【トニー賞2018】注目の受賞作品!『ハリーポッター』&『Band's Visit』♡♡

DAILY MORE

6月11日はトニー賞授賞式!!

こんにちは!しんしんです!

毎年夏が近づくと、そろそろかなーとそわそわするイベントがあります。

それは…

『TONY AWARD』!!!

トニー賞は、ミュージカル好きにとっては年に一度のお祭りです♪
今年は井上芳雄さんと乃木坂46の生田絵梨花さんが、生中継番組のプレゼンターをされていました。

出勤時刻と被ってリアタイでは観られなかったけど、受賞作品はSNSでキャッチアップ!

2018年の注目作は…

米国ミュージカル通の友人からの前情報では、目玉がないかも…なんて話も出ていた今年のトニー。

個人的に気になっていたのが、『Band's Visit』と『Harry Potter』の2作品でした!

『Harry Potter』は、作品賞他6部門受賞!

ハリー・ポッターシリーズ、初の舞台版である『ハリー・ポッターと呪いの子』。

数年前、上演台本の日本語訳版が出版されて話題になりました!

今はロンドンで上演中♪

ハリポタど真ん中世代としては、小説や映画との関係も含めて気になる作品です!

こちら、先日イギリス土産でいただいた公演オリジナルバッグ♡
かっこよい♪

今回はストレートプレイ部門で6冠!
本場で観たい気持ちが高まります!

プロダクションチームには日本企業も!最多10部門受賞の『Band's Visit』♡

今回、最多受賞となったのが『Band's Visit』!

2007年のイスラエル映画を舞台化した作品です。

この作品に注目していた理由は、日本の大手プロダクションであるホリプロさんが共同プロデューサーの1人として出資していたから!

今年のトニー賞で、ミュージカル部門作品賞、主演男優賞など最多10部門受賞ということで、大変おめでたい♪

出資段階から携わった作品が、ブロードウェイ最高峰であるトニー賞を受賞するなんて、とっても夢がある話だなぁと思います♡

日本での上演もそのうちあるかも…?!ということで、首をながーくして楽しみに待つことにします笑

海外情報にもアンテナを!

海外ミュージカルは、来日のタイミング以外ではなかなかリサーチが行き届かないのですが、年に一度のトニー賞だけでもチェックしておくと、ブロードウェイのトレンドがわかって楽しいです!

