードプロセッサーに入れて混ぜるだけです! 材料は、ドライデーツ200g、アーモンドバター80g、カカオパウダー60g、お好みのオイル大さじ2(ココナッツオイル使用)」 「デーツは種がある場合は取り除き、フードプロセッサーでペースト状にします。お湯を50cc加えて更に滑らかなペーストにします。そこにアーモンドバターとオイルとカカオパウダーを加えて混ぜます。最後にお好みでチョコチップを加えて混ぜても良いです。我が家はいつもチョコチップ入り」 「型に入れてコップの後ろ側等で表面を平らにならし、176度に予熱したオーブンで15〜20分、四方がドライになって来たらOKです。型に入れたまま10分置き、型から出して更に20分置きます。因みに私は15×15センチのスクエア型を使いました。娘はくるみがダメなのですが、焼く前にくるみを乗せてもとっても美味しいです!」 「基本的にデーツがメインなので普通のしっとりホワホワのブラウニーではなく、どっしりねっとりしたブラウニーです。ブラウニーとは呼べないか。食感はフォンデュの方が近いです。でもお砂糖が入っていないとは思えないほど甘くて少し食べただけで満足できます。本当のところかなり甘いので2センチ角くらいで大満足です笑。デーツやアーモンドバターはもしかしたら日本ではあまり手に入りにくいかもしれませんが、ちょっとお味は変わりますがレーズンやピーナッツバターでも代用できます。また卵や牛乳も使っていないので冷蔵庫で5日、冷凍庫で1カ月保存ができます」 つくる工程が意外にも簡単なのがイイ! お砂糖ナシでも満足感が得られそうです。 続いては、TB 季絵さん。お土産でもらったというピーカンナッツを使ってブラウニーを。 「アメリカのおみやげでピーカンナッツをいただきました。どうやって食べようかな??とまずはローストして蜂蜜漬けに」 「それをチョコレートブラウニーに入れました。夜中に家中が甘い匂いに……。焼きたてを食べたい……という気持ちをぐっと抑えて一晩寝かせました。どっしり、ねっとり濃厚なブラウニーになりました。ピーカンナッツの食感が良いです。濃いコーヒーがぴったり」 どちらもしっとりとして、おいしそう。 大人も子どもも大好きなブラウニー、梅雨のおやつにいかがですか?
  • ジバンシィが、今年70周年を迎えるオニツカタイガーとのコラボレーションから生まれた限定スニーカー「MEXICO 66™ GDX」をジバンシィの表参道店、伊勢丹新宿店、阪急うめだ本店、ジバンシィ公式LINEストア、さらにオニツカタイガー表参道店、銀座店、難波店にて発売中だ。 「MEXICO 66™ GDX」各¥65,000(ブラック/ホワイト)/ジバンシィ表参道店今回のコラボレーションで誕生したのは、オニツカタイガーのアイコンモデル「MEXICO 66™」をベースにした2種類の「MEXICO 66™ GDX」。ブランドの特徴であるオニツカタイガーストライプと、『GIVENCHY』ロゴのレタリングを施したデザイン、そしてシグネチャーカラーである『レッド』と『ホワイト』のひときわ目を惹くデザインが、ホワイトとブラックの2色で展開される。 「MEXICO 66™ GDX」各¥65,000(ホワイト)/ジバンシィ表参道店どちらのスタイルにも、ヒールフラップには「GIVENCHY」と「Onitsuka Tiger」のロゴが。そしてこのコラボレーションのためだけにデザインされたスペシャルラッピングも用意された。ジバンシィのアーティスティック・ディレクター、クレア・ワイト・ケラー自身も愛用するという「MEXICO 66™」を大胆に再解釈した今回のコラボレーションシューズ、ファンならずとも要チェックだ。 「MEXICO 66™ GDX」各¥65,000(ブラック/ホワイト)/ジバンシィ表参道店ジバンシィ表参道店https://www.givenchy.com/03-3404-0360 text: Fuyuko Tsuji