録画した生中継番組もあとでみよーっと♪




最後までお読みくださりありがとうございます♡


*しんしん*


モアハピ部 No.570 しんしん のブログ

関連記事
  • 経済成長著しい中国。ビジネスやIT技術の進化についてはよく耳にするけれど、リアルなファッション事情はどうなっている?? 今まさに急成長を遂げている中国のシーンに迫るべく、徹底リサーチを敢行。この動き、もはや傍観しているだけでは済まされない! PART2 中国のモード・インサイダーが今、考えること ファッションの最前線をサバイブする4人に、それぞれの立場から見た課題や今後の展望を語ってもらった。 マーケットを切り拓くキーパーソン Huasheng Media CEO / Editor-in-chief冯楚轩 フォン・チューシュアンFeng Chuxuan PROFILE山西省出身の35歳。中学時代から海外の雑誌に興味を持ち始める。出版社に10年間勤務したのち、2016年に栩栩化十生媒体集団(Huasheng Media)を設立。CEO兼編集長として国内外の雑誌を精力的に中国で出版している。 今後の課題は過剰消費と向き合うこと  今の中国のファッション界は、常に新しい変化を求め、成長している状態。今まさに人気なのはストリートファッションや中性的なスタイルですが、これはあくまでトレンドのひとつであり、長期にわたるものではないと思っています。今後は、中国発のブランドが増え、人気が出ていくでしょう。デザインも、よりクリーンになっていくはずです。たとえばEPO Fashion Groupによる「MO&Co.(1)」や「Edition」のように、ビジネス的に成功を収め、かつ洗練されたデザインの中国ブランドが、どんどん生まれてくると思いますね。 すでに現状でも、売上だけを見れば、欧米ブランドより高い業績を出している中国のブランドは多いと認識しています。とはいえ、今の中国は、ある意味で非常に機会主義的です。たとえば日本や欧米では、高い基準をクリアできた、才能のある人だけが新しいブランドを起こせますが、中国ではチャンスをうまく手にした人がスタートさせられる。日本や欧米とは、質的なレベルの高さが違うんです。ただしこれは時間が解決する問題で、今後は中国国内も世界標準化されていくでしょうね。 いわゆる「偽ブランド」問題も、現状では問題としてありますが、時とともに解決されていくものだと考えています。今後、世界から見た中国の位置づけは、より重要なものになっていくでしょう。それに伴って、文化面、そして文化教育面をいかに発展させていくかが、未来の中国における重要なポイントになるでしょう。 もうひとつ今後の課題となるのが、過剰消費の問題。今、中国社会では、人々が収入を上回る額を消費に回しています。企業はビジネス拡大のためにどんどん消費してもらいたいので、優待や割引などの方策をとっています。だからみんな大量にモノを買う。これは明らかに行きすぎています。いつか必ず、企業やわれわれメディアがこの代償を払うことになるはず。世界のどこでも、変化は必ずあります。浪費しないことで、いい方向へ変化していけるといいですね。 1 中国の注目アパレルブランドとしてフォンさんが挙げた「MO&Co.」2 栩栩化十生媒体集団は『ナイロン』や『ティー マガジン』など欧米の雑誌の中国版を発行。「われわれの統計によると計7誌で読者は延べ1000万人以上です」3 北京にある栩栩化十生媒体集団の本部オフィス。ほかにふたつのオフィスがあり、総勢150名ほどが働いているそう Farfetch China Managing Director刘晓琴 ジュディ・リュウJudy Liu PROFILEデジタル業界でキャリアを積み、2013年にデジタルマーケティング会社「CuriosityChina」を設立。2018年にファーフェッチがCuriosityChinaを買収したことにより、ファーフェッチの中華圏担当マネージング・ディレクターに就任。 成長著しいラグジュアリーEC界で最初に思い浮かべてもらえる存在に  ファーフェッチは2008年に設立されました。私たちのミッションは、中国のモード好きがファッションと聞いて最初に思い浮かべるような存在になること。そのためには、共感を持ってもらえるようなユニークな方法が必要になってきますよね。たとえばひとつのアイテムを紹介するにしても、ブランドや商品にフォーカスした従来の提案方式だけでなく、幅広い年代のインフルエンサーに「自分だったらこう取り入れる」という写真を撮影してもらって、彼らの世界観やストーリーを通してアイテムの魅力をお伝えするといったコンテンツも、今後はグローバルでより広く展開していくつもりです。 世界のラグジュアリー市場においてECでの売り上げが占める割合は、2017年時点の9%から、2025年には25%に増加すると見込まれています。ましてや中国は、すでにモバイルやアプリでモノを買うのが当たり前になっているデジタル大国。ファーフェッチを利用する方の平均年齢も世界でもっとも低いという特徴がありますが、今後はさらに若い世代も取り込んでいけると考えています。ファッションは究極の自己表現。世界最大級のラインナップが揃う私たちのプラットフォームは、彼らにとっても間違いなく魅力的に映るでしょうから。 世界中で利用されているラグジュアリーファッションECサイト、ファーフェッチ。中国では上海にオフィスを構える "KOL( Key Opinion Leader)"の実態とは? LOFi founder / Stylist / Creative Director陈星如 チェリー・ガンCherryGun PROFILE貴州省出身の29歳。スタイリストやクリエイティブ・ディレクターとして幅広い分野で活躍。2016年、若い世代向けのソーシャルメディアプラットフォーム、LOFiを設立。Weibo:CherryGun 陈星如 Instagram: cherrycherrygun 激しく二極化する若者のスタイル。そこが今の中国の面白さです  学生時代にブログを始めて、今はWeiboのフォロワーが310万人ほど。中国はSNSがすごく発達しているんです。人口が多いから、影響力も半端じゃないの。今は「LOFi」を立ち上げてSNSで若い世代へ向けて情報発信したりブランドやアーティストとコラボレーションしています。 私のスタイルのポイントは、パンク精神があることかな。オーバーサイズのアウターを選ぶのは、私の個性でもありリラックスできるから。一方でインナーにはタイトなシルエットのものを選びます。大胆な色使いも好き。ベースとなったのは2000年代初頭の中国のユースカルチャーとパーティシーン。いろんなパーティに参加してそれぞれのカルチャーを吸収したことで、今の私のスタイルができたんだと思う。「日本は今、死んでいる」ってよく言うじゃない? でも、私はそうは思わない。日本発のトレンドに影響を受けている中国の若者はやっぱり今でも多いし、私自身、日本のアニメやロック音楽からインスピレーションをもらっています。アンブッシュもすごく好き。特にYOONは、アジアの女性として世界に進出し、ディオールのメンズアクセサリーを手がけているのが本当にすごいと思う。 今、中国のファッションは二極化していると思います。一般的な若者たちは、K-ポップの影響を受けて、みんな同じような格好をしています。一方で、ファッションに強く惹かれている人たちの中には、「どこの惑星から来たの?」と聞きたくなるくらい独自のスタイルを作り上げている人も多く、その差が非常に激しい。この点がとても興味深いですね。そしてファッションだけでなく、音楽でも、動画配信でも、中国カルチャーはますます拡大していくでしょう。私も今後は、自分でドキュメンタリーなどの番組を制作して、有料でダウンロードしてもらうといった活動をするつもり。このジャンルも、右肩上がりに成長することは確実ですから! 4 チェリーさんのバッグコレクションを拝見。ストリートライクなものからクラシカルなグッチ(左手前)まで、幅広いラインナップ5 こちらはシューズ。日本でも人気の高いメゾン マルジェラ(後列右)やトーガ(前列中央)も6 カンゴールのハットとパームエンジェルスのジャケットは、ライン使いをリンクさせて7 ビッグサイズのジャケットはメゾン マルジェラのもの。キャップはやはりカンゴールだ SOURCE:SPUR 2019年5月号「中国の若者は、ショッパーを持たない」photography:Wendy WU(Feng Chuxuan, Cherry Gun) coordination: Wendy WU(Feng Chuxuan, Cherry Gun) edit: Chiharu Itagaki