  • コンドームなしでセックスすれば妊娠できると思っていました約半年の妊活期間を乗り越え、妊娠したことを発表。自らの経験を振り返りながら語るリアルなメッセージ。妊活をスタートさせて初めて知った妊娠の難しさ現在、妊娠6カ月。約半年の妊活期間を乗り越え「秋に男児を出産予定です」と発表したはあちゅうさん。「妊活をスタートさせたのは昨年の8月なのですが、本気で妊娠を考え始めたのは2017年。周りに妊娠・出産を経験する友達が増えたのもひとつの理由ですが、いつか小説を出したいという目標を達成できたのも大きなきっかけ。追い続けてきた夢が叶ったその時“子どもが欲しい!”と強く願うようになったんです」過去には「過度なダイエットで生理が来なくなってしまい婦人科に6年間通った」経験も。その後も生理不順が続き「婦人科系が弱い自覚があっただけに、以前から妊娠に関しては少し焦りは感じていた」そう。「昔から“子どもが欲しい”気持ちはとても強くて。焦りを感じていたものの、専業主婦をしながらふたりの子どもを産んだ母のもとで育ち、“自分もお母さんになるのが当たり前だ”と思って生きていたんです」しかし、妊活をスタートさせてからはそれが簡単ではないことを実感。「それこそ“コンドームなしでセックスすれば妊娠できる”と思っていたのですが、全然できない。そこで初めて健康なカップルでも自然妊娠する確率が半数以下であることを知ったり……。まず、痛感したのが自分の知識の乏しさでした。私はタイミング法からトライしたのですが、そこで驚いたのが卵子の寿命が6〜24時間と短いこと。そのピンポイントな数時間を狙い受精させなければいけない。これが想像以上に大変で。特に私の場合は排卵日が落ち着かず、エコーで診てもらわないと排卵日がわからない。その前後は何度も病院に通うことに。さらに、排卵日が来たら来たで、これまたピンポイントにセックスしなければいけない。仕事の予定も立てづらく、こんなにも生活が左右されるとは思ってもみなかった。夫婦の営みが義務になってしまい、“いったい、何をしているんだろう”と虚無感に襲われたこともあれば、生理が来るたびにガックリ肩を落としたことも。頑張りどころがわからない、ゴールが見えない、それがいちばんつらかったですね」今からできることをしておいて損はない!そんな経験を経て今思うのは「時間がかかるかもしれないことを予測しておけばよかった」ということ。「だからこそ、妊娠を望んでいる人は今できることをしておいたほうがいいと思うんです。たとえば、風疹の検査。抗体がないと妊活を2カ月間中断しなければいけないので。焦っている身にはこの2カ月間がとても大きい! 婦人科に通い自分の体を知ることも大事なこと。妊活を始めてから婦人科系の病気に気づく人も私の周りでは多く。私自身、妊娠に影響はなかったものの小さな筋腫が見つかりました。治療に時間がかかることもあるので、早くから婦人科に通う習慣をつけておくのがベスト。また、婦人科にはたくさんの情報も。私も妊活専門の雑誌があることを待合室で初めて知ったんですよ」妊活は心に負担がかかることも。そこで、彼女が心がけていたのが「ポジティブな情報に触れること」。「エッセイからブログまで、いろんな人の体験談を読んだのですが。多かったのがだんなへの恨み節(笑)。それを読むことで私も“そういえばウチも……”と、今まで気づかなかっただんなの無神経さに気づいてしまったりして。そこで、これはよくないなと。妊娠や出産が楽しみになる情報に目を向けるようになりました。そんなエッセイを今から楽しみながら読むのもオススメです。知識を得ることができるし、少しでも触れておくと、その立場になった時に気持ちが全然違うと思います」トップス¥3990・オールインワン¥9990/イェッカ ヴェッカ 新宿 イヤリング¥1290/アメリカンホリック作家・エッセイスト。MOREの人気連載をまとめた単行本『普通っぽいのになぜか心に響いて離れない 恋と仕事51の名言』(集英社 ¥1200)、2018年7月に事実婚を発表した、AV男優のしみけんさんとの夫婦生活を描いたエッセイマンガ『旦那観察日記〜AV男優との新婚生活〜』(スクウェア・エニックス ¥1000)など著書多数 ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 構成・文/石井美輪 撮影/布施鮎美 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/福永いずみ