  • カラーアクセントの効いたチェックパンツにミリタリーブルゾンの肩がけでこなれ感をアップしてボディにフィットする白ニットとハリのある素材でラインを拾いにくいチェック柄パンツで完成させる優等生ワンツーコーデ。ともすると真面目すぎる印象になりがちなので、カーキのブルゾンで切れ味を加えるというのも手。そう、まるで優等生のヒロインが、片想い中のちょいワルなヒーローに助けられて彼のブルゾンを肩にかけてもらった……そんな青春映画に出てきそうなワンシーンをちょっと妄想するのも楽しいかも。パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(インコテックス) ニット¥38,000/マディソンブルー ブルゾン¥56,000/マスターピースショールーム(サイ ベーシックス) バッグ¥16,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) ローファー¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ルカ グロッシ) ピアス¥10,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • ピッチの細いストライプが爽やかなワンピースは、ロンドンのブランドTEIJA のもの。そこに、切り替えが豊かな表情を生んでいるAALTOのデニムジャケットを合わせた。後ろ身頃が長くなっており、バックスタイルもひねりが効いている。 全体をブルーでまとめつつ、アクセントとして差し色の赤を。インナーは歌舞伎町にあるショップTHE FOUR-EYEDで購入した、目の細かいソフトメッシュのトップス。ソックスは、「集英社スペシャル6月号 SPUR6月号ソックス付き特別版」の特別付録、カルツェドニアのレッドだ。(※付録にはグレーのソックスも付いてきます! 特別版は売り切れ次第終了です。詳しくはこちら)程よいグリッターが上品に輝き、印象的な足元へと導いている。   ジャケット:AALTOワンピース:TEIJAシューズ:3.1 Phillip Limソックス:CALZEDONIA
  • 今年、6度目のペルー、4度目のマチュピチュひとりっぷへ出かけたひとりっP。何度でもリピートしたい!と思うほど、ひとりっPがペルーにハマっている理由とは? 旅の最大のハイライトであるマチュピチュをはじめ、クスコ~マチュピチュ間に広がる“聖なる谷”、世界最強のパワースポットレストランなど、ひとりっPが愛してやまないペルーの魅力をInstagramからご紹介。レインボーマウンテン(ヴィニクンカ山)01 レインボーマウンテン(ヴィニクンカ山) 「日本がちょうど2019年を迎えようとしているまさにその時、ひとりっPは、地球のほぼ裏側、ペルーにて、通称レインボーマウンテン(正式名称Winikunka山)への登頂真っ最中でした。標高約5000メートル。とはいえクスコからばんばんツアーが出ていて、観光登山です。行ってみて判明→レインボーマウンテン自体は立ち入り禁止で、山を展望できる逆方向の高台への登頂でした。しかもかなりの雪模様……。雨季だからなあ〜〜とガイドに聞いたら、前日は快晴だったと。がーん!でも雨よりはマシですね。ここ1〜2年ほどで映え系スポットとして人気沸騰につき、登山道は押すな押すなの大混雑! なんでも1日800〜1000人ほどがやってくるそう!ひぇ〜〜っ! レインボーマウンテンそのものは標高5036メートルらしいですが、展望スポットは高度計の誤差を入れても5000メートルはないですねたぶん。というわけで、ひとりっPの人生最高地点4900メートルとほぼタイ。」(ひとりっP、以下同)リマ名物のパラグライダー 02 バランコ 「ペルーの首都リマ名物のパラグライダー ← ビーチへ向かって急な崖になっているという特殊な地形ならでは。観光客向けアクティヴィティとしてのタンデムフライトが盛んなんですよ〜〜。こんな手軽にすぐそこの街中から飛べる場所もそうそうないから、次回行ったときはトライしてみようかなあ〜。」4度目のマチュピチュへ03 マチュピチュ 「【秘境は4度目から】マチュピチュ、2017年の入場ルール改定で、午前か午後のチケットに分けられました。滞在は4時間まで、午前と午後ずっといるには両方のチケットが必要とも言われていますが、どのチケットで入っても、好きなだけ遺跡にいられます。ガイド帯同も義務付けられましたが、それは原則。ナシでもなんの問題もなく入場できます。ひとりっPはもちろんひとりで入場。朝8時半〜閉場の17時までいました(遺跡外にしかないトイレには1回だけ出られる説と出られない説があり。これはわたしは出なかったので不明です)。が。またもや時間が足りず、最後は駆け足に。なあんでかなあ〜〜??? ちなみに、2019年1月1日から入場チケットは1時間ごとに細かく入場時間を区切られる式に変更になりました(おそらく入場開始時間にお客が集中しすぎるのを緩和するためかと)。が、やはり好きなだけ遺跡内にはいられます。まあそもそもふつうの方はそんなに長くは滞在しないのかも知れませんが、わたしはいつも丸一日います。が、足りません〜〜恐るべしマチュピチュ!!」マチュピチュに完全アーチ形の虹が!「【パチャママに感謝】4度目のマチュピチュ訪問をパチャママ(大地の女神)が祝福してくれたのか、閉場のほんとうに直前、遺跡の東側に完全な虹が! マチュピチュで虹を見たのは初めてだったので超感動感激‼️ パチャママ、ありがとう〜〜!!! この日は夕方近くから遺跡の背後の山々が霧雨で煙り出したので、もしかして虹が出るかも!?と期待してはいたのですが、肝心の太陽が大きな雲に隠れてしまいなかなか出てこない。ダメかなあ、、、と思っていたら"見張り小屋"の向こうに部分的に虹が。これがめいっぱいかもな〜〜とあきらめて遺跡内を進んでいたらば突然、遺跡の向こうに大きな虹が!『え!?まじで!?てか、完全アーチ形ーーー!!!』とあわてて高台に上がり撮影。遺跡内は順路が決められているので、進める高台探してぜーはー! ちょっと左右の端っこ見切れてますが、完全な虹の橋でした。まさにマチュピチュ一期一会〜〜」絶景すぎる! インカのモライ遺跡04 Mil Centro 「【世界最強のパワースポットレストランか】2018年世界のベストレストラン6位に選ばれているペルー、リマにある『CENTRAL』。本当に予約を取るのが大変で(2〜3か月先までいっぱいとかザラです)、ひとりっP、4度目の正直でやっと行けたのが2018年5月でした(詳しくは『ひとりっぷ2 』をご覧ください)。そのCENTRALが昨年、なんとクスコから車で約1時間半もかかる場所に新たなレストランをオープンさせたと知ったときからむーちゃくちゃ気になりまくり。というわけで、今回そのレストラン『MIL』にはるばる出かけてきました〜〜 行ってみてびっくり! なんとMILはインカの遺跡Morayの、まじで淵に建っているではないですか!! ひとりっP、マチュピチュは4回行ってますが、モライ遺跡は初めて。ぎゃ〜〜!!なんだコレ!!すごすぎる〜〜!!絶景すぎる〜〜!!みんなこの遺跡は来たほうがいい!!てかこんな遺跡のすぐ脇にあるなんて、MILすごすぎる!!完全にパワースポットレストランじゃん‼️‼️← と、着いた時点で震えるくらい大コーフン!!  そしてここは標高3500メートル。ぜーはー言いながら坂道を登って行ったひとりっPの目の前に現れたMILは、『あら、思ったより地味』。おそらく景観を壊さないように周囲の村の民家の様式に合わせていると思われ、地味なのは外観だけのはず、とにらんだひとりっP、期待に胸と胃袋をふくらませながら建物内へGO!!」モライ遺跡の淵に建つレストラン『MIL』「素朴な外観ですが、中はニラんだとおり、シンプルでナチュラルでおしゃれな空間が展開されていました。そしてこちら、ただのレストランじゃなかった!!!」 MILで採取している、付近のアンデスエリア一帯の食用植物。種類の多さがハンパない!「到着してすぐ、このレストラン(というか施設というべきか)の説明をしてもらえるのですが、聞いて仰天!! なんとMILでは付近のアンデスエリア一帯の食用植物を野生、栽培種にかかわらず採取&研究していて、その数1000種以上!