  • 本格的な夏セールももうぐですがプレセールでゲットしたスカートが優秀です^_^ マリソル7月号をみて ブラウンアイテムがほしくて ショッピングしていたら プチプラで人気の KOEでプレセールになっていたので スカートを購入しました前からみるとこんなかんじ。 ウエストマークされているのと ストンとしたシルエットが 大人な雰囲気です後ろはこんなかんじ。 トップスをいんしたときに ゴールドファスナーが ポイントになり スリットも深すぎず 気に入っています。 ちなみにポケットもついてます夏はZARAの白Tにあわせて レストランディナーでは黒ブラウスと。 秋を意識してグリーンのブラウンとあわせてもいいかなと 思っています^_^色々と着回せる優秀スカート プレセールとメルマガ登録割引で 2000円ほどでした^ - ^ 良い買い物ができました〜^_^ 美女組No.125 juriのブログ
  • WEB限定記事第3弾は、街歩き。旅の拠点となるルクセンブルク市は、ヒストリカルな旧市街と、国際都市たるモダンな新市街の両方の側面を持ちます。街に緑も多く、要塞都市であるからこそできた高低差のある風景も独特!街の中心地に、こんなに気持ちがいい自然があるなんて!旅の拠点となるのは、国際空港がある首都のルクセンブルク市。城塞で囲まれたヒストリカルな旧市街と、豊かな自然、そしてモダンな国際都市が共存するこの街は、旅に欲張りなエクラ世代をも満足させてくれる。ルクセンブルクは、963年、岩山に建設された小さな砦がルーツ。「小さな砦」を意味する「リュシリンブルフク」が、国名の語源になったとも。その後、壮大な城壁が築かれ要塞都市となり、国家が形成、大公国へと発展した。天気がいい日はテラス席でランチやお茶を。レストランの看板も個性的で可愛らしい。アルゼット川から見上げる要塞跡は大迫力。かつての屈強な城壁は、今は緑の渓谷に。国民一人当たりのGDPが世界一の富裕国となった現在も、要塞時代の面影はそこかしこに。内部に全長約20kmの地下道や武器庫まで掘られている屈強な要塞は、解体まで実に16年も要したのだとか。そんな街並みは世界遺産に登録され、各国からのツーリストを迎え入れている。街の散策は、まずは旧市街の中心部から。大公宮殿の周囲には、立ち寄ってみたくなるデリやレストラン、カフェ、ブティックが点在。テラス席があるレストランが並ぶ石畳の通りは、ゆっくりとランチを楽しむにはぴったりのスポットだ。城壁に造られた遊歩道から眼下を眺めれば、川岸にグルント地区の絵画のような街並みが。ペトリュス渓谷に架かるアドルフ橋。橋の上からの渓谷までの高低差は約50m。要塞の下にあるグルント地区まで歩けば、ゆったりと流れる川の岸辺に修道院や美しい住宅が並ぶ絵画のような街並みが。崖を利用して造られた高低差のある街全体の風景は、立体的かつ独特。ヨーロッパのどの街でも見たことがない風景に、心が奪われる。旧市街に建つノートルダム大聖堂。祭壇の上には、繊細な描写のステンドグラスが。谷間にあるグルント地区と旧市街のエスプリ広場を繋ぐエレベーターからの眺めは絶景!そんな旧市街とは対照的な風景を見せるのが、新市街。世界有数の金融センターでもあり、EUの拠点もあるモダンな街を歩けば、そこかしこで、いろいろな言語を耳にする。それもそのはず、ルクセンブルクは人口約61万人のうち、半数近くが外国人というコスモポリス。公用語であるルクセンブルク語とフランス語、ドイツ語の3言語に加え、英語を話すのもごく日常的なことなのだ。新市街にある美術館「MUDAM」。ユニークな現代アートのコレクションに好奇心が刺激される。お土産を探すなら、旧市街の中心部にある「ルクセンブルクハウス」へ。