これがMIL(スペイン語で1000の意味)という名前の由来だそう。一部はディスプレイされていて、さすがとうもろこしやじゃがいもの種類がハンパないです!! そして車でさらにずっと山奥へ3時間以上かかる村の農家と協力してそれらの希少なアンデス固有種を食材として研究&栽培していたり、ペルー産カカオで作るチョコレートを研究していたり←てなスペースもレストラン内に設けられていて、スタッフには海外から来ている農業学者までいると言われ、もはやここはレストランというよりもLabo!!CENTRALオーナーシェフVirgilio Martinez氏の考えていることが壮大すぎて、ひとりっPとにかくびっくり&もはや感動しかありません。」出てくる料理にも感動!「料理も素晴らしい。プレゼンテーションも味も、出てくるたびにいちいち感動。ついさっき説明を受けた食材も多く、どんな野菜なのかを詳しく聞いたばかりなだけに、いちいち勉強になる。そんなレストラン、初めてですよ。Virgilio氏がなぜこんな便利とは言えない場所にレストランを作ったのかが心の底から理解できました。メニューはCENTRALと同じくテイスティングコースのみ(ノーマルかベジタリアンかを選べます)なんですが、ひとりにはむしろあれこれ食べられてありがたや〜〜! お料理、見ただけだとさっぱりなんなのかどんな味なのかわからないと思いますが、まさに百聞は一食にしかず!この素晴らしいロケーションでの素晴らしい料理(食材)と出会うために、はるばる出かける価値あります! というかぜひ出かけてみてください〜〜!*MILはランチのみの営業で、もちろん要予約。CENTRALと同じHPから予約できます。*標高約3500メートルにつき、高山病にはご注意を。ひとりっPはクスコ到着後すぐピサックへ移動、2泊したのちクスコへ戻るという作戦で高地順応後、さらに数日してオリャンタイタンボ滞在中に行きました。満腹は高山病のモトなので(詳しくは『ひとりっぷ2』をご参照ください)、低地からクスコ入りしてすぐの訪問はおすすめしません。」クスコから車で約1時間強のカルカ05 カルカ 「今回初訪問&初滞在した、ペルー、クスコ地方の"聖なる谷"にある村のひとつCalca。クスコから乗り合いバンで約1時間強。これといった見どころがあるわけではありませんが、そのぶんツーリスティックではなく落ち着いていて、やたらと居心地がいい! 行ってみてわかったのですが、カルカ村はあたり一帯の行政の中心で、村がそこそこ"しっかりしている"のもポイントだな〜と。きっと再訪します。」ひとりっPの大好物! Calca村市場内のジュースカウンター「【かわいいあのコはジュースガール(ママだったけど)】こちら、Calca村メルカード内のジュースカウンター。好きなフルーツや野菜、サボテンなどをオーダー、その場でミキサーにかけて作ってくれます。ペルーの人にとってはこの搾りたてジュース自体がとっても身近らしく、どの町の市場でもふらっと立ち寄って飲んでいく人多数。メルカードには必ずジュースカウンターが何軒か並んでいるコーナーがあって、これもひとりっPのまさに大好物です。この日ひとりっPがオーダーしたのはpiñaパイナップルとnaranjaオレンジのミックス。グラスにたっぷり2杯半で約100円〜〜」ペルーでおなじみの願掛け人形「エケコ」「ペルーやボリビアではおなじみの"ekekoエケコ人形"。クスコの露店でプチ爆買いしてしまいました。 エケコは願掛け人形で、というわけで、人間のいろいろな欲望グッズをしょっていて、ひとりっP、そのユーモラスでややうさんくさい&ナイスすぎる見かけと合わせて大ファンです。 以前ボリビア・ラパスの土産物店のマダムに言われたのが『1月24日の正午(なぜ!?)に願いごとをすること。ただし人からもらったエケコじゃないとダメ。そして願いごとがかなったときは、その人も誰かに新しいエケコをあげなくてはいけない』というエケコのトリセツ。 というわけで、今回の"エケコ・ブラザーズ5"のうち4人は1月23日までに無事友人たちのもとへ。ひとりはひとりっPの手元に残したのですが、自分で買ったものなので願掛け効力はないのでした。 