果実酒にマスタード、ワイン、民芸品などが揃う。外国人のツーリストにも優しく、治安も良く、美しいルクセンブルク。ぜひ次のデスティネーション候補に入れておきたい。“ルクセンブルク版・養命酒”とも呼べそうなBUFF。炭酸水と割れば、消化を助けるための食後酒にも。■ショップ情報 Luxembourghouse ルクセンブルクハウス 住所/2 Rue de l'Eau, 1449 Luxembourg City ☎+352・26262627 http://www.luxembourghouse.lu/ <<第2回/ルクセンブルクは美食がいっぱいの国!撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/ルクセンブルク貿易投資事務所 SAKURA Voyages(サクラ・ヴォヤージュ)
  • 偶然のようで必然20代の頃にフランスはパリに住んだことがあります。 当時、入学した語学学校で私よりも先に座っていた日本人らしき女子のお隣にピン!ときてつかさずお隣に座りました。 その頃からのご縁が続き今もたまに会っています。 類は友を呼ぶ…なんですかね?! この日のランチは、その頃を懐かしむかのようにそば粉のクレープとお互いお供にはもちろん迷わずシードルを選んでました。毎回、ランチだけでは話が尽きないのでスイーツまで行きます。 この日は、奇跡のパンケーキ! 私が前から気になっていた行列店です。行列も恰好のおしゃべりタイムだから♡
  • ストライプシャツで素敵にこなれて。雨の日OK小物で快適な一日に♪さらっとした着心地の白ブラウスにライトグレイの美脚パンツ。じめじめした季節も快適に過ごせる機能性コーデに『GU』のPVCトートで今っぽさをプラスして、外勤デーは万が一の雨対策もばっちり! 今日はカフェでの打ち合わせや街リサーチだから、ジャケットじゃなくシャツをはおってこなれた雰囲気に。クリーンなストライプ柄のビッグシャツなら、ちょい着くずしても知的でさわやかな印象になれるのがうれしいよね♪ 吸水速乾のロングブラウス¥5990/プラステ 接触冷感&UVカットのクロップトパンツ¥16000/マイカアンドディール 恵比寿本店 ストライプ柄のビッグシャツ¥12000/AKTE 雨の日OKパンプス¥12000/オデット エ オディール 新宿店 ゴールドバングル¥18500/ガス ビジュー 青山 バッグ¥1990/ジーユー土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡
  • こんばんは☻ 前回ブログに書いた、 ゆずちゃんとの代官山ランチの帰りに 恵比寿でお洒落なスムージーのお店に 連れて行ってもらいました♡✌︎ それがこちら、、marugo deli ebisuです❤︎!恵比寿駅西口から徒歩5分ほどの ところにあります☻ こちらのお店、 スイーツのような 「フレッシュジュース&スムージー」と 野菜をたくさん摂取できる 「ベジタブルジュース&スムージー」、 そして栄養たっぷり!の 「スーパーフードスムージー」の3つに 分かれているそうで、 常時20種類以上が揃っているようです\(^o^)/ 私が頼んだのは、、❤︎たくさんメニューがあって かなり迷いましたが、、 この日は何となくバナナベースのものが 飲みたかったので Banana Oatsをオーダーしました(^O^) 税込¥650です☻ バナナ、豆乳、オーツ麦、メープル が入ったヘルシーなスムージー❤︎プラス50円で有機ミルクへ、 プラス200円で有機アーモンドミルクへ 変更もできるようです\(^o^)/ ほかにも、アボカドやアサイーを 使ったスムージーがあり、 かなり気になりました❤️ また絶対リピートしたいと思います☻ 皆さんも恵比寿に行かれた際は 是非行ってみてくださいね✨marugo deli ebisuのHPはこちら❤︎カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
関連キーワード

RECOMMEND