そして、買った露店で包んでくれた紙がなんと、その家族の子供の学習ノート!! その場でびりびりと破っていて、ひとりっP内心爆笑&ほっこり&楽しすぎる~~‼️いや〜〜、やっぱペルー最高です!(もちろん友人たちにはそのノート紙のまま渡しました)」【番外編】ひとりっPが見つけた、ペルーの花たち南米原産の"Inca Lily"「こちら、クスコで滞在したホテルのロビーに飾られていました。その名も"Inca Lily"、別名"Peruvian Lily”。南米原産だそう。 日本では学名のアルストロメリアで呼ばれていますね。でもインカリリーのほうが雰囲気があって断然いいと思うけどなあ〜。呼びやすくて覚えやすいし。 何でアルストロメリアになっちゃったのかなあ〜〜」 ひとりっPの好物、ブーゲンビリア「こちらはペルー、クスコからマチュピチュにかけての一帯"聖なる谷"エリアの村の街路樹。シックだけど華やかな様子に思わず近寄っていってよく見たらば、ブーゲンビリアでした。白や薄グリーンなどあまり見かけない色味のブーゲンビリアもひとりっPの好物なんですが、レアなモーヴカラーにもコーフン。」市場で見つけたインカリリー「ちょうどシーズンだったのか今回ペルーの街角でいちばん見かけた花はインカリリーでした。ほかにはグラジオラス、菊、薔薇などなど。花束がカラフルなのもペルーの特徴ですね〜〜! こちらは滞在した聖なる谷の村Calcaのメルカード(市場)にて。どの村にも必ずあるメルカードもひとりっPの大好物なんですが、中でも大好きなのが花売り場。このお店のMami(ペルーでのMadam的呼びかけ)が、すごくいい人で、花をじっと見ていたひとりっPに、花の名前をあれこれ教えてくれました。」 もっと詳しく見たい方はひとりっPのInstagramをチェック!>> 紹介したアドレスはこちら! >>絶景から必食グルメまで! 世界一の高所にある首都ラパスでしたいこと 南米の記事一覧を見る> 香港の記事一覧を見る> ハワイの記事一覧を見る>タヒチの記事一覧を見る>北米の記事一覧を見る>台湾の記事一覧を見る>日本の記事一覧を見る>アジアその他の記事一覧を見る>中東の記事一覧を見る>アフリカの記事一覧を見る>オセアニアの記事一覧を見る>ロンドンの記事一覧を見る> >>ひとりっぷ® TOPはこちら  
  • みなさんこんばんは! 少女マンガ大好きライターみかりんです。毎週木曜日にお届けしている、オススメ少女マンガ連載。月末の木曜日はちょっぴりトクベツ♡ 今注目の"ちょいエロ"な作品をご紹介しちゃいますよ! 今週は『双子皇子の愛玩 乙女は後宮の調教にあえぐ』(作:宮藤華)です。物語の舞台は、砂漠の国マジュフターン帝国。宮廷宰相の長女・ソハイラは、他国へ人質交換に出されることになった。3年間だけとはいえ不安でいっぱいのソハイラの前に現れたのは、マジュフターン帝国の双子の皇子、カティルとマスード! 彼らも一緒に人質交換に出されることになっていて、「僕らがずっと一緒にいる」と勇気づけてくれた。すっかり心を許せる存在になり、帰国してからも会えない彼らのことを大事に想う16歳のソハイラ。しかし再会した二人はすっかり様子が変わっていて……!?「イケメン」、「双子」、「皇子様」。もうこの3ワードだけでドキドキしちゃいませんか? 兄妹のように優しく接してくれた皇子たちがどんな風に変貌しているのか……、続きはマーガレットBOOKストアでチェックしてくださいね♡ではさっそく、試し読みをどうぞっ!
  • 今日は、夏の必須アイテム「Tシャツ」を集めました♪ トレンドに敏感なバイヤーたちが、この夏すすめたい逸品を着こなしとともにご紹介します。 大人の夏を彩る”洗練Tシャツ”はコレ! ◆白スカートはモスグリーンのTシャツで抜け感をプラス ↓着たのはこれ! FRUIT OF THE LOOM/HEAVY WEIGHT TEE/¥3,000+税 Flower Days/【ペチコート付】ミモレ丈ランダムプリーツスカート 詰まり気味のネックと幅広の身幅でトレンドを押さえた一枚。 洗うたびに風合いが増し、ヴィンテージ感を醸し出します。 しっかりした生地なので、透けの心配もなし!   ◆上質な白Tでチノパンとの鉄板コーデも品よく仕上げる ↓着たのはこれ! Scye/オーガニック度詰天竺フレンチスリーブトップ/¥11,000+税 THE SHINZONE/ハイウエストチノパンツ/¥19,000+税 着回し力抜群のコンパクトなデザイン。 オーガニックコットンを度詰めで編むことで絶妙な肉感を表現。 素肌に溶け込むようなソフトな肌触りは、一度着たらやみつきに!   ◆今季も旬のブラウンコーデはブラック小物で引き締めて ↓着たのはこれ! MICA & DEAL/”WIKEED”プリントTシャツ/¥8,000+税 MICA & DEAL/ギャザーマキシスカート/¥15,000+税 フロントロゴがトレードマークのプリントTシャツ。 腕周りをきれいにカバーできるよう袖幅にゆとりを持たせています。 裾のスリット効果でゆったりしたボトムスとも好相性。   ◆黒のリネンでこなれ感を上げた大人のTシャツスタイル ↓着たのはこれ! FABRIQUE en planete terre/オーバーサイズリネンTシャツ/¥7,900+税 RED CARD/Anniversary Highrise/¥19,000+税 ゆとりのあるボックスシルエットと前後差デザインがこなれた雰囲気を演出。 自然と体型をカバーする絶妙な丈感も魅力です。 シャリ感のあるリネン素材にリピーター続出!   《バイヤーのイチオシアイテム》特集はこちらから⇒
  • シャツ¥6990/エヴリス 新宿ルミネエスト店 スカート¥5900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1500/お世話や(Osewaya) バッグ¥5500/コンバースインフォメーションセンター旬のベージュベースやたぷんとした袖が今っぽさ満点のビッグシャツ。上品ブルーとタイトシルエットが目を引くIラインスカートにウエストインしてメリハリシルエットを完成。男女どちらにもウケのいい女っぽカジュアルは通学にもデートにも使える!モデル/渡邉理佐 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶デニムスカートコーデ記事一覧はコチラ
  • お休みの日は、いつもとひと味違ったコーデでおしゃれを楽しみたい! デイリーでも大活躍のトレンド服でイベントを楽しむアイディアを考えたよ♡idea6  @野外ライブ 肌見せトップス& スポサンではしゃぐ 【左・優華】なじみカラーのベージュタンクなら、フェミニンに肌見せできる。サンダルのストラップとパンツのブルーをリンクさせて統一感を。 【右・来夢】マルチストライプが白パンツに映える。厚底のハイテクスポサンで今年っぽさもスタイルアップも。【左・優華】ニット¥3300/シティーヒル(マジェスティックレゴン) パンツ¥1990/GU ピアス¥2037/サードオフィス(ROOM) バッグ¥8200/RANDEBOO 左手バングル( 2 本セット)¥3600・右手バングル¥3000/Phoebe+(phoebe) スポサン¥4300/ABC-MART(ホーキンススポーツ) 【右・来夢】トップス¥7800/リリー ブラウン スポサン¥9000/EVOL(PURPOSE) パンツ(スカーフつき)¥4990/ライトオン(BACK NUMBER) ウエポ¥2800/OUTDOORPRODUCTSカスタマーセンター ネックレス¥2491/サードオフィス(ROOM) 右手バングル¥3600・左手バングル¥3200/Phoebe+(phoebe) これもおすすめ!ライブの時はオフショルに♡ ニット素材はボヘっぽく着ても今年らしい。 ¥9000/Supreme.La.La. 光沢のあるカーキ。長く使えるベーシックフォルム。 ¥9900/A de Vivre 脇が大きくあいたシルエットとビビッドな青みピンクがイベント向き。普段は上にシャツなどをはおっても使える。 ¥7500/RANDE BOO 他の画像を見る▶ほかのコーデideaもチェックモデル/鈴木優華 多屋来夢 撮影/MELON(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/前田涼子 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
関連キーワード

RECOMMEND